ハンドルを回すと変な音

🙍🏻‍♂️ハンドルを回すと、変な音がするんです。

🙍‍♀️どんな音ですか?その音はハンドルの根本から聞こえますか?

🙍🏻‍♂️はい…前から鳴っていたのですが、最近だんだん音が大きくなって…

 

そんなお話をしながら、車を確認しに行きました。

 

エンジンを始動させ、ハンドルを動かすお客様。

左に回し『ウィ〜〜ン…』

右に回し『ウィ〜〜ン…』

あらっ!

 

ハンドルの付け根のグリス切れか何かの、よくある異音かなぁと思っていましたが😳

 

『ウィ〜〜ン…』という音は、ハンドルの根本からではなく、もっと先!エンジンルームの中から聞こえる音です。

原因はパワステポンプです。

 

パワステオイルがポンプから漏れてしまい、オイルが足りなくなっている状態でした。😩

🙍🏻‍♂️このままにしておくと、どうなりますか?急に止まってしまうことってありますか?壊れますか?

 

👨‍🔧この音は、もっと大きくなります。今、もう既に壊れてしまっている状態なのですが…

ここから、オイルが漏れちゃってますよね。

極端なことを言うと、

先ずはパワステのオイルが足りない状況が悪化して、パワステの働きが無くなりハンドルを左右に動かすのが大変な状態になります。

そして、オイルは潤滑の役割をしているので、それがなくなるとロックが掛かってしまって、

ここに掛かっているベルトに負荷が掛かり、ベルトが切れてしまいます。

そうなると、水が回らなくなり、

オーバーヒートを起こして、

エンジンがダメになってしまう

…という状況にも繋がります。

 

🤯えーーーー

 

先ずは部品価格を調べて見積もりからとなりましたが、大事に至らず良かったです。

 

お出かけ中に重ステになんてなっちゃうと、女性なら相当大変だと思います。

🐥💨💨💨

 

危ないので、国産車、輸入車にかかわらず、

ちょっとした違和感でも、

早めに診断してもらうと安心ですよ!

 

 

ベンツはプラグもマーク付き!

 

車検でご入庫頂いたメルセデスベンツ🚗

スパークプラグの交換を希望されていましたので、部品を注文しました。

 

おぉ。ベンツの箱に入ってる。

 

届いた部品を箱から出してみると

うーん、

見慣れない形状🤔

👇

▼良く目にするスパークプラグは先端がこのような形

 

▼ベンツのは逆に凹んでる!!!

▼そして少し長さもあるかも〜😲

 

▼更に、このマークが付いていると高級感もありますね。

 

今回の車検で、新品に交換をしているので

しばらくは心配無いですね☝️😄

スバル プレオ エアコンベルト交換

エアコンをつけるとキュルキュル変な音がするとの事で点検のプレオ🚙

原因はエアコンベルトの劣化によるスリップ音でした。

 

新しいエアコンベルトを手配し、

いざ交換作業❗️

 

 

しかし…うゔ〜〜狭い❗️🙄

 

 

作業をしようと手を隙間に入れるだけで

目一杯の状態💦

 

腕、太いんじゃないの?👧?

 

プレオの構造は実に交換しにくい位置にエアコンベルトがあるんですー👨‍🔧💦

▼ほら

 

 

しか〜し!! やり難いと言っても

プロです👨‍🔧✨

やり方は今までの経験から沢山知っています。

こういう時は、色んな工具を駆使しながら!

 

無事、交換完了🙌

 

良かった良かった😊

 

ベルトと関係はないですが、この社外品でついていたフィルターがメロンに見えて仕方なかった私です🍈😋笑

 

スズキの車両について 新たな情報

自動車整備業界における研修に参加しました✏️👨

 

国から認証を頂いている工場が

必ず年に一回は受けなければならない勉強会です✨

 

毎年4~5メーカーの講習に出ていますが、

今年はコロナの影響もあり

1メーカーのみの受講となりました。

 

その内、今回選択したのは『スズキ』!

講師はスズキから、

テクニカルアドバイザーの “Sさん”です。

 

配線図の見方や実車を使用しての点検など、

お昼から夕方まで約半日のお勉強となります📝✒️

 

 

新しい情報を得るためにも大事な研修。

 

講師の”sさん”には長年大変お世話になっており、

数年前までテクニカルアドバイザー同士、

新車発売前の会合でもご一緒させて頂いた経緯もあり

色々な情報交換をさせていただいています。

 

情報交換の中から、

ひとつ、ふたつ、ご紹介を。


バッテリーは車種適応のものを!


 

スズキの エネチャージが搭載された車両には、

アイドリングストップ用のバッテリーを使用しないと大変なことになる!

…というお話もありました。

エンジンルーム内のバッテリーを普通の安価なバッテリーを用いて交換してしまうと、

室内にあるエネチャージ用の高~いバッテリーが過充電となり、

その高~いバッテリーが ダメになってしまうのです。

💀うわぁ、おそろしい~💀

 

自動ブレーキシステムとバッテリーの関係

また、バッテリー関連で言えば、

自動ブレーキシステムの故障!? と思ったら バッテリーが原因だったという事例も。

エンジンルームにあるバッテリーの性能が

テスターでは大丈夫と判断される程度のわずかな劣化が原因となり、

コンピュータがバッテリー性能の低下を感知して、

自動ブレーキシステムを制御し、停止してしまうということがあるようです。

 


 

今回も 少々

レベルアップしました~👨‍🔧笑

エンジン掛けるとバタバタ!原因は

お客様加入のロードサービス受付から電話が入り、

エンジンが掛からないという情報だけで、

レッカーで運ばれてきた車。

 

実際には、

『エンジンは掛かるけど、物凄い音がするので怖くてエンジンを掛けられない』とのことでした。

 

エンジンが掛からないのと

エンジンを掛けたくないのとでは

原因を探る上では全く違う情報です😅

 

エンジンを掛けると、あらららなるほど!

確かにバタバタと大きな凄い音。

これは恐いと思う…💦

 

スタッフ👩‍🦰が校内を動かすと、

あれっ⁉️ハンドルが重い‼️

 

👨‍🔧『これは…パワステベルトが切れてしまったかな?』

そう思いながら整備のドクター・イトーが👨‍🔧エンジンルームを覗き込むと

通常あるはずのパワーステアリングベルトか無い‼️💦

やっぱり🙁❕

 

そして、バタバタと鳴っているので

どこかに絡まっているはず〜〜と探します。

 

エンジンルームを上から覗いた状態ではベルトがどこにあるか確認出来なかった為

お車をリフトアップして持ち上げ、

車のお腹を保護しているアンダーカバーを取り外して、

下から見上げる形でチェック🔍👀

 

なんと… これは大変‼️😫

おそらく劣化したいたであろう、

ちぎれてしまったパワステベルトが

クランクプーリー(滑車)に巻き込まれ

その中心部にあるオイルシールを破壊していました💥

それによりエンジンオイルが漏れていて

周辺もベタベタになっています😭

 

こうなるとパワステベルトだけの交換では済みません。

 

 

お客様から伺った、最近のお車の様子は

『”キュルキュル”とベルトが鳴いている音を感じながらも、しばらくの間はそのまま走行をしていた』とのこと。

 

大きな修理に繋がる前に

変な音や、いつもと違った様子を感じた時は、早目に点検・修理を行いましょう✨

 

放って置くと

余計な出費に繋がってしまいますからね☺️☝️

ベルト鳴きの原因は…

ブレーキパッドの交換でお預かりした

エスティマです。

ブレーキとは別に、キュルキュルと音が鳴っているので、点検をして、一緒に劣化しているファンベルトを交換することとなりました。

ファンベルトはゴムでできているため、経年により劣化して ひび割れができたり、硬くなって弾力性が無くなりピタッとせずスリップするなどして、キュルキュル音が鳴り始めます。

 

ベルトを張り直し、回してみると…

ん?? まだ、キュルキュル…??

何だろうー……??

 

さらに点検を進めると、これ…

オルタネータ…

 

コイツかっ!

オルタネータからキュルキュル鳴っているわけではなく、軸が曲がっているため偏心回転しているため、ベルトの張りに強弱が出て、アイドリング中に音が出ている状態でした。

今回はオルタネータを交換して、キュルキュル音は解消しましたが、

それにしても、

なぜ??こんな所が曲がってしまったのでしょう…⁉️

 

ドライバーさんにとっては気をつけようのない現象でしたが、キュルキュル音の原因はファンベルトの鳴き。要因はオルタネータの不具合でした。

 

タイヤが…‼️走行中振動の原因

お盆が明けましたが、まだ暑い日が続きそうな札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか☀️

 

連休前にトランスミッション(CVT)のオイル交換で入庫したデリカD:5。

オイル交換後、試運転をしたところ

車体やハンドルからプルプルと振動が感じられました。

 

この振動は、プロペラシャフトからだろうか?🤔 …と思い、、、

 

点検してみましたが特に問題は無し!👍

 

何だろう~??🤔⁉️

と各部点検をし始めようとした矢先❗

 

ある部分に目が留まりビックリ👀💥

 

なんと!

 

タイヤが一部分だけ磨り減ってしまっている状態でフラットスポットが出来ていました。

※フラットスポット⏩急ブレーキなどでタイヤがロックされてしまい、地面と接地しているタイヤの面だけが削られて平面になってしまうこと

 

☝️👇こんなに違います

どこかで急ブレーキでもかけたのかな?

 

このフラットスポットのせいで

タイヤが円ではなくなり振動を発生させてしまったのですね👨‍🔧

 

交通安全、燃費、車体への負担、

どれもとっても 『急』には要注意⚠️

急ブレーキ・急発進など

『急』の付く運転はやめましょうね✨

ガラガラ音の後のランプ点灯、原因が不思議!

タントのお客様が入庫しました。


走行中 ガラガラガラッ!っと異音がして、

バッテリーランプが点灯。

水温計マークも点灯。

エンジンチェックランプも点灯。

慌ててエンジンを止め、

テクニカルオートまでレッカー移動・・・

⚠🚗⚠


 

エンジンルームを見てみると、ベルトが外れてる!!

なんで???? と思ったら、

ウォーターポンプ・プーリーのボルトが足りない…💧

4本あるはずのボルトが、1本しかない!

“外れて落ちてしまったのかなぁ?”などと考えながら、

プーリーを外してみると。。。 折れてる!!!!😨❢

聞くと、2~3ヶ月前に、他の工場でウォーターポンプを交換されているそうですが、

今頃になって、こんな事になるって??

どういうこと????

何がどうなるとこうなる????

 

頭の中が、『❓』マークでいっぱいになっちゃいましたが…😅

 

このままではどうしようもないので、

引き続き、直すことになりました。

結果的には、2~3か月前にせっかく交換した部品は使用できないため、

また、新しい物への交換が必要です。

かわいそう…😫

 

でも、こちらのお客様は、変だなと思ってすぐに車を止めエンジンを止めてレッカー移動という選択をしてくれたので、本当に良かったです。

 

皆さんの車も、もし! メーターパネル内の『赤い表示のマーク』が点灯したときは、

すぐに停車しましょうね!

 

タントのお客様、

今度は、きちんと直りますのでご安心くださいね!

 

走行中にチェックランプ点灯 A/Fセンサー

「走行中しばらくすると色んなチェックランプが点灯し始めたんです💡」
「再始動すると消えるけどまたしばらくすると点灯します💡」

ふむふむ🤔

「でも、走っていても、何も変な感じはしません。」

先ずは、車をお預かりして点検です!

スキャンツールを使って診断してみましょう👨‍⚕️

コンピュータに異常を知らせる信号が、記録されているかどうかを調べます。

 

診断機を接続したところ…

原因は、A/Fセンサーの故障でした💦

 

エーエフセンサーというのは、

エンジンの中で燃焼された後の排気ガスから

空気:燃料 の比率が正常かどうか、

バランスが悪い時はどのくらい濃いか薄いかを教えてくれる役割をしています。

エーエフセンサーは通常、温まると働き始める部品です。一定温度に至るまではお休みしています。

 

だけど一定温度に達しても、働くはずのセンサーが機能しない…

『だから、しばらく走行して、車が温まった頃に点灯したんですね‼️💡』

 

ここに見える

黄色いこの部品↓

ちょっと見えにくいかな?

奥にあるこれです

これを取り外し、
新品のセンサーと交換♻️

上が新しいもの
下が故障したセンサー

 

普段点灯していないものが急に付くと
危険なのかな?って、とても不安になりますよね💦

でももう安心🙌✨

無事に、点灯していたチェックランプ全て消えました🙆‍♀️

 

走行中にチェックランプが点灯した時、そのまま走って大丈夫な場合と、そうじゃない場合があります。

これはなんだろう❓❓そう思った時は

一旦安全な場所に車を停止して、

すぐに連絡して下さいね😊

車の整備 今は少ないキャブレター

エンジンルームを開けると

お!?

これは・・・

 

なかなか見ることが無くなりましたねぇ~

 

これです、これ!

【キャブレター】

最後に触ったのがいつだったかも

覚えていないくらい前です・・・

15年位前かなぁ~

 

今はもうインジェクションの時代ですからね

 

キャブレターは

あれこれセンサーも要らないし、燃料や空気の調整もできる

おりこうさんさんですけどね。

 

今回はエアコンの修理で入庫していただきました。

これからも、より長くお乗りいただけるように

お手伝いさせていただきます😊