スバルXV ドアべこべこ修理🌈塗装編❷仕上げ✨

 

スバルXVいよいよ修理も終盤🕰

 

板金パテが硬化したら・・・

機械で大まかなところを削り、機械では行き届かない微妙な凹凸やラインを作るためには

ペーパーを巻き付けて手で細い修正をするのですが、

これがなかなかハードなんです💨全身を使って研磨します‼️

 

研磨と同時進行で塗装する車体の色を調色していきます🌈

朝の太陽のよく出ていた時間帯に色合わせをし

太陽が陰ってしまったら太陽と同じように明るさをランプで当てて

『白もう少し足す❓どうだ❓黒っぽいか❓』といろんな角度から見て

何度も車と塗料の倉庫を行き来🏃‍♀️しながら色を決めていきます👍✨

 

板金パテの形が決まったら

次は仕上げパテを塗って

この先も同じように余分なパテは削り

 

ブースの中でサーフェーサーを塗布

乾かします☀️

 

さてこれで塗装の下地作りは完成🤗🍀

最後にブースで調色した塗料でボディに色を乗せて・・

完成😆✨👏

 

▼Before

▼After✨

 

お客様へお返しの際、修理の工程も一緒にお見せしながら

お車の修理のご説明をさせていただきました☺️

 

『え〜❗️すごい❗️こんな風に直すんだ👀』

『さすが職人さんですね✨』

お仕事を頂いて一番嬉しいお言葉を☺️❤️ありがとうございます。

 

家族にも見せたい〜✨と喜んで帰られました😊

無事に納める事ができて良かったぁ🍀

 

スバルXV ドアべこべこ修理🌈塗装編❶

 

スバルXVのドアの修理🚙✨

先日、板金の作業が完了し、次は塗装の工程へと移ります👉👉

 

▲板金の作業が終わり、プライマーを塗布した状態

このプライマーを遠赤外線の当て、十分に乾かしてきます

その時々で変わりますが、今回は60度の温度で1時間ほど当てました☀️

 

しっかり乾いた後は余分な部分を削り落としていきます🌀

手で確認しながら凹凸が綺麗になるよう確かめながら

研ぎが終わったら

板金パテをのせます❗️

▼灰色なのが板金パテ、茶色のものが硬化剤です💡

これをよ〜く混ぜ合わせて🌀🌀

ドアにケーキの生クリームを塗るように満遍なく塗ります

塗り終わったら硬化☀️

硬化したら研磨❗️塗装の下地作りはこの繰り返しです👨‍🔧♻️

 

今日はここまで🙆‍♀️

 

明日はいよいよ完成に向けての最終工程です🌈✨

スバルXV ドアベコベコ修理🔨板金編❷

 

スバルXV先日の修理の続きです😄☝️

 

『ハンダでの板金』が終わった状態がこちら👇✨

 

ドアのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい板金作業にて

本来のフラットな状態からはみ出ている&凹んでいる部分の修理です👨‍🔧

 

▲ドアの内張を外した状態で、スタッドプーラーの電気が流れるように

アースを繋ぎます♻️

 

 

スタッドプーラーを当てる部分の塗装をベルトサンダーで削り落としていきます💡

 

 

単純に凹んでいる部分を引っ張り出すわけではなく、

元々のドアの鉄板の高さに合わせて凹んでいる部分・出っ張っている部分を

前後のパネルとも比較しながら修正をしていきます🙆‍♂️

 

▼凹んでいる部分をスタッドプーラーを使い、引き出している様子

 

▼スタッドプーラーをドアにくっつけた状態で、

出っ張っているところを戻している様子

 

違いがわかりますか

スタッドプーラーの使い方で板金の仕方が変わるんです💁‍♀️✨

 

▼角度を変えて👀

 

手で一つ一つ鉄板の状態を確認しながら作業を進めて行きます🏃‍♀️✨

 


 

2種類の板金作業でドアの凹凸が元通りになった状態が

こちら👇

 

これで板金編の作業は完了🤗‼️

 


 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋して

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないように

錆止めするのと、これから塗る塗料の密着をよくするための

プライマーを塗布します🙆‍♀️

 


 

まだまだ修理は続きます🏃‍♀️🏃‍♀️💨

続きをお楽しみに☺️

 

スバルXV ドアべこべこ修理🔨板金編❶

 

現在お預かり作業中のお車の修理の様子をご紹介👨‍🔧✨

 


 

柱にぶつけてしまい、右のリヤドア全体が凸凹になってしまったスバルXV💦

 

▼左側のドアと比べてみると凸凹具合がわかります

正直交換レベルの凸凹の具合💦しかし、自費での修理のため修理方法を

①新品ドアで交換

②中古のドアで交換

③板金修理の3パターンで

ご提案させて頂きましたが、新しめのお車のため残念ながら同じ色のドアは出てこず

新品は高い・・・😭ということで、板金にて修理することになりました❗️😊

 


 

今回の板金作業は2種類の板金方法で修理していきます🚙👨‍🔧

まず今日ご紹介するのは『ハンダによる板金修理🙆‍♂️

ハンダでの修理はまず、元々ドアのデザインとして折れ目のラインが入っているところの山を

修復する役目があります💡これは線を出す修理方法☺️

▲矢印のあたりで横にラインが入っていました。

 

このラインを基準として鉄板の飛び出ている部分、凹んでいる部分を

フラットな状態へと修復していくのです🙆‍♀️

 

ハンダの修理の時にはこちらの工具を使用していきます🙌

先端の太い方から熱が発生し、下側の細いところから溶かす素材が出てくる仕組みです😄

ハンダは熱で温められた箇所に引っ付く性質があるため、

まずはボディ側を温めながらのちに取り付けする鉄板の土台作りをします👍

 

 

土台作りが終わったら

歪んでしまったラインの部分に合わせて鉄板をハンダ付けします🙆‍♀️

 

ちなみにハンダこてを温める温度は車種によって使ってる鉄板が異なる場合や

その日の気温などによって調節して温度設定します💡☀️

 

土台作りが完了したら

このような部品を取り付けて

▲この輪っかの部分にスライドハンマーを引っ掛けて

引っ張るのです💡☺️

ハンダつけした鉄板には三つ穴が空いています⭕️

これはラインを出すときにより力を加えたい部分にずらして

ボルトナットで締め付けをし凹みを調整する役目があります☺️

▲このようにいろんな角度から見て

綺麗にラインが出ているか否かチェック👀しながら

繰り返しスライドハンマーで調整をします🔨

 

完成したラインを基準として、

そのラインの下側に凹みや歪みがあったためハンマーで叩いて修正します🔨👩

というところで本日はここまで

作業が進行したらまたご紹介させていただきますね♫

 


次は第2工程となる

『スタッドプーラーによる修理』を紹介しますのでお楽しみに🤗❤️

2022年 今年もよろしくお願いします❗️🐯

 

🎍🐯あけましておめでとうございます🎍✨

令和4年、本年もどうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️

 

 

本日1月6日からテクニカルオート2022年の営業がスタート致しました🚗💨✨

 

 

 


 

前日の昨日はスタッフみんなで営業準備のため集合❗️して、まずは構内の除雪⛄️

 

今回のお休み期間中は何度か大雪の日があったので

膝上あたりまでしっかり積もっていましたね❗️

皆様も雪かきお疲れ様です

 

除雪が終わったら、スタッフ全員で大谷地神社へ初詣⛩🇯🇵

 

今年もみんなが毎日健康で幸せな1年になりますように☺️

そして、お客様にたくさんの笑顔を届けられますように🌈

 

※撮影時だけマスクを外しました

 

『みんな大好き〜😄🙌』

 

今年もチームワークばっちりで楽しみます❗️

よーし❗️やるぞぉ〜💪‼️

 

どうぞよろしくお願い致します‼️✨

2021年もありがとう! 今年の思い出発表です😊

皆さま、今年も一年大変お世話になり ありがとうございました🙇‍♀️

 

今年がスタートしたのも凄く最近のように感じますが、あっという間に2021年は終わり。

沢山のお客様と出会い、楽しい・嬉しい出来事も多く

瞬く間に月日が経ったなぁと感じています。

 

それでは ここで!!

テクニカルオートの思い出を、

各部門から発表〜🎉 チャカチャン♬

 

🔸板金部門

板金やさんからは、「これは多かった〜!」ランキング‼️

 

第3位! 輸入車!

輸入車の入庫が多かった~

アウディ・ベンツ・BMW・クライスラー…などなど、続けて同じ車種が入庫することもありビックリ👀‼️

 

第2位! パパッと修理!

保険を使用しないで、自費で安価にやりたい!!の相談、相次ぐ!

ちょっとここだけ直したい、なんとなく見栄えが良くなるようにならないかな?など

短期間で、安価で直したい要望が沢山ありました。

中古部品を見つけて交換したり、中古が無くてなんとか直そうと頑張ったり、

やりがいのあるお仕事も多かった気がします😊

 

そして、板金部門の

第1位!! クォーターの修理〜🙌 

クォーターからリヤバンパーに掛けての錆や板金の依頼が、とにかく多かった!!

錆が出てきてどうにかしたい、ぶつけてしまったけど交換しないで何とかならないか、など
ボルトで留まっている部分ではない後ろのタイヤの上の部分にあるパネルの修理が沢山ありました。

できるだけ安価に抑えた修理、できるだけ後から困らない修理、車一台一台お客様のご要望に沿えるよう色々考えました😊

来年はどんなご依頼があるか!また、色々工夫しながら頑張りますよ〜!

 

 

🔸塗装部門

塗装やさんでは、調色をした色ワンツー!!

修理を行った車両で特に多かったのは・・・

 

この色‼️

 

①パールホワイト 070

②シルバー 1F7

この2色がダントツに多い! 本当に多い!

いずれも、トヨタのカラー番号です。

 

構内に同じ色の車が並んでいる事もしばしば…😁

 

さすがトヨタさんです!

世の中の人が乗っている車のメーカーで、トヨタ車がいかに多いか!と思ってしまいます。

 

変わりどころでは、レクサスLCの限定色 8Y0という青い色に全塗装⁉️ なんていう相談もありましたねー。

世の中に20台しか存在しないという限定色、塗料の中に入るフレーク代だけで100万越え!?

なーんていうお話もありました笑笑 すごいですねぇ〜

 

🔸整備部門

整備からは季節ごとの修理を思い返し・・・。季節あるあるを発表〜!

 

🌸🍁春・秋のタイヤ交換後に異音が…!!

ナットの締め付けが緩くて危ない状態のお車を沢山目にしました💦

 

☀️ 夏に多いのは、エアコンに関するご依頼!

暑〜〜い日が続いたのにエアコンが効かない😭と言って、

ガス不足で補充作業をしたり、ガス漏れの原因を追求したい。

カビ臭いとニオイにお困りの方も多かった気がします🦠

 

⛄️ 冬はやはり、バッテリートラブルが圧倒的に多い!

気温が下がると急激に性能が劣るようになるのがバッテリー🔋

寒い朝にエンジンを掛けようと思ったら、かからない😵

毎年ですが、急なトラブルで相談の連絡は多いですねー。

 

 

⭐️そして、事務所の女子が思い返す、
テクニカルオートの思い出

 

☝️虫を食べた!!

『昆虫食』という自販機を見つけた1人のスタッフが買ってきたことがきっかけ。

ジャンケンして買った人が食べるんだよ〜✊😆

なぁんて、本気のジャンケンをしましたが

中に入っていた昆虫の数が意外にも多く、結局みんなで食べたっけ😋笑

感想は…ご想像にお任せします😂笑

 

✌️親子出勤

コロナの影響で小学校や保育園に行くことが出来なかった子供達。

子供達の行く場所が無くて、親子出勤をしたのも良い思い出♬

子供達は一所懸命に自分のお仕事を楽しんでいました🧸🤖

 

🤟カヤック

休日に皆で美国に行き、カヤックに乗りました🚣‍♀️

海水浴セットをそれぞれ準備して、カヤックの先生に教わりながら

それぞれが自分の力で漕いだのも楽しかった😊

海に入って遊ぶのって、何歳になっても楽しい〜🤗

 

✋他にも…

工場スタッフに教えてもらいながら、女子達は色んな経験をしたのも勉強になりました!

ボディの傷磨きや塗装をしたり、塗装前に紙を貼る作業をお手伝いしたり。

ヘッドライトの磨きやエバポ清掃なども回数を重ね、今では得意な作業となりました ♬

 

沢山の思い出と経験を積み重ねて

来年はもっと多くの方に喜んで頂けるように頑張ります💪

 

こうして振り返ってみると、沢山〜〜〜〜のお客様の顔が浮かんできます😊

本当にありがとうございます。

 

 

さて、2021年の営業は昨日で終了。

今日は、会社や身の回りの物たちにも感謝しながら綺麗に大掃除をして、

年初の書き初めで書いた言葉と一年を振り返り、締め括りです。

 

年末も差し迫り、忙しい日が続くことと思いますが、

体調も、お出かけの際も、気をつけて!

良いお年をお迎えくださいね🙇‍♀️

 

🎍来年は1月6日からのスタートとなります🎍

 

メリークリスマス

⭐️*・゜゚・*:.。..。.:*🎄 MerryX’mas 🎄 *・゜゚・*:.。..。.:*・⭐️

 

今日はクリスマスイブですね🎅🎁

皆さま、どんなイブをお過ごしになるのでしょうか?

 

今年は根雪になるのが遅いこともあってか

なんとな〜くクリスマスはまだまだ先なイメージでしたが

周りもすっかりと雪景色❄️になり、本格的な冬到来!

年の瀬も押し詰まってきましたね。

 

年越しに向けてお車のコンディションは整っていますでしょうか?

 

年末年始は どちらの車屋さんもお休みに入ります。

テクニカルオートも12月29日から1月5日までの間、お休みを頂きます。

 

最終作業日は明日25日までとなりますが、27日まではご相談も受付しております。

何か気になる事や心配な事などございましたら、お早めにお電話やご来社くださいね☝️😊

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

先日、施設の子供たちから届いたクリスマスカード♬

毎年必ずこの時期に送ってくださり、手作りの心温まるカードにほっこりしています☺️💓

いつもありがとうございます!

 

 

皆さまも素敵なイブをお過ごしくださいね🦌🎅🎄✨

 

 

ラクティス フロントバンパー樹脂溶接修理💁‍♂️

こちらのラクティス🚙💡

よ〜く見ると・・

フロントバンパー右下に割れが😭

 

 

どこかで下からゴツンっとぶつけてしまったよう💦

修理するより新品で交換で進める予定でしたが

中古パーツもなく、新品部品が思ったよりも高かったため

今回は壊れてしまったバンパーを修理して部分的に

塗装をする方法を選択👌♻️❗️

 


 

バンパーを外してみると割れ具合がはっきりと分かります👀

大きく裂けていますね😢

 

テクニカルオートでは樹脂溶接の機械を使って直します💪✨

 

バンパーの素材と同じ性質の溶接棒を溶かしてくっつけていくため

まずはバンパー(母材)の素材が何かを確認します🔍

 

 

▲バンパー裏側を見てみると『PP』と書かれています。
これはポリプロピレンという素材💡

今回はこちらを使用して修理します💁‍♂️

 


 

表面の塗装を削った後に表も裏も割れ部分の接着面を削り、素材がより溝に入り込み密着するよう

下地作りをします

 

▼削ったらまず裏から溶着するのでアルミテープを貼って

 

いざ、溶着Start❗️🏃‍♀️✨

 

☝️この鉄の棒から窒素と熱が出ています♨️

溶着させるためには母材を十分に温める必要があるのですが

近づけすぎるとバンパー自体が簡単に溶けて歪んでしまうため

適度な距離感で温め、同時にPP素材の棒も温め溶かしていきます🔥

 


 

裏側の溶着が完了したら今度はひっくり返して

表側も同じように溶着していきます🔥

 

樹脂溶接は母材と同じ素材でくっつけるため

接着剤でつけるのとは違い修理後はとても強固な状態となります💪

 

▼ご覧の通りこんなにひねってもびくともしません🤗👏

 


 

しっかりくっついた後は塗装をしていくため

▼表面を滑らかに研磨

▼UVサーフェーサーを塗布

▼3分間UVライトを当てて硬化☀️サングラスをかけ目を保護して作業🕶

 

ここまで来たらブースへ入れ塗装をかけていきます🌈

塗装する色は事前に太陽のでている時間に

いろんな角度から色の具合をみて調色し、色を作ってあります💡

 

 

▲塗装前

▲塗装後

 


 

無事塗装が完了し、車体にバンパーを組み付けしたら・・・

 

完成〜🙆‍♀️✨👏

 

 

あんなに大きくひび割れしていたとは思えない綺麗な状態に元通り😊

いつも車検や整備も見させて頂いているこちらのお車🚙

傷も綺麗になったことで、

これから先もまだまだ長く乗ってもらえるのかなと思うと嬉しい限りです🍀

 


 

これから雪道☃️になり、轍や路面の氷で気づかぬうちにぶつけてしまう事も多い季節💦

皆様、くれぐれもお気をつけくださいませ🙏❗️

 

北海道で過ごす初めての冬☃️

お仕事の関係で、北海道に引っ越しをされ

初めての冬を迎えられると話してくれたお客様。

 

冬を迎える前に、車のメンテナンスをして欲しいといったご相談です。

 

エンジンルームを開けて、油脂類等の確認を行ってみました。

 

① クーラント(冷却水)

エンジンを冷却する為に 使用されている物。

このクーラントは濃度があり、本州で使用されている車両は 濃度が低い物を使用していることが多いです。

 

その、濃度を測れる画期的なアイテムがこちら💁‍♀️

『クーラントテスター』✨

青いガラス部分にクーラントを少し乗せて 望遠鏡のようにレンズを覗くだけで

数値がわかるという優れもの👓

 

実際にやってみましたよ〜👇

サブタンクを開けて

スポイトでクーラントを少し抜き取り

専用の機械の上へ

パタンと上蓋を閉じて、覗き込みます。

 

そうすると、見えたものがこちら。

 

クーラントの濃度は40%/凍結温度が−26℃ でした。

 

👇こちらが、在庫で保有しているクーラント。

濃度が54%あり、凍結温度が−42℃なので 寒さには大分強い物だとわかります☝️

クーラントの色によって、見える色が違うのも面白いですね♬

 

札幌では−20℃以下になることも、滅多にありませんが

特別に寒い地域などでは、凍結してしまう可能性がゼロではありません。

なので今回は交換をする事で決定です🌟

 

② ウォッシャー

本州の方では、水道水を使用する方もいると聞いたことがあります。

北海道の厳しい寒さでは凍ってしまいます❄️

 

ウォッシャータンクの蓋を開けて、覗き込んでみると…

色が薄い!!

スポイトで吸い取ってみましたが、やはり透明な液体でした。

透明なウォッシャー液と水との判断が付かないため

こちらはサービスで交換をさせて頂きました👍

 

その他に

③ バッテリーの確認

④ 下回り防錆

⑤ スタッドレスタイヤ & スノーブレードの準備

 

と、冬に向けての準備が色々とありますが

これらを済ませておけば、雪が降っても寒さが厳しくても大丈夫👌😊

 

これで安心して過ごせますねっ👍

建物を綺麗に🏢✨

テクニカルオートの工場・事務所の建物を綺麗にしました✨

 

夏には雨風から☔️ 冬には雪から☃️

守ってくれている大切な会社に、日頃の感謝の気持ちを込めて作業します😊

 

脚立を使用しても届かないところは、ショベルに乗って上へ✌️

 

塗装屋さん2人で同時に 塗り塗り🌈

 

顔や手を青くしながらも、ハイ!ポーズ✌️

 

 

事務所横の階段も。

 

車両を入れる際に、入口の端が目立ってわかるようにと

この部分は鮮やかな シュウイロ で♬

 

建物のイメージカラーでもある ブルー も全体が綺麗になって

印象がパッと明るくなりました😆