R35 GTR 車検 GTウイングは大丈夫?

車検でご入庫の35!

今回の車検では各オイル類も取り替えたいとの事で先ずはブレーキフルード

 

何故そんなにカッコいい入れ物なんですか😁

 

次はミッションオイル

 

 

こちらも何故!!

普通の缶がカッコイイ❗️

さすがGTR👍

このミッションオイル、

値段も一流でした😱😱😱😱😱😱😱😱

 

恐ろしやR35😱

 

今回の車検で受かるか微妙なのがコレ

👇👇👇

GTウイング!!

車検が通らないとの噂もチラホラ😭

こちらのGTウイングはトップシークレットさんの商品です。

ホームページを見てみると“車検対応”となっています!

じゃぁ大丈夫じゃん〜♪と思いながら、念のため確認をします!

 

法定では、ウイングは車体の最大側から

片側16センチよりも内側に入っていないといけません。

 

計測してみると、 16.5センチ‼️

きちんと内側に入っているのでOK😆👍

 

 

高さ、サイドは? 大丈夫!!

 

問題はアールか! 形状、丸みです!

法定検査においてパーツ取付可否についての規定はあるものの、規定範囲内であるかどうかの判断は検査員に委ねられます。

ということは、もしかすると国内において車検を担当する検査員によっては危険だと判断する事もあるのか、ないのか・・・???

恐る恐る車検場へ😅

 

検査員がGTウイング見ています😅😅

形状については何も問題無さそうな様子😁

こちらから先に、取付位置や寸法は基準値以内であることを具体的な数値でお伝えしました!

 

そして、

無事! 車検クリアしました👍👍

 

トップシークレットのGTウイングは

ロアバンパとセットにすることで車検対応となりますので、お間違えなく‼️

テクニカル女子👩4輪アライメントに挑戦❗️

 

テクニカル女子👩今回は『4輪アライメントの計測』に挑戦です💪✨

 

4輪アライメントとは、車の足回りの状態に狂いがないかどうかを点検&調整するものです🚘

 

事故などで車がぶつかったりした際には、ボディだけではなく足回りもダメージを受けていることがあります💡

バランスが崩れたまま走行してしまうと、タイヤが片減りしたり、走行する際に曲がりにくかったり

など、不具合が生じてきてしまいます💦

そうならないために点検を行うというわけです😊

足回りのパーツを交換した際にも同様に点検をお勧めしています💡

 


 

実は以前から、テクニカルオート女子たちは4輪アライメントに挑戦してみたいと機会を伺っていました😎✨ウズウズ💓

なぜなら実際に作業を体験することで、よりお客様へ詳しいお車の状態をお伝えすることができるからです✨

 

早速、太一先生、伊藤先生ご指導のもとチャレンジしてみます😉

車を工場の中へ移動し、セッティングしたら

まずは4輪とも空気圧が規定量になっているかチェック🔍

確認ができたら

ホイールの外側にターゲットと言われる機械を装着します💡

きちんとタイヤの中心部分に装着できているか確認して

装着完了🙆‍♀️

そうしたらモニターで車両の情報をメーカー、車種など細かく入力🖥

ターゲットを装着すると

このホークアイというセンサーで4輪の状態を読み込み

モニター上に表示されます💡

あとはモニター上の指示に従い

まずは車体を前後に動かし

数値を計測💡

次は、左右の動きを見るため

ターンテーブルのピンを外して動くようにセット

右に左にとハンドルを切ります♻️

以上の工程が終わると・・・

❶トゥ【真上から車を見た時ハの字やVの字になっていないか】

❷キャスター【横から見た時ダンパーに対して前や後ろに傾いていないか】

❸キャンバー【正面から見た時O脚やX脚のようになっていないか】

の、数値がミリ単位で表示されます💡

 

この数値が規定値内であり、左右前後のバランスが均等であれば問題なし☺️👍❗️

 


 

実際に体験して、とってもお勉強になりました😌✏️

新しいことを覚えるって楽しい〜〜‼️😋

※体験は工場のスタッフが監修のもと、

体験後は再びきちんと工場のスタッフが点検を行っていますのでご安心を💓

 

と、いうわけで、テクニカル女子またまたレベルアップ致しました👩💪💪💪笑

塗装が剥がれた‼️〜ルーフ修理の様子〜

「屋根の塗装が剥がれちゃって」と頂いたご相談。

お車を見ると、日焼けした後の肌みたく ペリペリと剥がれてきている状態です💦

屋根の真ん中だけではなく、サイドの方も同じようになっている様子が見られました。

 

過去に補修された事があるのでしょうか。

この剥がれ具合、ペリペリと剥がしていったら

きっと先の方まで どこまでも剥がれていってしまう事でしょう…😨⤵︎⤵︎

 

そうなると修理方法としては、屋根一枚を塗装する方法になります。

ただ、全部が綺麗に剥がれるわけではないので再塗装を行う際の剥がし作業はとても大変。

費用も高額になってしまう為、今回は「補修」という形で最小限の範囲で施工する方法を考えました😊💡

 

✄ – – – – – – – – – -✄ – – – – – – – – – -✄ – – – – – – – – – -✄ – – – – – – – – – –

 

目に見えて浮いている塗装を、まずは剥がしてしまいます❗️

あら、、結構広い範囲で剥がれてしまいました😂

▼ルーフモールも取り外して、こちらも同様に。

 

当初、塗装の範囲は補修程度で考えていましたが

思ったよりも剥がれ方が広かったので、施工方法変更‼️

屋根は一枚塗装する方法で😉✊♻️

下地処理を済ませ、サフェーサーを入れたら紙を貼り、塗装です!

 

塗装後👇

ピカピカになりました⭐️

凄く丁寧に施工してもらった😊 とお客様にもご満足頂けた様子。

綺麗が長持ちしてくれたらいいな♬

BMW バンパー部分修理塗装✨

 

LINEで修理のお問い合わせを頂いたBMWにお乗りのお客様💡

当初は写真を拝見してのお見積もりでしたが

後日ご来社くださり、お車を確認💡👨‍🔧

 

下から覗き込むと👀

底面にザリザリっと深い傷が💦

ただ、幸い割れは無かったため傷を落として部分的な塗装をする方法で

修理を進めることになりました☺️

工場に入れてジャッキアップしてみるとより傷の状態が分かりますね💡

今回はバンパーを外さずに施工するため

他の部分を傷つけてしまわぬようアルミとマスキングテープで養生した上で

バンパーの傷を削り落とすところから💡

傷が拾い切れたら、元の形を再生させるため

パテを載せて表面を滑らかに形を整えます🙆‍♀️✨

パテ研ぎが終わったら、仕上げのサーフェーサーを吹きかけて

後は調色したボディ色を吹き付けてあげて

 

完成です😊🙌

 

最近ではSNSでお問い合わせをいただくことも多く最初はわからないのですが

ご入庫が決まってからこの方は小樽から来てくださっていたことが判明

 

最近でも日高方面からのご来社の方が続いたり・・と

北海道内さまざまな遠方から、色々な工場がある中で

わざわざテクニカルオートを選んできて下さること、大変嬉しく思い、

そしてお客様の期待を上回るものをお届けできるよう

これからも心を込めた修理を行って行きます💪

 

走行中の異音 カンカンカン?

エンジンを止めても変な音がするので見てほしいとご来社。

エンジンをふかすとカンカンカンと…

😱このヤバイ音は💀🗯と、

エンジンを止めクーラントを確認・・・

 

ラジエーターキャップを外すとクーラントを確認できません😭

おそらく無くなっているか、限りなく少ない状況です😱<やだぁ!

先ずはクーラントを補充します。

クーラントが少ない為にラジエーター内の温度が上がっていて、

クーラントがブクブクしています😱

 

クーラントを補充している側から

ラジエーターから漏れているのを確認できました👍

 

 

もうエンジンダメかなぁと思いましたが、祈る思いでラジエーターを交換してみると

異音が無くなって👏

エンジンも正常に動き出しました!🎉

 

先ずは一安心😮‍💨💕

 

オーバーヒートによるエンジンへのダメージは少なからずありますので、しばらくは様子を見ながらとなりますが、生きててよかった〜😃😃

磨きムラで困ってます! 救済のご依頼。

もう結構長いお付き合いになるお客様。

久しぶりにご連絡をいただき、お話を伺ったところ・・・

こんなお困りごとがあったそうです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

新車を買ってから、休みと言えば車をピカピカに磨き
大切にされていました。

ところが今年、交通事故で大事な車をぶつけられてしまったため
購入した販売店(ディーラー)に保険の連絡をして
そのまま車の修理をしてもらったそうです。

 

修理が終わって納車されたのは夜。
暗い中での受け渡しでした。

数日後、またお休みを迎え張り切って洗車をしている時に

「なんだコレは⁉️」

仕上げの磨きムラに気づき、どうにも綺麗にならないため
ディーラーに手直しをしてもらいました。

手直しが完了したとのことで「今回は大丈夫ですか?」と念を押して確認したところ
『大丈夫です」と。

その言葉を信用して、また楽しみにしていた休日。

洗車をしていると・・

またしても😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡

ハァ〜!?  同じじゃん!!!! どこを仕上げたんだ!

俺がやった方がずっとマシ! って、どういうこと!?

 

怒りと苛立ちがおさまりません。

ドアに白く縦のモヤモヤが見えるのは全て
仕上げの磨き状態が悪く、
当たる光の加減でオーロラのように見えてしまっている状態です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 

このお客様は、昔からテクニカルオートには御縁のあるお客様です😄

 

大丈夫と言っていたのに2回目もこの出来で戻ってきたら3回目きれいに直してもらえる気がしない。
信用ができないから、テクニカルオートさんで直して欲しい とのご依頼でした😃

「磨きで直りますよ」とお伝えしたのですが、
『磨きだけではなく、こんな仕上げ方をする人の修理なら
塗装もどのようにしているのか信用できないので塗り直しをお願いします』と😅

今回の事故でFドアを交換したので隣接パネルも塗装しています。

交換したドア裏を見て見ると水抜き穴につけていたハズのシールが付いていません😭

他の3枚のドアは付いているのに😅😅 これはディーラー施工者の付け忘れですね!💦

CX-8の水抜き穴のシールは元々バックドアにしか無く
F、Rドアには付いていません。

実は、お客様はご自身でトヨタのシールを購入し付けていました!

 

そこまで気づいてほしいところですね!

 

後はいつも通りに作業です👍

 

塗装の範囲はフロントフェンダーからリヤドアまで。

外す必要がある部品は外し、きれいに塗り直しました。

 

納車の時は、磨き状態が一番分かりやすい西日を当てながら確認してもらい、

やっぱりテクニカルオートさんですね!とご満悦😊😊

画像クリックで動画再生

最初から来れば良かった との言葉に 大笑い。

笑顔の納車となりました。

 

ありがとうございます😃

困った時にはテクニカルオートです😆😄😁

 

ポルテ バンパーとフェンダーの損傷

フロントバンパーとフェンダー が損傷してしまった、お車ポルテ。

 

修理のご相談をディーラーさんにされていたそうですが

実際、修理にかかるのは何ヶ月も先になってしまうといったお話があったようで

テクニカルオートに足を運んでくださったんだとか😊

見つけてお立ち寄り頂けるなんて、ありがたいお話です🙇‍♀️

 

 

バンパーもフェンダーも損傷範囲はそんなに大きな方ではありませんが

深くえぐれたような感じになってしまっていました😥

 

まずは、バンパー・ライト、そしてフェンダー の付属品をそれぞれ外し

引っ込んでしまっている部分は、裏から叩き出し形成していきます

バンパーと繋がるフェンダー の角のラインはきちんと元の通りに出してあげないと

バンパーをつけた時に隙間が綺麗になりません。

 

そのため、形成をしたら新しいバンパーを仮合わせして

高さや隙間など綺麗に整っているか、隈なくチェックしています🔍👀

 

ここまで進んだら、板金屋さんから塗装屋さんへバトンタッチ🙌🏻

下地処理を丁寧に行なったら、車両はブースに移動🚙💨

そして、この後は色を塗って完成となります

 

修理方法として、バンパー・フェンダー共に交換といった内容も可能でしたが

少しでも安価で修理が出来る方法をと考えた結果

今回のお車はフェンダーを板金でお直しする事になりました。

 

もちろんフェンダーの凹み具合や状態によって交換・板金のどちらが宜しいかは

費用面・仕上がり具合・修理日数…etc.

どれを優先するかによって、ベストな方法は異なります。

それぞれお客様のご希望に添えるよう、一台一台丁寧に見させていただいていますよ〜😃👍

 

「うちの車も直さないとなぁ〜」

と修理を考えの際には是非お気軽にご相談くださいね☺️♬

ティグアン ドアに出来た小さな凹み

ティグワン🚙の運転席ドアに小さな凹みが…‼️

ちょうどプレスラインに掛かる所。

当初デントをご希望されていたようですが、このようにライン上に出来てしまった凹みは

簡単には出てくれません…😢

ドアを修理する方法でお預かりさせて頂く事になりました。

 

凹みの部分にはパテをうす〜く塗布。

定規のような平たい物を使い表面を均しています。

 

本来は隣接するパーツに塗装のぼかしを入れるところですが

少しでも安価な方法をご選択だった為、今回はドア単体を塗装する方法で💡

パールの入っているお色は

単体でそのパネルだけ塗装をかけてしまうと

隣接するパーツとのパールの入り具合が変わってしまう為、見え方が全然違うんですよ〜🔍👀

 

パテの種類を変えて再び塗布し、硬貨した後は不要なパテは研いで落としてしまいます。

 

塗装前の最後の仕上げ、サフェーサーを塗布して

塗装範囲全体の塗膜を落としています。

 

そして、全体の汚れや油分を落として

塗装

 

塗装時についてしまった小さなゴミ・チリをペーパーで丁寧に取り除き

最後はポリッシャーで磨き仕上げを行います。

 

こうして出来上がったお車はこちら👋😊

ご覧ください👍

 気になる凹みはすっかり元通りになりました😆

レジアスエース🚙クォーター修理

先日、レジアスエース🚙を修理でお預かりさせて頂きました。

テールランプは破損し、クォーターも衝撃で折れてしまっています💦

そしてバンパーにもひび割れが見られました。

 

今回は保険を使用する方法でのご依頼でしたが

別件でこちらの凹みの修理もお任せ頂きました。

 

┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈

 

破損しているバンパーやテールランプは全て取り外して

クォーターが押されている部分の修正を行なっていきます🔧

後ろから押されている状態を、逆の力で引き出す💪

引き出す方向に最適な角度でアタッチメントを半田を溶かして接着します。

変化を見ながら、位置を変え細かく細かく修正をしています。

 

修正が終わったら、引っ張っていた部分のパネルはカット✂️

この部分には新しいパーツが取り付けされます

▼黒い部分が新しいパーツ。溶接機でボディにくっつけてしまいます。

 

左側の凹みもこのように綺麗に修正できました!

 

┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈

この後は塗装屋さんの作業です🍀

 

板金した部分には、プライマーをたっぷり塗って鉄板の防錆処理を施し

数種類のパテ塗布して研いでという作業を何度か行います。

 

左側も同様に。

形が出来上がってきました♬

 

この後はサフェーサーを塗布し、下地作りが完成したらブースに入って塗装🌈

 

そして塗り終わったら磨いてピカピカに〜

 

この後は防錆剤をた〜っぷりと塗布。

ここも大切なポイント☝️❗️

手が届きにくい範囲なので、全体に防錆が行き渡るように「これでもか❗️」というくらいたっぷりと😆

▼下から出てくるこのモクモク感💭お分かりになりますでしょうか?

錆が防げるなら、私も浴びたーい🙋‍♀️💓

 

そして車両は板金屋さんに戻ってきました。

外したパーツをそれぞれ元に戻したら、完成です🎶

 

とっても綺麗な仕上がりとなりました😊👍

 

小範囲でも綺麗に仕上げる‼️

「この傷、直してもらえるかい?」

と修理をアウディの修理をお任せ頂きました。

傷はキャッチの部分と、ドア&クォーターの2箇所。

少しでも安価で出来る方法を考え、今回キャッチの部分は我慢❗️

ドア&クォーターの方は小範囲で修理をさせて頂きました

 

下地作りはいつもの工程☝️

一つ一つの作業を丁寧に取り進めます。

今回は塗装後半の作業様子をご紹介🤗

 

サフェーサーを塗布した後、研ぎの作業まで終えたら

クィックベース で油分やゴミを取り除きます。

キャッチの隙間なども抜け目なく

部分塗装の場合は、車種やお色にもよりますが

経年でぼかし目が出ててきにくくする為に、このようにガスプライマーを塗布‼️

ドアを開けた中の部分にも塗布しています。

 

そして塗装しない範囲は養生を。

細かい作業ですが、塗装屋さんの腕💪にかかるとあっという間😊♬

 

この後はブースへ移動🚙💨

 

 

 

最後に塗装をかけて、仕上げの作業が終わったら出来上がり🎉

 

完成写真📷を撮りそびれてしまいましたが…💦

お客様には喜んで頂ける仕上がりとなったので大成功です👏☺️