エアバッグ交換は高額🚘🔧

お盆が明けて、台風が去ると

急に朝晩が涼しくなりました。

すっきりした青空が見えたり

雨の中に虹が見えたり🌈

札幌の空は色々な表情を見せてくれます。

長いお休みも終わり、すっかりいつもの毎日に戻りました。

連日、多くのお客様からお車をお預かりしています。

一台の車に乗り込むと、

あれっ😳⁉️

ハンドルが無いっ…‼️

何このバラバラな感じは‼️⁉️

実はこの車、事故の衝撃でエアバッグが開いてしまっていました。

エアバッグは、私たちの体を守るため、衝撃を受けた時の条件が揃った時にバッ!と膨らんで開き破けます。

“使いきり”なのです。

そのため、ハンドルを外して、

このような状態になるまでバラバラにしてから、ようやく新しいエアバッグに取り替えることが出来、それだけで何十万と高額になってしまいます。

命を守ってくれるエアバッグ。

エアバッグ自体も、開くように教えてくれるバンパーを外した内側に付いているセンサー類も、きちんと整備されていないとなりません。

修理は、見えないところもきちんと!

こんな修理も出来ちゃうんですね。

雨天も多いので、運転は気をつけてくださいね。😊

車修理のプロだからできる事

フリード リヤゲート修理

リヤゲートが凹んでしまいました。

まだ新しい車です。新車の匂いがしています。綺麗には直したいけど、出来るだけ金額を抑えてとのご要望。

リヤゲートのガラスを外すと、それだけで何万円も掛かるので、ガラスは脱着せず、更に使える部品は再使用します。

ナンバープレートは外した方が、後々のためにも仕上がり的にも良いので、外してしまいます。

封印は、許可された工場じゃないとその場で外したり再封印することができません。

リヤゲートに着くテールランプを外し、エンブレムは塗装前に外します。

極力パテが薄くなるように鈑金の技術で、凹んだ箇所の形状を戻しました。


エスティマ ドア交換

ドアサッシュテープは使用している車としていない車があります。

テープの貼り付けは一発勝負!

空気が入ると見映えが悪くなるので、腕の見せ所です。

こうした修理は、修理工場だからできること。販売店であるディーラーでは修理専門の工場へ委託してしまいます。

時間のロスを無くし、一日も早くお客様へお車をお返し出来るよう、皆んな頑張っています(*^o^*)

国内在庫なし。しかも全損。

さぁ、どうする!

 

車は、ポルシェ。輸入車の修理は、1つ1つの部品が高いため、国産車の修理額イメージとは全然違う料金になってしまいます。

 

本来なら交換となってしまう、リヤフェンダーの この大きな凹みは、板金で直すことにしました。簡単ではないのですが、

 

こんな風に直っちゃう!そして、

 

こんな風に綺麗になっちゃう!

 

 

いつも、ご利用いただいているお客様です。喜んでくださる顔が想像できます🤗

あとは、気になっている整備と車検を終わらせればお返しできます❗

もう少し、楽しみにお待ちくださいね‼️

追突事故によるリヤ廻り損傷修正

追突によるリヤの損傷。

実際、修理途中はなかなか見る機会は無いと思いますので、

今日は、大きな損傷を受けた車の修理においての、修正の過程をお見せします!

板金やさんのお仕事をご覧ください😊


リア廻り事故

リヤバンパーやテールランプなどの外装部品を取り外すと、損傷の大きさがわかります。

波を打つように、歪んでいます。

トランクルーム内のスペアタイヤを外した場所を真上から見てみると、

スペアタイヤが収まる部分は円形を留めていません。更に、リヤ側の壁(画像下側)が大きく歪み、ハウス内に入り込んでいるのがわかります。

大きな損害ですが、

これをすっかり元に戻すのが僕の仕事です!

寸法図を元にフレームを修正します。

車のフレーム(骨の役割)を

元の位置、元の形に戻すため、

フレーム修正機に車を乗せて、新車寸法図に合わせて引き戻していきます。

機械の上にはセットしますが、直すのはプロの職人です。

どの方向に、どれ位の力で、どの程度、 これまでの経験や技術をもってできる、まさに職人技です。

引き千切れたり損傷の酷いパネルを外します。

交換しなければならない、酷い損傷を受けたパネルは取り外し、又はカットして修正できるようになる所までバラバラにしていきます。

この後新しい左リアフェンダー、

バックパネル、

トランクフロアを仮合わせ

溶接していきます。

ボディの形を修正し、

元に戻した所で…

塗装に移動です^_^

軽自動車 側面事故の修理

◆事故の状況と保険の適応

交差路で、車同士の接触。
実は、借りていた車での事故でした。

運転していた方は、自分が所有している車に
ちゃんと自動車保険を掛け、
更に 車両保険にも入っていたので
『他車運転特約』を使用して、
借りていた車の修理の補償も、接触した相手への補償も、
両方受けることができました。

 

すまなさそうにご来店されたお客様。

大丈夫、車はちゃんと直りますので😊
それより、怪我が無くてよかった!😟💦


そんな事情で、入庫になったアルトエコ。

部品が入荷したので着工!

一日で一気に進みました。

◆側面損傷 修理の過程

損傷個所は、
フロントドア・リヤドア・サイドシル・リヤフェンダー。

各パーツとも、大きく凹み、損傷範囲が広いため交換となります。

先ずは、分解。
ドアだけでなくリヤバンパーもテールランプも外します。

そして、サイドシルの大きく損傷を受けたところも
切り開いて、取っちゃいましょう!

リヤフェンダーの歪んだ部分は、
外のパネルが付いたまま修正。
元の位置に、きれいに。

そのあと、リヤフェンダーの外側のパネルを
切り外します。スポットで止まってる部分を、
一つずつドリルで揉んで。丁寧に。

はい! リヤフェンダーが外れました。

こんな風になってるんですね~~~!

これからは、新品部品の取り付けです。
下に並んでいるのが 新品パーツ。
色を塗る前の部品です。

このパーツを取り付け位置に固定して、

ドアを合わせてみながら、

それぞれの位置を確認して、
とりあえず溶接でくっつけてしまいます。

つなぎ目に、点 点 ・ ・ ・ ・
これが仮に溶接した箇所。
調整が必要な場合は、
まだいつでも外せる状態です。

色んな部品がきちんと取付される位置になるように
確認して、決定したら、次は本溶接です😊

今日一日で、ここまで進みました😊✨

 

 

保険事故 即座に 神対応

先週末納まった車です。

仕事で移動中、

雪が吹き荒れ…

街灯も少なくなり、辺りはホワイトアウト状態!

進む道の先も、前を走っている車も見失いそうになる中、

十字路を通過した その時でした!

同じように左側から十字路に進入してきた車が…!!!!!

こちらの側面後方部に衝突😖🗯

後ろに突っ込まれたとはいえ、左方優先。やはり、こういったケースは、双方過失を求められる事故です。

大事には至りませんでしたが、思いの外、大きな損傷。

代車の特約には入ってないけど、直ぐに代車も必要だし、冬季の忙しい中、直ぐに引き受けてやってくれるところは……😫💦

保険会社の事故担当は、困った時のテクニカルオート🙏と、連絡をくれて、お預かりの流れとなりました。

毎日仕事で活躍している車なので、出来るだけ早い修理と対応が必要!!

さぁ、どうする!

直ぐに修理内容と交換部品を確認し、保険会社の承認を得て部品発注!

助手席の後ろ側から、

スライドドア・クォーターパネルは交換です。

結構大きな手術となりましたが、

無事、完了!!!

すっかり元通りに綺麗になった車を見て、ドライバーさんは素敵な笑顔で、

『いや~、良かった! ありがとうございます!』と、

嬉しいお言葉をいただきました😊✨

喜んでいただけて良かったです!

ありがとうございます😊

国産車・輸入車いずれも、気軽に相談できるお店

車の修理は、どこに相談したら良いのでしょう?

車を買ったお店? ディーラー?
修理工場?

…と言っても、よくわからないし…

そうですね。

お医者さんと一緒で、何科にかかれば良いのだろう? と 迷います。

実際、わからないと思いますので
超簡単に ざっくり分けてみます。


◆車の修理は、どこに持っていけば良い?


①リコールなど

メーカー側の対策等がある場合は、ディーラーが早いです!ディーラーとは、メーカーの車を専属的に販売する店舗のことです。メーカー側の不具合はメーカーの信頼回復のためにも、看板をあげて販売しているディーラーで対応する仕組みとなっています。

②整備など

内科的な不具合は、

ディーラーでも専門工場でもOK🙆‍♀️🙆‍♂️

どちらが良いか?というと、

ケースバイケースです。

メーカー保証対象の修理や各車種ごとの特徴的な不具合ですとディーラーの方が話が早かったり、

経年による不具合や不調などの整備の場合は、診断・判断が専門工場の方がすごかったり……。

いずれにしても “工場にいる整備士の技量により” ということも、多々あります。

③鈑金など

外科的な修理の場合は、専門工場の方が良いです!

ディーラーでも修理できるところはありますが、別の場所で塗装されたパーツの交換をする所がほとんどです。修理専門ではないので、見積も不完全なことが多いです。

鈑金、塗装、修復などベテラン揃いなのは、やはりプロ工場です。


◆修理工場のイメージ

以前、テクニカルオートのお客様の 奥様が 初めてご来店された時に、
『私、車の修理工場って すごく暗くて汚くて、トンネルの中のようなイメージで、
子供なんて連れてくる場所じゃない!って 勝手に思ってたの!』
・・・と言われたことがありました(笑)

違った! 来てみて、初めて分かった! と 笑っていました😊

◆相談しやすいお店

札幌市においては、私が感じるところ、
女性のドライバーや、ご高齢の方も とても多いです。

女性の方、人生の先輩方、

小さなお子様も、

気軽にお立ち寄りいただけるお店でありたいと思いながら、
常々、きれいにしているつもりです✨

工場だって、毎日きれいにしてるんですよ😊

◆どの車種を扱える?

テクニカルオートでは、輸入車・国産車 メーカー問わず、

多くの車種に対応して
鈑金・塗装・整備などの修理を受け付けています。

🔸修理の仕上がりを重視するか
🔸見積もり金額を重視するか
🔸保険使用の有無を検討したいのか
🔸ものすごく急いで何とか直したいのか

ご要望は色々あると思います。

どんな場合でも、お客様のご要望に近づくよう考えます🌟

お気軽にお立ち寄り下さい😄🌸

自分の車を任せられるところ どっか無いかな? とお探しの方は
見学だけでも、テクニカルオートに遊びに来てみてくださいね😊

一緒に見て、納得・安心。百聞は一見に如かず。

お客様からのご相談、ご要望、急なトラブル、予定外の出来事、今後のメンテナンス。

毎日、沢山のお客様とお話しをします。
▼ここをこうしたい…

▼ここの調子が悪い…

▼こんな風になれば良いな…

など、お客様のご要望は様々。
ご要望の食い違いがないように…確実に!

お客様に笑顔になって欲しいから…

お客様の喜ぶ顔が見たいから


テクニカルオートでは実際にお客様と一緒に目で見て、一緒に要望を確認し合って、お車をお預かりするよう心がけています。


おかげで今日も沢山の喜ぶ顔が見られました😊

こんな逆パターンもあったり🤭

↓ここがこんな風に痛くって〜治せる??

かなっち、柔道整復師の資格を持つ整体師さん(お客様)に、身体を修理してもらい中…

からだメンテナンスふじさわ←ここです

👩『お願いだから、出張で来て。』

👩‍⚕️『3名以上なら、出張も可能です✨』
▼先生に教えてもらってストレッチ!

車も体も、日常のメンテナンスが大事です😉✨

塗装の時にガラスや部品を外す理由

車の修理の時、車をきれいにしたい時など
塗装を行う際、安価に仕上げる方法として
『マスキング塗装』をすることがあります。

関連する部品の脱着工賃や材料・部品が省かれるため
安価に済むのです。

敢えてお勧めをしているわけではありませんが、
その車に乗る年数が残り短い、
どうしても予算の関係上安く済ませたい等
お客様がご要望されたときには そのような方法で行います。

◆塗装の時、外した方がいい部品って?

関連する部品の脱着って なに?? というと、

主に、ガラス・モール・キャッチ(ドアノブ・取っ手の部分)などです。

 

▼モール・キャッチ・クォーターガラス・テールランプも全部外れた状態

※塗装完了後の様子です。

 

◆部品を外すのと外さないのでは、
どう違うの?

では、なぜ外すのか。

それは・・・!

こうなるかもしれないからです!

アップにしてありますが
▼ここです

これは、別件でお預かりした車両の、リヤドアです。

白いプツプツが見えていました所は、
塗装の クリア剥がれです。

いつかどこかで修理をしたときに、
マスキングでモールより上を養生し、
塗装をしたのでしょう。

修理の最後に塗るクリア塗装が、
モール下から剥がれてきてしまっているのです。

マスキングでの塗装をするときは、
端の細かい部分まで上手に丁寧に仕上げる技が必要なのです。

◆仕上がり品質と長持ち重視の修理方法

本来は モールを外して隠れている部分にまできちんと塗装を行い、上から新しいモールを、 そして直接ガラスが接着してあるところは ガラスの脱着をして 上から被せ、仕上げます。

▼クォーターガラスの接着準備

▼クォーターガラスの接着

マスキング塗装でも、塗った直後はきれいですが、
ご予算が関係ない保険使用の修理・きれいにしているお車・新しい年式でまだまだ乗るつもりのお車などは、
正規の方法をお勧めします✨

 

修理車の写真撮影・勉強会??

事故で保険を使用する場合、

車輌がどのように損傷を受けているか、

写真撮影を行い、保険会社に提出します。

今日は、高橋オジサンが納車引取で出かけていたので

女性スタッフが📷✨

先輩の梨奈ちゃんが、奈央ちゃんに撮影の仕方、手順を伝授!

基本5方向の意味や、撮り方など丁寧に説明しています。

そこへやってきたのは ベテラン大ちゃん。

さて、大ちゃんはどんな風に教えてくれるのでしょう?

楽しそうに笑う女子たち。

その撮影勉強会の風景です。