タイヤハウスにつく氷⚡️

 

一昨日、昨日の暴風と雪には参っちゃいましたね😭⛄️🌪

 

道路の泥や雪を巻き上げると

タイヤハウスのライナーのところに固〜く氷がついて
ハンドルを切るとガガガっと当たってしまうことも多いのではないでしょうか

 

その固まった氷を、ガンガンっと足で蹴ってみたり

何かで無理に叩いてみたり・・そんな経験ありますよね💡

 

先日も、きっと雪の影響で損傷してしまったお車を見させていただきました💁‍♀️

ご覧の通り氷がゴッテリ固まった状態。

ライナーからつながるマッドガードと呼ばれる部分が触るとプラプラ

外れかけていました😢

ピンクの矢印で示したところの取り付け部分が切れてしまい、クリップもどこかへ・・・

フロント部分を見てみると

通称ベロと呼ばれるタイヤディフレクターというパーツも取れかけて

垂れ下がっていました💦

裏側からみるとこんな感じ。

 

どちらのパーツも壊れてしまっているため、取り付け直しができない状態😢

でも💡走行する上で無くても支障がないため、部品が入るまで

だったら、取り外そう❗️ということになりました☺️

 

 

外れかけのマッドガードを一度外して

フェンダーライナーの取れてしまっているクリップを新しく取り付けし

タイヤに干渉しないようにバッチリと👍✨

 

冬の間はまたひっかけちゃいそうだから・・とのことで、

新しいパーツを取り付けるのは雪が溶けた頃になる予定です😊🌸

 

皆様もガチガチに固まってしまったところは

日の当たる場所に停めて少し柔らかくしたり、お湯をかけたりしてあげてから

取り除いて上げるようにしましょう🙌

ゴムハンマーも簡単に氷が取れるのでおすすめです🙆‍♀️💮

こんなところに傷と凹みが…

「いつからかわからないけど、傷と凹みが出来てしまって…💦」

とご来店いただいたのはシエンタのお客様。

ボディの部分と黒い樹脂パーツの上には ザザーっとした凹みと傷が😱💥

 

👇角度を変えてみてみると

ボコボコが良く見え、こんなに凹んでいるの⁉️💦 とも思ってしまうくらいです。

 

まずはこの樹脂パーツを取り外して、ドアの凹み修正から🔨!

室内にゴミが入らないよう養生も忘れずに♬

 

凹みの箇所をスライドハンマーで引っ張るために

アタッチメントの取り付けを。

 

位置を合わせ、その土台になる部分をまずはハンダで溶着!

このハンダの機械ですが、レバーを引くとハンダが自動で伸びてきてコテの熱に溶かされるという仕組み👀‼️

 

アタッチメントを仮付け出来たら、その後は 片手で出来ちゃうという優れもの!!

画期的です😆👍🎉

 

そして溶着した土台に輪っかの部分を設置したら

いつものようにスライドハンマーで引っ張り出す💨💨

 

引っ込んでいた部分全体を引っ張り出したあとには

ハンマリングで表面の凹凸をならしています。

色んな角度から見て、時には手👋でその凹凸感を感じ

引っ張る作業との微調整を繰り返しながらの修正です。

 

波及は大きなものでしたが、修正した箇所はこんなに小範囲で仕上げる事が出来ました

 

この後は塗装の工程へ進めます。

 

プライマーを塗布して

板金パテ・仕上げパテでドアパネルの形状を元通りに整えます💡

パテは先々のことも考えて必要最低限まで薄〜く研磨🙌

決して厚化粧はしません🙅‍♀️❌

 

 

そして塗装の下地作りの最終行程‼️

サーフェーサーを吹き付けする作業へ💡

紙とマスキングで養生したら、いざ塗布!!

 

最後にブースの中でボディ色へ塗装をし、

黒い樹脂のパーツは新品部品を取り付けしたら…

 

完成🙆‍♀️💓✨

あの凹みはどこへ???

と思うほど綺麗な仕上がりとなりました😆👍⤴️

 

傷に気がついた時には、凄くショックだったと思うのですが

納車時は綺麗になったお車を見て安心した表情でいらっしゃいました♬

ご満足いただける仕上がりとなって良かったです😊‼️

ドアを開けようと思ったら・・取れちゃった😭

 

2023年になったと思ったらあっという間に今日から2月ですね👹❤️🍫

去年に比べ、雪が少ないのは嬉しい反面

毎日とっても冷え込んでいますが皆さま風邪などひかれていませんか⛄️❓

 


 

そんな中、先日の大雪が降った次の日のこと⛄️

スタッフみんなで構内の除雪をしていると電話が鳴りました📞

『いやぁ〜困ったよ〜💦参った❗️』

と、長年お世話になっているお客様からのご連絡でした💡

どうされました❓とお聞きすると・・

『除雪していて車に乗ろうと思ったらさ、ドアの取手が外れちゃって❗️❗️😭』っと。

オーマイガー😭💦

 

まずは状態を確認させてもらうためご来社いただきました🚙

あらースッポリ無くなっている。

ヨシっ❗️新品のドアキャッチを手配しよう❗️✨

ということになったのですが・・・

なんと・・生産終了😱⚡️

オーマイガー😭

 

こうなると、リサイクルパーツでドアキャッチがないか調べてみることに📞

全国に問い合わせをしたのですが、残念ながらキャッチ単体では見つからず

出てきたのは色違いのドアのみ😢

 

お客様と相談の上、その色違いのドアを注文しドアキャッチを塗装・移設交換することで決定💡

 


 

早速ドア届いたので交換作業にかかります♻️

▲まずは届いたドアからキャッチを取り外す作業

ドアのトリム(内張)を外すところから

ドアの内部を分解して

作業者の手の入るところまで取り外したら

ドアの内側で止まっている部分のボルト類を緩め

リサイクルドアからキャッチを壊さないように綺麗に取り外します🙌

取れた〜❗️👏✨

色違いのドアなのでキャッチももちろん色違い💡

これをボディ色へと塗装します🌈✨

 

そうして・・・・

無事に、塗装&交換が完了😄🎉❗️

 


 

壊れてからの数日間、

毎度ずっと助手席から乗り降りをしてとても大変な思いをしていたお客様。

『助かったよ〜❗️』と、無事に直って安心したご様子でした☺️💓

 

3,000回転で音が鳴る!意外な原因とは

先日、修理でお預かりしたジムニー🚙

3,000回転くらいから妙な音がするので、ついでに見てほしいと言ったご相談をいただきました。

 

他社でそのご相談をされた際には

防錆する際に一部取り外してしまったものもあるため

そのせいで音が鳴っている!気にしなくて大丈夫!

と言ったお話があったそうです。

 

うーん🤔?

と思いながら、メインの修理を進めていた時‼️

その原因は すぐに発見されました🔍👀✨

 

それがこちら👇

 

何と‼️

2箇所もバンドが緩んでいる状態💥

 

 

このバンドがエンジンの振動と共にカタカタ音を出していたり

圧も逃げてしまいシューシューとした音を発していたのだろうと推測されます。

 

もちろん、この部分はすぐに処置🔧✨

 

2箇所とも無事に固定完了👨‍🔧👍

 

これで音は止まる事でしょう♬

安心して乗ってくださいね〜👋😊

車から白煙が💦

 

エンジンルームから白煙が❗️💦

 

エンジンをかけると前の方から白煙が上がったというお車を

お預かり、点検することになりました💡

 

突然車から煙が出たらびっくりしますよね😵💦

 

早速エンジンルームを開け状況を確認🔍👀

 

あら❓クーラント液が漏れている・・・😭

クーラント液とはエンジンを冷やして上げるための冷却液💡

エンジンの内部の熱を取って循環したのちその冷やされた液が

再びエンジンに戻ってクールダウンさせてあげる役割をします⛄️

 

その冷却液がなくなってしまうと、エンジン内部が焼けつき最悪の場合

エンジンの交換が必要となりとても高額な修理に💦

 

今回はそのクーラントが漏れている状況でした💡

クーラントは循環しているため漏れている箇所はどこか

それを見つけなくてはいけません💡

 

発見❗️

ここです👆

もっと拡大🔍

あーーー。
エンジンからラジエーターへとつながる部分のアッパーホースと

言われる管がパックリ開いているのが見えました💦

こちらのアッパーホースを交換してあげる必要があります👨‍🔧

部品を手配し、後日届いたので交換作業💡

左側が新品のホース

右側が壊れてしまっていたホース

ホースのジョイント部分が裂けているのが比べてみると良く分かります💡

 

ホースを交換し、クーラント液を規定量まで補充💧✨

その後白煙が吹け上がってこないか、エンジンの不具合はないか点検をし、

無事に修理完了👏✨

 

大ごとにならず良かった〜😌💓

 

 

車内には見えない汚れがいっぱい😭

今日は番外編です😊

 

車の外も中も綺麗にしているお車🚙

 

ピカピカにされているお車でも

実はこんなところに見えない汚れが沢山付いているんです😱💥

 

▼代車で検証!!

液剤で濡らしたウエスで、ハンドルを擦ってみると…?

 

綺麗だったウエスがこんなにも真っ黒に‼️💦

 

では、どうして真っ黒になるんでしょう?😳

 

 

車を動かす上でハンドルは必ず触るところ。

その際、どうしても手からの皮脂や汗が付着してしまいます。

どうやら表面のボコボコした所に、その汚れが溜まってしまうようです😓💦

 

他にも、ドアを閉める時に掴む この部分👇

ここもドアを閉める際に 手👋で引っ張るところですよね。

ハンドル程ではありませんでしたが、同様にウエスに汚れが沢山つきました。

 

このまま放っておくと、ベタつきも出てきたりと

快適にカーライフを送ることが出来なくなります。

そうならない為にも、日頃からこまめに綺麗にしておきたいですね ♬

心を込めた車検整備💓

 

長年にわたりお車の整備をおまかせいただいているお客様から

このたび車検のご予約をいただき、整備をさせていただきました。

お車はトヨタのマークⅡブリット🚙💡

 

2年に一度の車検。

お車に愛着を持って乗っていられるようでなんだかんだと整備をしながらも
ずっと大切に乗っていられました😊

 

今回が最後の車検と思い、近いうちに手放すことも考えながらの車検ということで

どのように進めていくか相談をしながら整備しました😌

 

やはり北海道で長年乗っているお車なので錆は拭えず・・

ブレーキの固着が見られたため

ブレーキキャリパーを分解し、交換、およびクリーニング作業をすることに💡

 

ブレーキが固着すると

正常にブレーキの制御が効かず引きずった状態になり大変危険💦

毎回ブレーキの点検の際はパッドの残量やローターの錆具合、

錆で削れて段がついて当たりが悪くなっていないか❓

など点検をしていきます👨‍🔧

ブレーキ交換といってもいろんなパーツで構成されており

一つ一つを丁寧に手作業で清掃して

ダメなパーツは交換し、お車に戻してあげます☺️

▲Before

▲After✨

通常キャリパーブラケットは外さずに作業することが多いですが

お客様の安全を想って心を込めて整備しています☺️💓

 


 

ブレーキ以外のところも不具合がないかどうか点検をし
車検場で検査を受けて今回も問題なく車検完了🙆‍♀️✨

 

あとどのくらいこちらの愛車に乗るかは分かりませんが

最後の最後まで思い出をいっぱい作って頂けたらいいなぁ☺️🌈と願っています✨

後ろだけ車高を上げたい⤴️⤴️

「重い荷物を積むので、後ろだけ車高を上げたいんです」

初めてご来社いただいたお客様からの相談でした。

 

前後のタイヤとフェンダーの隙間をみてみると

後ろの方が、タイヤとフェンダーの位置が近い事がわかります🔍👀

きっと、お仕事道具がお車の中に沢山積み込みされているのですね💡

その重みで車体後方が下がってしまっているのでしょうか。

 

基本的に重い荷物は積んだ状態のまま という事を伺ったため、

リヤコイルスプリングを 1インチ アップする方法で進めることに。

 

▼こちらが手配をしていたコイルスプリング

社外品なので、鮮やかな赤でした‼️

 

さぁ、交換作業開始👍

 

せっかくなので、取り外したスプリングと比較してみました♻️

長さもそうですが、巻き方もこんなに違うんですね👀‼️

 

車体に取り付けした状態がこちら💁‍♀️

いい感じに決まっています

 

そして、肝心の高さはどのくらい変わったのでしょう??

▼入庫時

▼交換後

なんと‼️

3cmも変わっていました👏😆🎉

 

これで乗り心地も少し良く感じていただけるかなぁ?😊

 

お返しの際に、せっかくのご縁なので

事務所で作りたいと思っていたロッカーの合鍵を作成していただく事に🔑✨

 

すぐに出来ますよ〜と、その場で5分も経っていないような短い時間であっという間に完成‼️

私達もとても助かりました🙇‍♀️❤️

 

素敵なご縁に感謝をしつつ、ご満足いただけた事に

大変嬉しく感じた作業となりました♬

柱にぶつけちゃった😢ヴィッツ板金修理🚗

 

柱にガッツリぶつけてしまい、

左側の後ろのドアが広範囲で凹んでしまったヴィッツ💦

よくみるとドアだけではなく

サイドシルからクォーターにかけても凹み、傷がついたところから

錆も発生している状態でした😭

 

社用車ということもありできる限り予算を抑えての修理がご希望のお客様👱‍♂️

まずはリサイクルパーツで後ろのドアが出てくるか検索をかけるところから📞📧

お車と同じ色のドアが出てきたらラッキー✨だね❗️

と、一旦は数日お待ち頂くこととなりました☺️

 


 

数日後、同じ色のドアが見つかりました❗️😄🙌

ど、いうことでドアは中古で交換し、サイドシルとクォーターは板金修理
フロントドアの傷はタッチアップで我慢する方法で決定🙆‍♀️

 

まずは大きく凹み、錆びてしまったサイドシルから

表面の塗装を錆びている部分を研磨し

ハンダでスライドハンマーで引っ張るための
土台となる鉄板を溶接します👏

溶接した後には、カーブの形とドアの高さに合わせて

鉄板を引っ張り元の形へと修正💪

鉄板が戻ったら

中古で取ったドアを取り付けし、再度板金の具合を確認👀🔍

よしっ❗️プレスラインもバッチリ板金できました😊💪

中古のドアもとても綺麗ですね😉

 


 

続いては、表面を綺麗に仕上げていくため

塗装の作業へと移っていきます🌈

板金したところの表面を一度ペーパーで細かく研磨していきます💁‍♀️

その後には防錆処理で先々の錆の発生を予防

その後この黄色い仕上げパテを使用し

サイドシルからクォーターの形を微修正💡

これでボディの形が決まります👨‍🔧

 

その後、サフェーサーと呼ばれる防錆効果&塗料の密着を高めるものを塗布し

足付けして研いだらいよいよボディ色への塗装🌈✨

 

いかがでしょう

綺麗に元通りになりました❗️🙆‍♀️

 

全ての作業が終わったら室内外の洗車をしてピカピカに🚿✨

社用車ということもあったので不便のないようにできる限り早くお返ししたく

事前準備をしてスムーズに入庫から納車まで進めることができました✌️

 

仕上がりにも納期にもとても満足して頂けたようで安心しました😊💓

ウォッシャー液の角度って変えられる?

「ウォッシャー液の出る位置がおかしいなぁ」

と感じた事はないでしょうか?

 

▼こちらの車両は、直してほしいとご依頼をいただいたお車です。

運転席側(青矢印)が高い位置まで出てくるのに対し

助手席側(赤矢印)はかなり低い位置になってしまっています😲

 

これだと、窓ガラスの汚れを落としたくても

肝心な所が綺麗にならないし、凄く不便ですよね…😭⤵︎⤵︎

 

こちらがウォッシャーノズル💁‍♀️

ウォッシャー液の出口の部分です。

 

調整は工具一つで簡単に出来ます。

専門の調整・クリーニングツールも販売しているほど🔧

 

車種によって、穴の大きさや形状が微妙に違うので

それぞれにあったものを使用します。

安全ピンやクリップなども手軽に用意が出来て良いのかもしれません😋‼️

 

今回は、小さなマイナスドライバーとペンチで調整を行いました。

ゴミは取り除いて、ウォッシャー液の出方を何度も確認しながら

中の穴の位置を微調整していきます。

 

左右とも同じような高さになりました👍✨

これで視界不良となることもなくなり、安心して走行が出来ますね ♬