GT-R メーターパネル取替

先週、GT-Rをお預かりして

メーターパネルを交換しました。

 

 

NISMO製✨

私の給料位するやつだ😳‼️

 

一緒にパドルシフトも交換。

純正のメーターパネルと、ハンドルの内側にちらりと見えているパドルシフト。

ハンドルを残したまま、分解。

 

ただ、交換〜!ではありません。

配線をチョキチョキして

ダイオードを入れて🤗

きちーんと繋げる必要があります。

 

 

そして、パドルシフトは、純正の物をバラして組み替えてからの装着。

この部分をバラしてからじゃないと

着かないんです。

手前に引いた時にカチカチするようにね。

付け根の部品と取付の心棒を上手く移設。

 

移設完了。

結構、大きさが違いますね!

 

パドルシフトもメーターパネルも

ちょっとコツは必要ですが、

ハンドルを分解しなくてもできます。

 

 

全部組み上がったら、スキャンツールを接続して、コンピュータへの登録。

故障コードが入りますが、故障ではないので消してしまいます。

 

全ての動作確認と、車両のコンピュータ登録を確認して、作業完了‼️

 

 

メーターは0.3kmが表示されています。

分解記録簿も書いて、

交換時の走行距離も記録しました。

 

外装だけでなく、

運転席もまたカッコよく!

 

走ってるところに会ってみたい〜🎶

 

GT-R カスタマイズ完成

GT-Rのフロントフェンダー・ボンネットの塗装と取り付け、完成しました!

先週末、引き渡し時は晴天☀️

 

 

リヤスポイラーから始まり、

マフラーやデュファーザー、

スポイラー、バンパー、ボンネットなどと、だんだんスポーティーに変身してきましたが、最初と比較すると、その変化がよくわかります😊✨

 

最初来た時も『GT-Rカッコいいなぁ!』と思っていたけど、預かるたびに更にグレードアップしてカッコよくなっていきます。

 

所有者ご本人は、きっと返ってくるのをとても楽しみにされていたと思います。

お待ちいただく時間は長く感じられたことでしょう💦

その間、スタッフも、お客様も、

お預かりしている側の男子の目は、

とてもキラキラしていました🤩

 

納車当日、早速、走ってきたとのご連絡もいただきました。

快適に颯爽と走行している様子、

見てみたいなぁ!!!

 

大切なお車を私たちにお任せいただき

ありがとうございます‼️😆✨

 

 

GT-R 塗装完了パーツ組み付け

塗装が仕上がり、磨きがかかったGT-R。

板金やさんに戻って、いよいよパーツの組み付けに取り掛かります。

塗装済みのパーツを車体に組み付けていく作業は、特に慎重に!

細部まで確認しながら丁寧に進めます。

今回交換となる大きなパーツの組み付け、

カッコよく仕上がるアイテムパーツの取り付け、

バランス、隙間、段差なども、完成時の美しさに拘る仕上げに妥協は許しません。

よって、

明日あたり終わるのかなぁ〜?と思ったら、

『なに言ってんのっ‼️ まだ‼️これからなんだから‼️』と言われてしまいます。

 

これから??????😳

 

ほぼほぼ完成していても、まだ細かく色々あるようです😁

 

なんか、楽しそう😁😁😁

 

 

GT-R フード&フェンダー塗装

昨日のブログで塗装前の下地状態だった、GT-Rのボンネットとフェンダー。

 

ボディ色と、カーボンに分かれるので、

先に仕上げたカーボン部分を隠して、次はボディ色に塗装です!

フェンダーを塗装する時は、きれいに仕上げるために隣接するパネルとなるフロントドアまで一緒に塗装を行います。

車体に合わせてピッタリ調色した塗料を使用して、いよいよ塗り始めます!!

 

細〜〜〜い繊維状のほこりや、小さ〜〜〜な点のようなゴミも、絶対つかないように、

塗装中の塗装ブース内は立入禁止🙅‍♂️🚧

 

塗り終わったGT-Rはツヤッツヤ✨

 

だんだん、完成に近づいて来ました!

 

 

 

 

 

ひとつづつの工程を 慎重に、丁寧に!

そして、ワクワクしながらお待ちいただいているお客様に、一日も早くお渡しできるように!

次は、板金屋さんに移動です🎶

 

 

 

GT-R着々と 各パーツを塗装中

着々と進んでいます。

GT-Rの美容整形❤

 

仮合わせが終わって、

新たに取り付ける部品の個所も取り付け位置を決め、

塗装の下準備から少しずつ、丁寧に。

 

塗装する部品はそれぞれ

パーツごとにばらばらにした状態で

一つずつきれいに仕上げます。

 

塗装をする前の、カーボン素材。

クリアを塗装し、

塗り終わると、ピカピカに!

 

 

ボンネットフードもカーボン素材なので

裏はクリアでピカピカに。

 

カーボン素材ですが、

ボンネットの表面は、ボディー同色にしていきます。

今はまだ、塗装を行う前!

サーフェーサーを塗り終わった状態です。

白く見えますが、グレーっぽい色です。

 

完成に向けて! 着々と進んでいます😊

この各パーツたちが、どのように車体に取りついて

どう変身するのか!

 

 

別の用件でいらっしゃるお客様も、GT-Rを見つけては

「かっこいいですね~」と、

男性のお客様は特に!まじまじと見ています。

 

まだ途中なんですけどね!😊

 

次は、塗装!

楽しみです~~♪

 

GT-R改造計画 パート何?

先月、工場に並べていたパーツ。

GT-Rのものでした!

昨年、ボンネットもバンパーも取り替えてカッコ良くなったあのGT-Rです。

雪が溶けて、暖かくなったら、ね!

と、計画していたこと。

たのしみにしていました😁✨

 

パーツを購入するだけでも、庶民の私たちには『ヒィィ‼️』と言ってひっくり返ろかなぁという高額なもの。

さすが、高級品は品質が素晴らしい!

 

先ずは、仮合わせから!

仕上がりの状態を確認するために、一番最初に必ず行います。

太一が取り付けているのは?

そうです!

フェンダーでした!😊

並べられていた黒く大きな物はボンネットです。

フェンダーとボンネット。仮合わせ中。

今年また新たに✨バージョンアップされた姿を見るのが楽しみです👍🎶

おかえり86!コネクションロッド取付

エアロを取り付けてカッコ良くなった86が、テクニカルオートに帰ってきました‼️

おかえり〜 お久しぶり〜♪

今回は、やっと届いたコネクションロッドの取付です。

何ソレ??

ディフューザーの角度を調整する棒っこです。

ぼっこ…って北海道弁ね。

こんな風になりました!

ん?どれ??

ここです。

で、何ソレ???

ん〜、

早く走る車が、風圧で車がフワッと浮き上がるのを防いで、風が地面に向かって車体を押しつけるように流れを作るための部品、が ディフューザー。

で そのディフューザーを少し角度調整して自分好みに走りやすくできるように、っていうのが、そこにつける棒っこ。

この、ハの字に付いているのが、そうです。

またまた、オリジナルになりましたね!

86は見かけても、このエアロ、このデザインで走っているとやっぱり目立つそうです😊

いつも、遠くから ありがとうございます!

コイルスプリング塗装

このようなパーツの取り付けや塗装のご相談を頂く事があります。

今回はコイルスプリングの塗装です。

 

 

 

なんとも珍しいご相談!

 

お客様自身で購入されたものの、錆が各部あるので、綺麗に塗ってから装着したいとの事でした。

 

 

 

きちんと錆を落として塗装する方法と

上からそのまま塗装をかける方法と

工程は様々で、料金も異なりますが

お客様のご希望に添って施工させて頂きます。

 

せっかく取り付けするなら綺麗な方が良いですもんね☺️

 

修理はご検討中につきafterの写真はまだありませんが

このようなご相談も承りますので

お気軽にご来店下さいね♪

GT-R バンパー加工

昨日の続きです😊

GT-R、約束の日に向けて着々と進んでいます。

昨日、リヤバンパーを外して切り取っていたホースメント(ゴッツイ四角い棒っこ)は、何のためか。

それは、新たに付ける部品のため。


バンパー加工


リヤバンパーにベゼルを付けるためでした!

↓これです

これをバンパーに取り付けるために、バンパーを加工してピッタリ形状で穴を開けました。

これをバンパーに取り付けようとすると、どうしても内側で引っかかってしまうため、骨格の一部を切り取らないとならなかったのです。

ベゼルの内側には、ネットを貼るので、ネットの色はカッコよく黒に。

更に、ネットの奥に見えてしまう、骨格の一部も、白ではなく、黒に。

▼左右とも黒くしました

ベゼルはカーボンですが、

細かくつく傷で白くボケてしまうことを避けるため、クリアを塗って保護!


サイドスポイラー(カーボン)


現在付いているサイドスポイラーは、ガンメタのものです。

これを、カーボンのスポイラーに取り替えます。

スポイラーも、バンパーベゼル同様、

クリアを塗って仕上げます!

↓クリア仕上げ後

もう少しで完成です🤗

待っててね! Aずまさん(笑)

シビックタイプR FRPボンネット

シビックタイプRのお客様。

1ヶ月程前に、お見積とご相談でご来店くださいました。

取り付けたい社外パーツがあるとのこと。ボンネットの塗装料金と期間は?とのご相談でした。

今回取り付けたいパーツは鉄ではなく、FRPという繊維質の素材です。


Fiber Reinforced Plastics

繊維 強化 プラスチック


GT-RのバンパーもFRPでしたね。

繊維質なので、そのまま塗装をするとどうしても 「す穴」があいてしまいます。

そのため、美しく仕上げるためには、きちんと綺麗に下地処理をしてあげないとなりません。

車をカッコ良くしたい!

お盆のお休みも挟んでしまい、大変お待たせしましたが、お車をお預かりしました。

ダクトの所は塗り分けた方がいいかなぁ?どうしようかなぁ?

車まで、事前に到着していたボンネットを持ってきて、みんなでイメージしてみます。

ダクトのメッシュ部分はどうするかな?

塗り分けの色を着る位置はどうしようかな?

細かく打ち合わせをしました😊

先ずは仮合わせからとなりますが、これから2週間のお預かりです。

出来上がりが楽しみですね!!