キャンバーボルトが外れない⚡️🔩

 

時々、お問い合わせを頂く中であるのが、

『自分でやってみたが上手くいかずどうにもこうにもいかなくて💦』

と、お車をいじるのが好きでDIYしているお客様からのヘルプのお電話📞

 

今回は整備のヘルプのご連絡でした💡

 

どんなご相談かというと、

足回りの調整をする為、キャンバーボルトを社外のものから純正のものに

交換しようと思ったが、片側だけどう頑張っても外れない😭⚡️

との、ご相談でした💁‍♀️

 

キャンバーボルトとは、サスペンションとナックルを止めているところのボルト🔩

▲矢印で示したところです💡

 

どれどれ❓と、状態を見てみると

錆がひどく固着してうんともすんとも動かない・・・

これは、お客様の手の力だけでは取るのは難しいはず💦

無理くり力ずくて外そうとしたら、ボキっと折れてしまう可能性が大❗️💦

折れてしまったら大ごとです😱

 

こういうボルトが固着した場合、バーナーで熱を加えてあげると外れやすいのですが

ここは足回り💡すぐ近くにはブレーキオイルやエンジンオイルが🔥

 

そこで、ボルトの周りだけを局所的に加熱する機械で

白い部分が円になっていてボルトの周にフィット💡

じんわり熱を加えます・・・

赤くなってきた👀✨

十分に温まったところでハンマーで叩く🔨⚡️

これを何度か繰り返し・・・

外れました🙆‍♂️🙆‍♀️‼️

 


 

錆びている部分をペーパーで削り

綺麗にしたら・・

▼新しい純正のボルトを差し込んで交換😉♻️

 

無事折れることなく外れてよかった〜💓

や〜助かった〜〜‼️と、お客様も大変喜んでおられました☺️

 

困った時のテクニカルオート🚗😊👍

ご自身で色々DIYをして、アドバイスや手助けを〜❗️

ということがあれば、お気軽にご相談くださいね

 

フロントの損傷でエンジン交換まで!

鹿との接触によってフロントを損傷した車をお預かりしました。

走行しているスピードによっても変わりますが

あの大きな体🦌とぶつかってしまうと、車の方に受けるダメージも大きくて当然です💦

ですが、幸いお客様にお怪我は無かったようなので、安心しました😣‼️

 

お車はというと、フロント周りの損傷は中のラジエーターにも破損が見られ

クーラントは空っぽの状態です💥

 

エンジンの無事を願いながら、クーラントを補充して、いざ始動!!

ブルルン ブルルン…🚗💭

… あと一歩っていう感じなのに😅

エンジンの始動には繋がりません。

 

入れたクーラントは吹き返し、プラグホール内に混入。

 

残念ながら、壊れてしまっていると判断されました😵⤵︎⤵︎

 

 

エンジンはリサイクル品で手配をし交換しちゃいます♻️💪

 

▼エンジンをボディから取り外し

▼残されたボディはこのように

▼この新しいエンジンを乗せます

 

エンジン交換した後は、オイルを交換してコンディションを整えるのですが

抜いたオイルの色は何とも言えない白濁した色に。

自然な色のオイルは、少し茶色がかった透明色~茶褐色です

どうやら吹き返したクーラントが混入して、パイプ類に残っていたオイルと混ざってしまったようです。

 

その後、もう一度オイルを入れて抜いてを繰り返し

やっと通常の色に戻ってきました👍

 

そしてもう一つ、エンジン始動した時に 車両後方では驚くような光景が😱💥

白煙で工場内が真っ白になってしまうくらい👀!!

排気管にもクーラントが入り込んでしまったのですね。

 

無事にエンジン交換も完了し、外装パーツも元通りに

 

大きな修理ではありましたが、綺麗にお直しして無事に納車となりました🤗

走行中の異音 カンカンカン?

エンジンを止めても変な音がするので見てほしいとご来社。

エンジンをふかすとカンカンカンと…

😱このヤバイ音は💀🗯と、

エンジンを止めクーラントを確認・・・

 

ラジエーターキャップを外すとクーラントを確認できません😭

おそらく無くなっているか、限りなく少ない状況です😱<やだぁ!

先ずはクーラントを補充します。

クーラントが少ない為にラジエーター内の温度が上がっていて、

クーラントがブクブクしています😱

 

クーラントを補充している側から

ラジエーターから漏れているのを確認できました👍

 

 

もうエンジンダメかなぁと思いましたが、祈る思いでラジエーターを交換してみると

異音が無くなって👏

エンジンも正常に動き出しました!🎉

 

先ずは一安心😮‍💨💕

 

オーバーヒートによるエンジンへのダメージは少なからずありますので、しばらくは様子を見ながらとなりますが、生きててよかった〜😃😃

ドライブシャフト交換後の大切な作業🔧

本日のブログはちょっとした整備のお話🧑‍🔧

 

「変な音が鳴っている‼️」と異変を感じたアウディのお客様。

すぐにレッカーで搬送となり、リフトアップをしてみたところ…?

 

あらぁ💦 グリスが飛散している〜😱

テカテカしている部分(赤矢印)は全てドライブシャフトのグリスです。

飛び散ったグリスはホイール裏側までベタベタになってしまうくらいでした💥

 

どうやらドライブシャフトのブーツ破れにより

そこからグリスが漏れてしまっていた様子。

写真はまだ症状が軽い反対側の様子ですが、この状態を放置していると

今回のような大惨事になってしまいます🚨

 

残念ながらブーツ内部のグリスが飛び散って グリス切れした事により

ドライブシャフト本体も大きくダメージを受け交換が必要な状態でした。

 

輸入車という事もあり、部品自体がとっ〜ても高い😵💭

部品は少しでも安価に出来るよう、リサイクルパーツを手配。

そして国産車とは違い、専門の工具も必要となりました🔧

 

ドライブシャフト本体の交換自体も結構な重整備ではありますが

実は、その後の締め付けもかなりの力が必要で大変💨

ですが、とても大切な作業があります☝️

 

登場するのはこちらの工具💁‍♀️

手首をくるくる🌀と捻り、アウディ Q5の規定トルク値をセット❗️

 

ドライバーを指して、全体が回ってしまわないように固定をしたら

はい❗️締め付けをします🙌

 

グッと締め付けをしたら、それを180°回します。

 

どこまで回したかが一目でわかるように、目印をつけて✏️

そして、回す💪

結構な力技ですが、力に自信がない場合は持ち手部分を延ばして

テコの原理を利用して締め付けするんですって👀💡

 

上についていた印が、下の目標箇所まで降りてきたらOK👍✨

このように180°回転したことをしっかりと確認し、締め付けが完了します❗️

 

ここまでの作業を終えて、お車はやっと安全に走行が出来る様になるんですよ〜🤗

エキゾーストパイプのボルトが折れたーーー❗️❗️そんな時は👨‍🔧

 

マフラーの排気漏れで修理が必要となったスズキのお車アルト🚙💡

エキゾーストパイプを交換しないといけません👨‍🔧

壊れてしまったパイプを外そうとすると・・・ボキっ⚡️

ボルトの途中で折れてしまい

錆で固着もしているため外すことができません💦

しかもボルトの形状は円柱のため工具もかからない🔧⚡️

 

そんな時はどうするかというと❓❓

ベルトサンダーを使って

ボルトを削っていきます🌀

こんな形に☝️

なぜこんな形かというと

モンキーレンチの形に合わせてカットしたのです👍💡

ねじ山まで潰れているわけではないので

工具さえ噛ませられたら

クルクル回して🌀

スポッ💨✨

取れました❗️😊

これで新しいボルトを使って交換してあげたら作業完了です🙆‍♀️✨

 


 

実はこれ、結構スズキのお車のあるあるなんです👀

他のメーカーさんは比較的すんなり回るのですが

スズキのお車は折れやすいです💦

 

っと、本日はそんな整備のちょっとしたコツのご紹介でした😄

 

 

インプレッサ焦げ臭い匂いの原因❗️車の専門医の診断結果は❓👨‍🔧

 

初めてテクニカルオートに相談してくれたお客様👱‍♂️

『エンジンをかけると焦げ臭いような臭いがするんです』

まずはご来店頂き、状態の確認をしましょう❗️

とのことで、すぐにご来社🚙💨💨

 


 

エンジンルームを開けてみると

ありゃりゃりゃ・・・💦

黒いオイルがいろんなところに漏れて溜まっていました😱

整備士もこれを見て

『こりゃ臭いわけだ👨‍🔧💧』

 

エンジンオイルがダダ漏れしていました❗️

 

漏れている所はどこかというと・・・

エンジンルームを開けて見えるここの位置☝️

これです❗️

エンジン内部の油圧を感知するセンサー💡

これがダメになっていてこのパーツの隙間からオイルが噴出していました💦

 

部品を確認したところ、すぐに入荷することがわかり即手配👍

別日で作業をする事になりました💡

 


 

▼こちらがオイルプレッシャースイッチという、今回交換する部品🙌

 

交換していきます👨‍🔧♻️

 

オイルプレッシャースイッチは少し奥まったところにあるため

手前にある、オルタネーターとファンベルトを一度外して

交換していきます🙌

外れました💁‍♀️💡

後は壊れたスイッチを取り外して

新品のスイッチと交換したらOK🙆‍♀️⭕️

後は外したオルタネーターとファンベルトを元に戻し

オイルでベタベタになっているエンジンルームを洗浄🚿

その後、問題なく漏れが止まっているかしばらく様子を見て点検🔍👀

問題がないことを確認して無事修理が完了しました😊

 


 

お住まいがすぐ近くでずっと前からテクニカルオートを知って下さっていたそうで

近くに良いところ見つけたよ〜車検もお願いするね〜♪

と、的確な診断と修理に満足頂けたご様子でした☺️

 

ブレーキの異音⚡️ キャリパー固着

 

前のタイヤかあたりから変な音がするんです👂💦

と、整備のご相談でいらしたお客様

走行していてブレーキをかける時キーキーギーギーのような音が鳴るとのこと・・

すぐに整備士がブレーキを覗いてみます👀

 

あっ・・❗️

ブレーキディスクローターが赤茶色に変化している💡

☝️これは錆びている状態。

 

▲本当はこんな風に錆はない状態のはず💡

 

タイヤを外してみようとすると

熱っっ❗️🔥

ホイールがすごい熱を持っています💦

外してみるとより分かりやすいですね👨‍🔧

なんでこんな風になったかというと・・・

▲ブレーキキャリパー

ブレーキパッドとローターを挟み込み

ブレーキを踏んだり離したりする際に開いたり閉じたりして

ブレーキを動かしてくれるもの💡

これが錆の影響で完全に固着し、うんともすんとも動かない状況💦

これではブレーキが効きません⚡️

固着した状態でブレーキをかけようと負荷がかかり

ローターとパッドが削り取られ錆びて赤くなっていたというわけです💦

それが原因で摩擦熱が発生しホイールも熱くなっていました。


 

すぐにお車をお預かりし、部品を手配の上、

キャリパーのオーバーホールをして、ブレーキパッドとローターは新しいものに交換♻️

異音もなくなりこれで安心☺️💓

 

夏は長距離で車に乗る機会も増えるので

いつもと違う音がしたり違和感を感じた時は、早めの点検をオススメします🤗

遠方に行く前は、オイル交換などのメンテナンスも忘れずに🍀

エアコンが効かない・・今回の原因は❓

 

今年の夏はムシムシ暑い日が続きますね〜💦☀️

そんなある日、女性のお客様がご来店👩💦

見るからに困っている様子💡

 

どうされたのか伺うと『エアコンが効かないんです・・😭💦』

他社でエアコンガスを入れたがそれでも効かないと・・

車の窓は全開で、お出ししたお飲み物も一気飲みしてしまうほど

暑さに困っていらっしゃいました。

いらして頂いた際、整備士は作業中でしたが、

困っている様子からまずは状況確認💡

 

数分後・・・・すぐに原因がわかりました👀❗️

原因はコレ👇

タコ足コンセント

・・・ではありません😄

エアコンコンプレッサーリレーです💡

 

エアコンコンプレッサーというエアコンガスを圧縮させる機械、

これが駆動しないとエアコンは機能しません👨‍🔧

コンプレッサーを動かすためのにはエアコンガスと電気が必要ですが

その電気を通電するための継電器がエアコンリレーです🚗♻️💡

 

部品は在庫していないため、手配が必要ですが、来るまでの間が暑くて乗るにはツラい・・

そんな中、整備士の宝箱の中に奇跡的に古いリレーが

壊れているわけではないので、部品が届くまでこれを取り付けしてお帰り頂く事に☺️

 

『えっ❗️❓もうエアコン効いているんですか❓❗️嘘ぉ〜すごい✨』と

とっても感動し喜んで帰られました🚙💨✨

 

 


 

そして後日・・・☀️部品が入ったのですぐに📞し、交換します♻️

 

ちなみに今回のお車はスズキのワゴンRです😊

ボンネットを開けたこの位置に様々なリレーが入っているケースがあります

ケースの蓋を開けたところにたくさんリレーが刺さっています💡

今回交換するのは白い、こちらのリレー💁‍♂️

コンセントのように差し込んであるものを引っ張って外し

新しいものに交換してあげて作業完了🙆‍♀️

バッチリ😍✌️キンキンに冷えています🎐✨

 

終わりましたよ〜っとお声がけすると

深々とお辞儀をして、『本当にありがとうございました❗️

この間、ものすごく暑くて辛くて本当に助けられたんです✨

すぐに対応して原因も突き止めてくれて✨とっても助かりました🙇‍♀️‼️』

と、たくさんのお土産までお持ち下さり、喜ぶ姿と嬉しいお言葉を頂きました🍀

 

お客様のお困りごとの手助けをすることができ、

こんなにも喜んで頂くことができ、こちらとしても

とっても嬉しく、良かったなぁっと思った出来事でした☺️🌈

 

 

 

エアコンがぬるい こんなところから💦

 

この数日暑くて蒸し蒸しする日が続いていますね💦

 

そんな中車のエアコンをつけると

あれ❓💦風がぬるい・・・😱☀️

1番温度を低くしても風をMAXにしても・・・ぬるい😱☀️

 

とある日、エアコンが効かないとご相談に来たお客様💡

昨年もエアコンの効きが悪くエアコンガスを充填したとのこと。

 

エアコンが効かなくガス漏れが疑われた場合、まずはどれだけエアコンガスが残っているのか

どこから漏れているのか確かめるためには再度エアコンガスを充填する必要があります👨‍🔧

 

ガスと一緒にブラックライトで光る蛍光剤を入れて

全体に循環させます💡

 

▼イメージとしてはこんな感じで漏れ箇所が光ります💡

 

今回の漏れ箇所はどこかというと・・

ナンバーの裏側

ここから覗くと見えるところ👀❗️

クラクションのホーンがついているところの横に

エアコンのホースがあります👨‍🔧

わかりづらいので裏側からみてみましょう💁‍♀️

▼丸で囲った部分

エアコンのホースに大きな亀裂が⚡️😱

ガス漏れはここからでした💡

 

なぜ漏れてしまったかというと、

純正のホーンから社外のホーンに付け替えられていたこちらのお車💡

いつ交換したかは定かではないですが

ホーンに水や泥が入らないようついている

PIAAと書かれているカバーがホースに干渉し

走行中の振動などでずっと擦れてしまっていたようです💦

 


 

純正のパーツから社外のパーツに付け替える時には

そのパーツがきちんと取り付くか・・だけではなく

他のパーツへ不具合が生じないか規格や適合をきちんと確かめてから

交換することが大切です🙆‍♂️

 


 

これから続く暑い夏☀️

いつもよりエアコンの調子がおかしいかもと感じた時は早めの点検をして

水分・塩分をしっかりと摂って

体調を崩されないようどうかお気をつけくださいね😊🌈☀️

EKワゴン ジグ修正 保険修理

 

保険会社さんのご紹介でご入庫となったEKワゴン🚗

 

バックで駐車しようとした時に塀にぶつけてしまい

左の後ろ側が大きく損傷💦

 

保険を使用して修理をする際は、事故の際に損傷を受けた箇所を

見落とすことないよう細かくチェックをしてお見積もりを取ります✏️🗒

▲車に青い印が付いているところが傷や凹みのあったところ💡

 


 

バンパーを外してみると外から見るよりも内側に大きくダメージを受けていました⚡️

バンパーは鉄板とは違い、ぶつかった際の衝撃を吸収できるよう柔らかい樹脂素材で

できているため、ぶつかった後形が戻りやすく、一見なんともなく見えていても

骨格のところへダメージが入っていることが結構多いのです😭

 

ご覧のようにバックパネルやクォーターにかけて

グニャっと変形しています💦

 

こういう状態になると、『ジグ』というフレーム修正機(工場に1台しかない)

を使用して、元のフレーム(骨格)の状態に修正をかけて直す必要があります💡

▲車体に鎖のようなワイヤーを取り付けミリ単位で引っ張り

元の形へ戻してあげます🙌

きちんと元のフレームに戻してあげないと、交換するパネルが

ピッタリ組み付けできずさまざまな不具合が生じてしまいます👨‍🔧

テクニカルオートでジグ修正をできるのは、板金屋さんのトップ❗️太一さんだけ

この冬〜春にかけては大きな事故も多く、修正を待つ車は順番待ちの状況👀

機械もひとつ、技術者もひとりの為、太一さんは日々奮闘してくれています🏃‍♀️💨

 


 

ジグでの修正が終わったら、新品で交換するパネルを

溶接で貼り付け交換します🙌

▲クォーターのパネルは1枚ではなく表面と内側の2枚合わせになっていて

こちらは内側のパネルです👨‍🔧

▲これが表側のパネル💡

未塗装で届くため、塗装が必要となります💡

▲塗装をかけるための下地作りをしました

溶接部分は鉄の性質が変わり錆びやすくなるため

きちんと防錆処理も行っています😊👍

傷の入っていたドアも塗装💡

そのほかリヤゲートやバンパー損傷のあった部分は交換もしくは修理をして

仕上げて修理完了🙌

 


 

お客様の命を乗せて走る車🚙🌈

きちんとした修理で安心して乗って頂けるよう1台1台心をこめて修理しています☺️🍀