ドライブシャフト交換後の大切な作業🔧

本日のブログはちょっとした整備のお話🧑‍🔧

 

「変な音が鳴っている‼️」と異変を感じたアウディのお客様。

すぐにレッカーで搬送となり、リフトアップをしてみたところ…?

 

あらぁ💦 グリスが飛散している〜😱

テカテカしている部分(赤矢印)は全てドライブシャフトのグリスです。

飛び散ったグリスはホイール裏側までベタベタになってしまうくらいでした💥

 

どうやらドライブシャフトのブーツ破れにより

そこからグリスが漏れてしまっていた様子。

写真はまだ症状が軽い反対側の様子ですが、この状態を放置していると

今回のような大惨事になってしまいます🚨

 

残念ながらブーツ内部のグリスが飛び散って グリス切れした事により

ドライブシャフト本体も大きくダメージを受け交換が必要な状態でした。

 

輸入車という事もあり、部品自体がとっ〜ても高い😵💭

部品は少しでも安価に出来るよう、リサイクルパーツを手配。

そして国産車とは違い、専門の工具も必要となりました🔧

 

ドライブシャフト本体の交換自体も結構な重整備ではありますが

実は、その後の締め付けもかなりの力が必要で大変💨

ですが、とても大切な作業があります☝️

 

登場するのはこちらの工具💁‍♀️

手首をくるくる🌀と捻り、アウディ Q5の規定トルク値をセット❗️

 

ドライバーを指して、全体が回ってしまわないように固定をしたら

はい❗️締め付けをします🙌

 

グッと締め付けをしたら、それを180°回します。

 

どこまで回したかが一目でわかるように、目印をつけて✏️

そして、回す💪

結構な力技ですが、力に自信がない場合は持ち手部分を延ばして

テコの原理を利用して締め付けするんですって👀💡

 

上についていた印が、下の目標箇所まで降りてきたらOK👍✨

このように180°回転したことをしっかりと確認し、締め付けが完了します❗️

 

ここまでの作業を終えて、お車はやっと安全に走行が出来る様になるんですよ〜🤗

こんなに大きい物が刺さっていたの?👀💥

事務所に1本の電話が☎️RRR…

「タイヤがペチャンコになっちゃった❗️」

といつもご利用頂いているお客様からのお電話でした。

 

状況を伺うと、車庫からお車を出し入れした際に

後ろのタイヤの空気が抜けていることに気がついたそうです。

 

釘か何か刺さってしまったのかなぁ?🤔

なんて思いながら、搬送された車両からタイヤを取り外してみてみると…

 

え? 何だろうこの大きい物体❗️

 

タイヤの溝と溝との間に「コの字」型の何かが刺さり込んでいました😂💦

タイヤから取り外し。

先っぽが鋭く尖っていました👀!!

 

タイヤはと言うと

2箇所に亀裂が出来てしまいましたね…。

 

よしっ!パンク修理してみよう✊

 

そんな時に登場するのがこの工具箱。

ジャーン✨ パンク修理の時に活躍する工具や材料達👍

 

この補修剤をタイヤの亀裂部分に埋め混んじゃいます!

 

見た目はちょっと不恰好な感じですが

この補修剤がきちんと穴を塞ぐ良いお仕事をしてくれているんですよ〜😊

 

タイヤの空気が減ってしまっていたり、何か刺さっている物を発見した時には

是非ご相談くださいね ♬

 

アウディ TT サイドスポイラー塗装

今年の2月☃️

アウディ TT 🚙にお乗りのお客様からご相談を頂きました。

 

🙍‍♂️「サイドスポイラーの塗装が剥がれてしまったんです」

 

 

あら…本当だ😣‼️

恐らく過去に修復歴があるお車なのでしょう。

塗装の際にきちんとした下地処理がなされなかったのか

塗料の密着性が弱く、塗膜が剥がれている状況です。

 

こちらは反対側(助手席側)

「こっちは擦ってしまったんです!」と仰っていましたが

その黒い擦り傷の上側を見てみると

運転席側と同様に塗装剥がれを起こしている状態なのがわかります。

 

このまま放っておくとどこまでもペリペリ剥がれてしまうので

左右共、一本塗装させて頂くお話となりました🌟

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

🔶スポイラー取り外し🔶

塗装する為に、まず車体からスポイラー本体を取り外しが必要ですが

取り外しの時に ほぼ全てのクリップが破損してしまうので

それを覚悟で進めて行かなくてはなりません。

 

輸入車は、部品が高価な事もあって

クリップ類だけでも費用は大きいんですよ〜😥

 

その事も事前にお伝えした上で、いざ取り外し👨‍🔧

すると…⁉️

 

なんて事でしょう👀‼️‼️

過去に応急処置をしたであろう跡を発見🔍💥

 

過去に補修をされた際に取り付けのクリップ類は使用せず

ベターッと強力なボンドで固定をして終わらせたのでしょう。。

 

この黒いボンドが、クリップがはまる部分にベタッとついてしまっているので

新しいクリップを用意しても、はめ込みする事が出来ません❌

正規の方法できちんと取り付けを行う為には、このボンドを丁寧に取り除く必要があります。

 

左側は綺麗に取り除けたのでOK 🙆‍♀️

 

右側はというと…クリップが収まる所が全て壊れている状態でした😱⤵️

なるほど🤔💡 それでボンドと両面テープで固定していたわけですね❗️

 

さらに、中にも修復したような形跡もあったのですが

その様子からは修正して形を元に戻したというよりは

パテを付けて形成されている感じでした。

 

スポイラーとクォーターとの段差が出来てしまわないように

パテ付け形成されているので、これ以上 手を加えてしまうと各部修正をしなくてはなりません。

お客様のご負担が大きくならない為にもこの部分については

再度、強力なボンドで固定した方がいいと判断しました。

使用しないクリップ穴に水が入り込んでしまわないような加工もしっかりと施します✌️

 

🔶塗装🔶

剥がれてしまった物は 一度全部剥がした上で

丁寧に下地処理を施し、いつもの工程で塗装をして仕上げます✨

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

そして綺麗になったスポイラーを

それぞれ元に戻したら 完成〜✨😆

これでもう塗装が剥がれてしまう心配はありません✋😃

お客様も安心したご様子でお帰りになりました♬

オイル漏れ点検…その時に発見されたものとは?

まだ路面に雪が残っている頃❄️

車体の下に黒い液がポタポタと落ちた跡を発見し

心配になって、ご来社頂いたお客様。

 

リフトアップをし、すぐに整備士と一緒に確認を行いましたが

幸いな事にオイル漏れはありませんでした☺️

 

「もしかして、マフラーからのカスがオイル漏れのようにも見えたんでしょうかね」

なんて言う会話をしながら、ホットしたのも束の間…。

 

あれ???

この部品に、穴が…😱‼️

👇こちら

 

外れた物を間近で見てみると

穴が空いた中には、鉄の欠片がパラパラと

まるで、お菓子のチョコフレークのようでした😅

この部品はフロントバンパー裏のフレームとサブフレーム縦に繋いでいて
補強の役割を持った『アンダーロアメンバー』と言う部品です。
錆の状況から、すぐに外れてくれるかどうかが心配でしたが
スムーズに取り外しが出来ました。
あとはここに、手配をしておいた新しい部品を付けるだけ👍
装着完了🤩👍
オイル漏れの心配が無ければ
この錆・腐食に気が付くのもまだまだ先だったかもしれません。
早め早めの修理が、普段お車を使用する上での安心材料にもなりますので
オイル交換の時にでも、こまめにチェックをしておけたら良いですね♬

ノートオーラのあるある

日産のノートオーラ🚙

 

リヤワイパーを冬から夏へ交換しようと試みましたが

固くて固くて…中々外れてくれません✋😫

 

滑りを良くしてみたり等のちょっとした工夫をしてみても上手くいかず、四苦八苦

そして…

バキッと… 壊れちゃう‼️⚠️

ガーン…

 

すぐに部品の在庫を確認してみると、なんと!!

バックオーダーとなっていて、80人も待っている状況なんだとか‼️

 

きっと、タイヤ交換のタイミングで

皆んな同じように壊れてしまい注文が殺到したんですね💡

 

どうやら、この車種には多くある話のようです。

 

対策品が出てくれたら良いなぁと思った出来事でした🤔

開く一方で閉まらない😱

窓ガラスが閉まらなくなったお車が入庫。

 

見てみると、ガラスを上げ下げするスイッチ自体に異常なさそう⭕️

ガラスは下がるばかりで、上がりません。

…となると、きっとアレがダメになっているはず!!🤔💡

 

運転席ドアの内張りを外して早速点検をしました🔍

 

やっぱり‼️

 

原因は『レギュレーター』と『モーター』!!

とりあえず、部品が届くまでのは間は

窓ガラスはテープで固定して数日は我慢…💦

 

------------------------

 

部品が届いたら交換の作業です🔧✨

 

内張りとビニールを剥がしたら準備OK👍

 

壊れているレギュレーターモーターを取り外し

いつものように交換の作業を進めますが

今回はもう一つ作業が追加☝️

 

▼登場するのは、こちらの工具

 

本体のボルトが緩んだまま(モーター位置ずれ)ガラスの上げ下げをおこなった事で

取り付け位置に負荷もかかり、穴が歪な形になっていました。

この修正を工具を使って行います❗️

 

修正箇所の裏にドーリーを押し当て、ハンマーで叩きます🔨

 

元通りになったら、あとはいつものように

リサイクルパーツで準備しておいた部品の取り付け👇

 

ガラスも固定。

 

動作の確認もしっかりとね💡

 

最後に 内張りなどの外した部品を、それぞれ元に戻したら完了❗️

 

運転席の窓ガラスは、他に比べて一番開閉が多いところなので

その分 故障もやはり多いです。

いつもと動きが違うな〜と感じたら、すぐに点検しておきましょうね😊♬

 

窓が開かない💦なぜ❓

 

『車の窓が開かないんです』

といつもテクニカルオートをご利用頂いているお客様からの相談👨

 

お車はセルボ🚙

運転席のパワーウィンドウが効かない状態でした💡

たびたびこのようなご相談を頂きます。

今回は閉まらないのではなく開かない・・

この時期なので開きっぱなしよりは寒くないから良かったですね〜😉笑

なんてお客様と話ながら

 

点検🔍👀

 

パワーウィンドウスイッチが壊れている⚡️

ドアを分解してみてみると

矢印の所にあるのが、レギュレーターモーターと言われる

パワーウィンドウを開閉させるためのモーター💡

 

▼拡大🔍

レギュレーターモーターの位置が変😲

本当であれば黄色で囲っている穴の部分に

赤い矢印のレギュレーターモーターがピッタリ収まっているはず💡

ご覧のように上の方へズレてしまっていました💦

ズレたことによりコネクタに傷が入り故障してしまっていたのです😖

 

▼ズレないよう固定しているボルトもご覧の通り

本当なら下の方で固定されていたハズ💡

▲ここはボルトがなくなってしまっていました💦

これではズレてしまうわけだ😣

 

なぜこんな風になってしまうか・・❓❓

経年的なものや色々あるかと思いますが

もしかすると、寒さで凍ってしまっているガラスを無理に開閉しようとしたことに

よって、負荷がかかり、モーターもろとも壊れてしまったのかもしれません😱

 


 

今回は、できる限りの負担を少なくするためリサイクルパーツを探し

新品ではなく、リサイクルパーツにて

パワーウィンドウスイッチとレギュレーターモーターを交換して

無事に作業完了😄🙌

 


 

冬場は特にこういったことが原因でパワーウィンドウだけではなく、

ワイパーも雪が乗った状態でそのまま動かそうとして

モーターが壊れて動かない😭といった事も多々ご相談頂きます💡

 


 

朝が忙しかったり雪かきで大変な毎日ではありますが

車が壊れてしまうとその方が痛い出費となってしまうかと思いますので、

氷は溶かして、雪は降ろしてから動かすようお勧めします💁‍♀️⛄️✨

パジェロミニ ヒーターが効かない・・

 

お客様からどうしよう・・と相談のお電話📞💦

 

『高速道路を走行していたところ

ヒーターが効かないなぁ・・・と思ったら、

メーター内のチェックランプが全部点灯💡💡❗️して

どんどん加速できなくなり止まった状況🚙⚡️』

 

まずは高速道路上とのことなのでレッカーで運んでもらうお話になりました👨‍🔧

 


 

車が運ばれてきたので早速点検🔍

 

エンジンルーム内を覗いてみると👀

 

あっ‼️‼️

▲矢印のところに異変が💦

▲拡大🔍👀

 

ラジエータのアッパーホースがずれているーー❗️

 

そう、原因はここでした。

ホースを外してみると❓

こんな具合にホースの接続部分が劣化により粉々に割れている状態

 

アッパーホースがずれてしまったことによりその部分から

クーラント(冷却液)が全部漏れてしまい

エンジンがオーバーヒートを起こしため

ヒーターが効かず、加速できなくなり停止した・・ということだったのです😢

 


 

通常であればエンジンが焼き付いてしまう時変わったニオイがしたり

この寒さの中走行していたら熱く熱せられたエンジンが外気に触れ

水蒸気がモワッ💨💨と出ていたはずなのですが

今回は高速道路を走行中だったため、エンジンの回転数が高かったことと

風の勢いで水蒸気が出ていることに気づきにくい状況が重なってしまったのかもしれません😣

 

 

車は大きなダメージを受けてしまいましたが

高速道路上で大きな事故に至らなくて本当に良かった💦✨

 


 

皆さまも、少しでもいつもと何か違う感じがする・・🤔❓

そう感じた時には迷わずに安全なところで一度止まって確認してみるようにしましょう💁‍♀️

 

オイル交換の予定が…😭

オイル交換のご予約を頂いたお客様のお話です。

 

もうすぐご予約の時間だなぁ!

と思っていると、お客様から電話が鳴りました ☎️プルルル

 

ん?どうしたんだろう?と電話に出てみると

『走行中に車がガタガタとして、タイヤが外れそうになっている‼️』と…😱

 

どうやらナットが外れて無くなってしまっている状況だったようです。

 

🙍‍♂️それは大変だ!!

 

とすぐに現地まで出動です 🛻💨💨

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

駆けつけた先でお車の状態を確認すると

確かにナットが数カ所無くなってしまっています。

 

工場に戻り、車体からタイヤを外して詳しく点検を行いました🔍

あ〜…。

ホイールの穴が削れて広がってしまっていますね😭

削れてしまったホイールの粉が その凄さを物語っています。

 

ホイールがここまで削れているということは、こっちも…!?👇

やっぱり!!ネジ山も削れてしまっていますね。

 

この状態では、ホイールもハブボルトも交換が必要となり

無くなってしまったナットも個数分準備が必要です☝️

 

状況から見て、タイヤ交換時の増し締めがきちんとなっていなかったのでしょうか。

 

タイヤ交換の作業をしてもらった タイヤ屋さんにも

この事実を伝えてみたようですが…

今回は残念ながら対応はしてもらえなかったそうです😾

 

泣く泣く自費で修理をすることに。

 

 

オイル交換の予定もあったため、たまたま近くで早めの発見となりましたが

もし遠い地で、タイヤも外れてしまって…と言った状況を想像すると

とても恐ろしいことです💦

 

一度、緩んでしまうとタイヤが外れてしまうまで、そう時間は掛かりません。

日常の点検ももちろん大切ですが、何か違和感や異変を感じた時には

すぐに車を止めて、お電話をくださいね😊

パレット オルタネーター凍結⛄️ベルト断裂⚡️

 

お客様からの入電📞

『車に乗ろうと思ってエンジンをかけたらベルトのような音が

大きく鳴いて、その後音が鳴り止んだと思ったら焦げくさいんです・・』

 

その後お客様ご自身でエンジンルームを開けて

状態を見てみると、以前テクニカルオートでご紹介していたお車の状況と酷似していたそう❗️

 

その状態とは・・・・❓❓

 

ベルトが鳴っていたのに音が鳴り止んだ

その原因は、コレ👇💡

ベルトがない👀‼️‼️

焼けてちぎれて切れてしまっていました💦

 

では、なぜちぎれてしまったの❓👩

 

その理由は・・・

発電の役割をするオルタネーターが凍結していたからなんです💡👨‍🔧

凍結によってベルトを回すプーリーが動かなかったことによりベルトが切れてしまったというわけです💡💦

焦げ臭いニオイは焼けてちぎれたからでした。


 

通常オルタネータが凍結することはないのですが、なぜ凍ってしまったのか・・

お車の状態を確認すると

▲いろんなところに雫が滴っていました💧💧

 

この雫がオルタネータのベルトとオルタネーターのプーリーの上に落ち

凍らせてしまっていたのです😭

 

この雫がどこから来るのかというと・・・

▲矢印部分にあるカウルトップの隙間から雪や雨の雫が流れ落ちていました💧

 

実はこの症状、ある特定の車のあるあるだったりします😢💦

 

以前に同じ症状のお客様がいて処置をさせて頂いた事があり、その時のブログを見つけて

今回のお客様も『ドンピシャだ‼️‼️』と気づいてくれた、というわけです💡

 


 

それでは今回も雫が流れてこないように処置をします。

カウルトップは通常はめ込み式でカチッと止めて取り付けするのですが

こちらのお車の場合、それだけでは隙間が発生し、流れてきてしまうので

原始的な方法ですが、カウルトップをシーリング剤で密着させ貼り付けます👏

 

▲黒いものがシーリング剤

 

これで隙間なく貼り付けます👏

付けてしまうと簡単には外れなくなってしまいますが、凍結は防ぐ事ができます⛄️✨

 


 

貼り付けた後には、切れてしまったベルトも新しいものに交換して

水をかけ流れてこないことを確認したら・・

作業完了🙆‍♀️🙆‍♂️✨

 


 

お車のことはよく分からなくて何かあった時にどうしよう・・と不安になってしまう方も多いと思います💡

今回も不安の中、当社のブログを見つけて連絡をくれたお客様、これからもそんなお客様の不安を少しでも

解消できたなら嬉しいなと思います🍀