フリード スライドドア鈑金

 

左スライドに傷と凹みが出来てしまったとご来店のお客様。

 

あら~…!!

傷と凹みを直すには広範囲💧

ドアは交換の方が良さそうです。

しかし、スライドドアを交換するとなると

新品の部品を使用する場合、未塗装での納品となり塗装も必要になり高額です。

今回は保険を使用しないため、

お客様負担の少ない他の方法で!

 

エコパーツ、同じ色で出てきたら、鍵の組み換えだけすれば良いから安く済むかな!

…と全国手配でお探ししましたが、

残念ながら そのまま使えそうな良品は見つかりません🙇

 

よしっ!!

じゃぁ何とか鈑金してみましょう💪✨

ドアの表面を見ると上から下までけっこうベコベコしています。

 

なるべく鈑金面積が大きくならないように最小限で!

あまり手を加え過ぎると鉄板が伸びてペコペコになるので要所要所におさえます。

パテ研ぎの時に大変な思いをしないよう 出来る限りの鈑金をしています!

 

うん!!良い感じです!

 

これならお客様も喜んで下さるはず☺

 

綺麗に仕上がって良かった~!

大切な車をお任せいただき

ありがとうございます😊

駐車場でドアパンチされたかも?

スーパーで買い物が終わり、
車に戻ると、『え!?なにこれ!!』

リアドアに傷が!!

どうやって直せるか、
見てほしいとの事でご来店です

 

おそらく、この傷はだいぶん目立たなくなると思います。でも、凹みもあるので、そこは磨きでは直らない…

『いや!いいです

この傷さえなくなれば!』

 

 

ここかぁ~

 

 

傷ついて凹んでいます。

先ずは磨いてみて、そのあと凹みを見て我慢できるか考えてみましょう!

 

色々なアイテムを使って

何工程かに分け、傷を落とし、磨きます。

キズはきれいに無くなりました!✨

傷があると、傷に目がいって凹みは気にならない。でも、傷が無くなると、そこには凹みしか無くなるので、今度は凹みに目がいって、どうしてもそこが気になるようになってしまいます。

これで錆びたり おかしくなったりする事はないので、あとは気になるか ならないかです。

 

傷はなくなったけど、

今度は凹みが気になるかなぁーー?

 

車、大事にしてるからなぁ〜💦

 

トヨエースのインテークパイプ 樹脂溶接で復活

ポリバンス 樹脂溶接💨

 

トヨエースのエアーインテーク修理のご相談がありました。

お問い合わせは、

なんと群馬県から!!👀💥

 

車に関わる業者さんだったようで、お話を伺うと搬送車として使用している車両の部品とのこと。

新品は生産終了、中古も出てこないし、自分たちでパテを付けて何度か試してみたものの、

どうしても圧が掛かって飛んでしまう…と困っていた様です。

 

「どっかで直してくれないか~?」と

インターネットで検索をして、 北海道に直せるところがあるっぽい!

とご連絡をいただいたようです。😊

 

部品を単品でお送りいただいて、

まずは物の確認から!

届いたインテークパイプは中々の年代物。

何度も頑張ったパテが ついていました。

本来裏表両面からの溶接を行いますが、インテークパイプは筒状。

内側からはどうしようもないけど、外側から何とか補強してあげられるかも!!!

よし!何とか直してみるか💪❕

 

 

材質の確認は大切です。表記はPAG・・・

ポリアミド。ナイロン系の材質ですね。

 

まずご自身で処置されている部分の接着剤を剥がして綺麗にします。

足付をしてしっかり溶着するように!

 

割れているのは、turboの文字の下。

ここを塞いで、圧がかかっても空気が漏れないように、うまく溶接しないと、エンジンがちゃんと動いてくれません。

材質によって溶融温度が違うので慎重に!

 

完成~😊👏

素材そのままなので、ちょっと見栄えはコテコテしていますが、結構丁寧に何度にも分けて重ねて溶接したので大丈夫かと思います👌

 

搬送車を動かせるのを待っていると思いましたので、すぐに返送しました❗️

 

今頃、お客様の元に到着して、

搬送車に戻されている頃かと思います。

 

群馬県で、このインテークパイプをつけた搬送車が元気に動いてくれたら嬉しいなぁ!!☺️

デント 押すのがダメなら引く⁉️

『これ、直るかなぁ?』と両手で抱えて持ってきたものは、バイクの燃料タンク❗️

 

ひとつ、ぽこっと大きめの凹みが出来ています。

バイクや自動車の燃料タンクは分解できないので、

どうやって直せるか❓ が問題です。

燃料タンクは僅かにでも中に燃料が残っていると引火の危険があるため、溶接は不可!

裏側から叩き出すために分解をする ということが出来ないのです。

 

それを承知の上!!での相談で良い方法は無いかと直談判にいらしたそうです 笑笑

 

お話を伺うと、来店のきっかけは、

知り合いの知り合いからの 口コミ紹介😊

燃料タンクを新しく買おうにも、もう販売していないモデル…😩

“テクニカルオートに相談してごらん”

と教えてもらったものの、

もしかしたら電話だと断られるかもしれないと思い、突撃アタックで足を運んで下さったようです😲❕

 

今回、お持ちいただいた燃料タンクの凹みは拳サイズ…💦  OH…

普通に考えると、板金と塗装が必要な状態。

しかし、お客様は、できれば塗装は行いたくないとのご要望。

 

板金をすると塗膜は剥がれてしまうので、必ず塗装は伴います。

 

じゃぁ、どうする⁉️

 

困っているお客様を見ると

何とかしてあげたくなるのがテクニカルオート✌️

 

どこまで綺麗に戻せるかはわからないけど、『デント』でやってみるか‼️

 

【デント】というと通常、一般的に多く行うのは、裏側から表側に凹みをなぞる様に押し出していくのが、デントリペアの方法です。

が、バイクの燃料タンクは工具を差し込む場所が給油口のみ。角度的に届きません。

そこで考えたのが 引き出しのデントリペア✌️

凹みを引っ張ってみる事にしました😁

 

『どれ〜!』と職人さんが集まり始め、

板金スタッフ・塗装スタッフ総出で

今回の修理に取り掛かります🔧

 

 

直すのはこの位置。

引き出す微妙な位置も見極めが必要です。

 

専用の接着剤を温めて、

工具をくっつけて、

冷やし固めます。

 

そして、引き出します!

 

引き出す都度、凹みの大きさに合わせて

いろいろな種類の接着アタッチメントを使い分けながら、少しずつ出し戻します。

これを、何度も繰り返し…

 

お待ちいただく事、約40分✴️

 

完全とまでには至らなくても、

目立たなくなるくらいまでは

凹みを引き出すことはできました👏

 

お客様に仕上がりをご確認頂き

もの凄く喜んでお帰りになりました☺️

 

来て良かったと感じて頂ける事が

私達の喜びです😄

 

突撃アタック大成功⁉️笑笑

ちょっと楽しくもあり、

嬉しくもある、やりがいのあるご依頼でした😊

ありがとうございました‼️

キャンピングトレーラー 雨漏り

キャンピングトレーラーの雨漏り点検のご相談がありました。

 

高さがあるので

はしごをかけて 登り

どこの部分から漏れているのか

詳しくみます。

 

ここだっ❗

 

と発見したのは

 

過去に直した事があるようで

同じ箇所からの漏れだとわかりました。

漏れ箇所がわかれば一歩前進✨

 

雨漏りは漏れている箇所の特定に至るまで時間が掛かることも多いのですが

このようにすぐに特定出来るのはとてもラッキーな事😊👏

 

あとはどのような処置になり

どのくらいの日数になるのか

今後の打ち合わせになります。

 

 

早く修理をして

安心してお出かけしたいですね✨

リヤフェンダー 凹みからきた錆の修理

下廻り防錆でのご入庫ですが、

左リヤフェンダーが凹んで錆が出ている部分について相談をしました。

下廻りの錆を防ぐことも大事ですが、

ボディの錆を抑えることも大事です。

 

まだ錆が根深くなさそうなので、今のうちに一緒に修理をしましょう!ということになりましました☺️

 

板金塗装の為に、取り外しておく必要のある箇所を分解しておきます。

 

 

 

凹みを直してサンダーを掛けると、

殆ど錆が無くなりました。

 

 

この後、転換剤→プライマーと進みます。

研いで必要最小限で形を整え、

塗る範囲を養生し直し、塗装します。

リヤフェンダーは、フロントフェンダーやドアやボンネットと違って、ボルトで留まっていないので、錆びが進みすぎて交換が必要になると、倍も3倍も4倍もと、大変高額な修理となってしまいます。

 

 

ちょっとのヘコミでも、塗装が割れてしまうと錆の原因になってしまいます。

錆がひどくなる前に、

早めの修理をおすすめします🚗💨

エアコンガス漏れ パイプの亀裂

暑い日が続き、

北海道でもエアコンが欠かせない時季が到来ですね🌞

 

そんな中、多く頂くご相談…

冷たい風が出ない!!

今の時季にエアコンが効かないなんて😱

想像すると恐ろしい…

 

今回はデリカの点検をさせて頂きました。

 

まずはエアコンガスの補充から進めていきます。

 

通常は漏れが無い限り

無くなってしまう事はありませんが

今回はほとんど空っぽの状態だった為

蛍光剤という色と一緒に入れていきます。

 

…どこから漏れているんだろう?

 

大丈夫😀👌

蛍光剤がその箇所を教えてくれます❗

 

早速、ガスチャージ直後にパッキンからの漏れを確認しました。

 

部品を手配し、交換作業を行うと

後ろの方でもう一ヶ所、漏れが出ていると判明👀🔎

 

 

前側の漏れが解消されたことで

ガスの圧力も変わり、後ろから勢いよく漏れている模様。

 

それがこちら。

湿っている部分が 蛍光剤でうっすらと黄色くなっています。

ここです!

 

足回りの部品と干渉してしまったパイプに亀裂が入り、

エアコンガスの漏れと繋がっていたようです。

 

こちらはパイプの交換が必要でした(>_<)

 

 

 

~パイプ交換作業~

 

車体の裏側に隠れる場所。

▼内側から見た様子

 

足回りとパイプの干渉部分は

出来るだけ離して接触が少なくなるように✴️

 

▼こんなかんじに!

 

 

 

最後にガスを規定量入れ完了★

今度は大丈夫!

 

これで暑い夏も乗り越えられますね🙆

ドアの凹み デントの裏技!?

先日、ジャガーに乗ったダンディなお客様が

ドアの小さな凹みの相談に来て下さいました。

 

一度、近郊のデントリペア専門店にお願いした時に、フェンダーは綺麗にしてもらったけど ドアはギブアップ!と言われたそうです。

デントの道具が凹み部分に当たらないと、どうにもこうにもなりません。

聞くと、そのデントリペア専門店の担当してくれた方は、デントリペアの競技大会で全国8位になった成績の持ち主とか‼️

その人、すごいなぁ〜✨

 

テクニカルオートのスタッフもね、

デントの技術を持ってはいますが、

ココというときには救世主が居るんです。

諦める前にもう一度‼️

 

日程を改めて、挑戦です😁

凹みはここ!ポツッと、わかるかな?

ドアの内張りを外して、いつものように凹みの裏側を攻めてみましたが、プラン変更🤔

取り出したアイテムは

なんだこれっ😳ちっこいの

 

凹みのピンポイントに、専用の接着液を付けてこのアイテムを吸着!

引き出し板金ならぬ、引き出しデント!

 

着けては引き出し、2度、3度…。

少し勢いをつけてスポッ

糸をつけてクイクイクイッ

 

 

簡単そうに見えますが、鉄板の戻り具合を見ながら、微妙な加減をしながらの高い技術が必要です。

 

そして、ほとんど目立たなくなりました✨

施行中の集中モードの時はみんな真剣な表情ですが、

作業が終わった瞬間は、

テクニカルオートのスタッフも

すごーい🙌 おぉぉぉ👏 わーい✨✨ と

賑やかでした。

 

『やっぱりどうしても気になってさ…』と言っていたお客様も、とても喜んでいただき、笑顔でお帰りになりました😆❤️

 

デントリペアでご満足頂けたので、

車のボディにも、お財布にも、優しく完了😊

良かった〜!

いつも、ブログを楽しみに見てくれて

ありがとうございます😊😊😊

クォーター錆 カットして溶接

錆は思いのほか大変なことになっていることは

昨日のブログでお伝えしましたが、

形のなくなってしまうような錆について

どのような修理を行うのか。

 

腐食しすぎた車の錆は

切除するしかない

 

錆は癌のようなものです。

残しておくと増えて悪くなるだけなので、

取っちゃいます。

 

お医者さんが、オペの計画を立てて相談。

 

メス!

時間を掛けて、裏も表も見ながら切除。

 

 

 

 

左側は、外側だけで何とかなれば良いなぁと思っていましたが

だめでした…❢ こちらも切除が必要ですが 右と比べるとまだ小さくて済みます。

多少の大きさの違いはありますが、やることは一緒😅

なので、本当は料金的に右側の料金×2 になるところですが

最初の予算のとおりに!!

 

わずかに残っている錆の子供は、黒錆に転換させてから封じ込め作戦!

そして、カットした箇所は鉄板がむき出しの状態なので、すぐに防錆処理をしてあげます。

こうすることで、車のボディ表面だけでなく、内側からの錆も抑えられるので

再び錆が出てくるまでの期間を遅らせることができるのです。

▼ツヤっとしているのが、防錆です。

 

カットした形を型取り、新しい平らな鉄板を切り取って、

 

ボディに合わせて再現させます。

皮膚移植?みたいな感じ?

 

溶接でつなぎ合わせて、形を修復。

 

きれ~いにカタチを作り、デザインとなるラインも作り、

 

塗装前の防錆もしっかりしたうえで

塗装!!!

 

完成したお車、引き渡しの時には

とぉっっっても喜んでいただくことができました😊

 

どうせやるなら、ちゃんと!!ね

 

ちゃんとやらないなら、

やらない方が良い(笑)

 

安価なパパッと修理は、どんな修理なのかを確認して納得してからにしましょうね!

車の錆は 見た目よりも重傷

気になっていて、直したいと相談を受けることが多いクォーター(リヤフェンダー)の錆。

 

『パッと安く直したい』と考えたくなるところですが、

乗りたい期間を確認してから

必ず伝える言葉。

『パッと安く直すなら、やらない方がいい』

 

だって、せ〜っかくお金を掛けて直そうと思ってお願いするのに、

すーーーーーぐまた錆が出てきちゃうから。

そしてまた、同じお金をかけて直して…って繰り返すことになっちゃうのです。

もったいないっ😩

損する😩

 

錆は想像以上に厄介なのです。

 

車の錆は見た目より深刻

 

『まだ長く乗りたいので、綺麗にしたいなと思って。』

ご夫婦で、車を見せに来てくれました。

可愛いデザインのミラジーノ。

気になる箇所は、左右のクォーター(リヤフェンダー)です。

 

 

右と比べて、左の方がまだ錆の程度は小さめですが…。

 

見た目で確認できる錆の広がり具合は、

塗装の下のボコボコで認識できますが、

ボコボコしている範囲だけには

とどまらないんです。

車の構造として、鉄板一枚で出来ているのではなく、袋状に立体的に、端の方は2枚以上の鉄板が合わさって閉じています。

 

右側の錆、塗装面が浮いてペリっと剥がれたところは、赤茶色〜く腐食していました。

 

車の錆の進行って、

実際どんな感じなの?

塗装面がカバーのようになって、内側の錆が進行しているのが分かりにくいのですが、

錆修理をするには、錆を極力、落とせるところまで削り落としてあげる必要があります。

 

どの位進行しているかは表面の錆を落として見てみると分かりやすいです。

やってみましょう!

少し落としてみました。

錆でパサパサになっているところを落とすと、既に外側の鉄板が一部無くなっています。

更に、外側の鉄板の茶色いところを、サンドブラストで落としてみると、

こんな感じになりました。

▼表面の茶色は落ちたけど…

なんだか、ニキビ跡みたいに

プツプツボコボコが😫

 

錆は針の穴のように、

鉄板に刺さり込むように、

点々と錆が広がり進行します。

 

修理のタイミングは、症状が浅ければ浅いほど、再発のリスクは低くなります。

 

プツプツと黒い点が沢山あるのは

全部錆の影響です。

まだ茶色く見える、内側の鉄板も同様。

 

もし、これを残すと、あっという間!

修理前の状態のようになるまで進行するのは、そう長い時間ではありません。

錆を表面だけザッと削ってパテ盛って塗装しただけなら、

プツ…、プツ…、と膨らんできてしまうのは

もしかすると何週間と持たないかもしれません。

どの位持つか?という期間は、状態や使用環境などにより異なりますので、何とも言えないのです。

 

中古車は、買うときに綺麗だったら分からない という、残酷な錆の実態😱

 

実はこの車両、パッと仕上げの錆の修理を繰り返していたことがわかりました。

ちゃんと年輪のように修理跡が残っています。

白はボディ色、グレーはサーフェーサー、

修理をするごとにサーフェーサーを塗るので、何層にも重なっているのは何度も修理をした証拠。

 

さ〜て。この錆をどうするかですが、

修理の過程は、

また、明日😁😁😁