ハスラー シャフト交換

左リヤを損傷したハスラー🚗

 

リヤホイールの損傷チェックをしたところ…

 

シャフトに曲がりがあることが判明しました。

シャフトまで曲がってしまう程の強打だったんですね💦

 

ドラムとバックプレートの隙間が広いところと狭い所が出来ている状態です。

 

まずはブレーキ周りの分解から🛠

 

ライニングとシリンダーを取り外します。

 

お次はスライディングハンマーを設置し 1〜2発 引っ張ってあげると

バックプレートごとシャフトが抜けてきます。

 

今回は全部新品へと交換していきます。

 

シャフトにバックプレートを入れて

 

スペーサーの向きを間違えないように入れ

 

ベアリングを入れて、リテーナーをのせたら

 

プレスへセット!!

 

指で刺している部分がピタッとくっつくまで入れます。

▼圧入出来ました。

 

この後は車体に装着してきますよ〜👍

 

バックプレート裏に液状ガスケットを塗り

 

貼り合わせながらシャフトをホーシングへ戻します。

 

そしてブレーキを組み立ててブレーキオイルのエア抜きをして完了❗️

. “

 

…では無くて✋

ここまでやって4輪アライメントの点検が出来る状態になっただけでした。

 

そして4輪アライメントへ✨

☝️測定結果はこちら

足回りのデーターが数値で表されます。

文字が緑色だったらOK🙆‍♀️

赤色の場合は、基準値から外れていることを表している為 調整が必要となります。

 

今回はシャフトの交換だけで正常に戻っていましたので、ここまでやって本当に完了となります✨

 

よかったよかった!

N-BOX 側面修理 〜塗装編〜

N-BOX修理の続きです。

 

お次は塗装前の大切な作業。

 

紙やマスキングやビニールで塗装をしない箇所を養生します。

広範囲での塗装が必要となる為、室内等にも塗装のミストが入ってしまわないよう厳重に!

 

そしてもう一つ☝️

パネルの接合部にはシーリングを塗布✨

 

溶接で繋いだ境い目には、水などが入らないようにシーリングをして埋めてしまいます。何年先も、修理した部分がきれいな状態であるように、車の見えない部分も丁寧に施工するんですよ!

 

 

仕上がりが綺麗な状態になるよう、はみ出した部分の余計なシールは取り除きます。

 

このように👇✨

 

車体上側の繋ぎ目部分も同様に施工します。

 

車体側とドアとが一度に塗装出来るよう

塗装屋さん2人でそれぞれの準備を進めています。

 

準備が整ったら、いよいよ塗装です✌️

 

 

▼こちらが塗装後の様子

 

この後はバラバラになっているパーツを全て組み付け。

室内も元の状態に戻します。

 

走行テストや足回りの計測等

厳しい点検にもクリアし、お客様の元へお返しが出来るようになったお車がこちら💁‍♀️

 

 

両側面・フロントの損傷と、広範囲で大きな修理となりましたが

抜群の仕上がりで無事にお客様の元にお納めすることが出来ました🎵

 

ありがとうございました🤗

N-BOX 側面修理 〜板金編〜

N~BOX修理の続きです。

 

フロアの修正をし、この骨組みの状態から。

 

①センターピラー や ②サイドシルまでもが交換必要な状態です。

そのため、損傷している部分はカットされます✂︎…

 

この部分は、溶接で取り付けされている所なので

簡単に取り外し・交換といった訳にはいきません。

 

新しいパネルを準備して溶接作業を行います。

 

 

さて、ここで問題です❗️

この工具は何でしょう?👇

拡大してみると…

 

これは『バイスプライヤー』という工具です🛠

溶接を行う前に この工具でパネルを仮合わせし、取付の位置など確認を行います👀

そこで問題が無ければ、やっと溶接が可能となるのです💥

 

ドアの方の仮合わせも何度も行い、フロアの方の修正に問題が無いか等

隈なくチェックしていますよ✨

 

骨格部分までの損傷を受けているお車は

新型のフレーム修正機で新車時の寸法図を用いて

ミリ単位での修正を行いながらお直ししていきます。

 

大きな修理が必要となっても、この機械があれば安心ですね✌️

 

明日の塗装編へと続きます。

N-BOX 側面修理 〜分解編〜

側面に大きな損傷を受けてしまったN-BOXをお預かりしました。

 

大きく損傷があるのは右側。

ですが、その反動で左側と右前も雪山に接触してしまったようです。

これだけの損傷ならきっと怖い思いもしたでしょう…😭💦

 

 

お客様と度々連絡をお取りしていく中で

車の運転が怖くなってしまった話、そしてこのような状態でも綺麗に直るのかどうかというご心配もされていました。

 

『大丈夫!!しっかりと直せますので、ご安心ください☺️』

とお伝えし、修理を進める事に。

 

 

まずは分解から。

分解と言っても、今回は損傷が広範囲となり受けたダメージも大きいので

全体的にばらしていきます。

 

分解をすると、ドアの骨組みのみならずフロアにまで歪みが生じている状況です。

こちらの部分もきちんとした修正が必要となります。

 

シートも絨毯も外して。

 

フロアと言われているのがこの部分。

矢印方向からの衝撃で、変形してしまっているのがわかります。

パネルの歪み具合はこのような感じ。

 

天張も外してしまいます。

 

後ろから見た様子。

こんなにもバラバラに😲💥

前の方まで見渡せてしまうくらい、何も無くなりました。

 

余談ですが…

『シートを外してしまうと、動かしたい時に困るんじゃないの?』

と思いますよね😁

 

そんな時に役立つのが、これ👇✨

一斗缶 🌟

 

一時的に動かす時には、この一斗缶に座り

まるでシートに座って運転しているかのように構内を動かしているんですよ〜✌️笑

 

修理中の様子は明日へと続きます⏩

 

アルトワークス リヤ廻り修理

バックしようと後ろに下がった際、車の真後ろを損傷してしまったアルトワークス。

 

▼バックパネル上部と下部に目に見える変形が有ります。

 

リヤバンパーを外したすぐ内側のパネルが、バックパネルと呼ばれる場所です。

リヤバンパーがぶつかってしまった際、同時に強い力が加わり、全体的にバックパネルそのものが車両前方に押されています。

 

▼上部は裏側が袋状になっているので表から引き出して修正を❗️

 

▼下部は裏側からの修正🛠

 

▼このような感じで修正は完了です🙆‍♀️

 

この後は、リヤゲートとリヤバンパーを仮合わせをし

取り付けした物が奥まったり飛び出したりしていないか。

隙間は均等に正しく出来ているか。などを確認して下地作成作業に移ります。

 

バックパネルを交換するより車に優しい修理なんですよ〜😊

アコード リヤフェンダー&ドア&バンパー修理

保険会社の紹介で、修理の車が入庫しました。

 

損傷の範囲が結構大きいです。

 

どこまで損傷をしているかの確認のためにも

まずは分解から始めましょう💡

外せる物は外していきます☺️

 

▼バンパーとサイドスポイラー取り外し

 

リヤフェンダーとリヤドアに段差が出来てしまっていますね。

 

 

この段差を綺麗に合わせてからリヤフェンダーとドアの面出しをしていきます。

リヤフェンダーはアーチ部のプレスラインもしっかり出してあげます☺️

 

 

 

バンパーで見えなかった部分(リヤフェンダー)にも損傷があった為

そちらも修理をしました。

 

 

リヤバンパーは傷と穴の修理。

 

 

▼バンパー裏から見ると向こう側がよく見えてしまうくらいの穴👀✨

 

ここは樹脂溶接で直します👌

 

 

穴は塞がりました‼️

 

次は下地処理へ👉

 

 

取り外した物を取り付けして完成〜✌️

タイヤとホイールも損傷を受けていたので、新しい物を用意しました✨

 

 

綺麗に修理が出来て良かった🙆‍♀️

バイクのフレーム傷修理

お友達と一緒にお出かけをした時の出来事!

並べて停めていたバイクが🏍🏍転倒‼️

あぁ😫💦バイクの側面に傷が…‼️

 

傷自体は小さなものですが、

まだ新車😭

どうしても気になってしまいます💧

 

そして、このバイクの色が

艶消しのメタリック!!

 

自動車の塗装と バイクの塗装では、

発色やキラキラ具合が全然ちがうのよね🤨

 

そもそも、バイクのパーツは何かあったら取り替えてしまうことが多いので、純正色で修理ということが、とーっても少ないのです。

 

発色とラメ加減、そして部分的な塗装をすると出てしまうボカシ目のこともしっかり説明しました。

 

だけど今回は、相手が知り合いだから保険を使ったとしても大袈裟にはしたくないし、だけど綺麗に傷は直して欲しいし…

お友達想いの心優しいお客様。

 

そんな事情を聞いて、

 

👨‍🔧< 車の塗料を使ってバイクの色は、中々 出しづらいんだよね〜😅

それでも、出来る限りはやるよ!

イヤ、やってやるさ‼️👍

よーしまかせとけー

 

なんて、言いながら笑笑

 

この部分のみを塗装しますので、色を描けない場所は全てキチッとピッタリとマスキング。

傷を落としてUVパテを使用し、塗装前の下地処理は丁寧に。

👇はい、傷は消えました〜

UVサーフェーサーで下処理完了!

うまく調色をして、

ラメ加減も素晴らしい✨

はい、艶消しメタリック塗装、完了です!

どうだーーーーーーーー👍👍👍👍👍👍

 

バイクもきれいに直り、

お友達との関係も良好なまま😁

きっとお客様は喜んでくれると思います♪

ハイエースロング リヤフェンダー板金

先日入庫したハイエース🚗のお話です。

お仕事でご使用のお車ですが、とても大事に、そして綺麗にされているお車です。

 

ですが…

駐車中に悪戯でリヤフェンダーがベコベコにされてしまいました。😱

 

恐らく足で蹴られたであろう痕があちこちに、、、

これは酷い‼️

この凹み加減から見るとフェンダーの交換が必要な位の損傷となりますが

お客様と相談の上、何とか鈑金で作業を進めることになりました🛠

 

いざ修理!!

 

ホイールハウス後ろのプレスラインが大きく変形していますね。

こちらはハンダと接着で引作業で直していきます。

 

 

▼ラインの修正も

このラインがきっちり出たら各部の面出しです。

出来るだけパテの量が少なくなるように気にしながら。

修正が終わると次はガラス、スライドドア、レールを外して下地へ。

そして塗装🌈

 

パネルの波もほとんど無く良い感じで仕上がりました。

 

ガラスをはめて、完成✨

 

後日引き渡しでお客様も大変喜んでいただけました。
ありがとうございます😊

ハイエースフロントパネル板金

ハイエースのフロント事故。

結構大きな損傷だったため、車両保険の限度額を上回る、修理費用が掛かる状態でした。

仕事で使っている車両のため、一刻も早く直したい!

貨物車のため、年に一度の車検が必要で、更新時期も間近でした。

保険で降りる額と、修理費用の差額、そして車検費用。

いつもより大きな出費となりますが買い替えるよりはるかに安く早いということもあり…。

ハイエースのフロントパネルは、ボンネットのようにビスで交換できる物ではありません。

交換が必要な箇所と、修理できる場所。出来るだけ安価で収まるようにフロントパネルは板金で直すことにしました。

ゴンっとチョップされた様に凹んだパネル。

ここを板金するためには、室内側をバラバラにする必要があります。

👇助手席に座った目線です

この配線もよけることになりますが、凹んだ箇所はこの状態でもグイッと押し出される様に変形しているのが分かります。

もう少しバラしてみると。

ここを表と裏、両側から板金です!

きれいに凹みを直して塗装もして、

これで大丈夫‼️

元よりきれいになった✨とお客様も喜んでくださいました(笑)

引退するのは俺が先か車が先か?なんて笑いながら仰る元気いっぱいの人生の先輩が沢山いらっしゃいますが、

どちらも、まだまだ‼️

元気に走り続けて欲しいです😊

エアバッグ交換は高額🚘🔧

お盆が明けて、台風が去ると

急に朝晩が涼しくなりました。

すっきりした青空が見えたり

雨の中に虹が見えたり🌈

札幌の空は色々な表情を見せてくれます。

長いお休みも終わり、すっかりいつもの毎日に戻りました。

連日、多くのお客様からお車をお預かりしています。

一台の車に乗り込むと、

あれっ😳⁉️

ハンドルが無いっ…‼️

何このバラバラな感じは‼️⁉️

実はこの車、事故の衝撃でエアバッグが開いてしまっていました。

エアバッグは、私たちの体を守るため、衝撃を受けた時の条件が揃った時にバッ!と膨らんで開き破けます。

“使いきり”なのです。

そのため、ハンドルを外して、

このような状態になるまでバラバラにしてから、ようやく新しいエアバッグに取り替えることが出来、それだけで何十万と高額になってしまいます。

命を守ってくれるエアバッグ。

エアバッグ自体も、開くように教えてくれるバンパーを外した内側に付いているセンサー類も、きちんと整備されていないとなりません。

修理は、見えないところもきちんと!

こんな修理も出来ちゃうんですね。

雨天も多いので、運転は気をつけてくださいね。😊