プラド フロントフェンダーの傷磨き

先日いらしたプラドのお客様。

『洗車をした時に、もしかしたら砂利か何かがついたまま拭いてしまったのかもしれなくて…』

 

右フロントフェンダーに傷が😭😭

あらららら

広い範囲で、数カ所に傷がある状態です。

 

▼フェンダー上部分

 

▼フェンダー、ドア寄りライン下部分

 

爪で傷を確認してみると、引っかかるところもあります😭

爪で引っかかる傷は磨いて小さくなるけど残ってしまう事もあります。

 

傷を見て判断したところ、大体の傷は消えるか目立たなくなるかな、ということで

磨き落としてみることとなりました。

だって、この傷を普通に修理すると、広範囲の塗装や沢山の分解作業が必要となり高額となってしまいます。

費用をできるだけ抑えて、綺麗にしたいですもんね!

 

では、実作業へ!!

先ずは傷を2000番のペーパーで落とします!

言い忘れたのですが、このプラドのクリアーは耐スリです!

2000番のペーパーだけでは、磨いても2000番の傷が出てきてしまうので、

2000番をかけた後に、もっと細かい3000番を使って、2000番の傷を消していきます!

3000番をかけた後がこちら

↓↓↓↓↓

あとは磨いいきます!

 

凄く小さい傷は残ってしまったけど、ほぼ分かりません👍😄

ご満足いただけたでしょうか!

 

バンパー凹みをボコッと修正

駐車場に入れる際に、コンクリートのような塊にぶつけてしまったというお車。

素材色の部分がベコッと凹んでいる状態。

 

傷はそのままでもいいから

見栄えを何となくでも良くしたいといったご相談でした!

 

早速直していきましょう👍

まずはバンパーを温めて軟らかくするところから。

 

加熱後、裏から一気に ボコッ と押し出す💨💨

あっという間に凹みがなくなりました🙆‍♀️

 

最後に取り外していたボルトを付けて

 

これで元通り✨

この後は、汚れを拭き取ったら完了です!

 

樹脂バンパーの性質を活かした応急処置の方法です🔧😊

タッチアップで応急処置!

クォーターとテールランプを擦ってしまったとご来店頂いたお客様。

修理は行く行く行うか検討するとして

まずはこの傷を隠すこと、そして錆を発生させない為にも応急処置を行うことに!

 

クォーターにタッチアップをします!

際の部分まで色をのせるためテールランプの際にはマスキングを。

調色したら傷部分を筆で塗っていきますが

色を多くつけると傷からはみ出てしまうし

少量すぎると傷部分に色は乗らないし…その加減は絶妙〜😆!!

 

最後にクリアを塗って乾かしたらOK🙆‍♀️

遠目から見ると全然わからない✨

 

お客様にも『良い感じですね!』とご満足頂けました🤗

さぁこれは何でしょう?

お客様からこちらをお預かりしました💁‍♀️

 

車のパーツです。

何のパーツかお分かりになりますでしょうか?😁

 

正解は〜??

 

フロアマットの留め具でした🤗

※写真は違う車両です📸

 

根本の部分から外れてしまうようです。

新品パーツはもう既に生産中止になっているそうで

取り寄せができない為、ご自身で接着剤を使用する方法など何度かお直しされてきたと伺いました。

 

『溶接をしてほしい』と言ったご要望でしたが…

残念ながら素材が鉄同士ではない為、溶接が出来ません。

 

何とか出来ないかなぁ?🤔 と考えた結果‼️

『パネルボンドでくっつけてみよう💪』

 

錆を落として、パネルボンドで ガッチリ!しっかり!と固定。

裏にもボンドが流れ出るくらい ✨

 

錆落としの工程で黒い塗装が剥がれてしまった箇所は色を塗って

完成〜♬

 

接着で本当に大丈夫かな?と少し不安なお気持ちもあったと思うのですが

お渡し時にパネルボンドの強度についてご説明をすると、とても安心したご様子でした😊

 

フロアマットがズレるとイライラするお気持ちとてもわかります💨

ズレずに快適に過ごして頂けていたら良いなぁ☺️

BMW 218d バンパー簡易修理

バックした時に、後ろのバンパーに何か当たってしまって…! ペコッと引っ込んでしまったんですぅ😭

 

あらま!

何となく、ペコッと凹んでしまったところをペコッと出すだけで良ければ、この状態だと結構見栄えは良くなるかも!💡

 

こんな少しの感じでも、ディーラーに行くと

『バンパー交換ですね』なんて言われかねません。

ちょっと戻れば良いのに… ということで

ペコッと出しチャレンジ✨

工場入れましょう

 

バンパーはボディと違って樹脂素材なので、材質的に柔らかく、熱をかけると柔らかくなる性質があります。

傷やシワは取れませんが、少しの変形や単純な凹みだと元の形に近く戻る可能性があります。

バンパーの内側にあるカバーが邪魔な場合は、取り外す必要がありますが、

この車のこの場所ですと車体を持ち上げれば、下側から手を入れて作業ができます👍

 

リヤだけリフトアップして、

ヒーターを使います。

家庭用のドライヤーとは違って、かなりの高温となるため、距離感やあぶり方を気をつけないと塗膜を傷めてしまいます。

 

素材の温度を手で確認しながら、

適切な時に、

ぃよっ‼️

出た‼️

そして、もう少し。変形具合を手のひらで感じながら、微妙な力加減で整えて、冷やしてあげると

 

 

どうだ〜😄🎶

 

きっと、ぶつかっちゃった時、

はぁぁ😱どぉしよぉぉぉぉ と思ったんだろうなぁ、完璧ではなくても大分良い感じ!

これで少し気分も晴れるかな!

 

仕上がりを見ていただいた時、

『全然わからないね!』と ご夫婦でニッコリ🤗

 

ご満足いただけたようで、良かった〜!❤️

 

ドアの傷、簡単に目立たなく?

すみません、この傷、何とかなりませんか?

目立たなくなれば良いんですけど…。

おぅ…これは、なかなかの損傷😳

 

年末まで乗って手放す予定で、お金は掛けたくないけど、このままじゃチョット目立ちすぎる🤨

 

黒いボディに白の傷は、

やっぱり派手ですもんね😅

良く見ると👀白い傷は、ぶつかった相手側のものの色がほとんどかもしれない。

白い色が黒くなるだけでもずいぶん見栄えが違うかもしれないから、試しにやってみましょうか!

 

と、即!磨きに入りました!

消えきらない部分はタッチアップで👨🏼‍🎨

そして、仕上げに、

大きく凹んで歪んだところは、

吸盤!!!

ドア凹み 吸盤を使った簡易修理

 

ドアなどの柔らかく平らな面が広い場所で、

且つ、緩く大きな凹みには 有効な手法です✨

 

コーヒーを飲みながら、待っている間に

随分と見栄えが良くなりました🙌わーい

 

👇👇👇 before  👇👇👇

👇👇👇 after  👇👇👇

 

お客様も、『これなら!』と 我慢できる程度になって、ご満足いただけたようで安心しました😊

駐車場でドアパンチされたかも?

スーパーで買い物が終わり、
車に戻ると、『え!?なにこれ!!』

リアドアに傷が!!

どうやって直せるか、
見てほしいとの事でご来店です

 

おそらく、この傷はだいぶん目立たなくなると思います。でも、凹みもあるので、そこは磨きでは直らない…

『いや!いいです

この傷さえなくなれば!』

 

 

ここかぁ~

 

 

傷ついて凹んでいます。

先ずは磨いてみて、そのあと凹みを見て我慢できるか考えてみましょう!

 

色々なアイテムを使って

何工程かに分け、傷を落とし、磨きます。

キズはきれいに無くなりました!✨

傷があると、傷に目がいって凹みは気にならない。でも、傷が無くなると、そこには凹みしか無くなるので、今度は凹みに目がいって、どうしてもそこが気になるようになってしまいます。

これで錆びたり おかしくなったりする事はないので、あとは気になるか ならないかです。

 

傷はなくなったけど、

今度は凹みが気になるかなぁーー?

 

車、大事にしてるからなぁ〜💦

 

ワーゲン ポロ バンパー修理

車をバックした際に電柱に接触してしまったので直したいとのご相談。

車は、フォルクスワーゲンのポロです。

 

見てみるとバンパーには大きな凹み…

でも、テールランプは無事だった!🙌

良かった。。。‼️💦

 

出来るだけ金額を抑えたいと仰っていたので

今回は、応急的な修理でがまんです!

 

ベコッと凹んでしまっている部分を

ぽこっと押し出し変形修正!

若干塗装が剥がれてしまっている箇所は塗装をせず、タッチアップで目立たなくする方向で決定✨

 

簡易的な作業ですが、遠目から見てもわからないくらいにまで修復出来ました!

 

バンパーそのものに、『えぐれ』や『割れ』『亀裂』などが無ければ、

このように金額を抑えて修理が出来る可能性もありますので

もし!気になる箇所がありましたら、

お気軽に相談にいらしてくださいね★

踏み間違えでバンパー破損

軽自動車でご来店のご年配の方。

奥様が駐車場でハンドルを切り返し、駐車していた時に誤ってブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったとのこと。

バンパーは、ボコッと凹んで色割れしています。変形具合もキツめです。

 

お電話にて中古のバンパーを調べて欲しいとご連絡頂いていましたが、まだ新しい車ですので、全国に在庫は見つかりませんでした。

 

バンパー自体の価格は比較的安価な物とはいえ、交換作業となると出費はかさみます。

 

 

そんなに丁寧じゃなくても、何となく見栄えが良くなれば良い!とのことでしたので

応急的な修理をすることになりました‼️

 

バンパーは樹脂でできているので、

温めると素材が柔らかくなります。

ドライヤーのように見えるのは、ヒーターです。

 

温めすぎると素材が溶けてしまうため注意が必要ですし、温まらないとうまく形を動かせないのでやりにくい。

ちょっとした技が必要です。

 

バンパー裏側から押し出すため、一部クリップ類を外して、変形修正!

 

変形がきついため、簡易的な方法では限度がありますが、おおかた元に近く戻りました。

 

車に合わせての調色もベテランの技で近い色が出来あがりました。

 

何本も長く線の入った色割れの部分は、タッチアップすると逆に目立ってしまうので、少し色をのせてそのままにしましたが、随分と良くなりました😊

 

細かいタッチアップ‼️

 

お待ちいただいている間の作業でした。

ここまで直ったなら、良かった良かった‼️とご満足いだだけたようです。

 

良かった、良かった😁🎶

 

バンパー凹み クイック修理

Instagramとブログを見て

『インスタに載ってた写真と同じ状態なんです!同じように直してもらえますか⁉️』

 

わざわざ北区から来てくれました。

 

 

割れてなければ、同じように直るかもしれない。割れてませんように…

 

あ、なんか下の方ベラッとなってるけど、

大丈夫じゃない!?

 

ということで、

 

バンパー凹み 応急修理

 

汚れを拭き取ってみると、凹み具合がよく見えます。

バンパーを修理に適正な温度に温め、

裏から押し出す方法で直します。

車体を持ち上げ、一部クリップ類を外します。

タイヤハウスにある、フェンダーライナーという黒い樹脂製のカバーと、バンパー下のアンダーカバーから腕が入るくらいに外し、

その間に専用のヒーターで温めはじめます。

バンパー自体を傷めないように、適度な距離を保ちながら適度な温度まで上げ、適度な範囲が平均に柔らかくなるように。

そして、温めながら押し出します。

うまく出てきました‼️✨

 

凹んでしまったバンパーが、

キリッとしました🤗

 

自動安全ブレーキシステム

エーミング対象車

 

実はこの車両、自動安全ブレーキシステムが搭載されています。

 

フロントガラスにもカメラ

 

バンパー中央のエンブレム下には全方位カメラのカメラ、エンブレム内側にはブレーキサポートのセンサーがあります。

 

 

修理をするためにバンパーを外した場合は、エーミングが必要となるため、安易に外すことはできません。修理をする場合はエーミングを伴うため費用も時間も少し多めに掛かってしまいます。

 

 

先進安全自動車に対するこの法律は、2020年4月1日、本日から改正になり、義務化されました。

認証工場の登録準備などもあり、2024年までに完全となります。

 

今回は、バンパーを外さなくても済みましたし、待っている間に、ご満足いただける仕上がりで、安価で終わることができました。

 

お客様、大喜び🎶

『すご〜い!今年一番のびっくり〜!』

 

どうしよう💦と駆け込んだお客様が、

受付の女性スタッフたちと賑やかに笑いながらお帰りになりました。

 

良かった〜😊😊😊