新車2年目 N-ONEサイドシル板金

『車をこすってしまったんです…』と、

インターネットの検索でテクニカルオートを知り、ホンダ N-ONE の修理について相談に来てくれた初めてのお客様。

 

車についた傷の場所は、ここ。

助手席側後ろのドア下と、タイヤとの間の部分です。

ですが、よ~く見ると

フロントドアの下(サイドシル)にも

こすり傷を発見…。

 

この”N-one“は、新車で購入してから

まだ2年しか経っていません。

綺麗に、安価で、直したいとのご要望❗️

 

サイドシルは溶接されて出来ているので、

もし、この部分を交換するとなると

溶接が必要です。

傷や凹みは板金で直し、

塗装はきれいに仕上がる最小範囲で!

 

ちゃんと、きれいに直りました✨

 

 

全然わからないでしょ😊👍

 

お客様も、とっても喜んでくださいました!

 

良かった~(^^)

フォレスター バンパーが無いから修理!

バンパーが大きく凹み、テールランプも割れている状態のフォレスター。

『バンパーは、取り替えたい』という理由は、右側の凹みだけではなく、中央より左あたりも、別の損傷で変形しているからでした。

 

まずはエコパーツをお調べしてみました。

取り扱い業者5軒が、一斉に全国手配で探してくれます。

テールランプは在庫発見!!☺

ですが、バンパーは在庫なし😩Oh…

 

その後、何週かに渡り探し続けましたが、

なかなか出てきません…。

新品交換もご提案した上、

やはり修理の方が安価になるので

 

よし、直すかっ!!!😁

 

全体の損傷が大きく広いのでパパッとはいきませんが、大丈夫です。

ちゃんと直ります。💪✨

 

まずはバンパー素材が柔らかくなるまで

適正温度で温めて、

ボコーっと凹んだ箇所を

ボコーっと出してあげる作業🎵

 

 

でも、ここまで凹みが大きいと

バンパーを温める面積が広くなり

温まるまで時間が掛かります。

 

そこは、ひたすら温める!!

 

良い感じに温まったら、中から凹みを押し上げます。 直接触ると熱いです。

強く折れている箇所もハンマーを使って凹凸を出来るだけ減らします。

もちろんこの時も、

裏からバンパーを温めながらです♪

うまく戻りました✨

仕上がりがピンときれいになるように

表面を整えてあげて、塗装までの下準備。

バンパー真後ろの傷と変形もきれいに直しました。こう見ると結構大きな範囲です。

 

塗装をして仕上げると、

あんなに大きな凹みがあったとは思えないほど‼️ 見違える仕上がり✨

右側のテールランプも、

きれいなリサイクルパーツで良かった😁

大満足でお納めする事が出来ました😊

フリード スライドドア鈑金

 

左スライドに傷と凹みが出来てしまったとご来店のお客様。

 

あら~…!!

傷と凹みを直すには広範囲💧

ドアは交換の方が良さそうです。

しかし、スライドドアを交換するとなると

新品の部品を使用する場合、未塗装での納品となり塗装も必要になり高額です。

今回は保険を使用しないため、

お客様負担の少ない他の方法で!

 

エコパーツ、同じ色で出てきたら、鍵の組み換えだけすれば良いから安く済むかな!

…と全国手配でお探ししましたが、

残念ながら そのまま使えそうな良品は見つかりません🙇

 

よしっ!!

じゃぁ何とか鈑金してみましょう💪✨

ドアの表面を見ると上から下までけっこうベコベコしています。

 

なるべく鈑金面積が大きくならないように最小限で!

あまり手を加え過ぎると鉄板が伸びてペコペコになるので要所要所におさえます。

パテ研ぎの時に大変な思いをしないよう 出来る限りの鈑金をしています!

 

うん!!良い感じです!

 

これならお客様も喜んで下さるはず☺

 

綺麗に仕上がって良かった~!

大切な車をお任せいただき

ありがとうございます😊

ボルボ リアゲート&バンパー修理

リアバンパーの修理でご来社頂きました

ボルボのお客様。

が!

洗車をするとリアゲートにも傷があることに気づき、リアゲートも一緒に修理をする事に。

 

先にリアゲートのボルボのエンブレムを発注して、エンブレムが入荷次第ご入庫となりました。

国産メーカーでしたら部品は直ぐに入る物も多いのですが、輸入車は時間がかかる物が多いです!

本国手配だと2、3ヶ月なんて事も!

運良く国内在庫でしたので、

1週間で入荷しました。

 

 

塗装を行う箇所を決め、縁取りは細かく丁寧に。

キワを出来る限り緻密に

隙間の状態を確認しながら

マスキングを行います。

エンブレムを外し傷をとりサフェーサーを塗り、紙貼りをして塗装です!

 

 

出来上がりました。

塗装後です!

 

洗車、最終点検をして、

エンブレムを貼り作業完了です!

傷は無かったことのように元通りです。

 

 

 

バンパー 割れ 樹脂溶接

ダイハツタントのリアバンパー。

亀裂をプラスチック溶接です!

しっかりパックリ割れています💧

この亀裂部分の裏側にアルミテープを貼ってしっかりと固定。

そして、表側を溶接していきます!

そして裏側も先程のアルミテープを剥がして、同じように溶接します。

 

割れは、よじっても、ねじっても割れないくらいにしっかり頑丈に直りました!!

 

表側を滑らかに綺麗にして、

下地処理をしていきます!

塗装するとーーこんな感じ!

 

喜んでくれるかな!

エンジン掛けるとバタバタ!原因は

お客様加入のロードサービス受付から電話が入り、

エンジンが掛からないという情報だけで、

レッカーで運ばれてきた車。

 

実際には、

『エンジンは掛かるけど、物凄い音がするので怖くてエンジンを掛けられない』とのことでした。

 

エンジンが掛からないのと

エンジンを掛けたくないのとでは

原因を探る上では全く違う情報です😅

 

エンジンを掛けると、あらららなるほど!

確かにバタバタと大きな凄い音。

これは恐いと思う…💦

 

スタッフ👩‍🦰が校内を動かすと、

あれっ⁉️ハンドルが重い‼️

 

👨‍🔧『これは…パワステベルトが切れてしまったかな?』

そう思いながら整備のドクター・イトーが👨‍🔧エンジンルームを覗き込むと

通常あるはずのパワーステアリングベルトか無い‼️💦

やっぱり🙁❕

 

そして、バタバタと鳴っているので

どこかに絡まっているはず〜〜と探します。

 

エンジンルームを上から覗いた状態ではベルトがどこにあるか確認出来なかった為

お車をリフトアップして持ち上げ、

車のお腹を保護しているアンダーカバーを取り外して、

下から見上げる形でチェック🔍👀

 

なんと… これは大変‼️😫

おそらく劣化したいたであろう、

ちぎれてしまったパワステベルトが

クランクプーリー(滑車)に巻き込まれ

その中心部にあるオイルシールを破壊していました💥

それによりエンジンオイルが漏れていて

周辺もベタベタになっています😭

 

こうなるとパワステベルトだけの交換では済みません。

 

 

お客様から伺った、最近のお車の様子は

『”キュルキュル”とベルトが鳴いている音を感じながらも、しばらくの間はそのまま走行をしていた』とのこと。

 

大きな修理に繋がる前に

変な音や、いつもと違った様子を感じた時は、早目に点検・修理を行いましょう✨

 

放って置くと

余計な出費に繋がってしまいますからね☺️☝️

駐車場でドアパンチされたかも?

スーパーで買い物が終わり、
車に戻ると、『え!?なにこれ!!』

リアドアに傷が!!

どうやって直せるか、
見てほしいとの事でご来店です

 

おそらく、この傷はだいぶん目立たなくなると思います。でも、凹みもあるので、そこは磨きでは直らない…

『いや!いいです

この傷さえなくなれば!』

 

 

ここかぁ~

 

 

傷ついて凹んでいます。

先ずは磨いてみて、そのあと凹みを見て我慢できるか考えてみましょう!

 

色々なアイテムを使って

何工程かに分け、傷を落とし、磨きます。

キズはきれいに無くなりました!✨

傷があると、傷に目がいって凹みは気にならない。でも、傷が無くなると、そこには凹みしか無くなるので、今度は凹みに目がいって、どうしてもそこが気になるようになってしまいます。

これで錆びたり おかしくなったりする事はないので、あとは気になるか ならないかです。

 

傷はなくなったけど、

今度は凹みが気になるかなぁーー?

 

車、大事にしてるからなぁ〜💦

 

トヨエースのインテークパイプ 樹脂溶接で復活

ポリバンス 樹脂溶接💨

 

トヨエースのエアーインテーク修理のご相談がありました。

お問い合わせは、

なんと群馬県から!!👀💥

 

車に関わる業者さんだったようで、お話を伺うと搬送車として使用している車両の部品とのこと。

新品は生産終了、中古も出てこないし、自分たちでパテを付けて何度か試してみたものの、

どうしても圧が掛かって飛んでしまう…と困っていた様です。

 

「どっかで直してくれないか~?」と

インターネットで検索をして、 北海道に直せるところがあるっぽい!

とご連絡をいただいたようです。😊

 

部品を単品でお送りいただいて、

まずは物の確認から!

届いたインテークパイプは中々の年代物。

何度も頑張ったパテが ついていました。

本来裏表両面からの溶接を行いますが、インテークパイプは筒状。

内側からはどうしようもないけど、外側から何とか補強してあげられるかも!!!

よし!何とか直してみるか💪❕

 

 

材質の確認は大切です。表記はPAG・・・

ポリアミド。ナイロン系の材質ですね。

 

まずご自身で処置されている部分の接着剤を剥がして綺麗にします。

足付をしてしっかり溶着するように!

 

割れているのは、turboの文字の下。

ここを塞いで、圧がかかっても空気が漏れないように、うまく溶接しないと、エンジンがちゃんと動いてくれません。

材質によって溶融温度が違うので慎重に!

 

完成~😊👏

素材そのままなので、ちょっと見栄えはコテコテしていますが、結構丁寧に何度にも分けて重ねて溶接したので大丈夫かと思います👌

 

搬送車を動かせるのを待っていると思いましたので、すぐに返送しました❗️

 

今頃、お客様の元に到着して、

搬送車に戻されている頃かと思います。

 

群馬県で、このインテークパイプをつけた搬送車が元気に動いてくれたら嬉しいなぁ!!☺️

ワーゲン ポロ バンパー修理

車をバックした際に電柱に接触してしまったので直したいとのご相談。

車は、フォルクスワーゲンのポロです。

 

見てみるとバンパーには大きな凹み…

でも、テールランプは無事だった!🙌

良かった。。。‼️💦

 

出来るだけ金額を抑えたいと仰っていたので

今回は、応急的な修理でがまんです!

 

ベコッと凹んでしまっている部分を

ぽこっと押し出し変形修正!

若干塗装が剥がれてしまっている箇所は塗装をせず、タッチアップで目立たなくする方向で決定✨

 

簡易的な作業ですが、遠目から見てもわからないくらいにまで修復出来ました!

 

バンパーそのものに、『えぐれ』や『割れ』『亀裂』などが無ければ、

このように金額を抑えて修理が出来る可能性もありますので

もし!気になる箇所がありましたら、

お気軽に相談にいらしてくださいね★

ジムニーのエアコンが効かない

エアコンが故障かなぁ〜?

と、ジムニーに乗り込み、点検。

『あぁ、風が出ない〜🤨』

JA11のジムニーには、よくあることなので

もしかして…と、点検を進めます。

 

そうそう、コレなんです。

【ファンモータースイッチ】

 

 

外して裏側のハンダ(留めている部分)をみると、 やっぱり!

配線1本が取れちゃってるし

もう1本はハンダが溶けて変な形に!

内部の接点で、熱を持ってしまったんでしょうね。

ファンモータースイッチを新品に交換して、修理は完了!

まだ、もう少し、

エアコンが必要な季節ですからね。

今年は残暑が厳しいので、

エアコンが効くとありがたい😄