EKワゴン ジグ修正 保険修理

 

保険会社さんのご紹介でご入庫となったEKワゴン🚗

 

バックで駐車しようとした時に塀にぶつけてしまい

左の後ろ側が大きく損傷💦

 

保険を使用して修理をする際は、事故の際に損傷を受けた箇所を

見落とすことないよう細かくチェックをしてお見積もりを取ります✏️🗒

▲車に青い印が付いているところが傷や凹みのあったところ💡

 


 

バンパーを外してみると外から見るよりも内側に大きくダメージを受けていました⚡️

バンパーは鉄板とは違い、ぶつかった際の衝撃を吸収できるよう柔らかい樹脂素材で

できているため、ぶつかった後形が戻りやすく、一見なんともなく見えていても

骨格のところへダメージが入っていることが結構多いのです😭

 

ご覧のようにバックパネルやクォーターにかけて

グニャっと変形しています💦

 

こういう状態になると、『ジグ』というフレーム修正機(工場に1台しかない)

を使用して、元のフレーム(骨格)の状態に修正をかけて直す必要があります💡

▲車体に鎖のようなワイヤーを取り付けミリ単位で引っ張り

元の形へ戻してあげます🙌

きちんと元のフレームに戻してあげないと、交換するパネルが

ピッタリ組み付けできずさまざまな不具合が生じてしまいます👨‍🔧

テクニカルオートでジグ修正をできるのは、板金屋さんのトップ❗️太一さんだけ

この冬〜春にかけては大きな事故も多く、修正を待つ車は順番待ちの状況👀

機械もひとつ、技術者もひとりの為、太一さんは日々奮闘してくれています🏃‍♀️💨

 


 

ジグでの修正が終わったら、新品で交換するパネルを

溶接で貼り付け交換します🙌

▲クォーターのパネルは1枚ではなく表面と内側の2枚合わせになっていて

こちらは内側のパネルです👨‍🔧

▲これが表側のパネル💡

未塗装で届くため、塗装が必要となります💡

▲塗装をかけるための下地作りをしました

溶接部分は鉄の性質が変わり錆びやすくなるため

きちんと防錆処理も行っています😊👍

傷の入っていたドアも塗装💡

そのほかリヤゲートやバンパー損傷のあった部分は交換もしくは修理をして

仕上げて修理完了🙌

 


 

お客様の命を乗せて走る車🚙🌈

きちんとした修理で安心して乗って頂けるよう1台1台心をこめて修理しています☺️🍀

 

フリード ドライブシャフト交換

 

走行中変な音がして走行不能になってしまったお車がレッカーで搬入されてきました🛻

お車はフリード🚙

リフトにあげて点検します👀💡

すると・・・

 

あら〜〜😱💦

ドライブシャフトは真っ二つに💔

ドライブシャフトとは車のエンジンからの駆動力をタイヤへ伝える棒💡

これは大きく三つのパーツがくっついたもので

シャフト部分

・ジョイント部分

・ブーツ(ゴム製)

これが一つになって駆動するものです☺️

 

ゴムの部分が劣化してくるとヒビ割れや破れが生じ、

中に潤滑をよくするグリスが入っているのですがそれが外へ飛び散ってしまい

水や汚れが入り込んだり、ジョイント部分の金属部分が直接擦れてしまうことで

シャフト自体がダメになってしまうのです😭

常に駆動しているところになるので

錆の影響でダメージをもろに受けてしまい折れてしまっていました💦

▲奥がぽっきり折れてしまっていたもの

手前が別な箇所のドライブシャフト

▼拡大🔍

ご覧のようにこちらも危うい状態ですね💦

 


 

ドライブシャフトを新品で交換するとなると

部品代が結構お高い為、今回はリビルト品を探しリビルト品で交換することとなりました👍❗️

 

いつもお世話になっている部品屋さんへ全国に問い合わせをして頂き

部品を探してみると、こちらの車両、年数的なものもあるかもしれませんが同様に不具合が

でているのか全国でごく僅かしか在庫がない状況でした👀❗️

 

今回はなんとか部品を手配することができ、無事にお客様へお返しすることができました😉✨

 


 

ハンドルを切った時などに変な音がしたり、いつもと違う音がした時には早めの点検💡

そして車検の際などにも、ヒビ割れが発見された場合は、ブーツ自体は何千円ほどのものなので

早めの交換をお勧めします👨‍🔧

後回しにしてしまうとシャフトごと交換となり痛い出費となってしまうことも💸💦

 

直接走行に支障をきたす部分なので、事故を未然に防ぐためにも

何か変だなと違和感を感じた時にはすぐに止まってくださいね💡🚗✋

 

今回は何事もなく無事で本当によかった〜😣✨✨

 

 

ジムニー タイヤハウス錆穴 補修修理👨‍🔧

 

タイヤハウス内を覗くと👀

赤茶色く錆びているところが何箇所か・・・

上のお写真の部分は一度補修をしている様子

はぐってみると・・

あぁ〜💦穴が空いている〜😭

これがもっとひどくなると車検を通すのが難しくなってしまいます

今回は簡易的で良いので穴を塞いで欲しい要望と

下廻りのアンダーコートの施工をしてほしいとのご依頼を頂きました💡

 


 

まずは一度下廻り全体をスチームで洗浄し汚れを落として綺麗にします

細かい部分まで念入りに🚿✨

この後1日しっかり乾燥させます☀️

錆びている箇所を削り落とし

穴が空いていたほうは別な鉄板を当て板して穴を塞ぐため

形に合わせてカットしたら

貼り付けます👏

そして少しでもこの後の錆の進行を遅らせるため

防錆剤を内側へ注入します💉

 


 

穴塞ぎの作業が完了したら

下廻りのアンダーコートの施工へ移ります👉👉

ボディへアンダーコートがかからないようビニールでしっかり養生して準備完了🙆‍♀️

 

▼施工前の足回りの状態

 

▼アンダーコート施工後

細かい部分、パーツの隙間まで隈なく真っ黒く塗装できました

赤茶色になってしまっている部分は防錆をかけても

どうしても錆の進行を止めることはできませんが

何も塗らない場合とは全然違います❗️

 

皆様も来年の冬を迎える前に今一度下廻りの点検をしてみると良いですよ🍀

長く愛車と過ごすためにはこまめなメンテナンスが重要っ😉👍

いつでもご相談くださいね♫

遠方からの大切なご縁💓

大切なお客様より一本の電話が鳴りました☎️RRR〜♬

 

「地方のお客さんが困っているので、直接連絡を取って話を聞いてあげてほしい」との事。

 

👩 地方??

 

札幌からの距離を調べると…

なんと 171km!!

時間にすると、片道約3時間も掛かる場所です👀💥

 

どうやら札幌に定期的に来る用事があるようで

地元には相談に乗ってもらえるような所がないらしく

工場の紹介に至ったようです。

 

そういう状況の中で、テクニカルオートの話題が出るなんてありがたいお話です♬

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

お車の状況はというと、札幌に向かってくる途中で

ブレーキのキーキー音が耳につくようになったんだとか。

 

心配になり、他社で見てもらうと

パッドが残量1㎜と言われ、交換しないとならないお話になったそうです。

ただ、そこでは交換までの対応はしてもらえず、テクニカルオートにご相談頂いた様子でした。

 

お電話で状況を伺い、次にいらっしゃるタイミングに合わせ

まずは 想定される部品を用意しておくことにしました✨

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 

お約束当日。

朝一でご来店を頂き、すぐに工場内へイン🚙💭

 

ブレーキをすぐに分解して点検します!

 

すると、パッドの残量が無いことが判明しました🔍👀

このパッド横にある『インジゲーター』が

キーキー音を発し、パッドが無いことをお知らせしてくれていたのですね。

更に、ブレーキローター自体も錆による腐食が大…💥

 

なので、パッド&ローターを同時交換してしまいました✨

せっかくなので、キャリパーの清掃も行って♬

 

これで無事にブレーキの交換は完了です👌⭕️

 

ブレーキ鳴きも止まって、別件でご相談頂いたベルト鳴きについても調整で済み

お車の不調もすっかり改善されました😊👍

 

遠方からのご来店ということと、お車の状態から

きっと不安な中でのご来社だったと思います。

 

ですが、おかえりの際にはホッと😌したご様子でいらっしゃったので

良かった〜と思った整備でした🙇‍♀️⤴️⤴️

グリス漏れには要注意‼️

ドライブシャフトのブーツの切れやヒビ割れは、車検で良く指摘される事ではありますが

ブーツ自体に切れが無くても、グリスが漏れている状態では同じように車検は不適合となります❌

 

▼こちらのお車もそうでした。

▼茶色いベタついたものが出ていて、周りが全体的に湿っていますよね。

 

ドライブシャフトブーツはゴム製品☝️

動きに合わせやすいよう蛇腹の作りとなっていますが

経年劣化や、伸縮の繰り返しによって この蛇腹の谷間部分からパックリと割れが発生する事が多いのです。

 

ですが、今回は切れという状態ではなく

分割式のブーツの割れ目からグリスが漏れていると言った状況でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブーツ交換の様子

 

劣化しているブーツを取り外してしまいましょう。

 

▼外れたものがこちら❗️

 

▼半固形グリスも古くなると液状化してしまっていますね。

水分と混ざり合い白濁していますが、本来のグリスはこんな感じ👇

色も綺麗で、ちょっと固め。

 

 

白濁した古いグリースは丁寧に取り除いたあと、新たなグリースを注入✨

 

そして新しい分割式のブーツを取り付け。

最後に、端2箇所にバンドをつけたら完成〜‼️

 

今回はドライブシャフト本体にダメージは無さそうだったので

ブーツの交換だけですみましたが、ブーツの破れやグリス漏れを放置してしまうと

本体ごと交換するしか無くなり高額な費用が掛かってしまいます💦

 

定期点検の際に、しっかりと確認しておきたいポイントですね💡

 

エンジンから金属音がする❗️その原因は?

いつも感じている症状なのに

工場に車両を入庫するとその症状が何故か現れなくなってしまった❗️

という事は、良くある事なのかもしれません。

 

身体の調子が良くないなぁ…と思って病院にかかっても

診察までの間に意外と調子が良くなったり👀👍

 

本当、不思議ですよね🌀

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回、お預かりしたお車も

走行中に金属音がするとご相談を頂いていました。

 

お客様の話では、普段3〜4kmくらい走った後には毎回 金属音が鳴るようになり

一度 鳴り始めるとアイドリング中にはずっ〜と耳に付くような嫌な音がなっているとの事。

 

ですが、お客様と同じような条件で試運転してみても

全然症状が現れないのです…😅

 

別件の作業を進め、一旦お返ししようと思った矢先!!

その音は 突然 現れました🦻💥

キーッという耳につく音。

確かに金属音のようにも感じられますね。

 

音が鳴っている内に、こちらでどこから発生している音か特定してしまいましょう!

▲サウンドスコープの登場✨

お医者さんの聴診器のような役割をしてくれます。

 

耳に当てて音の出ている箇所に先端を当てると

その機械の音が直接、スコープを通してダイレクトに耳に入ってきます。

怪しいところを一通り確認。

 

すると音の原因は

ウォーターポンプだと断定出来ました👏

 

以前、他社さんに相談した際に

怪しい箇所を順番に進めて行くようになる事を案内されたようなのですが

今回の点検で原因の特定に至り、お客様の心配事も解消出来たので

気持ちの良い整備となりました🤗✨

 

ありがとうございました。

CXー5 オルタネーター故障⚡️ お乗りの方は必見❗️

ベルトが鳴くようになったとご連絡を頂き

後日交換する予定でお打ち合わせをしていたCX-5🚙

 

作業予定とお客様のご都合とのお話しを進めている最中に

ベルトが切れてしまったとの事でレッカーで運ばれてきました💥

 

まずはエンジンルームを開けて確認🔍

 

オルタネータ付近を覗いてみると…あれ⁉️

 

あれれ⁉️

ベルトは確かに無くなっているのですが

その前に、ベルトが掛かる部分のプーリーも外れている😱‼️

 

通常 この部分は、外れてしまうことはまずありません✋

 

じゃあ、なんでこうなったんだろう???

 

プーリーの裏側を見てみると、原因がわかりました。

何やら細かいカスのような物が入ってて、粉々しい。

ベアリングが破損している状態でした。

 

オルタネーターも車体から取り外し。

シャフトの部分も確認をしてみると

皮が剥がれたような無残な姿になっていました。

 

今回のこの症状、実はリコール案件になります。

『新車から5年/10万kmのどちらか早く到達した方』

として保証期間が設けられていましたが、10年/距離 無制限 に延長されています💡

 

お預かりした車も無事に新品に交換して貰えたとお電話を頂き、まずは一安心😊✨

 

ふと、後から考えてみると

ベルト鳴きの症状もオルタネーター プーリーの動きが思わしくなく

発生していた可能性もあるかもしれません。

 

CX-5にお乗りの方は、ベルト点検時に一緒にオルタネーターも点検しておきましょうね 🍀

 

愛車と長く付き合っていく為に🚗✨

 

車検でご入庫頂いたお車のお話💡

 

今回は新しく乗り換えをしたお車をお預かりさせて頂きました🙇‍♀️✨

こまめに洗車をしてお手入れしてとても大切にしているのがわかるお車でした💡

 

実際に車検の整備を進めていると、まだ乗り換えて年数が経っていないお車のため

大きな整備は出ずに車検を完了できました👍😊

 

ただ一つ、気になることがあったのでお客様にご相談させて頂きました💁‍♀️

車検の際お車をリフトアップして点検をするのですが・・・

下廻りの状態を見ると、防錆塗装がされていない💦

北海道で走るのであれば、冬場の融雪剤(塩カリ)の影響は避けられません💦

雪道、走行するのには雪を溶かしてくれるので大変助かる融雪剤ですが、

車にとっては錆の原因となるので、大敵ですよね🙅‍♂️🌀

 


 

ボディを綺麗に保っているので、下廻りをこのままにしてしまうのは

心配😭💦と、思い下廻りの塩害ガード塗装はお考えではないか❓

と、お話を伺ってみました👂

すると・・

『え❓塗っているはずなんですが・・❓』と、お客様。

 

ん❓どういうことだろう・・

 

詳しく伺うと、乗り換えする前の車が錆の影響を受けた過去があり

今回はそこだけは絶対に避けたい❗️と、定期的に防錆コートを別な車屋さんで塗ってもらっていたと。

 

実は、定期的に塗っておきますねと言われ塗装されていたのはマフラーの防錆コートだけだったのでした👀💦

お客様はショックを受けてしまった様子😣

なかなか自分自身で車の下廻りを確認するのは難しいので

預けたお店の言葉を信じるしかないですよね😢

 


 

ご相談の上、この先もずっとずっと長く乗っていきたいご要望だったため、

今回はしっかりと塩カリから車体を守るための塗装をかけることとなりました😊🙌

 

しっかりと塗装をかけない部分はビニールで養生し準備OK🙆‍♂️✨

 

タイヤ周りの駆動する部分はすでに錆が発生してしまっている状況でした💡

でもここは最悪の場合はパーツの交換をできる部分なのでこのくらいならまだ大丈夫🙆‍♀️

 

▲塩害ガード塗装後

細かいところまでしっかり吹きかけて防錆💨✨

 

▼ボディ側もしっかり塗装します🙆‍♂️

シルバーに見えている部分は鉄板が剥き出し❗️

ここに錆が発生すると、最悪の場合、フロアに穴が空いてしまう

ため、車検はおろか、直すとなるととんでもない金額に💦

シルバーに見えていた部分が真っ黒になりましたね👨‍🔧

マフラーと遮熱板には塩害ガードはかけません💡

 

その他の部分も・・

 

これは錆のない部分に一度塗ってあげると

ちょっとやそっとでは剥がれてくるものではないので

錆が発生する前に塗装してあげることがとっても重要👍

 


 

今回は、ずっと塗ってあると思っていたのに実際は違っていたことと

お電話にて状況をお伝えして作業を進めることになったので

お車をお返しする際には、お客様に安心して頂くため

塗装前と塗装後のお写真をお見せしてご確認頂きました😊

 

実際に車の状態を見たことで不安が解消された様子でした🍀

 


 

これで、車の内側の整備も、外側のメンテナンスもできたので

安心してしばらく過ごすことができますね☺️

 

窓が開かない💦なぜ❓

 

『車の窓が開かないんです』

といつもテクニカルオートをご利用頂いているお客様からの相談👨

 

お車はセルボ🚙

運転席のパワーウィンドウが効かない状態でした💡

たびたびこのようなご相談を頂きます。

今回は閉まらないのではなく開かない・・

この時期なので開きっぱなしよりは寒くないから良かったですね〜😉笑

なんてお客様と話ながら

 

点検🔍👀

 

パワーウィンドウスイッチが壊れている⚡️

ドアを分解してみてみると

矢印の所にあるのが、レギュレーターモーターと言われる

パワーウィンドウを開閉させるためのモーター💡

 

▼拡大🔍

レギュレーターモーターの位置が変😲

本当であれば黄色で囲っている穴の部分に

赤い矢印のレギュレーターモーターがピッタリ収まっているはず💡

ご覧のように上の方へズレてしまっていました💦

ズレたことによりコネクタに傷が入り故障してしまっていたのです😖

 

▼ズレないよう固定しているボルトもご覧の通り

本当なら下の方で固定されていたハズ💡

▲ここはボルトがなくなってしまっていました💦

これではズレてしまうわけだ😣

 

なぜこんな風になってしまうか・・❓❓

経年的なものや色々あるかと思いますが

もしかすると、寒さで凍ってしまっているガラスを無理に開閉しようとしたことに

よって、負荷がかかり、モーターもろとも壊れてしまったのかもしれません😱

 


 

今回は、できる限りの負担を少なくするためリサイクルパーツを探し

新品ではなく、リサイクルパーツにて

パワーウィンドウスイッチとレギュレーターモーターを交換して

無事に作業完了😄🙌

 


 

冬場は特にこういったことが原因でパワーウィンドウだけではなく、

ワイパーも雪が乗った状態でそのまま動かそうとして

モーターが壊れて動かない😭といった事も多々ご相談頂きます💡

 


 

朝が忙しかったり雪かきで大変な毎日ではありますが

車が壊れてしまうとその方が痛い出費となってしまうかと思いますので、

氷は溶かして、雪は降ろしてから動かすようお勧めします💁‍♀️⛄️✨

サンドブラストを使って錆修理👨‍🔧

 

ぶつけてしまったところが錆びているんです💦

と、相談にいらしたアルトラパンにお乗りのお客様👩

 

どこか錆びているのかな❓と拝見すると・・

右側のサイドシル(ドアの下側ステップのあたりのパネル)が凹み

塗装が剥がれたところから鉄板がむき出しになり錆が発生していました😖

 

サイドシルは他のパネルに比べて硬いパネルのため

板金で凹みを出すとなると、時間も費用もかかってしまう・・

ということから今回は凹みはそのままに極限まで錆を落として

塗装をして修理する事となりました👨‍🔧💡

 

まずはサンドブラストと言って細かい砂を錆びた箇所に当て

錆の細部まで念入りに落としていきます💨

▲作業時は細かい砂が目などに入らないよう完全防備で✨

赤茶色に錆びていた部分がブラストを当てたところから灰色に変化しているのが

わかりますか❓👀

 

▲サンドブラスト後の状態

凹んでいたところの他にサイドシルの耳の部分も錆びてしまっていたため

一緒に落としちゃいました😄✌️

 

錆を落とした後は

塗装の下地作りをするため

表面をフラットな状態に削り、整えてあげます💡

 

錆がまたすぐに発生してこないように

2種類のプライマーを塗布して

塗料の密着を良くするためのサーフェーサーも

塗ってあげて・・下地の完成🙆‍♀️✨

 

 

ここまできたら塗装をかけない部分は養生をして隠し

ボディ色に塗装をかけて

完成🙌✨

 

 

サイドシルの修理が完了したら

車検のご依頼を頂いていたので引き続き

車検の整備をさせて頂きました👨‍🔧

 

 

車の総合病院テクニカルオート🏥で無事

外科も内科の処置もできたのでしばらくの間は

心配なく安心して乗ることができますね😊🌈☁️