ハンドルを回すと変な音

🙍🏻‍♂️ハンドルを回すと、変な音がするんです。

🙍‍♀️どんな音ですか?その音はハンドルの根本から聞こえますか?

🙍🏻‍♂️はい…前から鳴っていたのですが、最近だんだん音が大きくなって…

 

そんなお話をしながら、車を確認しに行きました。

 

エンジンを始動させ、ハンドルを動かすお客様。

左に回し『ウィ〜〜ン…』

右に回し『ウィ〜〜ン…』

あらっ!

 

ハンドルの付け根のグリス切れか何かの、よくある異音かなぁと思っていましたが😳

 

『ウィ〜〜ン…』という音は、ハンドルの根本からではなく、もっと先!エンジンルームの中から聞こえる音です。

原因はパワステポンプです。

 

パワステオイルがポンプから漏れてしまい、オイルが足りなくなっている状態でした。😩

🙍🏻‍♂️このままにしておくと、どうなりますか?急に止まってしまうことってありますか?壊れますか?

 

👨‍🔧この音は、もっと大きくなります。今、もう既に壊れてしまっている状態なのですが…

ここから、オイルが漏れちゃってますよね。

極端なことを言うと、

先ずはパワステのオイルが足りない状況が悪化して、パワステの働きが無くなりハンドルを左右に動かすのが大変な状態になります。

そして、オイルは潤滑の役割をしているので、それがなくなるとロックが掛かってしまって、

ここに掛かっているベルトに負荷が掛かり、ベルトが切れてしまいます。

そうなると、水が回らなくなり、

オーバーヒートを起こして、

エンジンがダメになってしまう

…という状況にも繋がります。

 

🤯えーーーー

 

先ずは部品価格を調べて見積もりからとなりましたが、大事に至らず良かったです。

 

お出かけ中に重ステになんてなっちゃうと、女性なら相当大変だと思います。

🐥💨💨💨

 

危ないので、国産車、輸入車にかかわらず、

ちょっとした違和感でも、

早めに診断してもらうと安心ですよ!

 

 

ベンツはプラグもマーク付き!

 

車検でご入庫頂いたメルセデスベンツ🚗

スパークプラグの交換を希望されていましたので、部品を注文しました。

 

おぉ。ベンツの箱に入ってる。

 

届いた部品を箱から出してみると

うーん、

見慣れない形状🤔

👇

▼良く目にするスパークプラグは先端がこのような形

 

▼ベンツのは逆に凹んでる!!!

▼そして少し長さもあるかも〜😲

 

▼更に、このマークが付いていると高級感もありますね。

 

今回の車検で、新品に交換をしているので

しばらくは心配無いですね☝️😄

フォルクスワーゲン ボーラ マフラー遮熱板修理

マフラーの遮熱板が、錆による腐食で落ちてしまったとご来社された フォルクスワーゲン ボーラ🚗のお客様。

 

どれどれ👀❓

早速リフトにあげて見てみることに。

 

 

マフラー本体に遮熱板を固定する為のボルトが鯖による腐食のため、折れてしまったようです💦

折れてしまったボルトのネジ山部分は車体側に埋まった状態で残っていました😳

 

 

『外れた遮熱板自体は、使えそうだよね』

『そぉっすねー』

 

「こんな感じに取り付くのかな」

形を合わせてみて確認OK🙆‍♂️

 

『ディーラーへ行ったけど、丸ごと交換しないとダメだと言われてしまった』

そうなんです。本来なら、この状態ではマフラー交換と判断されてしまいます。

そうなると部品代も高く、高額修理に…。

 

ここがテクニカルオートの腕の見せ所♫

予算をおさえる為に、出来る方法を色々と考えます😄

 

では、修理へ!

 

まずは埋まっているボルトを取り除く作業です。

これが結構、大変なんですよ💦

ドリルを使用し、新しいボルトを入れても使えるように、少しずつ、上手〜く、取り除きます。

そして、ボルトが入るように穴を加工〜⚙

施行錯誤の上、埋まり込んだボルトは綺麗に取り除けました✨

 

ボルトが入るようになったら、遮熱板をしっかりボルトで固定❗️

 

 

取り付け完了〜✨

 

輸入車は日本車よりひとつひとつの部品価格が高いので、このように修理が可能な場合は費用を抑えられますね。

 

また何かございましたら

いつでもご相談ください😊

車の足廻り ブーツ破れは早めに交換!

車検でお預かりしたラパン🚗

 

分解点検を行うと

お車の年式的にもゴム部品の劣化が目立ちました。

 

▼ロアアームボールジョイントブーツがこちら

 

外してみると、一見何も無さそう

 

ですが、こうして見るとヒビだらけ。

もう少しで破れてしまいそうです。

 

▼もう一箇所がドライブシャフトのアウター側ブーツ

 

右側は指でめくって見るとヒビが深くなっていることがわかります。

 

左側は既に破れています…

そして中のグリースが漏れてベタベタに😱

 

 

 

ドライブシャフト自体にダメージは無さそうなので

今回はブーツの交換だけで済みました。

 

どちらも破れたまま走行しているとブーツ交換では済まなくなり

高額修理になりかねません。

 

定期点検で毎年チェックしましょうね🔍😄

R35整備中

リフトアップされたGT-R R35

 

かっこいいローターとキャリパーです!

NISSAN GT-R R35 ブレーキディスクローターとキャリパー

カッコいいのはディスクとキャリパーだけではありません!

さすがGTR!!!

何が、って??

各オイル類は全てGTR専用です!!

これはブレーキフルード

高級感ありすぎです😆💫

沸点が…170度以上ってwwww

名前がR35スペシャルってwwww

さすがスーパーカーですね😁✨

 

R35車検入庫

弊社でエアロを塗装したGTRが車検でご入庫です!

いつ見てもかっこよすぎです!

車検整備の為にリフトに上げるのですが、

車検対応の最低地上高…とはいえ、

結構ギリギリ⁉️

 

普通にリフトに掛けようとしましたが、

リフトのアームがサイドガーニッシュに当たってしまって入りませんwwwww

つっかえてる‼️☝️🗯

 

よし!

前後のタイヤに木の板を挟んで

車高を上げるか!!

『乗せるよ〜!』

『オーライ!オーライ!』

『そのまま、そのままー!

真っ直ぐ下がってー!』

 

よし‼️ 今度は入る‼️

これでアームが入りやっとリフトに上げられるぞーー!

と思ったら、アレッ!!位置が!!!

R35のジャッキアップポイントの長さが普通の車より短いのでリフトの前後左右の車の調整がちょい時間がかかります💦

 

ピンポイントの位置に

ピッタリ車を配置しないと、

アーム接点4箇所が👇こう、ならない

ようやくリフトアップ成功🎶

 

整備にかかる前に一汗かきました😁www

車の整備 今は少ないキャブレター

エンジンルームを開けると

お!?

これは・・・

 

なかなか見ることが無くなりましたねぇ~

 

これです、これ!

【キャブレター】

最後に触ったのがいつだったかも

覚えていないくらい前です・・・

15年位前かなぁ~

 

今はもうインジェクションの時代ですからね

 

キャブレターは

あれこれセンサーも要らないし、燃料や空気の調整もできる

おりこうさんさんですけどね。

 

今回はエアコンの修理で入庫していただきました。

これからも、より長くお乗りいただけるように

お手伝いさせていただきます😊

テクニカルオートの車検

車検入庫のCX7

この車両のリヤブレーキ。

まぁ、普通に ブレーキダストやら土ぼこりやらで汚れています。

 

テクニカルオートの車検は、

キレイにすべきところはキレイにする‼️

特に、ブレーキ‼️

なので、一生懸命汚れを落とすんです。

あれも、これも、ピッカピカ✨

 

フロントは、ブレーキパッドに新しいグリスを塗って、動きを良くして組み上げていきます。

 

 

ここまでやっても、2年後の車検まで大丈夫というわけではないので、12ヶ月点検は忘れずに受けておきましょうね!

 

安価な車検をするところは沢山〜ありますが、

車検の検査の時にブレーキが効いていればOKとする所がとても多いです。

 

せっかくの車検です。

少しでも快適に長持ちさせるためにも、そして長い目で見てトータルの整備料金を抑えるためにも、点検の時はしっかり丁寧に!がお勧めです😊

車検 錆の影響ブレーキにも

車検を迎え、整備を進めているエスティマのお客様です。

実家が海の近くなので、たまに潮風を受ける車両です。

タイヤを外し、ブレーキ廻りの分解・点検を行ったところ、

前後左右のブレーキに、錆の影響が大きく発生していました。

 

このエスティマは、前輪も後輪も、ブレーキパッドとディスクローターを使用している車です。

カタカナで部品名を言われても「よくわからない」という方のために。

☟これが、パッドとローターのイメージ図

ディスクローターを外側と内側から挟み込むようにして

ブレーキパッドで押さえて、車を止めます。

 

ブレーキパッドを赤い矢印の方向に動かすのが、

キャリパー という部品です。

新品が取り付いた状態ですと、

ローター全面にブレーキパッド全面がきれいに当たるので

ピタッ!と

パッドとローターが100%の効力を発揮します。

▼これが新品のディスクローター

錆の影響を受けると、

このきれいな銀色が、

▼縁から錆びてゴワゴワに。

黄色い部分も錆ですし、

このように縁が錆びてしまうと・・・

この写真のように

そしてブレーキパッドも、これに合わせて削れてしまいます。

 

この状態でのブレーキの当たり方は、

手で表すと、こんな感じ?

 

また、ブレーキを動かす部分と説明した「キャリパ」も錆の影響は逃れられず、

キャリパ自体の交換まではしなくても大丈夫でしたが、

肝心なピストン部分に錆が発生して引っ掛かっていました。

ここが錆で固着してしまうと、ブレーキが掛かりっぱなしになってしまったり、

きちんとした動きをしなくなるので危険です。

 

車検の時は、ブレーキの制動確認だけではなく、

こういった状態を確認して、きちんと清掃・グリスアップを行ったり、

必要に応じて部品を交換しないと今後2年間が心配です。

 

一度に整備が重なると、費用的な負担も大きくなるので、

車検や点検整備の都度、少しずつ、良い状態を保てたら、

結果的にはトータル的な費用も抑えられることに繋がりますし

長く車を維持することができます。

 

ちなみに、このエスティマは、車検ごとに必要に応じてメンテナンスをしているため

もう、23万キロ走行しているんですよ✨

エンジンが、年を取ってきたので、あとどのくらい乗れるかなぁ。

長距離も走るので、安全に走行できるように、

そして安価で収まるようにメンテナンスしました😊

 

年末は現在車検が大変混み合っています。

年明けも混みあうことが予想されますので、車検を控えている方は早めの準備をお勧めします😊

ショックが無い⁉️これは危険

知り合いから個人売買で車を買ったお客様。

冬タイヤを買わないと、無い‼️

という所から始まり、タイヤとホイールをまとめて準備。

そして、タイヤ交換で一安心😵💨

と、思いきや!

あっれーーーーー!

なんだこれ!

バネは付いてるけど、

ショックが無い‼️

ちょうどあと一か月で車検満了です。

車検、通るかなぁ〜っ

あまり料金が掛からず、安全に乗れることを祈って‼️

次は車検の準備ですね!

27日の車検、錆が心配。

見積り どうなるかなぁっ💦