フリードのリヤフェンダーを板金で直す💪✨

 

自宅のカーポートのぶつけてしまったとのことで

左側側面の修理でお預かりすることとなったホンダフリード🚙

 

保険会社さんのご紹介で後入庫になり保険を使用しての修理です💁‍♀️

 

お車の状態はというと

☝️このような状態💦

左の後ろのドア〜バンパーにかけて傷と大きな凹みが😣

1番大きく損傷を受けていたのが

リヤフェンダー💡

この部分ですね💡

アーチの形に合わせてプレスラインが入っているのですが

その部分がちょうど歪んでしまっている状態でした😢

 

今回はこの部分を板金の技術で元通りに直していきます🙆‍♂️✨

フェンダーが大きく歪んだことにより

ドアとの合わせ部分に隙間が生まれています💡

 

修理にはハンダも用いて直していきます👨‍🔧

こちらは別な車両の修理の際の画像になりますが

まずは表面の塗装をベルトサンダーで削り

ハンダつけする部分の土台を作ります💡

その後、凹みを引っ張り出すために使用する鉄板をハンダでくっつけます💁‍♀️

▲これがハンダつけ完了後☝️

この鉄板には丸い穴が空いていますね❗️💡

この穴の部分にスライドハンマーをひっかけて

こんな感じでラインの形に合わせてボディの鉄板を引っ張るのです☺️

▲Before

▲After

いかがです❓ドアとの隙間がなくなりフラットな状態になりましたね🙆‍♀️

 

この要領で他の歪んでいるところも

1箇所づつ地道に修正していきます💪

このハンダで大まかな凹みを引き出した後は

スタッドプーラーと呼ばれる機械を使用し、小さな『点』で

細かい修正をしていきます🙆‍♂️

▼見事に元通りの形に戻りました☺️🙌

▲別な角度で見るとラインがくっきり見えますね⭕️

 


 

同時進行でリヤバンパーとドアに入った傷も修理🙌

バンパーの角っこの一部分だけ傷が入っていたので部分修理💡

ドアも同様に👨‍🔧🌈

板金した後のフェンダーは板金パテと仕上げパテを硬化させ

形を整え、塗装前の下地作りをしたのちに

ブースの中へ車とパーツを入れ、一緒に一気に塗装をかけます👍❗️

 

 

そして各パーツを組み付けしたら・・・

完成🤗🙌‼️

このように、全て職人の手作業&技術で元通り綺麗に直すことができ、

お客様にも喜んで頂けて、やりがいのあるお仕事となりました💪✨

 

アルファロメオ クォーター〜ドア修理🌈✨

 

ある日修理のご相談にいらしたお客様👩

お車はアルファロメオのジュリエッタというお車です🚗💡

 

右の後ろ側のドア〜クォーターにかけての傷を直したいとのご相談でした👨‍🔧

▲丸で囲ったココの部分

▲拡大🔍白く削れていますね💦

 

ここの部分を修理するとなると、

クォーターからドアにかけて貼り付けてあるステッカーを剥がす必要が・・

お話を聞くとステッカー自体はご自身で購入し貼り付けのみ工場へお願いしたそう💡

ただ、今回はご予算との兼ね合いもあり、

ガラス部分のモールやステッカーは外さずに修理を進めることとなりました🙌

 


 

まず、表面の傷を拾って削ったらより深く傷が入っていたクォーターは

板金パテを乗せ元の形を形成していきます💡

遠赤外線を当て十分に硬化させます☀️

次に表面を整えるため仕上げのパテを重ねて硬化したのち

ペーパーを使って研磨していきます🙌

このように手で表面の状態を確認しながら整えていきます😊

今回ステッカーは外さずに塗装をかけるため

ステッカーの形に合わせマスキングテープで丁寧に養生をして作業をしています👍✨

傷の部分だけではなくドア1枚に塗装をかけるためドア全体も塗装の準備💡

パテの作業が完了したら塗料の密着を良くすること防錆の効果もある

サーフェーサーを塗布してあげます🙆‍♂️

この後、ブースに入れて塗装をして・・・

 

 

完成‼️✨

室内外ピカピカに洗車をして無事に元通り綺麗な状態へ復活💪✨

とても仕上がりに満足頂けたようで良かった〜🌈

 

フィット クォーターパネル交換 

 

ある日レッカー搬送され入庫したお車フィット🚙

右の後ろから突っ込まれてリヤガラスが割れ走行不能になって運ばれてきました😢

 

バンパーを外してみると車の後ろ側のフレーム(バックパネル)まで

損傷が波及していました💦

今回はバックパネルを板金修理をして、クォーターパネルは交換です🙌

 

クォーターパネルの交換、それはクリップやビスなどで留まっている箇所ではないため

簡単ではないんです👨‍🔧

 

クォーターパネルは外側と内側の2枚合わせになって溶接でくっついています👏❗️

そのスポット溶接されている部分をドリルで揉んで外します🌀

 

▼別な車両ですが、こんな風にたくさんある溶接部分を1箇所づつ外していきます。

この動画は以前に、代車の修理をする際、ドリル揉みを体験させてもらった時のものですが

ドリルの当てる角度や、力加減のすっごく感覚を掴むまでが難しかった‼️😱✨

 

工場の方がスンスンっと次から次へと外しているのを見ていたので

てっきり簡単にできるのかと思ったらそうではなくびっくりしました👀

やっぱり職人さんってすごい😍✨✨

溶接部分を外し終わったら、交換部分を切り取って除去します✂️

切り取ったところに新しいクォーターパネルを再度溶接するため、

新品のパネルから必要な部分のみ寸法を図りカットします✂️

まるでパズルのよう🧩失敗は許されません🙅‍♂️集中〜❗️

ピッタリ新しいパネルに交換できました

写真に見える点々がスポット溶接の箇所です🔍😊

 

▲一人がクォーターの塗装前の準備、もう一人は他の修理箇所の作業を同時に

チームワーク良く進めていきます👍✨

 


 

この作業の後、新品のクォーターパネルは未塗装で届くため、ボディ色に塗装をかけ

その他の損傷箇所のパーツも塗装・交換をして

※保険修理のため、確実に部品交換をしたことを示す写真も撮ります📷

 

最後にクォーターガラスをはめて完成です🙆‍♀️✨

※緑のテープは接着剤を密着させるため一時的についています。

 


 

こんな風に1台1台細かい作業を繰り返しながら、お客様が安全に乗ってもらえるよう

日々丁寧に作業を進めています😊

事故がないことが1番ですが、万が一の時は安心してご相談下さいね🍀

 

 

 

 

 

レクサス バンパー&クォーター修理

 

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談に来てくださった

レクサスにお乗りのお客様👱‍♂️

 

フロントバンパーに小さな傷と、少し広い範囲でクリア剥がれができていました💡

もう1箇所、左のクォーターには

チョップをしたような大きな凹みが💦

いずれも綺麗にしたいとのご要望で修理させていただくこととなりました🙇‍♀️

 

まずはクォータの凹みをハンダとスタッドプーラーを使用して

形を元通りに直します🙌(作業のお写真がなくてごめんなさい😣)

 

▼UP🔍

板金作業が終わったらむき出しになった鉄板には防錆処理をして

調色作業へと進みます🏃‍♀️

 

▲こちらのレクサス珍しいお色✨

パールの入り具合によっても

見え方が全然変わってくるので

さまざまな角度から何度も何度も確認して色を合わせていきます🌈

バンパーも取り外して修理・塗装をしていきます🙌

板金パテを乗せた後、仕上げの黄色いパテを塗って硬化させたら

研磨して形を整えます👨‍🔧

 

クォーターの一部分だけ塗装をかけるのではなく

いかにも塗りました❗️という境目が出ないよう

広範囲で塗装の下地を作っていきます😊

 

その後塗膜の密着を高める塗料を塗ってあげてから

色を乗せていきます

バンパーも同様に傷を拾って研ぎ、

下地作りは同様の工程を行い

一緒に塗装をかけるためブースにIN🚙❗️✨

 


〜修理完了〜

クォーターの凹みも

バンパーの塗装剥がれも

どちらも綺麗に直りました🤗👏