メルセデス屋根クリアー剥がれ

12ヶ月点検と屋根の修理でご来社頂きましたマットシルバーのメルセデス!

カッコイイです✨✨👍

それでは屋根の塗装の確認です!

上から覗いてみると👀

このポツポツとマダラになっているのが

クリアの劣化です

 

まだ新車から9年しか経ってないのに劣化してクリアが剥がれてくるとは・・・😱

 

先ずは研磨していきましょう❗️

クリアーの境目がバッチリわかりますね!

クリアーを研ぎ落とすのですが・・硬い‼️

もう悪魔の様に硬い😱😱😱😱😱😱😈

外車のクリアは硬くて研磨しづらいけど、いつもの数倍は硬い‼️‼️

恐ろしいぞメルセデス👍

何とか研磨をしてサフェーサーを入れて

紙を貼り、塗装です!

 

塗装後!!

 

ピカピカになりました⭐️

今度はきれいが長持ちするかな‼️

喜んでもらえると嬉しいです😆

ブレーキの点検はお早めに

👩『ブレーキを踏むとブルブルするんです』

と言うご相談がありブレーキ点検をしました。

 

🔍タイヤを外した外観は特に異常無し。

 

🔍キャリパーの動きをチェックしても異常無し。

 

🔍ブレーキパッドを外してみると内側が…ひどい👀💦

偏摩耗しています。

 

ブレーキディスクは外して確認をすると…

錆が広がって7割くらい効いていない状態になっていました。

 

 

ディスクもパッドも新品に取りかえて完了です🙆‍♀️

 

▼新品はこんなにもピカピカ〜✨

 

今回のように、ここまで錆が広がってしまっている状態は中々見ませんが

きっと融雪剤の影響が大きいのかもしれません☝️

 

ブレーキに違和感を感じたら、すぐに点検に来て下さいね。

 

 

オーバーフェンダー溶接

車検と錆修理で入庫中のランクル80

錆修理するのにオーバーフェンダーを外していきます

このオーバーフェンダーを外す際に裏のクリップが取り付く土台が壊れてしまう場合があります!

年数が経っている車は劣化していて余計に壊れやすくなってしまいます😥

位置を合わせたら溶接していきます!

いつもの亀裂だと両面を溶接しますが、今回は表を塗装しないので裏だけの溶接になります‼️

👇タップして動画再生

 

裏だけの溶接でも強度バッチリですね✨✨✨

パンパー亀裂修理② 強度確認

これが樹脂溶接機。

 

亀裂は、バンパーの裏側から溶接をしていきます。

 

白い溶接棒はPP(バンパーの素材と同じ)でできています!

バンパーの材質と同じ素材を使いますので、PP以外にも別素材の溶接棒も用意しています。

 

その溶接棒に熱を加え、窒素を当てて溶かしながらバンパーと一体化させていきます!

 

窒素を当てることにより、熱をかけた時に焦げ付かせず綺麗に溶着させることができます。

 

プラスチック溶接が終わった後は、綺麗に研いで真っ平らにしてから弾力性のあるUVパテで表面の形状を整え、塗装前の下地処理。

 

そして、ここで強度の確認です!

 

溶接したバンパーの強度

こんなにねじっても全然平気です!

👇画像を触ると強度確認の動画再生(17秒)

 

すごい!ズゴすぎる強度です! 👏

繋ぎとめたところは完全に一体化しています🤩

 

安価で一般的な修理方法もありますが、元のひび割れが再びピリッ⚡︎といってしまうことも多いため、応急的な修理の時以外はお勧めしていません。

 

どうせ直すなら、きちんと溶接すると

冬道の氷雪や、悪路での振動も関係なく、

何事もなかったかのように安心して走行できますね🤗

フロントバンパー 自費で修理

交通事故で保険を使ってお預かりとなった車両。

修理が終わり、お客様の元へ返りました🚗✨・・・が!

きれいに直ったのを喜んでいただいたのと同時に、

「事故前から気になっていたフロントバンパーも直せばよかった~!」

少しの擦り傷、小さな傷が全体に多く、

益々気になるようになってしまいました😅

・・・ということで、再度お預かり!

 

バンパーは、割れた個所が数か所あり、

一般的には「交換」と言われてしまうところですが…どうかな?

 

自費で修理の為、きれいに且つ安価を目指します😊

 

調べたところ、新品バンパーは色付きの物が生産されていなかったため、

部品を取り寄せたとしても、ボディと同じ色に塗装が必要。

👨‍🔧「なら、このバンパーを直して塗った方が良いね!」

溶接して修理すると、傷の修理よりも少し料金が高くなりますが、

修理代と新品の部品代とを比較し、更に納期のことも考えて、

今回は修理するのがベストと判断!

 

割れている個所は、バンパー内のグリル部分。

細い3ヶ所ですが、丁寧に溶接します。

PP素材の溶接棒を溶かし込み、素材を一体化させて強化!

 

しっかりつきました!良さそうです!

これで、綺麗に塗装をしたら完成😁✨

一泊二日で完了してお届けです😊

今度こそ!! きっと、喜んでくれるはず💖

待っててね~~~!

BMW ミニクーパーSのよくある話⁉️

デザインがとっても可愛いBMWミニ🚗💕

 

今日は『ミニのあるある』をご紹介。

 

この度、お預かりしたお車もこの症状が出ていました。

💡エンジンからの異音(ガラガラ音)

💡オイル漏れ

 

まずはエンジンからのガラガラ音。

それは…タイミングチェーンガイドの破損による物でした😵💦

タイミングチェーンをプラスチック製のガイドで押さえているので

非常に壊れやすいのです…。

 

この部分、破損してしまったから交換✨と言っても容易ではありません❗️

タイミングチェーンやカムシャフト等の脱着するところも多く大変な作業です⚒

 

▼フロント周りを分解

 

▼ヘッドカバー分解

 

▼破損したガイド

▼なんと‼️こんなにもバラバラに…

オイルパンの中にも破片が入ってしまっているので

綺麗に取り除きます。

 

▼そして各部オイル漏れの状況

湿った感じでギトギトしている部位があります。それがオイルです。

パッキン類の劣化など、原因となっている箇所をそれぞれ交換をし解消させます。

 

ガイド破損による異音やオイル漏れ修理は少し高額修理となってしまいますが

そのままにして、走行続けてしまうと

最悪の場合エンジン本体の故障にも繋がってしまいます⚠️

 

何か普段と違う様子が見られた時には、しっかりと点検をし安心して走行したいですね♬

チョロQみたいな車!錆修理

まるでチョロQのような可愛い車

スズキツイン‼️

今ではほとんど見かけることが無いのではないでしょうか!

スズキアルトをベースに造られた

低価格で楽しくかわいい車です👍

 

悪い処は直して長く乗りたいと、

エンジンから外装まで一通り点検しました!

 

サイドシルが錆びているので、

修理をすることとなりお預かりです🚗

 

錆色が広がりつつあります。

年代的には軽症の錆ですが、早めに直した方が良いですね!

ベルトサンダーで錆を少し落としていきます!

その後に、【あるモノ】を使って、更に錆を落としていきます!

あるモノは、ヒミツ笑笑

マイアイテムです😁

いかに錆を落とすか‼️

錆修理はこれに尽きます👍

後は、プライマーを塗布して塗装します!

 

いつまでも大切にして、

永く元気に乗って欲しいですね!

年に1〜2回見るかなぁ⁉️

最近は目にしなくなりましたね!こちら!

👇👇👇

⭐️デスビ(通称):ディストリビューター

 

スパークプラグへの電気の分配を行う装置です。

ここからプラグコードでスパークプラグまで高電圧を送って火花を発生させています。

 

 

キャップを外して点検💡👀

 

中の赤いローターがクルクルと回ってキャップの裏のポイントへ順番にパチパチと電気を飛ばす仕組みです。

 

点火時期の調整をする際にはデスビそのものの取付角度をずらして調整していましたが

かれこれ7〜8年はやってないなぁ。

 

最近の車両は付いて無いですからね。

 

今はこのイグニッションコイルが各スパークプラグの上に取り付けられているだけ。

 

昔のイグニッションコイルはこのような形なので

全く違う物ですが、やっている仕事は一緒なんですよ。

 

点火時期の調整もエンジンに付いているセンサーとECU(コンピュータ)で勝手にやってくれているので

技術の進化を感じますね。

 

自動運転に向けて、まだまだ自動車は進化していくので

お勉強しなくちゃダメですね〜☝️

ハンドルを回すと変な音

🙍🏻‍♂️ハンドルを回すと、変な音がするんです。

🙍‍♀️どんな音ですか?その音はハンドルの根本から聞こえますか?

🙍🏻‍♂️はい…前から鳴っていたのですが、最近だんだん音が大きくなって…

 

そんなお話をしながら、車を確認しに行きました。

 

エンジンを始動させ、ハンドルを動かすお客様。

左に回し『ウィ〜〜ン…』

右に回し『ウィ〜〜ン…』

あらっ!

 

ハンドルの付け根のグリス切れか何かの、よくある異音かなぁと思っていましたが😳

 

『ウィ〜〜ン…』という音は、ハンドルの根本からではなく、もっと先!エンジンルームの中から聞こえる音です。

原因はパワステポンプです。

 

パワステオイルがポンプから漏れてしまい、オイルが足りなくなっている状態でした。😩

🙍🏻‍♂️このままにしておくと、どうなりますか?急に止まってしまうことってありますか?壊れますか?

 

👨‍🔧この音は、もっと大きくなります。今、もう既に壊れてしまっている状態なのですが…

ここから、オイルが漏れちゃってますよね。

極端なことを言うと、

先ずはパワステのオイルが足りない状況が悪化して、パワステの働きが無くなりハンドルを左右に動かすのが大変な状態になります。

そして、オイルは潤滑の役割をしているので、それがなくなるとロックが掛かってしまって、

ここに掛かっているベルトに負荷が掛かり、ベルトが切れてしまいます。

そうなると、水が回らなくなり、

オーバーヒートを起こして、

エンジンがダメになってしまう

…という状況にも繋がります。

 

🤯えーーーー

 

先ずは部品価格を調べて見積もりからとなりましたが、大事に至らず良かったです。

 

お出かけ中に重ステになんてなっちゃうと、女性なら相当大変だと思います。

🐥💨💨💨

 

危ないので、国産車、輸入車にかかわらず、

ちょっとした違和感でも、

早めに診断してもらうと安心ですよ!

 

 

フォルクスワーゲン ボーラ マフラー遮熱板修理

マフラーの遮熱板が、錆による腐食で落ちてしまったとご来社された フォルクスワーゲン ボーラ🚗のお客様。

 

どれどれ👀❓

早速リフトにあげて見てみることに。

 

 

マフラー本体に遮熱板を固定する為のボルトが鯖による腐食のため、折れてしまったようです💦

折れてしまったボルトのネジ山部分は車体側に埋まった状態で残っていました😳

 

 

『外れた遮熱板自体は、使えそうだよね』

『そぉっすねー』

 

「こんな感じに取り付くのかな」

形を合わせてみて確認OK🙆‍♂️

 

『ディーラーへ行ったけど、丸ごと交換しないとダメだと言われてしまった』

そうなんです。本来なら、この状態ではマフラー交換と判断されてしまいます。

そうなると部品代も高く、高額修理に…。

 

ここがテクニカルオートの腕の見せ所♫

予算をおさえる為に、出来る方法を色々と考えます😄

 

では、修理へ!

 

まずは埋まっているボルトを取り除く作業です。

これが結構、大変なんですよ💦

ドリルを使用し、新しいボルトを入れても使えるように、少しずつ、上手〜く、取り除きます。

そして、ボルトが入るように穴を加工〜⚙

施行錯誤の上、埋まり込んだボルトは綺麗に取り除けました✨

 

ボルトが入るようになったら、遮熱板をしっかりボルトで固定❗️

 

 

取り付け完了〜✨

 

輸入車は日本車よりひとつひとつの部品価格が高いので、このように修理が可能な場合は費用を抑えられますね。

 

また何かございましたら

いつでもご相談ください😊