ルビコンフェンダー 日本と本国の違い

ラングラーアンリミテッド ルビコン用

MPコンセプトハイクリアランスフェンダーが

届きました~!

 

ラングラー フェンダーの比較

アメリカ本国と、日本の仕様では

フェンダーのデザインがなぜか違います。

 

USフェンダーはフェンダーの位置が高く、

ホイールハウスが広くなって車高が上がったかのように見えます。

広くなるので実際に大きなタイヤを履くことができます。

ちょっとワイルドですね!

日本の純正フェンダーは少し低い位置にあるので

フェンダーの曲線が優しく、ボンネットのラインが見えています。

タイヤとの間隔も狭いのでタイヤが大きく見えるかもしれません。

 

あ!! もしかすると、

車検のないアメリカでは車体からはみ出す大きなタイヤが履けるけど

日本では規制があるので、小さなサイズでもタイヤが大きく見えるように

フェンダーのデザインを変えたのかもしれませんね!

(あくまでも私がたった今思い付いた予想です)

 

フェンダー仮合わせ

塗装を行う前に、仮合わせを行うため、

現車に取りついている、純正フェンダーを外すところから!

 

クリップもリベットも 沢山ついています。

再使用できるクリップは使いたいのでちょっと慎重に…と思っても

壊れてしまう物も出てしまいますが💦

 

裏に手が入らない所もあるのでバリッと壊しながら取り外す個所もあります。

 

どれどれ、外れた物と比較すると~

おぉ!

フェンダーの厚みが違います👀

厚みが違うということは、

これだけ高さが違ってきます。

内側から見るとこんな感じ。

 

正規品ではないので 比べるとやはり、細かく色んな所が違いますが、

まぁ、 問題ないでしょう!

 

フェンダーフレアの塗装方法

購入した商品はテスクチャタイプの物でした(それしか無かった)

※テクスチャタイプとは、塗装なしで素材そのもののタイプのこと

アメリカから輸入する時に、どうしてもどこかしらに傷が入るんだ、と

販売店の人が言っていました。

が、元々、塗装をして使おうと思っていたので、多少の傷は問題ありません。

 

ちゃんとボディに合わせて調色も行いますよ。

何色にしようかなぁとイメージしていて、

艶消しのグレーでラップ塗装にしよう!! と決め

塗装をしてみました。

が…💧

ん~~~~・・・・・

 

塗りあがると、いまいち 気に入らず!

!!やめた!!笑笑

 

やっぱり、やり直し!!!!

普通に同色でクリアも掛けての、

ラップ塗装にしてみよう!!!

 

フェンダーフレア ラップ塗装

一般的にラップ塗装をするときは、

このように思いっきり模様を出す塗り方となりますが

↓ ↓ ↓

 

これではあまりにも主張が強すぎるので、

ラングラーのフェンダーは、大人カスタム♪

 

せっかく塗装をするので、ちょっと遊び心を出して、

激しすぎない、大人のラップ塗装にします😊

パッと見、普通の同色フェンダーと見せかけて よく見ると模様が入ってる~!という位の

さりげないカッコ良さで仕上げます。

 

ところで、さっきから言ってる ラップ塗装って何のこと?

と思われる方。

これです

↓ ↓ ↓

 

そう! 「ラップ」を使って、塗装面にペタペタと模様を入れる方法で、

唯一無二のデザインとなります。

 

塗料を吹きかけて

ラップを被せて

塗料が乾かないうちにペタペタペタペタ。。。

最終的にはクリアも掛けて、ピカピカに。

うん!! ゼブラっぽいような模様も入って、なかなかいい感じ!!!!

この模様、目ではちゃんと見えるけど、

写真に撮ろうすると、光ってなかなかうまく撮影できません笑

 

組み替えと取付

フェンダーの塗装が終わったら、純正フェンダーについている

ライトと配線を移設します。

固定されている部分を全て取外し、配線も取外し、

そのまま、同じように組付けていきます。

若干、固定位置が違う部分もありますが、問題なく移設完了!

これで、いよいよ ボディに取付ができます♪

 

フェンダー取り付けと採寸

これがボディに取り付くと、幅も少し広くなるし、高さも余裕ができるので

ルビコンフェンダーにすると35インチまでのタイヤを装着できます!

 

取りついた状態で、計測してみよう!!!

と、メジャーを当ててみると。

 

あれっ!? あれれ???

1インチ(2.54cm)広くなるって、

全体にじゃなくて!?

 

前のデイライトあたりは、おおよそ2cm位

フェンダー中央部位になると 1cm位の差しかありません。

タイヤの大きさを変えて ホイールのサイズも色々計算して、

2.54cmの差がある予定が、1cm!? ほんとに~~~!?

 

タイヤを装着した時、どうなるか・・・

ん~~~~~~~!!

心配というか、楽しみというか!!!

 

でも、まずは、フェンダーフレア装着完了♪

いよいよ、日本初の試みへ…!?

 

来週に続く!!!

RAV4 フロントスポイラー傷修理

RAV  4のお客様からのご依頼です。

 

フロントスポイラーの一部に傷がついてしまったとご入庫になりました。

どれどれ…🔍👀

ここですね!!

ちょっと段差に乗り上げたりすると、ガリッと擦ってしまう部分です😭

 

メッキの近くですが、割れてはいないので直せます👍

バンパーを外さず、メッキ部分はうまくマスキングをして、超〜〜部分塗装で安価修理をしましょう!

 

ガリッと入った傷を落とすためには、

一度 研ぎ落とす必要があります。

綺麗になだらかに。

キズの範囲よりも、もっと広い範囲の研磨が必要。

修理をする時に、メッキ部分は変形してしまわないように、アルミで保護します。

 

いつものように下地処理を行なった後は

塗装範囲以外をしっかりと養生して塗装前の準備に取り掛かります✨

 

 

この後はいよいよ塗装!

仕上がりはどんな感じになるかな〜?😊

 

 

出来上がりのお車はこちら💁‍♀️

 

お返しの際、お客様には

🙍‍♂️『綺麗ですね!!』

とご満足頂ける納車が出来、とても嬉しく思いました♬

 

ありがとうございました!

【番外編】絶対に負けたい戦いもある…

皆さんにお知らせ!!

テクニカルオート、なんと、

YouTubeを始めました‼️

 

今更〜?とか、 やっと〜?とか、

やってなかったの〜?とか、

聞こえてくる気がします😁💦

 

これから不定期でアップしていく気、満々💪✨

修理のことはもちろん、

車に関するおもしろいことも、

ナルホドのことも、

色々考えてます😊

 

新しい動画をアップしたら、ブログやインスタでもご紹介しますので、是非見てくださいね!!

 

今日は【番外編】として、日常の中から、

テクニカルオートの仕事前のシーンをご紹介♪

整備の伊藤が、通勤時にたまたま見つけた

何やら変わった『あるモノ』が売られている自動販売機。

珍しいので、ちょっと気になって、

面白そうなので、ちょっと寄って買ってみました。

 

その、『あるモノ』とは、一体…⁉️

 

争奪戦から始まる、スタッフの本気の戦い‼️

そして、団結‼️

 

車とは何の関係もありませんが、

スタッフみんなの仲の良さがわかります。

 

時間があったら、見てみてください笑笑

 

 

磨き作業で綺麗に✨

バンパーについた傷のご相談を頂いたのはインプレッサのお客様🚙

広範囲で位置的にも結構目立ちます…😭

 

傷の深さや状態にもよりますが、爪にひっからない程度の場合は

機械で磨きをかけると綺麗に消せる事もあります🙆‍♀️

今回の傷も幸い深い傷ではなかった為、まずはこの作業で進めてみる事にしました。

 

▼磨き作業に使用するのがこちらの機械

バフにコンパウンド(研磨剤)を塗って下準備OK👍

この後は丁寧に磨きをかけます!

 

塗装を行った場合と比較すると作業時間は 断然短く済みます。

ちょっとお出かけして戻ると『あらびっくり‼️』魔法のように仕上がっています😆

 

磨き完了後の仕上がりはこのように✨

 

 

簡易的な作業で お財布にも優しい👛♬

 

『この傷ってどうかな?』と思った方は是非お気軽にお立ち寄り下さいね🤗

エリシオン ヒッチメンバー交換③

前回のブログの続きです。

ヒッチメンバー取り付けに必要な事前準備は整いました✌️😊

 

いよいよ取り付けです✨

 

まずは土台部分から。

フレームとパーツの穴開け部分をボルトで固定していきます。

それぞれのパーツは重量感があるので、取り付けは2人で協力👨‍🔧

 

メインとなる部分の取り付けは完了です。

 

 

◆配線工事

トレーラー側のランプも点灯するように、テールランプの配線を分岐して

電気を引っ張ります。

 

▼テールランプを取り外した内部の状態

この青いカプラーの配線は、前のヒッチメンバーに使用していた物になるので

外して新しい物にチェンジ✨

 

古い配線を取り外した事によって、中の線が剥き出しになってしまった箇所は

絶縁テープで電流を通さないように適切な処置を行っています。

 

新しい配線を付けて

テールランプを元に戻します。

ケーブルは内張を外した中を通って、リヤバンパーの裏側に出るように引いています。

 

▼こちらが電源ソケット

線を1本ずつ接続し、接続が終わったらステーに固定。

 

▼こんな感じで綺麗におさまりました(裏側)

▼表側から見た様子

 

この後は、実際に電気が通っているかのチェック❗️

通電しているのでOK〜🙆‍♀️♬

 

完成形はこちら👇

 

いよいよ納車!

ご来店頂いたお客様に使用方法をご説明しました。

無事に納車が出来、お客様にもご満足頂けたようで安心しました😄

 

ありがとうございます🙇‍♀️

エリシオン ヒッチメンバー交換②

前回のブログでは、ヒッチメンバーの取り外しまでご紹介しました。

今回は、取り付け前の事前準備の様子をご紹介❗️

 

取り付けする部品はこちら👇

付属の部品等、しっかりと確認してからのスタートです。

 

作業前にこちらのスペアタイヤは取り外しを。

 

◆仮合わせ 確認

新しいヒッチメンバーは、これまでの物とはボルト止め出来る位置などが異なります。

その為、取り付けに必要となる穴をどの位置に開けるかの確認を行います🔍

 

 

◆穴開け加工

先程、確認した位置に電動ドリルを使用し穴を開けていきます。

 

ボルトは太さがあるため、穴の大きさはそれなりに必要です。

最初は小さいサイズのドリル刃を使用して穴を開け、2〜3段階で目的の大きさまで広げていきます。

いきなり太いサイズのドリル刃を使用してしまうと、真っ直ぐに穴を開けられなかったり

刃が斜めに入っていったり等、綺麗な仕上がりにならない可能性がある為 少しずつ慎重に☝️

 

 

貫通しました。ここから拡張していきますよ〜

 

フレーム側はこのような感じに。

鉄板に穴を開けると、どうしてもその加工部分が錆やすくなってしまいますが

それを防ぐための 防錆処理 も徹底しています。

 

いよいよ取り付けの作業です💪

明日はその様子をご紹介しますね♬

エリシオン ヒッチメンバー交換 ①

ヒッチメンバーのご相談を頂きました。

主にトレーラーを牽引されるようですが

ボードや自転車も乗せられるようにキャリアへの交換も行いたいとのご要望です。

 

実際にお持ち頂いたのはこちら👇

 

マウント差し込み口の形状が『角型・丸型』と異なる為、今のヒッチメンバーには装着が出来ません。

 

それなら『差し込み口だけの部品供給は無いのかな?🤔』と思い、メーカーに直接確認☎️

 

…残念ながら、単体での供給が無いとの回答です💦

それなら、新しい物を一式 購入することは出来るかの確認もしてみましたが

こちらのお車に適合する商品は今現在、製造されていないとの事でした😭

 

 

お客様にお時間を頂きながらも色々調べた結果

他社メーカーの商品で取り付け出来るものが見つかり

今回は丸ごと新しい物に交換する方法に決定しました😃

 

部品を揃えて、交換作業へ 🔧

 

まずは、元々付いているヒッチメンバーの取り外しから。

ヒッチメンバー本体の取り外し作業ではありますが

マフラーを半分程下ろしての作業となります。

配線を残して、本体は無事に取り外し完了❗️

 

宙ぶらりんになっていたマフラーは

安全の為にも、チェーンで固定していますよ〜⚠️

 

この続きは明日のお楽しみに♬

テクニカルオート 50歳になりました🎉

2021年5月20日、

昨日はテクニカルオートの50回目の誕生日!

 

50年って、半世紀!!

ここまで歩んでくることができたのは、テクニカルオートに足を運んで下さった皆様、応援して下さった皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

 

50年前のこの辺って、どうだったのかなぁ?と

ネットを調べてみたら、

まだ、南郷通が開通してなかった!!!

南郷通が開通式が 昭和49年12月20日と書いてありました。

 

かつて、テクニカルオートが誕生したときは

12号線から南郷通に向かう道路の

👇このあたりにありました。

この場所から始まり、

平成10年、大谷地駅前通りの道路拡張により、

現在地に引っ越してきました。

 

 

創業当時はタクシーやトラック等の修理から始まりましたが、

今となっては個人所有の車両修理が9割。

時代とともに、車体も機能も進化し続け、

修理の技術も伴って進歩し続け、50年。

 

2020年には分解整備の資格に特定整備も加わって、資格を持つ者のみ修理ができる箇所ができるなど、法律で決められました。

 

これからも、燃料の変化や、自動運転など機能の進化など、まだまだ続く技術進歩。

 

50年先は、どうなっているでしょう。

 

空を飛んでいるかもしれない⁉️

50年前の白黒写真の時代からは想像できなかった、ほとんどの人が携帯電話やスマホを手にする現代…と考えると、50年先はアニメや映画の世界が、現実になるかもしれませんね。

 

よぉし!!✨💪

 

この先もずっと、皆様のお役に立てる会社としてあり続けられるよう、技術も会社も磨き続け邁進して参ります!!

 

よろしくお願い致します!😊

春の車トラブル・相談 トップ5!

春になって天気が良くなると、

車を洗ってきれいにしたくなる!✨

清々しい天候が多いこの季節。

 

毎年、相談が多くなる、

雪が溶けてタイヤ交換も終わった頃に、

ハッ‼️と気がつく車の状態🚘💦

トップ5!  🖐

 


 

第5位

『久々に洗車をしたら、ドアのザラザラが酷くて…』

👨‍🔧ザラザラしているのは鉄粉ですね!

普通に道路を走行しているだけで、ブレーキダスト等の鉄粉が飛んできてボディに刺さり込み、それが錆びて茶色く変色。

無数に刺さっている鉄粉は、手で撫でるとザラザラとした感触です。

特に鉄粉が多いのは、線路の近く🛤 線路の近くに駐車している車は、鉄粉が多く飛ぶので、よりザラザラが目立つようになります。

洗車の時に、水を流しながら鉄板取り用の粘土でツルツル落としてあげると良いですよ👍

 


 

第4位

『最近急に、走っている時にゴトゴト音がするようになったんです😣』

 

👨‍🔧ホイールナットの緩みが原因でした

ご自身でタイヤ交換をされる時、気をつけないとならないのはホイールナットの締め付け!

ナットが緩んでタイヤが外れてしまったら大変です💦

簡単な作業ですがココはしっかりと‼️

細かく言うと、車の種類によってナットを締め付ける時の強さには基準があります。

その締め付けの強さに合わせた機械を使っても、更に、手で増し締めをして確認するのがプロのやり方✨

ご自身でタイヤ交換をする場合は、全部のナットが締まったか確認してから一度近所をぐるっと1周してきて、もう一度、全部のナットをギュッ、ギュッ、と締めてみましょうね!

 


 

第3位

『いつの間にかこんな傷が!なんで?』

 👨‍🔧バンパーの下から突き上げてますね

冬道で氷の塊やマンホールの段差にぶつかっちゃったかな?

冬の雪道は、ガタガタゴトゴト。

除雪後の氷の塊があることに気づかず巻き込んでしまうこと、また、マンホールやロードヒーティング等の段差で、思いの外、ぶつかっていた

なんてことも よくある話で…。

車体に影響がある程と思わず、そのまま忘れていた。

吹雪いててよく見えなくて気づかなかった。

ということも よくある話で…。

傷の状態、損傷具合を見ると、おおよそどのような力の加わり方で、どのように壊れたか 過去何万件もの車両の状態を見てきた私たちには、見当がつきます。

バンパーは、傷だけなら綺麗に直ります。

また、割れているだけで欠損していなければ溶接で直す事ができます。

バンパー自体の金額と溶接修理との比較は必要ですが、最適な方法で直しましょう!

 


 

第2位

『走行しているとシャーーーという変な音がするんです。』

 👨‍🔧バックプレートが曲がっていました

タイヤ交換の時、ボルトにホイールをはめようとしたら、タイヤが重たくてガタガタさせてしまったり、ゴゴゴンッと勢いがつく‥なんて事ありますよね。

そんな時、場合によっては、バックプレートと呼ばれる柔らかい鉄板にタイヤが当たって曲がってしまう事があります。

それが、走行した時に擦れてシャーーーという変な音を発生させてしまうんです。

ボルトが折れちゃった!というご相談も多いです。

一つずつ丁寧にね!

 


 

第1位‼️

『ここの錆って、去年こんなに ひどかったっけ😥』

 👨‍🔧冬道の融雪剤の影響でサビが進むんです

錆の修理は、覚悟を決めて、ちゃんとやるか!

それともやらないで我慢するか。

錆が進行する力は、ものすごく強いんです。

だから、一時的にパッとなんて適当な直し方をしても、場合によっては何週間という期間ですぐにプクプク 又は モコっと浮いてきてしまうことも。

ただお金をかけて意外と長持ちせず終わりという状態になる事がとても多いです。

錆により穴が空いてしまっている場合は大変です。錆の上にパテはくっつきません。

よく言われるのが、『ちょっとの間パッと綺麗になれば良いんだ、2〜3年位!』 そのくらい持たせたいのなら、しっかりやらないと全然ダメなんです。錆ってすごいんです😱

一度簡単に直した事がある箇所なら、その内側で本当に大変なことになっています。ヤバいです。

内側で進行が進むと、修理額はかなり高額になってしまうので、錆は本当に早い段階で修理しておいた方が良いですよ!

 


 

以上、4月〜5月に多いお問合せの

トップ5🖐でした!

 

 

**************

👩錆の相談は多いですねぇ

👱‍♀️ほんと、錆さえなければ、まだまだ乗れたのにという車もありますもんね!

👩やっぱり、錆びる前の防錆ですね!

👱‍♀️うん! 大事、大事!  

**************

 

その他、 突然キーーーーー‼️とビックリするような音が鳴ったと思ったらブレーキに足が挟まってた とか

ボンネットや屋根に飛び石からの錆が出た とか

冬の間にぶつけたサイドシルが結構大きな凹みで雪が溶けたら気になってきた とか

ライトがぼんやりしているからスッキリ綺麗にしたい とか

春になったから車のコーティングをしたい とか…………

 

トップ10にした方がよかったかな?笑笑

 

実際の修理内容や様子は、またブログでご案内しますね!!

 

ではまた来週〜🖐

夏冬ワイパーの違いは?

皆様、タイヤ交換はお済みですか〜?

今日はタイヤと一緒に交換するワイパーについてのご紹介。

 

夏用ワイパーと冬用ワイパーの違いがわからない!と言ったお話を頂くこともございます。

 

北海道に住んでいると、冬タイヤに交換することは分かっていても

ワイパーに関しては『えっ⁉️夏と冬って違うの⁉️』と思う方もいるかもしれません。

 

はい!

私も初めて車を持った時にはそうでした🙋‍♀️

 

 

では、どんな違いでしょうか?

 

👇それが こちら

 

夏用ワイパーはフレームが鉄製でスリムな感じ💡

それに対して冬用ワイパーは雪や氷に強く作られている為、

全体がゴムのカバーで覆われしっかりとした作りになっていますよ〜☝️😊

 

交換の目安は?

ゴム製なので、直射日光などが原因となり劣化が進みやすいパーツです。

雨降りの時に、ワイパーを動かしガラスにスジの線が残るようならすぐに交換しましょう❗️

 

▼外から見た時に、ゴムがこんな風に裂けている状態でも交換!

▼一部が欠けていたり、ヒビが生えていても交換!

▼近くで見るとこんな感じ

 

このワイパーってどうかなぁ?

と思ったら、いつでもお立ち寄りくださいね🤗