保険使用で綺麗に修理✨

自宅の車庫に擦ってしまったと、ご入庫となったデミオ🚗

🔍拡大

綺麗なお色なだけに、とても目立っています😢⤵︎

 

あとどのくらい乗るか?と言ったお話もあったので

安価に出来る方法と、保険を使用して正式にお直しする方法の2パターンでご相談をし

ご家族の方と相談頂いたのち、後者の方法で進めることになりました💡

 

まずは、こちらクォーターの凹み修正からです

 

引っ張る際の土台となる鉄板(アタッチメント)をハンダでくっつけます🙏❗️

これをスライドハンマーを使用して引っ張る!!

アーチの部分やフェンダーの端等、それぞれのラインが綺麗に出るように。

凹み具合や状態を確認しながら、その時に一番最適なアタッチメントを使用しています。

取り付けする位置もポイントです☝️

押されて飛び出たところは叩いて🔨形を戻していますよ🙆‍♂️💡

形は綺麗に元通り♬

 

新品のリヤバンパーを付け、高さや角ラインの確認👀‼️

はい、OKです🙆‍♀️🆗

 

ここまで来たら塗装屋さんへ👨‍🎨✨

 

いつもの工程で丁寧に下地を作ったら、ブースにイン🚗💨

塗装をかけるため色をかけない部分には養生を。

塗る部分だけが、このように残ります。

 

こうして塗装後のお車はこのような感じ💁‍♀️

 

仕上げに磨きをかけ、それぞれパーツの組み付けをしたら

みんなで丁寧に洗車をして 完成😊🙌🎉

あれだけ目立っていた傷は、跡形もなく綺麗に

お客様にもご満足頂ける仕上がりとなりました🤗

R35 GTR 車検 GTウイングは大丈夫?

車検でご入庫の35!

今回の車検では各オイル類も取り替えたいとの事で先ずはブレーキフルード

 

何故そんなにカッコいい入れ物なんですか😁

 

次はミッションオイル

 

 

こちらも何故!!

普通の缶がカッコイイ❗️

さすがGTR👍

このミッションオイル、

値段も一流でした😱😱😱😱😱😱😱😱

 

恐ろしやR35😱

 

今回の車検で受かるか微妙なのがコレ

👇👇👇

GTウイング!!

車検が通らないとの噂もチラホラ😭

こちらのGTウイングはトップシークレットさんの商品です。

ホームページを見てみると“車検対応”となっています!

じゃぁ大丈夫じゃん〜♪と思いながら、念のため確認をします!

 

法定では、ウイングは車体の最大側から

片側16センチよりも内側に入っていないといけません。

 

計測してみると、 16.5センチ‼️

きちんと内側に入っているのでOK😆👍

 

 

高さ、サイドは? 大丈夫!!

 

問題はアールか! 形状、丸みです!

法定検査においてパーツ取付可否についての規定はあるものの、規定範囲内であるかどうかの判断は検査員に委ねられます。

ということは、もしかすると国内において車検を担当する検査員によっては危険だと判断する事もあるのか、ないのか・・・???

恐る恐る車検場へ😅

 

検査員がGTウイング見ています😅😅

形状については何も問題無さそうな様子😁

こちらから先に、取付位置や寸法は基準値以内であることを具体的な数値でお伝えしました!

 

そして、

無事! 車検クリアしました👍👍

 

トップシークレットのGTウイングは

ロアバンパとセットにすることで車検対応となりますので、お間違えなく‼️

JLラングラー37インチへ!

ラングラーのタイヤサイズについて!

新車購入時のサイズから35インチにタイヤサイズを変更したラングラー。

 

また更に迫力を出すためにサイズアップしたくなって次は37インチへ!!

 

タイヤ・ホイールの準備と同時に、足回りは2インチアップ⤴️⤴️

そこまでは良いのですが、

35インチから37インチに変更するには、どうしても北米フェンダーフレアからはみ出してしまいます😅

 

ということで!!

車体の最外側からタイヤをはみ出させない為に、

フェンダーフレアに純正のエクステンションを取り付けします。

 

このフェンダーフレアエクステンションを取り付けしてタイヤのツラ一具合を確認していきましょう👍

 

フェンダーフレアエクステンションから

ホイールの中央にオモリ付き糸を設置し、垂らしていきます!

 

 

北米ルビコンフェンダーフレアにエクステンションを付けてタイヤの腹が2ミリ出ている!

いい感じ!! ほぼツライチです‼️😁

 

35から 37へ!

ちょっと写真の撮り方で大きさが変わって無い様に見えますがホイルハウスの隙間が37インチの方が狭くなっています!

2インチアップに北米フェンダーフレアには37インチが絶妙にマッチしています!カッコイイーーー✨😊

ただこのオフセットだとハンドル全開でちょい、ほんの少しスタビに干渉します😭

乗っていてもわからないレベルですけどね😃

 

 

フロントの損傷でエンジン交換まで!

鹿との接触によってフロントを損傷した車をお預かりしました。

走行しているスピードによっても変わりますが

あの大きな体🦌とぶつかってしまうと、車の方に受けるダメージも大きくて当然です💦

ですが、幸いお客様にお怪我は無かったようなので、安心しました😣‼️

 

お車はというと、フロント周りの損傷は中のラジエーターにも破損が見られ

クーラントは空っぽの状態です💥

 

エンジンの無事を願いながら、クーラントを補充して、いざ始動!!

ブルルン ブルルン…🚗💭

… あと一歩っていう感じなのに😅

エンジンの始動には繋がりません。

 

入れたクーラントは吹き返し、プラグホール内に混入。

 

残念ながら、壊れてしまっていると判断されました😵⤵︎⤵︎

 

 

エンジンはリサイクル品で手配をし交換しちゃいます♻️💪

 

▼エンジンをボディから取り外し

▼残されたボディはこのように

▼この新しいエンジンを乗せます

 

エンジン交換した後は、オイルを交換してコンディションを整えるのですが

抜いたオイルの色は何とも言えない白濁した色に。

自然な色のオイルは、少し茶色がかった透明色~茶褐色です

どうやら吹き返したクーラントが混入して、パイプ類に残っていたオイルと混ざってしまったようです。

 

その後、もう一度オイルを入れて抜いてを繰り返し

やっと通常の色に戻ってきました👍

 

そしてもう一つ、エンジン始動した時に 車両後方では驚くような光景が😱💥

白煙で工場内が真っ白になってしまうくらい👀!!

排気管にもクーラントが入り込んでしまったのですね。

 

無事にエンジン交換も完了し、外装パーツも元通りに

 

大きな修理ではありましたが、綺麗にお直しして無事に納車となりました🤗

走行中の異音 カンカンカン?

エンジンを止めても変な音がするので見てほしいとご来社。

エンジンをふかすとカンカンカンと…

😱このヤバイ音は💀🗯と、

エンジンを止めクーラントを確認・・・

 

ラジエーターキャップを外すとクーラントを確認できません😭

おそらく無くなっているか、限りなく少ない状況です😱<やだぁ!

先ずはクーラントを補充します。

クーラントが少ない為にラジエーター内の温度が上がっていて、

クーラントがブクブクしています😱

 

クーラントを補充している側から

ラジエーターから漏れているのを確認できました👍

 

 

もうエンジンダメかなぁと思いましたが、祈る思いでラジエーターを交換してみると

異音が無くなって👏

エンジンも正常に動き出しました!🎉

 

先ずは一安心😮‍💨💕

 

オーバーヒートによるエンジンへのダメージは少なからずありますので、しばらくは様子を見ながらとなりますが、生きててよかった〜😃😃

磨きムラで困ってます! 救済のご依頼。

もう結構長いお付き合いになるお客様。

久しぶりにご連絡をいただき、お話を伺ったところ・・・

こんなお困りごとがあったそうです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

新車を買ってから、休みと言えば車をピカピカに磨き
大切にされていました。

ところが今年、交通事故で大事な車をぶつけられてしまったため
購入した販売店(ディーラー)に保険の連絡をして
そのまま車の修理をしてもらったそうです。

 

修理が終わって納車されたのは夜。
暗い中での受け渡しでした。

数日後、またお休みを迎え張り切って洗車をしている時に

「なんだコレは⁉️」

仕上げの磨きムラに気づき、どうにも綺麗にならないため
ディーラーに手直しをしてもらいました。

手直しが完了したとのことで「今回は大丈夫ですか?」と念を押して確認したところ
『大丈夫です」と。

その言葉を信用して、また楽しみにしていた休日。

洗車をしていると・・

またしても😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡

ハァ〜!?  同じじゃん!!!! どこを仕上げたんだ!

俺がやった方がずっとマシ! って、どういうこと!?

 

怒りと苛立ちがおさまりません。

ドアに白く縦のモヤモヤが見えるのは全て
仕上げの磨き状態が悪く、
当たる光の加減でオーロラのように見えてしまっている状態です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 

このお客様は、昔からテクニカルオートには御縁のあるお客様です😄

 

大丈夫と言っていたのに2回目もこの出来で戻ってきたら3回目きれいに直してもらえる気がしない。
信用ができないから、テクニカルオートさんで直して欲しい とのご依頼でした😃

「磨きで直りますよ」とお伝えしたのですが、
『磨きだけではなく、こんな仕上げ方をする人の修理なら
塗装もどのようにしているのか信用できないので塗り直しをお願いします』と😅

今回の事故でFドアを交換したので隣接パネルも塗装しています。

交換したドア裏を見て見ると水抜き穴につけていたハズのシールが付いていません😭

他の3枚のドアは付いているのに😅😅 これはディーラー施工者の付け忘れですね!💦

CX-8の水抜き穴のシールは元々バックドアにしか無く
F、Rドアには付いていません。

実は、お客様はご自身でトヨタのシールを購入し付けていました!

 

そこまで気づいてほしいところですね!

 

後はいつも通りに作業です👍

 

塗装の範囲はフロントフェンダーからリヤドアまで。

外す必要がある部品は外し、きれいに塗り直しました。

 

納車の時は、磨き状態が一番分かりやすい西日を当てながら確認してもらい、

やっぱりテクニカルオートさんですね!とご満悦😊😊

画像クリックで動画再生

最初から来れば良かった との言葉に 大笑い。

笑顔の納車となりました。

 

ありがとうございます😃

困った時にはテクニカルオートです😆😄😁

 

交換では無く「修理」で!

保険会社さんからのご紹介で アクアがご入庫🚙

助手席側のリヤドアからリヤフェンダーにかけての損傷です。

凹み具合も大きな物でした。

交換❗️とも判断出来るくらいですが、車に優しい方法を考え 板金修理🔧 で進めることに💪

 

____________________

リヤフェンダーは構造上、袋になっているので、裏側に手が入りません🙅‍♀️

なので叩いて形を戻すという作業では無く、凹みを表面から引っ張って出してあげる方法になります

 

▼使用するのはこちらの道具

引出しに使うアタッチメントの形と大きさを選び、引き出したい方向を定め

角度をみながら半田を溶かして接着します。このように👇

そして引っ張る為の工具をセットして、エイッ‼️

引く強さを調整しながら✌️

 

もう一箇所の凹みも同様に修正しています👇

 

それぞれのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい修正をしていきます!

 

2種類の板金作業を経て凹凸が元通りになった状態がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないようプライマーを塗布し

パテなどの工程で下地作り。

 

最後に調色した塗料をボディに乗せて・・完成😆✨👏

綺麗に直りました👍♬

 

お返しの際には、タブレットを用いて修理の様子をご紹介💡

仕上がり具合にもご満足頂けた様子で安心しました😊

2022年 職業体験 〜札幌工業高校〜

今年も 札幌工業校の生徒さん4名がインターンシップで来てくれました👏😊

 

車が好きな生徒さん、バイクが好きな生徒さん。

若い子が車両に興味を持って 来てくれたと思うと 私達もとっても嬉しいです♬

 

今年は3日間の日程🗓

初日は朝礼の説明からスタート

どんな事をするんだろう?と最初は緊張した面持ちでしたが

朝礼の場では立派に発表をしていました♬

今日もやるぞ〜✊ と意気込んで ハイターッチ🙌

 

朝礼後、初めのお仕事は 洗車 から🚰✨

洗い方・洗う順番・洗車のアイテム 一つ一つがお勉強。

ボンネットの開け閉めも初めての体験です👍

 

🔶板金部門🔶

廃車となる車を準備し、パーツの取り外しや分解作業🔧 

バラバラになっていく様子に、みんな前のめりになって 興味津々でした😁

 

🔶塗装部門🔶

紙を貼る作業から。

一斗缶に試し塗りの様子。ドキドキする瞬間です😆💦

この後は紙を貼った車に直接 色を吹きかけました。

 

🔶整備部門🔶

エンジンの構造や仕組みのお勉強。

バラしてみましょう

エンジン下の方にあるピストンの取り外し!

生徒さんからのリクエストで、この部品は記念にお持ち帰りとなりました😊♬

 

最後は事務所の2階へ。

挨拶の仕方・おじぎの仕方…etc.

社会に出た時に こう言うこと知っておくと タメになるよ〜❗️

と言ったお話をさせて頂きました👍

生徒さん達に頑張れ〜‼️のエールを込めて💓

 

あっという間の3日間。

このお仕事体験が、彼らの将来に繋がってくれたら嬉しいです✌️😊

JLラングラーパラメータ設定③

車速信号異常から35タイヤを履いた時に起こる車速の誤差を修正します。

 

おそらく、

高速道路走行、スピードメーターで88キロ表示で、実際の車速が100キロ位ではないかと?

きちんと測っていないので、あくまでもだいたいです😅😄

 

その誤差を『Flashcal』でパラメータ設定をしてみます!

このFlashcalという機械を車体に接続し、

コンピュータに直接再設定登録を行います。

 

接続も簡単にできました

35タイヤに設定変更!

本国から手配した物のため、表記が全部英語なので、翻訳アプリをかざして確認📱✨笑

設定が完了したので、

走行テストです🚙💨💨

 

 

仮説があっていたのか、

設定後は嘘の様にチェックマークが消えました👍😄 やったー

 

 

ついでにラングラーの後部座席に重い荷物を置いた時になるシートベルトを締めて下さいのピーピー音⚡️😡😡

人じゃないんだよ!って🧳📦😡😡😡

 

音が鳴らないように荷物をずらしてもまた鳴ったり🔔🗯うるさいやつ😑

 

その不快な音もFlashcalで消せます🔕👍👍

 

ピーピー音は消えても、シートベルトのチェックマークは消えません。

⚠️安全の為、運転者、同乗者全員、シートベルトは必ずしっかりお締め下さい😄

 

🔵ラングラー所有の方へ🔵

1〜2回の使用なのに個人でFlashcalを購入すると結構な値段なので、

スピードメーターの誤差の調整、シートベルト音の設定などご希望の方は、テクニカルオートで設定できますのでご相談下さいね😄😄😄👍✨

レクサス フロントバンパー傷修理

社用車の事で色々と打ち合わせをしていたお客様が

マイカー修理の件もご相談くださいました😊❗️

 

レクサスのフロントバンパー。

バンパー左下部に傷と塗装が剥がれたような跡が。

 

自費で安価な修理をご希望されていたため、

修理方法はバンパーを外さず、マスキングをして部分的に!ということで決定です。

 

傷の表面を削り落とし、パテで形を整えたあとサフェーサーを塗布。

色を掛ける所とクリアの所に、塗装がきちんと密着出来るよう

補修箇所まわりもバンパーの表面を研いであります。

▲左下部のみの予定でしたが、こちらにも傷を発見‼️

せっかくなので、ここはサービスで直しちゃいます✌️

 

塗装範囲以外は紙とマスキングで養生し、ブースへ移動🚙💨

塗装をかけた後は、最後の仕上げを

丁寧に丁寧に磨きを掛けたら… 完成 🎉

 

お客様にも、とっても喜んでいただくことが出来ました❗️

 良かった〜😊