ボルボ バンパー修理ともう一つのご相談

バンパーのヒビ割れでご相談いただいたお車。

🔍拡大

過去にもヒビ割れ修理をお任せ頂いたことがあり

その時のことを思い出しご来店頂いたそうです🤗

ありがとうございます🙇‍♀️

 

割れの修理の他に、泥除けが雪による影響で

内側に入り込んでしまったので、修正のご依頼も頂きました❗️

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

樹脂溶接を行うために、まずはバンパーを取り外し❗️

そして表面の塗料を削ったら

お馴染みのあの方法で、裏表両方から同じ素材を溶かし割れの部分を補修します✨

※樹脂溶接の作業については、過去の記事をご参照くださいね😉💡

 

パテで形の修復をしたら、サフェーサーを塗布し

塗装前の下地処理は完成👍 この後は塗装となります。

 

 

もう一つのご依頼。

泥除けの角度についての原因もこのバンパーの様子を見て判明👀‼️

 

☝️こちらの写真は、バンパー下からみた様子。底面の黒いパーツに破損が見られます。

黄色:割れ :欠損

赤い部分は泥除けと繋がる部分でもあったため

欠損がある事により、きちんとした固定されていない事がわかりました。

それなら、いくら泥除け本体の角度を変えて上げても真っ直ぐにはなることはありませんよね…😭

新しいパーツに交換をする事にし、この部分のお悩みもスッキリ解消です😆⤴️⤴️

 

バンパーも綺麗に仕上がり

車体をご確認頂いたお客様も

『どこに傷があったか忘れちゃった』と

大変ご満足頂けた納車となりました ♬

リアバンパー バックフォグ 加工取り付け

『ヴィッツのリアバンパーにダクトを付けたい』

・・・ん、ヴィッツのリアバンパーに??

ダクトって何のことを言ってるんだろう?

 

入庫して確認してみると、なるほど

これのことね!

バンパーを新品そのままで交換すると

穴が開いていない状態が標準なので、加工が必要です。

ただ、オプション品は 全くの社外パーツ取付とは違うため、

新品のバンパーの裏に

ダクトの罫書き線があります!

よかった!! これはありがたいです!

 

 

罫書き線って、 どこだかわかりますか?

ここです

 

 

新品のバンパーにエアーソーを使用し、

罫書き線の内側をくり抜くようにして

ある程度穴を開けていきます!

↑クリックで動画再生

 

穴をあけたら、次は罫書き線に沿って

ベルトサンダーでギリギリまで削り形を整えます!

↑クリックで動画再生

 

後はダクトをはめ込み、

バックフォグを取り付けして完成!

 

ほら! きれいに仕上がりましたよ✨

JLラングラー ラゲッドリッジ ベネーター フロントバンパーラプターライナー塗装

ラギッドリッジのべネーターのバンバーを購入する為に、カリフォルニアに本社があるアメリカンインテークさんにお願いしました!

 

お願いしてから8ヶ月‼️

やっと届きました👍😄長かった😭

 

段ボールのデザインがかわいい。

段ボールは意外と小さめ!

👇こんな感じで分割されているバンパーです!

 

説明書はもちろんイングリッシュオンリー🇺🇸

なので、ほぼほぼ、形で判断です!笑

 

密着性を高めるために、

100番のペーパーを使い、

バンパーのパーツ一点一点を全て研いでから

塗装に入ります!

 

ラプターライナーは周りに結構飛び散ってしまうので、作業を行う場所の養生も広く大きく貼ります!

 

各パーツは、ぶら下げて360度塗装できるように工夫。

↑クリックで動画再生

 

ラプターライナーは、厚めに塗りました。

 

これでバンパーも錆に強くなりましたよ!

次はいよいよ取り付けです‼️

 

純正バンパーから、どのような雰囲気に変わるでしょう!

お楽しみに😊

車の屋根に傷が!! 助けて欲しい依頼に私達ができたこととは

『間違えて車の高さよりも低い駐車場に入ってしまったんです😣💦』

仕事で出かけた先での出来事だったそうです。

 

即日で何とかならないかとのご相談でしたが、

助手席からルーフを見てみると、ザリザリっと傷が… そのまま目線を後ろへ全体を見ると後ろ側の方がスゴイ‼️

あぁぁぁぁぁ😱

 

客様も、相〜当〜、困っている様子が伺えます。

範囲・損傷程度、どう見ても『ルーフ交換です』と言われそうな状態。

「修理を」と考えると、即日というような話ではありません。

 

 

泣いちゃいそうなくらいの表情で「どうしよう…」と呟くお客様。

 

考える私。。。

 

 

車の屋根にできた傷と一緒に凹んでしまった部分は、どうこうしても今どうにかできるものではありません、

が、 傷を目立たなくすることはできないか!🤔 う〜〜〜〜ん・・・

 

ちょっと待っててくださいね。

大ちゃんに、可否判断と仕上がりイメージを見てもらいました。

 

 

屋根の凹みは直すことはできません、が、傷を少し取ってみることはできるかもしれません。

ただ、やってみないと どこまで落とすことができるかわかりません。

傷は残ってしまっても、少なくとも今の状態よりは目立たなくなるとは思います。

やってみて、半分くらいしか落ちなかったという結果になるかもしれません。

 

『それでも、本当に、少しでも見栄えが良くなれば、それが半分程度でも良いので😣 修理に時間がかかること も大変なことも理解できたのですが、忙しい中、本当に申し訳ないのですが…🙏 時間は月曜日まで何とかして作ることはできます。』

 

それでは、任されたお仕事ができなくなってしまいますよね。

今、この応急処置なら午後の予定を変えたら何とかできるから、コーヒー飲んで待ってて!!

 

塗装やさん2人のコンビネーションプレーで、

車の屋根全体の傷落とし!

 

お客様は、テーブル席で コーヒーを飲みながらタブレットを開き、今できる仕事に集中。

 

そして、応急処置完了! これで、ひとまずは この車で仕事に戻ることができますね!!

 

 

「実は、朝からずっと心臓がバクバクしてたんです😅」と 完了後の車を確認し、

大変安心した様子で、明るい表情となってお帰りになったお客様。

 

ほんの気持ちです♪と言って、わざわざ買ってきてくださった小さく可愛らしいお菓子に、

その気持ちを大きく受け取った気がしました。

私たちも、「何とかなってよかったぁ」と ひと安心😊💓

 

実際には、物理的にできること・できないことはありますが、

何とかなる時は、できる限りのお手伝いをさせていただこうと思っています。

 

ありがとうございます。

よくご依頼頂くこの箇所の板金修理🔨

 

『またぶつけてしまったんです💦』といらしたお客様👩

何度か修理や整備でお預かりさせて頂いていたお車でした🚗💡

 

どこをぶつけてしまったのかというと

左のクォーターとドアでした😢

左に曲がる際や駐車するときにどうしても内輪差や死角になりやすく

塀にぶつけてしまった〜などよくご依頼いただく箇所です💡


 

クォーターがぶつかった衝撃で歪んでしまっているので

板金で形を作るところから🙌

 

▼板金をする前にドアの内側のトリムを取り外します💡

▼板金する箇所の塗装を削って鉄板を出します💡

▼塗装を削ってみると・・

前回同じ箇所を直していたので修理した形跡が👨‍🔧

▲黄色く見えるのがパテ💡

修理した箇所は少なからずパテが付いているので修理したかどうかすぐ分かります🔍

 

約4年ほど前にうちで修理をしたお車💡

4年間修理した箇所が塗装割れも錆びる事もなく綺麗な状態をキープしていました☺️ホッ。

 

▲ハンダで修理をします

スライドハンマーを引っ掛けるための鉄板をハンダで溶着させて

クォーターの凹み・歪みを直します💪

リヤドアは幸い傷だけで済んでいたので傷を落として

整えます🌀✨

 


 

クォーターとドアの板金作業が完了したら

次は塗装❗️✨

 

下地を作るため

板金パテで形を形成

⬇︎

仕上げパテで表面を整えます

⬇︎

ここまで終わったら

塗料の密着をよくするためサーフェーサーをのせてあげて

いざ❗️塗装❗️🏃‍♀️🌈✨

 

今回はできる限り安価で済ませたい💵というご希望だったため

水切りのモールは外さずにマスキングで作業&損傷箇所のパネルのみの塗装で

作業を進めました👍❗️

塗装が終わったら

塗るために外していたトリムやドアのキャッチを取り付けて

室内外の洗車🚿をし、最終点検👀🔍をしたら・・・✨✨

 

完成🎉✨😄

いかがでしょう

クォーターの凹みもなくなり綺麗になりました❤️

『綺麗になったぁ〜❗️もうぶつけないようにしなくちゃ〜😳✨』と、

喜んだ様子で帰られました🍀

リヤフェンダーの傷 パパッと直る?

ハイエースのお客様から頂いた修理のご相談です。

 

テール横のリヤフェンダー部分にはザリザリとした目立つ傷と凹み。

テールランプとその下のコーナー部分にも傷が出来ていました。

 

修理方法をお打ち合わせした結果

少しでも費用を抑える為に、テールランプ類はそのままで

リヤフェンダーも凹みはそのまま・傷のみを修理する方法に決定です👍✨

 

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

 

よ〜し✊

直して行きましょう!!

 

まずは調色を行い

テールランプは外してしまいましょう。

 

スライドレールやオーバーフェンダー部分などはマスキングで養生をして

研ぎの作業で傷が入ってしまわないような処置を施したら

傷を落としながら、塗膜を削り落とします。

 

研いだ箇所は、UVパテで形を形成。

その後は、こちらの紫外線を当ててパテを硬化させます。

パテを塗布した範囲にもよりますが

1分以内には固まるので作業効率がとても良い♬

 

再び研ぎの作業。

機械を使って研いだ後は、手作業で細かな所まで丁寧に。

 

塗装範囲は全体を研いで塗料が密着しやすいように処理します。

 

サフェーサー(下地塗装)を入れたら

マスキングで塗装範囲だけを残して養生。

この後は塗装です❗️

 

最後に、テールランプを元に戻して出来上がったのがこちら💁‍♀️

ちらついている雪が写ってしまいましたが

仕上がりはとても良い感じになりました😆👍

 

 

余談ですが…

ハイエースやキャラバン等、大きな車両のご入庫が重なったので

工場内では そのお車が並び同時に修理が進んでいましたよ😁⤴️⤴️

珍しい光景についついパシャリ📸✨

お客様から頂いた2度目のご相談

『前にオーバーフェンダーの修理をしてもらったんだけど、また見てもらいたい所があるんだ』

とお電話を頂いたランクルのお客様。

 

再び修理のご相談を頂けるなんて、嬉しい限りです😊

ありがとうございます。

 

今回のご依頼は

①リヤドアの縁に出来てしまった小さな傷を綺麗にしたい

②ヘッドライトを左右とも交換したい

といった内容です。

 

ヘッドライトは70周年記念のカスタマイズパーツが販売されたようで

そちらに交換をしてカスタムしたいといったお話でした✨

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

🔸ドア修理🔸

傷はドアの縁部分にある小さな物だったので、部分的に塗る事が出来ます。

 

いつもの工程で塗装を進めていきましょう✨

 

色もソリッドで白なのでぼかし作業も可能です。

 

ぼかしの部分は予めコンパウンドで汚れなどを落としてからクイックベースで油分を取った後

ガスプライマーでぼかし目が出にくくなるような処置を施して 塗装をします。

一つ一つの工程は私達 職人の手できちんと丁寧に行っていますよ〜👋🙍‍♂️

 

そして、塗り上がったお車は次に磨きをかけて 仕上げに掛かります。

 

うん!良い感じです!!

 

🔸ヘッドライト交換🔸

グリルを外しての作業していきます。

配線類やバルブを新しいヘッドライトに移設します。

左右ともそれぞれ交換が終わったら、光軸調整も忘れずに行います。

 

▼赤い数字は調整が必要な状態

モニター真ん中に表示されている カットラインも🆖

ヘッドライトの裏にあるネジを回し、光軸を調整します。

 

▼上手く基準値内に収まったら緑色の数字に変わります💮

カットラインも🆗❗️

左側も同様に。

調整も完了です👍

 

では、Before → After をご覧ください😊

 

Before

 

After

丸目風のデザインに変わり、前からの印象や雰囲気が大きく変わりましたね 。

 

ドアの傷も綺麗になって、お客様には大変ご満足頂ける作業となりました😊

 

短い日数で!と頂いたご依頼

『傷の修理をお願いしたい』とご相談頂いたお客様。

 

ドアとフェンダーに擦り傷がありました。

低いコンクリートブロックのような物に擦ってしまったようです💦

 

お話を伺うと…

どうやら『納期を凄く急いでいる』とのこと。

 

通常は1週間くらいのお時間を頂いて作業を行うところ。

ですが、『何とかしましょう!』と

今回 特別に半分の日数で仕上げることをお約束しました🔧✨

 

夕方のお預かりでしたが、すぐに工場に入れて修理着工です❗️

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

まずは、傷部分に出来てしまった ガサガサや ささくれを取り除く作業。

周辺部と同じ高さになるまで削ります。

 

その後はプライマーを塗布して下地作り。

パテとの密着性を高めるための工程です。

 

パテを塗布して研いだらこのような感じに👇

 

そしてサフェーサーを塗布して研いだあと👇

上に塗るカラーの密着性を高める為の工程です。

 

修理箇所としては小さめですが

塗装する箇所がピンポイントで目立ってしまわないよう

グラデーションをかけて ぼかし塗装を行うため

塗る範囲はこのようになります👇

 

塗装後は、外したキャッチ(ドアの取手)を取り付けして

 

完成です✨

 

傷があったことは全然わからない👍✨

そしてお客様の希望のお日にちに間に合った事にも大変ご満足頂けたようです😊

 

ありがとうございました。

プラド フロントフェンダーの傷磨き

先日いらしたプラドのお客様。

『洗車をした時に、もしかしたら砂利か何かがついたまま拭いてしまったのかもしれなくて…』

 

右フロントフェンダーに傷が😭😭

あらららら

広い範囲で、数カ所に傷がある状態です。

 

▼フェンダー上部分

 

▼フェンダー、ドア寄りライン下部分

 

爪で傷を確認してみると、引っかかるところもあります😭

爪で引っかかる傷は磨いて小さくなるけど残ってしまう事もあります。

 

傷を見て判断したところ、大体の傷は消えるか目立たなくなるかな、ということで

磨き落としてみることとなりました。

だって、この傷を普通に修理すると、広範囲の塗装や沢山の分解作業が必要となり高額となってしまいます。

費用をできるだけ抑えて、綺麗にしたいですもんね!

 

では、実作業へ!!

先ずは傷を2000番のペーパーで落とします!

言い忘れたのですが、このプラドのクリアーは耐スリです!

2000番のペーパーだけでは、磨いても2000番の傷が出てきてしまうので、

2000番をかけた後に、もっと細かい3000番を使って、2000番の傷を消していきます!

3000番をかけた後がこちら

↓↓↓↓↓

あとは磨いいきます!

 

凄く小さい傷は残ってしまったけど、ほぼ分かりません👍😄

ご満足いただけたでしょうか!

 

アルファード スライドドアとリヤフェンダー修理

アルファードのスライドドア・リヤフェンダーに大きく出来てしまった凹みと傷。

新車でご購入されて、まだ数ヶ月しか経っていないお車でした。

 

状態から見ると、本来であれば ドアもフェンダーも交換と判断されるくらいの損傷です。

 

スライドドアは、いくつかのプレスラインがつながっているので中々な作業となりそう。

 

鉄板は伸びている状況ではありますが

①スライドドア下側につくガーニッシュ と② リヤフェンダー下側の小さなガーニッシュ

がそれぞれ合う様に修正は出来そう🙆‍♂️ 何とかなりそうです!

 

まず左側スライドドアを修理していくのですが、損傷の無い右側スライドドアと比較しながら行います。

凹み具合を見て、引き出し板金に使用するアタッチメントを選び溶着 → 引っ張る💪

今以上に鉄板を伸ばさず範囲を広げないように注意しながらの作業となる為、慎重に。

 

スライドドアが決まったら、次はリヤフェンダーのドアとの繋がるラインを修正。

そして面全体を直していきます。

 

凹んだ部位の塗膜はこのようにサンダーで削り落として、鉄板をむき出しにしていますよ。

小さなヘコミは、ピンポイントで引っ張って行きます。

 

鉄板の伸びもなく腰が入っている状態で良い感じになりました。

 

板金の作業が完了後、剥き出しになった鉄板には防錆の役割もあるプライマーを2種類塗布して しっかりと乾かします。そして翌日からは下地作りの工程へ。

 

パテを入れて研ぐ作業…プレスラインがいくつも合わさっているので、こちらも中々大変な作業です😖
何度も歪みがないか確認を徹底して行います👍✨

パテ研ぎが決まると、次はサーフェーサーを塗布!


ここでも歪み、巣穴の再確認。

同時進行で調色を!

スムーズに作業が進んでいきます。

巣穴の確認もok♬

こうして、いよいよ塗装へ!

 

しっかりブースで乾燥させてピカピカに磨きあげ、外した部品を慎重に組付をしていったら完成‼️

 

中々の損傷で、とてもやりがいのある修理でしたが歪みも残らず綺麗に直りました。

今後、乗り替えをする際に 今回のような修理が査定にも影響するのではないか。

と心配されていましたが、お車の出来上がりを見て ご安心頂けたようです🌟

 

お客様にご満足頂ける修理となって良かった〜😊