レガシィ フロントバンパー部分塗装

最近、バンパー部分塗装のご依頼を多く頂いております。

 

今回ご入庫頂いたのは スバル の レガシィ 🚙

 

フォグランプの上下に傷が…😭

 

今回も事前にご予約を頂いていたので、1日仕上げの作業です💪

 

 

修理箇所以外の部分をマスキングで養生をする担当と

色合わせ(調色)の担当とに分かれ、塗装屋さん2人で同時進行進✨

 

準備が整ったら、まずは傷を落として

UVパテをつけて形を整えます。

U Vサフェーサーも塗布し、塗装前の下地処理はこれで完成。

その後は事前に調色していた色を塗って、クリアを吹いたらしっかりと乾燥!

 

最後に磨きで仕上げの作業✨

 

仕上がりはこちら💁‍♀️

 

綺麗に仕上がりました🤗

磨き作業でここまで綺麗に!!

サッカーボール⚽️が飛んできてドアに傷が出来てしまった…😭

とご相談を頂いたのはスイフトのお客様。

 

右後ろドアの真ん中に その傷はありました。

 

お相手の方が修理代を見てくれると言ったお話でしたが

出来るだけ費用がかからないようにと、磨きの作業を選択されたお客様💡

とてもお優しい方です☺️

 

事前にご予約を頂いていたので、すぐに作業に取り掛かります。

 

パネルの周りをマスキングテープでぐるりと囲み

隣接するパーツやモールを傷めてしまわないような処置を施してから作業スタートです。

 

数種類のバフを使用。コンパウンドも塗装面の状態により使い分けしています。

 

磨きムラが出てしまわないよう、パネルとバフの角度や接触する面積を意識しながら

丁寧に磨いていきますよ✨

👇ピカピカ!

これで終わりではありません✋

 

車両を外に出し、太陽☀️の下で仕上がりを隈なくチェック👀!!

 

こうしてやっと完成となります🙆‍♀️

 

ピカピカになったお車を見たお客様。

『凄く綺麗になりましたね!!』と

と〜っても喜んで頂くことが出来ました😆♬

 

ありがとうございました。

ライズ 左リヤドアの修理

左後ろのドアに出来てしまった大きな凹みと傷。

角度を変えてみると、凹みの具合や傷の大きさが良くわかりますね💦

新しいお車ということもあり、お客様のショックは大きかったはず…😭

 

でも大丈夫👌

綺麗にお直し出来ますのでご安心を✨

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

どの位置にどのように凹みが出来ているのかにより

凹みを出す際の工具を使い分けしています。

 

大体の凹みを出せたら、スタッドプーラーを使用し

細かな所までの修正をかけます。

手のひらで面の凹凸を確認しながら、出来る限り面は平になるように。

ラインもくっきりと形が出るようにしていきます。

手の感覚で仕上げて行くため、職人さんの手ってどんな工具よりも凄い✋✨

 

ドアのキャッチも取り外して、板金の作業は完了です!

 

続いて塗装へと続きます。

板金が上手く出来ると下地処理がとてもスムーズになります。

プライマー・サフェーサーを塗布して硬化させます。

 

そしてドア全体を研ぐ作業。

 

これで 塗装を行う前の下地準備は完了です!

この後は塗装範囲以外を紙とマスキングで養生したら、いよいよブースの中へ。

 

そして、塗装していきます✨

 

しっかりと乾燥させ、ブースから出てきました🚗

 

全体に磨きを掛けた後は 『キャッチ』を取り付けて最後の仕上げ。

 

納車前にはスタッフ全員で感謝の気持ちを込めて洗車をしています。

洗車後のお車はとってもピカピカ〜 👍✨

お天気☀️にも恵まれ、お客様にも晴れたお気持ちでお帰り頂けたかな☺️

ありがとうございました!

 

ボルボ クォーター修理

保険会社さんのご紹介でお預かりしたボルボ🚗

 

右側のクォーターにドアパンチされたような凹みがあります。

👇 ライン上にくっきりと見えますね😭

 

そして今回の修理箇所とは別になりますが

右フロントフェンダーにも以前 傷が出来てしまったようで

ご自身でタッチアップされた物が気になる為、何とかならないかな〜?といったご相談も頂きました💡

後ろの修理で作成した塗料を、シュッと吹きかけて目立たない感じにしましょうか😊

簡易的な方法ではありますが、せっかくのご縁なので特別に施工させて頂くことに♬

 

まずはクォーターの修理からです。

小さな凹みではありますが、塗装を行う時にきちんと

際の所まで塗装が出来るよう隣接するパーツは一通り外しています。

 

『スタットプーラー🛠』という工具を使用して

凹んでしまった箇所を引っ張って戻してあげる作業から。

ラインを綺麗に出すこともポイントになります❗️

 

 

下地処理を済ませ、塗装を行う準備に取り掛かります!

 

塗装範囲は表面を研いで、足付け作業を。

修理箇所としては小さめですが

塗装する箇所がピンポイントで目立ってしまわないよう

ドアの方までグラデーションをかけて ぼかし塗装が必要となる為、この範囲で施工していきます。

 

この後は太陽光の下で色合わせ☀️

午前中の太陽が一番良く出ている限られた時間の中で 行っていますよ✌️

 

いよいよ塗装です✨

給油口の蓋は取り外して、塗ります。

 

👇塗装が完了し、ブースから出てきたお車の様子です

 

磨き作業を終えたら、最後は皆で楽しく清掃をしてピカピカに🤗🌟

 

完成したお車がこちら💁‍♀️

フロントの部分も、目立たない感じになりました✨

 

納車を楽しみにして頂いてたお客様。

ご満足頂ける仕上がりで無事にお納めすることが出来ました😆👍

 

ありがとうございました。

珍しい車! ツインをお預かりしました

ご入庫頂いたのは スズキ のツイン 🚗

2003年〜2005年の2年間だけ発売されていたお車です。

 

凄く貴重で珍しい 👀!!

何て言ったって、その見た目がとても 可愛いらしい〜☺️💓

リアルチョロQとも呼ばれているそうですよ😊

 

ご依頼の内容は、サイドシル錆の修理とボンネット傷磨き作業です。

 

▼ボンネットの傷

引っ掻き傷のような跡がありますね😭

 

▼サイドシルの錆

錆が塗装を押し上げ、プクプクと浮き上がってきています。

原因は、飛び石。

石が跳ねた時にできたコツンとした小さな傷から、水分が入り、塗膜の下で鉄板を蝕んでいったんですね。

+++——————————————————————————————-+++

 

それでは、いざ!修理に取り掛かりましょう💪

 

まずは錆の除去から!

錆がまだ浅く、サンドブラストで除去してあげると、きれいに落ちました!

軽いうちに気づけてよかった‼️

鉄板剥き出しにした状態なので、

すかさず錆防止のためにプライマーを塗布!

空気中の水分や酸素が鉄に付着すると、それがまた錆となるため、できるだけ素早く!

直ぐに処理したいのです。

 

プライマーできちんとした処理をしておけば、後々のサビ発生率も大幅に少なくなります👍

たっぷり塗布したプライマーはしっかり乾かします。

熱をかけて乾かす時に、プラスチックで出来ている部品の変形しやすい箇所は、こうしてアルミで保護をしておけば安心。

そして、サーフェーサーで下地をしっかりと。

UVサーフェーサーを使用して、しっかりと密着させます。

サーフェーサーの上にはUVパテを使用して、

仕上がりとなる形を作り表面を整えておきます。

 

こうして、ようやく、塗装作業です。

サビで削った部分は小さくても、仕上がりと経年のことを考えると、色を塗る範囲は、ココ!

色を描けないところは全て、ミストが入らないようにしっかりと養生します。

マスキングは、一見塗装と関係ないように見えて、仕上がりを決めるための重要な技術!✨

事前にボディに合わせて調色した塗料を、

スプレーガンで塗り重ねました。

赤は染まりにくい色なので、塗装の過程ではちょっとした技術が必要なんですよ😊

 

はい、完成!

瘡蓋のようになった錆のぷくぷくは、嘘のようになくなり、きれいに仕上がりました!

 

このツインをとっても大切に、いつもきれいに丁寧にお手入れしているお客様です。

気がついた時にすぐに修理をしながら、手をかけ続けているから、年数を経てもこんなにきれいなままで保てるんですね!

 

私も、洗車してきれいにしよう〜!✨

お肌も手入れしよう〜👩✨

ノア フロントバンパー下部 部分塗装

お仕事の関係で札幌に引っ越して来られたというお客様。

初めての地域でどこの工場が良いんだろうと調べてご来社頂いたようです。

 

お車を見るととってもピカピカー✨

ご入庫頂く前に綺麗に磨いてくれたと仰っていました。

 

なるほど!

歯医者さんに行く前にはキレイに歯磨きしていきますよね。

そういう感じで気を遣ってくださったのですね🙇‍♀️💡

ありがとうございます。

 

損傷部位はというと、フロントバンパーの左下がガリッと擦れている状態😖

デザイン的にも地面との距離が短いポイントなだけに

ちょっとした段差などで擦りやすい部分でもあります💦

 

バンパーにはセンサーも付いていました🔍

修理の際、バンパーの脱着を行なってしまうとセンサーの補正(エーミング)が必要となり

費用も修理の日数も大きく変わります。

今回は費用面・日数面などを考慮し、部分的にお直しすることにしました👍

 

まずは 傷の入った箇所を バンパーの “ささくれ゛と一緒に削ってしまいましょう。

傷の部位だけでなく、部分的に塗装を行う範囲を一通り削ります。

 

研ぎ終わったら修復の作業へ。

 

バンパー修理には、UVプライマーが最適です!

塗布後、硬化して形を整えたらお次はサフェーサー。

塗布後は研いで表面を滑らかに。

 

今回のように車高が低くジャッキが入りにくいような車両は

塗装をしやすいよう少し高さを変えて工夫を✌️☺️

 

👇こちらを使用。

カースロープとしての役割を担っています。

こちらは20年以上前に、工場スタッフが試行錯誤して作ったもの。

 

市販されている物は、プラスチック製だと軽くて動いてしまうし、鉄製だと滑るし…。

中々使い勝手の良い物ってないものです。

 

ですが、こちらは年期こそ入っているものの 傷むことも壊れることも無く

今でも健全に使用が出来ていますよ ♬

 

話が少し逸れてしまいましたが…笑

 

次はいよいよ塗装です。

塗装箇所以外は全て紙で養生しています!

 

そして塗装✨

 

仕上がりはこちら🤗

 

綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

お仕事帰りに再びご来社頂き、無事に納車となりました。

少し暗い時間帯だったかな🌙

 

お車を大切にされている方なので

きっと洗車をした際などにも綺麗に仕上がったお車を見て

喜んで頂いているんだろうなぁ☺️

とお客様の喜んでいる姿を想像するととっても嬉しいのです😊

ムーヴ ボンネット塗装②

昨日の続きです。

 

まずはボンネット裏側を綺麗に養生します。

 

この後は表面にサフェーサーを塗布。

防錆剤のような役割も担っている為、欠かせない工程です。

 

塗り終えたら乾燥させます。

 

サフェーサーがしっかり硬化したら研ぎの作業 第二弾!

この時に登場するのがこちら💁‍♀️

全面に黒い粉を付け 研いでいくと、研ぎ足りない箇所が一目で良くわかるという優れもの👀💡

 

▼研ぎ残し部分はこんな感じで見えています。

この “ まだら ゛ が無くなるよう均等に研いでいきますよ。

 

研ぎの作業が完了したら、塗装のブースへ移動し塗装します✨

 

塗装後はこのようになりました👍

 

この後は仕上げ作業へ。

艶がある綺麗な状態へと仕上げていきます😊

 

最後は出来上がったボンネットを車体に戻してあげたら

完成〜♬

 

無事にお客様の元へお返しする事が出来ました👏🎉

ご満足頂ける結果となって良かった〜🤗

 

ありがとうございました。

サクシード 両側面キズ磨き

右も左も前から後ろまで傷が入ってしまったお車がご入庫。

どうやら笹藪に入ってしまった模様…😵アララ…

 

遠目で見るとわかりませんが、目を凝らしてよ〜く見ると結構目立ちます💦

 

幸い、塗装が必要な程の深い傷では無かったため

今回は磨き作業で進めることにしました❗️

 

素地の部分は磨きの際に傷が入ってしまわないように、マスキングで養生をします。

 

工具などの準備が整ったら、さぁ作業に突入!!

バフの種類を変えて更に磨きます。

 

ご覧の通り、傷は見事に消えました♬

 

この後は傷の入っている箇所を全て磨いていきます。

 

お車の色、シルバーメタリックをピカッ✨と光らせる為には

よほどの お手入れとワックス掛けを入念に行わないと

光っては見えません。

 

光った状態でお客様にお渡しが出来るよう

下地が出ないギリギリの所まで磨き込みんで、無事に完了です。

 

 

仕上がったお車を外に出してみると

メタリックのキラキラした色がはっきりと出て見えました👀!

大成功〜🙆‍♂️🎉

ポルシェ フロントバンパー部分塗装

ポルシェに傷が〜😭

お車を駐車中に、近くの建築現場から石膏ボードが倒れてきた事を伺いました💦

 

近くで見てみると、塗装がエグれたようになっています。

 

高級車に傷を付けてしまったと思うと冷やっとしますよね…😱

 

お客様はお相手の事も考え

修理代が安くなるようにと部分的に修理をする方法で進めることにしました。

お優しい☺️

 

でも大丈夫!!

部分修理ですが、きちんと綺麗に直ります🙆‍♀️

 

まずは太陽☀️の出ている午前中に色合わせから!

 

傷は研いで落とした後、弾力性のあるUVパテで形を整えUVサフェーサーも塗布。

部分的に塗る範囲は全て、表面を削って新しい塗料・クリアとの密着性を高めます。

 

塗装する部分以外はマスキングと紙で養生。

ここまでの工程が終えると、事前に準備をしておいた色でいよいよ塗装です✨

 

塗料は何度も塗り重ね、しっかりと染まった後はクリアで仕上げを❗️

この後は磨き作業✨ 完了までもう少し💪

 

肌の状態を確認しながら、艶がある綺麗な状態に仕上げていきます。

 

完成〜🌼 仕上がりはこのように👇

 

お引き取りにいらしたお客様には

作業工程の写真をお見せし説明をしました📱✨

仕上がりも喜んで頂けたので良かった〜😊

 

ありがとうございます!

 

 

それにしても…

かっこいいなぁ💓

 

インプレッサXV フロントバンパー傷部分修理

2年位前にテクニカルオートをご利用頂いたお客様。

『前に良くしてもらったから』とテクニカルオート思い出してご来社頂いたとの事🤗

とってもありがたいお話です🙇‍♀️

 

お車はフロントバンパー左角に擦ったような傷がありました。

▼拡大🔍

一部、塗装が剥がれてしまっている箇所もあります😭

 

修理方法をお打ち合わせし

バンパーは脱着せず、マスキングをして部分的に修理を行う方法に決定です💡

 

まずはライトウォッシャーの蓋を取り外しから。

 

傷を削り落としたら、バンパーの形状を修復する為にUVパテを塗布して硬化。

形を整えて UVサフェーサー塗布を塗布。

下地処理が完了しました。

 

この後は、塗装範囲以外はマスキングと紙で覆い 塗装前の最終準備。

部分修理の場合は、塗装した感じがくっきりと出てしまわないよう

区切るポイントを考慮し施工しています。

 

傷の範囲としては小範囲ではありますが

塗装する範囲で見ると、このくらいの大きさに💡

 

 

そして塗装後の仕上がりがこちら👇

 

事前にご予約を頂いていた事もあり

朝お預かりをして、夕方にはお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

喜んで頂けて良かった〜😊

ありがとうございました!