ホンダZ 穴あき修理❷

 

昨日のつづき👉👉👉

 

穴を塞ぐための鉄板が出来上がったら

これを溶接でくっつけていきます💡

 

▼まずは点で溶接し固定

▼こんな感じ😉

鉄板を仮止めしたら

全体を隙間なく溶接していきます🙆‍♀️

火花が飛び散っております🎇

 

▼溶接が完了した状態💡

 


 

このあとはベルトサンダーを使って表面の凸凹をなだらかにして

整えます💪

▼溶接作業完了😄❗️

 

お次は塗装へと進んで行きます👉👉

再び塗装屋さんへバトンタッチ🙌

チームワークで修理を進めます👨‍🔧👨‍🔧‼️


 

▼ポリパテをのせて表面を形成し整えます💡

▼クォーターの部分も同様に

 


 

ポリパテを最小限まで薄く研いだ後に

▼サーフェーサーを塗布して塗装の下地作りは完了🙆‍♂️✨

 


 

この後はブースでこの車両のボディに合わせて調色した

お色を塗装していきます🌈✨

(調色の様子のお写真がなくてごめんなさい💦)

 

▼下地作りをした範囲よりも広く塗装をかけるので

塗装をかける部分以外を隠して養生します。

 


 

塗装完了❗️

出来上がり〜〜🤗👏🎉

▲あんなに穴がぽっかり空いていた箇所も

▲錆でぷくぷく塗装が浮き上がっていたところも

 

見事きれいになりました💁‍♀️

 


 

『まだまだ長く乗りたい』

そうおっしゃっていたお客様。

他にも気になるところがあるとのことで、

少しづつメンテナンスしながらこの先も長く乗れるよう

私たちもお手伝いさせて頂けたら嬉しいなと思います🍀😊

 

ホンダZ 穴あき修理❶

 

これまで何度かご入庫いただいているお客様からの

ご相談🚙✨

 

以前からとてもお車を大事にしているとお伺いしておりました💡

今回のご相談内容はというと、

サイドシルに穴が・・・

自分でタッチアップをして少しでも進行を遅らせるように・・

と処置はしていたものの、錆の威力には勝てず😭

 

修理を決断‼️

ここの他にもクォーターパネルにも錆がありそこも一緒に直すこととなりました💡

 

 


 

まずは塗装屋さんがサンドブラストでサイドシルの錆を落とすところから💨

 

クォーターの錆は削って落とします🌀

 

▼ブラスト&研磨後💁‍♀️

 

 

鉄板が剥き出しになってしまうと錆びやすくなってしまうため

プライマーを塗ってボディを保護

▼わかりづらいですが少しツヤツヤしてます💡

 

ここから先は板金屋さんへバトンタッチ🙌

 


 

今回は穴の空いたところに別な鉄板を切って溶接する

当て板修理をするので、鉄板を貼るところの大きさを確認してカット✂️

▲当て板の形にペンで印をしています💡

▲鉄板を切るため作った型紙

点線はサイドシルの形状に合わせて形をつくための印💡

この印に合わせてハンマーなどで叩き折り曲げ

フィットするように形を作ります🙆‍♂️

できました🙆‍♀️✨型紙通り山おり谷おりで鉄板を形作れました😊👍

ボディに合わせて確認💡

『よし❗️OK❗️』と太一さん👨‍🔧

 

ここまで来たら今度は溶接の作業へ続きます👉👉👉

 

この続きはまた明日ご紹介しますね💁‍♀️❗️

ジムニー雨漏りがする💧

 

運転席の足元に水が溜まるんです・・💧💧

と、ご相談のお客様のお話です💁‍♀️

 

お車はジムニー🚙

どんな風に溜まってるんだ❓

とまずは水をかけて症状の確認からしていきます💡

 

雨降りを想定してシャワーでドバッと水をかけてみると・・・

ポタっポタっ・・💧

ビスのあたりからじんわり水が滴っているのがわかりますか❓

 

どこからか雨漏りしている🤔

さて、どこから伝って水が来ているのか❓❓

考えられるところを点検していきます🔍

 

フロントガラス周りが怪しい・・

すると、見つけました‼️👀💡💡

 

矢印⇧で示した場所。

ルーフモールをめくってみると・・・

シーリングが劣化していました💡

さらにめくって見てみると🔍

あ、ひび割れている💦😭

この劣化していたシーリングの隙間をぬってこのひび割れから室内まで

水が伝ってしまっていたのでした‼️

 


 

原因がわかったらあとは修理するのみ💪✨

ルーフモール自体はまだ使えるものなので再利用で進めます。

紐のでているところはアンテナがついていたところです💡

今回塗装をかけるため一度取り外します🙆‍♂️

水が滴っていたのは運転席側でしたが

反対側も見てみると同じようにひび割れが💦

両方直します💡

ひび割れを修理することは難しいため今回はシーリングで

割れている箇所を塞ぎました🙌

隙間なく埋められるようフロントガラスの被さる部分まで

しっかりと密着させます👨‍🔧

 


 

左右ともシーリング剤がしっかり乾燥したら

その上からクリアをかけてコーティングするイメージで塗装をかけます🙆‍♀️✨

塗装をかけるところ、かけないところで養生をして

見た目の境目がわからないよう両サイドフロントガラスの横のピラー部分にも

クリアを吹きかけました💨✨

 

あとはめくって固定していたルーフモールを元通り取り付けし直して

外したフロントガラスを再度はめ直してアンテナも付けたら

修理完了🤗‼️

 


 

雨漏りを放っておくと室内がカビ臭くなってしまったりするのは

早く原因が分かり、修理することができたのでよかったですね☺️🍀

 

フレーム修正って❓

 

連日の大雪の影響もありどうしても事故が増えてしまうこの時期

テクニカルオートに骨格まで損傷してしまった車も多く入庫しています🚙⚡️

 

骨格の修正には

各メーカー・車種ごと、規定の寸法が設けられています💡

▲ご覧のようにメーカー・車種ごと分かれて寸法図が明記されています💡

 

フレームや各パネルとパネルの間の幅や広さが

ミリ単位で決められています👨‍🔧

 


損傷の具合によってジグ修正機にのせて

骨格を元の位置に引っ張り戻してあげる方法であったり

▲手の力で引っ張りながら修正をかける方法もあります💁‍♀️

このように大きな定規のようなものを使って

ボディからフレームまでの長さ(寸法)を細かく何度も

確認しながら修正していきます🙆‍♂️✨

引っ張りすぎてもだめ、力が弱くても適正な位置に戻せない🙅‍♂️

まさに職人の技術です💪✨

 


 

こちらのフィットは右後ろ側に大きな損傷を受け、

リヤハウジングとクォーターを交換する修理のお車🚙

リヤハウジング表裏をパネルが重なってくっついてるので

内側のパネルをまず元の寸法に戻してあげないと

新しく交換するハウジングとの合わせがピッタリ

ならなくなってしまうため

パネルを外す前にジグで修正をかけます💡

大まかな修正が完了したのちに

☝️クォーターパネルを外して(溶接でついているので溶接を外す)

☝️リヤハウジングを外す

▲新しいリヤハウジングに交換した後の様子

 

交換と言っても簡単にパチッと外してピッとつけるものではなく

ズレが生じないようバイスプライヤーと言われる

大きい洗濯バサミのようなものでパネルを挟み込み固定したのちに

溶接で取り付けしていきます😄🙌

 

ミリ単位の修正が完璧にでできたところで一旦外していた各パーツ

を組み付け直して修正完了😊

 

万が一、修正に狂いがあるとボディの一度外していたものが

きちんと組みつかないのでミリ単位での修正がとっても重要なんです👩💡

 


 

こんな風にしてテクニカルオートでは壊れてしまったお車を

元通り綺麗な状態、かつ安全に走れるよう修理しているのでした💁‍♀️💡

アルファードリヤバンパー応急処置🏥

 

大雪と寒暖差で道路の雪がボコボコガタガタで走りづらい

今年の北海道💦

 

そんな中テクニカルオートにも同じようなお悩みのお客様からのご相談を

毎日複数件ご相談頂きます🙇‍♀️💦

 

 

今日もまたお一人、バンパーが割れてしまい、どうしようとご相談に来たお客様のお話💁‍♀️

 

リヤバンパーの右角あたりがご覧のように割れてしまっています😣

 

テクニカルオートでは樹脂溶接の機械があるのでこのくらいの割れでしたら

修理可能です🙆‍♂️✨

 

ただ、今回はご予算の兼ね合いでできる限り安価で

これ以上割れが広がらないようにできたら・・というご要望。

とりあえずの処置をして、

雪が溶けて春になったら🌸修理をするか検討するのも一つですね❗️

ということで

バンパーに穴を開けてタイラップで繋ぎ留める簡易的な処置で終わらせることにしました💡

 

▼ドリルで二つ穴を開けて

▼穴を穴をタイラップで繋いで

▼補強完了🙆‍♀️

 

割れているところは見た目的にはそのままの状態ではありますが

また雪道でぶつけてしまっても少しでもバンパーへのダメージ最小限に

抑えられるようになりました😊

 

 


 

そして、もう1箇所💡

フロントバンパーも凸凹道で下から打ち上げてしまい

その時に一緒に外れてしまったフェンダーライナーも取り付け直しします💡

 

一度アンダーカバーを取り付けているクリップを取り外して

元の位置にはめ直したらクリップで留めて

こちらも完了🙆‍♀️✨

 


 

3月に入ったとはいえ今年はまだまだ雪解けまでは

程遠い予感の道内😢💦

車高の低いお車やスポイラーの付いているお車は

特にぶつけてしまうリスクが高いので

ゆっくりと平坦なところを選んで走行しましょう🙌

 

早く春よ来〜〜い😄🌸🌸

一発本番!サッシュテープの貼り付け

右側面の修理で、お預かりしたフリード🚙

 

フロントドアは交換となり、新しいドアが取り付けされ

次はサッシュテープの貼り付け作業にかかります💡

 

👱‍♀️サッシュテープって何?

 

ドア枠の黒いテープのことで、シールのようになっています。

今回は、ここに貼り付け👇

 

新品のサッシュテープを位置決めします。

折り返しや取り付け位置などをしっかりと確認🔍👀

 

貼り付け前には、小さなゴミ等が入り込んでしまわぬように

貼る部分を脱脂して綺麗にしています❗️

 

そして、いよいよ🤗

粘着シールを剥がしてつけましょう♬

 

慎重に慎重に…失敗は許されません✋

緊張の一瞬💪

 

気泡を丁寧に取り除きます。

 

簡単に貼っているようにも見えますが

この作業、意外と難しく 職人だから成せる技✨

 

携帯📱の画面に貼るフィルムも上手く貼れないと気泡だらけになってしまいますよね😅

そんなイメージです笑

 

そして折り目部分もしっかりと圧着。

 

完成👏

細かな作業も一つ一つ丁寧に行っていますよ〜👍

愛車と長く付き合っていく為に🚗✨

 

車検でご入庫頂いたお車のお話💡

 

今回は新しく乗り換えをしたお車をお預かりさせて頂きました🙇‍♀️✨

こまめに洗車をしてお手入れしてとても大切にしているのがわかるお車でした💡

 

実際に車検の整備を進めていると、まだ乗り換えて年数が経っていないお車のため

大きな整備は出ずに車検を完了できました👍😊

 

ただ一つ、気になることがあったのでお客様にご相談させて頂きました💁‍♀️

車検の際お車をリフトアップして点検をするのですが・・・

下廻りの状態を見ると、防錆塗装がされていない💦

北海道で走るのであれば、冬場の融雪剤(塩カリ)の影響は避けられません💦

雪道、走行するのには雪を溶かしてくれるので大変助かる融雪剤ですが、

車にとっては錆の原因となるので、大敵ですよね🙅‍♂️🌀

 


 

ボディを綺麗に保っているので、下廻りをこのままにしてしまうのは

心配😭💦と、思い下廻りの塩害ガード塗装はお考えではないか❓

と、お話を伺ってみました👂

すると・・

『え❓塗っているはずなんですが・・❓』と、お客様。

 

ん❓どういうことだろう・・

 

詳しく伺うと、乗り換えする前の車が錆の影響を受けた過去があり

今回はそこだけは絶対に避けたい❗️と、定期的に防錆コートを別な車屋さんで塗ってもらっていたと。

 

実は、定期的に塗っておきますねと言われ塗装されていたのはマフラーの防錆コートだけだったのでした👀💦

お客様はショックを受けてしまった様子😣

なかなか自分自身で車の下廻りを確認するのは難しいので

預けたお店の言葉を信じるしかないですよね😢

 


 

ご相談の上、この先もずっとずっと長く乗っていきたいご要望だったため、

今回はしっかりと塩カリから車体を守るための塗装をかけることとなりました😊🙌

 

しっかりと塗装をかけない部分はビニールで養生し準備OK🙆‍♂️✨

 

タイヤ周りの駆動する部分はすでに錆が発生してしまっている状況でした💡

でもここは最悪の場合はパーツの交換をできる部分なのでこのくらいならまだ大丈夫🙆‍♀️

 

▲塩害ガード塗装後

細かいところまでしっかり吹きかけて防錆💨✨

 

▼ボディ側もしっかり塗装します🙆‍♂️

シルバーに見えている部分は鉄板が剥き出し❗️

ここに錆が発生すると、最悪の場合、フロアに穴が空いてしまう

ため、車検はおろか、直すとなるととんでもない金額に💦

シルバーに見えていた部分が真っ黒になりましたね👨‍🔧

マフラーと遮熱板には塩害ガードはかけません💡

 

その他の部分も・・

 

これは錆のない部分に一度塗ってあげると

ちょっとやそっとでは剥がれてくるものではないので

錆が発生する前に塗装してあげることがとっても重要👍

 


 

今回は、ずっと塗ってあると思っていたのに実際は違っていたことと

お電話にて状況をお伝えして作業を進めることになったので

お車をお返しする際には、お客様に安心して頂くため

塗装前と塗装後のお写真をお見せしてご確認頂きました😊

 

実際に車の状態を見たことで不安が解消された様子でした🍀

 


 

これで、車の内側の整備も、外側のメンテナンスもできたので

安心してしばらく過ごすことができますね☺️

 

シエンタ フレーム修正

先日、お預かりしたシエンタのお話です。

 

フロントの損傷が大きく左右のフレームが助手席側へ折れ曲がっている状態でご入庫となりました。

 

残念ながら保険のご契約も車両のご付帯が無い状況ではありましたが

車検を取ったばかりと言う事と、愛着があって乗りやすいからまだまだ乗りたい❗️

と言ったお話で、何とか修理を進めたいというご意向です。

 

修正出来る箇所は、じっくり修正をして極力 交換する部品も少なくなるような工夫をし

交換となる部分は、リサイクルパーツを使用して出来る限り修理代を抑える方法で行っていきます。

 

今回のように、ここまでフロントに大きな損傷があるお車は

修理過程でエンジン本体と足回り関係を車体から一度外す作業が必要となります。

そしてフレーム部分の修正を💪

フレーム修正機の上での作業します。

きちんとメーカーから出ている車両寸法に基づき修理。

各箇所の寸法を測りながら引っ張り出したり広げたり🛠

その調整はミリ単位です!!

 

骨組みとなる部分が完了したら

ボンネット、フェンダー、ライトを仮合わせをして隙間や高さなどの確認をします。

フェンダーの色が違うのは、リサイクルパーツを使用しているから☝️

仮合わせの段階なので、届いたままつけていますが

この後はボディ色に合わせて塗装しますよ🍀

 

 

――――――――------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

そして、今回お客様にもう一つご提案させて頂いたこと。

 

お車は走行距離がかなり伸びていたため、この先も長く乗られるのならば…と

せっかくエンジンを脱着する作業ということもあり エンジン本体の交換もご提案させて頂きました🗒

 

『是非、そうしてください』と仰って頂いたので

リサイクルパーツで少ない距離の物をご用意することに✨

 

補器類、ミッションを移設しエンジンを乗せます。

 

オイルパンにも損傷が見られた為、こちらも新しいものに交換してしまいます💡

⬇️ 外れた状態

⬇️ 新しいオイルパンを取り付けした様子

 

ボディの塗装をし組付を行ったら

四輪アライメント測定で足回りの数値もしっかりと確認🔍👀

 

最後に、走行テストをして異常がないかの最終点検をして🆗なら

お客様へようやく納車が出来ます✨

お車を取りにいらしたお客様には、とっ〜てもご満足頂くことが出来ました😊

何度も修理についてお打ち合わせをし、テクニカルオートを信頼して頂けた事にとても感謝しています。

 

今回のように大きな事故の場合、足廻りの損傷も考えられるのでしっかりと各部確認と点検が大事です。

納車後も安心して運転していただけるように努めるのが私たちのお仕事です✌️

窓が開かない💦なぜ❓

 

『車の窓が開かないんです』

といつもテクニカルオートをご利用頂いているお客様からの相談👨

 

お車はセルボ🚙

運転席のパワーウィンドウが効かない状態でした💡

たびたびこのようなご相談を頂きます。

今回は閉まらないのではなく開かない・・

この時期なので開きっぱなしよりは寒くないから良かったですね〜😉笑

なんてお客様と話ながら

 

点検🔍👀

 

パワーウィンドウスイッチが壊れている⚡️

ドアを分解してみてみると

矢印の所にあるのが、レギュレーターモーターと言われる

パワーウィンドウを開閉させるためのモーター💡

 

▼拡大🔍

レギュレーターモーターの位置が変😲

本当であれば黄色で囲っている穴の部分に

赤い矢印のレギュレーターモーターがピッタリ収まっているはず💡

ご覧のように上の方へズレてしまっていました💦

ズレたことによりコネクタに傷が入り故障してしまっていたのです😖

 

▼ズレないよう固定しているボルトもご覧の通り

本当なら下の方で固定されていたハズ💡

▲ここはボルトがなくなってしまっていました💦

これではズレてしまうわけだ😣

 

なぜこんな風になってしまうか・・❓❓

経年的なものや色々あるかと思いますが

もしかすると、寒さで凍ってしまっているガラスを無理に開閉しようとしたことに

よって、負荷がかかり、モーターもろとも壊れてしまったのかもしれません😱

 


 

今回は、できる限りの負担を少なくするためリサイクルパーツを探し

新品ではなく、リサイクルパーツにて

パワーウィンドウスイッチとレギュレーターモーターを交換して

無事に作業完了😄🙌

 


 

冬場は特にこういったことが原因でパワーウィンドウだけではなく、

ワイパーも雪が乗った状態でそのまま動かそうとして

モーターが壊れて動かない😭といった事も多々ご相談頂きます💡

 


 

朝が忙しかったり雪かきで大変な毎日ではありますが

車が壊れてしまうとその方が痛い出費となってしまうかと思いますので、

氷は溶かして、雪は降ろしてから動かすようお勧めします💁‍♀️⛄️✨

サンドブラストを使って錆修理👨‍🔧

 

ぶつけてしまったところが錆びているんです💦

と、相談にいらしたアルトラパンにお乗りのお客様👩

 

どこか錆びているのかな❓と拝見すると・・

右側のサイドシル(ドアの下側ステップのあたりのパネル)が凹み

塗装が剥がれたところから鉄板がむき出しになり錆が発生していました😖

 

サイドシルは他のパネルに比べて硬いパネルのため

板金で凹みを出すとなると、時間も費用もかかってしまう・・

ということから今回は凹みはそのままに極限まで錆を落として

塗装をして修理する事となりました👨‍🔧💡

 

まずはサンドブラストと言って細かい砂を錆びた箇所に当て

錆の細部まで念入りに落としていきます💨

▲作業時は細かい砂が目などに入らないよう完全防備で✨

赤茶色に錆びていた部分がブラストを当てたところから灰色に変化しているのが

わかりますか❓👀

 

▲サンドブラスト後の状態

凹んでいたところの他にサイドシルの耳の部分も錆びてしまっていたため

一緒に落としちゃいました😄✌️

 

錆を落とした後は

塗装の下地作りをするため

表面をフラットな状態に削り、整えてあげます💡

 

錆がまたすぐに発生してこないように

2種類のプライマーを塗布して

塗料の密着を良くするためのサーフェーサーも

塗ってあげて・・下地の完成🙆‍♀️✨

 

 

ここまできたら塗装をかけない部分は養生をして隠し

ボディ色に塗装をかけて

完成🙌✨

 

 

サイドシルの修理が完了したら

車検のご依頼を頂いていたので引き続き

車検の整備をさせて頂きました👨‍🔧

 

 

車の総合病院テクニカルオート🏥で無事

外科も内科の処置もできたのでしばらくの間は

心配なく安心して乗ることができますね😊🌈☁️