エバポレータ洗浄・フィルター交換も重要です!

何度かエバポレータ清掃の記事を載せていましたが

その記事をご覧頂いたお客様から『自分の車もやってみたい!』とご依頼を頂きました😊

 

いつもお子様と一緒に遊びに来てくださる大切なお客様♬

 

やはりエアコンつけ初めの あの嫌〜な臭いに悩まされていたそうです😭

 

エバポレータ清掃に加え、エアコンフィルターも一緒に交換してしまいます!

 

まずはエバポレータ清掃から。

室温25℃・風量全開・内気・風の出る位置をそれぞれ設定してスタート。

 

今回のお車の排水パイプはというと…

リフトアップをすると、下から見える位置に発見👀✨

 

ここに洗浄剤を注入していきます。

 

洗浄剤は1台につき1本使用します。

洗浄液はスプレー式になっていて注入しやすい😆

 

全て注入が終わると、差し込んださままでしばらく放置✌️

 

待っている間にエアコンフィルターを交換していきますよ〜❗️

 

グローブボックスを取り外します。

 

そうすると、見えるのがこれ。

このカバーを外すと、中にフィルターがあります。

 

フィルターを取り出して汚れ具合を確認🔍😳

 

お?意外と綺麗…?

ん…🤔?近ずいてみると、たんぽぽの胞子のようなものが見える。

めくってみると、、やっぱり汚い😂

 

このフィルターの汚れが臭いの原因になることもありますが

汚れたままで長期間交換せず過ごしていると

トランジスタという電子部品(オートエアコンの場合、風量調整の指示を行うところ)の故障にも繋がり

エアコンがそのものが作動しないといった事態になることもあります✋💦

 

過去にトランジスタが故障したお車のフィルター環境を見てみますと

ゴミが沢山入っていて、目詰まりしている状態でした。

トランジスタは熱を持つパーツ。

この目詰まりでエンジン内部に取り込む風量が低下し

トランジスター冷却が上手くされないと、熱さに負けて故障してしまいます。

 

▼こちらがその部品

この部品もちょっとお高め…💸

故障してしまわないように、定期的に汚れ具合をチェックしておくと安心ですね🙆‍♀️

 

 

さて!

放置していた洗浄剤の栓。

抜いて汚れ具合を見てみましょう。

 

結構濁っていますね😱

汚れが目に見えると綺麗になった感じがあり気持ちがいい♬

 

この後はエバポレータ内を乾燥させて、完了となります。

 

作業後のミントの香りは、いつ嗅いでもいい感じ🍀✨

 

オススメです😊

夏に向けてエバポ洗浄しませんか?

最近は日中の気温も高くなり、半袖1枚で過ごせるようになってきましたね👕☀️

 

外の気温よりも車内は物凄く暑くなるので

エアコンはもう欠かせない!という方も多いかもしれませんね☝️😊

 

ですが、久しぶりにエアコンをつけると

生乾きのような…カビのような…なんとも言えない 嫌〜な臭いを感じた事はありませんか?

 

このお悩みも、エアコンを使用する時期になると多く頂くご相談の一つでもあります。

 

 

◆臭いの原因は?◆

何度かブログでもご紹介しましたが、ブロアファンから送り出された空気を

冷やす役割を担っているのが『エバポレータ』です。

 

エバポレーター内で結露した水分が乾燥しないまま放置してしまうと

そこから雑菌が大量発生し、カビ臭いにおいを発生させているのです。

 

その空気を吸っていると思うと…ゾッとしますよね😱

 

 

◆エバポレータ洗浄◆

今回はクラウンハイブリッドの作業の様子をご紹介。

 

車内の『温度・風量・内気循環』の設定を行いスタートです🤗

 

ドレンホース(排水ホース)からエバポレータ洗浄剤を注入し

汚れなどを掻き出す作業となる為、まずはホースを探す所から。

 

ホースの位置は車種によって異なりますが、クラウンはこんなところに隠れてました👀❗️

▼助手席足元の様子。ここまで分解をして

やっと見つかりました👍

 

この部分に、洗浄剤を注入していきます!

 

全て注入したら、この状態で数分放置。

 

そして、抜いた後に排出されたものがこちら👇

茶色い水が出てきました。

 

この後はエアコンを付けて、空気を循環させます。

ハイブリッド車両なので、もちろんメンテナンスモードに設定をして!

 

もうこの時点でミントの爽やかな香りが漂ってる〜😆☘️

 

ホースを探すために、バラした箇所を元に戻して終了です🙆‍♀️

 

ミントの香りは数日で落ち着きますが効能は12ヶ月と長持ちします。

気になる方は是非お試しください✨

車が真っ直ぐ走らない!その原因は? 〜修理編〜

先日ご紹介したウィッシュの足回り損傷の続きです。

 

タイヤを上からみると前側が車体からはみ出し、後ろ側が車体内側に入り込んでいるのわかります。

(白ライン:通常 黄色ライン:トゥアウト)

頑丈な鉄素材でも、錆による腐食が進むと

こんなにも簡単にポキッと折れてしまうものなんですね💦

本当に恐ろしい…😱

 

部品を揃えて修理をしていきます👨‍🔧🛠

 

まずは、破損しているサスペンションアームの取り外しから。

ボルトを一つずつ取り外していくと…錆と土がどんどん落ちていきます👀💥

 

取り外しが終わった頃にはこ〜んな床に😳 マックロケ

 

取り外した後の車体の様子👇

 

この後は新しい部品の取付していきます。

 

▼新品部品と損傷のサスペンションアームを並べてみました。

 

この部品を取付して

 

最後に『4輪アライメント』にて足回りの計測。

 

赤い数値の箇所は基準からずれている事を表しています☝️

後ろも最初は赤でしたが、調整を行い緑の数値(基準値内)におさまりました🙆‍♂️

前側も左右とも調整していきます🔧

 

調整が完了したら結果をプリントアウト。

この数値から、全てのタイヤが正しい位置の範囲に戻っていることがわかりますね✨

 

足回りが狂った状態で走行を続けると

タイヤが片減りしてしまう原因となったり、真っ直ぐ走行が出来なかったり

燃費が悪化したり…等、良いことは何一つありません✋😵

 

そのような心配が起きないよう

部品の交換後にはこの4輪アライメントの測定と調整は大切です!!

 

お預かりのウィッシュも、これで安心して走行が出来るようになりました♬

 

日頃のメンテナンスで、下廻りや足廻りの状態を確認しておきたいですね🙆‍♀️

リアルガラスコーティング

春、暖かくなって洗車をすると、さらに磨きをかけたくなる季節です。

 

お客様がとても大事に乗っているパジェロ。

水の弾きが良く、ワックスは効いていましたが、ボディコーティングをかけたいとのご要望です✨

 

直ぐに取れてしまうワックス系のものではなく、しっかり塗膜に繋ぎ留まるガラス系の方が良いかな!

撥水と親水どっちがいいかな!

と、今回施工したのは

このコーティング✨

 

リアルガラスコーティングH

 

ハイモースコートまで高級なグレードだと金額的にもなかなか勇気が要るものとなりますが、

このリアルガラスコーティングなら、しっかりボディと結び付き、しっかり汚れから守ってくれる上、料金も現実的に考えられるコストパフォーマンスの良い優れものです。

元々、撥水が効いた状態のランクル!

水を弾いてる感が、より、車がきれいである印象を強調させる気がします。

でもこの車両の色は黒なので、

水玉コロコロの撥水タイプより

水が固まって流れ落ちる親水タイプの方が、

ウォータースポットもつきにくく良いかも😊

 

と、そこで、

親水タイプではあるものの、疎水系のような

撥水と親水のいいとこ取りのような、このコーティング👍いいね!

 

先ずはボディについている撥水性のものを一度綺麗に取り除き、施工して、水をかけてみました😊

 

気持ちいいですね〜🚿トゥルントゥルン

 

掛けた水がきれいに流れ落ちます。

車につく汚れも一緒につるつるんと❗

 

ハイモースコートと同じ、

ソフト99の商品です🙌

 

札幌では、雪も完全に無くなった5月〜6月あたりの施工がおすすめ😊

そして、毎年同じ時期にメンテナンスをしておくとGOOD👍✨

コーティング前には鉄粉を除去しておくと良いですよ!

 

アウディ エンジンオイル交換

アウディのお客様がエンジンオイル交換でご来社頂きました。

 

まずはリフトアップ

アンダーカバーを外して

 

オイルを抜こうとすると…

 

見慣れないオイルパン(エンジンオイルを溜めておくパーツ)が目に止まりました👀‼️

 

▼こちら

この、蜂の巣模様の部分。

 

多くの車両は『鉄』や『アルミ』素材のオイルパンが使用されていますが

今回のお車は樹脂素材でした✨

今はオイルパンも樹脂の時代なんですね。

 

オイルの抜き口も樹脂製プラグ。

ちょっと捻って外すだけでOK。

 

良く目にするのは、このような太いネジみたいな感じです。

 

新品プラグを付けたら、この後はオイルを入れるだけ。

こぼさないようにジョウゴを使ってみました。

 

オイルの量チェックもセンサーにお任せ✌️

 

 

オイルの量がちょうど良いかどうかも車が教えてくれるんですよ〜!

ワーゲンゴルフ ブレーキセンサー警告灯点灯

フォルクスワーゲンゴルフに乗っているお客様がご来店🏠

「メーターパネルに何かランプが点灯しているんです」

なんでしょう❓と、見てみると・・・

▼こちら💡💡

何かというと、ブレーキパッドの警告灯でした💡

 

これはブレーキパッドが摩耗している時に点灯して教えてくれるランプです💁‍♂️

「でもおかしいな??つい先日車検を取ったばかりなのに」とお客様。

その際には何も指摘は無かったそうで、どうして点灯しているのか状態を確認する為

お預かりして分解点検することに。


タイヤを外し、ブレーキを分解し見てみると

パッドの残量・・・問題なし🙆‍♀️

『んっ👀❓❓』

☝️⭕️で囲まれているところがブレーキパッドセンサー

※拡大※

あらら・・センサーのコネクタが通常はまっている場所から外れています👀💦

本来であれば赤い矢印で示している溝のところにカッチリはまっているはずなのですが

なぜか外れていました。

そして紫の矢印で示している部分。

コネクターのカバーが割れてしまい中の配線たちがむき出しになり切れかかっています😱💦💦

 

今回ブレーキパッドの警告灯がついていたのはこれが原因でした。

断裂しかけていたため、接触不良によってきちんと信号が送られず

点いたり消えたりしていたと言う事です💁‍♂️💡

 

でも普通に走っていたり氷を巻き込んだとしても取れてしまうような場所ではないため

どうして外れてしまったかは不明・・・

 

配線ごと交換してあげないと、いざ本当にパッドが摩耗し交換を要した際

きちんと信号が送られないため点灯しなくなってしまう可能性が・・😭

 

しかーーーーし、

 

パッドセンサーの配線はこのように▼

ブレーキ周りからABSの配線と合体し

車体の中までずっと繋がっているため

配線を交換するとなるとどこまでたどって交換となるかによって
作業的にも金額的にも大掛かりな作業となってしまいそうです💦


色々な警告灯があって急に見た事ないランプが点灯すると驚いてしまいますよね😦🌀

 

「これはなんだろう❓」

そう思った時はいつでもご相談くださいね🤗

 


赤い色のランプが点灯した際は緊急を表している事が多いので
そんな時はまず安全な場所に停車し、状況を見て点検をするようにしましょう❗️

車のメンテナンスのタイミングって?

皆さま、ご自身の愛車のメンテナンスはどのタイミングでされていますか?

車に詳しい方でしたら、

オイル交換はどのくらいの期間や時期で行うか、

定期的にメンテナンスした方が良い部品など、

ご存知の方もいらっしゃるでしょう💡

 

逆に、

『車のことはよくわからない🤷‍♀️』

『整備工場にお任せしているのでわからない🤷‍♂️』


などと、販売店や整備工場に一任されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

💁‍♀️奈央

私もテクニカルオートに入るまではそうでした💦 みんな車やさんにお任せで!😅

 


メンテナンスノート


そこで!!

参考にしていただくものは、

皆さんが持っているアイテム。

車のメンテナンスの参考になるのが、

どのお車にもほぼ積み込まれている
『メンテナンスノート』📖

 

メンテナンスノート

中古車で購入の場合は、前使用者から受け取れない場合もあります。

 

メンテナンスノートには、

その車種に合わせた日常的な点検の方法や

定期的に交換する必要のある部品などが

わかりやすく記載されています。

 

メンテナンスノートに書かれている内容から

1つご紹介しますね☝️✨

 

🛢オイル交換の時期

日常点検・定期点検の項目は各種ありますが、

同じお車でも

普段の使用状況によりメンテナンスの基準が変わってくるんです‼️

 

例えばエンジンオイルの交換時期で言えば

通常10,000kmごと半年単位の交換(車種によって異なりますが)なのに対し

「シビアコンディション」のお車は通常より短い

5,000km毎・3〜6ヶ月毎の短いスパンでの点検が必要となります💡

 

 

💁‍♀️奈央

前に取引のあったリース会社において、エンジンオイルは1万km毎にしか交換しない〜!という会社がありましたが、実際、私たちが沢山の車両の点検をする中で、北海道で1万km毎のオイル交換をしている車のエンジンオイルは、汚れ方がすごいです🙀

そして、車の寿命も短くなる可能性も高くなりますし、数年経ってからの車検で不具合が確認されることも多い傾向にあると感じています。

 


シビアコンディションとは


・悪路(凸凹道・雪道・砂利道など)を多く走行する車

・走行距離が多い

・登り下りの多い道を多く走行する車

・短距離走行を繰り返しする車

など、部品の劣化が通常よりも進行する可能性があるため走行する条件によって設定されています。

そして実は!北海道を走るお車はそもそも

『シビアコンディション』に当てはまるんです👀⛄️

 

メンテナンスノート シビアコンディション

 

車種によって点検の目安は変わります。

ご自身の愛車と長〜くお付き合いしたい方はぜひ

メンテナンスノートご覧になって定期的にお車をいたわってあげてみて下さいね🤗♫

 

メンテナンスノートは、車検証入れの中や取扱い説明書と一緒に保管されていると思いますよ♪

スイフトの オイル漏れ あるある⁉️

『エンジンオイルが漏れてるみたいなんです』とスイフトにお乗りのお客様。

 

リフトにあげて確認してみると

 

 

あらら〜

ベタベタにしずくになってる状況…

 

 

どこから滴っているかというと…?

 

エンジンオイルエレメントの付け根、
取り付け部分のパッキンが劣化したことによるオイル漏れでした💦

 

 

数ヶ月前にも同じようにスイフトのお客様からオイル漏れで…と点検させて頂いた際にも
2台連続で、同じ所からの漏れでした🧐

その時の様子…

👇

▼今回のお車よりもオイル漏れが進んでいました

▼エレメントを外した様子

 

どんな車種・どこのパッキンも、ゴム製のものはだんだん固く劣化はしてきますが、もしかするとスイフトあるあるの1つなのかもしれませんね😯

 

オイル交換でリフトアップした時など、点検しておくと安心ですね☝️😊

車のブレーキ 壊れてはいないけど部品交換

20年以上愛着を持ってお乗りになっているジムニーのお客様から

『心配だから部品を交換しておきたい』

とのご要望がありました。

 

それは何かと言いますと

👇こちら、ブレーキマスターシリンダーの中身!

 

最近はピストンカップの材質が良いためか

ほぼやらなくなった作業です☝️👀

 

マスターシリンダーを外して

 

中のピストンを取り出して

 

シリンダー内部をチェックして洗浄✨

 

新品部品のピストンセットにラバーグリスを少々塗って組み付けをします。

 

 

マスターシリンダー本体を車両に取付し

ブレーキオイルを入れてエア抜きをして完了。

 

これでまた20年安心だっ🙆‍♂️‼️

 

ブレーキの点検はお早めに

👩『ブレーキを踏むとブルブルするんです』

と言うご相談がありブレーキ点検をしました。

 

🔍タイヤを外した外観は特に異常無し。

 

🔍キャリパーの動きをチェックしても異常無し。

 

🔍ブレーキパッドを外してみると内側が…ひどい👀💦

偏摩耗しています。

 

ブレーキディスクは外して確認をすると…

錆が広がって7割くらい効いていない状態になっていました。

 

 

ディスクもパッドも新品に取りかえて完了です🙆‍♀️

 

▼新品はこんなにもピカピカ〜✨

 

今回のように、ここまで錆が広がってしまっている状態は中々見ませんが

きっと融雪剤の影響が大きいのかもしれません☝️

 

ブレーキに違和感を感じたら、すぐに点検に来て下さいね。