ガラスにヒビ!こういうことが原因にも…

ワイパー交換時に、たま〜に聞くこんなお話。

 

『ワイパー交換しようと思ったらガラスが割れてしまいました』

 

え?ワイパー交換で何故?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

それは、こういう事👇

廃車の車両で実験してみました🤓❗️

 

 

 

お分かり頂けましたでしょうか?

 

ワイパーアームの先端がガラスに当たってしまうと

その衝撃から簡単にヒビが入ってしまいます。

 

 

ワイパー交換の際に良くある状況ではありますが

風に煽られたり、誤ってアームの状態のまま倒してしまうと

このような事態になってしまいます。

 

これからタイヤ交換と一緒に夏ワイパーに取り替える時期なので

交換の際はご注意くださいね🤗

車のメンテナンスのタイミングって?

皆さま、ご自身の愛車のメンテナンスはどのタイミングでされていますか?

車に詳しい方でしたら、

オイル交換はどのくらいの期間や時期で行うか、

定期的にメンテナンスした方が良い部品など、

ご存知の方もいらっしゃるでしょう💡

 

逆に、

『車のことはよくわからない🤷‍♀️』

『整備工場にお任せしているのでわからない🤷‍♂️』


などと、販売店や整備工場に一任されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

💁‍♀️奈央

私もテクニカルオートに入るまではそうでした💦 みんな車やさんにお任せで!😅

 


メンテナンスノート


そこで!!

参考にしていただくものは、

皆さんが持っているアイテム。

車のメンテナンスの参考になるのが、

どのお車にもほぼ積み込まれている
『メンテナンスノート』📖

 

メンテナンスノート

中古車で購入の場合は、前使用者から受け取れない場合もあります。

 

メンテナンスノートには、

その車種に合わせた日常的な点検の方法や

定期的に交換する必要のある部品などが

わかりやすく記載されています。

 

メンテナンスノートに書かれている内容から

1つご紹介しますね☝️✨

 

🛢オイル交換の時期

日常点検・定期点検の項目は各種ありますが、

同じお車でも

普段の使用状況によりメンテナンスの基準が変わってくるんです‼️

 

例えばエンジンオイルの交換時期で言えば

通常10,000kmごと半年単位の交換(車種によって異なりますが)なのに対し

「シビアコンディション」のお車は通常より短い

5,000km毎・3〜6ヶ月毎の短いスパンでの点検が必要となります💡

 

 

💁‍♀️奈央

前に取引のあったリース会社において、エンジンオイルは1万km毎にしか交換しない〜!という会社がありましたが、実際、私たちが沢山の車両の点検をする中で、北海道で1万km毎のオイル交換をしている車のエンジンオイルは、汚れ方がすごいです🙀

そして、車の寿命も短くなる可能性も高くなりますし、数年経ってからの車検で不具合が確認されることも多い傾向にあると感じています。

 


シビアコンディションとは


・悪路(凸凹道・雪道・砂利道など)を多く走行する車

・走行距離が多い

・登り下りの多い道を多く走行する車

・短距離走行を繰り返しする車

など、部品の劣化が通常よりも進行する可能性があるため走行する条件によって設定されています。

そして実は!北海道を走るお車はそもそも

『シビアコンディション』に当てはまるんです👀⛄️

 

メンテナンスノート シビアコンディション

 

車種によって点検の目安は変わります。

ご自身の愛車と長〜くお付き合いしたい方はぜひ

メンテナンスノートご覧になって定期的にお車をいたわってあげてみて下さいね🤗♫

 

メンテナンスノートは、車検証入れの中や取扱い説明書と一緒に保管されていると思いますよ♪

ショック組み立ての様子

ショックアブソーバーの組み立てについてご紹介☝️😃

 

新品のショックはこのようなバラバラの状態で納品されます。

 

エコパーツで手配をすると、これらが組み上がった状態で到着します。

『ショック』と聞くと何とな〜くイメージするのは後者ですね♬

 

 

さぁ❗️組んでいきましょう⚒✨

 

▼バンプラバーを入れたらダストカバーを付ける

 

▼専用工具でスプリングを閉めた状態で組み付け

 

▼アッパーマウント取り付け

 

▼専用の工具で締め付けする

 

▼完成 🎉

 

この後は車体に取り付けして終了です🤗

エンジンの異音

車検でご入庫頂いたお車。

 

構内を移動するために、エンジンを始動すると物凄く大きな音が鳴り出しました…😱💥

音の表現的にはガラガラガラといった感じです。

 

それはエンジンを止めるまでず〜っと鳴りっぱなし💦

 

お客様も前から気になっていて、車検の時に見てもらおうと思っていたようです。

 

整備士が状況を確認すると

クランクプーリーのダンパーが劣化で切れてしまい、ブレやガタ付きが起きている状態でした。

 

▼原因となっていたプーリーの一部

▼バラした状態

 

 

プーリーを交換し、エンジンの音は静かになりました✨

 

頻繁に交換するパーツではありませんが、ダンパーゴムは

年数が経つことに劣化することもあります。

そして今回のような症状にも。

 

タイミングベルト交換などの整備作業の際に点検しておくと安心ですね🙆‍♀️

レクサス ハイブリッドバッテリー交換②

昨日ブログの続きです🗒

 

お次は取り外しの作業‼️

こちらのお車のバッテリー…

実はすご〜く重くて、大人2〜3人もの力が必要になります💪

 

取り外しが完了すると、こんなにスッキリ✨

 

そして取り外したパーツと新たに準備していたパーツはこんな感じ👇

 

新品部品には細かい部品が付いてこないのでそれらを移設していきます。

▼こんなにも沢山

▼正しい位置にセッティング

 

そしていよいよ車両に搭載✨

 

 

この後は、システムに異常が無いかの確認を行い、問題が無ければ

室内とトランク内のそれぞれ取り外したパーツを元に戻して完成✌️😊

 

最終確認をして、無事にお客様の元にお納めすることが出来ました♬

レクサス ハイブリッドバッテリー交換①

『ハイブリッドバッテリー交換するのにいくらかかりますか?』

と近年、多くのお問い合わせを頂いております。

 

ハイブリッド車には、高電圧でモーターを駆動する為の『メインバッテリー』と

普通のお車と同様のバッテリー『補機バッテリー』がついています。

 

ハイブリッドバッテリー=メインバッテリーですが

交換は金額的に高額修理隣、作業的も容易ではございません。

その為、作業をするか否かお迷いになる方も多くいらっしゃいます。

 

─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・──・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─

 

今回はレクサスのお客様からのご依頼でした。

 

メーター内にいつもと違うメッセージと各ランプが点灯してご来社頂きました。

 

 

専門のコンピュータを繋げて診断をしたところ

ハイブリッドバッテリーの交換が必要との判断に。

 

部品を準備 して、いざ交換‼️

 

メインバッテリーに辿り着く為には、トランクルーム内のカバー等一つ一つを

外していきます。

 

 

▼姿は見えました❗️

 

ですが、取り出すにはまだまだ〜😵

 

今度はこのリヤシートを外していきます。

 

 

この作業が意外と大変💦

 

 

▼座る部分を外して

▼背もたれも外れました

 

室内側からも配線等を徐々に外していき、やっと本体を覗けるまでに‼️

 

 

 

この後はいよいよ取り外し…

そして取付の作業🛠

 

明日に続きます🙌🏻

 

ジムニーオイル漏れの原因 ⋯これか!

中古車販売店で買った、

お気に入りのジムニー♪ と大事に乗っていたそうなのですが、

3ヶ月半経ったところで、駐車場に飛び散る液体の跡に気がついたそうです。

 

ん? なんだこれ!

そして、少し前に車用品店で見てもらった時には、

まだオイル交換をしなくても大丈夫と言われていたそうですが、

オイルランプもチカチカするし、

走っていたら急にマフラーから白い煙が吹き出して

後方が全く見えないくらいに‼️🤦💦

 

⋯という経緯で、点検のため

テクニカルオートにご来店いただきました。

 

先ずは、オイル量のチェックから!

👨‍🔧⋯ゲージにギリギリ着くかつかないかというくらい減っています。

👨‍🔧オイルはどこから漏っているのかな~?

見てみると、エンジンの上側から流れているような

汚れ方をしています。

 

と、いうことは~

これか!!

👩え、これ? キャップが原因なの❓

👨‍🔧そうです、キャップの内側にあるパッキンの役割をする部分が硬くなっていて、

圧が掛かると塞ぐ力が、もう無くなってるんでしょうねぇ。キャップ交換です!

オイル漏れの原因は、キャップ。よかった!

 

 

と思いきや⋯

今回の大きな問題は、

オイル漏れではなく白煙の方でした。

 

白煙はオイル漏れとは全く別の原因なのです。

 

それにしても、たった4ヶ月足らずで

ゲージにエンジンオイルが付かなくなるほどとは⋯😖

 

マフラー出口付近にも黒くオイルが溜まっている状態。エンジン内部で結構な量を消費しているようです。

ターボがいっちゃったかな

最悪、エンジンがだめかな…

110万円も出して買った車なのに。

この状態では、整備にも結構高額な費用が掛かります。

 

車購入の際、車検整備をどのように見てくれていたのか、気がつくことは無かったのかなぁ⋯ なんとも気の毒なお買い物となってしまったようです😥

 

私を含め、大抵の人は、

自分の財産として、家か車かという

大きな大きな買い物です。

 

中古車をどこで買ったら良いか?

不具合が起きた時誰に相談したら良いか?

事故の時はどうしたら良いか?

 

病院と同じで、なかなかどこのお店が良いなどとは判断しにくいですが

人と人との繋がりや、信頼の部分でも 車のことならここ!という

掛かりつけのお店を見つけておくと良いかもしれませんね。

 

車のブレーキ 壊れてはいないけど部品交換

20年以上愛着を持ってお乗りになっているジムニーのお客様から

『心配だから部品を交換しておきたい』

とのご要望がありました。

 

それは何かと言いますと

👇こちら、ブレーキマスターシリンダーの中身!

 

最近はピストンカップの材質が良いためか

ほぼやらなくなった作業です☝️👀

 

マスターシリンダーを外して

 

中のピストンを取り出して

 

シリンダー内部をチェックして洗浄✨

 

新品部品のピストンセットにラバーグリスを少々塗って組み付けをします。

 

 

マスターシリンダー本体を車両に取付し

ブレーキオイルを入れてエア抜きをして完了。

 

これでまた20年安心だっ🙆‍♂️‼️

 

メルセデス屋根クリアー剥がれ

12ヶ月点検と屋根の修理でご来社頂きましたマットシルバーのメルセデス!

カッコイイです✨✨👍

それでは屋根の塗装の確認です!

上から覗いてみると👀

このポツポツとマダラになっているのが

クリアの劣化です

 

まだ新車から9年しか経ってないのに劣化してクリアが剥がれてくるとは・・・😱

 

先ずは研磨していきましょう❗️

クリアーの境目がバッチリわかりますね!

クリアーを研ぎ落とすのですが・・硬い‼️

もう悪魔の様に硬い😱😱😱😱😱😱😈

外車のクリアは硬くて研磨しづらいけど、いつもの数倍は硬い‼️‼️

恐ろしいぞメルセデス👍

何とか研磨をしてサフェーサーを入れて

紙を貼り、塗装です!

 

塗装後!!

 

ピカピカになりました⭐️

今度はきれいが長持ちするかな‼️

喜んでもらえると嬉しいです😆

ブレーキの点検はお早めに

👩『ブレーキを踏むとブルブルするんです』

と言うご相談がありブレーキ点検をしました。

 

🔍タイヤを外した外観は特に異常無し。

 

🔍キャリパーの動きをチェックしても異常無し。

 

🔍ブレーキパッドを外してみると内側が…ひどい👀💦

偏摩耗しています。

 

ブレーキディスクは外して確認をすると…

錆が広がって7割くらい効いていない状態になっていました。

 

 

ディスクもパッドも新品に取りかえて完了です🙆‍♀️

 

▼新品はこんなにもピカピカ〜✨

 

今回のように、ここまで錆が広がってしまっている状態は中々見ませんが

きっと融雪剤の影響が大きいのかもしれません☝️

 

ブレーキに違和感を感じたら、すぐに点検に来て下さいね。