タイヤが回らない

『タイヤが回っていないようなんです』とお客様から電話を頂きました。

 

車両をお預かりしたので、少し前進して様子を見てみると…👀‼️

本当だ!

ロックされたままで、タイヤが回る様子は見られません😱💥

 

まずはリヤブレーキの動きが怪しいと睨みました🤔

 

ブレーキシューが広がって、ドラムに当たってるのではないだろうか?

と思い、左右とも分解点検をしてみましたが ブレーキシューの動きは問題無し🙆‍♀️

 

続いて、もう一つのブレーキでもある サイドブレーキの点検へ🔍

 

こちらがワイヤー。

 

引っ張ってみると、その事態が明らかに。

本来はこれくらい伸びるところですが

錆による固着で、戻り不良を起こしています。

ブレーキが効きっぱなしの状態ということですね💦

 

サイドワイヤーはこのように、サイドブレーキへと繋がっています。

 

ワイヤーの周りを覆っている部分が 途切れた位置には

このように錆が発生しているのも確認。

内部ではこの錆がずっと繋がって発生しているのです☝️

 

 

今回は、新しい物に交換をして無事にタイヤのロックは解除されました✨

これで安心して走行が出来ますね!

良かった〜😊

走行中の異音&ホイール・ナットが激アツ🔥なぜ??

 

ヴォクシーにお乗りのお客様👨‍🦱

倶知安方面から札幌に用事があって向かっている途中

走行中、右の前のあたりからカランカランと変な音が聞こえる・・

 

違和感を感じ、石でも挟まった❓と思い、車をとめて見てみても何か挟まってる様子はない。

ナットが緩んでいるのかな❓と、ナットに触れたところ

あっつッッ😱❗️ものすごい熱さ‼️🔥🔥🔥

 

これはマズイと思い、テクニカルオートに駆け込まれてきました🚙💨💨

ただ、翌日にはまた倶知安方面に帰らなければいけない予定😣

 


 

まずはどんなことになっているのか

お車をお預かりして点検するところから💡

 

 

タイヤを外してみると、あれれれ中から水が👀💦💦

さらに、ブレーキを分解していくと

 

▼ブレーキオイルが染みてベタベタ😭

▼キャリパーも赤茶色に錆で固着している状態⚡️

この固着のせいで、ものすごい熱さになっていたのですね🙅‍♂️❗️

 

他のタイヤも念のためチェック🔍👀

右後ろのタイヤも外してみると同様に水が出てきました💦

 

なぜだろう❓❓と、考えると、原因は定かではないですが

通常、こんなに水分が残ることはないため

憶測としてどこか水溜りや深みにタイヤが浸ってしまった可能性があります💡

それ以外にも走行の回転により摩擦熱で熱くなった鉄板に水分が吸収され錆が進行したとも考えられます💦

 


 

キャリパーのピストンをバラして錆を磨いて戻せるかもしれない❗️

 

⬇︎

磨いてみると・・・・ダメでした😢

 

▼ご覧の通りキャリパーに複数の小さな穴が🕳🕳🕳

拡大

これは錆が進行してしまったことによる腐食の穴あき💡

 

これではブレーキオイルがこの穴から滲み出てきてしまいます🌀

 

これでは磨きでは済まないため、新品の部品交換が必要となります🙇‍♂️

至急、部品屋さんに問い合わせ、急いで部品も持ってきて頂き🏃‍♀️🏃‍♀️💨

新品のキャリパーに交換して、同時にブーツとシール類も交換♻️

 

パーツを戻すときは防錆と潤滑をよくしてあげるためグリースを塗布して🙆‍♀️✨

 

 

右前のタイヤ同様、水が入り込んでいた右後ろのブレーキですが、

こちらはかろうじてサビまで進行せずに済んでいたため、

ピストンの交換はせずに分解の上、水分を取り除いてあげて完了👍✨

 

 

札幌にきた翌日には倶知安方面に帰らなければ行けなかったお客様も

まさか予定通りの日程で乗って帰ることができるなんて😍と、

とっても喜んで頂けました🌈

 

何よりも異音がしたときは不安だったお客様が

無事に安心して帰ることができたことが良かった❤️

急いで部品を届けてくださった部品屋さんにも感謝です😊

 


 

皆さまも万が一、深い水溜りなどを走行してしまった際にはそのまま放置せず

早めに点検することをお勧め致します💁‍♀️🍀

⚠️タイヤ交換時に気をつけたいこと

タイヤ交換の時期に多く頂く作業があります。

 

ご自身で交換される際に、ナットを締め付けすぎてネジ山を潰してしまったり

錆によって固着している状態から、無理にナットを回してしまいボキッと折れてしまったり💦

 

そのような場合は、ボルトとナットの交換が必要となります🔩

 

今回お預かりしたお車もそうでした。

タイヤを外してみると…

 

こちら、お分かりになりますでしょうか?

 

すぐに部品を手配して交換します💪

 

車によって違いはありますが、本来の交換の方法は

ハブをバラしてボルトを交換した後に、外した物をプレスで圧入するという作業になります。

ですが、そうするとボルト・ナットの他にもベアリング類の部品も必要となり

修理費用がその分多くかかってしまいます。

 

少しでも費用を抑える為に👇の方法で行いますよ〜🙆‍♀️

 

まずはブレーキキャリパーとローターを取り外して

ダメになったボルトを2本、抜き取りましょう。

 

左が折れたボルト・右が新品

 

新品ボルトを後ろから差し込んで

締め付けを行う為の専門のナットを装着。

回転しない様に工夫をしながら、スピンナーハンドルで締め付けを行います。

クルクルクルとボルトが入って行きます。

裏面から見て完全に入り込んでいたらOK🙆‍♀️

 

もう一本も同じ作業を行います。

 

無事に2本新しい物に交換出来ました。✨

 

最後にキャリパー&ローターを戻したら完了〜🙆‍♀️

 

ボルトは経年劣化で、交換が必要になってしまうこともありますが

タイヤ交換時の思わぬ負荷などにより、ダメになってしまう事も多くあります。

未然に防げる事には注意をしながら、高額な出費にならないようにしておきたいですね♬

エンジン不始動になる原因は?

これまで問題無くエンジンが始動出来ているお車も

突然 掛からなくなって焦ったという経験はありませんか?

 

エンジン不始動の原因にも色々ありますが

先日お預かりしたお車は少し特殊なケースでした。

 

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

 

いつも通り朝、車のエンジンを掛けて出勤されたそうですが

一日の仕事が終わりご帰宅される時には エンジンが掛からない状況だったそうです。

その日はジャンピングしてご帰宅出来たようですが

翌日の朝にも同じような症状が見られ、再度ジャンピング作業を行って

テクニカルオートまでご来社下さいました。

 

到着された時に各部点検を行いましたが、バッテリー状態も発電も共に良好 🙆‍♀️

エンジンを掛けたままヘッドライトや室内灯エアコンなど全てつけた状態で

負荷をかけて見ても電圧も下がることは無く良好でした。

 

ただ、何度もバッテリーが上がってしまう状況は正常とは言えません❌

 

一度お預かりをし、じっくりと点検させてもらうことに🔍

 

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

 

ですが、これだけバッテリーが上がってしまう症状があったお車も

不思議なことにお預かりしてから数日間は、絶好調にエンジンが掛かるのです👀!!

 

🙍‍♂️変だなぁ…?

 

と思いながらも、お客様に様子を見て乗って頂くお話をした直後💥

 

なんと!!症状が出ました!!

本当に不思議です🤔

 

バッテリーが古かった事もあり、性能の問題だと判断をし

本体をお取り替えさせて頂くことにしました🔧

 

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

 

交換後は調子が良い♫

…はずでしたが、 1週間後にまた同じような症状が…😱

交換したはずのバッテリー🔋も充電量が極端に少なくなっています。

 

『これは何かがおかしい‼️』

 

関係する箇所を一つずつ調べる為に、再度お預かり。

 

やっと見つけた原因はこの箱の中にありました。

▼蓋を開けた状態です。

こちらの『リレー』が悪さをしていました。

 

ボックスから抜き取って、リレーそのものを分解してみると

焦げている箇所と中心部には 焦げのススらしきものが。

電気が流れると、この鉄部分が接点となり

反対側の鉄部分とくっつく・離れるという動作で電気の動きをつけているのですが

この スス のような物も影響し、電気が流れっぱなしとなっていた様子です。

 

なるほど💡

リレーの通電が原因で、エンジンを掛けていない間も

エアコンのコンプレッサーが常に作動してしまい

バッテリー上がりへと繋がっていたのですね☝️

その後、リレーは新しい物に交換。

エンジンは絶好調に掛かるようになりました😊

クーラントが漏れている!?

エアコンの効きが悪いと夏場にご入庫頂いたお車。

エアコンガスチャージを行なった際に、コンデンサー本体から漏れていると言う事に気が付きました。

 

この点検でもう一つ気がついた事…。

 

なんと‼️

ラジエーター本体から冷却水(クーラント)が漏れているではありませんか💦

下にダラ〜っと垂れてしまっている緑の液体がそうです。

 

既に結構な量が漏れてしまっているようで、クーラントを溜めているサブタンクが

殆ど空になってしまうほど…😱

 

この状態では、走行が不安な状態!

もちろんすぐに交換をしていきます。

ラジエーターもコンデンサーも同時に交換を進めていきました。

これでもう安心♬

 

最近、似たようなケースでのご入庫が続けてあり

エンジンルームがクーラントでベタベタになってしまっているお車を何台か見てきました。

 

▼ネオンカラーのようなピンクのクーラントがラジエーター上部から吹き出している状態

緑色のクーラントでエンジン全体が濡れている状態

 

幸いどちらのお車もすぐに発見出来たため、大事には至りませんでしたが

気がつかずに走行をし続けてしまうと大変な事になりかねません⚠️✋

 

最悪、エンジンがダメになってしまう恐れが…😱

 

そうならない為にも、日頃のメンテナンスでしっかりと点検をしておきたいポイントですね✨

走行中の異音

『走行中40㎞/hくらいからシャリシャリと音がなるようになったので見て欲しい』

と点検のご依頼を頂きました。

 

ホイールの隙間から音が鳴っていると思われるブレーキ部分を覗き込むと…

その音の正体が明らかに!!

どうやらバックプレートとブレーキローターが当たって

それがタイヤの回転と共に “シャリシャリ“ といった音を発生させていた模様。

 

▼近くで見ると擦れた後もはっきりと

 

タイヤ交換後にも良くある症状なのですが、

それはタイヤを脱着する際に、ホイールとバックプレートが接触し変形してしまい音が発生したもの。

 

今回のように突然なり出した症状については

あくまでも推測ですが、熱によってプレートが膨張したことでローターに接触してしまい

鳴っているものではないかと想像しています。

 

🙍‍♀️熱によって膨張???

 

台所に熱湯を流す時や、やきそば弁当の湯切りをする時などに

シンクが熱膨張して『ボコンッ』となりますよね☝️

 

それを想像するとなんとな〜くイメージ出来るかな?🤔

 

今回は分解をして、バックプレートの角度をちょっと変えて異音は解消✨

 

お客様にも安心してお帰り頂くことが出来ました♬

分解してみちゃいました🔍👀

エアコンが冷えないと言った症状で先日CX-7が入庫しました。

 

点検をしていて外観は作動していたコンプレッサーですが

ガス圧を測定してみると何も変化無し。

 

コンプレッサー交換し、不具合を解消しましたが

取り外されたこちらの物が気になって分解をしてみました。

 

マグネットクラッチを分解して、プーリーを外して

本体の前側(プーリー側)のケースを開けてみると

 

インペラと呼ばれる金属のプレートが全部割れています。

こんなにバラバラに😱💥

コンプレッサオイルが不足していたのかもしれませんね。

 

エアコンはガスもオイルも規定量入っていないと冷えない原因にもなり

今回のように壊れてしまう原因にもなってしまうので

何かいつもと違うなと感じることがありましたら

すぐに点検にきて下さいね!

2年越しのお悩み解消✨

車検でパジェロミニをお預かりしました🔧

 

🙍‍♀️『平坦な道を走行すると、左後ろの方からコトコトと音が鳴るのが凄く気になるんです❗️』

 

お話を詳しく伺うと

何かと何かが当たっているような音が、低速の時に良く鳴っているとの事💥

 

2年前の車検を他社にお願いした際には

“ 分かりません ゛と言われてしまい、ずっ〜と気になっていたとのお話です。

 

原因がわからないままってモヤモヤしますよね…😭

 

 

まずは詳しく見てみる事にしました!

 

お客様が仰っていた音が出るという条件で走行テストをしたり 🚗💨💨

車体後方を揺らして見たり💪

 

 

そうすると、それらしい音を確認!!

 

それはバックドアを開けた中に。

通常、上下に『あたりゴム』が付いているのですが

上のゴムが見当たりません。

 

この部分がないことが原因で、ドアを閉めたときに隙間が出来てしまい

それが振動と共にコトコト鳴る原因だったのではないだろうか。と推測しました💡

 

 

すぐに新しいゴムを手配し装着✨

 

再び同じ条件で音の確認をすると…

静かになってる〜!予想は的中😆🙌🏻 ヤッター

 

納車後、改めてお客様に確認すると

『あれから音は鳴っていないですよ!ありがとうございました!』

とのお言葉を頂き安心♬

 

2年越しにお客様のお悩み事が解消出来て、嬉しい納車となりました。

アクア エアコンパイプ交換

他社でエアコンコンプレッサー等の指摘があり

テクニカルオートにご相談を頂いたアクアのお客様🚙

 

まずは状況確認を行う為にも

エアコンのガスを蛍光剤と一緒にチャージして

コンプレッサーの動きや漏れ箇所を具体的に見てみる事にしました🔍

 

ガスチャージ完了後に、エンジンルーム内を覗いて見ると…

漏れているポイントはすぐに発見‼️

 

紫外線ライトを当てて専用のメガネ👓で見ると

エアコンガスと一緒に入れた蛍光剤が緑に光って、そのポイントをお知らせしてくれます☝️

 

 

今回はパイプの一部からだと判明しました。

 

漏れているパイプを外した状態でその部位をよ〜く見てみると

なぜ付いているのか解らないスポンジの下で腐食が進み

小さな穴が空いてしまっている状態です…。

 

この状態では新しい物と交換が必要です。

 

届いた新品パイプを見てみると

もちろん付いていました、この謎のスポンジ。

どこかに干渉するのを防いでくれる為の物かと思いきや

どうやら、そういう役割もしていない様子🤔

 

もしかしてこのスポンジがある事により、水分の蒸発を妨げていたのかな?

それがパイプ腐食の原因になっていたのかな?

 

何にしてもそのま付けると、この状態を繰り返してしまいそうなので

スポンジは取り除いて車両に取り付けしました。

 

きっとこれで再発はしないでしょう😃💡24

車が真っ直ぐ走らない!その原因は? 〜点検編〜

『車が真っ直ぐ走らない』

という状況でレッカー搬入されてきたウィッシュ🚙

 

平成17年式 走行距離は114,000km。

 

石を踏んだ様な音が聞こえた直後から

車がふらついて真っ直ぐに走行が出来なくなったとのこと。

 

 

レッカーで搬入された後、早速リフトアップして見てみました🔍

 

▼車体後部から見た様子です。

 

音が聞こえた側を見てみると、何かが折れている…💥

👇 👇 👇

 

左側の『サスペンションアーム』が錆・腐食により損傷を受け とても危ない状態になっていました。

 

融雪剤の影響が大きいのかもしれないですね。

 

今後ウィッシュのこの部分は

要チェックポイントになりました☝️