ジェイド リヤフェンダー修理

こちらのお車🚗

リヤフェンダーの損傷により、時間の経過共に若干錆が出てきている状態です。

 

 

▼バンパーとそれぞれのラインのつながり部分が変形しています。

▼後ろから見ると、フェンダーが押されて中に入っていますね👀

 

では、半田溶接で引き出し板金をし、形を整えていきましょう💪

 

 

引出し板金に使うアタッチメントを最適な角度で溶着し、

工具を取付して引っ張る作業〜⚒

この作業によって、ボディのラインがきれいに直ると面出しがスムーズに終わります♪

 

 

この後は、何度かバンパーを仮合わせしながら、下記のポイントを確認します。

 

①綺麗なラインが出来ているか

②バンパーとフェンダーとの隙間はきちんと出来ているか

→隙間は広すぎても狭すぎても🆖❌ 端から端まで均等になっている事も確認。

③片方のパーツが奥まったり、飛び出したりしていないか

 

その後は、錆をしっかり落としてプライマーを入れて下地に進みます。

 

下地、塗装、磨きの工程を経て

最後は組み付けをして完成☆

 

 

しっかり点検、清掃をしてお客様にお渡ししました☺️

 

ありがとうございます。

エクストレイル リヤフェンダー修理

左後ろ損傷のエクストレイルが入庫しました🚗

 

横から受けた衝撃が大きく、リヤゲートとのリヤフェンダーの“すきま゛が狂ってしまっています。

いわゆる『チリが合わない』というやつです。

 

▼真後ろから見た様子。

凹み具合がいかに大きな物かがわかります。

 

今回の損傷は本来ですと、リヤフェンダー交換 と判断したい位の損傷ですが

フェンダー交換にはデメリットもある為、出来る限り『板金修理』という選択をします。

 

▼板金後はこのような感じに

大体の形は戻りました✨

 

リヤゲートとのすきま、そしてバンパーブラケットの取付部もしっかり直し

バンパーを仮合わせをし確認した後は、下地に進みます。

 

そして塗装と磨きを行なった後は組付。

 

 

リヤゲートとリヤフェンダーのすきまも無くなりバッチリ👍 きれいに直りました✨

メルセデス屋根クリアー剥がれ

12ヶ月点検と屋根の修理でご来社頂きましたマットシルバーのメルセデス!

カッコイイです✨✨👍

それでは屋根の塗装の確認です!

上から覗いてみると👀

このポツポツとマダラになっているのが

クリアの劣化です

 

まだ新車から9年しか経ってないのに劣化してクリアが剥がれてくるとは・・・😱

 

先ずは研磨していきましょう❗️

クリアーの境目がバッチリわかりますね!

クリアーを研ぎ落とすのですが・・硬い‼️

もう悪魔の様に硬い😱😱😱😱😱😱😈

外車のクリアは硬くて研磨しづらいけど、いつもの数倍は硬い‼️‼️

恐ろしいぞメルセデス👍

何とか研磨をしてサフェーサーを入れて

紙を貼り、塗装です!

 

塗装後!!

 

ピカピカになりました⭐️

今度はきれいが長持ちするかな‼️

喜んでもらえると嬉しいです😆

ランクル80錆修理③

溶接が終わり鉄板剥き出しの箇所はプライマーを塗布し凹みのあるところにパテを付けていきます❗️

もちろん中の防錆は、

いつものようにたっぷりと👍

ボンネットの表面錆は、酸を使い、複数回に分けて錆除去しました。

 

 

溶接、防錆、板金、形成の工程が終わったら

パテを研ぎサフェーサーを入れて紙はりをしていきます。

 

運んでいるのはボンネット、重たい!

✨塗装の様子はこちらです✨

👇タップで動画再生

 

新品の右Fドア冊子が黒色なんです!

今の車はテープがほとんどでしたが昔は黒く塗装していました!

 

最後に磨きをかけて組み付けて完成!

お客様へのお引き渡しを想像すると…

むふふ❤️  きっと喜ぶだろうなぁ!!

ランクル80錆修理②

錆修理を進めているランクル80。

バンパーを外したら…

左右のリアフェンダー、後ろのフレームも腐食が進んでいます😱

隠れていて見えないところが

こんな風になっているなんて😩

 

真後ろにまわり、フレームのサビ。

こちらも修理します。

きっと前のオーナーさんがヒッチメンバーをつけて、船か何かを引っ張っていたのかな🚣‍♀️

4と書いている、後ろのフレームに付いているボルトを4本😁外します❗️🔧〃

 

はっ😳‼️

見事に3本折れてしまいました💦

そして残り一本は空回りして取れません😰

外れないので、この一本のボルトは、

削り落とします❗️

👇タップで動画再生

そしてボルト部分の溶接と錆を

できる限り落としていきます

これでよし。

 

左右のリヤフェンダー、車体の下からも

もろく崩れてしまう錆部分は、落とせるだけ落としてしまいます。

そして、サビを落として切り取った場所に

ちょうど貼り合わせられるような形の鉄板を作ります。

そして、ピッタリに型取った平らな鉄板を

更に変形させ、ボディの形に合うように何度も調整して、

表から溶接していきます。

形が見えてきました!

ほぼほぼ復元してきましたね!!

 

溶接が終わるとプライマーを入れて、

次は塗装です!🙌

がんばれ みんな〜🥳🎶

ランクル80錆修理

錆修理と車検でご入庫頂いています!

ザビ修理はフード、右サイドシル、左右リアフェンダーです。

右フロントドアもかなりの腐食でしたが新品がまだありました‼️ラッキーです🤞

今日は右のサイドシルの錆の状態をお見せします

表面が盛り上がり、かなり腐食しているのがわかります!

その部分を削っていきます

パテが厚く沢山付いていて鉄板には錆が発生しています😰もっと削っていきましょう!

 

削っていくうちにパテの下からFRPが出てきました!

前の修理の時に、錆で穴が空いているところをFRPで作成したのでしょう!

あーーーっっ!💦

パカっと取れました😱

穴の上にアルミテープを貼りFRPで形を作りパテを付けて塗装をしたのですね!

見たところ錆の防錆がされていませんね!

中も錆だらけですねー

進行し続けていた内側の錆、

今後は少しでも進行を妨げられるように、念入りに防錆しますね!

明日は、錆切除と溶接です👨‍🏭

バンパー亀裂修理

会社所有のレガシィ、

バンパーが壊れてしまった💧とのことで

修理の相談でした。

『実は数年に一度はぶつけてしまっていて、

できるだけ安価で…』

 

中古を探してみましたが………🤦🏻‍♀️💦だめだ、出てこない🙍‍♀️💭これ、直せるかなぁ?

 

うん、

なおせるよ!👨‍🔧

見た目は結構〜すごいけど、ちゃんと直せるよ!

 

そのバンパーが、

👇これ!

バンパー溶接の密着性を上げる為、

溶接する箇所の色を落とし、バンパーの素材が剥き出しになるまで、表も裏も剥ぎます。

 

 

更に密着性を上げる為、

亀裂部分を山切りカットしていきます!

山切りと言うか、谷切り???

👇割れた両側に溝をつける感じ

 

先ずは、裏から溶接します!

ピタッと形を合わせて固定した状態から始めます。

左手に持っている白く細長いのは、このバンパーと同じ PP(ポリプロピレン)です。

右手で溶接の機械を持ち、炭化しないように窒素を当てながら熱をかけ、溝を埋め込むように溶着します。

母材をいためないように熱の加減をしながら、しっかりと溶着。

裏側は強度を上げるため、割れた場所や割れ方により溶着の本数は違いますが、複数本使って溶接します。

 

次は、表側も山切りカットします。

そしてまた裏と同様に溶接します!

👇割れが繋がりました

 

これで強度はバッチリです!!👍🌟

このあとは、バンパーの形を仕上げて

塗装前の下地作りを進めます〜😄

 

月曜日は、このプラスチック溶接の動画をブログに上げますね!

お楽しみにーー🎶

フロントバンパー 自費で修理

交通事故で保険を使ってお預かりとなった車両。

修理が終わり、お客様の元へ返りました🚗✨・・・が!

きれいに直ったのを喜んでいただいたのと同時に、

「事故前から気になっていたフロントバンパーも直せばよかった~!」

少しの擦り傷、小さな傷が全体に多く、

益々気になるようになってしまいました😅

・・・ということで、再度お預かり!

 

バンパーは、割れた個所が数か所あり、

一般的には「交換」と言われてしまうところですが…どうかな?

 

自費で修理の為、きれいに且つ安価を目指します😊

 

調べたところ、新品バンパーは色付きの物が生産されていなかったため、

部品を取り寄せたとしても、ボディと同じ色に塗装が必要。

👨‍🔧「なら、このバンパーを直して塗った方が良いね!」

溶接して修理すると、傷の修理よりも少し料金が高くなりますが、

修理代と新品の部品代とを比較し、更に納期のことも考えて、

今回は修理するのがベストと判断!

 

割れている個所は、バンパー内のグリル部分。

細い3ヶ所ですが、丁寧に溶接します。

PP素材の溶接棒を溶かし込み、素材を一体化させて強化!

 

しっかりつきました!良さそうです!

これで、綺麗に塗装をしたら完成😁✨

一泊二日で完了してお届けです😊

今度こそ!! きっと、喜んでくれるはず💖

待っててね~~~!

BMW ミニクーパーSのよくある話⁉️

デザインがとっても可愛いBMWミニ🚗💕

 

今日は『ミニのあるある』をご紹介。

 

この度、お預かりしたお車もこの症状が出ていました。

💡エンジンからの異音(ガラガラ音)

💡オイル漏れ

 

まずはエンジンからのガラガラ音。

それは…タイミングチェーンガイドの破損による物でした😵💦

タイミングチェーンをプラスチック製のガイドで押さえているので

非常に壊れやすいのです…。

 

この部分、破損してしまったから交換✨と言っても容易ではありません❗️

タイミングチェーンやカムシャフト等の脱着するところも多く大変な作業です⚒

 

▼フロント周りを分解

 

▼ヘッドカバー分解

 

▼破損したガイド

▼なんと‼️こんなにもバラバラに…

オイルパンの中にも破片が入ってしまっているので

綺麗に取り除きます。

 

▼そして各部オイル漏れの状況

湿った感じでギトギトしている部位があります。それがオイルです。

パッキン類の劣化など、原因となっている箇所をそれぞれ交換をし解消させます。

 

ガイド破損による異音やオイル漏れ修理は少し高額修理となってしまいますが

そのままにして、走行続けてしまうと

最悪の場合エンジン本体の故障にも繋がってしまいます⚠️

 

何か普段と違う様子が見られた時には、しっかりと点検をし安心して走行したいですね♬

バイクのフレーム傷修理

お友達と一緒にお出かけをした時の出来事!

並べて停めていたバイクが🏍🏍転倒‼️

あぁ😫💦バイクの側面に傷が…‼️

 

傷自体は小さなものですが、

まだ新車😭

どうしても気になってしまいます💧

 

そして、このバイクの色が

艶消しのメタリック!!

 

自動車の塗装と バイクの塗装では、

発色やキラキラ具合が全然ちがうのよね🤨

 

そもそも、バイクのパーツは何かあったら取り替えてしまうことが多いので、純正色で修理ということが、とーっても少ないのです。

 

発色とラメ加減、そして部分的な塗装をすると出てしまうボカシ目のこともしっかり説明しました。

 

だけど今回は、相手が知り合いだから保険を使ったとしても大袈裟にはしたくないし、だけど綺麗に傷は直して欲しいし…

お友達想いの心優しいお客様。

 

そんな事情を聞いて、

 

👨‍🔧< 車の塗料を使ってバイクの色は、中々 出しづらいんだよね〜😅

それでも、出来る限りはやるよ!

イヤ、やってやるさ‼️👍

よーしまかせとけー

 

なんて、言いながら笑笑

 

この部分のみを塗装しますので、色を描けない場所は全てキチッとピッタリとマスキング。

傷を落としてUVパテを使用し、塗装前の下地処理は丁寧に。

👇はい、傷は消えました〜

UVサーフェーサーで下処理完了!

うまく調色をして、

ラメ加減も素晴らしい✨

はい、艶消しメタリック塗装、完了です!

どうだーーーーーーーー👍👍👍👍👍👍

 

バイクもきれいに直り、

お友達との関係も良好なまま😁

きっとお客様は喜んでくれると思います♪