ハスラー シャフト交換

左リヤを損傷したハスラー🚗

 

リヤホイールの損傷チェックをしたところ…

 

シャフトに曲がりがあることが判明しました。

シャフトまで曲がってしまう程の強打だったんですね💦

 

ドラムとバックプレートの隙間が広いところと狭い所が出来ている状態です。

 

まずはブレーキ周りの分解から🛠

 

ライニングとシリンダーを取り外します。

 

お次はスライディングハンマーを設置し 1〜2発 引っ張ってあげると

バックプレートごとシャフトが抜けてきます。

 

今回は全部新品へと交換していきます。

 

シャフトにバックプレートを入れて

 

スペーサーの向きを間違えないように入れ

 

ベアリングを入れて、リテーナーをのせたら

 

プレスへセット!!

 

指で刺している部分がピタッとくっつくまで入れます。

▼圧入出来ました。

 

この後は車体に装着してきますよ〜👍

 

バックプレート裏に液状ガスケットを塗り

 

貼り合わせながらシャフトをホーシングへ戻します。

 

そしてブレーキを組み立ててブレーキオイルのエア抜きをして完了❗️

. “

 

…では無くて✋

ここまでやって4輪アライメントの点検が出来る状態になっただけでした。

 

そして4輪アライメントへ✨

☝️測定結果はこちら

足回りのデーターが数値で表されます。

文字が緑色だったらOK🙆‍♀️

赤色の場合は、基準値から外れていることを表している為 調整が必要となります。

 

今回はシャフトの交換だけで正常に戻っていましたので、ここまでやって本当に完了となります✨

 

よかったよかった!

アコード リヤフェンダー&ドア&バンパー修理

保険会社の紹介で、修理の車が入庫しました。

 

損傷の範囲が結構大きいです。

 

どこまで損傷をしているかの確認のためにも

まずは分解から始めましょう💡

外せる物は外していきます☺️

 

▼バンパーとサイドスポイラー取り外し

 

リヤフェンダーとリヤドアに段差が出来てしまっていますね。

 

 

この段差を綺麗に合わせてからリヤフェンダーとドアの面出しをしていきます。

リヤフェンダーはアーチ部のプレスラインもしっかり出してあげます☺️

 

 

 

バンパーで見えなかった部分(リヤフェンダー)にも損傷があった為

そちらも修理をしました。

 

 

リヤバンパーは傷と穴の修理。

 

 

▼バンパー裏から見ると向こう側がよく見えてしまうくらいの穴👀✨

 

ここは樹脂溶接で直します👌

 

 

穴は塞がりました‼️

 

次は下地処理へ👉

 

 

取り外した物を取り付けして完成〜✌️

タイヤとホイールも損傷を受けていたので、新しい物を用意しました✨

 

 

綺麗に修理が出来て良かった🙆‍♀️

カローラアクシオ サイドシル板金

こちらのお車のサイドシルは前側から後側まで長く変形が続いていて、錆も出ています😢

サイドシルはドアなどと違い、硬〜い部分です。そして、袋状になっているため、裏側から叩き出すことはできません。

これを直すには…!

引き出し板金です👍✨

鉄の性質を変化させないため後々の錆となる原因を作らない工夫です。

まずは専用の接着剤を使って工具を装着!

 

この工具を使用して

最初は出来るだけ『面』で荒出しをしてヘコミを薄くしてから、

一度に引き出す範囲を狭め、仕上げとなる形を徐々に修正していきます。

 

この一連の作業により、出来る限り凹みを無くし面出しすることによって、パテを使用する量が薄くて済むようになります⛏

 

凹んだ鉄板を限りなく原型に復元させるのが板金屋さんのお仕事

職人技です💪

 

綺麗に形を出すことが出来ました❗️

変形して潰れてしまったことにより狭まっていたドアとサイドシルの隙間は…?

良いですね!

ドアとの隙間も均等になり復元は上出来✨

次はドアを外して下地処理・そして塗装へと進めていきます。

 

 

損傷を受けた部分には錆も出ていましたが、錆の進行は浅かったので鉄板への腐食ダメージが少なくて良かったです。

サイドシルは、道路の縁石等にぶつけてしまいやすい所なので、もし凹みが出来てしまった時は錆が酷くなる前に早めの修理をおすすめします😊

バイク倒しちゃった

高校生の時に、テクニカルオートに職業体験に来てもらってからのお付き合いのお客様🧑🏻‍💼👨‍🔧

『バイクを倒してしまったのでカウルとタンクの修理をして欲しい😩』

 

パーツを自分で取り外し、

ひとつはバイクに縛って乗せて、

ひとつはリュックに入れて背負って、

パーツ持ち込みでご来社です🤣

 

買った方が安い場合もありますが、

手に入らないものは直すしかない💪

燃料タンクは引火の恐れがあるため、

熱はかけられません。

 

燃料タンクを切断したり溶接して戻したりが、できないということです。

 

タンクの損傷部は外側からしか板金することができないので、ある程度ですが、形を整えてから柔軟性のあるUVパテとサフェーサーで修理します。

後からパテが割れて来ないように!

こういう時はUVパテです👍

カウルの傷も取りました。

あとは、下地処理をしっかりとして、

調色した塗料で塗装✨

はい!

これで、お預かりしたパーツは、

全て完治です♪ 🎊

 

今年はもう寒くなってきたから、ピカピカに元通りになったパーツをバイクに戻して走るのは、来春かな🌸🏍🌸

スポイラー割れ 修理か交換か

テクニカルオートのアプリからお問い合わせをいただき、ご来店。

スポイラーの割れを修理したい…

 

大きく割れてしまっていますが、欠損部分は無いので、樹脂溶接の機械を使い修理することはできます。

ただ、メッキモールを外さないとならないので、メッキモールが壊れてしまう可能性が…

↓ この銀色に光る部分です

 

でも、ちょっと待って🖐

この形、社外のものじゃなくて、

純正オプションのスポイラーじゃない?

修理費用と新品価格を比較した方が良いかも!!

調べてみると、ありました!最初から色が付いている新品が!!

しかも、修理金額と大差ありません。

 

修理できればと悩んでご来店されましたが、

今回は新品スポイラーの交換で全て解決。

 

交換をするにはフェンダーにまたがったアーチモールを外す必要がありましたが、

壊さないように慎重に慎重に取り外して、

再使用も成功✨

費用は出来るだけ少なく✌️

きれいに元通りになりました。

 

 

お客様のご要望に寄り添いながら、

いろいろな修理方法の中から、どうしたら良いかを考え、ご提案しています。

気になる所があれば、

お気軽にご相談下さいね♫

新車2年目 N-ONEサイドシル板金

『車をこすってしまったんです…』と、

インターネットの検索でテクニカルオートを知り、ホンダ N-ONE の修理について相談に来てくれた初めてのお客様。

 

車についた傷の場所は、ここ。

助手席側後ろのドア下と、タイヤとの間の部分です。

ですが、よ~く見ると

フロントドアの下(サイドシル)にも

こすり傷を発見…。

 

この”N-one“は、新車で購入してから

まだ2年しか経っていません。

綺麗に、安価で、直したいとのご要望❗️

 

サイドシルは溶接されて出来ているので、

もし、この部分を交換するとなると

溶接が必要です。

傷や凹みは板金で直し、

塗装はきれいに仕上がる最小範囲で!

 

ちゃんと、きれいに直りました✨

 

 

全然わからないでしょ😊👍

 

お客様も、とっても喜んでくださいました!

 

良かった~(^^)

クラウン フロントバンパー修理

昨日フォグランプの取付部を溶接した、クラウンのバンパー。

実は、左角をボッコリぶつけて凹ませ

割れてしまっていたバンパーでした。

 

ディーラーで新品交換と言われてテクニカルオートに相談に来てくださったのですが、残念ながらエコパーツは全国手配で探しても良品の在庫は見つからず…。

 

修理をすることに決定しました。

ボコッと凹んだ箇所は、温めて素材を柔らかくした上押し出しておおよその形に戻します。

 

割れた箇所は硬いアルミテープで固定して、

裏側から修理。

バンパーの割れも、

▼溶接した直後は、こうなります。

 

あとは、細かく!

傷や歪みを直して、

 

塗装をして完成です!

 

新品交換での修理より、半額くらいで収まりました!

綺麗に直ったし、よかった😊

バンパーが割れた時-選択方法

雪が融けて道路の雪もわずかとなりました。

日中は暖かい日もあり、

洗車をして気がつくのが

・バンパーやスポイラーの割れ

・タイヤハウス廻りの錆

・ボディに付着した鉄粉

・その他、去年までは無かったハズの傷や凹み

などなど・・・。

最近多く相談を受けるのは、バンパーの割れ補修と、リヤフェンダーの錆です。

 

先週、バンパーの割れについて、補修方法と耐久性に関する質問が多かったので

改めて!ご説明しますね。

 

バンパーやスポイラーが割れたとき

選択肢は大きく分けて3つ。

① 新品のパーツに取り替える

② 中古で同色のパーツを探して取り替える

③ 修理・塗装する

 

修理できるかどうかの判断としては、

割れてしまったパーツが、元通りの形に戻るくらいに、欠損個所は見られないこと。

つまり、割れて穴が開いてしまった場合、そこが埋まるピースを持っていなければアウト。

ただし、FRPというガラス繊維が結集した素材であれば、修理は可能。 それ以外は不可となります。

 

 

次に、修理ができたとしても、パーツの交換と料金の比較をしたとき、

どの方法が一番安価か、或いは、どの方法を選択するのが良いのか、という判断です。

 

 

実際に、新品パーツが思ったより安くて、修理するのとそんなに金額違わない!なんてこともありますし、

中古で同じ色のパーツが見つかったら、それを交換した方が安い金額で収まる!なんてこともあります。

 

だけど確認してみたら、純正のパーツが生産終了、中古のパーツも見つからない😭

そんな時は、「修理」という選択になります。

が!!充分な耐久性のある修理をしないと、また冬を越したときに同じ場所が同じ状態になっていることもあります。

一時的な満足感の修理方法は、お金がもったいないので、私たちはあまりお勧めしません。

 

できるだけ出費を抑えたいところですが、長い目で見たら逆にトータルの出費はかさみます。

これからどの位この車に乗りたいか…その予定にもよりますが、

修理をするならしっかり直す方法をお勧めしたいです。

 

とはいえ、どのように判断して良いか、迷ってしまうと思います。

そんな時は、お気軽にご相談くださいね!

 

明日は、バンパー補修をした車の紹介をします~✋✨

スライドドアの凹み リペアで

アルファードの若い男性のお客様。

 

『車のスライドドアの凹みを直したくて、リペアで直るかどうかと相談に来ました。』

ドア縁から2~3cm内側、ちょうどヘミング部分から外れたかどうかの位置です。

ん~っ 微妙~っ きわどいけど、できるかも!?

リペアとは、塗装を剥がさず、塗らず、板金もせず、鉄板の内側から凹んだ部分をピンポイントで元の位置に押し上げる技法!

料金的にも大変安価で済みますし、修理時間も短い!

本当に薄く小さくゆるりと凹んだ場合にのみ使える修理方法なのです。

 

そんなお話をして、代車を用意して後日お預かりすることになりました。

どちらから?

『留萌から来ました』

え~~~っ 留萌からわざわざ!?

 

そして、この凹みができてしまった理由・・・

『おじいちゃんが、車に手をついたときに、多分袖のボタンが当たってしまったんだと思うんです。

でも、おじいちゃんかわいそうだから、凹んだとも直すとも言えなくて・・・』

 

なんて心の優しいお孫さん!!!!!!

 

バンパーの色も塗り直してほしいご希望もありましたので、

お預かりするときは、本当に喜んでいただけるように、努めますね!!

 

遠いところから、わざわざ足を運んで来てくれて

ありがとうございます!!😊

車が長持ちする修理方法とは

今年2台目の大きい〜板金修理がありました。

前回はキャラバンのクォーター全面の板金でした。

👉キャラバン板金のブログ

今回は❗️

ハイエースの約3分の1の面接を板金で直します。

この広い範囲の損傷。

一般的には、お金はかかるけど作業的にも手っ取り早く簡単で綺麗な、クォーターパネル交換を勧められる事がほとんどですが、

この損傷はまだ修理が可能‼️

キャラバンの時と同様、

クォーターパネルは修理ができるものなら修理をした方が、この車の数年後を考えると絶対に良いのです。

溶接をしてしまうと、たとえ防錆剤をふんだんに塗布しても、溶接をして焼けてしまった鉄板の裏側から錆が出てしまう恐れがあるからです。

この車両は、就労支援を行う企業で沢山の人を乗せて毎日走る大切な車。

出来るだけ長持ちさせてあげられる方法で修理してあげたいです。

損傷の状態を出来る限り板金で元の位置、元の形に戻してあげて、錆び難くするプライマー処理をしてから、最終的に表面に出る仕上げとなるパテ付けをしていきます。

最初は広い範囲でパテを乗せていき、

このパテを、薄くきれいに付ける為に使うのがこのアイテム。

作業者が一番使いやすい様に材質、弾力、長さ、厚みなどを考えオリジナルに作った世界で1本のサシです。

パテ付けは、職人技。

広い面積ほど技術と経験が必要です。

と言っても、小さい面積でも美しく仕上げるには結構難しい作業なんですけどね!

要するに、誰でも簡単に出来るものでは無いということです😁💦

パテもその後の下地処理もきちんとひとつずつ丁寧に仕上げ、

塗装をして

し仕上がりはこの通り!

多少、パネルの表面に波が出ることもありますが、出たとしてもその波は微細なため、お客様にとってはよくわからないと言われることも多く、予想以上にきれいに仕上がったと喜ばれます。

お客様の使用方法を考え、この車を長くきれいに乗ってもらえる為に選んだ修理方法です。

今回パテ付け作業しました自分が、自分の車を直すとしたら、やはりこの方法を選びます!