R35 GTR 車検 GTウイングは大丈夫?

車検でご入庫の35!

今回の車検では各オイル類も取り替えたいとの事で先ずはブレーキフルード

 

何故そんなにカッコいい入れ物なんですか😁

 

次はミッションオイル

 

 

こちらも何故!!

普通の缶がカッコイイ❗️

さすがGTR👍

このミッションオイル、

値段も一流でした😱😱😱😱😱😱😱😱

 

恐ろしやR35😱

 

今回の車検で受かるか微妙なのがコレ

👇👇👇

GTウイング!!

車検が通らないとの噂もチラホラ😭

こちらのGTウイングはトップシークレットさんの商品です。

ホームページを見てみると“車検対応”となっています!

じゃぁ大丈夫じゃん〜♪と思いながら、念のため確認をします!

 

法定では、ウイングは車体の最大側から

片側16センチよりも内側に入っていないといけません。

 

計測してみると、 16.5センチ‼️

きちんと内側に入っているのでOK😆👍

 

 

高さ、サイドは? 大丈夫!!

 

問題はアールか! 形状、丸みです!

法定検査においてパーツ取付可否についての規定はあるものの、規定範囲内であるかどうかの判断は検査員に委ねられます。

ということは、もしかすると国内において車検を担当する検査員によっては危険だと判断する事もあるのか、ないのか・・・???

恐る恐る車検場へ😅

 

検査員がGTウイング見ています😅😅

形状については何も問題無さそうな様子😁

こちらから先に、取付位置や寸法は基準値以内であることを具体的な数値でお伝えしました!

 

そして、

無事! 車検クリアしました👍👍

 

トップシークレットのGTウイングは

ロアバンパとセットにすることで車検対応となりますので、お間違えなく‼️

キャンバーボルトが外れない⚡️🔩

 

時々、お問い合わせを頂く中であるのが、

『自分でやってみたが上手くいかずどうにもこうにもいかなくて💦』

と、お車をいじるのが好きでDIYしているお客様からのヘルプのお電話📞

 

今回は整備のヘルプのご連絡でした💡

 

どんなご相談かというと、

足回りの調整をする為、キャンバーボルトを社外のものから純正のものに

交換しようと思ったが、片側だけどう頑張っても外れない😭⚡️

との、ご相談でした💁‍♀️

 

キャンバーボルトとは、サスペンションとナックルを止めているところのボルト🔩

▲矢印で示したところです💡

 

どれどれ❓と、状態を見てみると

錆がひどく固着してうんともすんとも動かない・・・

これは、お客様の手の力だけでは取るのは難しいはず💦

無理くり力ずくて外そうとしたら、ボキっと折れてしまう可能性が大❗️💦

折れてしまったら大ごとです😱

 

こういうボルトが固着した場合、バーナーで熱を加えてあげると外れやすいのですが

ここは足回り💡すぐ近くにはブレーキオイルやエンジンオイルが🔥

 

そこで、ボルトの周りだけを局所的に加熱する機械で

白い部分が円になっていてボルトの周にフィット💡

じんわり熱を加えます・・・

赤くなってきた👀✨

十分に温まったところでハンマーで叩く🔨⚡️

これを何度か繰り返し・・・

外れました🙆‍♂️🙆‍♀️‼️

 


 

錆びている部分をペーパーで削り

綺麗にしたら・・

▼新しい純正のボルトを差し込んで交換😉♻️

 

無事折れることなく外れてよかった〜💓

や〜助かった〜〜‼️と、お客様も大変喜んでおられました☺️

 

困った時のテクニカルオート🚗😊👍

ご自身で色々DIYをして、アドバイスや手助けを〜❗️

ということがあれば、お気軽にご相談くださいね

 

走行中の異音 カンカンカン?

エンジンを止めても変な音がするので見てほしいとご来社。

エンジンをふかすとカンカンカンと…

😱このヤバイ音は💀🗯と、

エンジンを止めクーラントを確認・・・

 

ラジエーターキャップを外すとクーラントを確認できません😭

おそらく無くなっているか、限りなく少ない状況です😱<やだぁ!

先ずはクーラントを補充します。

クーラントが少ない為にラジエーター内の温度が上がっていて、

クーラントがブクブクしています😱

 

クーラントを補充している側から

ラジエーターから漏れているのを確認できました👍

 

 

もうエンジンダメかなぁと思いましたが、祈る思いでラジエーターを交換してみると

異音が無くなって👏

エンジンも正常に動き出しました!🎉

 

先ずは一安心😮‍💨💕

 

オーバーヒートによるエンジンへのダメージは少なからずありますので、しばらくは様子を見ながらとなりますが、生きててよかった〜😃😃

ドライブシャフト交換後の大切な作業🔧

本日のブログはちょっとした整備のお話🧑‍🔧

 

「変な音が鳴っている‼️」と異変を感じたアウディのお客様。

すぐにレッカーで搬送となり、リフトアップをしてみたところ…?

 

あらぁ💦 グリスが飛散している〜😱

テカテカしている部分(赤矢印)は全てドライブシャフトのグリスです。

飛び散ったグリスはホイール裏側までベタベタになってしまうくらいでした💥

 

どうやらドライブシャフトのブーツ破れにより

そこからグリスが漏れてしまっていた様子。

写真はまだ症状が軽い反対側の様子ですが、この状態を放置していると

今回のような大惨事になってしまいます🚨

 

残念ながらブーツ内部のグリスが飛び散って グリス切れした事により

ドライブシャフト本体も大きくダメージを受け交換が必要な状態でした。

 

輸入車という事もあり、部品自体がとっ〜ても高い😵💭

部品は少しでも安価に出来るよう、リサイクルパーツを手配。

そして国産車とは違い、専門の工具も必要となりました🔧

 

ドライブシャフト本体の交換自体も結構な重整備ではありますが

実は、その後の締め付けもかなりの力が必要で大変💨

ですが、とても大切な作業があります☝️

 

登場するのはこちらの工具💁‍♀️

手首をくるくる🌀と捻り、アウディ Q5の規定トルク値をセット❗️

 

ドライバーを指して、全体が回ってしまわないように固定をしたら

はい❗️締め付けをします🙌

 

グッと締め付けをしたら、それを180°回します。

 

どこまで回したかが一目でわかるように、目印をつけて✏️

そして、回す💪

結構な力技ですが、力に自信がない場合は持ち手部分を延ばして

テコの原理を利用して締め付けするんですって👀💡

 

上についていた印が、下の目標箇所まで降りてきたらOK👍✨

このように180°回転したことをしっかりと確認し、締め付けが完了します❗️

 

ここまでの作業を終えて、お車はやっと安全に走行が出来る様になるんですよ〜🤗

昨日のインスタ紹介の異音原因👉答え合わせ😄💡

 

いつもテクニカルオートをご利用くださっているお客様から

お車の異音のご相談🚙

2つの音が鳴っていて・・・とのお話でした💡

 

❶ひとつはエンジンをかけるとキュルキュルキュルーーー‼️という高い音

❷ふたつめは走っている時、常にカンカンカンカンと甲高い音がなり響く

 

まずひとつめの音はファンベルトから鳴っているということがすぐにわかりました👨‍🔧

このお車のベルトは半年ちょっと前に交換したばかり💡

ベルト交換した後はしばらくすると、ベルトが馴染みキュルキュル音が鳴ることがあるので

その場合は調整をかけてあげたらすぐに音は収まります👍😉

 


 

もうひとつめの音💡

 

昨日のインスタでもクイズにしてみたのですが👇

車体の下側から響くカンカンした音の答え、これかな〜

と、予想できた方はいますか❓😄

 

答えはこちら💁‍♀️💡

IMG_4396←聞いてみてください👂

マフラーを吊るためについているステーが錆の影響で外れてしまい

吊りゴムにだけくっついていてぶらぶら状態😢

振動が加わる度にマフラーに当たって金属音のカンカンっという音が鳴っていたのでした❗️

 

このステーは本当ならばマフラーに溶接でくっついているものの為

直すためにはマフラーを手配して交換してあげないと元通りにはなりません💦

ただ、取れてしまった位置はかろうじて、この箇所以外にも前側とうしろ側で固定されているので

壊れたところが外れてしまってもマフラーが落ちてくるところではなかったのです

完璧な状態ではないですが、今回はぶらぶらになっていたステーを外した事により

音が収まったのでしばらくはこのまま様子を見ることとなりました👨‍🔧💡

 


 

心配していた二つの異音がすぐにスッキリ解消されて

安心した様子で帰られました☺️👏

 


 

いつもと違う音がしたりすると、何が壊れているの❓❗️乗っていて良いの❓😲💦

と、不安になってしまいますよね💦

そんな時はいつでもご連絡くださいね♪

 

ただ、いざ見せにきた時には症状が出ない・・ということもしばしば💦

症状がでないことには診断がつかないことも多いので

もしも停車中などに鳴った場合、余裕があったらその異音を録音して頂くと

診断をする際により症状の確認がしやすいです✨🙆‍♂️(運転中は危ないので🙅‍♀️❌)

グランドマジェスティ バイクのエンジン不始動の原因🏍

 

以前にも一度ご相談頂き、車の専門ながら

バイク好きの整備士伊藤👨‍🦲がどれどれ

と点検させて頂いたことのあるバイク🏍

 

『エンジンがかからないんです💦』とのお困りごとで

ご相談でした💡

 

普段は車の引き取りしかしていないため、

搬送車に乗せるため自宅からバイク用のロープを持参し

お客様の元へ引き取りに伺いました❗️

 

 

エンジンがかからない・・・

ふとマフラーを覗いてみると👀

❓😳

水が溜まっている💦

しかも結構な量の水がマフラーいっぱいに溜まっていました。

エンジンがかからない原因はまさにこれでした❗️💧

 

冬の間、保管していた時に知らず知らず雪がマフラーの中へ入り込み

マフラーの角度的に流れ出ることなくマフラー内部に溜まっていたのでした😢

 

 

マフラーを外し分解、清掃💨

エンジンがかからないところ何度もかけようと頑張ってしまっていたため

新しいバッテリーも劣化しているような状況でした💦

数日間お預かりしなんとかエンジンはかかるように🏍💨

 

お客様へエンジンがかかるようになったことをお伝えすると

『本当ですか❓❗️✨😭』もうダメかと思っていたので・・

ととても喜んでいらっしゃいました☺️

 


 

納車の時、お母様と娘さんという親子で引き取りにいらした際にお話を伺うと

昔はもう一台同じグランドマジェスティの色違いに乗っていて

2台並んでいつも走っていたそう😉✨

 

きっとこのバイクにはご家族の楽しい素敵な思い出がいっぱい詰まっているんだなぁ🌸

と思うと、バイクが復活できたことを私たちも嬉しく感じました🍀

 

 

V8ターボエンジン🚙💨✨

皆様、おはようございます💁‍♀️☀️

夏季休暇で長期のお休みを頂きましてありがとうございます。

本日より通常営業再開致します🙇‍♀️✨

 

連休の間、お困りのことやトラブルなどございませんでしたか

 

 


 

先日車検でお預かりしたアウディ🚙

 

点検でエンジンルームを開けると

エンジンはV8ターボエンジン❗️

8気筒のスポーツカーに使われるようなハイパワーなエンジン💡

通常、エンジンルームでは吸気のパイプ(水色)しかないのですが

排気(黄色)のパイプが一緒に見えます👀

ハイパワーなエンジンの熱がボンネットへ波及しないよう

☝️こんな表記が💡

ボンネットの裏側にはアルミの保護カバーが付いていました💡

エンジンオイルも専用のお高いオイルを使用して交換します♻️

 

珍しかったのでご紹介でした💁‍♀️❗️

 


 

お墓参りなどで帰省し、長距離走った方など

オイル交換やその他のメンテナンスで気になることなどございましたら

お気軽にご相談くださいね😊

 

エキゾーストパイプのボルトが折れたーーー❗️❗️そんな時は👨‍🔧

 

マフラーの排気漏れで修理が必要となったスズキのお車アルト🚙💡

エキゾーストパイプを交換しないといけません👨‍🔧

壊れてしまったパイプを外そうとすると・・・ボキっ⚡️

ボルトの途中で折れてしまい

錆で固着もしているため外すことができません💦

しかもボルトの形状は円柱のため工具もかからない🔧⚡️

 

そんな時はどうするかというと❓❓

ベルトサンダーを使って

ボルトを削っていきます🌀

こんな形に☝️

なぜこんな形かというと

モンキーレンチの形に合わせてカットしたのです👍💡

ねじ山まで潰れているわけではないので

工具さえ噛ませられたら

クルクル回して🌀

スポッ💨✨

取れました❗️😊

これで新しいボルトを使って交換してあげたら作業完了です🙆‍♀️✨

 


 

実はこれ、結構スズキのお車のあるあるなんです👀

他のメーカーさんは比較的すんなり回るのですが

スズキのお車は折れやすいです💦

 

っと、本日はそんな整備のちょっとしたコツのご紹介でした😄

 

 

インプレッサ焦げ臭い匂いの原因❗️車の専門医の診断結果は❓👨‍🔧

 

初めてテクニカルオートに相談してくれたお客様👱‍♂️

『エンジンをかけると焦げ臭いような臭いがするんです』

まずはご来店頂き、状態の確認をしましょう❗️

とのことで、すぐにご来社🚙💨💨

 


 

エンジンルームを開けてみると

ありゃりゃりゃ・・・💦

黒いオイルがいろんなところに漏れて溜まっていました😱

整備士もこれを見て

『こりゃ臭いわけだ👨‍🔧💧』

 

エンジンオイルがダダ漏れしていました❗️

 

漏れている所はどこかというと・・・

エンジンルームを開けて見えるここの位置☝️

これです❗️

エンジン内部の油圧を感知するセンサー💡

これがダメになっていてこのパーツの隙間からオイルが噴出していました💦

 

部品を確認したところ、すぐに入荷することがわかり即手配👍

別日で作業をする事になりました💡

 


 

▼こちらがオイルプレッシャースイッチという、今回交換する部品🙌

 

交換していきます👨‍🔧♻️

 

オイルプレッシャースイッチは少し奥まったところにあるため

手前にある、オルタネーターとファンベルトを一度外して

交換していきます🙌

外れました💁‍♀️💡

後は壊れたスイッチを取り外して

新品のスイッチと交換したらOK🙆‍♀️⭕️

後は外したオルタネーターとファンベルトを元に戻し

オイルでベタベタになっているエンジンルームを洗浄🚿

その後、問題なく漏れが止まっているかしばらく様子を見て点検🔍👀

問題がないことを確認して無事修理が完了しました😊

 


 

お住まいがすぐ近くでずっと前からテクニカルオートを知って下さっていたそうで

近くに良いところ見つけたよ〜車検もお願いするね〜♪

と、的確な診断と修理に満足頂けたご様子でした☺️

 

ブレーキの異音⚡️ キャリパー固着

 

前のタイヤかあたりから変な音がするんです👂💦

と、整備のご相談でいらしたお客様

走行していてブレーキをかける時キーキーギーギーのような音が鳴るとのこと・・

すぐに整備士がブレーキを覗いてみます👀

 

あっ・・❗️

ブレーキディスクローターが赤茶色に変化している💡

☝️これは錆びている状態。

 

▲本当はこんな風に錆はない状態のはず💡

 

タイヤを外してみようとすると

熱っっ❗️🔥

ホイールがすごい熱を持っています💦

外してみるとより分かりやすいですね👨‍🔧

なんでこんな風になったかというと・・・

▲ブレーキキャリパー

ブレーキパッドとローターを挟み込み

ブレーキを踏んだり離したりする際に開いたり閉じたりして

ブレーキを動かしてくれるもの💡

これが錆の影響で完全に固着し、うんともすんとも動かない状況💦

これではブレーキが効きません⚡️

固着した状態でブレーキをかけようと負荷がかかり

ローターとパッドが削り取られ錆びて赤くなっていたというわけです💦

それが原因で摩擦熱が発生しホイールも熱くなっていました。


 

すぐにお車をお預かりし、部品を手配の上、

キャリパーのオーバーホールをして、ブレーキパッドとローターは新しいものに交換♻️

異音もなくなりこれで安心☺️💓

 

夏は長距離で車に乗る機会も増えるので

いつもと違う音がしたり違和感を感じた時は、早めの点検をオススメします🤗

遠方に行く前は、オイル交換などのメンテナンスも忘れずに🍀