事故修理が出来上がるまで~板金編~

前回は、入庫~修理着工までの流れをご紹介しました。
前回ブログはこちらから

入庫後、見積を取って、写真を撮って
保険会社に連絡をして、損傷確認が取れたら保険会社から着工OKの連絡が来てようやく着工~~ というところまでです。


さて、次は板金です。

ひとくちに『板金』とは言っても、修理にはいろいろな方法があります。

損傷の状態、保険使用有無により、しっかり直すか安価で直すか。
それにより全く違った修理方法となり修理期間も大きく変わってきます。

というわけで、車や損傷程度に合わせて、
最適な方法で元通りの形へ直していきます。

今回はパーツ交換ではなく、
板金においての修理方法について 大きく3種類に分けて
ご紹介しますね。


◆板金修理


ハンマリングで済む板金

車のパーツを交換せずハンマリングで直す方法。
これが、「板金修理」です。
仕上がり品質の差が出る、熟練の技です!

これぞ、ニッポン職人!


◆骨格修正


骨格が曲がってしまうと、全体に形が歪んでしまうため
そのままでは外装パーツを交換・取付ができません。
よって、曲がった骨を元に戻す治療が必要となります。
車両の寸法にあわせmm単位で修復が可能です。

グローバルジグ修正機による骨格修正

機械で自動的に直る物ではありません。
1台1台の状態を見ながら、
適切な方向に適切な力で適切な加減をもって修正します。

経験年数の浅い作業員には成しえない
熟練の技術を持った職人技と現代の最新設備での計測を融合して実現できる修理方法です。


◆溶接修理


屋根やリヤフェンダーなどボルトで止まっていないパネルの交換を行う場合は
溶接でつなぎ合わせます。

外板パネルを切断カットして溶接


スポット溶接


半自動溶接

溶接にも色々な手法があります。

最近は、溶接の場所や溶接方法の種類が指定された車も多くあるんですよ。


 

このような流れで、形を戻す修理をしていくところまでが

『板金やさん』が担当するお仕事です。

 

 

次回は、塗装工程と仕上げ工程、そして整備部門と、順番にご紹介しますのでお楽しみに!

事故修理が出来上がるまで~入庫から着工まで~

大切な愛車を事故で傷つけてしまい修理工場に入庫したとき、どのようにして修理をしているのでしょうか?

今回は第1弾! 入庫から着工までの工程をご紹介します😊


◆車の修理 入庫から着工まで


①お車のお預かり
②お見積り作成&写真撮影
③保険会社の損害確認と着工確認
(保険会社OKの返答を待つ)
④作業指示書発行
⑤必要部品拾い出し・分解確認
⑥部品発注
(場合によっては部品入荷を待ってからの着工)
⑦板金・修正などの修理着工


見積作成・損傷部位確認


まずは入庫後、損傷部位を確認し、見積を作成します。
その際、保険修理の場合は 保険会社提出の為の損傷部分の写真を撮ります。

この時、新しい傷か、時間が経っている傷かを判断し、
傷の入力方向なども見て、
事故により損傷を受けた個所を詳しく確認します。

作成した見積書と修理内容を証明するための写真を添付し、
保険会社に損害確認をしてもらいます。

 


保険会社との連携


事故の状況と損害状態、または保険会社により、
写真と見積書で修理着工OKの確認が取れる場合と
車両調査専門の『アジャスター』と呼ばれる人が 実際に車を見に来る場合とがあります。

テクニカルオートでは、年間1000台の事故車の修理を手掛けているので、
正しい見極めと、正しい判断ができるため、
保険会社との信頼関係もあり、修理着工までの確認がスムーズに進みます。

 

保険会社確認ののち、工場に修理着手の指示が出ます。

 


部品出し(必要部品の確認)


工場では必要な部品を揃える為に、一台一台交換が必要な部品をチェックして大きなパーツから小さなビスの一つまで、細かく確認して発注します。

損傷がひどく裏側も確認が必要な場合は、バンパーなどの外装部品を外してチェックします。

部品は各自動車メーカーの部品販売部門にて管理をしており、
札幌・苫小牧・メーカー保管・受注生産など1点1点在庫状況が異なります。

必要な部品が入荷して揃ったら、いよいよ修理開始です。

作業指示書に従い、修理車から部品を外していきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてようやく、板金の工程に入ります。

次回をお楽しみに!

世界に一台の車が…!デリカD:5 雪に負けたカウルトップ

『ワイパーの所が、なんかオカシイ』

以前、お店のパンフレット撮影用にと全塗装をしたデリカD:5

見てみると、ワイパーカウルの真ん中辺りが少し変形したように下がって、

隠れているはずのガラスのフチが見えている状態。

🤔なんだこりゃ

何日かの間、駐車場に停めたままにしていたところ、雪が落ちてガラスの上に溜まっていた とのこと。

時間はあると言うので、

すぐに、工場に入れて点検しました。

ちょうど工場の人たちが全員集まって打ち合わせをしていたところだったので、最初3人だったスタッフが、

1人増え、また1人増え…。

クリップを外して止め直そうとしたところ、元の位置に届かない。

あれれ。

ワイパーを根元から外し、

ワイパーカウルも全部外し、

 

こっちチームは、カウルトップの変形を確認🧐

あっちチームは、カウルが壊れていないか点検

 

取り付けの土台となっている内側の骨みたいな部分の変形を簡易的に修正!🚙💖🔨〃

これでどうだ!

着くか?

こっちいい感じ!

あ、いいんじゃないか!

っていうか、

手、ありすぎじゃない!? 笑笑

無事、修正完了!! 😄

『なんか、簡単に直らなそうだから

テクニカルオート行かなくちゃと思って、来ちゃった😅来てよかった😊』

デリカD:5 マットグリーン&マットブラックの2トーン塗装

『よく、世界で1つしか無い車だよねって言われます。』

マットグリーン&マットブラックの

2トーン塗装。

長く、カッコよく、走ってくれますように😊

リヤ事故 クォーター交換 職人技

フィットのリヤフェンダー損傷。
事故による損害です。

バンパーやリヤゲート、他にもいろんなものを外して
裸の状態に。(*ノωノ)

フィット リヤフェンダー損傷

ナンバープレートを外すためには封印も外さなければなりません。
テクニカルオートは、特認一種という工場の特別な資格があるので、
封印を外しても、また新しい封印を取り付けることができます。

タイヤの上のパネル リヤフェンダーがボコボコと広い範囲で大きく歪んでいます。

ボルトやビスで固定している部分ではありませんが、

交換することができるんです。

どうやってするかというと、

切っちゃいます。

フィット リヤフェンダー交換

今回、外側のパネルは交換でものすごく大規模修理に見えますが、

骨格の部分は 板金で直すことができる位の損傷で済みました。

硬い骨格!

こんなに ぐにゃっと曲がった所でも、上手に直す技術があるんです。

フィット メンバー板金

きちんと寸法通りに!

見えないところを確実に直す。職人の拘りと技術です。

フロント損傷100万円以上・・・

フロント右側が大破の車です。

足廻りも損傷、骨格も大きくゆがみ、
外装パーツをただ、交換するというだけでは済まない損害です。

 

なぜ、パーツ交換だけでは済まないのか?

☟こちらをご覧ください

エンジンも降ろして、骨格だけにして、 あるはずの骨が無い状態。
こんなところも交換することができるんです。
そして、全体に歪んでしまっているので、波及した箇所まで
本来の寸法に戻るように、修正してあげます。

こういった部分が、大きくなってしまうため、
『適当でいいから走るだけでいいからとにかく安く直したい」という時には
想像以上の金額が掛かってしまうのです。

ちなみにこのお客様は、リサイクルパーツを使用しても
100万円以上掛かってしまう修理費用となっています。

 

ケガが無くて良かった・・・!

保険に入っていたから、大好きな大事なこの車を修理することができました。

最近、道路は滑りやすくなっているので、くれぐれもご注意くださいね!!

ドアの内側シーリング

今年も残りわずか。

年内に納められる車の修理は、順調に進んでいます✨

混んでいても、仕事は丁寧に!

ドアの内側をシーリングしている様子です。

新品のドアを塗装する前に、

鉄板の会わせ目はシールを入れて

新車の時と同じように仕上げていきます。

シールの乗り方も、美しく✨

これも、ひとつの技です😊☝✨

こういうところも、拘っちゃうんですよね~

 

何とか、直したい。BMW板金塗装

LINE @からのお問合せです。

【板金塗装の料金を教えて下さい。】

添付されていたのは、広い範囲で凹んだBMW のフェンダーの写真です。

先ずは写真での判断で、板金塗装で修理の場合と、車両情報がわかればecoパーツを探してみることができるご提案をしました。

実際にご来店いただき、お預かりすることになりました。

が……。

先にecoパーツを探してみた方が安価で済みそう…と思ってはみたものの、

取引業者総当たりで全国手配で探しましたが“在庫なし”。

ということで、板金で直すことに決定!

写真で見たよりも、実際の凹み方は大きく『これは、直しがいがある🤨🌟』


フェンダー板金・塗装


さぁ、どんな風に直っていくのか!

安価で仕上げる為、フェンダーは取り外さず、そのまま直します!

▼必要最小限の部品を取り外します

▼板金にて変形修正完了!すごーい🙌

▼板金で叩いた箇所を研いで

▼形を更に美しくなるようなめらかに

▼パテはできるだけ薄く、下地作りは丁寧に

▼パテ研ぎ終了!

▼サーフェーサー塗布。次は塗装!

もう、形は出来上がってます。

▼塗装完了!

ボンネットは塗装してません。

▼もう一度、修理前の写真

きれいになりました!!😊

出来上がり、喜んでくれるかな!!

明日の夕方までに直したい!

明日の夕方までに修理してほしいのですが・・と夜に来社されました。

どうしても明日1日で。

きっと何か事情があるに違いない‼️

もちろんハイ喜んで!

代車がなかったので、地下鉄を利用してくれることに。小雨が降るなか寒そうだったので駅まで送ってきました

💧☂️💧


👨早くきれいに直したい。

出来るだけ安く。

パールの入った色だけど出来るのかい?

👩色は大丈夫です!

きれいになりますよ。

ただ、きれいにとなるとバンパーを外して1本全体を塗装する方法になりますが、安価にはなりません。

部分的に塗装するとお安くはなりますが、経年で塗った境目がもやもや~っと、わかるようになる可能性があります。黒い色は特に。

部分的に塗装しても、修理直後は全然分からないようにはなりますけどね!

👨何年か経ってからでしょ?何年かしてから考えればいいや!

じゃあ、部分的で!明日までできる?

👩はい、明日の夕方まででしたら!

…ということで。


⚫バンパー部分修理・塗装


▼バンパーが少しエグれています(>_<)

線傷だけではないので形の修復も必要です。

傷を落としたあと、えぐれてしまった所の形をきれいに戻します。

▼パテで形成

パテで形を作ってから研いで平らにして…

▼サフェーサーを入れて塗装です

▼サーフェーサーも研いでマスキング

▼調色の様子 あ…バレた📸

こっそり撮ろうと思ったのに(笑)

色は配合して車体に合わせて作ります。

▼塗りました✨

▼これで、傷は、無かったことに!?

ほら!分からないでしょ~✨

任務完了!!

お約束通り、お仕事から帰ってくるときには乗って帰れるように仕上げておきました。

もちろん、手荒い洗車もね!😊👍✨

お役にたてたかしら❤️

よかった!

GTR錆修理 ③


●溶接編


🔸型取り

切り取った箇所に合わせて鉄板を作ります!

▼これは紙ではなく鉄板です

▼車体に合わせて型を取り鉄板を切る

🔸溶接

いよいよ溶接です!

真剣な表情!

カッコイイですねーー(^_^)

▼溶接終了!

🔸プライマー

溶接が終わり、プライマーを塗布しました。塗装の前の防錆です。

少し形になってきましたね(^_^)

次回は塗装編で!!

お楽しみに(^_^)

車に優しい引出し板金

車のボディは、ほとんどのパネルが鉄板で出来ています。

鉄を扱う鉄人は、鉄に優しい修理の仕方をするんです。

今回紹介するのは、助手席側のリヤドアからリヤフェンダーにかけての損傷。

※リヤフェンダーとはリヤタイヤの上のパネルです

リヤフェンダーの、タイヤ前側の細い部分が変形しているので、そこを直します!

先に、おおかたの傷は取りました。

リヤフェンダーは構造上、袋になっているので、裏側に手が入らない為、裏から押さえて表を叩きながら直すというやり方は出来ません。

叩けないので、引っ張ります。

▼こんな道具を使います。


⚫接着引出し板金とは?


鉄を溶かさず、鉄と工具を、溶かした半田を用いて接着し、複数回に分けて引っ張り出す修理方法です。

接着力は強力ではありませんので、強い力で引っ張ると外れてしまうことがあります。

でも、鉄の性質をそのままに修理ができるので、鉄に優しいのです。

一方、溶接の場合、

溶着力は強力で修理しやすいのですが、火で鉄を溶かしてしまうため、鉄の性質が変化し錆を引き起こしやすくするデメリットがあります。

後々の錆は嫌なので、修理する部分の硬さや変形の程度等により方法を変え、出来るだけ、鉄に優しい直し方をしています。


⚫接着と引出し


先ずは、引出しのポイントを決め、

引出しに使うアタッチメントの形と大きさを選び、

引き出す方向に最適な角度で、

半田を溶かして接着します。

適当ではダメなんです。

一つ一つに知識と技術がいるんですよ✨

しっかり接着されたことを確認して、

▼工具をセット!

引き出す準備ができました!

何度か、引く強さを加減しながら

コーン!コーン!と引き出します。

一言で、『鈑金』と言っても、

たくさんの道具があり、色々な直し方、色々な工夫があるんです✨

長年の経験と技術、

新しいものに対応する知識と進化、

これらを融合して、私たちは

沢山の人のお役に立っていきたいです。