こんな所に錆が…

セレナのお客様から頂いたご相談です。

 

このメッキのガーニッシュ下に茶色く錆が発生しています。

う〜ん、中でボルトか何かが腐食して 錆の汁が流れてきているのかな?🤔

 

 

まずは、その状況確認の為にもガーニッシュを外してみることにしました。

 

 

◆ガーニッシュ取り外し◆

取り外す工程の中で、その原因は判明🔍

なんと!!

ガーニッシュ角の部分とボディが干渉しています💥

 

取り外したパーツの裏も確認。

こちらもボディからの錆色が移っているため、やはり干渉していたということがわかります。

 

では、なぜこのような状態になっていたのでしょう?

右側は同じようにならないの? ?? 疑問は沢山出てきます 🙋‍♀️

 

 

その謎を解くためにも、ガーニッシュ裏の状態を左右比較してみましょう👨‍🔧

 

ガーニッシュの端に沿うように装着されている黒いゴム。

よ〜く見ると右側に比べ、左側は少し内側に入ってしまっています。

 

このズレている状態では、車体に装着した時の当たり方も変わり

角の部分がダイレクトにボディにぶつかっていたのならば

今回ような状態になってしまう事もわかりますね💦

 

 

ボディ側の状態はというと

小さな点錆ですが、周りもプクプクと塗装下では錆が少し広がっています。

こちらは早めの処置が必要です💡

 

◆修理開始◆

まず最初に発生してしまっている錆は出来るだけ取り除いて

プライマーを塗布。

鉄板を錆から守る役割をしています。

UVパテ&サフェーサーを塗布

 

下地処理が終わったら、ブースの中へ。

今回は部分で塗装を行う事も出来ましたが

『綺麗に仕上げたい』というお客様のご要望につき

リヤゲートは1枚塗る方法となりました✨

 

そして塗装が完了👇

 

この後は外したガーニッシュやステッカー等を付けていきます。

もちろん、ガーニッシュのゴムは正しい位置に戻してあげて取付しています🙆‍♀️

 

 

完成〜♬

錆が大きくなる前にお直しが出来て本当に良かったです😊

天候にも恵まれ、無事にお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

ありがとうございます✨

 

 

インプレッサXV フロントバンパー傷部分修理

2年位前にテクニカルオートをご利用頂いたお客様。

『前に良くしてもらったから』とテクニカルオート思い出してご来社頂いたとの事🤗

とってもありがたいお話です🙇‍♀️

 

お車はフロントバンパー左角に擦ったような傷がありました。

▼拡大🔍

一部、塗装が剥がれてしまっている箇所もあります😭

 

修理方法をお打ち合わせし

バンパーは脱着せず、マスキングをして部分的に修理を行う方法に決定です💡

 

まずはライトウォッシャーの蓋を取り外しから。

 

傷を削り落としたら、バンパーの形状を修復する為にUVパテを塗布して硬化。

形を整えて UVサフェーサー塗布を塗布。

下地処理が完了しました。

 

この後は、塗装範囲以外はマスキングと紙で覆い 塗装前の最終準備。

部分修理の場合は、塗装した感じがくっきりと出てしまわないよう

区切るポイントを考慮し施工しています。

 

傷の範囲としては小範囲ではありますが

塗装する範囲で見ると、このくらいの大きさに💡

 

 

そして塗装後の仕上がりがこちら👇

 

事前にご予約を頂いていた事もあり

朝お預かりをして、夕方にはお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

喜んで頂けて良かった〜😊

ありがとうございました!

レクサスの奇跡✨

テクニカルオートの構内で面白い光景を発見😆

 

納車になるお車が2台!

お預かり中のお車と合わせると3台!

 

なんと…

 

 

どれもナンバーが『1番』👀‼️

そして3台ともレクサス 🚙✨

 

 

この奇跡が凄く嬉しくて…😊

納車を楽しみにご来社頂いたお客様にお願いをして

3台並べての記念撮影をさせて頂きました ♬笑

 

 

カッコいいお車が並んで

テンションが UP ⤴️⤴️ の出来事でした🤗

エバポレータ洗浄・フィルター交換も重要です!

何度かエバポレータ清掃の記事を載せていましたが

その記事をご覧頂いたお客様から『自分の車もやってみたい!』とご依頼を頂きました😊

 

いつもお子様と一緒に遊びに来てくださる大切なお客様♬

 

やはりエアコンつけ初めの あの嫌〜な臭いに悩まされていたそうです😭

 

エバポレータ清掃に加え、エアコンフィルターも一緒に交換してしまいます!

 

まずはエバポレータ清掃から。

室温25℃・風量全開・内気・風の出る位置をそれぞれ設定してスタート。

 

今回のお車の排水パイプはというと…

リフトアップをすると、下から見える位置に発見👀✨

 

ここに洗浄剤を注入していきます。

 

洗浄剤は1台につき1本使用します。

洗浄液はスプレー式になっていて注入しやすい😆

 

全て注入が終わると、差し込んださままでしばらく放置✌️

 

待っている間にエアコンフィルターを交換していきますよ〜❗️

 

グローブボックスを取り外します。

 

そうすると、見えるのがこれ。

このカバーを外すと、中にフィルターがあります。

 

フィルターを取り出して汚れ具合を確認🔍😳

 

お?意外と綺麗…?

ん…🤔?近ずいてみると、たんぽぽの胞子のようなものが見える。

めくってみると、、やっぱり汚い😂

 

このフィルターの汚れが臭いの原因になることもありますが

汚れたままで長期間交換せず過ごしていると

トランジスタという電子部品(オートエアコンの場合、風量調整の指示を行うところ)の故障にも繋がり

エアコンがそのものが作動しないといった事態になることもあります✋💦

 

過去にトランジスタが故障したお車のフィルター環境を見てみますと

ゴミが沢山入っていて、目詰まりしている状態でした。

トランジスタは熱を持つパーツ。

この目詰まりでエンジン内部に取り込む風量が低下し

トランジスター冷却が上手くされないと、熱さに負けて故障してしまいます。

 

▼こちらがその部品

この部品もちょっとお高め…💸

故障してしまわないように、定期的に汚れ具合をチェックしておくと安心ですね🙆‍♀️

 

 

さて!

放置していた洗浄剤の栓。

抜いて汚れ具合を見てみましょう。

 

結構濁っていますね😱

汚れが目に見えると綺麗になった感じがあり気持ちがいい♬

 

この後はエバポレータ内を乾燥させて、完了となります。

 

作業後のミントの香りは、いつ嗅いでもいい感じ🍀✨

 

オススメです😊

レクサス フロントスポイラー取付・バンパー部分塗装

ご家族でテクニカルオートをご利用頂いているお客様からのご相談です。

 

以前ついていたスポイラーが壊れてしまい

外した状態でしばらく乗っていらっしゃったようですが

同じスポイラーを手配し 取り付けしたいとのお話です。

 

お車を見てみると フロントバンパー下部に傷がある状態でした。

スポイラーを取付すると隠れて見えなくなる部分ではありますが

こちらも塗装をして欲しいとのご依頼だったので、部分でお直しします!

 

車体の色が 紺色 ということもあり

塗装のぼかし目が出ると目立ってしまう恐れがある為

スポイラーに隠れる範囲での塗装で。

 

傷を削り落としたあとは、UVパテとUVサフェーサーで下地処理。

そして塗装。

 

スポイラーも同様に塗装前の丁寧な下地処理を行って

塗装へと掛かります。

 

完了したら、お次は取付作業です🔧

 

取付の際、左右の高さがバラバラになってしまわないよう

それぞれの角にテープで目印をし、高さを決めた上で慎重に取付していますよ☝️😊

 

 

そして、出来上がりはこちら💁‍♂️

 

お返しの際には『また何かあったらお願いします』と

嬉しいお言葉も頂き、素敵な納車となりました😊

 

ありがとうございます!

フィット スポイラーの色味が気になる

『スポイラーを取り付けしたけど、バンパーとの色味の違いが気になって…』とご来店頂いたお客様。

 

お分かりになりますでしょうか?

同じ白でもよ〜く見ると黄色っぽい感じ・っぽい感じと、微かに違いがあります。

 

素材上の問題もありますが、車体と同色で販売されていても

いざ付けてみると、その微妙な違いがとっても気になります。

 

そしてスポイラーの中心部の粘着が弱いためか

隙間も出来ていて、そこも一緒に見てほしいとのご依頼でした。

 

 

スポイラーを取り外して作業に掛かります💪

 

取り外したスポイラーの裏側を見てみると…

あれ❓❓

👇 拡大

粘着テープの紙が剥がれていない!?😱💥

 

このように剥がれていない箇所は数カ所ありました。

なるほど!それできちんと接着されていないような感じがあったのですね☝️

 

 

◆塗装準備◆

色合わせは太陽☀️が出ている日中に行います。

 

バンパーの色に合わせ調色をした塗料を、塗り板に吹きかけます💨

 

この塗り板を実際ボディに合わせ、色味の感じを目👀でチェック🔍

 

色味加減も🆗となった後は塗る為の準備です。

 

下地処理を済ませ、塗装をしない部分はマスキングと紙で養生しています。

 

この準備が終わったら いよいよ塗装!

光の加減で色味が違うようにも見えますが、スポイラー1本をいっきに塗装しています🙆‍♂️

 

この後はスポイラーを車体に取付する作業です。

その前に粘着テープは新しく貼り付けを。

 

スポイラー端に着くモールにも粘着テープを貼っていきます

▼こちら

このモール、実は重要な役割を担っていますよ☝️😊

①バンパー本体に傷を付けてしまわないように保護する役割

②バンパーとスポイラーの隙間を埋め、ゴミなどの侵入を防ぐ為

 

▼裏面もテープをしっかりと貼り付けしていきます

販売されている状態よりも、テープの幅や貼り付け位置を考え

しっかりとした固定が出来るように工夫してみました。

 

取り付けをすると、このような仕上がりに👏😆

 

色味違いでスポイラーそのものが浮いて見えるような違和感がなくなった事、

そして取付状態も良く、しっかりと固定が出来ている事にご満足頂ける結果となりました♬

 

喜んで頂けて良かった〜🌟

 

ありがとうございます🙇‍♀️

磨き作業で綺麗に✨

バンパーについた傷のご相談を頂いたのはインプレッサのお客様🚙

広範囲で位置的にも結構目立ちます…😭

 

傷の深さや状態にもよりますが、爪にひっからない程度の場合は

機械で磨きをかけると綺麗に消せる事もあります🙆‍♀️

今回の傷も幸い深い傷ではなかった為、まずはこの作業で進めてみる事にしました。

 

▼磨き作業に使用するのがこちらの機械

バフにコンパウンド(研磨剤)を塗って下準備OK👍

この後は丁寧に磨きをかけます!

 

塗装を行った場合と比較すると作業時間は 断然短く済みます。

ちょっとお出かけして戻ると『あらびっくり‼️』魔法のように仕上がっています😆

 

磨き完了後の仕上がりはこのように✨

 

 

簡易的な作業で お財布にも優しい👛♬

 

『この傷ってどうかな?』と思った方は是非お気軽にお立ち寄り下さいね🤗

ノア フロントバンパー 修理

『いつの間にかバンパーに傷ができちゃってて

前にガリっとやってしまった傷もあるからこの際全部綺麗にしたい』とご相談のノアのお客様👩

昨年は開催できませんでしたが以前に元気祭にも遊びに来てくださったお客様です😊


 

今回直したいと思ったきっかけは、来月から新しいお仕事をスタートし

自家用車でお客様のところを訪問することになるので

伺ったお相手に傷だらけの車を見て『この人大丈夫かしら?』と

不安に思わせてしまわないようにしたくてということだそう💡


 

いざ修理に取り掛かります💪❗️

 

フロントバンパーの左右にそれぞれ異なる傷が⚡️

▼運転席側は何か鋭利なもので深く切れたような傷

🔍拡大▼

▼助手席側はガリっと擦ってしまった底面に広範囲の傷

🔍拡大▼

 

今回はご予算を抑えるため、バンパーを外さず修理し部分的に塗装するという内容でお車をお預かり

したのですが、塗装屋さんの判断で綺麗に仕上げるためバンパーを外し作業することに👨‍🔧

・・・するとなんと👀表面だけの傷かと思っていたらバンパーが割れているではありませんか😱💦

見てしまったからには、ん〜〜直してあげたい😢✨

塗装屋さんの優しさで樹脂溶接機にて割れ部分を補修✨

 


傷の入っていた部分は丁寧に研ぎ落とし

UVパテを均一にのせたら

U Vライトで硬化

余分な部分は削りサーフェーサーを塗布し下地作りが終わったら

紙を貼り塗装しない部分を養生

後はブースへ移動して塗装をします🌈

 

塗装が完了したら元通り組み付けをして・・

完成🤗✨

 

▼深くえぐれてしまっていた傷も

 Before

 After

 

▼あんなに広範囲でガリガリっとついてしまった傷も

Before

 After

 

どこにあったのかわからないくらい綺麗になりました🙆‍♀️⭕️

 

ぜひこれから心機一転新しいお仕事頑張ってくださいね☺️🍀

夏に向けてエバポ洗浄しませんか?

最近は日中の気温も高くなり、半袖1枚で過ごせるようになってきましたね👕☀️

 

外の気温よりも車内は物凄く暑くなるので

エアコンはもう欠かせない!という方も多いかもしれませんね☝️😊

 

ですが、久しぶりにエアコンをつけると

生乾きのような…カビのような…なんとも言えない 嫌〜な臭いを感じた事はありませんか?

 

このお悩みも、エアコンを使用する時期になると多く頂くご相談の一つでもあります。

 

 

◆臭いの原因は?◆

何度かブログでもご紹介しましたが、ブロアファンから送り出された空気を

冷やす役割を担っているのが『エバポレータ』です。

 

エバポレーター内で結露した水分が乾燥しないまま放置してしまうと

そこから雑菌が大量発生し、カビ臭いにおいを発生させているのです。

 

その空気を吸っていると思うと…ゾッとしますよね😱

 

 

◆エバポレータ洗浄◆

今回はクラウンハイブリッドの作業の様子をご紹介。

 

車内の『温度・風量・内気循環』の設定を行いスタートです🤗

 

ドレンホース(排水ホース)からエバポレータ洗浄剤を注入し

汚れなどを掻き出す作業となる為、まずはホースを探す所から。

 

ホースの位置は車種によって異なりますが、クラウンはこんなところに隠れてました👀❗️

▼助手席足元の様子。ここまで分解をして

やっと見つかりました👍

 

この部分に、洗浄剤を注入していきます!

 

全て注入したら、この状態で数分放置。

 

そして、抜いた後に排出されたものがこちら👇

茶色い水が出てきました。

 

この後はエアコンを付けて、空気を循環させます。

ハイブリッド車両なので、もちろんメンテナンスモードに設定をして!

 

もうこの時点でミントの爽やかな香りが漂ってる〜😆☘️

 

ホースを探すために、バラした箇所を元に戻して終了です🙆‍♀️

 

ミントの香りは数日で落ち着きますが効能は12ヶ月と長持ちします。

気になる方は是非お試しください✨

車が真っ直ぐ走らない!その原因は? 〜修理編〜

先日ご紹介したウィッシュの足回り損傷の続きです。

 

タイヤを上からみると前側が車体からはみ出し、後ろ側が車体内側に入り込んでいるのわかります。

(白ライン:通常 黄色ライン:トゥアウト)

頑丈な鉄素材でも、錆による腐食が進むと

こんなにも簡単にポキッと折れてしまうものなんですね💦

本当に恐ろしい…😱

 

部品を揃えて修理をしていきます👨‍🔧🛠

 

まずは、破損しているサスペンションアームの取り外しから。

ボルトを一つずつ取り外していくと…錆と土がどんどん落ちていきます👀💥

 

取り外しが終わった頃にはこ〜んな床に😳 マックロケ

 

取り外した後の車体の様子👇

 

この後は新しい部品の取付していきます。

 

▼新品部品と損傷のサスペンションアームを並べてみました。

 

この部品を取付して

 

最後に『4輪アライメント』にて足回りの計測。

 

赤い数値の箇所は基準からずれている事を表しています☝️

後ろも最初は赤でしたが、調整を行い緑の数値(基準値内)におさまりました🙆‍♂️

前側も左右とも調整していきます🔧

 

調整が完了したら結果をプリントアウト。

この数値から、全てのタイヤが正しい位置の範囲に戻っていることがわかりますね✨

 

足回りが狂った状態で走行を続けると

タイヤが片減りしてしまう原因となったり、真っ直ぐ走行が出来なかったり

燃費が悪化したり…等、良いことは何一つありません✋😵

 

そのような心配が起きないよう

部品の交換後にはこの4輪アライメントの測定と調整は大切です!!

 

お預かりのウィッシュも、これで安心して走行が出来るようになりました♬

 

日頃のメンテナンスで、下廻りや足廻りの状態を確認しておきたいですね🙆‍♀️