アウディ TT サイドスポイラー塗装

今年の2月☃️

アウディ TT 🚙にお乗りのお客様からご相談を頂きました。

 

🙍‍♂️「サイドスポイラーの塗装が剥がれてしまったんです」

 

 

あら…本当だ😣‼️

恐らく過去に修復歴があるお車なのでしょう。

塗装の際にきちんとした下地処理がなされなかったのか

塗料の密着性が弱く、塗膜が剥がれている状況です。

 

こちらは反対側(助手席側)

「こっちは擦ってしまったんです!」と仰っていましたが

その黒い擦り傷の上側を見てみると

運転席側と同様に塗装剥がれを起こしている状態なのがわかります。

 

このまま放っておくとどこまでもペリペリ剥がれてしまうので

左右共、一本塗装させて頂くお話となりました🌟

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

🔶スポイラー取り外し🔶

塗装する為に、まず車体からスポイラー本体を取り外しが必要ですが

取り外しの時に ほぼ全てのクリップが破損してしまうので

それを覚悟で進めて行かなくてはなりません。

 

輸入車は、部品が高価な事もあって

クリップ類だけでも費用は大きいんですよ〜😥

 

その事も事前にお伝えした上で、いざ取り外し👨‍🔧

すると…⁉️

 

なんて事でしょう👀‼️‼️

過去に応急処置をしたであろう跡を発見🔍💥

 

過去に補修をされた際に取り付けのクリップ類は使用せず

ベターッと強力なボンドで固定をして終わらせたのでしょう。。

 

この黒いボンドが、クリップがはまる部分にベタッとついてしまっているので

新しいクリップを用意しても、はめ込みする事が出来ません❌

正規の方法できちんと取り付けを行う為には、このボンドを丁寧に取り除く必要があります。

 

左側は綺麗に取り除けたのでOK 🙆‍♀️

 

右側はというと…クリップが収まる所が全て壊れている状態でした😱⤵️

なるほど🤔💡 それでボンドと両面テープで固定していたわけですね❗️

 

さらに、中にも修復したような形跡もあったのですが

その様子からは修正して形を元に戻したというよりは

パテを付けて形成されている感じでした。

 

スポイラーとクォーターとの段差が出来てしまわないように

パテ付け形成されているので、これ以上 手を加えてしまうと各部修正をしなくてはなりません。

お客様のご負担が大きくならない為にもこの部分については

再度、強力なボンドで固定した方がいいと判断しました。

使用しないクリップ穴に水が入り込んでしまわないような加工もしっかりと施します✌️

 

🔶塗装🔶

剥がれてしまった物は 一度全部剥がした上で

丁寧に下地処理を施し、いつもの工程で塗装をして仕上げます✨

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

そして綺麗になったスポイラーを

それぞれ元に戻したら 完成〜✨😆

これでもう塗装が剥がれてしまう心配はありません✋😃

お客様も安心したご様子でお帰りになりました♬

EKワゴン ジグ修正 保険修理

 

保険会社さんのご紹介でご入庫となったEKワゴン🚗

 

バックで駐車しようとした時に塀にぶつけてしまい

左の後ろ側が大きく損傷💦

 

保険を使用して修理をする際は、事故の際に損傷を受けた箇所を

見落とすことないよう細かくチェックをしてお見積もりを取ります✏️🗒

▲車に青い印が付いているところが傷や凹みのあったところ💡

 


 

バンパーを外してみると外から見るよりも内側に大きくダメージを受けていました⚡️

バンパーは鉄板とは違い、ぶつかった際の衝撃を吸収できるよう柔らかい樹脂素材で

できているため、ぶつかった後形が戻りやすく、一見なんともなく見えていても

骨格のところへダメージが入っていることが結構多いのです😭

 

ご覧のようにバックパネルやクォーターにかけて

グニャっと変形しています💦

 

こういう状態になると、『ジグ』というフレーム修正機(工場に1台しかない)

を使用して、元のフレーム(骨格)の状態に修正をかけて直す必要があります💡

▲車体に鎖のようなワイヤーを取り付けミリ単位で引っ張り

元の形へ戻してあげます🙌

きちんと元のフレームに戻してあげないと、交換するパネルが

ピッタリ組み付けできずさまざまな不具合が生じてしまいます👨‍🔧

テクニカルオートでジグ修正をできるのは、板金屋さんのトップ❗️太一さんだけ

この冬〜春にかけては大きな事故も多く、修正を待つ車は順番待ちの状況👀

機械もひとつ、技術者もひとりの為、太一さんは日々奮闘してくれています🏃‍♀️💨

 


 

ジグでの修正が終わったら、新品で交換するパネルを

溶接で貼り付け交換します🙌

▲クォーターのパネルは1枚ではなく表面と内側の2枚合わせになっていて

こちらは内側のパネルです👨‍🔧

▲これが表側のパネル💡

未塗装で届くため、塗装が必要となります💡

▲塗装をかけるための下地作りをしました

溶接部分は鉄の性質が変わり錆びやすくなるため

きちんと防錆処理も行っています😊👍

傷の入っていたドアも塗装💡

そのほかリヤゲートやバンパー損傷のあった部分は交換もしくは修理をして

仕上げて修理完了🙌

 


 

お客様の命を乗せて走る車🚙🌈

きちんとした修理で安心して乗って頂けるよう1台1台心をこめて修理しています☺️🍀

 

ランクル リヤフェンダー錆修理 ❷

金曜日ブログの続きです。

 

左右のリヤフェンダー(車体下側も)の

腐食で脆くなっている錆部分は「サンドブラスト」で出来る限り落としてしまいます。

砂と剥がれた錆が 工場全体を真っ白くモヤがかかったようにしていました👀💥

防護服は着ていますが、脱ぐ時にもドバーッと出るくらいの砂を作業者も被っちゃっています😂

もちろん、車内は砂まみれになってしまわないように

きちんと養生をしていますよ✌️

 

 

錆を落としたあとはこのような感じに👇

▼左側

▼右側

 

再び錆が出てこないようにた〜っぷりとプライマーを塗布。

ここでは本当にたっぷりと❗️滴るくらいに❗️❗️

 

そして、穴が開いている部分用に

ちょうど貼り合わせられるような形の鉄板を作成。

その型取った平らな鉄板をボディの形に合うように何度も調整し

表から溶接してくっつけてしまいます。

 

くっつけた後はベルトサンダーを使って溶接後した後の

凸凹をなだらかにして整えます。

 

再び防錆剤を吹きかけたら、このような感じに。

これでフェンダー内部の作業は完了✨

 

次は、カットした外側の部分に新しいフェンダーを付けて元に戻して行きましょう。

新しいフェンダーは、必要なサイズにカッティングをしてこのように貼り付け。

形が出来てきました✨

ここまで来たら、次は塗装です👍

 

この続きはまた明日🤗

ランクル リヤフェンダー錆修理 ❶

昨年の11月に初めてご相談を頂いたランクルのお客様。

過去に載せているランクルの記事を見て、自分の車も同じようになってる!

と来るきっかけになったんだそうです。

 

すぐに直してほしい。というご要望ではありましたが

冬場は事故の修理が多いため、錆の修理は春🌸になってからとお待ち頂いていました。

 

テクニカルにお願いしたいから!と半年も前からのご予約で

修理をお任せ頂けました事は、本当にありがたいお話です🙇‍♀️

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

錆の状態はというと…

ステップの奥は、中から押し上げられた塗装がポコポコと浮いています。

タイヤハウス内から見える部分は、一目で錆だとわかるくらいの腐食具合。

 

運転席側の方は ここまで腐食は進んでいませんが

同様にちらほらと錆が出てきていました。

 

せっかくなので、左右とも綺麗にしたい!というご依頼だったので

左側はクォーター交換・右側は修理の方法で進めることに決定です👨‍🔧✨

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

まずはステップを取り外します。

あぁぁ 😱💥  ボルトが折れてしまいました💦

 

折れたボルトは取り除いてしまいます!

が…中のネジ山自体もダメになってしまっているので

こんな時は新しいネジ山を作ってしまいましょう♬

 

登場するのはこちら💁‍♀️

この新しいネジ山(赤矢印)を専用の機械にはめて穴の中に入れるだけ❗️

上の部分に力が加わると、下の方が膨らむような仕組みになているため

それがストッパーとなり、外れることはありません🙅‍♀️

こんな感じで、新しいネジ山も出来ました✨

 

続いて車体側の修理に取り掛かります💪

 

一番錆が進行していた左リヤフェンダーをカットしてみると…✂️

想像よりも大分錆は進行していました😭

見える部分でちょこっとでも、隠れている部分の状態がいかに酷いかが

この画像からでも分かりますよね💦

すでに腐食で穴が開いている部分も見られます。

 

さぁ、この錆がどのように修理されるのでしょうか😼

続きは月曜日のブログでご紹介します🍀

ダイハツ ミラトコット バンパー修理✨

 

とある大雨の日☔️

『いつの間にかひっかけてしまっていたみたいで😣💦

今走っていたらテクニカルオートの黄色い看板が🪧目に入ったので来てしまいました❗️』

 

と、飛び込みでご来店頂いたのは、可愛らしいお色のミラトコットにお乗りのお客様👩

どれどれ❓と傘を差してお車を見に行くと・・

▲バンパーの左下にガリっと擦った傷が💡

でも大丈夫❗️この程度なら修理して塗装してあげたらすぐに元通り綺麗になりますよ✨

ということで、後日改めてお車をお預かりして修理することに😊

 


 

後日・・・・

今度はとっても天気の良い日に☀️お車がご入庫💡

 

▼早速太陽の陽のもと、調色から進めます👀

調色が終わったら、工場の中へ車を入れて修理作業スタートです❗️

▲まずは表面の傷を削って落とします

▲機械で削った後は今度は手で深い傷の部分を研磨

▲研磨後

▲こちらのUVプライマーを研磨した部分に塗って

▲UVライトを当てて硬化させます

▲削った部分の形を形成するためのUVパテ

このパテはUV(紫外線)で硬化するため

外の光に当てると固まってしまいます⚠️

手際よくパテを乗せたら

硬化☀️

元の形通りに表面を整えます

傷の部分の形成が終わったら塗装をかける部分全体を

研磨します💡

バンパー下側の傷以外にも上の方に傷を見つけたのでこちらも一緒に直しました😋

▲塗料の密着をよくするためUVサーフェーサーを吹きかけたら

硬化させます☀️

▲塗装へ入る前に『足付け』という、

塗料の剥がれを防ぐための工程を行います👍

▲塗装ブースへIN‼️✨

塗装をかけない部分は養生して準備完了🙌😄

 


塗装をかけ、しっかり乾燥させたら・・・

 

完成💁‍♀️🎉✨

 

▼拡大🔍✨

 

綺麗に元通り☺️🍀

たまたま看板でテクニカルオートを見つけて来てくださったお客様でしたが

これをきっかけに今度から何かあったらまた相談させてもらいますねと嬉しいお言葉もありました🌸

新しいご縁を持てたこと、とても嬉しく思います☺️

フリード ドライブシャフト交換

 

走行中変な音がして走行不能になってしまったお車がレッカーで搬入されてきました🛻

お車はフリード🚙

リフトにあげて点検します👀💡

すると・・・

 

あら〜〜😱💦

ドライブシャフトは真っ二つに💔

ドライブシャフトとは車のエンジンからの駆動力をタイヤへ伝える棒💡

これは大きく三つのパーツがくっついたもので

シャフト部分

・ジョイント部分

・ブーツ(ゴム製)

これが一つになって駆動するものです☺️

 

ゴムの部分が劣化してくるとヒビ割れや破れが生じ、

中に潤滑をよくするグリスが入っているのですがそれが外へ飛び散ってしまい

水や汚れが入り込んだり、ジョイント部分の金属部分が直接擦れてしまうことで

シャフト自体がダメになってしまうのです😭

常に駆動しているところになるので

錆の影響でダメージをもろに受けてしまい折れてしまっていました💦

▲奥がぽっきり折れてしまっていたもの

手前が別な箇所のドライブシャフト

▼拡大🔍

ご覧のようにこちらも危うい状態ですね💦

 


 

ドライブシャフトを新品で交換するとなると

部品代が結構お高い為、今回はリビルト品を探しリビルト品で交換することとなりました👍❗️

 

いつもお世話になっている部品屋さんへ全国に問い合わせをして頂き

部品を探してみると、こちらの車両、年数的なものもあるかもしれませんが同様に不具合が

でているのか全国でごく僅かしか在庫がない状況でした👀❗️

 

今回はなんとか部品を手配することができ、無事にお客様へお返しすることができました😉✨

 


 

ハンドルを切った時などに変な音がしたり、いつもと違う音がした時には早めの点検💡

そして車検の際などにも、ヒビ割れが発見された場合は、ブーツ自体は何千円ほどのものなので

早めの交換をお勧めします👨‍🔧

後回しにしてしまうとシャフトごと交換となり痛い出費となってしまうことも💸💦

 

直接走行に支障をきたす部分なので、事故を未然に防ぐためにも

何か変だなと違和感を感じた時にはすぐに止まってくださいね💡🚗✋

 

今回は何事もなく無事で本当によかった〜😣✨✨

 

 

ハイエース リヤフェンダー 修理

ハイエースのお客様がご来店。

ぶつけてしまった箇所を見てほしいといらっしゃいました。

 

損傷は後ろの部分です。

 

 

リヤフェンダーは大きく凹み、鉄板も折れています。

そしてバンパーの角やその上のコーナーパネルにも傷が見られました😭

 

いつも車検整備などでご利用頂いている大切なお客様。

何とか綺麗にして差し上げたい!とお預かりすることになりました✨

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

リヤフェンダーの凹みを修理するためには

バンパーやテールランプなどの脱着が必要になる為、まずは分解から🔧

やはり、結構な衝撃があったのでしょう💦

テールランプの下側の角がかなり変形していました。

 

表からの修正だけでは厳しいので一部パネルをカット✂︎(赤矢印部分)
そして内側から修正をしていきます。

角を内側から叩き出し、ある程度のラインを形成!

 

一度 コーナーパネルとテールランプを取り付けして

修正した箇所の出っぱり・引っ込み具合や隙間はないかな?

と全体の確認をしながら整えていきます。

 

ラインの形成が上手くいったら、カットをして取り外したパネルを溶接で元に戻しますが

そのままの状態ではくっつきません✋

このように部分的に塗装は剥がして 溶接となります❗️

 

引き続き、リヤフェンダー の面の修正に取り掛かります。

 

こちらは内側からは直すことが出来ないので、表側の塗装を落とした後

スタッドプーラーという専門の機械を使用し外側から引っ張ります。

 

引っ張った後の様子がこちら💁‍♂️

 

この後は、いつもの塗装の工程へ🌈

鉄板をプライマーで保護 → パテで形成 → サフェーサー塗布。

▲写真はサフェーサー後

 

塗装・組み付けをしたら完成〜✨

ご予算の関係からバンパーは再使用していますが

リヤフェンダー板金とコーナーパネル交換ですっかり元通り‼️

 

フェンダー交換という方法もありますが

交換ともなると、部品代とガラス脱着工賃などで高額修理になってしまいます。

今回は板金修理で完了出来たので、費用も抑えることが出来ました👍

 

損傷の度合いで板金修理の可否はありますが

お困りの際は是非ご相談くださいね☺️

BMW X5 サイドスポイラーを変えてイメチェン

 

BMWにお乗りのお客様👨

社外のサイドスポイラーを用意したので

取り付けして欲しいとのご要望でした💡

 

▲交換前の状態🚙

 

まずは現車のサイドスポイラーを取り外します🙌

 

今回お持ちいただいたスポイラーが

サイドステップのような仕様のもので

土台となる部分に外側のカバー(サイドステップ)を被せるようなイメージで取り付けます👨‍🔧

 

まずは土台となる部分を取り付けしていきます💪

この土台となる部分に上からサイドステップを被せていくのですが

純正ではないため微妙にフィッティングが合わないとこがあり

そのまま取り付けをするとドアの開閉時にステップの部分がドアと干渉してしまうため

土台自体の取り付けを角度をつけて微調整しながら取り付けしていきます🙆‍♂️

土台がつけ終わったら

このような感じ▼

 


 

続いてはサイドステップ部分の取り付け

板金屋さんと塗装屋さん3人で協力しながら取り付け位置を確認し

反対側も▼

サイドステップが取り付けできたら

フェンダーのガーニッシュも取り付けて

 


 

室内外を手洗い洗車でピカピカにしたら・・・🚙🚿☀️

 

完成🤗✨

▼取り付け前とはガラっとイメージが

変わりましたね😄👏🌈

だんだんと夏が近づいて来ているこの頃☀️

イメチェンしたお車でドライブ楽しんでくださいね〜🙆‍♀️

 

 

 

 

オデッセイアブソルート リヤゲート板金修理❷

 

前回のオデッセイアブソルートのリヤゲート修理の続き😊🙌

 


 

プライマーを塗った後は仕上げのパテをのせて硬化☀️

硬化させた後は、塗装をするために

塗料を作っていきます👨‍🎨

陽の光が当たるところで見本となる塗り板を手に

様々な角度から見てボディの色に合わせて

色を作成します🌈

線で引いた左側が調色中の塗り板です💡

ボディと比べると少し色味が違いますね👀🔍

 


 

色が決まったら一気に塗装の下地作りを進めます❗️

▼ペーパーを使ってまずは手で大まかなパテ研ぎ

余分なパテを落としたら

マスキングテープでゲートのプレスラインを確認しながら

反対側と比べ同じようにラインを決めていきます👍

ラインに合わせて細部まで微調整をしながら

手とポリッシャーを使って形を形成していきます🙆‍♀️

今回はゲート全体ではなく、ゲートの半分

メッキのガーニッシュより下の部分のみ塗装をかけるので

下半分全体を研磨します🌀

ガーニッシュの際の部分から塗装剥がれが起きてこないよう

丁寧にギリギリの隙間まで研いでいきます💪

 


 

ここまできたら後は調色したお色で塗っていきます👨‍🎨

ブースに入れて

 

🙆‍♀️塗装作業完了🙆‍♂️

 

後は養生していたマスキングやビニールを剥がし

室内外綺麗に洗車をして・・・

 

🎉完成🤗🎉

 

いかがでしょう😄❓

▼こんなに凹んでいたゲートが

▼どこが凹んでいたの

探してみてもわからないほど綺麗に直りました☺️

 

修理完了時は修理の過程をお写真でご説明して

とても仕上がりに満足して頂けました🍀✨

 

 

ボルボ バンパー修理ともう一つのご相談

バンパーのヒビ割れでご相談いただいたお車。

🔍拡大

過去にもヒビ割れ修理をお任せ頂いたことがあり

その時のことを思い出しご来店頂いたそうです🤗

ありがとうございます🙇‍♀️

 

割れの修理の他に、泥除けが雪による影響で

内側に入り込んでしまったので、修正のご依頼も頂きました❗️

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

樹脂溶接を行うために、まずはバンパーを取り外し❗️

そして表面の塗料を削ったら

お馴染みのあの方法で、裏表両方から同じ素材を溶かし割れの部分を補修します✨

※樹脂溶接の作業については、過去の記事をご参照くださいね😉💡

 

パテで形の修復をしたら、サフェーサーを塗布し

塗装前の下地処理は完成👍 この後は塗装となります。

 

 

もう一つのご依頼。

泥除けの角度についての原因もこのバンパーの様子を見て判明👀‼️

 

☝️こちらの写真は、バンパー下からみた様子。底面の黒いパーツに破損が見られます。

黄色:割れ :欠損

赤い部分は泥除けと繋がる部分でもあったため

欠損がある事により、きちんとした固定されていない事がわかりました。

それなら、いくら泥除け本体の角度を変えて上げても真っ直ぐにはなることはありませんよね…😭

新しいパーツに交換をする事にし、この部分のお悩みもスッキリ解消です😆⤴️⤴️

 

バンパーも綺麗に仕上がり

車体をご確認頂いたお客様も

『どこに傷があったか忘れちゃった』と

大変ご満足頂けた納車となりました ♬