何とかしてあげたい!車修理の神対応⁉️〜長野のお客様との出会い〜

ある日の朝1本の☎️がありました。

「なんとか今日中に車を直してもらえませんか?」

 

詳しく聞くと、前日の夜に事故を起こしてしまったそう😣

そしてなんと

「夕方の便でフェリーで長野に帰るんです💦それまでにフェリーに乗せられる状態にして欲しいんです‼️」と。

 

…え❓❓😧😧

 

長野からはるばる北海道へ愛車に乗って旅行に来たそうでそんな最中の事故でした😭

車はレッカーされ、運ばれた先は美唄という😱

 

どうにかしてあげたい😣

しかし損傷状況も分からないため、
一旦レッカー先の美唄の業者さんへ☎️

損傷状況を確認すると…
フロント事故ですが
干渉部分をなんとかすれば走れると💡

ちょっと待って!

フェリーは何時⁉️

17時!でも16時までに着かないとだめなので💧

 

 

ってことは!? 15時にはここを出ないと間に合わないってことね‼️

今何時⁉️ こっち到着は⁉️

お昼頃!

 

ヨシッ‼️✨
とにかく、なんとかしましょう💪✨

 

直ぐに美唄から車を運んでもらい
到着したと同時に作業に取り掛かります🚗🛠

 

バンパーが外れかけているくらいかと思っていたら、結構ガッチャリ😮🗯

 

ガムテープでもなんでもいいから、フェリーに乗り込めるようにだけでもいいから直してほしい‼️…との事でしたが…

フェリー🛳で帰るんでしょ…

なんぼなんでも、可哀想💦

 

出来る限り見栄えよく
かつスピーディーに作業🙌

壊れた部品はジグソーパズルのように集め🧩
ひん曲がってしまったナンバープレートも
修正して…

 

完成🙆🙆‍♂️✨

 

初めての北海道で楽しい旅行が

一気にショッキングな出来事となってしまいましたが🌀

お帰りになる時は、

予想以上にちゃんとした形となった仕上がり具合と、

なによりフェリーに間に合った事に

とても安堵されていました😊

 

ある意味忘れられない想い出となってしまいましたが、これに懲りずにぜひまた北海道に遊びに来てくれるといいなぁ〜✨

 

アウディの よくある話⁉️テールランプ

メーター内にお車の異常をお知らせしてくれる『チェックランプ』が点灯。

 

そしてウィンカーも点かない状態で入庫したアウディ🚗

 

 

💡❌ レフト、リヤ、ライト…あらそぉ。

 

念の為にバルブの確認をしてみますが、どうやら球切れだけの話では無さそうです。

あぁぁぁ、やっぱり…😑💦

 

これは、配線関係のトラブル❓

車をお預かりして詳しく点検してみる事にしました👀

 

まずはテールランプを外して見ると…

 

 

なんと‼️

すぐに原因が判明。

 

 

テールランプの基盤が熱で溶け、

テールランプ本体までも溶けてしまっている状況です。

 

こうなるとテールランプ本体丸ごとの交換が必要になります。しかも高いです。

『マジでーーーーっ😭』

 

実はこの症状。

アウディの良くある話なんだそうな🧏‍♀️

 

構造上の問題なのかもしれませんね💡

 

純正新品となるとエラく高いので、リサイクル品とか優良パーツとか無いの⁉️なんて言いながら部品を検索!全国手配です🗾

今回のお車はAudi A6 Quadro で、特別仕様だったため、流通している部品が希少!

 

部品屋さんや業者さんがあの手この手と協力してくれました🤝 結果!

☎️🎶『奇跡的に見つかりました!滅多に無いことですよ〜🙌』

なんと、運良く特別なルートで入手することが出来ました👏

ありがとうございます😭✨

 

テールランプ交換後は、チェックランプも消え、ウィンカーも点灯するようになりました☺️

安心してお乗り頂ける状況となり、

お客様も私たちも

ほっ…☺️☺️💨💨💨

良かった〜!!

ストリーム リヤフェンダー左右修理

フェンダー修理のお見積もりでご相談を頂いてたストリーム🚗のお客様。

 

入庫のお約束をしていた矢先…。

『反対側もぶつけられてしまった😭』

と左右の修理となりました。

 

▼左側

バンパーとの繋がり部分まで損傷しているので修理には少し時間が掛かりそう。

 

▼右側

バンパーのラインに傷とフェンダー表面上に凹みなので左に比べると早く終わりそうです。

 

作業開始🛠

 

引出し板金で凹みを出していきましょう✨

 

板金作業完了✨

▼右側

▼左側

修正が終わったら、次はバンパーを仮合わせ。

そしてバンパーとフェンダーの繋がり部分も確認して下地作業に進みます。

 

パテを付け、研いで形を形成していきます。

 

バンパーの傷も修理して塗装前の下準備。

 

そして最後の仕上げ…塗装‼️

 

▼左側

▼右側

 

こ〜んなに綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

 

ぶつけられた時のショックは大きかったと思いますが

綺麗に仕上がったお車を見てご満足頂けたようで安心しました🤗

バックドアのツートン(2色)塗装

最近は屋根だけ別色などのツートン仕様のお車が多くなってきましたね。

個性やファッション性を楽しめる為、女性の方には特に人気が高いように思います😊

 

このようなツートン仕様のお車を修理でお預かりすることも多いので、

今回は施工方法について少しご紹介☝️🤓

 

以前ご紹介した塗り分け塗装では、それぞれの色を一色ずつ塗装した後、クリアを一面に塗装する方法でした。

 

今回の塗り分けは、ちょっと違う手順で進めてみます。

通常、塗り分け塗装を行う際、1色目の色を塗り終えた後、マスキングで覆い隠して2色目の色を塗装しますが、その際にかなり精密にマスキングをしないと2色目の色が1色目の色に少しはみ出してしまう可能性が出てしまいます。

お客様へお返しする日程を確実にさせるため、少し手間は掛かりますが確実な方法で進めてみました!

 

①下部の色を塗装し、クリアを塗る  乾燥

📸ガラスが外れているので分かりにくいですが、バックドア(リヤゲート)の画像です。

 

②上部の色を塗装し、クリアを塗る  乾燥

 

2回に分け塗装と乾燥を行うことにより、色のはみ出し&塗り直しのリスクを回避し、確実に進めることができます。

もちろん、クリアの段差は極限まで薄くなる様に工夫しています!👍✨

 

お客様に少しでも早くお返し出来るよう、いかに綺麗に早く仕上げるか❗️

 

職人技術による、応用編の塗装方法でした💪

カローラアクシオ サイドシル板金

こちらのお車のサイドシルは前側から後側まで長く変形が続いていて、錆も出ています😢

サイドシルはドアなどと違い、硬〜い部分です。そして、袋状になっているため、裏側から叩き出すことはできません。

これを直すには…!

引き出し板金です👍✨

鉄の性質を変化させないため後々の錆となる原因を作らない工夫です。

まずは専用の接着剤を使って工具を装着!

 

この工具を使用して

最初は出来るだけ『面』で荒出しをしてヘコミを薄くしてから、

一度に引き出す範囲を狭め、仕上げとなる形を徐々に修正していきます。

 

この一連の作業により、出来る限り凹みを無くし面出しすることによって、パテを使用する量が薄くて済むようになります⛏

 

凹んだ鉄板を限りなく原型に復元させるのが板金屋さんのお仕事

職人技です💪

 

綺麗に形を出すことが出来ました❗️

変形して潰れてしまったことにより狭まっていたドアとサイドシルの隙間は…?

良いですね!

ドアとの隙間も均等になり復元は上出来✨

次はドアを外して下地処理・そして塗装へと進めていきます。

 

 

損傷を受けた部分には錆も出ていましたが、錆の進行は浅かったので鉄板への腐食ダメージが少なくて良かったです。

サイドシルは、道路の縁石等にぶつけてしまいやすい所なので、もし凹みが出来てしまった時は錆が酷くなる前に早めの修理をおすすめします😊

バンパー取り付け部、亀裂!!

左フロントをぶつけてしまいフロントバンパーの取り付け部が切れて飛び出してしまいました

 

こんなに切れてしまうと交換って言われる事がほとんどだと思いますが弊社ではプラスチック溶接機があるんだよーーー!

 

バンパーの裏を見て素材の確認です

このバンパーの素材はPP!

溶接していきます

バンパーと同じPP素材を溶かし、埋め込むように密着させます。

素材と母材がくっ付いた更に上から、

コテで溶かしながら一体化させます。

 

 

溶接が終わり塞がった穴部分に、

ドリルで穴を開けていきます!

この映像だけで、プラスチック溶接の強度がわかりますね!

リヤガラス 雨染み磨き

『リヤガラスに出来た雨染みを消したい』とご相談がありました。

 

離れた所からでは確認出来ませんが

近づいて見てみると…

 

 

凄く目立ちます😭

 

では、この状態からどこまで綺麗になるかやってみましょう

 

Before ⏩ After が分かりやすいように真ん中できっちりとライン分け❗️

ボディーに溶剤が付かないように、周りを保護してからのスタートです。

 

 

専門の溶剤をウエスに染み込ませ、擦っていきます。

 

 

液剤がついたウエスで擦り、何も付いていないウエスで乾拭き。

その工程を何度か繰り返します。

 

 

では、真ん中のマスキングテープを外して違いを見てみましょう〜♪

 

 

この違い、お分かりになりますでしょうか?

手前の方がくすんだ感じがなくなっていますね👍

アップにすると、この違い‼️

 

後は、右側も綺麗にして…

 

完成〜🙌🏻😆

 

作業時間30〜40分ですっかりクリアになり、視界も良好👀💡

 

オススメです🤗

っていうか、いいなぁ

私もやってもらおう〜✨

 

ヴェゼル リヤゲート修理

先日、交換と判断されるくらいバックドアが凹んでしまい、修理来店されたお客様。

 

▼凹みが広範囲に及んでいます

 

安価でお直ししたい希望があり、同色のリサイクル部品をお探ししてみましたが…

残念ながら、見つからず😭

 

リヤゲートの修理は、再封印が必要だったり、リヤゲートに着くガラスを外さなくてはならない場合もあり、板金でも高額になってしまうことが多い場所です。

そのため、同じ色のリサイクルパーツが安価で見つかれば、板金をするよりも安く収まることがあるのです。

リサイクルパーツが見つからないのであれば、板金をして直すほかありません。

これは、やりがいのあるお仕事💪

気合いが入ります!!!

 

まずは接着板金・そして荒出しから

▼裏のシールが傷つかないように養生も怠りません。もちろんバンパーも。

 

ハンマリングで耳ならしから。

ハンマリングの音に耳を慣らすのではなく、ミミと呼ばれるドアの端の部分を真っ直ぐに平す(ならす)作業です(笑)

▼ハンダとスタットプーラーを巧みに使い分け面出しをし形を整えていきます。

 

▼上手く形を引き出す事に成功😄

 

次はリヤゲート塗装

 

▼板金で綺麗に凹みが修正された箇所にパテを付けていきます。

 

▼そして、塗料との接着力を強くする為にプライマーを塗ります。

▼そして塗装完了

 

この後は組み付けをして、完成〜🙌🏻

 

▼このような感じに形もきれいに復元され、うまく仕上がりました♪

 

完成後は、お客様がご来店され

お車とご対面〜🚗👀

そして一言…『流石ですね!!』

🤗素直に、嬉しいお言葉です😆♪

 

修理の工程をiPad📱で順番にお見せしました。

とても喜んで頂く事ができ、嬉しい納車となりました🌟

ランクル サイドシル錆修理

長年愛用されているランクルが錆修理で入庫されました。

 

錆による腐食がかなり進んでいます。

一見、後ろのサイドシル部分のみかと思いましたが

錆の進行は想像以上で、既に前の方まで進んでいました。

 

 

錆部分を少し触っただけでも、穴がみるみる大きくなっていきました。

これは凄くやりがいのあるお仕事!

綺麗にしてあげたい

 

それでは修理をしていきましょう💪

 

まずは型紙作成!

そしてボディの錆は出来る限り落としていきます。

 

▼後ろ

▼前

 

穴を修復!

作った型紙から同じサイズに切り取った鉄板を

穴が開いてしまった箇所にフィットさせ溶接で塞ぎます。

 

▼後ろ

▼前

 

お次は、錆止めです。

ここでの防錆処理はとても大事です!

溶接した鉄板表面はもちろん、

袋状になった内側にもしっかりたっぷり、

防錆剤が外まで流れ落ちるくらい充分に吹き掛け浸透させます。

おそらく、鉄板の内側までしっかりと防錆処理を施している業者は少ないでしょう。

今のところ、知る限りですが、近隣でそこまでやっている業者さんは聞いたことがありません。

 

防錆が終わったら、仕上がりとなる形を整える為に

パテをつけて…

▼後ろ

▼前

乾いたら研いで表面を整えます🎵

 

 

最後に塗装をすると、綺麗に復活!!

▼後ろ

▼前

 

大切な車が、綺麗になりました😊

 

錆の修理は時間もかかり、大変な作業でもありますが

お客様が喜んでお帰りになる笑顔が一番嬉しいです😊

 

ありがとうございました。

フォルクスワーゲン ボーラ マフラー遮熱板修理

マフラーの遮熱板が、錆による腐食で落ちてしまったとご来社された フォルクスワーゲン ボーラ🚗のお客様。

 

どれどれ👀❓

早速リフトにあげて見てみることに。

 

 

マフラー本体に遮熱板を固定する為のボルトが鯖による腐食のため、折れてしまったようです💦

折れてしまったボルトのネジ山部分は車体側に埋まった状態で残っていました😳

 

 

『外れた遮熱板自体は、使えそうだよね』

『そぉっすねー』

 

「こんな感じに取り付くのかな」

形を合わせてみて確認OK🙆‍♂️

 

『ディーラーへ行ったけど、丸ごと交換しないとダメだと言われてしまった』

そうなんです。本来なら、この状態ではマフラー交換と判断されてしまいます。

そうなると部品代も高く、高額修理に…。

 

ここがテクニカルオートの腕の見せ所♫

予算をおさえる為に、出来る方法を色々と考えます😄

 

では、修理へ!

 

まずは埋まっているボルトを取り除く作業です。

これが結構、大変なんですよ💦

ドリルを使用し、新しいボルトを入れても使えるように、少しずつ、上手〜く、取り除きます。

そして、ボルトが入るように穴を加工〜⚙

施行錯誤の上、埋まり込んだボルトは綺麗に取り除けました✨

 

ボルトが入るようになったら、遮熱板をしっかりボルトで固定❗️

 

 

取り付け完了〜✨

 

輸入車は日本車よりひとつひとつの部品価格が高いので、このように修理が可能な場合は費用を抑えられますね。

 

また何かございましたら

いつでもご相談ください😊