ワイパーが動かない! 急げ〜

土曜日のお昼休みの出来事です。

『あのぉ、ワイパーが動かないんですけど…』

若くて可愛らしい女性ドライバーさんです。👩‍🦰❤️

車の中には、同年代と思われるお友達があと2人。

👩‍🦰👩👩‍🦰

ちょうどお昼休みに入った時間帯だったのですが、まだ食事に出かけていなかったスタッフを呼び止め、『若くて可愛いお姉ちゃんが3人で困ってるから、ちょっと見てあげて!』笑

『若くて可愛いお姉ちゃん』には残念ながらあまり反応しなかったのですが、『困っている』に反応して!

どれどれ。🔧👨‍🦲

ワイパーを動かそうとすると、

右側が動かず左側はガクガク。

『あ〜、リンクがいっちゃってますね』👼

リンク=ワイパーリンクのことで、

ワイパーの根本の部分。

モーターから繋がっていて、ワイパーを動かす仕組みの、一部です。

見えるかなぁ〜…あ、あれだ。

 

これです、これ

 

これが壊れたとなると、

部品の交換が必要なのですが…

 

お話を伺うと、今日は3時からお友達の結婚式に出席するために3人で北見から来たとのこと。

そして、明日(日曜日)北見に帰る予定!!

えーっ😫今日明日と雨の予報なのに☔️ ワイパー無しで北見に帰るのは危ないわ💦そりゃだめだ!

 

すぐに新品と中古の部品を確認‼️

 

 

新品が届くのは最終便!

中古は⁉️

取引業者、何件にも確認をして

『道内にあります』

『道内在庫です』

そこもここも同じ返答

今日、間に合わないじゃーん😫💦

最後は!?

『道内在庫です。』

札幌にないのぉぉぉっ

自社在庫は無いんですか😭???

『自社在庫ですが、恵庭なんです』

恵庭!!?? 🤩きらーん

恵庭まで取りに行けば、間に合う!!!

 

中古の部品だったので価格も安価で済むし、間に合うし、これは取りに行くしかない!

 

お姉ちゃんたちには、地下鉄で結婚式に向かってもらい、一旦自由行動! 帰るまでに直しておく約束をして、北見に帰る前に車を取りに来てもらうことにしました。

 

そして、無事に部品は手に入り、

 

ワイパーリンク交換作業!

ここが外れちゃっていました。

部品の一部が無くなっています。

 

部品を交換して!これで大丈夫!!

 

やったぁぁぁ〜🎶

おじさんたち、頑張ったよ〜😆

 

突然、壊れてしまうので気をつけようがないのかもしれませんが、

何かを動かして、いつもと違うなぁと思った時には、早めに点検してもらうようにしましょう!

また、

今はシーズンではありませんが

冬の凍りつく寒さの時には、ガラスに凍りついたワイパーをモーターの力で動かしたり、積もった雪を避けないでワイパーで搔こうとすると、ワイパーモーターや、中の繋ぎ目の部分が耐えきれなくなることがあります。

降っている最中の雨や雪を避ける力しかないと思って、優しくしてあげてくださいね🚗❤️

電動スライドドア ガタガタ

RG ステップワゴンの

スライドドア動作不良です。

 

スライドドアを開け閉めする時に

ガタガタと動きが悪い状態です。

ドアが閉まる時にガッと引っかかってしまうため、

車体側で 挟み込み防止の安全装置が働いてしまいます。

 


ステップワゴン

スライドドア開閉不良の原因は?


 

ドアローラーのベアリングの不良です。

まず、スライドドアを外して

サードシート、トリム、レールカバーを外すと、

ようやく ドアローラーを外せるようになります。

二個あるうちの一つのベアリングが割れて無くなっています。

違いがわかりますか?

右側が、破損部品で

左側が新品の部品です。

新品の白くて丸いのがローラーです。

 

 

 


スライドドアのローラー破損。

なぜか多い、RG型のステップワゴン


 

なぜか! RGのステップワゴンに、この症状が多いようです。

少なくても当社では、

ステップワゴンのドア開閉不良だって!と言うと

『また~?』と声が出るほど、RGばかりです。

 

スライドドアがガタついたまま使用を続けていると、

電動ワイヤーまで破損してしまいます。

電動ワイヤーは、アッセン(部品丸ごと)での供給しかないので

そこがだめになると高額になってしまいます!

電動のスライドドア。 動きがおかしくなったら早目に修理しましょう。

実は大変!スポイラー脱着の両面テープ

『よし!今日は板金やさんのお手伝いをしよう♪』

女性スタッフが工場に!

『え?頼んでない!? いやいや、そんな遠慮しないで~♪😁』

で、

与えらえた仕事は!!

バンパーとスポイラーの接着面剥がし!

何でもやりますよ~

👨『これ、取付部分のモール(ゴム)は再使用するかもしれないので濡らさないように剥がしてください』

 

なにっ? シリコンオフを使って剥がそうと思っていたけど

そうはいかないってことか!!

 

『私はこっちから剥がす。あなた、そっちからね!』

『私の方がうまい』

『私の方が早い』

なんて、言いながら

仲良く競いあって作業しているのは

キャサリンとかなっち。

 

スポイラーに着くモールは単品供給されにくい

う~ん、モールを濡らさないように両面テープを剥がすには どうしたらいい!

色々な角度から、体制を変えたりアイテムを増やしたりしながら

2人で1時間半も掛けて ようやく終了か!!!✨

と思ったその時!!

 

👩『部品屋さんから電話で~す』

 

その電話は、なんと!

再使用するかもしれないと言っていた、モールが、

単品供給されている!!!というお知らせ🤣

 

👨『社長!かなっち!珍しいことに、ソレ、単品で出るそうです~(笑)』

 

もう、終わるよぉぉぉぉっ💦

カナッチの手は、ベタベタになりすぎて、

指がくっついて離れません(爆笑)

そして、ほかの部位の両面テープ剥がしは、

とても順調に進み、任務完了!

 

工場スタッフの為!お客様の為!と思ってお手伝いしましたが

いつも、こんな大変なことを 普通~にやってくれてるんですね。

 

お手伝いをして、人の大変さがわかった今日の体験談でした😅

 

バンパー修理 交換の半額以下

バンパー修理のご相談。

車はフォレスターです。

助手席側の角をガサっ…と傷つけてしまい

ディーラーに相談したところ

バンパーは交換との判断。

…ですよね💦

 

今回は費用を掛けたくないご要望でしたので、フォグベゼルは交換をして、バンパーは部分的に修理をすることになりました。

 

バンパーの、タイヤハウス側まで少し広い範囲で傷がついています。

フォグベゼル(カバー)を外して、部分的に直す準備!

マスキングテープで塗装の切れ目をキレイに縁取りします。

傷は研いでガタガタを無くし、

弾力性のあるUVパテで補修♪

鉄板用のパテだとどうしても割れやすくなるのでUVパテが良いんです😊

 

UVサーフェーサーも塗布して

塗装の下地作りは完ぺきに✨

塗装をする部分を残してマスキングはし直しています。

塗装完了!

 

きれいに直りました😊

これで、当初ディーラーから言われていた、部品交換の費用の半額以下!

更に、アプリもご登録いただいていたので、

ポイントもばっちり✌付きました😊

ポイントは、オイル交換やタイヤ交換の時に利用してくださいね!

 

デリカD:5 バンパー部分塗装

LINE@から、バンパーに傷かついてしまったとご相談がありました。

部品交換の場合、両方の傷を修理した場合など考えられる修理内容をお伝えしたところ、実際に車を見せに来てくれました😊

実際に傷が確認できるとより具体的にお話ができます。

バンパーのボディ色と同じ色の部分、そしてフォグランプ周りのシルバー色の部分それぞれに一連の流れで傷がついています。

 

 

相談して決まった修理内容は…。

 

▼このように決定

 

右側は少~し傷が残るかもしれないけど

だいたい気にならないくらいになると思う!

左側は削れてしまって素地が出ているので

塗装しないと直らないから部分的に修理!

 

ということで。

右側は磨き✨

左側は部分塗装

傷の部分はきれいに研いでUVパテを使用し、

UVサフェーサーで処理をして、塗装です。

塗装の範囲は、養生されていない、

表に出ている部分です。

 

きれいに直りました😊

このような修理方法であれば、保険を使わず直した方が良いです。

一時的な出費にはなりますが、

保険料の差額と比較しても

トータルの出費を抑えることができます。

困ったなぁと思ったときは、お気軽にご連絡くださいね!

ランクルプラド バンパー修理

この車を大事にしているのがわかる、

きれいなランクルプラドです。

それが、いつの間に!こんな所に傷がっ!

ちょっとの傷ですが、目立ってしまいます。

相談の結果、部分的に修理をすることになりました。

ソナーは塗装をするとセンサーが効かなくなるので、マスキングで隠して。

マスキングをしたキワは、塗装の下処理に限界があるので、どうしてもクリア剥がれのリスクがついてきます。

が、そこは極めて丁寧に。

出来る限り細かく処理をします。

傷は研いで平らにしてから柔らかいバンパーに最適なUVパテで削った部分を補修。

そして、バンパーの形を復元させるために、ミクロン単位で補正します。

塗料を密着させる役割のUVサーフェーサーは透明なので付いているかどうか写真ではわかりません(笑)

塗料をかける部分は研いでいるので、艶消しになっていますね。

塗装は、ブースで。

チリやホコリ、余分なミストを寄せ付けないようにしながら。塗装を行わない箇所は覆ってしまいます。

 

車体に合わせて調色をした塗料で、

塗装をして、磨いて、完成✨

お客様は、出来上がったバンパーを見て、

手でさすりながら満足気に微笑んでいました。

大切にされているお車を、

私たちにお任せいただき

ありがとうございます😊

思い出の車 クォーター錆修理


『ディーラーへ行ったら、買い替えたほうがいい…と言われてしまうけど、まだ調子が悪い訳じゃないし、この車を出来るだけ、長く乗りたいんです。』


実は、この車は、

他界された奥様が選んだ車。

思い出をいっっぱい乗せた、大切な車です。

直したい箇所は、右側のリヤフェンダー、タイヤハウスまわり。

錆びやすい部分です。

お客様が指差したのは、リヤフェンダーの後側。バンパーとの繋ぎ目付近でした。

ここを直すなら、

こちらの錆も気になりますね。

と、大ちゃんが指摘したのはタイヤハウス前側。

『あぁ!ほんとですね。そこは気づかなかったです』

錆の修理方法などについて細かくお話ししたあと、

参考までに…と相談したかったのが、リヤバンパーにつく、スポイラーの修理。

ご自身で割れた箇所を直し、缶スプレーで塗装もしていたそうですが、口が開いてしまい何度もやり直ししていたそうです。

現在は生産終了しているため、同じデザインで部品交換はできません。

こちらも、修理方法などを説明して、ご検討いただくことになりました。


そして、

錆の修理でお預かりの日。

『ブログを見て、スポイラーも修理をお願いすることにしました!』

悩んでいたスポイラーも、お任せいただくことになりました。

出来るだけ綺麗な状態で、長く乗りたい気持ち、車と一緒にしっかりとお預かりします‼️


リヤフェンダー 錆修理


リヤフェンダーの錆は、まだ重症ではなく充分修理が可能な状態。

前側の錆は縦に長く進行が始まっていました。👇

👇せっかくなので小さな錆も。

後ろ側の少し大きくなりかけていた錆をしっかり落としましたご穴が開くほどにはなりませんでした。

防錆処理は、たっぷりと丁寧に行い、塗装します。

鉄板の表面もきれいに処理して

仕上がりもきれいに!

これで、しばらくの間は綺麗な状態を保てるでしょう!

錆は一度進行してしまうと、進む一方。強力な防錆剤でも、進行を防ぎ発生を遅らせることしかできません。

またまだ長く乗りたい予定の車は、大事に至る前に錆処理することをお勧めします😊

明日はスポイラー溶接修理の様子を公開しますね!

旭川から車検に来る理由とは

車検でお預かりしましたお客様、

旭川からわざわざ2時間近くもかけて

ご来店くださいました!

 

 

ちょっとマニアックな

テクニカルオートファンの方は気づいてくれるかしら!

 

そう!

すず です🌸

「お久しぶり~~~」

えへっ あはっ と相変わらず😊

 

旭川でも受けることができるのに、わざわざ車検予約をしてくれて、ありがとう!!

実は、常に2か月先まで予約でいっぱいの 伊藤(テクニカルオートの整備士)をご指名いただき、何か月も前からの約束でした。

 

 

エンジンのチェックランプが点灯してみたり

排気ガスが濃かったり色々ありましたが

そこは、絶大なる信用の伊藤さんにお任せ!

 

“ちゃんと寄り添って考えてくれて、きちんと安心して乗れる状態にしてくれる”

それが、遠くからでもわざわざ来てくれる理由。

 

しっかり点検を行い、

様子を見るところは相談をしながら

必要な整備を進め、

車検の検査は、梨奈ちゃんが担当!!

 

「いってきま~す」

 

すずには、一人のお客様として喜んでもらえるよう

みんなが 心を込めて 色々考えて 進めました。

 

今は旭川に住んでいて、たま~に札幌に帰ってくる すずちゃん。

車を取りに来てくれた時は、

みんなに旭川銘菓をお土産に わざわざ持ってきてくれました。

 

元々テクニカルオートで働いていた仲間たち。

職場を離れても、遊びに来てくれる人が多いです。

いつまでも仲間😊

と~~っても嬉しいです❤

 

大好きな人には喜んでもらいたい!何とかしてあげたい!って思うものです。
今年も、沢山の大好きなお客様と出会えますように。

毎日朝礼の締めくくりに言っている 「みんな大好き~!」

この気持ちで、今日も一日、過ごしていきます😊

車が長持ちする修理方法とは

今年2台目の大きい〜板金修理がありました。

前回はキャラバンのクォーター全面の板金でした。

👉キャラバン板金のブログ

今回は❗️

ハイエースの約3分の1の面接を板金で直します。

この広い範囲の損傷。

一般的には、お金はかかるけど作業的にも手っ取り早く簡単で綺麗な、クォーターパネル交換を勧められる事がほとんどですが、

この損傷はまだ修理が可能‼️

キャラバンの時と同様、

クォーターパネルは修理ができるものなら修理をした方が、この車の数年後を考えると絶対に良いのです。

溶接をしてしまうと、たとえ防錆剤をふんだんに塗布しても、溶接をして焼けてしまった鉄板の裏側から錆が出てしまう恐れがあるからです。

この車両は、就労支援を行う企業で沢山の人を乗せて毎日走る大切な車。

出来るだけ長持ちさせてあげられる方法で修理してあげたいです。

損傷の状態を出来る限り板金で元の位置、元の形に戻してあげて、錆び難くするプライマー処理をしてから、最終的に表面に出る仕上げとなるパテ付けをしていきます。

最初は広い範囲でパテを乗せていき、

このパテを、薄くきれいに付ける為に使うのがこのアイテム。

作業者が一番使いやすい様に材質、弾力、長さ、厚みなどを考えオリジナルに作った世界で1本のサシです。

パテ付けは、職人技。

広い面積ほど技術と経験が必要です。

と言っても、小さい面積でも美しく仕上げるには結構難しい作業なんですけどね!

要するに、誰でも簡単に出来るものでは無いということです😁💦

パテもその後の下地処理もきちんとひとつずつ丁寧に仕上げ、

塗装をして

し仕上がりはこの通り!

多少、パネルの表面に波が出ることもありますが、出たとしてもその波は微細なため、お客様にとってはよくわからないと言われることも多く、予想以上にきれいに仕上がったと喜ばれます。

お客様の使用方法を考え、この車を長くきれいに乗ってもらえる為に選んだ修理方法です。

今回パテ付け作業しました自分が、自分の車を直すとしたら、やはりこの方法を選びます!

駐車場は事務所の前です🅿️

待ちに待ってた物が届きました♥️

お客様の専用駐車場を設置するために

欠かせないもの!!

数年前に、みんなで駐車場に

『お客様』と書きましたが

▲なつかし〜い!

もう、その時のペイントもすっかり薄くなってしまい、字も読み取れなくなってしまいました。

 

構内に車がたくさん置いてあるため、

どこに車を止めたら良いかわからず

迷っている…そんなお客様の姿を見て

 

“こういうのがあったら良いね!”

 

と皆で相談をし、準備をしました♪

 

いよいよ設置❗

 

“配置はこんな感じかな?”

 

“このくらいの幅は必要だよね!”

 

 

打ち合わせしながら設置完了👏

 

▼こんな感じになりました(^-^)/

これでお客様も止めやすくなり一安心✴️

 

良かった~🤗