ドアの凹み デントの裏技!?

先日、ジャガーに乗ったダンディなお客様が

ドアの小さな凹みの相談に来て下さいました。

 

一度、近郊のデントリペア専門店にお願いした時に、フェンダーは綺麗にしてもらったけど ドアはギブアップ!と言われたそうです。

デントの道具が凹み部分に当たらないと、どうにもこうにもなりません。

聞くと、そのデントリペア専門店の担当してくれた方は、デントリペアの競技大会で全国8位になった成績の持ち主とか‼️

その人、すごいなぁ〜✨

 

テクニカルオートのスタッフもね、

デントの技術を持ってはいますが、

ココというときには救世主が居るんです。

諦める前にもう一度‼️

 

日程を改めて、挑戦です😁

凹みはここ!ポツッと、わかるかな?

ドアの内張りを外して、いつものように凹みの裏側を攻めてみましたが、プラン変更🤔

取り出したアイテムは

なんだこれっ😳ちっこいの

 

凹みのピンポイントに、専用の接着液を付けてこのアイテムを吸着!

引き出し板金ならぬ、引き出しデント!

 

着けては引き出し、2度、3度…。

少し勢いをつけてスポッ

糸をつけてクイクイクイッ

 

 

簡単そうに見えますが、鉄板の戻り具合を見ながら、微妙な加減をしながらの高い技術が必要です。

 

そして、ほとんど目立たなくなりました✨

施行中の集中モードの時はみんな真剣な表情ですが、

作業が終わった瞬間は、

テクニカルオートのスタッフも

すごーい🙌 おぉぉぉ👏 わーい✨✨ と

賑やかでした。

 

『やっぱりどうしても気になってさ…』と言っていたお客様も、とても喜んでいただき、笑顔でお帰りになりました😆❤️

 

デントリペアでご満足頂けたので、

車のボディにも、お財布にも、優しく完了😊

良かった〜!

いつも、ブログを楽しみに見てくれて

ありがとうございます😊😊😊

クォーター錆 カットして溶接

錆は思いのほか大変なことになっていることは

昨日のブログでお伝えしましたが、

形のなくなってしまうような錆について

どのような修理を行うのか。

 

腐食しすぎた車の錆は

切除するしかない

 

錆は癌のようなものです。

残しておくと増えて悪くなるだけなので、

取っちゃいます。

 

お医者さんが、オペの計画を立てて相談。

 

メス!

時間を掛けて、裏も表も見ながら切除。

 

 

 

 

左側は、外側だけで何とかなれば良いなぁと思っていましたが

だめでした…❢ こちらも切除が必要ですが 右と比べるとまだ小さくて済みます。

多少の大きさの違いはありますが、やることは一緒😅

なので、本当は料金的に右側の料金×2 になるところですが

最初の予算のとおりに!!

 

わずかに残っている錆の子供は、黒錆に転換させてから封じ込め作戦!

そして、カットした箇所は鉄板がむき出しの状態なので、すぐに防錆処理をしてあげます。

こうすることで、車のボディ表面だけでなく、内側からの錆も抑えられるので

再び錆が出てくるまでの期間を遅らせることができるのです。

▼ツヤっとしているのが、防錆です。

 

カットした形を型取り、新しい平らな鉄板を切り取って、

 

ボディに合わせて再現させます。

皮膚移植?みたいな感じ?

 

溶接でつなぎ合わせて、形を修復。

 

きれ~いにカタチを作り、デザインとなるラインも作り、

 

塗装前の防錆もしっかりしたうえで

塗装!!!

 

完成したお車、引き渡しの時には

とぉっっっても喜んでいただくことができました😊

 

どうせやるなら、ちゃんと!!ね

 

ちゃんとやらないなら、

やらない方が良い(笑)

 

安価なパパッと修理は、どんな修理なのかを確認して納得してからにしましょうね!

車の錆は 見た目よりも重傷

気になっていて、直したいと相談を受けることが多いクォーター(リヤフェンダー)の錆。

 

『パッと安く直したい』と考えたくなるところですが、

乗りたい期間を確認してから

必ず伝える言葉。

『パッと安く直すなら、やらない方がいい』

 

だって、せ〜っかくお金を掛けて直そうと思ってお願いするのに、

すーーーーーぐまた錆が出てきちゃうから。

そしてまた、同じお金をかけて直して…って繰り返すことになっちゃうのです。

もったいないっ😩

損する😩

 

錆は想像以上に厄介なのです。

 

車の錆は見た目より深刻

 

『まだ長く乗りたいので、綺麗にしたいなと思って。』

ご夫婦で、車を見せに来てくれました。

可愛いデザインのミラジーノ。

気になる箇所は、左右のクォーター(リヤフェンダー)です。

 

 

右と比べて、左の方がまだ錆の程度は小さめですが…。

 

見た目で確認できる錆の広がり具合は、

塗装の下のボコボコで認識できますが、

ボコボコしている範囲だけには

とどまらないんです。

車の構造として、鉄板一枚で出来ているのではなく、袋状に立体的に、端の方は2枚以上の鉄板が合わさって閉じています。

 

右側の錆、塗装面が浮いてペリっと剥がれたところは、赤茶色〜く腐食していました。

 

車の錆の進行って、

実際どんな感じなの?

塗装面がカバーのようになって、内側の錆が進行しているのが分かりにくいのですが、

錆修理をするには、錆を極力、落とせるところまで削り落としてあげる必要があります。

 

どの位進行しているかは表面の錆を落として見てみると分かりやすいです。

やってみましょう!

少し落としてみました。

錆でパサパサになっているところを落とすと、既に外側の鉄板が一部無くなっています。

更に、外側の鉄板の茶色いところを、サンドブラストで落としてみると、

こんな感じになりました。

▼表面の茶色は落ちたけど…

なんだか、ニキビ跡みたいに

プツプツボコボコが😫

 

錆は針の穴のように、

鉄板に刺さり込むように、

点々と錆が広がり進行します。

 

修理のタイミングは、症状が浅ければ浅いほど、再発のリスクは低くなります。

 

プツプツと黒い点が沢山あるのは

全部錆の影響です。

まだ茶色く見える、内側の鉄板も同様。

 

もし、これを残すと、あっという間!

修理前の状態のようになるまで進行するのは、そう長い時間ではありません。

錆を表面だけザッと削ってパテ盛って塗装しただけなら、

プツ…、プツ…、と膨らんできてしまうのは

もしかすると何週間と持たないかもしれません。

どの位持つか?という期間は、状態や使用環境などにより異なりますので、何とも言えないのです。

 

中古車は、買うときに綺麗だったら分からない という、残酷な錆の実態😱

 

実はこの車両、パッと仕上げの錆の修理を繰り返していたことがわかりました。

ちゃんと年輪のように修理跡が残っています。

白はボディ色、グレーはサーフェーサー、

修理をするごとにサーフェーサーを塗るので、何層にも重なっているのは何度も修理をした証拠。

 

さ〜て。この錆をどうするかですが、

修理の過程は、

また、明日😁😁😁

ヘッドライト黄ばみが透明に!

ホンダストリーム
各箇所の修理依頼でお預かりしたのですが、

ヘッドライトが、曇りと黄ばみで
結構すごい・・・

う〜ん、車全体、

せっかくきれいに直すのになぁ~~。

これならきっと、走ってても暗く感じるよね・・・

だけどヘッドライトの交換をするには高すぎるしね💦

 

『いや、でも、アレで磨けば、

 透明感は取り戻せる!!』

…ということで😁

ヘッドライトは磨きで進めることに決定!

今回も、あの女子たちが活躍✨

そうです
この2人です(笑)

実は、得意なんです✨

ヘッドライト周りは研いだ時にキズがつかないようにマスキングテープで保護。

研ぎに使うのは、このペーパーたち。

それぞれ、目の細かさが違っていて、

ひと工程ずつ順番に、均一に丁寧に仕上げながら進める必要があります。

手に振動が来るので、鈴木商会さんにもらった軍手を重ね履き♪

そして、研ぎの工程は完了!

そして、ヘッドライトレンズを復元させる液剤をゆっくり少しずつ均一に塗布していきます。

練習でも遊びでもありませんよ!

実際に、ちゃんと何度も実践しています。

太一からも絶賛の声!

「ずーっと、休まないで、すごい丁寧にきれいにやるんだわ」
「すごいね!俺よりうまいかも!(笑)」

 

おおおぉぉぉぉ
ありがとう キャサ&かなっち😭❤

レンズの劣化により、本当に、黄ばみがすごかった。

それが、
こんなにきれいに!!

 

見違える~~✨

 

これ、絶っっっ対!喜ぶ!!!!

 

ヘッドライトがきれいになると、
車全体の印象も格段に良くなりました!

私たちも、ちょっと何か磨きをかけてもらって
こんなに若返ったら良いのに・・・

なんてね〜❤️

屋根の傷修理も UVパテ活躍

レンタカーの屋根の傷!

レンタカーの車両は休む期間を極力短く‼️

急ぎの修理依頼です。

この車を借りて出かけたお客さんが

車の高さを確認せず、どこかに入ってしまったのでしょう😫

フロント側から真ん中を越えるくらいまでの範囲で中央部と右側にキズが走っていました。

 

使用するのはUVパテ。

バンパーにもよく使用しますが、硬化するのが早いので今回はこのパテを使用して傷を修理します。

傷を削り落とし、おおかたの修復をした上でUVパテをつけて、

 

ついたパテは、サシで引いて

薄〜く平ら〜にします。

 

が‼️ 屋根の上なんて、

一人では届きません。

そうです。そういう時は、

2人✌️のコンビネーション♪

 

いくよ! はいよ! せぇの、

 

スゥーーーーーーーーー………

 

はい!一発でうまくいきました

引く強さ、タイミング、全て息が合ってないとできないダブルスのプレーです。

 

UVパテは UV(紫外線)を当てると

硬化します。

なので、その辺に置きっぱなしにしておくと、板の上で固まってしまいます😅

紫外線を当てる機械は直視してはいけないので必ずUVカットのサングラスは必須‼️

そして意外と重たいので、肩・腕が鍛えられます💪

みちるもやってみた!

 

塗布したパテをUVで硬化させ、

まっ平に研いで屋根の表面を再現。

研ぎ終わったら、

サーフェーサーを塗って、また研いで塗装前の処理をして、養生して、脱脂して…と、

塗装前には色々準備があるんですよ。

 

▼屋根をフロントから見た様子

▼屋根をリヤの方向から見た様子

塗装をして、綺麗に完成✨

 

クラウン フロントバンパー修理

昨日フォグランプの取付部を溶接した、クラウンのバンパー。

実は、左角をボッコリぶつけて凹ませ

割れてしまっていたバンパーでした。

 

ディーラーで新品交換と言われてテクニカルオートに相談に来てくださったのですが、残念ながらエコパーツは全国手配で探しても良品の在庫は見つからず…。

 

修理をすることに決定しました。

ボコッと凹んだ箇所は、温めて素材を柔らかくした上押し出しておおよその形に戻します。

 

割れた箇所は硬いアルミテープで固定して、

裏側から修理。

バンパーの割れも、

▼溶接した直後は、こうなります。

 

あとは、細かく!

傷や歪みを直して、

 

塗装をして完成です!

 

新品交換での修理より、半額くらいで収まりました!

綺麗に直ったし、よかった😊

フォグライト取付がぐらぐら!

車の前側をぶつけてしまい、

フォグランプの取付部がぐらぐらの状態💦

クリップで留めるとかいう問題ではなく、

バンパーに取りつく部分が完全に壊れてしまっていました。

 

 

こういった場合は、バンパー丸ごと交換 と言われてしまいます。

・・・が!

ちゃんと固定できちゃうんですね~♪

しかも頑丈に、強力に!

 

そう!樹脂溶接です。

 

修理したい母材と同じ樹脂のスティックを用いて、

溶着しながら一体化させてしまう方法です。

樹脂溶接機の先端からは、熱と窒素が出るようになっていて、

樹脂を溶かしたときに、焦げ付いて炭化してしまわないようになっています。

 

窒素を掛けている時は煙が出ません。

窒素から離れると、コテ先に付着した樹脂が焦げて煙が出てきます。

母材に影響はありません。

 

 

接着剤ではないので、強固さ加減が全く違います!

 

ほらね! 全然大丈夫(笑)

 

エコパーツ(中古部品)が見つからず、高額になりそうなときは

修理ができますのでご相談くださいね😊

踏み間違えでバンパー破損

軽自動車でご来店のご年配の方。

奥様が駐車場でハンドルを切り返し、駐車していた時に誤ってブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったとのこと。

バンパーは、ボコッと凹んで色割れしています。変形具合もキツめです。

 

お電話にて中古のバンパーを調べて欲しいとご連絡頂いていましたが、まだ新しい車ですので、全国に在庫は見つかりませんでした。

 

バンパー自体の価格は比較的安価な物とはいえ、交換作業となると出費はかさみます。

 

 

そんなに丁寧じゃなくても、何となく見栄えが良くなれば良い!とのことでしたので

応急的な修理をすることになりました‼️

 

バンパーは樹脂でできているので、

温めると素材が柔らかくなります。

ドライヤーのように見えるのは、ヒーターです。

 

温めすぎると素材が溶けてしまうため注意が必要ですし、温まらないとうまく形を動かせないのでやりにくい。

ちょっとした技が必要です。

 

バンパー裏側から押し出すため、一部クリップ類を外して、変形修正!

 

変形がきついため、簡易的な方法では限度がありますが、おおかた元に近く戻りました。

 

車に合わせての調色もベテランの技で近い色が出来あがりました。

 

何本も長く線の入った色割れの部分は、タッチアップすると逆に目立ってしまうので、少し色をのせてそのままにしましたが、随分と良くなりました😊

 

細かいタッチアップ‼️

 

お待ちいただいている間の作業でした。

ここまで直ったなら、良かった良かった‼️とご満足いだだけたようです。

 

良かった、良かった😁🎶

 

ドア凹み デントリペアに挑戦

ドアについた一点の凹み。

うっすら小さな点の凹みは、

『えくぼ』と呼ばれています。

笑った時、顔にできる『えくぼ』は可愛らしく、チャーミングな印象ですが、ドアのえくぼは…ちょっと💧可愛くない😩

この一点の凹みを直すために、ドア一枚を大掛かりに修理するのは、『何とかならないのかなぁ⁉️』と思ってしまいますね。

そこで!

今日は塗装なしで直す方法。

ご紹介します。

この度、遠路はるばる 流氷の様子がニュースになっている、オホーツク地方から5時間かけてお越しいただきましたお客様。

北海道は広いので、オホーツクから札幌までの距離は、おおよそですが、東京から愛知県まで行ってしまえるくらいの距離です。

見せてもらった凹みは、

👇こちら

えくぼと呼ぶには少し大きい💦

凹みも深めです。

そして、ここの部分は微妙~に、ドアの内側に骨格が入ってる部分に少し掛かっています。

どのように直すのか?

ドアの一部を外し、隙間から工具を入れて、ドアの内側から凹みを押し出す方法。

デントリペアです。

光を当てながら、傷の箇所を確認し、ゆっくりゆっくり、少しずつ丁寧に戻します。

凹みが上手く出しにくい時は、少し温めながら。

途中経過です。

ほぼ、分からないくらいになりました。

作業自体が職人の目からは、

いや~…どうかなぁ?とイマイチな反応ですが、

ドア一枚を塗るような大掛かりな修理をせずに、この仕上がりは、

お客様も大喜びです😄

旭川から車検に来る理由とは

車検でお預かりしましたお客様、

旭川からわざわざ2時間近くもかけて

ご来店くださいました!

 

 

ちょっとマニアックな

テクニカルオートファンの方は気づいてくれるかしら!

 

そう!

すず です🌸

「お久しぶり~~~」

えへっ あはっ と相変わらず😊

 

旭川でも受けることができるのに、わざわざ車検予約をしてくれて、ありがとう!!

実は、常に2か月先まで予約でいっぱいの 伊藤(テクニカルオートの整備士)をご指名いただき、何か月も前からの約束でした。

 

 

エンジンのチェックランプが点灯してみたり

排気ガスが濃かったり色々ありましたが

そこは、絶大なる信用の伊藤さんにお任せ!

 

“ちゃんと寄り添って考えてくれて、きちんと安心して乗れる状態にしてくれる”

それが、遠くからでもわざわざ来てくれる理由。

 

しっかり点検を行い、

様子を見るところは相談をしながら

必要な整備を進め、

車検の検査は、梨奈ちゃんが担当!!

 

「いってきま~す」

 

すずには、一人のお客様として喜んでもらえるよう

みんなが 心を込めて 色々考えて 進めました。

 

今は旭川に住んでいて、たま~に札幌に帰ってくる すずちゃん。

車を取りに来てくれた時は、

みんなに旭川銘菓をお土産に わざわざ持ってきてくれました。

 

元々テクニカルオートで働いていた仲間たち。

職場を離れても、遊びに来てくれる人が多いです。

いつまでも仲間😊

と~~っても嬉しいです❤

 

大好きな人には喜んでもらいたい!何とかしてあげたい!って思うものです。
今年も、沢山の大好きなお客様と出会えますように。

毎日朝礼の締めくくりに言っている 「みんな大好き~!」

この気持ちで、今日も一日、過ごしていきます😊