大型連休を迎える前に🔍💡

 

春の道内ところどころで桜が咲いて暖かい日々も増えすっかり春らしい毎日ですね😊🌸

明日からいよいよ今年のゴールデンウィーク

長い方だと10連休という方もいらっしゃるのでは❓

テクニカルオートも明日の4月29(金)〜5月5日(木)までお休みとなります🙇‍♀️

 

コロナ禍とはいえ、おでかけされる方も多いのではないでしょうか❓

 

遠方へ行かれる、そんな方は出発前にお車の簡易的な点検をしてからおでかけされることを

オススメします❗️

出先で車の調子がおかしい😱動かなくなった😱などのトラブルも

毎年多くご相談頂きます💦

 


 

そんな万が一のことが起きないように、一度点検して見ましょう🙆‍♀️

 

💁‍♀️タイヤ交換後のナットの緩みはないかな❓

💁‍♀️空気圧は適正な値になっているかな❓

💁‍♀️エンジンオイルは最近いつ交換したっけ❓

量はきちんと入っている❓汚れは❓

👨‍🔧クーラントの量は問題なく入っているかな❓

👨‍🔧バッテリーは弱っていないかな充電は十分にされているかな❓

などなど・・・

簡単に点検できる項目がいくつかあります👍✨

 

何かあってからではせっかくの旅行が台無しになってしまうので

ぜひ一度チェックをして見てからおでかけして下さいね〜🌈☺️🌸

 

JLラングラー ラゲッドリッジ ベネーター フロントバンパーラプターライナー塗装

ラギッドリッジのべネーターのバンバーを購入する為に、カリフォルニアに本社があるアメリカンインテークさんにお願いしました!

 

お願いしてから8ヶ月‼️

やっと届きました👍😄長かった😭

 

段ボールのデザインがかわいい。

段ボールは意外と小さめ!

👇こんな感じで分割されているバンパーです!

 

説明書はもちろんイングリッシュオンリー🇺🇸

なので、ほぼほぼ、形で判断です!笑

 

密着性を高めるために、

100番のペーパーを使い、

バンパーのパーツ一点一点を全て研いでから

塗装に入ります!

 

ラプターライナーは周りに結構飛び散ってしまうので、作業を行う場所の養生も広く大きく貼ります!

 

各パーツは、ぶら下げて360度塗装できるように工夫。

↑クリックで動画再生

 

ラプターライナーは、厚めに塗りました。

 

これでバンパーも錆に強くなりましたよ!

次はいよいよ取り付けです‼️

 

純正バンパーから、どのような雰囲気に変わるでしょう!

お楽しみに😊

HBCさんが取材にやってきた

8日金曜日のお昼過ぎ、電話を取るとHBCニュース担当の方とのこと!

「今年の雪害についてお話を聞きたい」との事で 聞かれたことに対して説明をしたところ、

「わかりやすかったから11日月曜日10時に取材に行きたい」と😄😄

ほんとに突然だけど全然OKです!むしろ楽しみです!

 

ということで、

当日10時前にHBCのクルーがやってきました!

 

取材ということで、お話を受けるのは みちるが担当。

フワフワのボンボンがついた ピンマイクを取り付けます!

 

ここについた! 珍しいものを身に付けると喜ぶ♪

 

カメラマンは女性です! 大きなカメラを担いでカッコイイ✨

工場での撮影だったので、

シャッターを開け、明るい場所で撮りました。

何を撮りたかったかと言うと、

先月までの、あの大変だった雪道の状況で起こった自動車の損傷について。

たまたま、そのお話の通り、

雪の塊にぶつかって、バンパーが大きく凹んでしまった

シルフィちゃんをモデルに。

 

消防の方からの情報によると、

バンパー破損に伴い、フォグランプの脱落が原因となって

車両火災が発生した事案が 今年、3件もあったそうです。

消防局の方では、紙資料での説明だった為

実際の車両を用いて、イメージを伝えました。

ヘッドライトの場合、フォグランプの場合と色々撮影しましたが、どこが採用されるかわかりません🤣

↑クリックして動画再生

 

フォグランプがちょっとグラグラしてしまっただけで

なぜ、そのようなことが起こってしまうのでしょう?

 

フォグバルブの発熱と樹脂部分の接触によって起こることだそうですよ。

バルブ表面温度は、500度にもなるため、

樹脂の薄い部分が溶けるだけではなく発火してしまうとか。

なんだか、ショートもしていないのに ほんとに燃えるの!?

ライトが当たっただけで自動車火災⁉️🔥 と思ってしまいますが

実際に、起こり得ることなんですね😱こわいこわい

 

フォグランプも 単品で撮影されてましたよ😊

 

おそらく、明日13日のHBC 

【今日ドキッ!】18時台のニュース

堀アナウンサー担当「もうひとホリ」のコーナーで放送されると思います。

札幌にクマが出なければ、予定通りに!とのこと笑

 

詳しくは、放送を見てね!

しゃべりすぎて カットされまくってることが予想されますが笑

👇このチャンネル この番組です♪

 

アウディTT 塗装が割れちゃった

 

本日はアウディT Tのバンパー修理をご紹介🙌

去年にこちらのお車を購入し乗っていらっしゃるとのことでしたが、

フロントバンパーの下側を覗いてみると

塗装が剥がれているところを発見👀❗️

▲付箋がついているあたりにパリパリと塗装割れがあります🔍

 

見つけてしまっては気になる💦

 

バンパー交換するか

修理をして乗るか

 

悩んだ末、今回は修理をして部分的に塗装する方法をチョイス👍✨

 


 

では修理に入ります🏃‍♀️✨

 

まずは傷の部分を削って落としていきます✋🌀

 

実はこちらのバンパー、塗装が割れていた箇所は修復歴がありました💡

パテが塗装を剥がすとパテが💡

今回の塗装割れも、修理した箇所に飛び石や何かしらの

衝撃が加わったことによって発生したのかもしれません👨‍🔧

 

大まかな傷をポリッシャーで削り落とした後は

手でペーパーを使って表面を削って整えて

 

今回は部分的な塗装をするのですが

ご覧のように塗った境目がわかりずらくなるように

塗装割れを起こしていた範囲よりも大きく

色をかけるためバンパーの半分ほどを出して他の部分を養生しました💁‍♀️

▲塗装完了🌈✨

 


 

 

 

すっかり綺麗に直りました🙆‍♂️✨

 

この他にも色々な内容でテクニカルオートにご相談でお声がけくださっているお客様😊

この後も板金だけではなく整備のご相談も頂いております🙇‍♀️

たくさんある工場の中でテクニカルオートを頼っていただけるのは本当にありがたく嬉しい限りです🌸

 

エンジンから金属音がする❗️その原因は?

いつも感じている症状なのに

工場に車両を入庫するとその症状が何故か現れなくなってしまった❗️

という事は、良くある事なのかもしれません。

 

身体の調子が良くないなぁ…と思って病院にかかっても

診察までの間に意外と調子が良くなったり👀👍

 

本当、不思議ですよね🌀

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回、お預かりしたお車も

走行中に金属音がするとご相談を頂いていました。

 

お客様の話では、普段3〜4kmくらい走った後には毎回 金属音が鳴るようになり

一度 鳴り始めるとアイドリング中にはずっ〜と耳に付くような嫌な音がなっているとの事。

 

ですが、お客様と同じような条件で試運転してみても

全然症状が現れないのです…😅

 

別件の作業を進め、一旦お返ししようと思った矢先!!

その音は 突然 現れました🦻💥

キーッという耳につく音。

確かに金属音のようにも感じられますね。

 

音が鳴っている内に、こちらでどこから発生している音か特定してしまいましょう!

▲サウンドスコープの登場✨

お医者さんの聴診器のような役割をしてくれます。

 

耳に当てて音の出ている箇所に先端を当てると

その機械の音が直接、スコープを通してダイレクトに耳に入ってきます。

怪しいところを一通り確認。

 

すると音の原因は

ウォーターポンプだと断定出来ました👏

 

以前、他社さんに相談した際に

怪しい箇所を順番に進めて行くようになる事を案内されたようなのですが

今回の点検で原因の特定に至り、お客様の心配事も解消出来たので

気持ちの良い整備となりました🤗✨

 

ありがとうございました。

CXー5 オルタネーター故障⚡️ お乗りの方は必見❗️

ベルトが鳴くようになったとご連絡を頂き

後日交換する予定でお打ち合わせをしていたCX-5🚙

 

作業予定とお客様のご都合とのお話しを進めている最中に

ベルトが切れてしまったとの事でレッカーで運ばれてきました💥

 

まずはエンジンルームを開けて確認🔍

 

オルタネータ付近を覗いてみると…あれ⁉️

 

あれれ⁉️

ベルトは確かに無くなっているのですが

その前に、ベルトが掛かる部分のプーリーも外れている😱‼️

 

通常 この部分は、外れてしまうことはまずありません✋

 

じゃあ、なんでこうなったんだろう???

 

プーリーの裏側を見てみると、原因がわかりました。

何やら細かいカスのような物が入ってて、粉々しい。

ベアリングが破損している状態でした。

 

オルタネーターも車体から取り外し。

シャフトの部分も確認をしてみると

皮が剥がれたような無残な姿になっていました。

 

今回のこの症状、実はリコール案件になります。

『新車から5年/10万kmのどちらか早く到達した方』

として保証期間が設けられていましたが、10年/距離 無制限 に延長されています💡

 

お預かりした車も無事に新品に交換して貰えたとお電話を頂き、まずは一安心😊✨

 

ふと、後から考えてみると

ベルト鳴きの症状もオルタネーター プーリーの動きが思わしくなく

発生していた可能性もあるかもしれません。

 

CX-5にお乗りの方は、ベルト点検時に一緒にオルタネーターも点検しておきましょうね 🍀

 

サンドブラストを使って錆修理👨‍🔧

 

ぶつけてしまったところが錆びているんです💦

と、相談にいらしたアルトラパンにお乗りのお客様👩

 

どこか錆びているのかな❓と拝見すると・・

右側のサイドシル(ドアの下側ステップのあたりのパネル)が凹み

塗装が剥がれたところから鉄板がむき出しになり錆が発生していました😖

 

サイドシルは他のパネルに比べて硬いパネルのため

板金で凹みを出すとなると、時間も費用もかかってしまう・・

ということから今回は凹みはそのままに極限まで錆を落として

塗装をして修理する事となりました👨‍🔧💡

 

まずはサンドブラストと言って細かい砂を錆びた箇所に当て

錆の細部まで念入りに落としていきます💨

▲作業時は細かい砂が目などに入らないよう完全防備で✨

赤茶色に錆びていた部分がブラストを当てたところから灰色に変化しているのが

わかりますか❓👀

 

▲サンドブラスト後の状態

凹んでいたところの他にサイドシルの耳の部分も錆びてしまっていたため

一緒に落としちゃいました😄✌️

 

錆を落とした後は

塗装の下地作りをするため

表面をフラットな状態に削り、整えてあげます💡

 

錆がまたすぐに発生してこないように

2種類のプライマーを塗布して

塗料の密着を良くするためのサーフェーサーも

塗ってあげて・・下地の完成🙆‍♀️✨

 

 

ここまできたら塗装をかけない部分は養生をして隠し

ボディ色に塗装をかけて

完成🙌✨

 

 

サイドシルの修理が完了したら

車検のご依頼を頂いていたので引き続き

車検の整備をさせて頂きました👨‍🔧

 

 

車の総合病院テクニカルオート🏥で無事

外科も内科の処置もできたのでしばらくの間は

心配なく安心して乗ることができますね😊🌈☁️

 

この寒い時期にエアコンの風が・・・出ない😭

 

エアコンの風が出ないんです💦

こんな寒い季節にエアコンが効かないとガラスは曇るし寒くて寒くて⛄️💦

 

それはツライ😭

 

すぐに何が原因か点検しました🔍👀

 

原因はブロアモーターの故障でした💡

 

👩ねぇどうしてモーターがダメになるの

モーターが壊れる原因は様々あるのですが

まずモーターが回転する仕組みというのは

軸となる芯にコイルが巻かれており、

そこに磁気の反発する力や引き合う力で芯に当たる部分に

ブラシが当たったり離れたりすることで

回転の力が生まれます🌀

 

ブラシとはわかりやすくいうと

電化製品の乾電池を交換する際に見える

+極に当たる銀色の鉄板の部分のようなものです💡

 

長年使用していると劣化が進み

ブラシのあたりが悪くなるのです💡

 

なので外側からモーターにドンドンっと衝撃を与えてあげると

軸の部分に一時的にブラシが当たる為

モーターが一時的に回る事があります🌀

今回も衝撃を与えると動きました💡

やはり経年的な劣化が原因と思われます👨‍🔧💡

 


 

それではブロアモーターの交換に進みましょう🏃‍♀️

 

まずはブロアモーターのある場所👇

▲助手席前のグローブボックスを外したその中の

▲この丸印の位置にあります💡

 

まずはダメになってしまったブロアモーターを取り外すのですが

こちらのお車はヒーターユニットと一体でついているもののため

外すとなると、カッターでブロアモーターのみを切り離さなければいけません💦

▼このラインでぐるっと切り込みを入れます✂️

これが硬いのなんの❗️💦

カッターの刃の方が負けてしまいそうになりながら

なんとかくり抜きました🙆‍♂️フー💦

▼すっぽり外れました🙌

 

ここへ新しく手配したブロアモーターを取り付けします❗️

スポッと穴にはめ込んであげればOK❗️

元々が一体ものだったため

新しく取り付けするものはボルトで固定します🔩

 

後は元の通りにグローブボックスを戻してあげたら

完了🙆‍♂️✨

 

無風状態だったエアコンもしっかり風が出るようになり

暖かい空気が車内に☀️✨

 

これで凍えないで過ごせますね😊☀️

良かった良かったぁ🍀

ガチャンガチャン…金属が擦れるような音

『走行中にガチャンガチャンと音がなるようになったから見てもらいたいんだ!』

『すごい音しているんだけど、走って行っても大丈夫かなぁ?』

 

とお電話を頂いたお客様。

 

万が一の事を考え、レッカーでご入庫頂く運びとなりました。

 

 

車両が到着すると、すぐに異音の確認🦻

⭐️どんな音かはこちらをクリック⭐️

 

こんなに大きな金属音がしていれば、誰でも不安になってしまいます💦

 

音の原因はこちらでした👇

 

バックプレートの錆・腐食が原因となり

ブレーキローターに当たってしまっている状態だと判明。

 

部品の交換が必要となりますが、新しい部品の入荷には少し時間が掛かりそうだったので

一時的にですが、取ってしまいました🔧✨

 

うん!これであの嫌な音が止まったので、ひとまずは安心して走れます🚙💨

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

部品が入荷したら、お車を再びお預かりして

今度は取り付けの作業!

 

今回は、出来るだけ費用を抑える方法として ちょっとした工夫を😁

 

本来であれば、ハブを外してバックプレート穴の部分から差し込んで装着する方法が一般的。

ですが、この矢印の部分は、特に無くても支障はありません✋

この部分をカットして外側からはめ込みする方法であれば

分解する部分も最小限で住んで、工賃をお安く出来ると言った方法です♬

 

👇黄色いラインでカット ・・・✂︎

 

ここまで来たら、次は取り付けです💪

 

ブレーキパッドやローターを取り外して

バックプレートを装着!

カットした部分に錆が出てしまわないように、防錆も怠りません😊

☝️写真で見えにくいかもしれませんが、黒光りしているところには防錆を吹きかけて。

 

そしてハブ周り・ブレーキローター等に出ている錆は出来る限り削って綺麗にしていきましょう。

 

ブレーキを元に戻して、タイヤを付けたら完成〜🤗

ちょっとした小技で修理費用も抑えられ、お客様にもご満足頂くことが出来ました🙆‍♀️

 

タイヤ交換時や、定期点検の際に一緒に状態を確認しておくと安心ですね👍

ガタガタガタ…心配になるエンジン異音の原因は?

フロント修理でお預かりしたお車。

 

エンジンを始動すると『ガタガタガタ』『ギュルギュル』…と言った異音がなっていました🦻💥

人によって音の聞こえ方は様々ですが、誰が聞いても明らかに どこかがおかしい!と思われる音です。

 

エンジンの異音と聞くと、本体からだろうか…😱💦

と最悪のケースを想像してしまいます。

 

ですが、今回の異音はエンジン始動時にこそ大きく鳴っていますが

しばらくすると、静かになる様子も見られました。

音に変化があるという事は 別の原因がありそうだな!

と判断をし、実際に原因を探ってみることに🔍👀

 

そうすると…

発見‼️ ここだ‼️

こちらのベルトテンショナーの動きを見てみてください。

 

最初は大きく振れていますが、後にその動きが弱まっています。

💡ガタガタ音はこちらから確認💡

 

この大きな動きが、音の原因となっていたのですね☝️

 

 

ではなぜ、このような動きになってしまうのでしょう?

 

その原因はこちら👇

赤い矢印⬆️部分にズレが生じて、一部外に飛び出しちゃっています。

これは経年劣化によるもの。交換しなくてはなりません。

 

そして、ベルトにも無数の亀裂が見られました。

こちらも同時に交換が必要です。

 

ひとまず、エンジン本体からの音ではないと分かり、一安心♬

何かいつもと違う音がするなぁと感じていたら

大きなトラブルになる前に、早めに点検しておくと良いですね🔧✨