今年も一年ありがとうございました

今年も一年、

あっという間に過ぎました。

たくさんの皆さんにお世話になりました。

ありがとうございます。

一年を振り返ると、

今年は色々な出来事がありました。

嬉しいことも、大変だったことも、

沢山です。

またこの一年の経験を積み重ねて、

新しい年を迎え、

来年も、皆様のお役に立てるよう

パワーアップしていきたいと思います!

今年の営業は、本日まで。

来年は1月7日より営業開始です!

ありがとうございます😊

皆様、よいお年をお迎えください。

ドアの内側シーリング

今年も残りわずか。

年内に納められる車の修理は、順調に進んでいます✨

混んでいても、仕事は丁寧に!

ドアの内側をシーリングしている様子です。

新品のドアを塗装する前に、

鉄板の会わせ目はシールを入れて

新車の時と同じように仕上げていきます。

シールの乗り方も、美しく✨

これも、ひとつの技です😊☝✨

こういうところも、拘っちゃうんですよね~

 

アウディ 左目、緊急手術!?

車検でお預かりしたアウディ。

『ライトがおかしい😨』

どうやら、球切れだけの問題ではなさそうです。

さて。 どうするかな。

ヘッドライト丸ごと交換…と言いたいところですが…

……何とかならない?

そこを何とか!

そこを何とか…!

.

▼ヘッドライト裏側

.

電気の流れを調べたら、配線が悪さをしているようです。

あそこか…😓

ん~~~~~、

『開けるか。』

それではこれより、

左目神経接合手術を行います。

メス🔪

ヘッドライトの中の、配線部分をピンポイントで修理。

普通は、あまり、やりませんよ。

この子が悪さをしてたんですね。

くっつけてあげたら、直るはず。

ちょっと加工してあげましょう。

よし、これでOK!もとに戻します。

接合完了。

あとは、穴を開けたところから水分が入らないようにしっかりと止めてあげます。

この接着剤はかなり強いものです。

これで、ヘッドライトが光る✨

はい~!OK~!

ヘッドライトを丸ごと交換すると何万円も掛かってしまいます。

輸入車は特に、一個一個、部品代が高いんです。

今回は無理矢理直したので、何千円かで直すことができました😆👍✨

工場もお化粧で若返る!

今年も一年、沢山頑張ってくれた

仕事場に感謝!

年末に向けて残り数日。

週末にやったのは、これ!

さて、

何を塗っているでしょう?

工場に入ったことのある方は、

すぐお分かりの、そうです!

これです!

色が掛かっちゃいけない所は、

みんな養生します。

手慣れているので、お手のもの!

塗装やさん二人で、板金やさんの場所に乗り込み、一気に塗装!

調色もぴったり!いい色です✨

奥も手前も、お化粧完了!

蘇りました‼️

一年ずっと、フル活動で頑張ってくれた

リフトたち❗ありがとう❗

いいなぁ~、私の顔も塗装で若返ればいいのに(笑)

梨奈ちゃん、塗装に挑戦!

梨奈ちゃんの車、ヴォクシーの

リヤバンパーを1泊2日で直してほしい!

『いいよ~ 梨奈ちゃんちょっとおいで~~』

ん? なんだろう????

『はい! 自分でやってごらん (・∀・)ニヤニヤ 』

え~~~! できるかなぁ~~~~!!!!

ということで、

自分の車のバンパー、塗ってみました!!

とむ卒業🌸

塗装のスタッフ トムが、

12月20日

テクニカルオートを卒業しました!

7年半、

長く一緒にいたけど

振り返ればあっというま。

時が経つのって早いなぁ~

▼7年前のとむ

若い(笑)

とむは、今日から新しいステージへ!

寂しいけど、また会えるし!

ずっと仲間だし😊

次の仕事の都合が合えば、また、

来年の元気祭の 焼き鳥やさんに居る予定です☺️

皆さん、うちのトムがお世話になりました。

ありがとうございます!

下廻り防錆塗装

車体のお腹の部分、下廻りを 錆びによる腐食から守るために、

防錆塗装を行います。

わざわざ覗かないと、普段は見えない部分です。

車体のお腹部分は鉄板がそのまま剥き出しになっている所が沢山あるので、

札幌の道路 特に高速道路を走行する車は、融雪剤による錆被害が多く、

整備的にまだまだ乗れる状態なのに ボディの腐食で車検に通らず廃車になってしまうことも。

 

 

そんな理由で、お車を乗り替えたお客様が、下廻りの防錆塗装をしました。

 

入庫になる防錆済み車両のほとんどは、本当に底の部分だけの防錆ですが、

テクニカルオートでは、車がかわいそうなので、

奥の方、脇の方、足回りなど、錆被害の多い部分に

できるだけ細かく塗布してあげるようにしています。

 

“塩害ガード” 塗布の様子を動画で撮影しましたのでご覧ください!

 

あら!顔も防錆しちゃった!

社長抜きで集まって…

毎月、社長抜きで、スタッフだけで勝手に集まり、1つのテーマを基にみんなで考える場。

そういえば11年前、この勉強会から、月曜日のごみ拾いも決まったんだった。

雪が降ったので今年はもう終わりましたがまた雪が溶けてから続けます😊

さて!12月の理念と経営勉強会。

今月は、12月から新しく仲間に加わった2人も、自ら進んで参加してくれました。😊

入社したばかりの若手スタッフも、しっかりと、自分の考えをみんなに伝えています✨頼もしい✨

一方、ベテランさんはちょっとの休み時間も惜しまず勉強📖👀

みんな、積極的です。

月刊誌『理念と経営』の中から

社長力、管理力、現場力の

三位一体 を読んで、

感想と、自社又は自分自身に活かせることの発表をしました。

スタッフそれぞれが、

深く考える これでいいのか?と考える ことをテーマに、

“お客様に喜んでいただくために”と考え発表していました。

聴いていた人はそれに対しての承認と、素晴らしい発表だったことを具体的に伝え合い、

更に!いつどのようにどうやってと具体的行動目標も発表して、真面目な中にも笑いありの楽しい勉強会になりました😊

鉄板?樹脂?


問題:車は鉄板でできている。


答え:🙅‍♀️ そうとは限らない

昔は全部、鉄板で出来ていました。

今は、

ドア、屋根、ボンネット、フェンダー、リヤゲート、トランク等

大抵は鉄板で出来ていて、バンパーだけ素材が違う、という構成ですが、

最近の車は、バンパーだけでなくフェンダーやボンネット、リヤゲートも樹脂の素材で出来ている車もあります。

車体を軽くして燃費を向上させるためでしょうか?

なので、バンパーを擦っただけの損傷ならバンパー自体は錆びません。

バンパーを擦って、フェンダーの色が割れてしまうとフェンダーは錆びるかもしれません。

と、なると、

フェンダーやリヤゲートが樹脂で出来ているものは、錆の心配がなくて良いかも!と思いますが…

『割れたら取り替える』 という選択になってしまうんですよね。

↑この写真はBMWの車ですが、バンパーとフェンダーが繋がったようなデザインです。

完全に割れてしまっているので、交換。

このお客様はパーツ持ち込みで交換することを考えていると仰っていました。

板金なら何とかしてでも、直すんです。

▼交換パーツが無い車を板金中

中古車なんかは、凹んでてもお客様にバレないように適当にパテをコッテリ盛って直したりもしています。

▼パテでごまかして修理した跡

事故で直す時に、たまにこんな感じのものを発見します。パテコッテリ修理は経年で不具合が出やすいです。

というわけで、

車は鉄板でできているとは限らない❗が正解でした😊

樹脂でできているフェンダーなんかは、もしかしたら冬場の寒い気温の時、素材が固くなってパキーンと割れやすくなるかもしれません。

…わかりませんが(笑)

エンジン降ろし!【ハイブリッド車】

今日はハイブリッドのエンジン降ろしをご紹介します(^_^)

ハイブリッドは高電圧が流れている為に電気を遮断して、放電させます!

絶縁工具を用意します。

ニッケル水素バッテリーです!

これが高電圧を蓄えています!

エンジンも無事に降ろしました(^_^)

車の真下にエンジンがあります!

これから板金作業に移行します!