ランクル リヤフェンダー錆修理 ❸

昨日の続きです。

 

溶接が終わったらプライマーを塗布し

凹みのある所にはパテを付けて形成作業にかかります❗️

 

▼プライマー後

▼パテ後

 

遠赤外線で炙って硬化したら

不要なパテは研いで落としてしまいます。

 

同時進行で、調色作業。

塗り板に色を塗りボディに当てて色チェック🔍👀

 

続いて、サフェーサーを入れて紙はりをしていきます。

 

そして、いよいよ塗装。

ブースの外から様子をパシャリ📷✨

 

 

 

この後は最後の仕上げ💪

板金作業の時に、取り外したパーツをそれぞれ元の位置に戻してあげたら 完成〜👏😆✨🎉

 

 

お車が納車になる直前まで入念に防錆を塗布させて頂きました♬

 

納車の際には、お客さまにも目でご確認頂きご満足頂けたようです!

私達も大変嬉しい納車となりました🤗

ランクル リヤフェンダー錆修理 ❷

金曜日ブログの続きです。

 

左右のリヤフェンダー(車体下側も)の

腐食で脆くなっている錆部分は「サンドブラスト」で出来る限り落としてしまいます。

砂と剥がれた錆が 工場全体を真っ白くモヤがかかったようにしていました👀💥

防護服は着ていますが、脱ぐ時にもドバーッと出るくらいの砂を作業者も被っちゃっています😂

もちろん、車内は砂まみれになってしまわないように

きちんと養生をしていますよ✌️

 

 

錆を落としたあとはこのような感じに👇

▼左側

▼右側

 

再び錆が出てこないようにた〜っぷりとプライマーを塗布。

ここでは本当にたっぷりと❗️滴るくらいに❗️❗️

 

そして、穴が開いている部分用に

ちょうど貼り合わせられるような形の鉄板を作成。

その型取った平らな鉄板をボディの形に合うように何度も調整し

表から溶接してくっつけてしまいます。

 

くっつけた後はベルトサンダーを使って溶接後した後の

凸凹をなだらかにして整えます。

 

再び防錆剤を吹きかけたら、このような感じに。

これでフェンダー内部の作業は完了✨

 

次は、カットした外側の部分に新しいフェンダーを付けて元に戻して行きましょう。

新しいフェンダーは、必要なサイズにカッティングをしてこのように貼り付け。

形が出来てきました✨

ここまで来たら、次は塗装です👍

 

この続きはまた明日🤗

ランクル リヤフェンダー錆修理 ❶

昨年の11月に初めてご相談を頂いたランクルのお客様。

過去に載せているランクルの記事を見て、自分の車も同じようになってる!

と来るきっかけになったんだそうです。

 

すぐに直してほしい。というご要望ではありましたが

冬場は事故の修理が多いため、錆の修理は春🌸になってからとお待ち頂いていました。

 

テクニカルにお願いしたいから!と半年も前からのご予約で

修理をお任せ頂けました事は、本当にありがたいお話です🙇‍♀️

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

錆の状態はというと…

ステップの奥は、中から押し上げられた塗装がポコポコと浮いています。

タイヤハウス内から見える部分は、一目で錆だとわかるくらいの腐食具合。

 

運転席側の方は ここまで腐食は進んでいませんが

同様にちらほらと錆が出てきていました。

 

せっかくなので、左右とも綺麗にしたい!というご依頼だったので

左側はクォーター交換・右側は修理の方法で進めることに決定です👨‍🔧✨

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

まずはステップを取り外します。

あぁぁ 😱💥  ボルトが折れてしまいました💦

 

折れたボルトは取り除いてしまいます!

が…中のネジ山自体もダメになってしまっているので

こんな時は新しいネジ山を作ってしまいましょう♬

 

登場するのはこちら💁‍♀️

この新しいネジ山(赤矢印)を専用の機械にはめて穴の中に入れるだけ❗️

上の部分に力が加わると、下の方が膨らむような仕組みになているため

それがストッパーとなり、外れることはありません🙅‍♀️

こんな感じで、新しいネジ山も出来ました✨

 

続いて車体側の修理に取り掛かります💪

 

一番錆が進行していた左リヤフェンダーをカットしてみると…✂️

想像よりも大分錆は進行していました😭

見える部分でちょこっとでも、隠れている部分の状態がいかに酷いかが

この画像からでも分かりますよね💦

すでに腐食で穴が開いている部分も見られます。

 

さぁ、この錆がどのように修理されるのでしょうか😼

続きは月曜日のブログでご紹介します🍀

サイドシルに大きな穴が…👀💥 〜取付から仕上がりまで〜

昨日の続きです。

 

次は、カットした部分に新しい部品をくっつける作業に取り掛かります💪

👇こちらが手配をした新品部品。

こちらは、黒いプライマーの状態で届きます💡

ボディ側と同じように必要な箇所をカットして準備を。

 

そしてボディ側に、パズルのピース🧩をはめ込みするように付けたら

スポット溶接機で点付けをする箇所と、カットをした部分は半自動溶接で

しっかりと くっつけてしまいます🔥

 

溶接後はこのような感じに👇

溶接した箇所の凹凸がなくなるよう、平らに削ったあとは

塗装屋さんへバトンタッチ✋😊

 

今度は継ぎ目の補修作業に取り掛かります。

錆び難くするプライマー処理をしてから板金パテを塗布し

ボディの大まかな形を作ります。

平らな面は、定規のような平たい物を使い表面を均したり

カーブになっている部分などは、直接指で丁寧に塗布します。

そして遠赤外線に当てて乾燥☀️

 

しっかり乾燥させた後は研磨をして

仕上げパテも同様に進めたあとは

サフェーサーで下地作りの最終工程‼️

そして最後に塗装を行います。

 

修理のために、取り外しをしていたドア等のパーツをもとに戻したら 完成 😊⤴️⤴️

見事綺麗になりました♬

 

札幌に引っ越しをして来られる前は

海の近い地域に住んでいたようです。

今回の錆は、その影響も大いにあったのかもしれませんが

お客様は生まれ変わったお車を見て、とても感動してお帰りになりました😆👍

サイドシルに大きな穴が…👀💥 〜取り外し編〜

今年、札幌に引っ越しをして来られたお客様。

初めてご来店を頂きました😊

 

お車の状態はというと、サイドシルにぽっかりと空いた穴が…💥

元々錆が出ている状況だったようですが

冬に凸凹とした道で氷の塊にゴツッとぶつけてしまい、粉砕してしまったんだとか😭

これだけ大きな穴が開いてしまうと、凄く目立って気になりますよね💦

 

この状態では、サイドシルを交換する方法になりますが

他のパーツのようにボルトなどで止まっている物ではない為、容易ではありません✋

溶接でついているので、そこを外して交換してあげる必要があります。

 

まず、ドア2枚は取り外しをして。

 

溶接を外していく作業に取り掛かります。

スポットカッターを電動ドリルにセットしたら

溶接されている部分に押し当てて、一つ一つ溶接を剥がしていきます。

👇この作業の時には、こういったものも使用

切削油です💡

作業時に発生する抵抗を抑えられるので、作業効率アップ⤴️⤴️

そしてスポットカッターにも優しい🤗

 

こちらが剥がし終わった状態💁‍♀️

 

溶接剥がしが必要な部分は一周グルリとやっています。

カットする位置を決め、切開をしたらやっと取り外しが可能となります❗️

 

外した後のボディはこのような感じ👇

 

そして外れたサイドシルの裏を見てみると…そこには悍ましい光景が😱💥

表面からは見えなくても、中では殆ど全面に錆が広がっていました。

錆に侵された鉄板は、鉄とは思えないくらい  いとも簡単に手でちぎれてしまいます。

錆の恐ろしさを痛感しますよね😅

でも大丈夫🙆‍♀️

ダメになっている部分は取り除いたので

あとは新しいサイドシルをボディに付けていきましょう。

 

その様子は明日のブログでご紹介♬

お楽しみに〜🍀

サンドブラストを使って錆修理👨‍🔧

 

ぶつけてしまったところが錆びているんです💦

と、相談にいらしたアルトラパンにお乗りのお客様👩

 

どこか錆びているのかな❓と拝見すると・・

右側のサイドシル(ドアの下側ステップのあたりのパネル)が凹み

塗装が剥がれたところから鉄板がむき出しになり錆が発生していました😖

 

サイドシルは他のパネルに比べて硬いパネルのため

板金で凹みを出すとなると、時間も費用もかかってしまう・・

ということから今回は凹みはそのままに極限まで錆を落として

塗装をして修理する事となりました👨‍🔧💡

 

まずはサンドブラストと言って細かい砂を錆びた箇所に当て

錆の細部まで念入りに落としていきます💨

▲作業時は細かい砂が目などに入らないよう完全防備で✨

赤茶色に錆びていた部分がブラストを当てたところから灰色に変化しているのが

わかりますか❓👀

 

▲サンドブラスト後の状態

凹んでいたところの他にサイドシルの耳の部分も錆びてしまっていたため

一緒に落としちゃいました😄✌️

 

錆を落とした後は

塗装の下地作りをするため

表面をフラットな状態に削り、整えてあげます💡

 

錆がまたすぐに発生してこないように

2種類のプライマーを塗布して

塗料の密着を良くするためのサーフェーサーも

塗ってあげて・・下地の完成🙆‍♀️✨

 

 

ここまできたら塗装をかけない部分は養生をして隠し

ボディ色に塗装をかけて

完成🙌✨

 

 

サイドシルの修理が完了したら

車検のご依頼を頂いていたので引き続き

車検の整備をさせて頂きました👨‍🔧

 

 

車の総合病院テクニカルオート🏥で無事

外科も内科の処置もできたのでしばらくの間は

心配なく安心して乗ることができますね😊🌈☁️

 

フレア ドアとフェンダーに錆が…

フレアのお客様から『錆』の件でご相談を頂きました。

 

左フロントドアと

サイドシルに大きく広がって出来てしまった錆。

 

修理方法については、出来るだけ費用を抑えたいご要望もあった為

ドアはエコパーツで交換・サイドシルはパッと見た感じの印象が良くなるように と

タッチアップの方法で進めることにしました💡

 

〜サイドシル錆の除去〜

サイドスポイラーを取り外しての作業です。

スポイラーが付いている状態ではあまり分かりませんが

外して見ると中でどこまで錆が進行していたのかが良く分かります🔍👀

 

出来る限り錆を除去する方法として

今回登場したのが『サンドブラスト』という加工技術✨

 

空気の圧力で細かな砂を飛ばし、表面の錆を削り取ります❗️

 

▼こちらがサンドブラスト機

 

作業中は大量の砂が舞う為、完全防備で準備OK〜🙆‍♂️

跳ね返ってくる砂が体に当たると結構痛いんです💦

なのでこの防備は欠かせません✋

 

さぁ!錆落とし!!

 

完了後の床はサンドブラストの砂と削り落とした錆とが混ざって散乱しています😳

 

ブラスト後のお車はというと…

こんな感じ😆

先程のまっ茶々な様子がなくなりました👍

 

この後は防錆処理を行い、ボディ色に合わせて調色・そして塗料をのせていきます。

 

スポイラーを元に戻して、ドア交換も完了したら 完成 🙌🏻✨

 

フェンダーは応急的にと行った作業ではありますが

この出来上がりをみて、とってもご満足頂けた納車となりました😊

 

ありがとうございます♬

フィット クォーター錆修理 〜板金&塗装編〜

前回ご紹介したフィットのクォーター錆修理の続きです❗️👉👉👉

 


 

クォーターパネルを切り取り外しボディ側の錆にも錆が出ていましたね。

 

このまま新しいパネルをつけるわけにはいかず、

これから先も長く乗って頂ける様見えないところも丁寧に作業します✨

 

▲今回錆を落とすのに使用したのはサンドブラスト💡

 

砂を吹きつけ、錆びている部分を一気に吹き飛ばします💨💨

細かい砂で吹きつけるので入り組んだ形状の部分の錆も落すことができます💪

砂が大量に舞い散るため完全防備で作業です😷🥽

 

▼こちらがブラスト前

 

▼これがブラスト後

ベルトサンダーで削った時とは違い、表面はプツプツと砂の後で細かい凹凸ができた状態です。

 


お次は・・
削れてなくなってしまった鉄板部分を欠けている形に合わせて別の鉄板をカットして

当て板し溶接していきます⚡️


☝️赤く囲んであるところが形を作らなくてはいけない部分


溶接後はこんな感じ☝️

ボディ側の処置が完了したら新しく取り付けるクォーターパネルを取り付けるため
合わせる位置を太一さんのおっきな目で入念にチェック👀👀


 

溶接をした後はどうしても錆びやすくなってしまうので
2種類の防錆剤を塗布してしっかり溶接箇所をケアします🏥


ここまできたらいよいよ塗装の下準備に取り掛かります🌈

新しく取り付けたクォーターパネルの合わせ目の部分を綺麗に馴染むようパテを乗せ、ならしたら

サーフェーサーを塗布し、ボディの色に合わせ塗装✨


ここまできたらあと少し‼️

各部、作業のため取り外したガラスやバンパー・ドアを組み付けたら・・・

 

完成です🙆‍♀️🙆‍♀️🌸


娘さんの想い出とともにこれからも長く乗っていけることを願って✨お返しします✨

喜んでもらえたらいいなぁ〜☺️

フィット クォーター錆修理 〜鈑金作業編〜

『色んなところが錆びて来ていて・・・
いくらくらいで直りますか??』

とご相談にいらしたフィットのお客様🚗

▼左右のクォーターやドアなど所々に錆が広がっている状態でした。

▼錆びて鉄板がなくなってしまっています

▼錆びて膨れ上がりいびつな形に

▼給油口の周りも・・😭

『どうにか綺麗にして今後も乗り続けたい』

お話を詳しく聞くと、こちらのお車、実は

亡くなってしまったた娘さんが乗っていた車だそう😢

どのように修理を進めるか予算も考えつつ相談しお車をお預かりさせていただく事となりました🙇‍♀️


 

左右とも錆びており今回、右側は修理、特にひどい左側はクォーターパネルの交換となりました。

 

交換するためにはまず今ついているクォーターパネルを取り外さなくてはいけません💡

 

▼クォーターパネルはこの様に点状にスポット溶接され車体に取り付けてあります👏

そのため取り外すにはその溶接を一つ一つスポット揉みをしてパネルとボディを離す必要が・・⚒

これがなかなか容易ではなく・・2人が掛かりで作業しました👬

溶接部分の中心を捉えたらパネルとボデイに対して垂直に当てドリルで揉んでいきます🌀
削りすぎると穴が空いてしまうので適度な力加減と絶妙な具合で外したら・・

じゃ〜〜ん❗️

パカッと取り外しが完了🙆‍♀️✨


 

あぁ・・・やっぱり・・

ボディ側の鉄板も腐食し朽ちていました😱

 

このままパネルを交換しても内側だけどんどん錆が進行してしまうので

長く乗って頂ける様、内側もしっかり修理します💪✨


 

この続きはまた次回ご紹介しますね♫

お楽しみに〜🤗

ちょっと高級なタッチアップ

『ブログで見たようなタッチアップをしてほしい❗️』

と遠くからわざわざご来社頂いたお客様😊

 

札幌までは何とっ!!

約3時間ちょっとかかる場所からお越し頂きました👀💥

 

そんなに遠くからわざわざ足を運んで頂けるなんて…

嬉しい限りです🙇‍♀️♬

ありがとうございます⭐️

 

 

お車の状態はこのような感じでした👇

 

ルーフに出来てしまった小さな錆。

プクプクとクリアを押し上げているような状態です。

 

以前、他工場で修理をした事があるそうですが

また出てきてしまったと仰っていました。

 

まずは錆を落としていく作業から✨

 

小さな錆ですが、塗装の下では結構広がっているんです💦

サンドペーパーとベルトサンダーで出来る限り除去していきます。

 

丁寧に取り除きました。

 

お次はタッチアップ作業✨

 

お車の色に合わせ、調色しています。

▼混ぜた色は車体の側で確認🔍

 

そして今回登場したのは…

エアブラシ用(絵を描く時)のスプレーガン‼️

 

通常の物よりも大分コンパクトで可愛らしい感じ💓

 

 

筆ペンで塗る方法とスプレーガンで霧状にして吹き付けるのとは

肌への塗料の乗り方が違う為、その見栄えも異なります。

 

ちょっと高級なタッチアップですね✌️😃

 

そのスプレーガンを使って塗料を乗せていきましょう〜♬

 

そして乾かします。

 

完成〜🤗

良い感じに仕上がりました👏

 

 

お客様にも『綺麗ですね!』と喜んで頂くことが出来ました😆👍

ありがとうございます!