北海道は広い!襟裳まで出張

お客様のところへ行ってきました。
場所は…
ここ!!!

 

結構ね、遠かった笑笑

襟裳の漁師さんです。

 

札幌にも行き来しているので、いつもはテクニカルオートに来てくれるのですが、今のこの時期、しばらくの間は日高の昆布‼️

収穫で大忙しなのでビッチリ襟裳です。

ということで、札幌から😄

この左側の愛車に会いに❤️

 

せっかくなので、

ちょっとだけお手伝い😁

干した昆布を、何束も運び入れましたが、そんなのは1日のお仕事のほんの一部。

 

朝の3時頃から準備をして、

朝の4時頃から漁に出て、

ハイエースの長さみたいな、長〜いぼっこの先に何かL字に金物がついている道具を使って、手で海の底から昆布を巻き付け引き揚げる‼️

それを、何度も何度も!

そして、その日のうちに天日干しで乾燥させ、最後に束ねて作業場へ。

海水の抵抗と昆布の重さ、昆布を根から巻いて引き揚げるのは、相当な体力がいることでしょう!!

こんな大量なのに、最終的には

また一枚一枚丁寧に処理しているんですって😳

すごい!!!!!

昆布が高い理由がわかった😫✨

 

他の業者のプロのお仕事を見ると、

本当にスゴイなぁーと思います。

 

作業場で、これ捨てるの?と聞いて、

0円の美味しい素材😁

テクニカルオートの皆んなに、お土産‼️

勿体ないなぁ、捨てちゃうんだって。

根昆布の根っこ!

すごい出汁が出るんだって!

焼酎瓶の中に2〜3本入れておいたら、すごく美味しいんだって。

焼酎飲まないけど笑笑

お出汁用に欲しいなと思って沢山拾っていたら、

すごいいっぱいくれた👇

 

しかも、これから商品になる根昆布も一緒に持たせてくれました❤️

お土産もらいに行ったみたい😆💦

 

いつも、こんなに遠くから来てくれて

ありがとうございます。

顔も見れたし、任務完了‼️

 

今度は、早朝の昆布干しから手伝いに行かなくちゃ‼️😄

車はチョコっと乗り!という人は

先日、新車の1ヶ月点検でご来店のお客様。

仕事が忙しくて都合が合わず、納車から2ヶ月経ってしまいましたが…。

ODOメーターが表示する走行距離が412km‼️

少なっっっ‼️

『週に一度くらいの使い方ですか?』

『いいえ、週に4日、片道3〜4km位かな〜、仕事で往復していますよ。あとは買い物くらいかな!』

週の半分以上車を使っても、チョコっと乗りなのでODOメーターが進まないんですね。

新車の最初の点検で、設定としては、一般的・平均的な車の使い方を想定して【1ヶ月又は1,000km走行した時のどちらか早い方】とされています。

それに比べると、車をほとんど走らせないので、車は痛みにくいですがバッテリーの劣化が心配です。

バッテリーは新しいものを使っても、使い方によっては極度に劣化が進みます。

走行中に発電機からバッテリーに電気が送られ、バッテリーの状態を保つ仕組みがあるのですが、

走行が少ないと、充電される間もなく、蓄電されているバッテリーの電気を使いまくって停まることになっちゃう…🤨

『次は冬タイヤ交換時期に、一度バッテリーの点検をしましょう!』

そして、状態を見ながらたまに充電してあげると良いかもしれませんね。

夏場はエアコンにも電気は使いますし、夜だとヘッドライトにもオーディオやナビにも使います。

本当に走行距離が進まない乗り方の人は、定期的に充電に来るか、自宅の車庫でも使えるバッテリー充電器も売っているので、そんなアイテムを使うのも良いでしょう!

また、冬になる前に案内しますが、寒くなると急激にバッテリーの性能が落ちるので、今のうちから状態を確認しておきましょうね!

ポルシェ バンパー部分塗装

ポルシェ!かっこいいですね

Macan マカンという車。

つい最近、立て続けに、マカンが来ました。

1週間の中でマカン率が高いなんて✨

 

最初のマカンは、点検で😄

 

そして2回目のマカンは、

バンパー修理でお預かりでした。

『ちょっとぉ!今!今ぶつけたのぉ😭』

と言って、以前はボルボの車に乗っていたお客様。

車両を入れ替えて初めてのご来店でした。

 

あらまぁ!😅

 

 

ここね、

 

 

うーん、傷は小さいけど、

買ったばかりなのに…

これは心の傷の方が…‼️😭😭😭

 

ということで、安価な方法できれいに修理をすることになりました。

大丈夫、きれいにしますよ!

 

パッと見の傷が小さくても、よぉく見ると

縦にスススッと傷跡が…

 

ソナー(丸い形のセンサー)は隠して、

部分的に直します。

深い傷の部分は、研いだだけでは形が良くならないので弾力性のあるUVパテを使用します。

そして、UVサフェーサーで塗装前の下処理をして、

 

そして、塗装完了‼️

 

 

車を受け取りに来たお客様は、

あったはずの傷が無くなり、

とぉっても喜んでくださいました😊ほっ

 

エアコンの風が弱い 見落としがちな管理とは?

暑い日が続いていますね☀️😆💦

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

先週もエアコンのご相談を頂きました。

 

“エアコンの風が少ないので見て欲しい”

 

う~ん🤔

何だろう?

 

 

まずは、エアコンの風がきちんと冷たくなるかどうか確認✨

⏩温度計で計り正常値だと判明🙆

 

 

次にエアコンフィルターの状態を見ていきます👨‍🔧✨

 

グローブボックスを開ける作業から。

 

 

フィルターを取り出します。

 

フィルターが出て来ました。

隙間に虫や誇りが挟まり

全体的に黒くなっています。

 

では、取り外したエアコンフィルターを清掃しましょう✨

本当はここで新しいものに交換した方が良いのかもしれませんが、先ずは確認のために!

水で洗うことはできないので、エアーで吹き飛ばしてみます。

どうかな〜、これで変わると良いなぁ〜🎶

清掃が終わったら、元の位置に戻します。

 

清掃前と比べると

風の勢いが強くなった感じがありました🙌

 

 

お客様に状況を伝え

せっかくだからフィルターも新しくされたいご要望だったので、交換を行い

風量の変化と空気もクリーンな状態になり

ご満足頂くことが出来ました🤗✌️

フィルターなんて、交換しなくていい🖐❗️と言って、特に困らなければ勧められても避けてしまいがちですが、意外と重要な役割をしています。

家庭でも、掃除機のフィルター、浄水器のフィルター、換気扇のフィルターなど、定期的に交換しないと本来の機能を発揮できないものが沢山😅

 

環境や使用状況によっても変わるので、エアコンフィルターは定期的に…の『定期』が分かりにくいですが…💦

しばらく交換したことがなくて、エアコンの風は冷たく風量だけ弱いかなぁ?と感じた時は、まずエアコンフィルターを交換してみましょう😊

 

車じゃないけど 塗装 ピンクのドア

色々塗って欲しい物があるんだけど😁

イメージする色は写真のイメージから

試しに作ってみた色。

 

何に塗るかって?

 

とてもたっぷりな塗料。

 

ん!? なにこれ!

車じゃありません。

大きな四角い物…これは

どんな物になるのでしょう😁😁😁

👇こんな物とか

👇こんな物とか

 

なんだこれ。

ん?ちょっと見たことのある形

👇ピンクは見たことないけど!

まあるい穴があいたこれは何?

あ〜〜〜、 それか!

それは知ってる❗️笑笑

でもなんでピンク⁉️

 

 

実は!!!!!

 

 

☝️

あそこにみえる、あのピンクの

自販機⁉️

でも、…薄っ!!!

本当に自販機⁉️

 

自販機に見えるこれの正体は、ドア❗️🤗

8月1日オープンの

クレープ屋さんです‼️

隣には 同日

8月1日オープンの

ジンギスカン 屋さん

新札幌ジンギスカン

新札幌高架下、厚別警察署のある交差点

ローソン隣です。

 

あの、自販機みたいなドア、

実際に行って開けてみました。

 

『開くのかなぁ〜?』と、恐る恐る😄💦

 

もし、行ってみることがあったら、

右側に取っ手があるので

手前に引いて開けてみて下さい😊

 

お店の中にもさっき写真で見たピンク小物が使われています。探してみてくださいね!

 

クレープ屋さん、ジンギスカン屋さん、

両方とも、

いつもチャリティ元気祭で協力してもらっている 焼き肉たんか のグループなんですよ😊

 

美味しいクレープ❤️

オープンが楽しみです❤️❤️❤️

 

足廻り異音 ロアアームのガタつき

走行中の異音で相談!

 

ハンドルを切ると変な音が…

ガタガタ、ゴトゴト😫

原因はロアアームのガタつきでした

 

ロアアーム❓❓って、なぁに?

段差などで受けた衝撃を吸収する
ショック&スプリングを支えている土台となる箇所の部品です。

 

今回はそのロアアームの先端にある
関節の様な役割をしているボールジョイントが腐食によりに隙間ができてガタついている状態でした😢

 

👇大丈夫な方はこんな感じでしっかりと

👇反対側は手で動くくらいにガタガタと

 

ここにガタが見られると危険なため、

車検にも通りません💦

 

関節部分を覆っているゴムが劣化し、隙間から水が入った事によって腐食してしまったようです。

 

👇新品はこの状態

 

新しいロアアームと交換しガタつき解消🙆‍♀️✨

 

まだまだコロナには十分注意しなくてはいけない状況ですが、
これで家族で安心してドライブできますね🚗✨

 

 

ガラガラ音の後のランプ点灯、原因が不思議!

タントのお客様が入庫しました。


走行中 ガラガラガラッ!っと異音がして、

バッテリーランプが点灯。

水温計マークも点灯。

エンジンチェックランプも点灯。

慌ててエンジンを止め、

テクニカルオートまでレッカー移動・・・

⚠🚗⚠


 

エンジンルームを見てみると、ベルトが外れてる!!

なんで???? と思ったら、

ウォーターポンプ・プーリーのボルトが足りない…💧

4本あるはずのボルトが、1本しかない!

“外れて落ちてしまったのかなぁ?”などと考えながら、

プーリーを外してみると。。。 折れてる!!!!😨❢

聞くと、2~3ヶ月前に、他の工場でウォーターポンプを交換されているそうですが、

今頃になって、こんな事になるって??

どういうこと????

何がどうなるとこうなる????

 

頭の中が、『❓』マークでいっぱいになっちゃいましたが…😅

 

このままではどうしようもないので、

引き続き、直すことになりました。

結果的には、2~3か月前にせっかく交換した部品は使用できないため、

また、新しい物への交換が必要です。

かわいそう…😫

 

でも、こちらのお客様は、変だなと思ってすぐに車を止めエンジンを止めてレッカー移動という選択をしてくれたので、本当に良かったです。

 

皆さんの車も、もし! メーターパネル内の『赤い表示のマーク』が点灯したときは、

すぐに停車しましょうね!

 

タントのお客様、

今度は、きちんと直りますのでご安心くださいね!

 

リヤフェンダー 凹みからきた錆の修理

下廻り防錆でのご入庫ですが、

左リヤフェンダーが凹んで錆が出ている部分について相談をしました。

下廻りの錆を防ぐことも大事ですが、

ボディの錆を抑えることも大事です。

 

まだ錆が根深くなさそうなので、今のうちに一緒に修理をしましょう!ということになりましました☺️

 

板金塗装の為に、取り外しておく必要のある箇所を分解しておきます。

 

 

 

凹みを直してサンダーを掛けると、

殆ど錆が無くなりました。

 

 

この後、転換剤→プライマーと進みます。

研いで必要最小限で形を整え、

塗る範囲を養生し直し、塗装します。

リヤフェンダーは、フロントフェンダーやドアやボンネットと違って、ボルトで留まっていないので、錆びが進みすぎて交換が必要になると、倍も3倍も4倍もと、大変高額な修理となってしまいます。

 

 

ちょっとのヘコミでも、塗装が割れてしまうと錆の原因になってしまいます。

錆がひどくなる前に、

早めの修理をおすすめします🚗💨

車販売の ボディコーティング

車の入れ替えで、次の車を探してほしいとのご依頼がありましたお客様。

欲しかった日産フーガが、

ついにお客様の元へ!

実はこのお客様、こんな遠くから!

地図で見ると近そうに見えるけど

移動距離を、道外で調べてみるとびっくり。

東京駅から日光あたりまで🐒

東京駅から富士市あたりまで🗻

名古屋市から大阪市を越えるあたりまで❗️

そんな距離感です。

北海道って広いのね🗾

 

話は戻って、フーガ‼️

ボディ色は黒ですが、全体に綺麗な車です。

納車前にコーティングをする事となりました。

ボディ全面を磨き上げる作業から!

 

ニッサンのスクラッチクリアは硬いので、

磨くのが大変です💦

磨いてすぐ、摩擦の熱が掛かっていると細かい傷が取れたかのように見えるのですが、なんと!1分もしないうちにまた傷が浮かび上がってしまいます。

普通のクリアと違って、傷つきにくい代わりに、ちょっとした傷でも なかなか簡単には落ちません。

結構時間が掛かるし、スクラッチのクリアはそのもの自体が高価なので、

修理の時は、作業をする人もお金を払う人も大変なんですよ。

全体をきれいに磨いてから!

ボディコーティングの施工です。

撥水タイプ、親水タイプと分かれますが、選んだのは親水タイプのコーティング。

ハイモースコート グロウです👍

なんと、シリアルナンバーつき

 

最初は、プライマーを均等に均一に、

絶対にまだらにならないように

きれいに塗布。

塗れるところは、あそこもここも✨

せっかくだから色んな細かい所までね✌️

 

 

液剤全部を使うと、結構厚塗りになります。

満遍なく塗り終えたら、一度乾かします。

 

次は、トップコート。

これは、2種類の液剤を混ぜ合わせて使います。BをAのビンに入れて。

硬化させるために混ぜるんですよ。

 

そして、ボディへ!

プライマーとは別のクロスで塗り広げます。

 

液剤自体は、オイルっぽい感触の伸びの良いものですが、これが下地のプライマーと共にボディの塗装面とガッチリ噛み合い硬化して固まります。

なので、ワックスのような表面に塗るだけの少しずつ取れてしまう物とは違うのです。

 

ブースの中で乾燥させて完了です!

 

施工前もきれいだったけど、

ちょっとだけ、

ザラザラした感じはあったけど、

 

👇👇👇👇👇👇

施工後はもっときれいに‼️スッキリ‼️

ボディに写った私たち😁

鏡のようでしょ?

お化粧できるかも⁉️

 

 

 

お客様とフーガの初対面!

とっても喜んでいただくことができました。

 

ありがとうございます😊

永く永く、この車と一緒に過ごすことができますように😊

ボルボS60サイドスポイラー樹脂溶接

これくらいの段差は大丈夫かな?と、縁石から道路へ降りたところ、

バキッ!!っと音が!

あっ😫‼️と思った時にはもう…😭

 

サイドスポイラーが、

見事に外れてしまいました。

 

 

外れたスポイラーを見てみると、

前側と後ろ側、

それぞれの取付部がちぎれています。

 

と、ここまでで

普通は、スポイラー交換の一択。

どこへ行っても、そう言われてしまいます。

一般的にはバンパーやスポイラーを修理する際、強力〜なボンドのようなものでくっつけてしまいます。 が、強度は全然!保てません。ひび割れならまだしも、クリップ取り付け部分だと、『無理〜』と判断されてしまうのです。

 

スポイラー交換となると、

サイドスポイラー新品が未塗装しか無い場合

部品代+取付工賃+塗装工賃。。。

中々の金額ですね😅

 

👨‍🦱💦スポイラー自体は原形を留めているので、勿体ないし、できるだけ安く何とかならないだろうか?

しっかり留まっていて外れなければ、ちょっとくらいの傷や見えにくい部分はガマンするから!

 

そこそこしっかり付けたい、

けど、肝心の取り付け部分が壊れて

形そのものが無くなってしまっている…

さぁ、どうしましょ😅

予算とやり方を考えながら決定した方法!

👨‍🔧後ろ側のクリップ取り付け部分を修理して、スポイラーを取り付けるクリップは全部壊れてるので全数新品で!

前側の欠損部は取り付けてしまえば見えにくい場所なので、強引なやり方ですが、溶接機で製作します。

 

 

 

溶接機で着けるのは、ボンドでベタっと貼り合わせるのではなく、スポイラーの素材と同じ材質のスティックを溶かして一体化させるので強力なんです。

高価な部品には、とても有効な修理です!

 

頑丈に修復完了‼️

 

 

交換するより断然安く出来て良かったです。

苫小牧からわざわざご来店いただき、

ありがとうございます😊