ドアの傷、簡単に目立たなく?

すみません、この傷、何とかなりませんか?

目立たなくなれば良いんですけど…。

おぅ…これは、なかなかの損傷😳

 

年末まで乗って手放す予定で、お金は掛けたくないけど、このままじゃチョット目立ちすぎる🤨

 

黒いボディに白の傷は、

やっぱり派手ですもんね😅

良く見ると👀白い傷は、ぶつかった相手側のものの色がほとんどかもしれない。

白い色が黒くなるだけでもずいぶん見栄えが違うかもしれないから、試しにやってみましょうか!

 

と、即!磨きに入りました!

消えきらない部分はタッチアップで👨🏼‍🎨

そして、仕上げに、

大きく凹んで歪んだところは、

吸盤!!!

ドア凹み 吸盤を使った簡易修理

 

ドアなどの柔らかく平らな面が広い場所で、

且つ、緩く大きな凹みには 有効な手法です✨

 

コーヒーを飲みながら、待っている間に

随分と見栄えが良くなりました🙌わーい

 

👇👇👇 before  👇👇👇

👇👇👇 after  👇👇👇

 

お客様も、『これなら!』と 我慢できる程度になって、ご満足いただけたようで安心しました😊

フィット クォーター錆修理 〜板金&塗装編〜

前回ご紹介したフィットのクォーター錆修理の続きです❗️👉👉👉

 


 

クォーターパネルを切り取り外しボディ側の錆にも錆が出ていましたね。

 

このまま新しいパネルをつけるわけにはいかず、

これから先も長く乗って頂ける様見えないところも丁寧に作業します✨

 

▲今回錆を落とすのに使用したのはサンドブラスト💡

 

砂を吹きつけ、錆びている部分を一気に吹き飛ばします💨💨

細かい砂で吹きつけるので入り組んだ形状の部分の錆も落すことができます💪

砂が大量に舞い散るため完全防備で作業です😷🥽

 

▼こちらがブラスト前

 

▼これがブラスト後

ベルトサンダーで削った時とは違い、表面はプツプツと砂の後で細かい凹凸ができた状態です。

 


お次は・・
削れてなくなってしまった鉄板部分を欠けている形に合わせて別の鉄板をカットして

当て板し溶接していきます⚡️


☝️赤く囲んであるところが形を作らなくてはいけない部分


溶接後はこんな感じ☝️

ボディ側の処置が完了したら新しく取り付けるクォーターパネルを取り付けるため
合わせる位置を太一さんのおっきな目で入念にチェック👀👀


 

溶接をした後はどうしても錆びやすくなってしまうので
2種類の防錆剤を塗布してしっかり溶接箇所をケアします🏥


ここまできたらいよいよ塗装の下準備に取り掛かります🌈

新しく取り付けたクォーターパネルの合わせ目の部分を綺麗に馴染むようパテを乗せ、ならしたら

サーフェーサーを塗布し、ボディの色に合わせ塗装✨


ここまできたらあと少し‼️

各部、作業のため取り外したガラスやバンパー・ドアを組み付けたら・・・

 

完成です🙆‍♀️🙆‍♀️🌸


娘さんの想い出とともにこれからも長く乗っていけることを願って✨お返しします✨

喜んでもらえたらいいなぁ〜☺️

フロントバンパーの部分塗装

フロントバンパーの部分塗装は多くご相談を頂く内容の一つです。

 

今回お預かりしたのはこちらのお車👇

アップにすると…このような状態。

白く見えているのが、傷です。

結構広い範囲ですね。

黒い色は、部分的に塗装をすると、後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまいます。

そのため、バンパーの形状を見ながら、

ぼかし目がわかりにくい場所を選んで、塗装の範囲を決めてあげます。

 

そして今回は、バンパーに縦長のフォグランプがついている為、その部分を覆って作業をする必要があります。

 

まずは、傷を取りながら塗膜を削り落とします。

密着の良いきれいな塗装を行うためには、

ツルツル面にそのまま塗るのではなく、

細か〜い傷を付けてあげる必要があるのです。

研いで傷を付けてはいけない、素材の部分は

最初から隠してしまいます😎

今回受けた損傷の残り加減や、

バンパー形状の僅かな変形などは

実際に手で触って感じ取ります。

職人さんの手のひらに、

ものすごいセンサーが埋め込まれているみたい👀!

 

そうこうしているうちに、

▼下地処理が終わりました。

弾力性の高い、密着力のあるUVパテは

バンパー修理には最適です✨

 

▼サーフェーサーも塗布して塗装前準備完了

 

塗装の前には、塗装を行う所以外は紙とマスキングで丁寧に養生していきます。

フォグランプもヘッドライトも、全て、形通りに覆います。

 

この時、バンパーの端やフォグランプが付く境目など、隙間がある箇所は、慎重に!

塗装をかけるところは、出来るだけ奥まで塗装ミストが密着するように丁寧に、丁寧に。

逆に、塗らないところには、マスキングテープを適度な間隔の長さに切って隙間に差し込み、パッと見えないようなところまでしっかり保護してあげます。

塗装の切れ目をきちんと丁寧に行うことで、

後々のクリアー剥がれを起こしにくくしたり

細部まで綺麗に仕上がるんですよ。

よぉ〜く確認しながらね👀

はい、できた!

本来であれば、バンパーを取り外して塗装を行うと細部まで完璧に綺麗にできるのですが、

安価で修理をするために、バンパーを外さず塗装を行います。

でも、このようにマスキングの作業をしっかり行うことで、バンパーを外さない部分的な修理方法でも、きれいにでき上がるんですよ〜✌️

 

事前に調色してあった塗料で、

塗装を行うと、このように!▼

 

はい、バンパーの傷修理と部分塗装✨

完了です😁👍

 

さすがです✨ 綺麗に出来ました🤗

バンパーの内側にあるセンサー ベンツ

傷の修理をしてほしいとの依頼でお預かりした
赤いベンツ A250 。

リヤドアからリヤバンパーにかけて
3つにまたがり傷が走っている状況でした。


今回は自費で修理を行うため、
全て、板金修理と塗装で直します。


赤い色は染まりにくいため、塗装代は少し高め。
そして、輸入車の部品は1点1点が高価なので、
ちょっとした部品も、ン~万円!
すごいです。

高級な車は、安全装置も充実で、
道路を走行中、車線変更しようとしたときに斜め後ろに車がいると
ドアミラーに 気を付けてね~⚠のマークが出るんです。

赤い三角マークがチカチカと。

この「危ないですよ」を知らせてくれるのは、
バンパーを外した内側にある センサーが感知して
運転者に信号を送ってくれるのです。

そのセンサーが、
👇これ!

この 四角いのがセンサーです。


バンパーなんていう厚い樹脂を通して、他の車を感知するなんて
すごい装置ですね。

危険をお知らせしてくれる安全装置システムなので、
メーカーではバンパーの修理はセンサーが働かなくなったら困るので
チョットの傷でも直さないで、丸ごと交換してくださいね~ と言っています。

パテを使うなんて、もってのほかですが、
塗料を重ねることにより、バンパーの厚みが増すことで機能の低下に繋がると大変ですものね。

 

ですが、今回は バンパーの傷が入っているのは 極めて端の部分で
修理をしても赤い塗料で塗装をかける範囲も センサーには掛からないで済む場所✨

 

きちんと部品構成も確認したうえで修理を進めることにしました😊

 

ドアも リヤフェンダーも板金を行い、
傷はきれいに隠して塗装を行います。

赤の色が染まりにくいという塗装のお話はまた今度ご紹介します😊

 

最後は、このセンサーが正常に働いているかどうか、
ターゲット距離や反応は基準値となっているか、
また、全方位カメラも正常に作動しているかなど、
きちんとエーミング作業(センサー調整登録)を行い
完全な状態でお引き渡ししましたよ!👍✨

 

ちょっとしたバンパーの傷でも、傷がついた個所によっては
こうした 安全装置との関係で修理ができない場合もあります。

今日も積雪がすごく、バックの時も見えにくいですし
道路や家の出入り口も走りにくい状況ですので くれぐれもお気をつけてくださいね!

 

昨日の帰りの、私の車は
こんな状態でした・・・笑

 

 

 

 

 

ジェイド リヤフェンダー修理

こちらのお車🚗

リヤフェンダーの損傷により、時間の経過共に若干錆が出てきている状態です。

 

 

▼バンパーとそれぞれのラインのつながり部分が変形しています。

▼後ろから見ると、フェンダーが押されて中に入っていますね👀

 

では、半田溶接で引き出し板金をし、形を整えていきましょう💪

 

 

引出し板金に使うアタッチメントを最適な角度で溶着し、

工具を取付して引っ張る作業〜⚒

この作業によって、ボディのラインがきれいに直ると面出しがスムーズに終わります♪

 

 

この後は、何度かバンパーを仮合わせしながら、下記のポイントを確認します。

 

①綺麗なラインが出来ているか

②バンパーとフェンダーとの隙間はきちんと出来ているか

→隙間は広すぎても狭すぎても🆖❌ 端から端まで均等になっている事も確認。

③片方のパーツが奥まったり、飛び出したりしていないか

 

その後は、錆をしっかり落としてプライマーを入れて下地に進みます。

 

下地、塗装、磨きの工程を経て

最後は組み付けをして完成☆

 

 

しっかり点検、清掃をしてお客様にお渡ししました☺️

 

ありがとうございます。

塗装ブース内での塗装の様子

板金修理が完了したお車は、塗装へと引き継がれます。

 

広範囲に及んで損傷があると

沢山のパーツの修理と塗装が必要になります。

 

それぞれのお直ししたパーツとボディを

全てブースに入れて

1台分を1度に塗装していきます。

 

塗装範囲以外はビニールや紙で養生をして。

 

養生を行う際のマスキング作業はとても大事!

手際良く、且つ、細かく丁寧に!

 

各パーツがセッティングされています。

 

 

ゴミを付けてしまわないように、

細心の注意をしながら

丁寧に丁寧に仕上げていますよ〜☝️😊

 

ところで、この塗装作業を行うブースや作業場。

毎年行う塗装ブースの点検のほかに、

年に2回、環境測定の点検を実施しています。

先週もちょうど測定に来ていただきました。

体にも害がないよう、チェックするのは重要。

日頃から自分自身も身の回りも、きちんと整えていると、綺麗な仕事ができるんですって!✨

だから、『ちゃんと』を続けています😁

あ、そうだ。

春の健康診断の予約しなくっちゃ〜

いっつも行ってたけど、

呼んだら来てくれるのかなぁ???

インプレッサ ボンネットの小さな傷塗装

ボンネットに出来てしまった小さな傷。

 

 

飛石でついてしまった傷でしょうか?

 

こんな小さな傷ならその部分だけの小範囲の塗装で良いから、安く直らないかな! …と思ってしまうところですが、

この車の色は『3コートパール』という種類のカラーで、ボンネットフード1枚の塗装が必要となります。

 

パール色の場合、色味を合わせてもその上に重ねるパールのキラキラ具合が違うと全体の色の見え方も変わってしまいます。

パールを重ねる範囲が狭ければ狭いほど、その部分にキラキラが集中してしまうので、塗装を行った箇所がいかにも『ここを直しました!』と分かってしまうのです。

 

そのため、ある程度広い範囲での塗装が必要となるのです。

 

本来ならボンネットだけではなく、隣接するパーツにも ぼかし を入れてきれいに色を合わせる作業が必要となるところですが、ここは職人技💪

今回はお客様のご負担を最小限にするため、隣接するパーツ(フェンダー)にはぼかしを入れず

ボンネットのみを塗装する方法で安価に行う事にしました。

 

▼まずは傷の部位を修理

▼UVサーフェーサーで下地を作り

 

▼そしてボンネットを1枚塗装。

 

実は、この車両に使われている

スバルの3コートパールは、

白の色が少し黄色っぽく、色味をピタッと合わせるのにはとても繊細な調色が必要で、

その上、パールが密集しているカラーの為、

分からないように塗るには、なかなか難しい色なんですよ〜☝️👀

 

塗装やさん、さすがです!!

今回も上手くきれいに仕上がりました😊👍✨

エクストレイル リヤフェンダー修理

左後ろ損傷のエクストレイルが入庫しました🚗

 

横から受けた衝撃が大きく、リヤゲートとのリヤフェンダーの“すきま゛が狂ってしまっています。

いわゆる『チリが合わない』というやつです。

 

▼真後ろから見た様子。

凹み具合がいかに大きな物かがわかります。

 

今回の損傷は本来ですと、リヤフェンダー交換 と判断したい位の損傷ですが

フェンダー交換にはデメリットもある為、出来る限り『板金修理』という選択をします。

 

▼板金後はこのような感じに

大体の形は戻りました✨

 

リヤゲートとのすきま、そしてバンパーブラケットの取付部もしっかり直し

バンパーを仮合わせをし確認した後は、下地に進みます。

 

そして塗装と磨きを行なった後は組付。

 

 

リヤゲートとリヤフェンダーのすきまも無くなりバッチリ👍 きれいに直りました✨

フリードドア&サイドシルの板金塗装

ドアとサイドシルの凹みでご入庫頂いたフリード🚗

 

ドアもサイドシルも浅い凹みではありますが

サイドシルの方は、その凹み位置がラインの部分に掛かっている為

ラインを出してあげないと凹みが綺麗に直りません。

 

ハンダ溶接で上手くラインを出していきましょう☝️

綺麗に出ました👏

 

続いて塗装前の下地処理。

▼サイドシル

 

▼ドア

 

この後は塗装。

凹みやラインが板金で綺麗に出せると塗装も小範囲で済ませることが出来ます✨

 

今回も大成功で終える事が出来ました!

ハスラー ボンネットボンネット&リヤゲート修理

アプリからお問い合わせのお客様📲

 

「中古で購入した車で車両全体に
細かい傷や凹みが無数にあったり、
前のオーナーさんがしたのであろうべったりついたタッチペンの跡などなど
気になる箇所がたくさんなんです😢」

と、相談にご来店されました🚗✨

 

お車を確認すると確かに全体に傷が💦

 

▼広範囲にタッチペン跡

 

「ボンネットが1番気になるんです」

…見てみると沢山の線傷が😨

 

▼アップ📸すると凄くわかる💦

 

お話を聞くと、お客様のおじいちゃんが

冬に雪を下ろす際スコップでガリガリっと
傷付けてしまったのだそう😣

 

おじいちゃんは孫の買った車を傷付けてしまった事でとてもショックを受けてしまっているとの事でした。

 

申し訳なさから修理費を負担するから
気になる所全部直しておいでと言ってくれたことから今回のご相談となりました。

 

ただ全部直すとなると全塗装レベル💦
費用があまりに高額となってしまうため
今回は1番気になるボンネットとリヤゲートの
凹み&傷の修理、フロントフェンダーの交換をすることになりました🙆‍♀️✨

 

 

 

線傷も凹みも綺麗になり

とっても嬉しそうに深々とお辞儀をされ、
お帰りになりました🙇‍♀️✨

これでおじいちゃんの心の負担も
軽くなったかな😊

家族の暖かさにホッコリさせて頂きました❤️