タイヤハウス内の錆穴修理

フィットのお客様からお電話を頂きました☎️

『リヤの足廻りが錆で腐食してしまい車検が通らない状況だと他社で言われまして』

 

状況を詳しく伺うと、車検をお願いしたところで

この状態だと通りませんよ〜と言われてしまったそうです。

 

すぐにご来社を頂いてその状態を確認することに。

 

どれどれ〜?👀

それは右後ろのタイヤハウスを除いたとことにありました😱

 

こちらです。お分かりになりますでしょうか?

👇アップ

あら…大きな穴がポッカリと!!!!

 

ボディの錆は、人体に怪我を負わせるような突起した物でなければ基本 車検は通ります🙆‍♀️

ですが、足廻りの部分やフレームは安全面にも関わるところなので

こういった状況では車検は通らないのです😖

 

そしてお客様のお話を伺うと

近いうちに道外の実家へ戻ってしまうという予定があり

それまでに車検を完了しなくてはならない状況とのことでした。

 

それは一刻も早く何とかしなくては❗️と

早速、翌日にお車をお預かりしすぐに作業に取りかかる事にしました⚒

 

腐食が進んでいる箇所を出来る限り落として

新しい鉄板を穴を塞げるくらいのサイズに形成し溶接します。

継ぎ目部分はしっかりとコーキング&防錆処理を。

最後にアンダーコートを施工したら完了!

 

よし!これで車検も合格出来るはず💮✨

 

きっと安心して実家の方へお帰り頂けたことでしょう✌️😊

 

ピンクのスペーシア

先日、フロント部の修理でお預かりしたピンク色のスペーシア。

 

う〜ん…なんだろう この 違和感…

お分かりになりますでしょうか?🔍👀

 

ボンネットとバンパーやグリルの色がこんなにも違う😱💥

まるで2トーン仕様のお車みたいにくっきり!はっきりと!!

 

この色の違いは紫外線が原因☝️

人も紫外線を浴び続けると、肌が焼ける人・赤くなってヒリヒリする人。様々ですよね!

車も一緒で、保管状況や日頃のお手入れの仕方によっては色褪せが生じてしまいます。

 

今回のお車は、その違いがはっきりと出ていました。

 

損傷されている箇所がフロントだったので

修理の際、このチグハグとなってしまったお色が

目立たなくなるように仕上げていくことにしました。

 

まずは色合わせから。

 

パネル1枚でも位置によっては全く色味が違います。

さ〜て、、どこのポイントで色合わせをしましょうか🤔

ここは…全然違う!

こっちの方が近いかな?

ここかな?

塗り板を各箇所に置き、絶妙な色味の違いを見ながら

『ここだ!!』というポイントに合わせ色を作成します✨

 

そして、内部に損傷がある箇所はしっかりと修理をした後に

各パーツを塗装!

隣接するパーツにはぼかしを入れ、出来上がったお車がこちら💁‍♀️

 

おぉぉ!

最初のチグハグな感じは全然わからないナチュラルな仕上がり♬

 

修理前後を比較💡

とっても良い感じです😊👍

 

今回はフロントの修理だったので、リヤの方は手を掛けていませんが…

この部分もいつか綺麗にして差し上げられたら良いなぁ☺️

CR-Z フロントバンパー部分修理

CR-Z 🚗をお預かりしました。

バンパー下部に目立つ傷が…😭

よ〜く見ると少々割れているようです。

 

幸い割れの程度は大きくないので、相談の結果

部分的に修理をすることになりました。

 

お客様の仕事の関係で、初めは土曜日から翌週土曜日までの1週間 お預かりする予定でいましたが

その日にお返しが出来るよう急遽 当日スピード仕上げ で進めることに変更 ‼️

 

すぐに作業にかかります💪

 

傷を研いだ後は、バンパー修理に最適なUVパテで削った部分を補修。

部分的と言っても塗る範囲は このくらいです👇

サフェーサーの塗布も完了したら、ブースの中に入れて いよいよ塗装✨

 

予め調色しておいた塗料を、塗る範囲全体に吹きかけていきます 💨

綺麗に染まったらクリアを塗布して乾燥。

 

その後は磨きを掛けて完成〜👏

 

引取に来てくださったお客様、まさかの1日仕上げで

大変ご満足頂けた様子😄♬

仕上がりも『綺麗になりましたね!』ととっても喜んで頂くことが出来ました 🙆‍♀️🌟

 

ありがとうございます。

ヴィッツ リヤフェンダー&サイドシル錆修理

ヴィッツにお乗りのお客様が錆のお悩みでご来店🚘

運転席のサイドシルの上側、ステップの部分と後ろのフェンダーに

横に亀裂が入るように錆が・・・

 

サイドシルはよく見るとベコッと大きく凹みくぼんでいました💡

どのように修理を進めるか相談し、お客様自身言われるまで凹んでいることにも

気づいていなかった👀❗️というところと、サイドシルを板金するのは

鉄板が硬く難しいことからご予算も兼ねて検討した結果、今回は凹みはそのままに

錆をきっちり直す方法で進めることとなりました🙆‍♀️

 

 


 

それでは早速修理開始💪✨

 

まずはサイドシルとフェンダー錆びている部分を研ぎ落としたところ

フェンダーには修復した跡が💡

パテを盛って修理したようですが元々錆びていたところの進行が内側で進み

錆が膨らんでパテが割れてしまっている状態でした😭

▼フェンダーの裏側にはパテで埋めた跡が

 

おおよその錆を削り落とし腐食している部分を切り取ったあとは

サンドブラストをかけより細かく錆を取り除いていきます🌪

無数の砂を吹き当て錆を削り落としてくれるのですが

たくさん舞い散るため目などに入らないよう防護して作業⭕️

 

▼サンドブラスト後

 

錆を取り除きましたがどうしても錆は再発してしまうものなので

できる限り再発するまでの期間を長く持たせるため

剥き出しになった鉄板に防錆剤を塗布していきます🖌

裏側もしっかり👍

 

 


 

続けて切り取った部分に合わせて新しい鉄板をカットしたら

溶接で鉄板をくっつけていきます👏

 

 

ピッタリ形になったら

塗装の工程へGo🏃‍♀️💨

 

 

▼太陽の出ている時にボディ色に合わせ調色🌈

同じ車でも使用状況により色味がそれぞれ違うため

微調整をしながら☀️

 

 

下地作り&調色が完了したら

 

塗装をかけない部分は丁寧に養生し

 

 

色をのせていきます♫


 

そして・・・✨

こちらが完了後のお写真💁‍♂️📷✨

 

いかがでしょう🤗🌸

錆があったとは思えないほど綺麗な仕上がりに🙌

お客様も想像以上の仕上がりにとても喜ばれていました🍀

 


あっという間に進行してしまう車の天敵サビ😣

早めの対処でより長く愛車と過ごすことができるかと思いますので

気にされている北海道にお住まいの方は是非とも冬を迎える前の処置を

お勧めします🙆‍♀️⭕️

 

ムーヴ ボンネット塗装 ①

先日、ご入庫頂いたムーヴ🚙

ボンネット塗装のご依頼でお預かりをしました。

 

ボンネットに傷がついてしまったので、自分で塗装してみようと

何度か挑戦されたようです😊

 

ご自身で挑戦されるなんて素晴らしい✨

 

何度か塗ってみるもののイメージ通りの仕上がりにはならなかったようで

『やっぱり修理工場に任せしよう!』とテクニカルオートに足を運んでくださったそうです。

 

お預かりの時は、塗装を綺麗に剥がして頂いた状態でのご入庫でした。

 

ご自身で必要な工具を揃えて、一から作業されたのかな〜?

『DIY』 良いですね☺️

 

ここからの作業はお任せください 💪

きちんと下地処理を行い塗装をしていきましょう。

 

まずは色合わせから。

お車の色に合わせて調色をします。

塗り板にその調色した塗料を吹きかけ、ボディの色味と作成した色との比較をしながら

微調整で合わせていきます。

 

この後は、ボンネットを車体から取り外して研ぎの作業。

 

 

新車の状態では、錆を発生させないよう何重もの層が施されています。

製造過程の中で『電着塗装』といって

大きな槽にボディを丸ごと浸け、プラスマイナスの電流を流し塗装を密着させる技術があります。

この方法は塗膜の密着性が高い為、簡単には剥がれません。

 

今回の場合、ご自身で行なったという作業がこの塗膜にどのように影響しているかがわからない為

万が一の事を考え、細部まで剥がした上での施工となります。

 

 

研ぎ終わりました。

 

明日のブログに続きます♬

磨き作業で綺麗に✨

バンパーについた傷のご相談を頂いたのはインプレッサのお客様🚙

広範囲で位置的にも結構目立ちます…😭

 

傷の深さや状態にもよりますが、爪にひっからない程度の場合は

機械で磨きをかけると綺麗に消せる事もあります🙆‍♀️

今回の傷も幸い深い傷ではなかった為、まずはこの作業で進めてみる事にしました。

 

▼磨き作業に使用するのがこちらの機械

バフにコンパウンド(研磨剤)を塗って下準備OK👍

この後は丁寧に磨きをかけます!

 

塗装を行った場合と比較すると作業時間は 断然短く済みます。

ちょっとお出かけして戻ると『あらびっくり‼️』魔法のように仕上がっています😆

 

磨き完了後の仕上がりはこのように✨

 

 

簡易的な作業で お財布にも優しい👛♬

 

『この傷ってどうかな?』と思った方は是非お気軽にお立ち寄り下さいね🤗

ノア フロントバンパー 修理

『いつの間にかバンパーに傷ができちゃってて

前にガリっとやってしまった傷もあるからこの際全部綺麗にしたい』とご相談のノアのお客様👩

昨年は開催できませんでしたが以前に元気祭にも遊びに来てくださったお客様です😊


 

今回直したいと思ったきっかけは、来月から新しいお仕事をスタートし

自家用車でお客様のところを訪問することになるので

伺ったお相手に傷だらけの車を見て『この人大丈夫かしら?』と

不安に思わせてしまわないようにしたくてということだそう💡


 

いざ修理に取り掛かります💪❗️

 

フロントバンパーの左右にそれぞれ異なる傷が⚡️

▼運転席側は何か鋭利なもので深く切れたような傷

🔍拡大▼

▼助手席側はガリっと擦ってしまった底面に広範囲の傷

🔍拡大▼

 

今回はご予算を抑えるため、バンパーを外さず修理し部分的に塗装するという内容でお車をお預かり

したのですが、塗装屋さんの判断で綺麗に仕上げるためバンパーを外し作業することに👨‍🔧

・・・するとなんと👀表面だけの傷かと思っていたらバンパーが割れているではありませんか😱💦

見てしまったからには、ん〜〜直してあげたい😢✨

塗装屋さんの優しさで樹脂溶接機にて割れ部分を補修✨

 


傷の入っていた部分は丁寧に研ぎ落とし

UVパテを均一にのせたら

U Vライトで硬化

余分な部分は削りサーフェーサーを塗布し下地作りが終わったら

紙を貼り塗装しない部分を養生

後はブースへ移動して塗装をします🌈

 

塗装が完了したら元通り組み付けをして・・

完成🤗✨

 

▼深くえぐれてしまっていた傷も

 Before

 After

 

▼あんなに広範囲でガリガリっとついてしまった傷も

Before

 After

 

どこにあったのかわからないくらい綺麗になりました🙆‍♀️⭕️

 

ぜひこれから心機一転新しいお仕事頑張ってくださいね☺️🍀

エスティマ ハイブリットバッテリー交換

今まで何度かご紹介したハイブリットバッテリーの交換♻️

今回はエスティマのお客様からのご依頼でした💡

 

「ハイブリットバッテリーの交換はやっていますか?」と、

エスティマのお客様からのお問合せが1番か2番目に多く耳にします👂

 


 

早速作業に入ります❗️

 

エスティマの場合、3列目のシートの下にハイブリットバッテリーがあるため

シートを起こし、カバーをめくって・・

 

はい❗️見えてきました👀

黒い四角い部品がハイブリットバッテリー(メインバッテリー)です💡

 


 

バッテリーに繋がっているあらゆる配線を外し取り出していくのですが、

この時必要なのがこちらの

絶縁工具⚡️🧤⚒

 

近年、ハイブリット車や電気自動車などの車両が増えてきていますね🚘

そのような車は通常の自動車にはない高圧の電気が使われています⚡️

その際間違ったところに通電し部品が故障してことを避けるためもありますが

何より、感電してしまうと命の危険が😱⚠️

その為、作業する際には電気を遮断できるよう作られた絶縁工具を使用していくのです🔧

 


 

それでは作業の続き・・・

新しいバッテリーを準備したら取り外したバッテリーから必要なものを移設して

交換です♻️簡単に交換と言ってもこれがものすごく重たい❗️

テクニカルオートには整備士は1人👨‍🔧

なのでハイブリットバッテリー交換の際は板金屋さんや塗装屋さんの力を借ります💪✨

大人の男性2人かがりで持ち上げるのですがこれがなかなか腰に来るんです😭笑

 

無事に載せ換えが終わったら最後は診断機をかけ正常に機能しているか点検して完了🙆‍♀️✨


 

年々さまざまな仕様のお車が出てきて、その都度その都度

作業要領であったりルールも変化したり追加されたりしていきます🌱

 

きちんとした整備をし、お客様の安全・安心を守るためにはまだまだ学ぶことがいっぱいですね🌈✨

 

暖かくなってくると・・エアコンが・・

各地で桜も咲き🌸日も長くなって暖かい季節が始まりましたね🤗

暖かくなってくるとだんだん、ご相談が増えるこんなお問合せ📞

『エアコンをつけると臭いんです😭』

エアコンが臭くなる原因は様々ですが

冷たい空気を作る部分エバポレーターという装置の中やエアコンフィルターに

カビが発生してしまっている状態がほとんどです💦


なぜカビが発生するの❓❓❓

 

エアコンの冷たい風作る仕組みは

エアコンガスを圧縮してエバポレーターで気化されます♻️

気化された空気は常温よりも冷たいため、結露が発生した状態になります💡

北海道の方なら冬場に、お部屋を暖かくした状態で窓に結露が出てしまう💦

あの状態が車の内部で発生していると考えて頂ければわかりやすいかも😉

 

発生した結露は車外に排出される様になってはいるのですが

残ってしまった水分に外気から入ったホコリなどの汚れからバイ菌が繁殖し臭いの原因となってしまうのです😱

本格的に綺麗な状態にするとなればエバポレーターを外し分解して清掃する必要があるのですが

そこまでするとなかなか大掛かりな作業⚡️

 


 

と、いうことで今回はエアコンフィルターの交換&洗浄剤を使ってエバポレーター内の洗浄をすることに🤗

①ダッシュボックスを外してエアコンフィルターを取り外し

▼交換前のフィルター

 

・・・草やホコリ、よく見ると虫さんまでいました🦗❗️

このフィルターを介した空気を吸っていたと思うと・・😭うぅ・・

 

②助手席の足元を少しバラしてエバポレーターのドレーンホースを引き出し洗浄剤を注入〜

③洗浄剤を数分つけ置きしたらドレーンホースから外し洗浄液と共に汚れた水分が排出されます

▼エバポレーター内の汚れ

④新しいエアコンフィルターをセット

▼交換前のフィルターを比べるとこんなに違います👀

⑤最後にエアコンをMAXにして空気を循環させ作業完了🙌✨


 

カビや汚れた空気を吸い込むのはやっぱり体にも良く無いので

定期的なメンテナンスをしてクリーンな空気で過ごしたいですね♫🤗

 

ドアの傷、簡単に目立たなく?

すみません、この傷、何とかなりませんか?

目立たなくなれば良いんですけど…。

おぅ…これは、なかなかの損傷😳

 

年末まで乗って手放す予定で、お金は掛けたくないけど、このままじゃチョット目立ちすぎる🤨

 

黒いボディに白の傷は、

やっぱり派手ですもんね😅

良く見ると👀白い傷は、ぶつかった相手側のものの色がほとんどかもしれない。

白い色が黒くなるだけでもずいぶん見栄えが違うかもしれないから、試しにやってみましょうか!

 

と、即!磨きに入りました!

消えきらない部分はタッチアップで👨🏼‍🎨

そして、仕上げに、

大きく凹んで歪んだところは、

吸盤!!!

ドア凹み 吸盤を使った簡易修理

 

ドアなどの柔らかく平らな面が広い場所で、

且つ、緩く大きな凹みには 有効な手法です✨

 

コーヒーを飲みながら、待っている間に

随分と見栄えが良くなりました🙌わーい

 

👇👇👇 before  👇👇👇

👇👇👇 after  👇👇👇

 

お客様も、『これなら!』と 我慢できる程度になって、ご満足いただけたようで安心しました😊