パレット オルタネーター凍結⛄️ベルト断裂⚡️

 

お客様からの入電📞

『車に乗ろうと思ってエンジンをかけたらベルトのような音が

大きく鳴いて、その後音が鳴り止んだと思ったら焦げくさいんです・・』

 

その後お客様ご自身でエンジンルームを開けて

状態を見てみると、以前テクニカルオートでご紹介していたお車の状況と酷似していたそう❗️

 

その状態とは・・・・❓❓

 

ベルトが鳴っていたのに音が鳴り止んだ

その原因は、コレ👇💡

ベルトがない👀‼️‼️

焼けてちぎれて切れてしまっていました💦

 

では、なぜちぎれてしまったの❓👩

 

その理由は・・・

発電の役割をするオルタネーターが凍結していたからなんです💡👨‍🔧

凍結によってベルトを回すプーリーが動かなかったことによりベルトが切れてしまったというわけです💡💦

焦げ臭いニオイは焼けてちぎれたからでした。


 

通常オルタネータが凍結することはないのですが、なぜ凍ってしまったのか・・

お車の状態を確認すると

▲いろんなところに雫が滴っていました💧💧

 

この雫がオルタネータのベルトとオルタネーターのプーリーの上に落ち

凍らせてしまっていたのです😭

 

この雫がどこから来るのかというと・・・

▲矢印部分にあるカウルトップの隙間から雪や雨の雫が流れ落ちていました💧

 

実はこの症状、ある特定の車のあるあるだったりします😢💦

 

以前に同じ症状のお客様がいて処置をさせて頂いた事があり、その時のブログを見つけて

今回のお客様も『ドンピシャだ‼️‼️』と気づいてくれた、というわけです💡

 


 

それでは今回も雫が流れてこないように処置をします。

カウルトップは通常はめ込み式でカチッと止めて取り付けするのですが

こちらのお車の場合、それだけでは隙間が発生し、流れてきてしまうので

原始的な方法ですが、カウルトップをシーリング剤で密着させ貼り付けます👏

 

▲黒いものがシーリング剤

 

これで隙間なく貼り付けます👏

付けてしまうと簡単には外れなくなってしまいますが、凍結は防ぐ事ができます⛄️✨

 


 

貼り付けた後には、切れてしまったベルトも新しいものに交換して

水をかけ流れてこないことを確認したら・・

作業完了🙆‍♀️🙆‍♂️✨

 


 

お車のことはよく分からなくて何かあった時にどうしよう・・と不安になってしまう方も多いと思います💡

今回も不安の中、当社のブログを見つけて連絡をくれたお客様、これからもそんなお客様の不安を少しでも

解消できたなら嬉しいなと思います🍀

 

雪山に衝突⚡️バンパー修理

 

今年は雪が多くて道路状況がひどいですね💦

今回ご相談にいらしたお客様も悪路にハンドルを取られてしまい

雪山に衝突してしまったとのことで、修理のご依頼でした😭

 

道内、市内どこも同じ状況のため、同じような問い合わせ・修理依頼が殺到しているのでしょう、

パッソに乗っていらしたお客様も、他社さんへご相談したところ

着工までに1ヶ月かかると言われてしまったそう😣

そこでテクニカルオートを見つけて下さりお電話いただきました📞

 

ありがたいことにテクニカルオートもたくさんのご依頼を頂いている状況ではありましたが、

まずはお車の状態を確認し、すぐに対応させていただけるものか否か見せて欲しいとご来社いただきました🏠

 

傷の状態を見ると変形などなく、塗装が剥がれているだけの状態👀

これなら部分的な補修で完了できそう❗️

代車もご不要とのことですぐにお預かりさせていただきました☺️💡

 


 

まずは塗装が剥がれてしまっているので

綺麗に塗装を削り落とすところから

▲隣接するパネルや塗装をかけない部分は研磨の際に傷がつかないように

マスキングテープで養生して。

傷を落とし塗装をかける部分全体を削ります🌀

 

今回は凹みなどがないのでパテは塗らず

サーフェーサーで下地を仕上げたら

ブースに入れて塗装をかけます🌈👨‍🔧✨

 

✨🙆‍♂️完成🙆‍♀️✨

 


 

お客様には念のため1週間ほどお時間をいただくお願いをしていましたが

2日で塗装屋さんが仕上げてくれました👏😄

 

お客様へ完成の連絡をすると予想以上の速さで驚いていました👀

連絡したその日にすぐ取りに来て下さり、マスクをしていましたがそのマスクの下はニコニコの笑顔

だとわかるほど喜んで頂けた様子でした

 

他社でお断りを受けてしまい困っていたお客様のチカラになれたのかなと思うと嬉しく思った出来事でした🍀

 

皆様も小道を走る時はハンドルを取られたり、対向車を避けようとして

轍にハマりそうになってしまうかと思いますが、

そんな時こそ、焦らずゆっくり気をつけて運転してくださいね😉🚗

 

アイドリング中にガタガタ音がする😱

『止まっている状態で、音がなるようになったので見てほしい』

と言ったご相談を頂きました。

 

どうやら、エンジンを始動させると「ガタガタ」と言った音が発生し

車を走らせると その音は止まる状況との事です。

 

🙍‍♀️『この時期だから、氷でもついて発生させているのかなぁ』

 

 

お車を確認してみると、確かに ガタガタ音と大きな音が…💥

 

リフトアップする前に車体の下側を覗き込んでみると

触媒の小刻みに動く様子が見られ、それと連動して何かに接触している感じでした。

 

すぐにリフトアップして状況確認 🔍👀✨

 

そうすると…

 

こちらの触媒の小刻みに震えている微妙な動きが お分かりになりますでしょうか?

 

その小刻みに震えている動きが、下についている棒に接触して

不快な音を発生させている状況でした。

 

よ〜く見てみると、その棒は少し歪んでいる状況から

下から突き上げた可能性もあるかもしれないとお見受けしました。

 

『大雪の日に段差を超えた瞬間から鳴るようになった気がする』

と仰っていたので、その時に少しずれてしまったのでしょうか。

 

でも、大丈夫🙆‍♀️

応急処置ではありますが、ある程度 元の位置に戻せます。

 

クックッと力を掛けて

触媒に接触しない位置にまで下げます💪

 

どうでしょう✨

隙間を広げた事により、触媒との干渉はしなくなりました😆👍

もちろん音も解消されています!

 

そして、お客様には今回の状況を動画と写真を用いてご説明。

今回の作業がとてもご満足頂ける内容となったようで

Googleにて嬉しい評価とコメントを頂きました♬

 

また利用したいともおっしゃって頂けたので

今後もお客様に喜んで頂けるサービスを行えるように頑張ります😊❗️

 

ありがとうございました🙇‍♀️

スバルXV ドアべこべこ修理🌈塗装編❷仕上げ✨

 

スバルXVいよいよ修理も終盤🕰

 

板金パテが硬化したら・・・

機械で大まかなところを削り、機械では行き届かない微妙な凹凸やラインを作るためには

ペーパーを巻き付けて手で細い修正をするのですが、

これがなかなかハードなんです💨全身を使って研磨します‼️

 

研磨と同時進行で塗装する車体の色を調色していきます🌈

朝の太陽のよく出ていた時間帯に色合わせをし

太陽が陰ってしまったら太陽と同じように明るさをランプで当てて

『白もう少し足す❓どうだ❓黒っぽいか❓』といろんな角度から見て

何度も車と塗料の倉庫を行き来🏃‍♀️しながら色を決めていきます👍✨

 

板金パテの形が決まったら

次は仕上げパテを塗って

この先も同じように余分なパテは削り

 

ブースの中でサーフェーサーを塗布

乾かします☀️

 

さてこれで塗装の下地作りは完成🤗🍀

最後にブースで調色した塗料でボディに色を乗せて・・

完成😆✨👏

 

▼Before

▼After✨

 

お客様へお返しの際、修理の工程も一緒にお見せしながら

お車の修理のご説明をさせていただきました☺️

 

『え〜❗️すごい❗️こんな風に直すんだ👀』

『さすが職人さんですね✨』

お仕事を頂いて一番嬉しいお言葉を☺️❤️ありがとうございます。

 

家族にも見せたい〜✨と喜んで帰られました😊

無事に納める事ができて良かったぁ🍀

 

凸凹道には要注意!! 〜バンパーの凹みを修正したい〜

皆さん、雪疲れしていませんか〜?❄️

 

先週一週間、大雪に見舞われ

朝から除雪!仕事が終わって家でも除雪!!

そして道路は狭くて見通しが悪い上に、ボコボコしていて各地で大渋滞😱💥

 

もう雪にはうんざりしちゃう〜!!

なんて思ってしまいますよね💦

 

そんな大雪の影響で多くなるのは、バンパーやスポイラー関するご相談です☝️

 

雪にぶつけてしまって

・バンパーが割れてしまった!

・外れかけている!

・凹みが出来てしまった!

 

とご相談頂く内容は様々ですが、お電話やLINEでのお問合せも多く感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

エクストレイルのお客様からは

フロントバンパー下部の樹脂部分が凹んでしまったので、そこを修正してほしいと言ったご相談。

 

 

凹んでいる部分を熱で温めて、裏から手を入れ ボコっと押し出す方法でやっていきましょう♬

 

アンダーカバーのビスを一部取り外して

バンパー裏に手が入るようにします。

 

表から熱をかけて、素材を温め柔らかくします。

温まった頃を見計らって、一気に押し出す💨

 

最後に、アンダーカバーのクリップ類を元通りに付けたら完成〜👍✨

どうでしょう??😆

元の凹みは、もう全然わからないっ‼️

 

大きく凹みが出来てしまったり、割れが出来てしまうと

修理費用も高くついてしまいます。

 

皆さま、冬の運転には十分にお気をつけくださいね😖

ディフェンダー板金修理 腕がなるお仕事💪✨

 

ぶつかってしまったんです😭

と、ご相談にいらしたお客様🚙

 

車種はランドローバーディフェンダーです💡

車を見ると右のフロントフェンダーがぐにゃりと変形していました💦

 

▼拡大すると🔍

鉄板が大きく変形🌀

 

通常この状態であれば交換❗️となってしまうのですが

お車は輸入車・・

部品代も高額&本国から手配をしないといけない為

金額的にも日数的にも負担が大きい💦

 

それならば・・・『なんとかしましょう💪‼️』

板金して修復します👨‍🔧

 


 

バンパーとアーチモールに傷がつかないよう取り外したら

取り外さないその他の部分にも傷がつかないよう養生もして

 

板金作業で変形したフェンダーの歪みとラインを微調整しながら引っ張ったり

叩いたりして修正していきます🔨

 

アーチモールがつくあたりのフェンダーの折れ目のラインを綺麗に出すのは

職人の技

見事元の形に戻りました🙆‍♀️

 

 


 

続いては塗装の下地作り

 

板金パテで形づくりをした後はポリパテをのせていきます💡

 

 

後々の塗装割れを防ぐため

できる限りうす〜〜くパテを仕上げるため

余分な部分は極力削り落としていきます❗️

 

 

続いてはサーフェーサー

 

だんだんと事故前の状態へ戻ってきましたね☺️

いよいよ最終段階🙌

塗装のブースへ車を入れ

塗装をかけないところはビニールと紙を貼り養生します🙆‍♀️

 

塗りました❗️という境目が出ないようフェンダーパネル1枚塗装します🌈

 


 

塗装が終わりました☺️

 

塗り終わったら、後は組み付けをして

 

修理完了👏💁‍♂️

 

▲Before

▼After✨

いかがでしょう❓✨☺️

 


 

お客様にお返しの日

車を見るなり

『すげ〜👀‼️‼️交換したんじゃないんですよね❓』

と、交換したんじゃないかと疑ってしまうほど驚いていらっしゃいました😆

 

お車を取りにいらした時間がちょうど工場スタッフのお昼休みの時間帯⏰だったのですが

どうしても直してくれた方に直接お礼が言いたいと

わざわざスタッフの休憩室まで足を運んで喜びを伝えて下さいました🙇‍♂️✨

 

そんなお客様を見ていると気持ちに寄り添ったご提案ができたのかなと、とても嬉しく

そして、もっともっと喜んで頂けるようこれからも頑張らねばと感じました☺️

 

アウディ フロントバンパーのガリ傷修理🚙

 

バンパーを擦ってしまって・・

と、携帯を片手に相談にいらしたお客様のお話💡

 

お車には乗ってきていないとのことで、

傷ついてしまった箇所を写真で拝見しながら見積もりをお取りしました📝

 

お車はアウディでフロントバンパーの左下側にザリっと擦った傷が💦

 

車両保険を使ってしまうと保険料の兼ね合いもあるため自費での修理をご希望されており

今回はバンパー脱着をせずに部分的な修理をすることになりました💁‍♀️

 


 

▲まずはおおかた傷のついている部分を拾いながら削っていきます🌀

▲すると、赤い下地が見えてきました👀

実はこちらのバンパー元々赤いバンパーで、白いお色に塗装をかけているものでした❗️

 

傷の部分を丁寧に拾い研いだあとは、

塗装をかける部分、かけない部分をマスキングで線引き

 

ビニールで余計なところに塗料が飛ばないよう養生した後は

UVサーフェーサーを吹きかけ、塗料の密着度を高めます👏

片手でライトを持ち、もう一方の手でガンを持って・・と職人さんはやっぱり器用ですね✨

続いてはUVライトを3分間まんべんなく照射して硬化

▲下地の完成🙆‍♀️✨

 


 

☀️翌日☀️

 

太陽の出ている午前中に調色をしていきます👨‍🎨

白と言っても黄色っぽい白であったり、青みがかった色であったりと

微妙な加減で色みが違うため、塗料を1滴単位で微調整して塗装屋さんは

色合わせをしていきます🌈✨

 

調色が完了したので色を載せていきます

 

塗ったところと、そうでないところの境目がわからないよう

ラインで切って塗装していきます💡

 

▼こちらが塗装後

※塗った箇所が下側のため影になっていて分かりづらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

▲明るいところで📷☀️

 

じゃんッ‼️完成しました🤗

 


 

あんなに大きくついた傷もどこにあったか分からないくらい

元通りになりました😊

 

お客様も『頼んで良かった〜』とすごく喜んで頂けました❤️

 


 

さて、本年の営業も残すところ明日1日だけとなりました💁‍♀️✨

修理作業は、実質本日が最後❗️

お預かりしているお車たちをお客様の元へ無事にお返しできるよう

みんなで協力しながら作業を進めていきます👨‍🔧🙆‍♀️🌈

走行中の異音&ホイール・ナットが激アツ🔥なぜ??

 

ヴォクシーにお乗りのお客様👨‍🦱

倶知安方面から札幌に用事があって向かっている途中

走行中、右の前のあたりからカランカランと変な音が聞こえる・・

 

違和感を感じ、石でも挟まった❓と思い、車をとめて見てみても何か挟まってる様子はない。

ナットが緩んでいるのかな❓と、ナットに触れたところ

あっつッッ😱❗️ものすごい熱さ‼️🔥🔥🔥

 

これはマズイと思い、テクニカルオートに駆け込まれてきました🚙💨💨

ただ、翌日にはまた倶知安方面に帰らなければいけない予定😣

 


 

まずはどんなことになっているのか

お車をお預かりして点検するところから💡

 

 

タイヤを外してみると、あれれれ中から水が👀💦💦

さらに、ブレーキを分解していくと

 

▼ブレーキオイルが染みてベタベタ😭

▼キャリパーも赤茶色に錆で固着している状態⚡️

この固着のせいで、ものすごい熱さになっていたのですね🙅‍♂️❗️

 

他のタイヤも念のためチェック🔍👀

右後ろのタイヤも外してみると同様に水が出てきました💦

 

なぜだろう❓❓と、考えると、原因は定かではないですが

通常、こんなに水分が残ることはないため

憶測としてどこか水溜りや深みにタイヤが浸ってしまった可能性があります💡

それ以外にも走行の回転により摩擦熱で熱くなった鉄板に水分が吸収され錆が進行したとも考えられます💦

 


 

キャリパーのピストンをバラして錆を磨いて戻せるかもしれない❗️

 

⬇︎

磨いてみると・・・・ダメでした😢

 

▼ご覧の通りキャリパーに複数の小さな穴が🕳🕳🕳

拡大

これは錆が進行してしまったことによる腐食の穴あき💡

 

これではブレーキオイルがこの穴から滲み出てきてしまいます🌀

 

これでは磨きでは済まないため、新品の部品交換が必要となります🙇‍♂️

至急、部品屋さんに問い合わせ、急いで部品も持ってきて頂き🏃‍♀️🏃‍♀️💨

新品のキャリパーに交換して、同時にブーツとシール類も交換♻️

 

パーツを戻すときは防錆と潤滑をよくしてあげるためグリースを塗布して🙆‍♀️✨

 

 

右前のタイヤ同様、水が入り込んでいた右後ろのブレーキですが、

こちらはかろうじてサビまで進行せずに済んでいたため、

ピストンの交換はせずに分解の上、水分を取り除いてあげて完了👍✨

 

 

札幌にきた翌日には倶知安方面に帰らなければ行けなかったお客様も

まさか予定通りの日程で乗って帰ることができるなんて😍と、

とっても喜んで頂けました🌈

 

何よりも異音がしたときは不安だったお客様が

無事に安心して帰ることができたことが良かった❤️

急いで部品を届けてくださった部品屋さんにも感謝です😊

 


 

皆さまも万が一、深い水溜りなどを走行してしまった際にはそのまま放置せず

早めに点検することをお勧め致します💁‍♀️🍀

ポルシェ ビビリ音どこから鳴ってる❓👂

 

いつも来て頂いているポルシェのお客様🚙

 

 

「なんだかセンターのあたりからビビり音が鳴っていて気になる・・」

 

耳を澄まして聞いてみると、確かに細刻みに音がなっていました👂

 

音は車の外側からではなく室内から聞こえます👂🔍

 


 

色々原因が何か探ってみたところ、音の原因を特定👨‍🔧‼️

 

鳴っていたのはココでした💡❗️

 

 

センターコンソールのシフトレバーの辺りです💡

 

まずはどの部分から鳴っているのか

シフトレバーを分解するところから始めます💪

 


 

コンソールの左右のパネルを外すため

モフモフのカバーを取り外します💡

ここは流石のポルシェ

▼カバーを止めているビスがパッと見で見えないようビス隠されていました👀

見えない細部まで上質な作りの室内

 

モフモフが外れたらパネルのカバーを外して

 

シフト周りのパーツも取り外します💁‍♂️

外すためには

シフトレバーの付け根部分をグッと右側にズラしてあげて・・・

 

⬇︎

⬇︎

 

▼ズラしたら後はスポッと外れます🙆‍♀️💡

 

後は順番に外せるようになっているので分解して

どこから鳴っているのか原因を探していきます🔍

 

ここかな🐣

ここかな🐣❓❓

 

あっっ‼️

発見❗️ここでした👨‍🔧

シフトレバーカバーのフチ、シルバーのカバーの裏側を見てみると・・

 

カチャカチャカチャ・・

はめこみのツメ部分が1箇所動いて遊んでいる👀💡

他のところはというと、動かない🙅‍♂️

 


 

原因がわかったので音が鳴り止むように処置🙌

遊び部分をブチルゴムで固定してあげてカタカタならないように調整し、

元に戻して確認👂・・・

 

OK❗️無事に音が鳴らなくなりました😊

 


 

ちなみに💡原因を探っている際、部品を調べていたらシフトレバーは5万円以上していました💦

大ごとではなく、応急的な処置で無事に音が鳴り止んで良かった🍀✨

ランクル 各部凹み&キズ修理👨‍🔧

 

「以前ランクルの修理をした記事を見て僕の車も直して欲しいなと思って」

と、ご来店のお客様🍀

 

どちらからいらしたのか伺うと、テクニカルオートから
1時間ほどかかるところにお住まいのお客様でした💡

 

きっとここへ来るまで他にもいろんな工場さんがあるだろうに

時間をかけてわざわざテクニカルオートに足を運んで下さるなんて

ありがたいお話です🙇‍♀️✨

 

 


 

直したい箇所はどこか❓一緒に確認👀

 

ぐるっと1周前から後ろまで色々直したいご要望はあったのですが、

今回は予算も考え、

 

3箇所なおすことで決定

 

🚗1箇所目は左側のフロントドアのベコっと凹み

🚗2箇所目は右フロントのオーバーフェンダーの傷

🚗3箇所目はリヤバンパーの傷

 


 

まずはドアの修理から❗️

幸い凹みの深さは浅く、波及している範囲も狭かった為

引っぱって凹みを出すことができました💡

 

板金の作業が終わったら、塗装屋さんへ移動して

さらに修理を進めていきます👍❗️

荒木さんがドアをやっている間に森本さんはオーバーフェンダーとリヤバンパー

の修理を・・と、ご覧のように塗装屋さんは2人で同時に1台の修理を進めていきます👨‍🔧👨‍🔧✨

 


 

◆ドアの修理の様子

▲今回はフロントドアのみ単体でモール類を外さずに塗装をかけるため

他の箇所との境にマスキングをしていきます💡

▲先ほど板金の作業が完了したところにUVパテをのせていきます👏

▲先々を考え極力最小限の厚みで下地作りをするため

余分なパテは丁寧に落としていきます👍

▲パテをのせ終わったら今度はUVライトで硬化☀️

▲硬化が完了したらドア1枚塗装をするので

下地作りとして塗装を研磨して落としていきます🌀✨

 

◆オーバーフェンダー&リヤバンパーの傷

こちらも同じようにマスキングをして

傷を削り落とすところから🌀

 

UVライトを当てて・・・

 

 


 

全ての箇所の下準備が完了したら

いよいよブースへ✨🌈

 

 

いざ👉👉👉塗装START😄👏❗️

 

塗装している様子は残念ながらブースの中のため撮影出来ずでゴメンナサイ📷💦

 

仕上がりはこんな感じ

 

綺麗になりました☺️❗️

 


 

最後はスタッフみんなで室内外手洗い洗車をして

隈なく最終点検をして🔍👀

 

完成です👩✌️🌈

 

 

なんだかとっても若返った感じがしますね❗️

天気の良い日に納車となり、心なしかランクルもワクワク嬉しそうに

見えてくる😉笑

 

お客様も仕上がりに喜んでいただけたようでよかった〜😊