ヴェゼル リヤゲートの凹み板金できる?

バックした時にぶつかっちゃった😫

 

 

リヤゲート(車の真後ろのドア)がベコッと凹んでしまっています。

 

リヤゲートの板金はできないの? 交換が高額な理由

今回のこの凹み、ディーラーでは間違いなく『リヤゲートの交換ですね〜』と言われてしまいます。

リヤゲートってこのまーんまの形のものをぼんぼんっと交換できる訳ではないことをご存知ですか?

新品のドアパネルは、本当に、ドアの形の鉄板でできている物なんです。

そして、色が付いていない状態で運ばれてくるので、ボディ色に塗装が必要なのです。

ガラスを外してドアについている内側のカバーやワイパーやハイマウントやエンブレムや小さなもの全部をバラバラに…

塗装をする時は左右のリヤフェンダーに色を合わせるようにする必要があるのです。

だから、リヤゲートの交換はとても高額になってしまうのです😩

 

リヤゲートを板金で直そう!

保険は入っているけど今回は自費で直したい。ということで、板金で直すことにしました😁 テクニカルオートでは、直せます。

 

表側だけでなく、裏側まで歪んでしまっている結構大きな損傷。

外側から見ると縦に大きく凹み、ラインにも掛かっています。

 

裏側からみると、

印をつけたところ全部です。

 

リヤゲート 板金

板金中の太一くん。

板金が終わったところを見ると、直した範囲が分かりやすい!

こんなに!? という位、広い範囲ですね。

 

形状はだいたい直りました!

大きく凹んでいたラインも復元しています。

 

リヤゲート 塗装

これから、塗装の準備です。

出来上がりの状態を美しく仕上げるために、そして、錆を発生させないように、塗装の密着を良くするために、色々な処理をしながら進めます。

 

サーフェーサーを塗ってから、塗装します。

 

塗装の範囲は、ドアの真ん中にあるガーニッシュから下だけです。

ナンバープレートも外すので、再封印も必要。これは資格を持っているところでしか外すことはできません。

▼ボディ色に塗装が完了しました。

 

出来上がり✨

きれいに仕上がりましたよ!

 

アウディ左フロント修理

旦那に内緒で今日中に何とかして欲しい・・・旦那さんが帰って来るのは夜!

ハイ喜んで!

私たちの出番です!!

 

きっとバレないでしょう!

交換と言われる損傷を板金で

リヤフェンダーが大きく凹み、

いびつになってしまった この損傷。

 

ディーラーではもちろん『交換』としか言われません。

 

ここの場所はドアやボンネットと違い、ボルトで留まっているパーツではなく溶接で繋ぎ合わされているパネルです。

クォーターパネルを交換するとなるとかなりの高額となってしまいます。

 


リヤフェンダー板金


 

クォーターガラスの際まで波及しているため、先ずはクォーターガラスを外します。

表面を削り、クシュッとしてしまった鉄板を板金で少しずつ元のように戻していきます。

 

出来る限り元に戻し、出来上がりの美しさをイメージしながら。

 

板金が終わったあと、数種類のパテなどを用いて下地作りです。

剥き出しになった鉄板の上には、プライマーで防錆処理。

凸凹した表面を滑らかにするためにパテを使用します。

全面に塗りますが、

付けたパテは必要なだけしか残しません。

 

表面を平らにするためなので、

ほ〜んの少し🤏ほんの、少しです。

今回は、これからUVパテも使用。

 

また更に研ぎます。

こんな道具を使います。

 

 

研いでしまうと、必要な分を残し、ほとんど取れてしまっています。

機械を使ったあと、手で研いで仕上げます。

職人の手のひらが表面を仕上げます。

これぞ、ニッポンの技!

 

塗装を行う前はUVサーフェーサーで下地の仕上げです。

塗料の密着を良くするためです。

 

そして、車体に合わせた調色を行った塗料を使用して、安価で収めるために必要部分のみの塗装を行います。

 

こういった修理ができるのは、

板金塗装のプロだから。

メーカーの【販売店】であるディーラーでは、元々、私たちのようなプロ工場に委託していました。一部のメーカーは、内製化により自社工場を持つようになりましたが、自社工場で作業をしているのは常に経験も数年の若手技術者。しかも、パーツごとに作業分担し車体と合わせない上、主にパーツ交換での作業を行なっています。

そのため今も、難しい板金や塗装が必要な時だけはプロ工場に依頼しています。

だから、

ディーラーでは『できない』と言われる板金塗装も、私達にはできるのです。

 

 

 

バンパー 最小限の修理方法

バンパーを擦ってしまいました。

黒い車体に、白く 派手な傷‼️

『修理できるのかなぁ…😢直す料金は、きっと高いだろうなぁ』と、お客様はショックを隠し切れません。

 

接触した相手側の塗料が、擦れたときに付着してしまうため、クッキリはっきり見えてしまうのです。

 

相手側の塗料は、専門の液剤を使用すると溶け落ちるので、

色が取れるだけで 結構傷が少なくなったように見えます。

 

しかしこれだけでは、薄く着いた沢山の傷がまだ残っている状態。

おそらく 別のお店に行くと塗装が必要、場合によってはバンパー交換と言われてしまうかもしれません。

 

ですが、今回の傷は ギリギリまで挑戦してみたい!

 ということで!ここからがプロの技術の見せどころ!

 

この大きく付いてしまった薄い傷をギリギリまで磨いて落とします。

数種類のペーパーやコンパウンドを使い、傷を落とし、磨き上げ…

塗装を行わずとも、こんなにきれいになりました!

 安価な方法で部分塗装をしたら24,200円

この磨きの技術で完了できれば、

たった4,400円です。

安くても決して簡単ではない

車にも、お客様にも優しい、

本格的なプロの技です。

 

リヤフェンダー安価で引出鈑金

リヤドアとリヤフェンダーのアーチ部分をぶつけてしまった😱と

相談にいらしたお客様。


大きく傷跡がついていたので、先ずは擦ってしまった相手側の色と傷を簡単に落としてみましたが、

傷が取れると、

今度は凹みが目立つような状態。

ドアを閉めた状態なのに隙間が開いているのがとても気になります。

『傷だけ直ればいいから』

『ぱっと見わからなければいいから』

『錆びて来なければいい』

とはいえ……

そのご要望だと、塗装も必要だし、板金しないと隙間は直りません。

凹みが目立つので、パッと見も分かってしまいます。

板金で直すにも歪みだけでなくドアの合わせ目ラインも変形していて、少々大変な状態です。

決定した内容は、

・リヤフェンダーだけ、板金。

・ドアは傷だけ直して凹みは直さない。

・錆びたら困るので、ドアとリヤフェンダーは必要範囲で塗装をする。

という内容です。

さて、実際の修理です。

料金を抑える方法として、

ここは引き出し板金で!

アイテム登場です🔧😁

くしのように見えますが、片側が輪になったピンの様な形の物を何本も使い、一本ずつくっつけていきます。

これを、どうするかというと

一度に掴んで均等に引っ張ります‼️

うまく形を引き出して戻し、

ハンマリングで形を整えます。

板金をするときには、塗装面は剥がしてしまうので、一緒に塗装が必要となります。

板金が上手くできると、下地処理がとてもスムーズです。

ドアを開けるハンドルが、外れています。これは、ハンドル付近からのクリア剥がれを防ぎ、きれいな仕上がりにさせるためです。

外した部品は、最後に組み戻して…

修理完了です。

ドアの凹みは直しませんでしたが、

パッと見、気づかない様にはなりましたでしょうか?

ドアの閉まり具合、錆、傷、はクリア出来たと思います😊

お客様にも、ご満足いただけたようで、良かった〜〜🎶😄

リップスポイラー部分塗装

レクサスの フロントバンパー下に着くリップスポイラー。

飛び石と思われる傷から塗装が剥がれてしまい、ご相談にいらしたお客様。

 

お帰りになった後、タッチアップの塗料を購入し、
DIY!を試みたそうです。

マスキングをして、色を塗って、その上からクリアを掛けてコーティング!

…しかし 実際には、車体との色は違って、

絆創膏をはったようにクッキリはっきり 修理した部分がわかってしまう状態。

傷もそのままデコボコと残ってしまっているので、

「やっぱり、プロにやってもらおう」 と思ったそうです。

 

超部分塗装で、安価で! その日のうちに!😊

前もってご予約を頂き、当日仕上げで修理しました。

 

ということで、

プロの手順をご案内しましょう😄

 

先ずは、塗った塗料と、傷を消すために、
修理箇所を研ぎます。

今回作業をしない別色のところは、余計な傷がつかないように保護しています。

 

 

 

次に、UVパテを使用して、微妙~~~な薄〜〜〜い形の変化や段差をなくすため
きれいに形成します。

ミリではなく、ミクロンの感覚です。

 

 

そして、UVサフェーサーで塗装前の準備。
塗料もしっかり密着し、後々剥がれてこないようにきちんと下地処理をします。

 

そしてようやく塗装ですが、塗料はカラー番号で出来上がっているものではなく、

先にカラー番号の色を調合して作り、それをベースに微調整してその車の色を完成させます。

この車に使う今回の色は、メッキのような特殊な色でした。

 

その色を塗装すると。

 

はい!完成です😊✨

 

きれいに出来上がりました🤗

 

諦めていた車の修理、実現の方法とは?

20代、大学生の男性から

『どの位の修理費用で直るか教えて欲しい』 と、電話がありました。

訊くと、軽自動車のリヤゲートの窓ガラスが割れ、車はレッカーされたとのこと。

見てみないとわからないので、

そのまま

レッカーで運んで来てもらう事となりました。

運ばれてきた車の状態は、

リヤガラスが割れ、リヤゲートは交換が必要、その上リヤゲートがつく右側の

↓ここ!

この場所がグキッと変形していて直さないとリヤゲートがつかない状態💧

あらぁ…😞💧

すぐにリサイクルパーツを探そうと思ったら、車検証を降ろされていて、車内に積み込みがありません。

見たところ、30万は下らない損害。

依頼主の男性と連絡を取り、パッと見たイメージ的な見積り額をお知らせしたところ、

車両保険に入っていないし、

お金が無いし、

親には言いたくないし、

…って、あら〜〜〜〜😵💦

青年は、10万位で直したい と言うのです。

先ずは車検証をもらって、

リサイクルパーツをさがし、

肝心のあの場所は、普通ならリヤフェンダー交換ですが、

部分的に切り取って、形を作り直すことで劇的に料金を抑えることができると考えました。

見積り額は14万円。

これが、限界です。

30万と聞いて半ば諦めていた青年は、

その修理方法と料金を聞くと、

え!!!それでお願いします!との返答。

その代わり、ピン!と新品のようにまではいかないかもしれないからね。

このような状態だった 変形部分は

思い切って、カット‼️

取ってしまい、同じ大きさの鉄板を用意して、形は職人技で再現。

うまく、形になりました。

これをちゃんと付けて仕上げて、

塗装をしたら‼️🤗🤗🤗

かなりいい感じ❤️

どうしようもない と諦めてしまったらそれまでですが、

何とか知恵を絞って考え、機械には成し得ない技を使えば、このように、再生することができました。

目の前のお客様に喜んでもらうため😄

色々考え、最高のサービスを提供していきたいな と、日々、考えています。

バンパー下のガリ傷 短期修理

フロントバンパーの下、底の面を

駐車場のタイヤ止めや縁石に

ガリガリッ と擦ってしまった!

なんていうことは、

意外と多くの方が経験しているのではないでしょうか。

ぱっと見、分からないような

底面の傷ですが、

洗車をする度に気になってしまう傷。

真っ直ぐみると死角の場所ですが、腰を屈めて覗くと、結構 痛々しく傷が付いています。


バンパー修理の日数は?


実際に、このガリ傷を修理したら

何日くらいで直るかな?

週末に車を使いたいから、出来るだけ早く直ればいいなぁ。

👨‍🔧1泊2日でお返しできます!


特別な色でも、ちゃんと直る?


ご心配なく!

安価で部分的に修理をしても、色の違いは全然気にならないほどに、きれいに仕上がりますよ😊

ガリガリの傷を無くして、

形の修正も完ぺき🌟

車体に合わせた色を作るので、

部分的に塗っても違和感なく

きれいに仕上がります。

純正の色を基本として、数種類の色の塗料を調合して作り、

そこから、車体に合わせて微調整を行います。

決して、ベタッとはなりません。

意外となかなかなの

プロフェッショナル〜〜😊

お客様、喜んでくれるかな!!🙌

ワーゲンゴルフ バンパー修理

ゴルフのお客様が来ました。

『ちょーっと直して欲しいんだけど』

できるだけ早く。

できるだけ安く。

できるだけ分からないように。

はい、またまた出番です😊

ん?どこでしょう。

▼ここですね

傷は削って落とし、

UVパテとUVサフェーサーを使用して直してみましょう!

まず、傷の部分の塗装を剥がします。

傷が深いので、ここまでにして、UVパテを塗布! 追従性があるので後で割れたり剥がれたりしません。

パテ塗布完了

照射して、硬化させます

硬化した後、直ぐに研いでバンパーを形成。表面を平らにします。

つぎは、UVサフェーサー

これも、照射

サフェーサーも研いで、塗装の準備。

紙を貼り、部分塗装をします。

形は出来上がっていて、傷はもう、何もありません。

事前に調色しておいた塗料で。

はい!できました😊

完成です✨

国産車・輸入車いずれも、気軽に相談できるお店

車の修理は、どこに相談したら良いのでしょう?

車を買ったお店? ディーラー?
修理工場?

…と言っても、よくわからないし…

そうですね。

お医者さんと一緒で、何科にかかれば良いのだろう? と 迷います。

実際、わからないと思いますので
超簡単に ざっくり分けてみます。


◆車の修理は、どこに持っていけば良い?


①リコールなど

メーカー側の対策等がある場合は、ディーラーが早いです!ディーラーとは、メーカーの車を専属的に販売する店舗のことです。メーカー側の不具合はメーカーの信頼回復のためにも、看板をあげて販売しているディーラーで対応する仕組みとなっています。

②整備など

内科的な不具合は、

ディーラーでも専門工場でもOK🙆‍♀️🙆‍♂️

どちらが良いか?というと、

ケースバイケースです。

メーカー保証対象の修理や各車種ごとの特徴的な不具合ですとディーラーの方が話が早かったり、

経年による不具合や不調などの整備の場合は、診断・判断が専門工場の方がすごかったり……。

いずれにしても “工場にいる整備士の技量により” ということも、多々あります。

③鈑金など

外科的な修理の場合は、専門工場の方が良いです!

ディーラーでも修理できるところはありますが、別の場所で塗装されたパーツの交換をする所がほとんどです。修理専門ではないので、見積も不完全なことが多いです。

鈑金、塗装、修復などベテラン揃いなのは、やはりプロ工場です。


◆修理工場のイメージ

以前、テクニカルオートのお客様の 奥様が 初めてご来店された時に、
『私、車の修理工場って すごく暗くて汚くて、トンネルの中のようなイメージで、
子供なんて連れてくる場所じゃない!って 勝手に思ってたの!』
・・・と言われたことがありました(笑)

違った! 来てみて、初めて分かった! と 笑っていました😊

◆相談しやすいお店

札幌市においては、私が感じるところ、
女性のドライバーや、ご高齢の方も とても多いです。

女性の方、人生の先輩方、

小さなお子様も、

気軽にお立ち寄りいただけるお店でありたいと思いながら、
常々、きれいにしているつもりです✨

工場だって、毎日きれいにしてるんですよ😊

◆どの車種を扱える?

テクニカルオートでは、輸入車・国産車 メーカー問わず、

多くの車種に対応して
鈑金・塗装・整備などの修理を受け付けています。

🔸修理の仕上がりを重視するか
🔸見積もり金額を重視するか
🔸保険使用の有無を検討したいのか
🔸ものすごく急いで何とか直したいのか

ご要望は色々あると思います。

どんな場合でも、お客様のご要望に近づくよう考えます🌟

お気軽にお立ち寄り下さい😄🌸

自分の車を任せられるところ どっか無いかな? とお探しの方は
見学だけでも、テクニカルオートに遊びに来てみてくださいね😊