自動車フレーム修正の様子

👩フロント事故で、車の前側が大きく壊れてしまった車を修理していたので、工場に見に行ってみました。

修理していたのは太一さんでした。


👨‍🔧車の大事な骨格。
骨格に損傷があればフレーム修正機の出番です。

▼ちょっと分かりにくいですが、すんごい曲がってます。

👩フレーム修正機!工場の右奥にある、大きな機械です。

👨‍🔧直し方は、見た目感覚じゃなく、ちゃんとメーカーから出ている車両寸法に基づいて修理していきます。

👩なんだか、細かくてごちゃごちゃした図面ですね。いっぱい数字が書いてある!

👨‍🔧そうなんですよ〜〜。 まずは、アンダーボディから。

👩ざっくり言うと車体の下側ですね。

👨‍🔧そうです。アンダーボディがきちんと直っていないとアッパーボディも直りません。

👩ざっくり言うと車体の上側ですね(笑)

👨‍🔧そうとも言う(笑)

アッパーボディ前側は、損傷がひどいので交換でした。あ、ざっくり言うと運転席より前側です!

各箇所の寸法を測りながら引っ張り出したり広げたり、骨をグイーッと修正しますが、その調整はミリ単位!!

ダイナミック且つ繊細な修理です。

無事寸法が出て修正は完了です。

👨‍🔧この後、
損傷があったABSアクチュエータ、エンジンハーネス、足廻りの交換です^_^

👩太一さん、何言ってるのかさっぱりわかりません。

👨‍🔧エンジンルーム内にある、ブレーキシステムを制御している部品や、バッテリーから各所に伝わる木の幹のような役割の重要な配線、タイヤに繋がる内側の構成部品を全〜〜部交換するんです。ごっそりと。

👨‍🔧部品が揃うまでも、メーカーのバックオーダーで1ヶ月くらい掛かりました。それまでに、出来るところまで進めましたが…💧

👩長かったですね!でもここまで来たら、もう少しですね!!

👨‍🔧ちゃんときれいにしっかりと直すので、待っててくださいね〜〜!!

 

 

 

 

車検場の様子 現在渋滞中

3月卒業 4月入学

まだ微妙に雪景色ですが、
おめでたくお花が咲く季節です。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

この時期は、車の入替・購入も多く、そのタイミングが重なるため、
車検が非常に混み合う時期でもあります。

そんな中、

高橋オジサンが車検場へ行ってきました。

すごい行列!!!

なんと、外まではみ出して、
道路まで渋滞している状況です。

↓↓↓

構内に入っても、なかなか検査場までたどり着けません。

こんな状況ですので、

工場の予約もびっしり。

🚗🚙🚗🚙🚗🚙🚗

急なご予約の場合は、なかなか順番までに日数がかかり、
ご不便をおかけしますが、代車でお待ちいただいている状況です。

時間が掛かってしまっている皆様、ごめんなさい!

🙇‍♀️

検査を受けに行った高橋オジサンは、

この行列で
どこまで進んだでしょう??

…まだまだですな。

せっかくなので、

このまま、高橋オジサンと一緒に

車検の検査場で何をしているのか、
覗いてみましょう!

🙋‍♀️

まず、建物に入る前に、

ライトやウィンカーなど電球に関わる点検、車両の詳細や車高、着いているものが規定の位置に収まっているかの確認などなど。
そして、室内では警告灯点灯の有無や、シートベルト、 発煙筒の確認などをします!

この時、車内の荷物が多いと、

「確認できないからダメ~」って
検査してもらえないんですよぉ💧

車内はきれいに整頓しておきましょう

いよいよ、検査ラインへ。

◆排出ガス検査

検査棟に入るとまず、排出ガスの検査です。

一酸化炭素と炭化水素の濃度を測ります。

輝がやっていた、

▼これ! 排気ガス濃度のテストです!

エンジン内できれいに燃焼していれば、きれいなガスが排出されるようになっています。

◆サイドスリップ検査

フロントのタイヤがまっすぐの方向を向いているかのテストです。

1m進んだ状態で5mm以内の誤差までが車検合格です。

テクニカルオートにあるのは四輪アライメントのテスターなので、平面テストではなく立体のテストとなり、もっと精密です。

◆メーター・ライト・ブレーキ検査

次に、

  1. スピードメーターが速度通り動くか
  2. ヘッドライトは正しい方向を適正な明るさで照らしているか
  3. ブレーキの効きは正常か
  • この3つを続けて検査します。
  • そうです。
  • ヘッドライトのあれです。
  • スピードメーターも、きちんと動くかを測っておかないと絶対正確!とは限りません。
  • ↑こんなこともあります😅😅😅
  • ◆車検証発行
  • 全ての検査を終え、無事にハンコをもらったら、ようやく新しい車検証が発行されます。書類もきっちり揃えて、また順番待ち!!!人の列!!
  • ◆車検は健康診断
  • 日本では、乗用車だと2年に1度受けなければならない車検制度。
  • これは、人で言う『健康診断』です。
  • 健康で長生きしてもらって、いつも一緒に遠くまで旅行に行けるくらい元気でいられるか
  • あまり面倒を見ないで病気がちになり、やたら病院のお世話にならなければならなくなるか…
  • そう考えると、人も車も同じです。
  • 整備士は車のお医者さん。
  • とびきり若く、健康な車なら
  • 簡単で安価な健康診断専門の検査を受けるのも良いでしょう。
  • ある程度酷使した体や、ある程度の年齢を迎えた体の車は、ちゃんとしたお医者さんの診断を受けると、健康状態の把握と対策ができるでしょう。
  • 車のことは、車の名医にお願いしましょう!
  • 保険事故 即座に 神対応

    先週末納まった車です。

    仕事で移動中、

    雪が吹き荒れ…

    街灯も少なくなり、辺りはホワイトアウト状態!

    進む道の先も、前を走っている車も見失いそうになる中、

    十字路を通過した その時でした!

    同じように左側から十字路に進入してきた車が…!!!!!

    こちらの側面後方部に衝突😖🗯

    後ろに突っ込まれたとはいえ、左方優先。やはり、こういったケースは、双方過失を求められる事故です。

    大事には至りませんでしたが、思いの外、大きな損傷。

    代車の特約には入ってないけど、直ぐに代車も必要だし、冬季の忙しい中、直ぐに引き受けてやってくれるところは……😫💦

    保険会社の事故担当は、困った時のテクニカルオート🙏と、連絡をくれて、お預かりの流れとなりました。

    毎日仕事で活躍している車なので、出来るだけ早い修理と対応が必要!!

    さぁ、どうする!

    直ぐに修理内容と交換部品を確認し、保険会社の承認を得て部品発注!

    助手席の後ろ側から、

    スライドドア・クォーターパネルは交換です。

    結構大きな手術となりましたが、

    無事、完了!!!

    すっかり元通りに綺麗になった車を見て、ドライバーさんは素敵な笑顔で、

    『いや~、良かった! ありがとうございます!』と、

    嬉しいお言葉をいただきました😊✨

    喜んでいただけて良かったです!

    ありがとうございます😊

    2色のバンパー 部分的に修理塗装 (ヴェルファイア)

    雪の塊にぶつかって、バンパーの下側が割れてしまいました。

    バンパー1本丸ごと取り替えるだけで、10万円以上掛かってしまいます。

    『直らないかなぁ?』

    割れてしまったところは、一時的には直りますよ!

    ただ、下の部分でバンパーを固定している箇所が壊れてしまっているので、グラグラするし、

    少し硬い雪や氷の塊に押されたりするとすぐにピリッとヒビが入るかも…。

    それでも仕方ない、ということで…


    バンパー修理


    バンパーの裏側を削って、熱をかけてピンで固定していきます。

    黒くて見えにくいかもしれませんが、数箇所止まっています。

    ヴェルファイア バンパー修理

    その上から、バンパー補修用のネットを貼り付け、埋め込みます。

    表側は、きっちり平らになるように形を整え、塗装の下地をつくります。


    塗装は、2トーン

    パールホワイトと、黒の2色です。

    今回は安価で抑えるため、部分的な塗装をします。

    まずは、白から塗装していきます。

    ヴェルファイア バンパー2色塗り分け

    次に、黒い部分を出して、

    ヴェルファイア バンパー2色塗装

    さっき塗った白い部分を隠します

    黒だけを塗装して、

    2色の塗り分け完了

    そして、塗装した箇所全体に、クリアを吹いて仕上げます✨

    これで、どこが割れていたのか、もうわからなくなっています。😊

    あとはバンパーを車体に戻して組み付け、完成です!

    リヤ事故 クォーター交換 職人技

    フィットのリヤフェンダー損傷。
    事故による損害です。

    バンパーやリヤゲート、他にもいろんなものを外して
    裸の状態に。(*ノωノ)

    フィット リヤフェンダー損傷

    ナンバープレートを外すためには封印も外さなければなりません。
    テクニカルオートは、特認一種という工場の特別な資格があるので、
    封印を外しても、また新しい封印を取り付けることができます。

    タイヤの上のパネル リヤフェンダーがボコボコと広い範囲で大きく歪んでいます。

    ボルトやビスで固定している部分ではありませんが、

    交換することができるんです。

    どうやってするかというと、

    切っちゃいます。

    フィット リヤフェンダー交換

    今回、外側のパネルは交換でものすごく大規模修理に見えますが、

    骨格の部分は 板金で直すことができる位の損傷で済みました。

    硬い骨格!

    こんなに ぐにゃっと曲がった所でも、上手に直す技術があるんです。

    フィット メンバー板金

    きちんと寸法通りに!

    見えないところを確実に直す。職人の拘りと技術です。

    miniエンジン乗せ替え

    ミニクーパーSに乗っている、まあやちゃん。

    「可愛いから」と言って、初めて自分で買った大事な車です。

    ミニクーパー minicooper

    お友達と色んな所に遊びに行って、たくさん思い出を作って、
    miniも楽しく頑張って走っていたのですが、
    気づかぬうちに、水漏れを起こしていました。
    水というのは、エンジンを冷やす冷却水(クーラント)です。

    クーラントが漏れると、ヒーターの吹き出し口から、少し甘い匂いがします。でも、車のことがわからないまあやちゃんは、甘い匂いがしていたことも『変だな』とは感じませんでした。
    miniは元気だと思い込んでいたのです。

    でも、miniは、もう限界に来ていました。
    エンジンをかけると おかしな声を出すようになりました。
    熱も出てきました。

    テクニカルオートへ行って、あきら先生に診断してもらうと
    これはすぐに入院が必要です・・・と。 そして、心臓移植が必要ですと・・・。

    全国を探してもらいましたが、ドナーは見つかりません。

    色々調べてもらいましたが、
    結果、“もうお別れするしかない”という宣告までされてしまいました。

    まあやちゃんは覚悟を決めましたが、テクニカルオートのみんなはそれでも諦めきれず、更に色んな人に、仲間のお医者さんにも情報を!と頑張ってくれました。

    その時! とうとう、移植できる心臓が見つかったのです!!

    今日は心臓移植の手術の日でした😊

    miniの心臓 エンジンはとっても重たいです。

    ミニクーパー エンジン乗せ替え

    miniの方の準備はOK

    ミニクーパー minicooper エンジン乗せ替え

    前のエンジンはおろし、開胸状態です。

    こんなに沢山、色んな部品を外しました。

    それでは、エンジン 移動するよ!!

     

    ミニクーパーS Minicooper エンジン乗せ替え

    エンジンを乗せて、あとは血管や神経などを繋ぎ、
    全部を正常に動かせるよう、組み立てていきます。

    もう少しで、退院できるかな!

    miniは、まあやちゃんとのドライブを楽しみに頑張っています😊

    ドアの内側シーリング

    今年も残りわずか。

    年内に納められる車の修理は、順調に進んでいます✨

    混んでいても、仕事は丁寧に!

    ドアの内側をシーリングしている様子です。

    新品のドアを塗装する前に、

    鉄板の会わせ目はシールを入れて

    新車の時と同じように仕上げていきます。

    シールの乗り方も、美しく✨

    これも、ひとつの技です😊☝✨

    こういうところも、拘っちゃうんですよね~

     

    下廻り防錆塗装

    車体のお腹の部分、下廻りを 錆びによる腐食から守るために、

    防錆塗装を行います。

    わざわざ覗かないと、普段は見えない部分です。

    車体のお腹部分は鉄板がそのまま剥き出しになっている所が沢山あるので、

    札幌の道路 特に高速道路を走行する車は、融雪剤による錆被害が多く、

    整備的にまだまだ乗れる状態なのに ボディの腐食で車検に通らず廃車になってしまうことも。

     

     

    そんな理由で、お車を乗り替えたお客様が、下廻りの防錆塗装をしました。

     

    入庫になる防錆済み車両のほとんどは、本当に底の部分だけの防錆ですが、

    テクニカルオートでは、車がかわいそうなので、

    奥の方、脇の方、足回りなど、錆被害の多い部分に

    できるだけ細かく塗布してあげるようにしています。

     

    “塩害ガード” 塗布の様子を動画で撮影しましたのでご覧ください!

     

    あら!顔も防錆しちゃった!

    来年の為にバイクの防錆🏍✨

    もうそろそろ雪が降りそう!

    バイクのシーズンも終わりですね。

    自宅やショップに保管すると思いますが、保管前には洗車をしたりしますよね!

    綺麗な状態でまた来年…って🏍✨

    今回は、防錆処理もしちゃいます!

    ▼車体固定の準備

    リフトで吊って底のフレームが作業できるように!

    鉄の角材(他の設備部品一部)をリフトに固定し、車体を持ち上げられるようにしました。

    ▼持ち上げて固定完了

    ▼マスキングをして防錆します!

    ▼自動車とは違って潜りながら塗布

    頑張れアキラ〜〜っ*\(^o^)/*

    ▼下回り全体、細かい所まで丁寧に。

    ▼全面防錆剤で覆われました

    自分のバイクが気になる方は、

    参考にしてねーー(^▽^)ノ〃

    GTR錆修理 ④


    ⚫塗装前処理編!


    溶接からプライマーまで終わりました。

    次は更に、防錆の処置をします。

    🔶エポキシ

    エポキシ塗布をしていきます。

    表はもちろんのこと、リアフェンダーの内側や、サイドステップの穴などからホースを入れて塗布していきます!

    ▼リヤフェンダーの内側から塗布中

    ▼リヤフェンダー内側の様子

    ▼水抜穴からも噴射

    裏側から入れて、下まで流れてきていますね! 汚れるのでウエスを置いて受け止めています。グレーの液体がエポキシです。

    しっかりと、たっぷり塗布していきます。

    ▼流れ落ちる位、たっぷりと

    そうしてまた24時間置きます!

    ふぅーー!次は

    パテを付けて形を作っていきます。

    🔶パテ形成

    鈑金、溶接、防錆と順に進み、

    塗装をする前の最後のかたちづくり。

    仕上がりのかたちの美しさをイメージ。

    経年でパテ部分がおかしくならないように、鈑金でできる限り形状を復元し、ここでのパテを極力薄く、そして元々のラインと同じように、どこを直したかわからなくするのがプロの技。

    パテ研ぎ終了!

    ハウスの裏にシールの吹き付けです

    🔶サーフェーサー

    塗装の前にもう一仕事。

    サフェーサー、紙貼りです。

    パテの上にサーフェーサーを塗布することで、塗料の密着を良くしてきれいな仕上がりとなります。

    白く見えている箇所がサーフェーサー。

    ここで黒く見えているところは全て、塗料がきちんと密着するようにきれいに研いで処理してあります。

    そして、

    塗装しない部分は全て覆い隠します。

    ▼サーフェーサー塗布とマスキング

    こうして一つづつ丁寧に準備を進め、

    いよいよ塗装に入ります。

    完成が楽しみです(^_^)