アウディ エンジンオイル交換

アウディのお客様がエンジンオイル交換でご来社頂きました。

 

まずはリフトアップ

アンダーカバーを外して

 

オイルを抜こうとすると…

 

見慣れないオイルパン(エンジンオイルを溜めておくパーツ)が目に止まりました👀‼️

 

▼こちら

この、蜂の巣模様の部分。

 

多くの車両は『鉄』や『アルミ』素材のオイルパンが使用されていますが

今回のお車は樹脂素材でした✨

今はオイルパンも樹脂の時代なんですね。

 

オイルの抜き口も樹脂製プラグ。

ちょっと捻って外すだけでOK。

 

良く目にするのは、このような太いネジみたいな感じです。

 

新品プラグを付けたら、この後はオイルを入れるだけ。

こぼさないようにジョウゴを使ってみました。

 

オイルの量チェックもセンサーにお任せ✌️

 

 

オイルの量がちょうど良いかどうかも車が教えてくれるんですよ〜!

ワーゲンゴルフ ブレーキセンサー警告灯点灯

フォルクスワーゲンゴルフに乗っているお客様がご来店🏠

「メーターパネルに何かランプが点灯しているんです」

なんでしょう❓と、見てみると・・・

▼こちら💡💡

何かというと、ブレーキパッドの警告灯でした💡

 

これはブレーキパッドが摩耗している時に点灯して教えてくれるランプです💁‍♂️

「でもおかしいな??つい先日車検を取ったばかりなのに」とお客様。

その際には何も指摘は無かったそうで、どうして点灯しているのか状態を確認する為

お預かりして分解点検することに。


タイヤを外し、ブレーキを分解し見てみると

パッドの残量・・・問題なし🙆‍♀️

『んっ👀❓❓』

☝️⭕️で囲まれているところがブレーキパッドセンサー

※拡大※

あらら・・センサーのコネクタが通常はまっている場所から外れています👀💦

本来であれば赤い矢印で示している溝のところにカッチリはまっているはずなのですが

なぜか外れていました。

そして紫の矢印で示している部分。

コネクターのカバーが割れてしまい中の配線たちがむき出しになり切れかかっています😱💦💦

 

今回ブレーキパッドの警告灯がついていたのはこれが原因でした。

断裂しかけていたため、接触不良によってきちんと信号が送られず

点いたり消えたりしていたと言う事です💁‍♂️💡

 

でも普通に走っていたり氷を巻き込んだとしても取れてしまうような場所ではないため

どうして外れてしまったかは不明・・・

 

配線ごと交換してあげないと、いざ本当にパッドが摩耗し交換を要した際

きちんと信号が送られないため点灯しなくなってしまう可能性が・・😭

 

しかーーーーし、

 

パッドセンサーの配線はこのように▼

ブレーキ周りからABSの配線と合体し

車体の中までずっと繋がっているため

配線を交換するとなるとどこまでたどって交換となるかによって
作業的にも金額的にも大掛かりな作業となってしまいそうです💦


色々な警告灯があって急に見た事ないランプが点灯すると驚いてしまいますよね😦🌀

 

「これはなんだろう❓」

そう思った時はいつでもご相談くださいね🤗

 


赤い色のランプが点灯した際は緊急を表している事が多いので
そんな時はまず安全な場所に停車し、状況を見て点検をするようにしましょう❗️

車のメンテナンスのタイミングって?

皆さま、ご自身の愛車のメンテナンスはどのタイミングでされていますか?

車に詳しい方でしたら、

オイル交換はどのくらいの期間や時期で行うか、

定期的にメンテナンスした方が良い部品など、

ご存知の方もいらっしゃるでしょう💡

 

逆に、

『車のことはよくわからない🤷‍♀️』

『整備工場にお任せしているのでわからない🤷‍♂️』


などと、販売店や整備工場に一任されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

💁‍♀️奈央

私もテクニカルオートに入るまではそうでした💦 みんな車やさんにお任せで!😅

 


メンテナンスノート


そこで!!

参考にしていただくものは、

皆さんが持っているアイテム。

車のメンテナンスの参考になるのが、

どのお車にもほぼ積み込まれている
『メンテナンスノート』📖

 

メンテナンスノート

中古車で購入の場合は、前使用者から受け取れない場合もあります。

 

メンテナンスノートには、

その車種に合わせた日常的な点検の方法や

定期的に交換する必要のある部品などが

わかりやすく記載されています。

 

メンテナンスノートに書かれている内容から

1つご紹介しますね☝️✨

 

🛢オイル交換の時期

日常点検・定期点検の項目は各種ありますが、

同じお車でも

普段の使用状況によりメンテナンスの基準が変わってくるんです‼️

 

例えばエンジンオイルの交換時期で言えば

通常10,000kmごと半年単位の交換(車種によって異なりますが)なのに対し

「シビアコンディション」のお車は通常より短い

5,000km毎・3〜6ヶ月毎の短いスパンでの点検が必要となります💡

 

 

💁‍♀️奈央

前に取引のあったリース会社において、エンジンオイルは1万km毎にしか交換しない〜!という会社がありましたが、実際、私たちが沢山の車両の点検をする中で、北海道で1万km毎のオイル交換をしている車のエンジンオイルは、汚れ方がすごいです🙀

そして、車の寿命も短くなる可能性も高くなりますし、数年経ってからの車検で不具合が確認されることも多い傾向にあると感じています。

 


シビアコンディションとは


・悪路(凸凹道・雪道・砂利道など)を多く走行する車

・走行距離が多い

・登り下りの多い道を多く走行する車

・短距離走行を繰り返しする車

など、部品の劣化が通常よりも進行する可能性があるため走行する条件によって設定されています。

そして実は!北海道を走るお車はそもそも

『シビアコンディション』に当てはまるんです👀⛄️

 

メンテナンスノート シビアコンディション

 

車種によって点検の目安は変わります。

ご自身の愛車と長〜くお付き合いしたい方はぜひ

メンテナンスノートご覧になって定期的にお車をいたわってあげてみて下さいね🤗♫

 

メンテナンスノートは、車検証入れの中や取扱い説明書と一緒に保管されていると思いますよ♪

スイフトの オイル漏れ あるある⁉️

『エンジンオイルが漏れてるみたいなんです』とスイフトにお乗りのお客様。

 

リフトにあげて確認してみると

 

 

あらら〜

ベタベタにしずくになってる状況…

 

 

どこから滴っているかというと…?

 

エンジンオイルエレメントの付け根、
取り付け部分のパッキンが劣化したことによるオイル漏れでした💦

 

 

数ヶ月前にも同じようにスイフトのお客様からオイル漏れで…と点検させて頂いた際にも
2台連続で、同じ所からの漏れでした🧐

その時の様子…

👇

▼今回のお車よりもオイル漏れが進んでいました

▼エレメントを外した様子

 

どんな車種・どこのパッキンも、ゴム製のものはだんだん固く劣化はしてきますが、もしかするとスイフトあるあるの1つなのかもしれませんね😯

 

オイル交換でリフトアップした時など、点検しておくと安心ですね☝️😊

車のブレーキ 壊れてはいないけど部品交換

20年以上愛着を持ってお乗りになっているジムニーのお客様から

『心配だから部品を交換しておきたい』

とのご要望がありました。

 

それは何かと言いますと

👇こちら、ブレーキマスターシリンダーの中身!

 

最近はピストンカップの材質が良いためか

ほぼやらなくなった作業です☝️👀

 

マスターシリンダーを外して

 

中のピストンを取り出して

 

シリンダー内部をチェックして洗浄✨

 

新品部品のピストンセットにラバーグリスを少々塗って組み付けをします。

 

 

マスターシリンダー本体を車両に取付し

ブレーキオイルを入れてエア抜きをして完了。

 

これでまた20年安心だっ🙆‍♂️‼️

 

ブレーキの点検はお早めに

👩『ブレーキを踏むとブルブルするんです』

と言うご相談がありブレーキ点検をしました。

 

🔍タイヤを外した外観は特に異常無し。

 

🔍キャリパーの動きをチェックしても異常無し。

 

🔍ブレーキパッドを外してみると内側が…ひどい👀💦

偏摩耗しています。

 

ブレーキディスクは外して確認をすると…

錆が広がって7割くらい効いていない状態になっていました。

 

 

ディスクもパッドも新品に取りかえて完了です🙆‍♀️

 

▼新品はこんなにもピカピカ〜✨

 

今回のように、ここまで錆が広がってしまっている状態は中々見ませんが

きっと融雪剤の影響が大きいのかもしれません☝️

 

ブレーキに違和感を感じたら、すぐに点検に来て下さいね。

 

 

マフラーから水が… これは異常?

整備の工場に足を運ぶと

ブーンブンブン🚗💨

とアクセルを踏む音と共に変な音が👀💦

 

🙍‍♀️『どうしたんですか?』

 

👨‍🔧『マフラーに水が溜まってるわ』

 

と車の後ろの方へ周ってみると…

 

こんなに???というくらい水が出ていました。

 

 

写真は、マフラーに溜まっている水を排出させている様子です。

 

💡なぜ?

ガソリンが燃焼する事によって水蒸気が発生し

それがマフラー内で結露して水になり溜まってしまっていた模様。

 

マフラーから湯気のように出ているのも同じ原理です🤓❗️

 

マフラーの構造の問題だったり、ちょこちょこ乗りを繰り返し行っていると

なかなか排出が上手くされず、このような現象が多く見られます。

 

でも大丈夫🙆‍♀️

突然、目にするとビックリしてしまうかもしれませんが

異常事態ではありませんのでご安心ください♬

エスティマのエバポレーター洗浄

夏にはよくご要望が増えるエアコンの
エバポレーターのお掃除🧹

この冬の時期に珍しくご依頼がありました💡

 

中古で購入したお車で
前のオーナーさんが喫煙者のようで
エアコンをかけるとタバコの匂いが
して気になるとの事🚬

 

色々匂いを消すために試行錯誤し
エバポレーターも綺麗にしたい‼️
との経緯でのご依頼でした🙂

 

 

エバポレーターの洗浄と一言で言っても

車種によって、そのやり方は異なります。

様々な位置から洗浄剤を行き渡らせます🌪

 

◆リフトにあげ車体の下から作業するもの

 

◆エバポレーターから繋がるホースが車体の下のアンダーカバーで隠れてしまっている為に
助手席のグローブボックスを外し、さらに、フロアをめくり開けホースを引っ張りだして作業するもの

👉今回はこちらの方法となります。

 

 

ホースが出てきたところで

 

洗浄剤のノズルを差し込み、注入‼️

 

液剤を全て注入後、5分程 放置✨

 

そしてノズルを抜きます💨

汚れと共に液剤がジワーポタポタと出てきます。

 

その後は、エアコンを設定し10分くらい風を出して、ここでも待機😌

 

無事に洗浄が終わり爽やかな香りの漂う車内となりました☺️✨

これからの年末に向けて車の大掃除となりましたね🙆‍♀️✨

車種によって作業にかかる時間・料金も変わってきますのでご依頼の際は早めのお問い合わせをおすすめします🙇‍♀️

エンジン掛けるとバタバタ!原因は

お客様加入のロードサービス受付から電話が入り、

エンジンが掛からないという情報だけで、

レッカーで運ばれてきた車。

 

実際には、

『エンジンは掛かるけど、物凄い音がするので怖くてエンジンを掛けられない』とのことでした。

 

エンジンが掛からないのと

エンジンを掛けたくないのとでは

原因を探る上では全く違う情報です😅

 

エンジンを掛けると、あらららなるほど!

確かにバタバタと大きな凄い音。

これは恐いと思う…💦

 

スタッフ👩‍🦰が校内を動かすと、

あれっ⁉️ハンドルが重い‼️

 

👨‍🔧『これは…パワステベルトが切れてしまったかな?』

そう思いながら整備のドクター・イトーが👨‍🔧エンジンルームを覗き込むと

通常あるはずのパワーステアリングベルトか無い‼️💦

やっぱり🙁❕

 

そして、バタバタと鳴っているので

どこかに絡まっているはず〜〜と探します。

 

エンジンルームを上から覗いた状態ではベルトがどこにあるか確認出来なかった為

お車をリフトアップして持ち上げ、

車のお腹を保護しているアンダーカバーを取り外して、

下から見上げる形でチェック🔍👀

 

なんと… これは大変‼️😫

おそらく劣化したいたであろう、

ちぎれてしまったパワステベルトが

クランクプーリー(滑車)に巻き込まれ

その中心部にあるオイルシールを破壊していました💥

それによりエンジンオイルが漏れていて

周辺もベタベタになっています😭

 

こうなるとパワステベルトだけの交換では済みません。

 

 

お客様から伺った、最近のお車の様子は

『”キュルキュル”とベルトが鳴いている音を感じながらも、しばらくの間はそのまま走行をしていた』とのこと。

 

大きな修理に繋がる前に

変な音や、いつもと違った様子を感じた時は、早目に点検・修理を行いましょう✨

 

放って置くと

余計な出費に繋がってしまいますからね☺️☝️

北海道は広い!襟裳まで出張

お客様のところへ行ってきました。
場所は…
ここ!!!

 

結構ね、遠かった笑笑

襟裳の漁師さんです。

 

札幌にも行き来しているので、いつもはテクニカルオートに来てくれるのですが、今のこの時期、しばらくの間は日高の昆布‼️

収穫で大忙しなのでビッチリ襟裳です。

ということで、札幌から😄

この左側の愛車に会いに❤️

 

せっかくなので、

ちょっとだけお手伝い😁

干した昆布を、何束も運び入れましたが、そんなのは1日のお仕事のほんの一部。

 

朝の3時頃から準備をして、

朝の4時頃から漁に出て、

ハイエースの長さみたいな、長〜いぼっこの先に何かL字に金物がついている道具を使って、手で海の底から昆布を巻き付け引き揚げる‼️

それを、何度も何度も!

そして、その日のうちに天日干しで乾燥させ、最後に束ねて作業場へ。

海水の抵抗と昆布の重さ、昆布を根から巻いて引き揚げるのは、相当な体力がいることでしょう!!

こんな大量なのに、最終的には

また一枚一枚丁寧に処理しているんですって😳

すごい!!!!!

昆布が高い理由がわかった😫✨

 

他の業者のプロのお仕事を見ると、

本当にスゴイなぁーと思います。

 

作業場で、これ捨てるの?と聞いて、

0円の美味しい素材😁

テクニカルオートの皆んなに、お土産‼️

勿体ないなぁ、捨てちゃうんだって。

根昆布の根っこ!

すごい出汁が出るんだって!

焼酎瓶の中に2〜3本入れておいたら、すごく美味しいんだって。

焼酎飲まないけど笑笑

お出汁用に欲しいなと思って沢山拾っていたら、

すごいいっぱいくれた👇

 

しかも、これから商品になる根昆布も一緒に持たせてくれました❤️

お土産もらいに行ったみたい😆💦

 

いつも、こんなに遠くから来てくれて

ありがとうございます。

顔も見れたし、任務完了‼️

 

今度は、早朝の昆布干しから手伝いに行かなくちゃ‼️😄