ガラガラ音の後のランプ点灯、原因が不思議!

タントのお客様が入庫しました。


走行中 ガラガラガラッ!っと異音がして、

バッテリーランプが点灯。

水温計マークも点灯。

エンジンチェックランプも点灯。

慌ててエンジンを止め、

テクニカルオートまでレッカー移動・・・

⚠🚗⚠


 

エンジンルームを見てみると、ベルトが外れてる!!

なんで???? と思ったら、

ウォーターポンプ・プーリーのボルトが足りない…💧

4本あるはずのボルトが、1本しかない!

“外れて落ちてしまったのかなぁ?”などと考えながら、

プーリーを外してみると。。。 折れてる!!!!😨❢

聞くと、2~3ヶ月前に、他の工場でウォーターポンプを交換されているそうですが、

今頃になって、こんな事になるって??

どういうこと????

何がどうなるとこうなる????

 

頭の中が、『❓』マークでいっぱいになっちゃいましたが…😅

 

このままではどうしようもないので、

引き続き、直すことになりました。

結果的には、2~3か月前にせっかく交換した部品は使用できないため、

また、新しい物への交換が必要です。

かわいそう…😫

 

でも、こちらのお客様は、変だなと思ってすぐに車を止めエンジンを止めてレッカー移動という選択をしてくれたので、本当に良かったです。

 

皆さんの車も、もし! メーターパネル内の『赤い表示のマーク』が点灯したときは、

すぐに停車しましょうね!

 

タントのお客様、

今度は、きちんと直りますのでご安心くださいね!

 

走行中にチェックランプ点灯 A/Fセンサー

「走行中しばらくすると色んなチェックランプが点灯し始めたんです💡」
「再始動すると消えるけどまたしばらくすると点灯します💡」

ふむふむ🤔

「でも、走っていても、何も変な感じはしません。」

先ずは、車をお預かりして点検です!

スキャンツールを使って診断してみましょう👨‍⚕️

コンピュータに異常を知らせる信号が、記録されているかどうかを調べます。

 

診断機を接続したところ…

原因は、A/Fセンサーの故障でした💦

 

エーエフセンサーというのは、

エンジンの中で燃焼された後の排気ガスから

空気:燃料 の比率が正常かどうか、

バランスが悪い時はどのくらい濃いか薄いかを教えてくれる役割をしています。

エーエフセンサーは通常、温まると働き始める部品です。一定温度に至るまではお休みしています。

 

だけど一定温度に達しても、働くはずのセンサーが機能しない…

『だから、しばらく走行して、車が温まった頃に点灯したんですね‼️💡』

 

ここに見える

黄色いこの部品↓

ちょっと見えにくいかな?

奥にあるこれです

これを取り外し、
新品のセンサーと交換♻️

上が新しいもの
下が故障したセンサー

 

普段点灯していないものが急に付くと
危険なのかな?って、とても不安になりますよね💦

でももう安心🙌✨

無事に、点灯していたチェックランプ全て消えました🙆‍♀️

 

走行中にチェックランプが点灯した時、そのまま走って大丈夫な場合と、そうじゃない場合があります。

これはなんだろう❓❓そう思った時は

一旦安全な場所に車を停止して、

すぐに連絡して下さいね😊

車の整備 今は少ないキャブレター

エンジンルームを開けると

お!?

これは・・・

 

なかなか見ることが無くなりましたねぇ~

 

これです、これ!

【キャブレター】

最後に触ったのがいつだったかも

覚えていないくらい前です・・・

15年位前かなぁ~

 

今はもうインジェクションの時代ですからね

 

キャブレターは

あれこれセンサーも要らないし、燃料や空気の調整もできる

おりこうさんさんですけどね。

 

今回はエアコンの修理で入庫していただきました。

これからも、より長くお乗りいただけるように

お手伝いさせていただきます😊

走行中のシャーシャー音は何?

『走行中にシャーシャー、変な音が聞こえるようになった』

もしかしたら、バックプレートかなぁ?という事が多いです。

文字で「シャーシャー」と書いても判りにくいかもしれませんが(笑)

 

タイヤ交換後によくあるお話なのですが、

タイヤ交換をする時に勢い余ってゴンゴンッとはめ込む際、

バックプレートと呼ばれる部品が変形してしまうことがあります。

また、錆が原因となって、本来隙間があるべき個所が錆で膨らみ

異音の元となっていることもあります。

 

先日いらしたお客様の車両は、錆が原因でした。

バックプレートの一部なのですが…

電話でお伝えした時は きっとイメージしにくかったと思うので

作業時に状態を見ていただきました。

 

リヤのタイヤを外して

ドラムも外した状態です。

 

この、

ここ‼️

ここが錆びてしまっているために、擦れちゃいけない場所が擦れてしまって変な音が鳴っていたんですね。

合わさる側は、擦れた箇所が、

錆が削れて光っています。

 

ボディも錆に悩まされますが、

下廻り、マフラー、ブレーキ廻りなど

整備に関わるところも錆の影響を受けやすいです。

 

法定点検や車検など、分解を伴う点検を受けた際にはどういう状態かよく見てもらって把握しておくと良いでしょう。

車の下廻り(お腹の部分)は、錆がひどくならないうちに防いであげると、車は長持ちしますよ!

水性のシャーシ塗装ではなく、しっかりとした塩害ガードがおすすめです。

ワイパーが動かない! 急げ〜

土曜日のお昼休みの出来事です。

『あのぉ、ワイパーが動かないんですけど…』

若くて可愛らしい女性ドライバーさんです。👩‍🦰❤️

車の中には、同年代と思われるお友達があと2人。

👩‍🦰👩👩‍🦰

ちょうどお昼休みに入った時間帯だったのですが、まだ食事に出かけていなかったスタッフを呼び止め、『若くて可愛いお姉ちゃんが3人で困ってるから、ちょっと見てあげて!』笑

『若くて可愛いお姉ちゃん』には残念ながらあまり反応しなかったのですが、『困っている』に反応して!

どれどれ。🔧👨‍🦲

ワイパーを動かそうとすると、

右側が動かず左側はガクガク。

『あ〜、リンクがいっちゃってますね』👼

リンク=ワイパーリンクのことで、

ワイパーの根本の部分。

モーターから繋がっていて、ワイパーを動かす仕組みの、一部です。

見えるかなぁ〜…あ、あれだ。

 

これです、これ

 

これが壊れたとなると、

部品の交換が必要なのですが…

 

お話を伺うと、今日は3時からお友達の結婚式に出席するために3人で北見から来たとのこと。

そして、明日(日曜日)北見に帰る予定!!

えーっ😫今日明日と雨の予報なのに☔️ ワイパー無しで北見に帰るのは危ないわ💦そりゃだめだ!

 

すぐに新品と中古の部品を確認‼️

 

 

新品が届くのは最終便!

中古は⁉️

取引業者、何件にも確認をして

『道内にあります』

『道内在庫です』

そこもここも同じ返答

今日、間に合わないじゃーん😫💦

最後は!?

『道内在庫です。』

札幌にないのぉぉぉっ

自社在庫は無いんですか😭???

『自社在庫ですが、恵庭なんです』

恵庭!!?? 🤩きらーん

恵庭まで取りに行けば、間に合う!!!

 

中古の部品だったので価格も安価で済むし、間に合うし、これは取りに行くしかない!

 

お姉ちゃんたちには、地下鉄で結婚式に向かってもらい、一旦自由行動! 帰るまでに直しておく約束をして、北見に帰る前に車を取りに来てもらうことにしました。

 

そして、無事に部品は手に入り、

 

ワイパーリンク交換作業!

ここが外れちゃっていました。

部品の一部が無くなっています。

 

部品を交換して!これで大丈夫!!

 

やったぁぁぁ〜🎶

おじさんたち、頑張ったよ〜😆

 

突然、壊れてしまうので気をつけようがないのかもしれませんが、

何かを動かして、いつもと違うなぁと思った時には、早めに点検してもらうようにしましょう!

また、

今はシーズンではありませんが

冬の凍りつく寒さの時には、ガラスに凍りついたワイパーをモーターの力で動かしたり、積もった雪を避けないでワイパーで搔こうとすると、ワイパーモーターや、中の繋ぎ目の部分が耐えきれなくなることがあります。

降っている最中の雨や雪を避ける力しかないと思って、優しくしてあげてくださいね🚗❤️

エアコン 効いたり効かなかったり

エアコンがおかしいんです💦

一昨日、朝出かける時にはちゃんとエアコンが効いていて、コンビニに寄って車に戻ったら、ぬるい風しか出なくなったんです。

昨日は全然だめで、冷たい風は出ないままだったから、ちゃんと見てもらおうと思ったんですけど、、

今日は、なぜかエアコン効いてるんです😅

 

あら、効いちゃってるんですね(笑)

エアコンの風は出る。

風は出るけど温かったり冷たかったり。

冷たい風が出るってことは、システム的には大丈夫で、ガスも入ってる。

とーなーるーとー

 

ここか!?

 

カパっとケースのカバー開けた所にある

この、黒いのがリレーと呼ばれる部品です。

コイツを単体で調べてくるから、

他の配線、多分大丈夫だけど

念のため確認しておいてね〜

 

他のスタッフと分けて確認作業開始です。

電気を当てて、流れをチェック。

 

片方に電気を流すと、もう片方が反応する仕組みで、正常だとカチッカチッと音が鳴ります。

電気を流してみると、

ちょっとはカチカチ音がしてるけど…

 

なんだか元気がないなぁ。

機械を当てたら、正常ならピーーーーと鳴るはず。

……………(無音)

 

あぁ…😅

 

宝箱から中古の同じ形のリレーを取り出して

同じチェックをすると、

カチッカチッカチッ‼️

ピーーーーーーーー‼️

全然違う反応です🎶

 

ほぼほぼ間違いないでしょう。

これを、試しに付けてみて、何日か症状が出なければ、確定!で良いでしょう。

効いているようなら、来週、また来てもらって新品に交換です。

 

 

電気の流れが止まってしまうと、エアコンが作動しないんですね。

エアコンの不具合、ガスが無いだけじゃなくて、こんな小さな部品が原因ということもあるんです。

 

 

ちょっと暑かったので、エアコンを使用して、調子が悪いことに気づく人が多くなります。

変だなぁ?と思った時、できればその症状が出ている時にそのまま来てもらえると、原因が分かりやすいです🤗

電動スライドドア ガタガタ

RG ステップワゴンの

スライドドア動作不良です。

 

スライドドアを開け閉めする時に

ガタガタと動きが悪い状態です。

ドアが閉まる時にガッと引っかかってしまうため、

車体側で 挟み込み防止の安全装置が働いてしまいます。

 


ステップワゴン

スライドドア開閉不良の原因は?


 

ドアローラーのベアリングの不良です。

まず、スライドドアを外して

サードシート、トリム、レールカバーを外すと、

ようやく ドアローラーを外せるようになります。

二個あるうちの一つのベアリングが割れて無くなっています。

違いがわかりますか?

右側が、破損部品で

左側が新品の部品です。

新品の白くて丸いのがローラーです。

 

 

 


スライドドアのローラー破損。

なぜか多い、RG型のステップワゴン


 

なぜか! RGのステップワゴンに、この症状が多いようです。

少なくても当社では、

ステップワゴンのドア開閉不良だって!と言うと

『また~?』と声が出るほど、RGばかりです。

 

スライドドアがガタついたまま使用を続けていると、

電動ワイヤーまで破損してしまいます。

電動ワイヤーは、アッセン(部品丸ごと)での供給しかないので

そこがだめになると高額になってしまいます!

電動のスライドドア。 動きがおかしくなったら早目に修理しましょう。

オイル漏れの原因は、まさかの…

車のオイル漏れ点検について相談がありました

「オイル漏れを起こしているようで、

黙って車の下を見ていたら、

雫になって落ちるのがわかるくらいなんです」

そんなに多く漏れているなら、心配です。
ご来店いただき、
実際に点検してみることになりました。
ご来社時・・・
ん? なんだろう??
車から 下ろしてきてくれた物
それは、お客様がご自身で車の下に置いてみたという
受け皿でした!

漏れていたのはエンジンオイル!

原因は整備時の確認不足!?

👨🔧 『あぁ、これは エンジンオイルですね。
  リフトアップして確認しましょう!』
見てみると、
  あら・・・・・
ドレンボルトがきちんと締まっていない。。。
👨🔧『前回、オイル交換をしたのは いつですか?』
 👦 『2月です。 近くのディーラーでオイル交換してもらいました』
👨🔧『おそらくですが、その時、ドレンボルトの締め付けが甘かったんですね』
ボルトを増し締めして、漏れたオイル箇所もキレイに清掃。
最後に オイルの量を点検して、完了です。

修理の相談は、どこに行けばいい?

ディーラー? 整備工場?

お客様の車は、道外ナンバー。
転勤が多いため、
この車種を扱う販売店なら間違いないだろうと
転勤になるたびに
先々のディーラーに行っていたそうです。
今回はディーラーに対しての不信感を抱いてしまった出来事でしたが、
整備や修理の 技術や判断力においては、
ディーラーだから、整備工場だから、とは一概に言えません。
お店の大きい小さいにかかわらず、
優秀な整備士と出会えたら安心ですね。
ネットの口コミを見て来てくれたお客様。
初めてのお店を訪れるときは、
どうかな、どうかな、と思いながらだったと思います。
安心していただければ、それでOK✨
また何か心配なことがあれば
お立ち寄りくださいね😊

スパークプラグ エンジン不調

エンジン警告灯が点灯したというスズキアルトが入庫しました。

 

着いたり消えたりの症状で、

入庫時は消灯していましたが、念のためコンピュータ診断機を車両に接続…。

【第一気筒失火】の過去コードあり。

なので、スパークプラグを外して見てみると、ハッキリと色の違いが‼️

 

プラグがその焼け色でエンジンの調子を教えてくれています。

診断機なんか無かった時代から、整備士は直接プラグを目視で確認して状態を判断してきました。

最近は白金やイリジウムのスパークプラグを使用している車両も多く、そのプラグを使用している場合は交換の基準とされる走行距離に達していない場合は点検を省略できるようになったため、車検時も点検が省略されることも多くなりました。

ノーマルのプラグと違って確認するのにひと手間必要な場合が多いせいもあると思います。

 

でも、ついつい、外して見ちゃいます(笑)

 

 

整備士としての基本的な確認がクセになっているんですね。

だってね、プラグ自体は長持ちしても、プラグホールにオイルが溜まっていたりしてもわからないですもんね。

 

本当に大丈夫かどうかも、

見ないと なーんか気になって、

ついつい…(笑)

エアコンが焦げ臭い?

エアコンの吹き出し口から焦げ臭いにおいが入ってくる、とのことで点検をしました。

ボンネットを開けて、エンジンルームの点検。

 

 

 

 

オイル漏れが確認できました。

エンジンから漏れているエンジンオイル。

これが、下まで流れ落ちています。

エンジンの下から覗いてみましょう。

 

何となく奥の方からベターっとツヤツヤとしているのは、オイルが落ちて全体に広がり濡らしているためです。

更に、👇ここ

ここ、オイル漏れの箇所の下に、

マフラーが通っています。

漏れたオイルがマフラーに落ちて、

アップにすると

👇

この煙が、『焦げ臭い』原因。

オイル漏れを教えてくれていました。

が、結構大きなオイル漏れ。

煙自体が高温ではないため大丈夫でしたが、もし、これがもっとひどくなると発火する原因となってしまいます。

 

●エンジンのヘッドガスケット交換

この車のオイル漏れを直すには、エンジンブロックの上の方にあるガスケットを交換して漏れを止めてあげないといけません。

 

イメージ的には、圧力鍋の蓋についてるパッキンが弱って、圧力鍋の中の汁が漏れちゃうのと似てるかな?笑

 

オイル漏れが進み、エンジンオイルの量が足りなくなるとエンジンが焼き付いてしまうので、長く乗るためにも大事になる前に直しておきましょう。