冬を迎える前に❗️パナメーラ防錆塗装✨

 

今日から11月❗️今年も気付けば残すところあと2ヶ月ですね。早い・・😲

雪虫がいっぱい飛び始め、もうすぐ初雪が降りそうな時期となりましたね💡

 

そんな中、先日ポルシェパナメーラの下廻りの防錆塗装のご依頼を頂きました😊

今年購入し、初めての冬を迎えるお車です💡

北海道に住んでいると避けられない、融雪剤による錆の影響💦

それを防ぐため、防錆の塩害ガードを施工します👨‍🔧

 

まずはお車をリフトアップして

車体の下側を覆っているアンダーカバーを外していきます💡

さすが高級車❗️✨

前から後ろまでほぼほぼ全て覆われています👀

黒い部分が全てアンダーカバーです💡

アンダーカバーが外れました🙆‍♀️

新しいお車なので、とっても綺麗✨

防錆をする際、塗料が余計なところへかからないよう

しっかりを養生をして囲います💡

二人で同時にチームワークよく塗装をしていきます😄

タイヤハウス内、足回りもしっかり塗布👍

細かいところ隅々まで塗り残しがないようライトで照らしながら

チェックして塗装を進めます🙆‍♂️✨

 

そうして、完了したのがこちら👇

Before

After

 

バッチリですねっ😊👍‼️

 

これで安心して冬を迎えられます⛄️✨

 

昨日のインスタでブログに載せきれなかった塗装作業中の動画を公開中です📹

よかったらご覧ください😉🍀

BMW Z2 リヤバンパー修理

 

お電話でお問い合わせをいただく際にたびたび聞かれることが多いのですが

『外車の修理ってやってもらえますか❓』

というご質問💡

 

テクニカルオートでは、国産車、海外車問わず修理できます💪 😊✨

 

今回もインターネットでテクニカルオートを見つけて

ご来社くださったBMWの修理をさせて頂きました💡

 

ゴールドカラーが眩しくカッコいいBMW

そのリヤバンパー左側にひっかけたような深い傷が💦

▼拡大🔍

 

この傷を今回は部分的な修理で直すこととなりました🙌

 

まずは施工しない部分に傷が入らないよう養生をして

傷の入った部分の塗装を削り傷を拾っていきます💡

傷を落としたらパテで傷がついた部分の形成をして硬化☀️

マスキングで囲った範囲に塗装をかけるため

表面を研いで塗装の下準備をします🙆‍♀️

サフェーサーを塗布したら

ゴールドの車体に合わせて調色した塗料を吹きかけて

塗装してブース内でしっかりと乾燥させます☀️

塗装完了

全ての作業が完了したら

手洗い洗車で外も中も綺麗に清掃して

 

完成😊👏

部分的な修理でもこれだけ綺麗に仕上がります👨‍🔧

 

もちろん、部分的な修理ではなく正規の方法でも修理も可能です🙆‍♂️

お気軽にご相談くださいませ♪

JLラングラー37インチへ!

ラングラーのタイヤサイズについて!

新車購入時のサイズから35インチにタイヤサイズを変更したラングラー。

 

また更に迫力を出すためにサイズアップしたくなって次は37インチへ!!

 

タイヤ・ホイールの準備と同時に、足回りは2インチアップ⤴️⤴️

そこまでは良いのですが、

35インチから37インチに変更するには、どうしても北米フェンダーフレアからはみ出してしまいます😅

 

ということで!!

車体の最外側からタイヤをはみ出させない為に、

フェンダーフレアに純正のエクステンションを取り付けします。

 

このフェンダーフレアエクステンションを取り付けしてタイヤのツラ一具合を確認していきましょう👍

 

フェンダーフレアエクステンションから

ホイールの中央にオモリ付き糸を設置し、垂らしていきます!

 

 

北米ルビコンフェンダーフレアにエクステンションを付けてタイヤの腹が2ミリ出ている!

いい感じ!! ほぼツライチです‼️😁

 

35から 37へ!

ちょっと写真の撮り方で大きさが変わって無い様に見えますがホイルハウスの隙間が37インチの方が狭くなっています!

2インチアップに北米フェンダーフレアには37インチが絶妙にマッチしています!カッコイイーーー✨😊

ただこのオフセットだとハンドル全開でちょい、ほんの少しスタビに干渉します😭

乗っていてもわからないレベルですけどね😃

 

 

BMW バンパー部分修理塗装✨

 

LINEで修理のお問い合わせを頂いたBMWにお乗りのお客様💡

当初は写真を拝見してのお見積もりでしたが

後日ご来社くださり、お車を確認💡👨‍🔧

 

下から覗き込むと👀

底面にザリザリっと深い傷が💦

ただ、幸い割れは無かったため傷を落として部分的な塗装をする方法で

修理を進めることになりました☺️

工場に入れてジャッキアップしてみるとより傷の状態が分かりますね💡

今回はバンパーを外さずに施工するため

他の部分を傷つけてしまわぬようアルミとマスキングテープで養生した上で

バンパーの傷を削り落とすところから💡

傷が拾い切れたら、元の形を再生させるため

パテを載せて表面を滑らかに形を整えます🙆‍♀️✨

パテ研ぎが終わったら、仕上げのサーフェーサーを吹きかけて

後は調色したボディ色を吹き付けてあげて

 

完成です😊🙌

 

最近ではSNSでお問い合わせをいただくことも多く最初はわからないのですが

ご入庫が決まってからこの方は小樽から来てくださっていたことが判明

 

最近でも日高方面からのご来社の方が続いたり・・と

北海道内さまざまな遠方から、色々な工場がある中で

わざわざテクニカルオートを選んできて下さること、大変嬉しく思い、

そしてお客様の期待を上回るものをお届けできるよう

これからも心を込めた修理を行って行きます💪

 

去年に引き続き・・てっぺんはげって言わないで😢ランエボルーフ修理🚙

 

以前、トランクやボンネットのクリアはがれで修理したランエボ🚙💡

▼その時の様子はこちら

ランエボ🚙+塗装をしたい理由

ランエボ🚙 塗装をしたい理由

 

この時、ご予算の関係上、ルーフのクリア剥がれは次回へ・・

と我慢していたのですが、今回約1年越しにご入庫頂き、

てっぺんはげ❗️と言われずっと気にしていたルーフの修理をすることになりました☺️✌️

その状態はというと

ご覧のようにクリアがペラペラ剥がれまだらな状態に💦

他の部分が綺麗になった分余計に目立ちます😢

 


 

修理の方法としては、フロントガラスを外して塗装をできたら

ベストではありましたが、お客様と相談の上、今回はガラスは脱着せず

マスキングで養生してできるかぎりモールの際まで塗装を頑張ってみることに🙌

作業する部分を残して丁寧に養生します💡

▲表面の塗装を研磨して傷のある部分は全て拾っていきます💡

▼研磨後

🔍拡大

全体に研ぎの作業が終わったら

サーフェーサーを吹き付けて乾燥させます☀️

 

▼その後には塗装の下地となる足付けの作業💡

これをすることで塗装する面の密着度を高め

塗装の仕上がりを良くしていきます🙆‍♀️

足付け作業が完了したらブースに入れて

調色したボディ色を吹きかけて塗り上げていきます🌈

塗り上げた後は・・・

ガラスを外さないためミリ単位の隙間まで色が入るようモールに挟み込んだ

マスキングを剥がしていきます🙌

スルスルスル〜っと綺麗に剥がれて気持ちいい〜😄♪✨

そうして出来上がりが

こちら💁‍♀️‼️✨

ツヤツヤのピッカピカ〜😊

蘇りました💓

後はルーフサイドモールを取り付けて完了です❗️

 


 

ずっとず〜っと楽しみにしていたお客様😊

車を見るなり、大喜び❗️💓

これでやっとてっぺんはげって言われてないで済みます〜😭✨嬉しすぎます❗️

と、大満足で乗って帰られました🚙💨✨

大切なお車をお預けいただきありがとうございました🙇‍♀️✨

V8ターボエンジン🚙💨✨

皆様、おはようございます💁‍♀️☀️

夏季休暇で長期のお休みを頂きましてありがとうございます。

本日より通常営業再開致します🙇‍♀️✨

 

連休の間、お困りのことやトラブルなどございませんでしたか

 

 


 

先日車検でお預かりしたアウディ🚙

 

点検でエンジンルームを開けると

エンジンはV8ターボエンジン❗️

8気筒のスポーツカーに使われるようなハイパワーなエンジン💡

通常、エンジンルームでは吸気のパイプ(水色)しかないのですが

排気(黄色)のパイプが一緒に見えます👀

ハイパワーなエンジンの熱がボンネットへ波及しないよう

☝️こんな表記が💡

ボンネットの裏側にはアルミの保護カバーが付いていました💡

エンジンオイルも専用のお高いオイルを使用して交換します♻️

 

珍しかったのでご紹介でした💁‍♀️❗️

 


 

お墓参りなどで帰省し、長距離走った方など

オイル交換やその他のメンテナンスで気になることなどございましたら

お気軽にご相談くださいね😊

 

2台目の全塗装をお任せ頂きました🙇‍♀️💓

いつもテクニカルオートをご利用頂いている大切なお客様から

増車する予定があるからとご予約をいただき、再び全塗装のご依頼を頂きました😊

 

前回の施工は7年前💡

あれから7年も経つのかぁ…としみじみ☺️

過去の記事はこちら ⏩ カタログ撮影用の全塗装

今回増車の車両は富良野のほうで使用するそうです。

 

お色は、もちろんあの色☝️

企業のイメージカラーの 緑・黒 艶消しです!

 

では、いきましょう♬

 

ドアを開けた中の部分には色をかけないので、取り外す部品は最小限です。

シルバーのグリルも黒の艶消しに塗っちゃいます♪

 

下地処理を施したら、車両はブースへ移動。

 

 

塗り終わりました👍

 

ホイール🛞も塗装。

 

最後に組み付けをして。

 

完成!!

 

🔶Before

🔶After

 

今回の全塗装も大成功です✌️😆🎉

2度もテクニカルオートに施工をお任せ頂いた事には、大変嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです🙇‍♀️

 

 

生まれ変わったお車で素敵な写真をいっぱい撮ってくださいね📷✨

カタログやホームページに載ったこのデリカ、早く見てみたいです😊

 

オーバーフェンダー取り付けでイメチェン♻️✨

お車のカスタムのお手伝い🤗

プラドのオーバーフェンダーを塗装から取り付けまでお任せ頂きました♬

 

パーツは事前にお預かり💡

車体に合わせ、調色〜塗装まで済ませ準備をしました。

そしてお車のお預かり🚙✨

 

取り付けの様子です。

車体に取り付けする前にはオーバーフェンダーの裏側にプライマーを塗布❗️

密着性を高める為です⤴️

 

固定方法は両面テープとビス🔩を使用。

位置を定め、ドリルで穴あけ加工 ⚙

ビスを取り付け。

 

最後に両面テープの端っこを止めていたマスキングテープを外して

きちんと密着させてあげたらOK 🙆‍♀️

 

こうして取り付けが完了したお車の Before ⏩ After をご覧ください💁‍♀️

 

🔶 Before

 

🔶 After

 

 

 

全体の印象がグッと引き締まりってカッコイイ感じに仕上がりました😊💓

頼まれごとは試されごと✨レクサス ナンバープレート土台取付

🍀今日はちょっと番外編😉🍀

 

数週間前のお昼休みのこと🍙

レクサスに乗ったお客様が、作業の相談でご来社されました🏃‍♀️

 

どのような作業を希望なのかお伺いすると・・

ナンバープレートをフロントグリルにピッタリ隙間なく取り付けることができないか

という内容でした💡👀

どういう事かというと

▲赤い矢印の通り、グリルとナンバープレートの土台の間に隙間があります💡

これをグリルにピッタリ密着するようにどうにか付け直して欲しいとの事。

 

他社さんでこの土台を取り付けたのですが、出来上がるとこんな仕上がりで

隙間なく取り付けるのは無理❗️と、お断りされたそう💦

そんな時に、『そういえば近くにテクニカルオートという工場があったな❗️』

と、思い出し、初めてでしたが、相談しに来てくれたというお話でした☺️

 

困ってどうにかしたくてテクニカルオートへ来てくれたお客様です。

なんとかできる方法を考えてやってみます😄💪✨

 


 

別日で改めてお車をお預かりして、作業スタート👨‍🔧‼️

今ついているものとは別の土台をお客様が用意してくださっていたので

こちらを使ってやってみます💁‍♀️✨

▲上から見ると矢印のあたりに1cmほどの隙間が見えます

まずは今ついているものを取り外します🙌

外すとフロント前面が網目状のグリルになっているのがわかりますね💡

今回はこの網目状の穴をうまく使って裏側からステーを噛ませて取り付けしてみようと思います🙆‍♂️

 


▼まずは取り付け位置を想定して

寸法を図るところから💡

横幅と

奥行きをスケールを使って測ります🔍

計測ができたらピッタリサイズで使えるステー類を調達しに買い出しへ🚙💨💨

材料が揃ったら

エンジンルームのカバーを取り外して

グリル裏側を確認👀

左右のバランスも見ながら

ギュッギュっと

グリルの裏側でステーとボルトを組み合わせて、土台を固定🙆‍♀️

わかりづらいかもしれませんが、

黄色の⭕️で囲った部分に取り付け固定をしています💡

斜めになっていないか❓

緩みはないか❓

再度確認をして取り付け完了🙌😄

 

ナンバープレートを取り付けしてこんな感じ💡

▼交換前

▼交換後

土台上部がグリルにピッタリくっついているのがわかりますか❓

下の方が土台からはみ出ていたナンバープレートも綺麗に収まりました🤗

 


 

作業完了後すぐご来社頂いたお客様へ確認して頂き

『バッチリです👱‍♂️✨❗️おぉ〜❗️上手いこと取り付けてくれたんですね✨‼️』

と、とても嬉しそう😆

せっかくのカッコイイ車なのに、この1箇所がず〜っと気になっていたお客様

理想通りの仕上がりとなり、少しでもお力になれたのならとても光栄です🙇‍♀️🌈

 

JTグラディエーター北米ルビコンハイラインフェンダー塗装

2021年6月?8月?だったかな?

グラディエーターを注文したというお客様。

 

2022年5月時点でまだ!納車されていない状況なのですが、

頼んでいた北米仕様のハイフェンダーが先に届いたということで、塗装の依頼を受けました😄

 

 

ハイフェンダーはフロントはJLと変わりませんが、リアはかなり長い?というか、大きいですね〜😃

 

ご依頼いただいた時に、納車された車に合わせて塗装をするか、前もって純正色で塗装をするか、の選択となりました。

でも、やはり納車されたらすぐに着けたい!ということで塗装をして準備しておくことに😁🎶

 

ということで、

まだ納車されていないので、色合わせはJLスティンググレーに合わせておきます!

 

純正色と言っても車体によっての個体差がある…とはお伝えしましたが、

実際に色合わせをしようと思ったら、1台の車の中でも前から後ろまでいろんな所で色が違う😅

 

まっ!それがアメ車なんだけどね🤣

 

 

調色が終わったら、パーツ本体の準備です。

表面の余分な油分をとります!

デイライト部分や縁の部分はきれいに隠して

マスキング、塗装!

マスキングした通りに塗料が掛かるので、

マスキングはキッチリと!✨

塗装ブースの中で、パーツを並べ

一度に塗装をしていきます。

 

全て、ツヤツヤピカピカ✨ 塗装完了です

 

しっかり乾燥させ、養生したマスキングを外したらこの通り👍

 

納品間近!

 

 

グラディエーターが納車され、

このフェンダーフレアを取り付けしたら、

是非見せに来て下さいね😄😄✨

 

***************

現在、色付きの北米仕様フェンダーフレアを注文することが可能となりましたが…

 

色付きだと、価格がなんと!

15万以上も高くなってしまいます💦

たっか!!😵‼️

スムースタイプをご購入でボディ色の塗装をお考えの方は、ご相談に応じます😊

お電話にてご連絡ください〜