ランクル リヤフェンダー錆修理 ❶

昨年の11月に初めてご相談を頂いたランクルのお客様。

過去に載せているランクルの記事を見て、自分の車も同じようになってる!

と来るきっかけになったんだそうです。

 

すぐに直してほしい。というご要望ではありましたが

冬場は事故の修理が多いため、錆の修理は春🌸になってからとお待ち頂いていました。

 

テクニカルにお願いしたいから!と半年も前からのご予約で

修理をお任せ頂けました事は、本当にありがたいお話です🙇‍♀️

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

錆の状態はというと…

ステップの奥は、中から押し上げられた塗装がポコポコと浮いています。

タイヤハウス内から見える部分は、一目で錆だとわかるくらいの腐食具合。

 

運転席側の方は ここまで腐食は進んでいませんが

同様にちらほらと錆が出てきていました。

 

せっかくなので、左右とも綺麗にしたい!というご依頼だったので

左側はクォーター交換・右側は修理の方法で進めることに決定です👨‍🔧✨

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

まずはステップを取り外します。

あぁぁ 😱💥  ボルトが折れてしまいました💦

 

折れたボルトは取り除いてしまいます!

が…中のネジ山自体もダメになってしまっているので

こんな時は新しいネジ山を作ってしまいましょう♬

 

登場するのはこちら💁‍♀️

この新しいネジ山(赤矢印)を専用の機械にはめて穴の中に入れるだけ❗️

上の部分に力が加わると、下の方が膨らむような仕組みになているため

それがストッパーとなり、外れることはありません🙅‍♀️

こんな感じで、新しいネジ山も出来ました✨

 

続いて車体側の修理に取り掛かります💪

 

一番錆が進行していた左リヤフェンダーをカットしてみると…✂️

想像よりも大分錆は進行していました😭

見える部分でちょこっとでも、隠れている部分の状態がいかに酷いかが

この画像からでも分かりますよね💦

すでに腐食で穴が開いている部分も見られます。

 

さぁ、この錆がどのように修理されるのでしょうか😼

続きは月曜日のブログでご紹介します🍀

ハスラー クォーター修理

『いつの間にか、凹みが出来てたんです…』

とご来店頂いたお客様。

 

どれどれ👀??

あら…😭💦

 

ぶつけた記憶も無く、気がついたら凹みが😱

と言う感じだったようです。

原因はわかりませんが、とりあえず修理で綺麗に直すことお話となりました✨

 

板金作業でまずは形の修復を。

板金で綺麗に形を復元出来ると次の下地作りも上手く行くので

とても重要な作業です☝️😃

 

塗装の際にキワの部分まで色をかけられるよう

ルーフモールもこの時点で取り外していますよ〜❗️

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ🙌🏻

 

防錆効果のあるプライマーを塗布した後にパテを塗布。

固まったら必要のないパテを研いでしまいます。

 

サフェーサーを塗布。

 

 

そして最後に塗装をして、完成〜🎉

 

納車の時はご家族でご来店👨‍👩‍👧

車の仕上がりを見て『とってもきれいです!』と喜んで頂くことが出来ました😊

ご満足いただけて良かったです!

ポルテ スライドドアからクォーターに掛けての修理🔧

スライドドアからクォーターまで傷が出来てしまったお車がご入庫🚙

 

損傷の状態から、部品は交換をしなくても板金で修理が出来そうです🔧✨

 

 

凹んでしまった部分を専門の工具(スタットプーラー)を使い、まずは引っ張る作業。

手のひらで凹凸を確認しながら、出過ぎた部分は叩いて平らになるようにします。

 

この工程を繰り返し、板金作業を終えたお車がこちら💁‍♀️

 

続いて塗装の工程へと進みます⏩

 

下地作りから❗️

板金作業で剥き出しとなった鉄板には、プライマーで防錆処理をした後

数種類のパテを用いて表面を滑らかに整えていく作業を行います。

 

まずは板金パテをのせて、

研ぎの作業。

 

そしてパテ第二弾。

塗布後、再び研いで余分なパテは落としてしまいます。

パテが厚いと後から塗装が割れてしまう心配もあるため、ここも重要なポイントです👨‍🔧

 

そして、サフェーサーにて下地の仕上げです。

塗料の密着を良くする為の最終工程が完了したら、お車はブースへ移動🚙💨

塗装をかけない部分は全て養生をして

塗る範囲はこのような感じ。

 

こうして塗装を終えて、完成したお車はこちら🤗✨

じゃーん👏 🎉

お客様にも大満足頂ける仕上がりとなりました♬

オデッセイアブソルート リヤゲート修理❶

 

たった今ぶつけてしまったんだよね・・・と

しょんぼりいらしたお客様😣

お車を見てみるとリヤゲートとリヤバンパーに縦の凹みが💦

大きい丸で囲んだところが今回ぶつけてしまったところ💡

小さな丸で囲んだところにも凹みが

こちらはお客様も気づいておらず

今回は本来であれば板金の修理の費用がプラスとなってしまうところですが

ご予算の兼ね合いもお伺いしていたので範囲的に塗装の範囲内だったので

特別に一緒に直させて頂きました🔨

 


 

まずは凹みを出すためにはスタッドプーラーを使用しますが

そのためにベルトサンダーで塗装を削り鉄板と剥き出しにします🌀

▼鉄板を剥き出しにしたらスタッドプーラーを使って

凹んでいる部分を点状に細かいラインを引っ張り出します💡

▼今度は反対に出っぱっているところを叩いて元の高さへ調整

🙆‍♂️板金作業完了🙆‍♀️✨

元のラインが戻り凹み&歪みが直りました🙌

この後はプライマーを塗って防錆&塗装の密着が良くなるよう

仕上げをして塗装作業へと進んでいきます🏃‍♀️🏃‍♀️

 


 

この続きは明日火曜日の投稿でご紹介しますね😊🙌🍀

ボルボ バンパー修理ともう一つのご相談

バンパーのヒビ割れでご相談いただいたお車。

🔍拡大

過去にもヒビ割れ修理をお任せ頂いたことがあり

その時のことを思い出しご来店頂いたそうです🤗

ありがとうございます🙇‍♀️

 

割れの修理の他に、泥除けが雪による影響で

内側に入り込んでしまったので、修正のご依頼も頂きました❗️

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

樹脂溶接を行うために、まずはバンパーを取り外し❗️

そして表面の塗料を削ったら

お馴染みのあの方法で、裏表両方から同じ素材を溶かし割れの部分を補修します✨

※樹脂溶接の作業については、過去の記事をご参照くださいね😉💡

 

パテで形の修復をしたら、サフェーサーを塗布し

塗装前の下地処理は完成👍 この後は塗装となります。

 

 

もう一つのご依頼。

泥除けの角度についての原因もこのバンパーの様子を見て判明👀‼️

 

☝️こちらの写真は、バンパー下からみた様子。底面の黒いパーツに破損が見られます。

黄色:割れ :欠損

赤い部分は泥除けと繋がる部分でもあったため

欠損がある事により、きちんとした固定されていない事がわかりました。

それなら、いくら泥除け本体の角度を変えて上げても真っ直ぐにはなることはありませんよね…😭

新しいパーツに交換をする事にし、この部分のお悩みもスッキリ解消です😆⤴️⤴️

 

バンパーも綺麗に仕上がり

車体をご確認頂いたお客様も

『どこに傷があったか忘れちゃった』と

大変ご満足頂けた納車となりました ♬

ルーミー ドア修理

ルーミーのドア修理をお任せ頂きました!

ドア全体に、白っぽく広がっているのは傷です。

そして下部(囲っている部分)には凹みがあり

パテ付けされたような跡も発見👀‼️

 

お話を聞くと、傷がついてしまったので

まずは自分でやってみよう!とチャレンジしてみたんだとか✊✨

 

購入したばかりのお車のようなので

修理方法をご相談した結果

ご予算は少しでも抑える方法で、綺麗に修復することにしました。

 

その内容としては、ドア全体の傷修理がメインとなり

下部のパテ付けされている凹みについては

板金修理は行わず、表面の凸凹のみを平らにする方法となります。

 

修理の際、本来ドアは車体から取り外して修理を進めるところですが

車体に付いたまま修理を進めます!

これも費用を少しでも抑える為の工夫です♬

 

ドアミラーとキャッチを外したら

ドア全体の傷を研ぎ、パテを塗布して下地作りをしましょう。

 

パテが固まったら、余分なパテは取り除きます。

 

そして次は、サーフェーサーを塗布。

防錆&塗装の密着を高める為の作業です✨

 

この後はブースへ移動し、塗装スタート。

塗り終わった後の様子がこちら💁‍♀️

 

最後に外した部品をそれぞれ元に戻したら完成〜👏🎉

 

とても綺麗に仕上がりました😆👍

サイドシルに大きな穴が…👀💥 〜取り外し編〜

今年、札幌に引っ越しをして来られたお客様。

初めてご来店を頂きました😊

 

お車の状態はというと、サイドシルにぽっかりと空いた穴が…💥

元々錆が出ている状況だったようですが

冬に凸凹とした道で氷の塊にゴツッとぶつけてしまい、粉砕してしまったんだとか😭

これだけ大きな穴が開いてしまうと、凄く目立って気になりますよね💦

 

この状態では、サイドシルを交換する方法になりますが

他のパーツのようにボルトなどで止まっている物ではない為、容易ではありません✋

溶接でついているので、そこを外して交換してあげる必要があります。

 

まず、ドア2枚は取り外しをして。

 

溶接を外していく作業に取り掛かります。

スポットカッターを電動ドリルにセットしたら

溶接されている部分に押し当てて、一つ一つ溶接を剥がしていきます。

👇この作業の時には、こういったものも使用

切削油です💡

作業時に発生する抵抗を抑えられるので、作業効率アップ⤴️⤴️

そしてスポットカッターにも優しい🤗

 

こちらが剥がし終わった状態💁‍♀️

 

溶接剥がしが必要な部分は一周グルリとやっています。

カットする位置を決め、切開をしたらやっと取り外しが可能となります❗️

 

外した後のボディはこのような感じ👇

 

そして外れたサイドシルの裏を見てみると…そこには悍ましい光景が😱💥

表面からは見えなくても、中では殆ど全面に錆が広がっていました。

錆に侵された鉄板は、鉄とは思えないくらい  いとも簡単に手でちぎれてしまいます。

錆の恐ろしさを痛感しますよね😅

でも大丈夫🙆‍♀️

ダメになっている部分は取り除いたので

あとは新しいサイドシルをボディに付けていきましょう。

 

その様子は明日のブログでご紹介♬

お楽しみに〜🍀

JLラングラー ラゲッドリッジ ベネーター フロントバンパーラプターライナー塗装

ラギッドリッジのべネーターのバンバーを購入する為に、カリフォルニアに本社があるアメリカンインテークさんにお願いしました!

 

お願いしてから8ヶ月‼️

やっと届きました👍😄長かった😭

 

段ボールのデザインがかわいい。

段ボールは意外と小さめ!

👇こんな感じで分割されているバンパーです!

 

説明書はもちろんイングリッシュオンリー🇺🇸

なので、ほぼほぼ、形で判断です!笑

 

密着性を高めるために、

100番のペーパーを使い、

バンパーのパーツ一点一点を全て研いでから

塗装に入ります!

 

ラプターライナーは周りに結構飛び散ってしまうので、作業を行う場所の養生も広く大きく貼ります!

 

各パーツは、ぶら下げて360度塗装できるように工夫。

↑クリックで動画再生

 

ラプターライナーは、厚めに塗りました。

 

これでバンパーも錆に強くなりましたよ!

次はいよいよ取り付けです‼️

 

純正バンパーから、どのような雰囲気に変わるでしょう!

お楽しみに😊

ラングラーハイマウント移設

ラングラーのスペアタイヤを外し、ナンバープレートを移設しましたが、

気がついたことが…!!

『あれっ これ、ダメじゃんっ!』

ハイマウントの位置っ!

何がダメかというと。。。

純正のハイマウント位置が ↓ こちら

 

ハイマウントを取り付ける高さや位置関係が、法律で決められているのです。

 

ということで、ハイマウント位置をガラス上に移設します。

 

純正のブラケットに付いているハイマウントを先ずは外します!

 

外したハイマウントを取り付けるのにL字のブラケットを両面テープで貼り付けします

ホームセンターで買ってきてあった壁の角に貼るL字の物をハイマウントに合う大きさにカットして黒く塗装しています

 

どの位置にするかなと・・・

 

バックドアガラスを開けた上部に両面テープで貼り付けします!

 

場所が決まれば後は配線を通します!

 

後からハイマウントを移動出来る様に配線も着脱式にします!

配線をボディに這わせて完了です!

 

移設前後の違いです!

 

今回のハイマウント移設は材料費ゼロです!👍👍😄

 

HBCさんが取材にやってきた

8日金曜日のお昼過ぎ、電話を取るとHBCニュース担当の方とのこと!

「今年の雪害についてお話を聞きたい」との事で 聞かれたことに対して説明をしたところ、

「わかりやすかったから11日月曜日10時に取材に行きたい」と😄😄

ほんとに突然だけど全然OKです!むしろ楽しみです!

 

ということで、

当日10時前にHBCのクルーがやってきました!

 

取材ということで、お話を受けるのは みちるが担当。

フワフワのボンボンがついた ピンマイクを取り付けます!

 

ここについた! 珍しいものを身に付けると喜ぶ♪

 

カメラマンは女性です! 大きなカメラを担いでカッコイイ✨

工場での撮影だったので、

シャッターを開け、明るい場所で撮りました。

何を撮りたかったかと言うと、

先月までの、あの大変だった雪道の状況で起こった自動車の損傷について。

たまたま、そのお話の通り、

雪の塊にぶつかって、バンパーが大きく凹んでしまった

シルフィちゃんをモデルに。

 

消防の方からの情報によると、

バンパー破損に伴い、フォグランプの脱落が原因となって

車両火災が発生した事案が 今年、3件もあったそうです。

消防局の方では、紙資料での説明だった為

実際の車両を用いて、イメージを伝えました。

ヘッドライトの場合、フォグランプの場合と色々撮影しましたが、どこが採用されるかわかりません🤣

↑クリックして動画再生

 

フォグランプがちょっとグラグラしてしまっただけで

なぜ、そのようなことが起こってしまうのでしょう?

 

フォグバルブの発熱と樹脂部分の接触によって起こることだそうですよ。

バルブ表面温度は、500度にもなるため、

樹脂の薄い部分が溶けるだけではなく発火してしまうとか。

なんだか、ショートもしていないのに ほんとに燃えるの!?

ライトが当たっただけで自動車火災⁉️🔥 と思ってしまいますが

実際に、起こり得ることなんですね😱こわいこわい

 

フォグランプも 単品で撮影されてましたよ😊

 

おそらく、明日13日のHBC 

【今日ドキッ!】18時台のニュース

堀アナウンサー担当「もうひとホリ」のコーナーで放送されると思います。

札幌にクマが出なければ、予定通りに!とのこと笑

 

詳しくは、放送を見てね!

しゃべりすぎて カットされまくってることが予想されますが笑

👇このチャンネル この番組です♪