キーレスボタンでトランクが開かなくなった?

オイル交換でご来店のお客様。

これまでキーレスのボタン一つで開けていたトランクが、急に開かなくなっってしまったので

見て欲しいとのご相談も頂きました。

 

キーレスにセットされている小さな鍵を取り出し

手動でトランクの開閉を行なっていたそうです。

 

👨‍🔧『どれどれ…👀!!』と担当の整備士が確認。

 

こちらがお預かりしたキーレス🗝

 

トランクボタンをポチッと押してみますが…

 

やはり反応はありません。

 

👨‍🔧『これはもしや!?』と

 

車内のコンソールボックスへ。

 

開けた所のこちらの部分に注目🚨!!

 

これこれ!このボタン‼️

 

拡大してみると…

『トランクオープナー・キャンセル』の文字が👀💥

 

このボタンを押して、再度トランクを開けようと試みると…。

 

 

開きました〜 👏 🎉

 

何かの拍子にボタンに触れちゃったのかな?😀

ボタンが押されているせいで、機能が停止している状況でした。

 

オイルも綺麗になったり、トランクの開閉も問題無し🙆‍♀️

お客様はホッ😌とした様子で安心してお帰りになりました✨

こんな所が色剥がれ?

走行中に何かが飛んだ事に気がついたお客様。

 

車から降りて見てみると…

 

 

この部分が無いことに気がつき、テクニカルオートにお立ち寄り頂いたそうです。

 

これは…

恐らく、以前塗装されたことがあり

その時の下地処理がきちんとなされていない事が原因で

塗装がポロッと剥がれてしまっていたのでは無いかと推測します。

 

素材的にも塗装を行なっても良いパーツではありません✋

 

反対側も同じような状態でした😭

 

元々の状態に直したいというお客様のご要望ですが…素材が素材💦

この上に塗装を行なっても、すぐに塗装が剥がれてしまう可能性があります。

 

『最初から白いモールがあれば良いなぁ』

と思って部品の確認をすると… …あった〜〜😆‼️

 

同色のモールを手配し、交換をすることに決定しました✨

 

 

◇交換の様子◇

 

実はこのモール。

ガラスの横だけでなく、後ろまで繋がった長いタイプの物。

 

そちらを一本ずつ取り外し、新しい物を取付していきます。

 

 

クリップの使用個数はなんと‼️

左右で52個👀💡

出来るだけ費用を抑える為に、再使用が可能なクリップは再使用しています🙆‍♀️

 

 

 

👇こんな感じに仕上がりました😊

 

これでもう、塗装が剥がれてなくなってしまうことも無いので

安心して走行が出来ますね🎵

ガラスにヒビ!こういうことが原因にも…

ワイパー交換時に、たま〜に聞くこんなお話。

 

『ワイパー交換しようと思ったらガラスが割れてしまいました』

 

え?ワイパー交換で何故?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

それは、こういう事👇

廃車の車両で実験してみました🤓❗️

 

 

 

お分かり頂けましたでしょうか?

 

ワイパーアームの先端がガラスに当たってしまうと

その衝撃から簡単にヒビが入ってしまいます。

 

 

ワイパー交換の際に良くある状況ではありますが

風に煽られたり、誤ってアームの状態のまま倒してしまうと

このような事態になってしまいます。

 

これからタイヤ交換と一緒に夏ワイパーに取り替える時期なので

交換の際はご注意くださいね🤗

ワイパーが動かない!意外な原因

この前の大雪の日。

 

『ワイパーが動かなくなってしっまって…』

とご来店頂いたお客様がいました。

 

 

こんな大雪の日に…それはご不便でしたね💦

 

ワイパーが動かなくなってしまう原因はいくつもあります。

まずはボンネットを開けて中の状態を確認してみましょう❗️

 

 

考えられる原因の一つがこちら👇

エブリィ ワイパーモーター

ワイパーを動かす為についている『モーター』です。

 

こちらを車体から外して、状態のチェックを行いましょう🔍👀

外れました!

 

ん⁉️ 中に何かありますよ…??

 

え…クルミが !!!!!

 

 

よ〜く見ると、こんなにも沢山 😆💦

 

なぜ…!!!????

と疑問に感じながらも、まずはモーターの診断を進めます。

 

結果、今回のワイパー動かずの症状はモーターが焼き付いてしまったことによる不具合だと判明✨

もしかすると、このクルミ達がモーターの動きを遮ってしまった事で

負荷が掛かってしまい、焼き付きの原因となっていたのかもしれません👀💥

 

でも、ここには可愛らしい住人さんがいたんだろうな〜🐿❤️

そう思うと、ププッ😆と笑ってしまう出来事でした。

 

 

ちなみに💡

ワイパーが動かなくなる原因は様々ですが

今回のようにモーターそのものに負荷がかかると焼き付いてしまいます😱

降雪がある地域では車体に積もった雪をワイパーで掃おうとすると

今回のような原因にもなりますのでご注意くださいね⚠️

ドアロックが無くなった⁉️

車内側のドアロックが落ちて無くなってしまったとのご相談。

 

あら?確かに無いですね…🔍👀💦

外れて車内に落ちているかもしれない!と思い色々探してみましたが

残念ながら見当たらず…。

 

一旦ドアを閉めようと動かすと

微かにドアの内部で小さな部品が動いているような音がしました🦻‼️

 

これはもしや??

ドアの内張の中に落ちてしまっているのでは⁉️

 

そう思い、内張を外してみると…

 

 

やっぱり!!み〜っけ!✌️😆

 

 

ですが、先っぽが折れている状態。

 

受け側もこのように👇

 

なので、新しい物を用意し取り付けします✨

反対側も折れてまではいませんでしたが、ヒビが走っている状況だったので

左右共交換をしました🙆‍♀️

 

 

まさかこんな形で姿が見えなくなるなんて

とちょっと驚いた出来事でした😃

 

高速道路 これはまずい

高速道路で移動中、何気なく前方の車を見ていると

左側から出たり入ったりしている物が視界に入りました。

 

何だろう?

 

と近づいてみると…

 

何と!!

リヤバンパーが外れてカパカパしている状態💥

 

※助手席に搭乗している者が撮影📸パシャ

 

きっとぶつけてしまって固定ができないのだと思います。

 

大事になる前に修理をして欲しいと願うばかりです。

 

参考までに、

高速道路で落下物による事故があった場合は、落とし主の責任です。

そして、一般道においても、バンパーが破損して正規のボディ形状から飛び出ている場合は車検不適合となり整備不良となってしまいます。

🚔<止まりなさーい

 

危険なので、外装がカパカパ・ガタガタしている時は

高速道路は利用しないでくださいね。

 

アウディの よくある話⁉️テールランプ

メーター内にお車の異常をお知らせしてくれる『チェックランプ』が点灯。

 

そしてウィンカーも点かない状態で入庫したアウディ🚗

 

 

💡❌ レフト、リヤ、ライト…あらそぉ。

 

念の為にバルブの確認をしてみますが、どうやら球切れだけの話では無さそうです。

あぁぁぁ、やっぱり…😑💦

 

これは、配線関係のトラブル❓

車をお預かりして詳しく点検してみる事にしました👀

 

まずはテールランプを外して見ると…

 

 

なんと‼️

すぐに原因が判明。

 

 

テールランプの基盤が熱で溶け、

テールランプ本体までも溶けてしまっている状況です。

 

こうなるとテールランプ本体丸ごとの交換が必要になります。しかも高いです。

『マジでーーーーっ😭』

 

実はこの症状。

アウディの良くある話なんだそうな🧏‍♀️

 

構造上の問題なのかもしれませんね💡

 

純正新品となるとエラく高いので、リサイクル品とか優良パーツとか無いの⁉️なんて言いながら部品を検索!全国手配です🗾

今回のお車はAudi A6 Quadro で、特別仕様だったため、流通している部品が希少!

 

部品屋さんや業者さんがあの手この手と協力してくれました🤝 結果!

☎️🎶『奇跡的に見つかりました!滅多に無いことですよ〜🙌』

なんと、運良く特別なルートで入手することが出来ました👏

ありがとうございます😭✨

 

テールランプ交換後は、チェックランプも消え、ウィンカーも点灯するようになりました☺️

安心してお乗り頂ける状況となり、

お客様も私たちも

ほっ…☺️☺️💨💨💨

良かった〜!!

パンクの原因 道路の段差

道路を走っていた時。

 

アスファルトがめくれたように

段差になっていて

ハッ❗️っと気づいた時にはもう遅い😱

 

ガンガンっ‼️

前輪、後輪の2本のタイヤがパンクしてしまいました。

ぺちゃんこです。

 

これ以上動かしてしまうと、

もしかしたら助かっているかもしれないアルミホイールも、変形してしまう可能性が…。

 

仕方なくレッカーです。

真っ直ぐ平坦な道路なはずが、

思わぬところに段差があることは

冬の道路にはよくあることです。

 

マンホールやロードヒーティングの切れ目は特に注意しましょう。

 

もし、万が一、アスファルト自体が壊れている場合は、その道の道路管理がどこにあるのか調べて、問い合わせてみましょう。

もしかすると、パンクしたタイヤを補償してくれるカモしれません。

…カモですが。

 

昨日もツルツルお尻を振って走っていた車を見かけました。

今週は寒暖差が激しく道路の状態も良くありません。

冬道は危ないので注意して走りましょうね!

中古車を買ったら煙が出た件。

先日、初めてご利用いただくお客様から、一台の車をお預かりしました。

クーラントが吹き上がり、
オーバーヒート寸前の状態でご自宅に置いてあるとのことでしたので、搬送車で引取です。

お話を伺うと、
車を購入してからまだ間もないそうですが、アイドリング中にボンネットから白い煙が出てしまい、レッカーを依頼して帰ってきたとのこと。

気になってボンネットを開けてみると、明らかにラジエーターのあたりからの水漏れが‼️

どうしたら良いかと思い、保証が効くかどうかもわかりませんでしたが、とにかく直したいので、車を購入したところに連絡をしてみたそうです。

ところが、電話を掛けても一向に出ない😣

そうしているうちに、

1カ月または1000キロ走行迄の保証も切れてしまい、泣く泣く自費の修理を決断。

そこで、

『テクニカルオートに相談してみよう。』

と、ご連絡くださったそうです。

ん?????

初めてご利用いただくのに、

テクニカルオートに相談してみようって、

ん??????

なんと‼️

5年前、インターンシップで職業体験に来たあの時の‼️‼️

しかも、ついこの間、同期の方がお見積にいらしたばかり!😆✨

なんという偶然でしょう。

当人同士は、隣のクラスだったため、連絡は取り合ってはいないようでした。

私たちも勿論、トラブルには遇いたくありませんし、今回のような出来事は、なんだかモヤモヤするような気持ちになってしまいますが、

でも!

困ったときに頼りにしてもらえたこと、

そして、大人になって社会で活躍している彼等にまた会えること。

それは間違いなく、嬉しいことです。

これからも、遠慮なく

おじさんたちを頼ってくださいね~‼️

せっかく一所懸命働いたお金で、

気に入って買った大切な愛車です。

安心して長く乗って頂けるよう、

お手伝いをさせて頂きますね!

それにしても、

中古車やさん……💧

残念です。

売ってしまったら、あとは知らないなんて

そんな無責任な大人は、だめですよ~!😡

車に穴がある

某カー用品量販店で言われた

“足廻りが外れてますよ”という言葉。

たまに何か音が聞こえる気はするものの、走行した感じは、違和感なし。

『本当か⁉️と思って‼️ ちょっと見て欲しいんですけど…。』

足廻りが外れたけど走れる状態って何の事だろう?と、リフトに上げてみました。

ん~、……ん⁉️

なんだこれー

☝️コレがどういう状態かというと、

反対側は、くっついているのでこんな状態

本当は、溶接されているので☝️このようにきれいに着いて支えているのです。

錆の進行で腐食により脆くなって外れてしまったようです。

更に、外れただけでなく、

元々着いていた場所には大きな穴が‼️

これは〰️、

穴を塞ぐ、くっつける、…という単純な話ではなく、後ろのタイヤ左右を繋ぐ大きな部品丸ごとを交換しなければならない、

危ない状態です。

車体の下廻りは全体に黒く塗られ、一見キレイに防錆されているように思いますが、きっと、もう錆びてしまっていた その上から塗ってごまかしてしまったのでしょう。

中では刻々と錆が進行していたのですね。

恐るべし!!

車検の時の点検・対策・整備は、どのような状態かを把握した上で行いましょうね!