オルタネーター凍結 ルークス・パレット・ワゴンR

車がオカシイ! 起きた症状は

①エンジンスターターを使用してエンジンを掛けたが、掛からなかった

②手動でエンジンを掛けると、とりあえず掛かったけどバッテリーのマークが点いた

③焦げ臭いようなにおいがした

④走っていると水温計の『H』のマークが何度か点いた

~・・・テクニカルオートに到着。

Σ(゚Д゚) それは大変っ 電話くれたら良かったのに💦

ぎりぎりセーフでした!

もう少しで、エンジンが止まってしまうところでした。

 

 

車が到着して、なんだなんだ?と点検。

ボンネットを開けると・・・

 

ありゃぁぁぁっ ちぎれてる!

これ、熱で焼け切れていますね。

オルタネーターだ。


オルタネーター 凍結


 

原因は、オルタネーターの凍結。

そもそもの原因は、車の構造上の問題かな。

カウル部分の形が、良くない!

 

車のフロントガラスの下側、

ワイパーの付け根あたりについている

黒いカバー。 カウルトップと呼ぶのですが、

ここから、エンジンルーム内に水が落ちる先が

ちょうど、オルタネーター付近。

 

カウルに残った雪が融けて水となって下に落ち、

つららとなり、水の流れた跡が氷の塊となり・・・

やがて、オルタネータそのものを凍結させてしまいます。

▼カウルから流れた水がつららとなっている

▼水の流れた跡が氷となっている

▼氷の塊になっているが、その先も…

▼この先にオルタネーターがあります

 

これで全部、説明がつきます。

①オルタネーターが凍結

②オルタネータ発電不良となり「バッテリーランプ点灯」

③オルタネータでしっかり捕まえられているファンベルトが、エンジン側でクランクシャフトのプーリーが回り続けたことによりベルトが熱で焼けて「焦げ臭い」においがしてベルト切断

④バッテリーに電気が送られなくなり、充電量が足りなくなって、ウォーターポンプが停止

⑤ウォーターポンプが動かないことにより、エンジン冷却水が回らずオーバーヒートの「Hマーク点灯」

 

これ以上走ると、エンジンがオーバーヒートしてしまうか、

その前に電力不足でパワステも効かなくなり、エンジンも止まり・・・ということになっていたかもしれません。

 

或いは、駐車中に完全にバッテリーが上がってしまい、エンジン不始動に。

 

先ずは、ベルトを取り替え、バッテリーを充電。 エンジンの状態も確認。

今後の対策修理としては、カウルトップの接着です。


カウルトップの水漏れ対策


 

この車は、メーカーから出た対策品もついていました。

スポンジのようなものが付いたテープ状のものです。

この時の状態は、潰れてしまって、既に機能せず。

 

きれいに取り払いました

形状が、上部が丸く、下の端は、水が下に落ちるようにまっすぐに。

水が溜まらないよう、流れやすくしたのかもしれませんが、

寒冷地にとっては落ちる先が痛かった!

ここを、車に使用する専用接着剤で頑丈に!!!

カウルを接着してしまいます!!

その代わり、もう、簡単には外せません。

そうそう、外すところじゃないけど・・・

カウルを基に戻し、蓋された状態に戻りました。

これで、水はオルタネータの方に落ちてきません。

 


ワゴンR・パレット・ルークス


この症状が確認できている主な車は

ML21S の スズキ パレット 日産 ルークス

MK23S の スズキ ワゴンR です。

 

ML21S と MK23S の型式の車の方は、

駐車は、車体のフロント側が下向きになる斜め駐車をしていると特に!要注意です。

できるだけ フロントが上向きになるように、

上り坂方向になるように 駐車してください。

 

水の流れが変わるので、オルタネータ直撃を避けられるかもしれません!

排気漏れ 原因は1本のボルト?

ちょうど新車12ヶ月点検でお預かり予定の車両でした。

新車から乗って、ちょうど1年になるところです。

お預かりする予定の前日、夜遅くのできごとです。

お客様から直接電話があり、

「買い物が終わって、駐車場から出ようとエンジンを掛けたら、今までに聞いたことが無いような音が鳴り出したんです。 排気ガスの臭いもすごいので、マフラーが壊れたのかと思いまして・・・💧」

「駐車場に停めるときに、ちょっとガコンって言ったかもしれない・・・」

 

このまま走るには酷い音なので、心配すぎるという相談です。

夜の出来事だったので、

先ずは、代車に乗っていただき翌日点検することになりました。

 

なるほど。

駐車場に停めた時、下に何かあったのカシラ???

 

確かに音は、排気漏れボーボーの音。

下を覗き込んでみましたが…あれ?折れても外れてもいない🤢

ボンネットを開けて確認です。

すると

あら~! こんなところが外れてる!

黙ってて外れてくるようなボルトではないので、

原因不明・・・。

とにかく、まだ新しい車なので

メーカー対応をしてもらう段取りを取り、

修理点検を完了させました。

 

お客様もびっくり!

私たちもびっくり!

販売店もびっくり!です。

 

先ずは、これで一安心😅

新しい車でも、こんなことが

ごくごくまれにあります。

新車、経年車に関わらず 変だなぁ?と思ったときはすぐに点検してもらいましょう😊

車で充電 接触?シガーソケット

車で携帯電話の充電をしたいのに、何故か充電にならない☹️というお客様。

ぽん♪…ぽん♪…と、

充電してますよ〜の合図が何度も聞こえてくるし、なんなの〜😫

『充電するやつ、調子悪い。壊れちゃったんだわ!すぐ買ってくるね🏃‍♀️💨』

これで良いかなぁー?

カー用品店で、新しいものを買ってきたそうです。

が‼️‼️

新品なのに⁉️

なんで接触悪いの?

調べてみると、

充電器が悪かったのではなく、

シガーソケットそのものが接触悪く壊れていました。

☝️シガーソケット

昔はここにシガーライターが備え付けられ、タバコに火をつけるライターとして使われていましたが

( ´Д`)y━・~~

今は電源用に使われることが多いですね。

最近の車では、シガーソケットをわざわざオプションで付けないと最初から無い車もあるんですよ。

***************

電源の調子が悪いとき、

充電器や配線コードだけでなく、

シガーソケットやソケットの先の配線などが壊れてしまっている場合もあります。

ドライブレコーダーが調子悪いと思ったら、ソケットの中にゴミが詰まっているだけという事もありました。

おかしいなぁ?と困ってしまった時は、ご相談くださいね😊

エンジン警告灯点灯 原因は?

最近車検が終わったばかりの車両。

戻ってきてすぐは普通に走っていたのに、エンジンの警告灯が点灯⁉️

点いたチェックランプの形は

👇これでした

車検では、警告灯が点灯している状態では合格しないので、点検が悪いわけでは無いと思うのですが、一体車に何が起こったのか?


コンピュータ故障診断


自動車の故障で、特にチェックランプが点灯している時は、そのランプを点灯させた時にどの様なエラーが起こったのか、コンピュータに記録されている事が多いのです。

エンジンのチェックランプが点灯している時は、センサーの故障という事が最も多いのですが、エンジンの不具合に繋がることも考えられるため簡単には放置できません。

コンピュータ診断機を車につないで、確認してみると…。

故障コードが沢山……😵

色んな箇所についてのエラーが何個も記録されていました。

その内容を読み取り、原因を突き止めるのが『診断士』の腕の見せどころです。


警告灯点灯の原因を特定


もしかして、とボンネットを開け。

これか?と、確認したのは

スパークプラグです。

自動車にはスパークプラグを3〜4本使用しているので全部のプラグを確認。

『これだ!!』

右側の写真の赤い矢印の部分、スパークプラグの先端にある、白い四角い物が無くなっているのが分かりますか?

ここが取れてしまって、プラグホールの中に置いてけぼりになっていました。

車検の時に、スパークプラグも取り替えておくと良かったですね。

大ごとにならなくて良かった。

全部のプラグを新品に取り替え、車に不具合が起こらないか確認して、作業は終了。

エンジンが掛かり難くなった時に、一所懸命エンジンを掛けようとして、色んな箇所のエラーコードが残ったと考えられます。


車でおかしいなと思ったら


車検や定期点検、一般整備において、予測整備や安心整備をしてしまえば良いのかもしれませんが、予算的にもなかなか全部とはいかないものです。

点検の時に大丈夫でも、後から変なタイミングで不具合が起こってしまうこともありますので、おかしいな?と思った時は、直ぐに点検してもらう様にしましょう😊✨

半ドアなのに半ドアじゃない

自動車に使われるパーツは、年月の経過と共に劣化していく部分も多々有ります。

先日お預かりした車で、『エンジンスターターが効かない』という相談がありました。

『エンジンスターターが壊れたのかな?と思ったら、どうやらスターターの機械が半ドアと認識して、スターターが効かない状態みたいなんです!』

寒くなってから4回、その症状が起こったそうです。

点検をしました結果。。。


エンジンスターター誤作動の原因

カーテシスイッチ


カーテシスイッチとは、

ドアが閉まっているか開いているかを認識するスイッチです。

ドアを開けるとついているのが見えます。

実際にドアを開けているのに、車はドアが閉まっていると認識したり。

逆も然り。

ドアが閉まっているのに半ドア認識なんかで、バッテリーが上がったりしたら嫌ですよね。

メーター内のランプは、運転者に伝えるメッセージです。

余り気にされない『ドア閉まってないよー』ランプも、

ドアが開いている時にちゃんと点灯しているかどうか、

たまに気にかけてあげましょう^_^

エンジンが掛からない!事例

キューブに乗っているお客様から、『エンジンがかからない』と連絡が🤦🏻‍♀️

バッテリーが上がってる様子もなく、スマートキーの電池も替えたばかりで切れてない。。。

なのに、プッシュスタートボタンを押してもACCにもONにもならず、メーターパネルのどこの表示も点きません。

ヘッドライトだけは光ります。

自宅ガレージから引き出さないとならないため、保険のロードサービスを利用して、お客様のご負担なくレッカーを手配しました。

運び込まれたキューブくん。

おかしいなぁ、と思いながら

順を追って調べてみると、

『これだ‼️』

コイツが悪さを😈‼️

▲ステアリングロックユニット

これは非分解の部品です。

中で故障している状態でした。

コイツが壊れるとエンジンがスタート出来ないんだよ〜😫💨

故障事例も多々あるので、気をつけてください!

と、言っても、不具合があって初めてわかることなので、気を付けようがないんですけどね😅

自動車各メーカーそれぞれですが、

これだけ精密な機械が組み合わさって出来ているので、発売されて実際に動かして初めてわかる色々な不具合が、どう〜しても出てしまいます。

しかし、そういった部品の不具合や 特徴のある壊れやすい箇所は、命に関わる不具合でなければリコール対象ともならず、サービスの対象ともならないため、事前の予防が出来ません。

あまり頻繁に起こることではありませんが、

突然の出来事に困らないよう、

任意保険に付帯のロードサービスの確認をしておきましょう!

JAFに入っていなくても、保険のロードサービスで助けてもらえるかもしれません。

ご加入の保険内容があまりよくわからないという方は、保険会社からの案内を持ってきて下されば、わかりやすくご説明しますよ!

勧誘は苦手な私達なので、

ただただお気軽にご相談ください(笑)

オーバーヒート 意外な原因

オーバーヒート⁉️

 

オーバーヒートの可能性があるので見て欲しいとのご依頼がありました。

 

点検を進めてみますと…

 

ラジエーター本体の水の流れが確かに悪い!

分解して見たところ

 

ん!?

何だろうこの卵の殻のような白い塊は👀💥

いたるところに見られます。

こちらが細かい管などを詰まらせていたようです💀💨

 

このようになってしまう原因の一つとして考えられることは、漏れ止め添加剤の注入!

 

冷却水の漏れを発見した時に

応急処置として使用されることもありますが

使用容量や相性によってはこのような事態になってしまいます。

 

あくまでも緊急用の処置となりますので

漏れが発生した時には根本治療をオススメします🔧🔨✴️

 

 

このように一度詰まってしまったラジエーターは綺麗に清掃する事が出来ないため、交換が必要になります。

 

ラジエーターだけでは済まなくなる可能性もありますので、注意が必要です⚠️❗

エアバッグのチェックランプ

新車からの初車検🚗🔍

リースの車ですが、先月までは別の工場でメンテナンスをしている車両でした。

 

『あれっ…エアバッグのチェックランプが点いてる😲』

いつから…?

 

メーターパネル内のチェックランプが点灯していると、車検は合格しません。

『エアバッグのランプなんて何~オカシイのぉ? でも、1回目の車検だから、これまだメーカー保証効くよなぁ。』

コンピュータ診断で、ちょっと調べてみました。

車にコンピュータを繋げて、

何が悪さをしているのかな。

ん?

なんだこれ。 ちょっと意外な結果。

見てみよう。

ハンドルを分解します。

配線をチェック。

あら~~~~‼️ ここ…‼️

ちゃんと差さってない😓

これ、ちゃんと ぐっと押して

ほら。消えた。

こんな場所のコネクターが勝手に外れることは無いので、不思議ですが。

 

これで安心🚘💕

車検も滞りなく✨ 完了です

エンジン警告灯 O2センサー

『メーターのところに、

ランプが点いたんですけど……。』

エンジン警告灯

エンジンのチェックランプです。

メーターパネルの中で光る警告灯は、

赤・黄色・青と、信号機のように🚥色で重要度が分かれて表示されます。

エンジンチェックランプは、黄色(オレンジ) なので、これは、

『早めに点検してもらいましょう』の合図です。

ということで!!

コンピュータ診断

車体に直接繋いで、この機械の中にあるコンピュータが、車両の不具合をスキャンしていきます。

今の車は、多かれ少なかれコンピュータ制御されているので、車に不具合があると、車両側で何のエラーか痕跡を残すようになっています。

診断結果は、

O2センサー

オー・ツー・センサー と読みます。

O2 ??

ん? 理科で聞いたことがある。

オーツーって何だっけ?

正解は! 酸素です。

車から排出されるガスの中の酸素濃度を測るセンサーだからO2センサー。

どこについているかというと、

マフラーにくっついているんです。

車体の底に付いていて、マフラーと同じく、サビの被害はどうしても多くなってしまうO2センサー。

壊れてしまったからと言って、直ぐに症状が現れることは少ないのですが、

センサーが壊れてしまうと、

エンジン内部で燃料の噴射量を調整出来なくなるので、エンジンの動き自体に不具合を起こしてしまいます。

また、車検でもチェックランプが点灯している状態では不適合となってしまいます。

外してみるとこんな状態。

新品と比べると、腐食の具合がよくわかります。

エンジン警告灯が点灯した時は、

走行していて明らかにガクガクブルブルするようでなければ、慌てなくて大丈夫ですので、仕事の帰りにでもお立ち寄りくださいね。

すぐに点検します👍✨

バッテリーマーク点灯 その原因は

☎️RRRRR

👨‍🦰『そちらで、オルタネータの交換ってできますか?』


一本の電話がありました。

お電話の感じから、テクニカルオートを初めてご利用いただく方のようです。

オルタネータとは、バッテリーに電気を送る発電装置のことで、

ダイナモとも呼ばれます。


👱‍♀️『オルタネータの交換ですね、できますよ。今、発電していない状態ですか?』

👨‍🦰『いえ、走ってはいるのですが…』

👱‍♀️『ギリギリ…? 発電不良ということですね?』

👨‍🦰『はい、今から行っても良いですか? 急に代車なんて借りることできませんよね?』


入庫したい車は軽自動車とのことでしたが、さしあたり大きい車でも良ければ!と戻ったばかりの代車を用意してお待ちすることになりました。

👨‍🦰『月寒からなので、15分か20分で着きます!』

代車は毎日引っ切り無しに動いているため、ちょうど良いタイミングでした。


ご来店の予定を、フロントの女性スタッフと確認しているうちに、

そのお客様は到着されました。

👨‍🦰『先程電話した者ですが、オルタネータの交換で…』

👱‍♀️『オルタネータを交換したいということは、どちらかで診断されたのですか?』

👨‍🦰『いえ、どこにも診てもらってません。スタンドには寄ったのですが。』

👱‍♀️『スタンドですか🤭‼️ では、もう少し具体的にお話を伺いますね。』

詳しく訊くと、

👨‍🦰『数日前からキュルキュルという音が鳴っていて、今日、急にバタバタっと音が鳴ったと思ったら、バッテリーのランプが点灯したんです。』

ーーーーーーー…え!

それは、オルタネータ以前の話かも…。

もちろん、お客様のご依頼通り、

オルタネータの交換はできますが、

その状況だと オルタネータというよりは、ベルトが切れてしまっている可能性が…!

お預かりして直ぐに確認してみると

やっぱり!!

2本掛かっているうちの1本が無くなっているのがわかります。

切れて脱落したのでしょう。

見えにくいけど、

▼ここです

これでは、発電機も回らないためバッテリーへの電気も流れません。

オルタネータ(発電機)が動いていない状態は間違いありませんが、原因はオルタネータの不良ではなく、電動源です。

これでは、『充電できません〜』と言って、バッテリーランプも点灯する訳です。

すぐにベルトを注文し、取り付けて

発電状態、バッテリーの状態、エンジンの動作確認などチェックし、

即日で納車完了です。

今回はトラブル発生場所が近く、直ぐに来て下さったこともあって大事には至りませんでした。

点灯したランプのマークで大まかな状態は把握できるかもしれませんが、何故?という原因によっては車を動かさない方が良い場合があります

ベルトが切れてしまった場合、車種により、発電機だけでなくウォーターポンプも動かなくなってしまうため、エンジン冷却水も回らなくなってしまいます。そういった場合はエンジンにもダメージを与えてしまいますので、異変を感じた場合は、先ずは車を速やかに邪魔にならない場所でエンジンを停止させてお電話いただき、詳しく教えてくださいね🙏✨