新車2年目 N-ONEサイドシル板金

『車をこすってしまったんです…』と、

インターネットの検索でテクニカルオートを知り、ホンダ N-ONE の修理について相談に来てくれた初めてのお客様。

 

車についた傷の場所は、ここ。

助手席側後ろのドア下と、タイヤとの間の部分です。

ですが、よ~く見ると

フロントドアの下(サイドシル)にも

こすり傷を発見…。

 

この”N-one“は、新車で購入してから

まだ2年しか経っていません。

綺麗に、安価で、直したいとのご要望❗️

 

サイドシルは溶接されて出来ているので、

もし、この部分を交換するとなると

溶接が必要です。

傷や凹みは板金で直し、

塗装はきれいに仕上がる最小範囲で!

 

ちゃんと、きれいに直りました✨

 

 

全然わからないでしょ😊👍

 

お客様も、とっても喜んでくださいました!

 

良かった~(^^)

ダイハツ タント バンパーとドア修理

『後ろをぶつけてしまった』とのご相談です。

見てみると、バンパーだけでなく、リヤゲートにも凹みと傷が…😣

 

正規の修理方法と費用を押さえた方法、

色々なパターンで相談の上、

後日無料代車のご用意と合わせて

最小限の修理をする事になりました✴️

 

ところが、お約束の日を待たず、

お客様が再度お店に。

『あれ? どうしたんだろう??』

お話を伺うと、

風にあおられてドアの縁が折れてしまったとの事😱

 

きゃーーー

 

お客様も大変ショックだった様子😢

修理箇所が追加になってしまいました。

 

 

さて、代車もご用意できて、

いよいよ修理です❗✋

 

バンパーは外して修理と塗装☺️

リヤゲートの修理はせず、タッチアップをして傷を目隠し🩹

 

ドアは本来、車から取り外して修理を進めますが、今回は費用を抑えるため車体に付いたまま修理をします。

☝️ここがドアの折れていたところ

👇出来るだけ元の状態になるよう見極めながら、最小限で板金したところ

車のドアの裏側には車体鋼板の防水や腐食を防ぐ役割をしているシーリングが施工されている為、それを壊さないように慎重に!

うまくやりました👍

 

 

サフェーサー(下地塗装)を入れたら

マスキングで塗装範囲だけを残して養生。

塗装範囲は全体を研いで塗料が密着しやすいように処理します。

塗装は、一度で完了ではなく、

数回に分けて塗布し、色を重ねます。

👇ベースを一回塗ったところ

 

 

 

最後にクリアーを塗布して塗装は完了✨

ブースの中でしっかり乾燥させます。

 

バンパーもきれいになりました。

👇ドアの修理箇所はこの通り。

鏡のように私が写り込んでも、私の姿が歪んでしまわないほどにピンとなりました。

 

修理箇所が増えたとはいえ、

安価で修理が出来たこと、

そして仕上がりも綺麗で良かった! と

お客様にも大変ご満足頂けたようです♪

 

喜んでもらえて、よかったね!❤️👨‍🔧🙆‍♀️❤️

フォレスター バンパーが無いから修理!

バンパーが大きく凹み、テールランプも割れている状態のフォレスター。

『バンパーは、取り替えたい』という理由は、右側の凹みだけではなく、中央より左あたりも、別の損傷で変形しているからでした。

 

まずはエコパーツをお調べしてみました。

取り扱い業者5軒が、一斉に全国手配で探してくれます。

テールランプは在庫発見!!☺

ですが、バンパーは在庫なし😩Oh…

 

その後、何週かに渡り探し続けましたが、

なかなか出てきません…。

新品交換もご提案した上、

やはり修理の方が安価になるので

 

よし、直すかっ!!!😁

 

全体の損傷が大きく広いのでパパッとはいきませんが、大丈夫です。

ちゃんと直ります。💪✨

 

まずはバンパー素材が柔らかくなるまで

適正温度で温めて、

ボコーっと凹んだ箇所を

ボコーっと出してあげる作業🎵

 

 

でも、ここまで凹みが大きいと

バンパーを温める面積が広くなり

温まるまで時間が掛かります。

 

そこは、ひたすら温める!!

 

良い感じに温まったら、中から凹みを押し上げます。 直接触ると熱いです。

強く折れている箇所もハンマーを使って凹凸を出来るだけ減らします。

もちろんこの時も、

裏からバンパーを温めながらです♪

うまく戻りました✨

仕上がりがピンときれいになるように

表面を整えてあげて、塗装までの下準備。

バンパー真後ろの傷と変形もきれいに直しました。こう見ると結構大きな範囲です。

 

塗装をして仕上げると、

あんなに大きな凹みがあったとは思えないほど‼️ 見違える仕上がり✨

右側のテールランプも、

きれいなリサイクルパーツで良かった😁

大満足でお納めする事が出来ました😊

フリード スライドドア鈑金

 

左スライドに傷と凹みが出来てしまったとご来店のお客様。

 

あら~…!!

傷と凹みを直すには広範囲💧

ドアは交換の方が良さそうです。

しかし、スライドドアを交換するとなると

新品の部品を使用する場合、未塗装での納品となり塗装も必要になり高額です。

今回は保険を使用しないため、

お客様負担の少ない他の方法で!

 

エコパーツ、同じ色で出てきたら、鍵の組み換えだけすれば良いから安く済むかな!

…と全国手配でお探ししましたが、

残念ながら そのまま使えそうな良品は見つかりません🙇

 

よしっ!!

じゃぁ何とか鈑金してみましょう💪✨

ドアの表面を見ると上から下までけっこうベコベコしています。

 

なるべく鈑金面積が大きくならないように最小限で!

あまり手を加え過ぎると鉄板が伸びてペコペコになるので要所要所におさえます。

パテ研ぎの時に大変な思いをしないよう 出来る限りの鈑金をしています!

 

うん!!良い感じです!

 

これならお客様も喜んで下さるはず☺

 

綺麗に仕上がって良かった~!

大切な車をお任せいただき

ありがとうございます😊

ボルボ リアゲート&バンパー修理

リアバンパーの修理でご来社頂きました

ボルボのお客様。

が!

洗車をするとリアゲートにも傷があることに気づき、リアゲートも一緒に修理をする事に。

 

先にリアゲートのボルボのエンブレムを発注して、エンブレムが入荷次第ご入庫となりました。

国産メーカーでしたら部品は直ぐに入る物も多いのですが、輸入車は時間がかかる物が多いです!

本国手配だと2、3ヶ月なんて事も!

運良く国内在庫でしたので、

1週間で入荷しました。

 

 

塗装を行う箇所を決め、縁取りは細かく丁寧に。

キワを出来る限り緻密に

隙間の状態を確認しながら

マスキングを行います。

エンブレムを外し傷をとりサフェーサーを塗り、紙貼りをして塗装です!

 

 

出来上がりました。

塗装後です!

 

洗車、最終点検をして、

エンブレムを貼り作業完了です!

傷は無かったことのように元通りです。

 

 

 

車のドアのサッシュテープってなぁに?

板金修理でご入庫のCH-R🚙

フロントドアとリヤドアの交換が必要な修理です。

『新品のドア』と言っても、

今着いているドアのような形で丸ごと新品が届くのではなく、

ドアパネルのみ!

鉄でできている、パネルのみ!

しかも色が塗られていないドアパネルが届くんです。

ということで、今日は、ボディ色に塗りおわったドアに、

サッシュテープを貼り付けするシーンを。

サッシュテープというのは、

ドアの端っこに着いている黒いやつです。

着いてる黒いやつって言っても、気にして見ないと全然気にもならずによく分からないくらい自然に馴染んでいる部分。

ドアの端っこの部分は、最初から黒いのではなく、

黒いシールのようなフィルムのようなテープを貼り付けているのです。

 

ドアの内側には3枚構成で!

 

テープの下にゴミや異物が入り込んでしまうプツッと目立ってしまう為、

取付の際はしっかりと脱脂をして綺麗にして、 一発でシャシャっと貼っていきます!

では、いきます!

イザ!!!

しゅーーーぱっ!!

 

簡単そうに貼っていますが…

慣れているからですね😅

これぞ職人の技!

 

あまり目立たない所ですが、細かな所まで手を抜かずに綺麗に仕上げています😊

車体形状が逆アールのボディ

春先に保険会社さんからのご紹介で初めてご来店頂いたエスティマのお客様。

修理金額によって保険の使用をご検討されていました。

 

その時は、きちんとした修理と金額的にご負担の少ない修理方法、
両方の見積りをご案内しましたので、

先ずはどのようにするか考え、入庫については改めてご相談したいとお帰りになることに。

 

ただ、そのままの状態では錆が出てしまっては困ると思い

タッチアップで保護。そして見栄えを良く♪

 

そしてこの度 お客様よりご連絡を頂き、
修理としてご入庫頂けるお話に!
ありがとうございます★

 

今回は、保険を使用しないご要望だった為

出来るだけ費用を抑える方法で修理を行ないます。

バンパーとクォーター(リヤフェンダー)に傷が入っています。

バンパーは外して単体で修理。

クォーターの傷は部分的に直しても塗ったのが分からないような場所で区切って、必要最小限のみの塗装で。

 

リヤバンパーのみ脱着し、
クォーターガラスは外さないで作業。

 

と、ここまでは良いのですが、

いつもと違うのは…

エスティマのクォーターパネルの下側
(バンパーの取り付くライン)が

逆アール! こういう形状は難しい!

逆アールとは要するに、『反り返った』形なのです。

こういう形の場所は、板金もそうですが、

塗装のパテ研ぎは、非常に難しいんですよ。

 

特に車の色が「黒」の場合、
車両を横から見るとパテの波があると目立ってしまいます。

 

顔に光りを当てたら若く見えるのと似ていて、
白い色は傷があっても光の反射で飛んで見えにくいのですが
黒い色は傷・凹みや波などがあると、ここでーすと見つけやすい🤢

 

なので、逆アール&黒の組み合わせは、
美しく仕上げるのが 尚のこと 難しいのです😅

 

ですが、そこは腕の見せ所!

綺麗に仕上げ、自信を持ってお客様にお返ししています。

納車の際はお客様ご自身の目で、色々な角度から見ていただき

『綺麗ですね…!!!』と、ご満足の言葉を頂くことが出来ました★

 

良かった~😊

塗装につくゴミってこんな感じ

塗装をする時、ブース内で気を使っても

静電気でいつのまにか着いてしまうゴミ‼️

新車のボディにでさえ、よく見ると沢山見つけることが出来ます。

 

塗装をした時に着いてしまったものは、きれいに取り除きます。

丁寧な仕上がりには欠かせないチェックのひとつです。

 

ゴミと言っても、本当に、点!

わかりますか?

わかりやすいように撮りましたが、

アップにすると…これです!

目を凝らし、角度を変えてよく見て、光の加減で、あった!と見つける位の小さな『点』です。

 

大抵、表面に付くだけなので、表面のゴミは簡単に落とすことが出来ます。

 

 

 

こういった、気にするかしないか分からないくらいの、小さな小さなことに、大きく拘るのが、一流と言えるのかもしれない😁

 

せっかく綺麗にするのですから、

きちんとしたコトをしたいですもんね!

 

ポルシェ バンパー部分塗装

ポルシェ!かっこいいですね

Macan マカンという車。

つい最近、立て続けに、マカンが来ました。

1週間の中でマカン率が高いなんて✨

 

最初のマカンは、点検で😄

 

そして2回目のマカンは、

バンパー修理でお預かりでした。

『ちょっとぉ!今!今ぶつけたのぉ😭』

と言って、以前はボルボの車に乗っていたお客様。

車両を入れ替えて初めてのご来店でした。

 

あらまぁ!😅

 

 

ここね、

 

 

うーん、傷は小さいけど、

買ったばかりなのに…

これは心の傷の方が…‼️😭😭😭

 

ということで、安価な方法できれいに修理をすることになりました。

大丈夫、きれいにしますよ!

 

パッと見の傷が小さくても、よぉく見ると

縦にスススッと傷跡が…

 

ソナー(丸い形のセンサー)は隠して、

部分的に直します。

深い傷の部分は、研いだだけでは形が良くならないので弾力性のあるUVパテを使用します。

そして、UVサフェーサーで塗装前の下処理をして、

 

そして、塗装完了‼️

 

 

車を受け取りに来たお客様は、

あったはずの傷が無くなり、

とぉっても喜んでくださいました😊ほっ

 

ルーフ磨き 車の上に遮断機が落ちてきた!?

新車で買ったばかりという、

本当に納車ほやほやの車両です。

通行中に遮断機が突然下りてきて 車に当たってしまった!!

 

幸い(?)凹みは無かったものの、

買ったばかりの車に傷がついてしまい、

心の傷も大きい…😢 ショックです。

 

この車を所有されているご本人は

ディーラーにお勤めの方でしたが、

そこの修理部門では、納得のいくような仕上がりにならない と先輩に言われたそうで…

 

あらら💧

後輩にそんなこと言っちゃいけません💦

 

テクニカルオートに相談にいらっしゃいました。

 

遮断機の管理をしているところに、保険で対応にならないかの問合せを入れてみるとのことで1日待ちましたが

やはり、写真だけ撮って自費で進めることに。

きちんと修理をするとなると、結構な料金が掛かります。

 

先ずは、ぎりぎりまで磨いてみて、

我慢できなければ、直しましょう。

 

ということで!!

 

屋根やピラー、ボンネットなど 磨き作業です。

 

 

やり過ぎると下地が出てしまうので、そこはプロの技!クリアの厚みの中であまり磨き過ぎないようにギリギリのところでストップ。

プロの目から見て、若干、若~~っ干

2ヶ所だけ、傷が薄っすら残っている程度まで落ちました。

 

多分、知らない人が見たら

超難問間違い探し!くらいの僅かな残り方です。

 

 

ご満足いただけたカシラ?😊

心の傷も薄くなりますように✨