ワーゲンゴルフ バンパー修理

ゴルフのお客様が来ました。

『ちょーっと直して欲しいんだけど』

できるだけ早く。

できるだけ安く。

できるだけ分からないように。

はい、またまた出番です😊

ん?どこでしょう。

▼ここですね

傷は削って落とし、

UVパテとUVサフェーサーを使用して直してみましょう!

まず、傷の部分の塗装を剥がします。

傷が深いので、ここまでにして、UVパテを塗布! 追従性があるので後で割れたり剥がれたりしません。

パテ塗布完了

照射して、硬化させます

硬化した後、直ぐに研いでバンパーを形成。表面を平らにします。

つぎは、UVサフェーサー

これも、照射

サフェーサーも研いで、塗装の準備。

紙を貼り、部分塗装をします。

形は出来上がっていて、傷はもう、何もありません。

事前に調色しておいた塗料で。

はい!できました😊

完成です✨

国産車・輸入車いずれも、気軽に相談できるお店

車の修理は、どこに相談したら良いのでしょう?

車を買ったお店? ディーラー?
修理工場?

…と言っても、よくわからないし…

そうですね。

お医者さんと一緒で、何科にかかれば良いのだろう? と 迷います。

実際、わからないと思いますので
超簡単に ざっくり分けてみます。


◆車の修理は、どこに持っていけば良い?


①リコールなど

メーカー側の対策等がある場合は、ディーラーが早いです!ディーラーとは、メーカーの車を専属的に販売する店舗のことです。メーカー側の不具合はメーカーの信頼回復のためにも、看板をあげて販売しているディーラーで対応する仕組みとなっています。

②整備など

内科的な不具合は、

ディーラーでも専門工場でもOK🙆‍♀️🙆‍♂️

どちらが良いか?というと、

ケースバイケースです。

メーカー保証対象の修理や各車種ごとの特徴的な不具合ですとディーラーの方が話が早かったり、

経年による不具合や不調などの整備の場合は、診断・判断が専門工場の方がすごかったり……。

いずれにしても “工場にいる整備士の技量により” ということも、多々あります。

③鈑金など

外科的な修理の場合は、専門工場の方が良いです!

ディーラーでも修理できるところはありますが、別の場所で塗装されたパーツの交換をする所がほとんどです。修理専門ではないので、見積も不完全なことが多いです。

鈑金、塗装、修復などベテラン揃いなのは、やはりプロ工場です。


◆修理工場のイメージ

以前、テクニカルオートのお客様の 奥様が 初めてご来店された時に、
『私、車の修理工場って すごく暗くて汚くて、トンネルの中のようなイメージで、
子供なんて連れてくる場所じゃない!って 勝手に思ってたの!』
・・・と言われたことがありました(笑)

違った! 来てみて、初めて分かった! と 笑っていました😊

◆相談しやすいお店

札幌市においては、私が感じるところ、
女性のドライバーや、ご高齢の方も とても多いです。

女性の方、人生の先輩方、

小さなお子様も、

気軽にお立ち寄りいただけるお店でありたいと思いながら、
常々、きれいにしているつもりです✨

工場だって、毎日きれいにしてるんですよ😊

◆どの車種を扱える?

テクニカルオートでは、輸入車・国産車 メーカー問わず、

多くの車種に対応して
鈑金・塗装・整備などの修理を受け付けています。

🔸修理の仕上がりを重視するか
🔸見積もり金額を重視するか
🔸保険使用の有無を検討したいのか
🔸ものすごく急いで何とか直したいのか

ご要望は色々あると思います。

どんな場合でも、お客様のご要望に近づくよう考えます🌟

お気軽にお立ち寄り下さい😄🌸

自分の車を任せられるところ どっか無いかな? とお探しの方は
見学だけでも、テクニカルオートに遊びに来てみてくださいね😊

一緒に見て、納得・安心。百聞は一見に如かず。

お客様からのご相談、ご要望、急なトラブル、予定外の出来事、今後のメンテナンス。

毎日、沢山のお客様とお話しをします。
▼ここをこうしたい…

▼ここの調子が悪い…

▼こんな風になれば良いな…

など、お客様のご要望は様々。
ご要望の食い違いがないように…確実に!

お客様に笑顔になって欲しいから…

お客様の喜ぶ顔が見たいから


テクニカルオートでは実際にお客様と一緒に目で見て、一緒に要望を確認し合って、お車をお預かりするよう心がけています。


おかげで今日も沢山の喜ぶ顔が見られました😊

こんな逆パターンもあったり🤭

↓ここがこんな風に痛くって〜治せる??

かなっち、柔道整復師の資格を持つ整体師さん(お客様)に、身体を修理してもらい中…

からだメンテナンスふじさわ←ここです

👩『お願いだから、出張で来て。』

👩‍⚕️『3名以上なら、出張も可能です✨』
▼先生に教えてもらってストレッチ!

車も体も、日常のメンテナンスが大事です😉✨

スポイラーの割れ・欠損、多発!

最近よく聞くこのような割れ❗

 

道の状態が悪く

マンホールだけ雪が溶けて

穴ぼこになっていたり…

そこにはまってしまうと

痛々しい姿になってしまいます。

 

◆修理金額

“ではいくらで直るのか?”

 

先ほどの車両の場合

割れてしまってるパーツを新品で交換すると

15万も掛かってしまうんです!

 

小さな割れですが

パーツ交換ともなると

高額修理となります。

 

◆安価の修理とリスク

“くっつけることはできないの?”

くっつけて固定するだけなら、できます。

ただし、強度的に考えると、
一度割れてしまった箇所はひびが入りやすくなり、
またマンホールや氷の塊との接触、雪の深い道路の走行などで
同じ個所が壊れてしまいやすくなってしまいます。

それでも良いから、とりあえず繋いで直したい!
と、ご要望される場合は、交換ではなく修理のご相談となります。

 

修理する範囲や、分解作業の有無、
塗装をする・しない によって大きく変わりますが
金額的には、5000円~30000円の修理が多いです。

 


 

本日もお困りのお客様がいらっしゃいました。

型抜きをしたかのように きれいに割れ落ちていました。

 

仕上がりのイメージと料金を比較しながら

一緒に修理プランを考えます。

“ここをこういう風にしたい”

“こうやってみたらどうかな”

 

 

皆様マンホールやザクザクな道には

お気をつけくださいね。

 

 

投稿: 梨奈

2色のバンパー 部分的に修理塗装 (ヴェルファイア)

雪の塊にぶつかって、バンパーの下側が割れてしまいました。

バンパー1本丸ごと取り替えるだけで、10万円以上掛かってしまいます。

『直らないかなぁ?』

割れてしまったところは、一時的には直りますよ!

ただ、下の部分でバンパーを固定している箇所が壊れてしまっているので、グラグラするし、

少し硬い雪や氷の塊に押されたりするとすぐにピリッとヒビが入るかも…。

それでも仕方ない、ということで…


バンパー修理


バンパーの裏側を削って、熱をかけてピンで固定していきます。

黒くて見えにくいかもしれませんが、数箇所止まっています。

ヴェルファイア バンパー修理

その上から、バンパー補修用のネットを貼り付け、埋め込みます。

表側は、きっちり平らになるように形を整え、塗装の下地をつくります。


塗装は、2トーン

パールホワイトと、黒の2色です。

今回は安価で抑えるため、部分的な塗装をします。

まずは、白から塗装していきます。

ヴェルファイア バンパー2色塗り分け

次に、黒い部分を出して、

ヴェルファイア バンパー2色塗装

さっき塗った白い部分を隠します

黒だけを塗装して、

2色の塗り分け完了

そして、塗装した箇所全体に、クリアを吹いて仕上げます✨

これで、どこが割れていたのか、もうわからなくなっています。😊

あとはバンパーを車体に戻して組み付け、完成です!

何とか、直したい。BMW板金塗装

LINE @からのお問合せです。

【板金塗装の料金を教えて下さい。】

添付されていたのは、広い範囲で凹んだBMW のフェンダーの写真です。

先ずは写真での判断で、板金塗装で修理の場合と、車両情報がわかればecoパーツを探してみることができるご提案をしました。

実際にご来店いただき、お預かりすることになりました。

が……。

先にecoパーツを探してみた方が安価で済みそう…と思ってはみたものの、

取引業者総当たりで全国手配で探しましたが“在庫なし”。

ということで、板金で直すことに決定!

写真で見たよりも、実際の凹み方は大きく『これは、直しがいがある🤨🌟』


フェンダー板金・塗装


さぁ、どんな風に直っていくのか!

安価で仕上げる為、フェンダーは取り外さず、そのまま直します!

▼必要最小限の部品を取り外します

▼板金にて変形修正完了!すごーい🙌

▼板金で叩いた箇所を研いで

▼形を更に美しくなるようなめらかに

▼パテはできるだけ薄く、下地作りは丁寧に

▼パテ研ぎ終了!

▼サーフェーサー塗布。次は塗装!

もう、形は出来上がってます。

▼塗装完了!

ボンネットは塗装してません。

▼もう一度、修理前の写真

きれいになりました!!😊

出来上がり、喜んでくれるかな!!

バレないように直したい

『ドア、傷つけちゃったんだよね』

相談にいらした男性が乗ってきた車はBMW X3。

20年ぶりに傷つけてしまった!😥と、相当なショックを受けられていたので

現車を確認すると、

ドアの下側のプレスライン上にある

ほんの少〜しの凹みと薄〜い傷。

あ、良かったガッツリかと思ったら小さい傷だった! いや、良かったなんて言っちゃいけない🤭
.

駐車場に置いてあった物が視界に入らなかったそうです。

いつも、とても大事にきれいに乗っているのでほんの少しの傷も、気になるし目立つし、なにより『私としたことが!!』という気持ちでしょう💧

その気持ちは何となくわかります😓

.

😩💨

『実はさ、来月車検なんだけど、ディーラー持ってったら全部チェックされるんだよね!』

.

だから早く直したい。


バレないように


バレないように!…はい、バレないようには得意です(笑)

そして、出来るだけ安価で。

部分修理で色を塗るなら、色を切っても出来るだけ目立たないところで!

ドアのラインで切りましょう。

ということで、アウタハンドルと同じ高さのプレスラインで区切って、それ以外は全て覆い隠します。

何とも中途半端に見えますが、絶妙なラインのマスキング!

マスキングも立派な技術なんですよ。端々は全て細かく丁寧に。

凹みも直して、プレスラインを復元して、仕上がりバレないように、きれいに整えて、

そして!!!!

ドーン!

はい! わかんな〜〜い✨

ちょっとやそっとじゃバレません😁

ご満足いただけますように!