ピンクのスペーシア

先日、フロント部の修理でお預かりしたピンク色のスペーシア。

 

う〜ん…なんだろう この 違和感…

お分かりになりますでしょうか?🔍👀

 

ボンネットとバンパーやグリルの色がこんなにも違う😱💥

まるで2トーン仕様のお車みたいにくっきり!はっきりと!!

 

この色の違いは紫外線が原因☝️

人も紫外線を浴び続けると、肌が焼ける人・赤くなってヒリヒリする人。様々ですよね!

車も一緒で、保管状況や日頃のお手入れの仕方によっては色褪せが生じてしまいます。

 

今回のお車は、その違いがはっきりと出ていました。

 

損傷されている箇所がフロントだったので

修理の際、このチグハグとなってしまったお色が

目立たなくなるように仕上げていくことにしました。

 

まずは色合わせから。

 

パネル1枚でも位置によっては全く色味が違います。

さ〜て、、どこのポイントで色合わせをしましょうか🤔

ここは…全然違う!

こっちの方が近いかな?

ここかな?

塗り板を各箇所に置き、絶妙な色味の違いを見ながら

『ここだ!!』というポイントに合わせ色を作成します✨

 

そして、内部に損傷がある箇所はしっかりと修理をした後に

各パーツを塗装!

隣接するパーツにはぼかしを入れ、出来上がったお車がこちら💁‍♀️

 

おぉぉ!

最初のチグハグな感じは全然わからないナチュラルな仕上がり♬

 

修理前後を比較💡

とっても良い感じです😊👍

 

今回はフロントの修理だったので、リヤの方は手を掛けていませんが…

この部分もいつか綺麗にして差し上げられたら良いなぁ☺️

CR-Z フロントバンパー部分修理

CR-Z 🚗をお預かりしました。

バンパー下部に目立つ傷が…😭

よ〜く見ると少々割れているようです。

 

幸い割れの程度は大きくないので、相談の結果

部分的に修理をすることになりました。

 

お客様の仕事の関係で、初めは土曜日から翌週土曜日までの1週間 お預かりする予定でいましたが

その日にお返しが出来るよう急遽 当日スピード仕上げ で進めることに変更 ‼️

 

すぐに作業にかかります💪

 

傷を研いだ後は、バンパー修理に最適なUVパテで削った部分を補修。

部分的と言っても塗る範囲は このくらいです👇

サフェーサーの塗布も完了したら、ブースの中に入れて いよいよ塗装✨

 

予め調色しておいた塗料を、塗る範囲全体に吹きかけていきます 💨

綺麗に染まったらクリアを塗布して乾燥。

 

その後は磨きを掛けて完成〜👏

 

引取に来てくださったお客様、まさかの1日仕上げで

大変ご満足頂けた様子😄♬

仕上がりも『綺麗になりましたね!』ととっても喜んで頂くことが出来ました 🙆‍♀️🌟

 

ありがとうございます。

シャトル リヤゲート修理 

『バックした時にぶつけちゃった』とお預かりしたシャトル🚗

リヤゲートもバンパーも縦に大きく凹みが出来てしまっています。

 

ドアを開けた内側部分も…

このような状態😖

 

本来ならこのように いびつ に凹んでいるものは『交換』となるところ。

 

ただ新品部品で交換をすると 部品代も高く、色無しでの供給につき塗装も必要となり

修理には結構な費用が掛かります 💸

 

今回はエコパーツもお調べしていましたが…

部品自体も高く、新品ほどではありませんが こちらも修理代がかかりそう💦

 

少しでも費用を抑えたい!というご希望だった為

今回は板金修理で進める事に決定❗️

とてもやりがいのあるお仕事となります💪

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

◆リヤゲート板金

表面を削った後、鉄板を板金で少しずつ元の状態に戻していきます。

仕上がりをイメージしながら、出来る限り元の状態へ🔨

 

修理の際、ナンバープレートも2箇所のエンブレムも取り外してしまいます。

修理が終わった後に新しいエンブレムを取り付ける際、その位置がわからなくならないよう

この様にきちんと位置確認した物を記しておいてますよ〜✌️😊

 

板金が終わった後は下地作りに取り掛かります。

剥き出しの鉄板にプライマーで防錆処理をした後

数種類のパテを用いて表面を滑らかに整えていく作業✨

 

板金パテを付けた後の研ぎの様子。

続いてパテ第二弾!

 

余談ですが、パテを塗っているこのヘラ。

ケーキなどのお菓子作りに使用されている物と同じような作りなんだそうな👀💡

職が違っても色々なところで活躍しているんですね ♬

 

塗布した後は固めていきますよ〜!

10分前後であっという間に固まります。

そして再び研いで、不要なパテは削り落としてしまいます。

 

仕上げのパテも同様に進めた後は、サフェーサーにて下地の仕上げです。

塗料の密着を良くする為にはとても大切な物。

 

塗装する範囲の他、車内にも塗料が入ってしまわないよう

しっかりと養生をして。

 

車体に合わせて調色を行った塗料を使用し

最小限の範囲で塗装を行います。

 

乾燥させた後は 紙を剥がして

ブースから出てきました。

 

仕上げに磨きを掛け、ステッカーを貼り付けたら

このような仕上がりに。

 

元の状態は全然わからないくらいの綺麗な仕上がり👏😄

 

ついでに…とご相談をいただいてたフロントバンパーの凹み。

ポコっと出しただけですが、この部分も見栄えが良くなり

後ろも前も全体に綺麗になりました🙆‍♀️🌟

 

喜んで頂けて良かった〜!!

 

RAV4 フロントスポイラー傷修理

RAV  4のお客様からのご依頼です。

 

フロントスポイラーの一部に傷がついてしまったとご入庫になりました。

どれどれ…🔍👀

ここですね!!

ちょっと段差に乗り上げたりすると、ガリッと擦ってしまう部分です😭

 

メッキの近くですが、割れてはいないので直せます👍

バンパーを外さず、メッキ部分はうまくマスキングをして、超〜〜部分塗装で安価修理をしましょう!

 

ガリッと入った傷を落とすためには、

一度 研ぎ落とす必要があります。

綺麗になだらかに。

キズの範囲よりも、もっと広い範囲の研磨が必要。

修理をする時に、メッキ部分は変形してしまわないように、アルミで保護します。

 

いつものように下地処理を行なった後は

塗装範囲以外をしっかりと養生して塗装前の準備に取り掛かります✨

 

 

この後はいよいよ塗装!

仕上がりはどんな感じになるかな〜?😊

 

 

出来上がりのお車はこちら💁‍♀️

 

お返しの際、お客様には

🙍‍♂️『綺麗ですね!!』

とご満足頂ける納車が出来、とても嬉しく思いました♬

 

ありがとうございました!

ノア フロントバンパー下部 部分塗装

お仕事の関係で札幌に引っ越して来られたというお客様。

初めての地域でどこの工場が良いんだろうと調べてご来社頂いたようです。

 

お車を見るととってもピカピカー✨

ご入庫頂く前に綺麗に磨いてくれたと仰っていました。

 

なるほど!

歯医者さんに行く前にはキレイに歯磨きしていきますよね。

そういう感じで気を遣ってくださったのですね🙇‍♀️💡

ありがとうございます。

 

損傷部位はというと、フロントバンパーの左下がガリッと擦れている状態😖

デザイン的にも地面との距離が短いポイントなだけに

ちょっとした段差などで擦りやすい部分でもあります💦

 

バンパーにはセンサーも付いていました🔍

修理の際、バンパーの脱着を行なってしまうとセンサーの補正(エーミング)が必要となり

費用も修理の日数も大きく変わります。

今回は費用面・日数面などを考慮し、部分的にお直しすることにしました👍

 

まずは 傷の入った箇所を バンパーの “ささくれ゛と一緒に削ってしまいましょう。

傷の部位だけでなく、部分的に塗装を行う範囲を一通り削ります。

 

研ぎ終わったら修復の作業へ。

 

バンパー修理には、UVプライマーが最適です!

塗布後、硬化して形を整えたらお次はサフェーサー。

塗布後は研いで表面を滑らかに。

 

今回のように車高が低くジャッキが入りにくいような車両は

塗装をしやすいよう少し高さを変えて工夫を✌️☺️

 

👇こちらを使用。

カースロープとしての役割を担っています。

こちらは20年以上前に、工場スタッフが試行錯誤して作ったもの。

 

市販されている物は、プラスチック製だと軽くて動いてしまうし、鉄製だと滑るし…。

中々使い勝手の良い物ってないものです。

 

ですが、こちらは年期こそ入っているものの 傷むことも壊れることも無く

今でも健全に使用が出来ていますよ ♬

 

話が少し逸れてしまいましたが…笑

 

次はいよいよ塗装です。

塗装箇所以外は全て紙で養生しています!

 

そして塗装✨

 

仕上がりはこちら🤗

 

綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

お仕事帰りに再びご来社頂き、無事に納車となりました。

少し暗い時間帯だったかな🌙

 

お車を大切にされている方なので

きっと洗車をした際などにも綺麗に仕上がったお車を見て

喜んで頂いているんだろうなぁ☺️

とお客様の喜んでいる姿を想像するととっても嬉しいのです😊

ポルシェ クォーターの小さな凹み

いつもテクニカルオートをご利用頂いている大切なお客様。

以前からポルシェのクォーターに出来た小さな凹みを直したいと

ご相談を頂いておりました。

 

▼くっきりとした凹みのアップ

 

実際、この2箇所をきちんとした方法で修理すると

作業の工程上ガラスの脱着が伴い、再使用が出来ないモールはガラスとセット販売となる為

部品と工賃で数十万の修理費用がかかります。

 

こんなに小さな凹みなのに、そんなに掛かるの〜!?😱💥

 

とビックリしますよね💦

お客様と打ち合わせをした結果

今回は『デントリペア』で進めてみることにしました💡

🗒※デントリペア 👉 特殊工具を用いて、鉄板の裏から凹みを押し上げたり、逆に盛り上がっている箇所は外から軽く力を加えボディラインに沿って仕上げる作業

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 

▼デントの工具はこの部分から入れていきます。

同じ車種でもグレード等の違いで、この部分がない車両もあるようです。

その場合は工具も入れられないので、必然と修理の方法になりますね 👀💦

 

凹みの位置や、車体の形状から見ても

作業の体制も辛く、凹んだ鉄板も工具で内側から押し上げる必要があるので

踏ん張る力も必要になります。

簡単そうに見えて、結構体力が必要なお仕事です💪

 

裏から工具を使い、鉄板を押し上げている瞬間がこちら💁‍♀️

凹んでしまっている部分の形を少しずつ出していきます。

輸入車なので鉄板も固いため、中々思うように出てくれません😖

少しずつ着実にボディラインを出していきます。

 

膨らみや出っ張った部分は叩き落とす作業も。

 

この作業を何度か繰り返し、完成したのがこちら👇

 

2箇所とも何処に凹みがあったのか、角度を変えて見ても

ほとんどわからない状態までの仕上がりとなりました✨

 

お客様への納車はこれから❗️

喜んでくれると良いなぁ ♬

アクア エアコンパイプ交換

他社でエアコンコンプレッサー等の指摘があり

テクニカルオートにご相談を頂いたアクアのお客様🚙

 

まずは状況確認を行う為にも

エアコンのガスを蛍光剤と一緒にチャージして

コンプレッサーの動きや漏れ箇所を具体的に見てみる事にしました🔍

 

ガスチャージ完了後に、エンジンルーム内を覗いて見ると…

漏れているポイントはすぐに発見‼️

 

紫外線ライトを当てて専用のメガネ👓で見ると

エアコンガスと一緒に入れた蛍光剤が緑に光って、そのポイントをお知らせしてくれます☝️

 

 

今回はパイプの一部からだと判明しました。

 

漏れているパイプを外した状態でその部位をよ〜く見てみると

なぜ付いているのか解らないスポンジの下で腐食が進み

小さな穴が空いてしまっている状態です…。

 

この状態では新しい物と交換が必要です。

 

届いた新品パイプを見てみると

もちろん付いていました、この謎のスポンジ。

どこかに干渉するのを防いでくれる為の物かと思いきや

どうやら、そういう役割もしていない様子🤔

 

もしかしてこのスポンジがある事により、水分の蒸発を妨げていたのかな?

それがパイプ腐食の原因になっていたのかな?

 

何にしてもそのま付けると、この状態を繰り返してしまいそうなので

スポンジは取り除いて車両に取り付けしました。

 

きっとこれで再発はしないでしょう😃💡24

デリカD5 イメチェン作戦 第1弾

デリカD5のお客様がご来店🏠✨

オーバーフェンダーとグリルを変えてお車をイメチェンしたいとの

ご相談でした💡😊

インターネットでテクニカルオートを見つけ

当社のブログから同じようにデリカD5のイメチェンをした方の記事を見てのご来店でした✨


 

オーバーフェンダーとアッパーグリル&センターグリルを社外のもので

ご自身で手配📦し持参していらっしゃいました❗️

やる気は満々でしたので早速部品をお預かり😉

後日現車をお預かりの上、車体と部品を仮合わせ👏👏

 

 

すると・・・

ガーーーーーん😱💦

 

ところどころ取り付け部分のつめの位置がズレている・・🙅‍♂️

ズレが分かりやすいように線を引いてみると

の線の取り付け部分は合っているのに

で記した取り付け部分はズレている😭

 

実はこちらのグリル少し違う品番のものだったのです💦

同じ車両のものでもグレードなどにより微妙な違いがあるので注文する前には
よく確認が必要ですね💡

 

適合するグリルを再度手配して、仕切り直し🙆‍♀️


 

今回素地で届いたアッパーグリルとセンターグリルは

オリジナルにするため

アッパーは艶消し塗装のブラック

センターはボディ色と同じに色味と質感を変えての塗装がご希望です🌈

 

素地で届いたパーツを丁寧に研いだら

サーフェーサーを塗布し塗装が密着するよう下地作り

▲アッパーグリル

▲センターグリル

 

同じようにオーバーフェンダーも下地処理をしたら

オーバーフェンダーはセンターグリル同様ボディ色に塗装✨

 

塗装したパーツをお見せしたいところですが

取り付けした後のお楽しみ🎵

 

この『ボディ色と同じ』と、簡単に言いますが絶妙な白の色味を車体と合わせるのは

とっても技術がいるんです💪💡職人の長年の感性です✨

 

塗装が完了したら

次はいよいよ車体へ取り付けをしていきますよ〜👉👉👉🚘

 

続きは明日のブログで🤗お楽しみに❤️

こんな所に錆が…

セレナのお客様から頂いたご相談です。

 

このメッキのガーニッシュ下に茶色く錆が発生しています。

う〜ん、中でボルトか何かが腐食して 錆の汁が流れてきているのかな?🤔

 

 

まずは、その状況確認の為にもガーニッシュを外してみることにしました。

 

 

◆ガーニッシュ取り外し◆

取り外す工程の中で、その原因は判明🔍

なんと!!

ガーニッシュ角の部分とボディが干渉しています💥

 

取り外したパーツの裏も確認。

こちらもボディからの錆色が移っているため、やはり干渉していたということがわかります。

 

では、なぜこのような状態になっていたのでしょう?

右側は同じようにならないの? ?? 疑問は沢山出てきます 🙋‍♀️

 

 

その謎を解くためにも、ガーニッシュ裏の状態を左右比較してみましょう👨‍🔧

 

ガーニッシュの端に沿うように装着されている黒いゴム。

よ〜く見ると右側に比べ、左側は少し内側に入ってしまっています。

 

このズレている状態では、車体に装着した時の当たり方も変わり

角の部分がダイレクトにボディにぶつかっていたのならば

今回ような状態になってしまう事もわかりますね💦

 

 

ボディ側の状態はというと

小さな点錆ですが、周りもプクプクと塗装下では錆が少し広がっています。

こちらは早めの処置が必要です💡

 

◆修理開始◆

まず最初に発生してしまっている錆は出来るだけ取り除いて

プライマーを塗布。

鉄板を錆から守る役割をしています。

UVパテ&サフェーサーを塗布

 

下地処理が終わったら、ブースの中へ。

今回は部分で塗装を行う事も出来ましたが

『綺麗に仕上げたい』というお客様のご要望につき

リヤゲートは1枚塗る方法となりました✨

 

そして塗装が完了👇

 

この後は外したガーニッシュやステッカー等を付けていきます。

もちろん、ガーニッシュのゴムは正しい位置に戻してあげて取付しています🙆‍♀️

 

 

完成〜♬

錆が大きくなる前にお直しが出来て本当に良かったです😊

天候にも恵まれ、無事にお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

ありがとうございます✨

 

 

インプレッサXV フロントバンパー傷部分修理

2年位前にテクニカルオートをご利用頂いたお客様。

『前に良くしてもらったから』とテクニカルオート思い出してご来社頂いたとの事🤗

とってもありがたいお話です🙇‍♀️

 

お車はフロントバンパー左角に擦ったような傷がありました。

▼拡大🔍

一部、塗装が剥がれてしまっている箇所もあります😭

 

修理方法をお打ち合わせし

バンパーは脱着せず、マスキングをして部分的に修理を行う方法に決定です💡

 

まずはライトウォッシャーの蓋を取り外しから。

 

傷を削り落としたら、バンパーの形状を修復する為にUVパテを塗布して硬化。

形を整えて UVサフェーサー塗布を塗布。

下地処理が完了しました。

 

この後は、塗装範囲以外はマスキングと紙で覆い 塗装前の最終準備。

部分修理の場合は、塗装した感じがくっきりと出てしまわないよう

区切るポイントを考慮し施工しています。

 

傷の範囲としては小範囲ではありますが

塗装する範囲で見ると、このくらいの大きさに💡

 

 

そして塗装後の仕上がりがこちら👇

 

事前にご予約を頂いていた事もあり

朝お預かりをして、夕方にはお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

喜んで頂けて良かった〜😊

ありがとうございました!