キャンバーボルトが外れない⚡️🔩

 

時々、お問い合わせを頂く中であるのが、

『自分でやってみたが上手くいかずどうにもこうにもいかなくて💦』

と、お車をいじるのが好きでDIYしているお客様からのヘルプのお電話📞

 

今回は整備のヘルプのご連絡でした💡

 

どんなご相談かというと、

足回りの調整をする為、キャンバーボルトを社外のものから純正のものに

交換しようと思ったが、片側だけどう頑張っても外れない😭⚡️

との、ご相談でした💁‍♀️

 

キャンバーボルトとは、サスペンションとナックルを止めているところのボルト🔩

▲矢印で示したところです💡

 

どれどれ❓と、状態を見てみると

錆がひどく固着してうんともすんとも動かない・・・

これは、お客様の手の力だけでは取るのは難しいはず💦

無理くり力ずくて外そうとしたら、ボキっと折れてしまう可能性が大❗️💦

折れてしまったら大ごとです😱

 

こういうボルトが固着した場合、バーナーで熱を加えてあげると外れやすいのですが

ここは足回り💡すぐ近くにはブレーキオイルやエンジンオイルが🔥

 

そこで、ボルトの周りだけを局所的に加熱する機械で

白い部分が円になっていてボルトの周にフィット💡

じんわり熱を加えます・・・

赤くなってきた👀✨

十分に温まったところでハンマーで叩く🔨⚡️

これを何度か繰り返し・・・

外れました🙆‍♂️🙆‍♀️‼️

 


 

錆びている部分をペーパーで削り

綺麗にしたら・・

▼新しい純正のボルトを差し込んで交換😉♻️

 

無事折れることなく外れてよかった〜💓

や〜助かった〜〜‼️と、お客様も大変喜んでおられました☺️

 

困った時のテクニカルオート🚗😊👍

ご自身で色々DIYをして、アドバイスや手助けを〜❗️

ということがあれば、お気軽にご相談くださいね

 

サイドシルの凹み。交換ではなく板金で直そう💪✨

 

『いつぶつけたのか分からないのですが気がついた時にはこんな状態だったんです💦』

と、アクアに乗っていらしたお客様👩

 

車の状態はというと・・

ドア下のサイドシルというパネルが広範囲で凹み

上の方は錆が出てきています😢💦

錆が出てくるまで気づかず、錆を見て凹んでいることに気づいた様子💡

 

サイドシルは他のパネルと違い、鉄板がすごく硬いので

板金するのが難しいことが多く、交換と判断されることがほとんどです💡

今回も交換をするお話でお車をお預かりしました🚙

 


 

お車が入庫して、板金屋さんが車の状態を再度確認👀

表面の塗装を削って見てみると、思いのほか錆が鉄板の深くまで広がっていないことが判明✨❗️

👨‍🔧『これなら交換せずに板金で修理できそうだよ👍✨』

と、心強いお言葉が☺️💓

 

サイドシルのパネルは後ろ側のフェンダーまで繋がる大きなパネルなので

新しい部品を必要な箇所でカットして溶接して・・と交換するため、

どうしても先々接合部からの錆が発生してくるリスクが💦

板金で修理を進められると車体にとっても、ご予算的にも大分抑えることができます🙆‍♂️✨

 


 

表面の塗装を研いだら

ハンダを使って凹みを引き出します💡

サイドシルの硬いパネルを引っ張り出すため

面の広い工具をハンダでくっつけて強力に引き、大まかな凹みを出します💪

▲作業後

その後細かいラインなどを調節するため少し小さい薄い鉄板を

ハンダで溶接し、同様に引っ張り出します💡

後は表面の凹凸を整えて板金作業から塗装の工程へと移ります🏃‍♂️

 

サイドシルの凸凹している表面を元の形に形成する板金パテをのせ硬化

⬇︎

表面を綺麗に整える仕上げパテをのせて硬化

 

そしてボディ色へ塗装して・・・・

塗装完了🙆‍♀️✨‼️

 

後は、外したドアパネルを元に戻してあげて洗車・点検をしたら作業完了😊

 

当初は交換で進める予定だったため、ご予算的にも負担の大きくなることから

不安に思っていたお客様も、この仕上がりと予定よりも安価で修理ができたことに

とっても嬉しいですと、ご満足頂けました☺️🍀

 

見つけてしまうと気になる・・小さな傷のタッチアップ🖌✨

 

LINEからのお問い合わせでご相談のお客様が

来店されました💡🚙

 

その修理のご要望はというと

右のリヤドアのふちに2箇所小さな傷が🔍👀

新しいお車で、いつできたか分からないが

見つけてしまって、気になって気になって・・💦

 

タッチアップで済ませるか、部分的に塗装できるか

とのご相談でした💡

 

すぐに塗装屋さんに見てもらい、傷の位置、状態から

今回はタッチアップの方が目立たずに綺麗にできると判断👍❗️

 

こちらのお色は、ホワイトパールだったため

すぐに調色をして白とパールの2層でタッチアップをします

 

眼鏡をかけ👓目を凝らしながら

細ーい筆の先端で丁寧にタッチアップ

 

あまり塗りすぎるとボテっと塗りました感がでてしまうので

傷が隠れ、表面が凸凹しない程度の加減で色を載せます❗️

 

▼完成したのがこちら🙌

ご覧の通りどこに傷があったのかよーく見ても分からないくらい

目立たなくなりました😊👍✨

 


 

実はお客様、テクニカルオートからは1時間くらいかかる遠方から

わざわざタッチアップのために来てくださったんです。

ここへ来る途中にはいろんな工場があるはずなのに🙇‍♀️

本当にありがたい事です✨

 

以前自分でタッチアップをした際、失敗をしてしまってとても後悔

したことがあり、今回はプロに任せよう❗️との理由で、テクニカルオートに来てくれたのでした💓

 

今度はルーフキャリアも取り付けしたい予定がありそのご相談も頂きました💡

また近いうちにお会いできるかもしれません☺️

 

仕上がりにも満足頂けたようでよかったぁ😊🍀

交換では無く「修理」で!

保険会社さんからのご紹介で アクアがご入庫🚙

助手席側のリヤドアからリヤフェンダーにかけての損傷です。

凹み具合も大きな物でした。

交換❗️とも判断出来るくらいですが、車に優しい方法を考え 板金修理🔧 で進めることに💪

 

____________________

リヤフェンダーは構造上、袋になっているので、裏側に手が入りません🙅‍♀️

なので叩いて形を戻すという作業では無く、凹みを表面から引っ張って出してあげる方法になります

 

▼使用するのはこちらの道具

引出しに使うアタッチメントの形と大きさを選び、引き出したい方向を定め

角度をみながら半田を溶かして接着します。このように👇

そして引っ張る為の工具をセットして、エイッ‼️

引く強さを調整しながら✌️

 

もう一箇所の凹みも同様に修正しています👇

 

それぞれのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい修正をしていきます!

 

2種類の板金作業を経て凹凸が元通りになった状態がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないようプライマーを塗布し

パテなどの工程で下地作り。

 

最後に調色した塗料をボディに乗せて・・完成😆✨👏

綺麗に直りました👍♬

 

お返しの際には、タブレットを用いて修理の様子をご紹介💡

仕上がり具合にもご満足頂けた様子で安心しました😊

大切な車 まだまだ乗りたい❗️✨

 

先日お預かりしたお車コルトラリアート🚗

屋根のふちに錆ができてしまったとのことで

修理のご相談でした💡

 

ご来社頂き、状態を見ると

このような感じぷくぷく浮き上がっていました💦

テクニカルオートへ来る前に、別なところでも

ご相談されたそう💡

そこでは、屋根をなおす際にガラスを脱着するのですが

実はガラスの一部がこんなふうに剥離しているため、

フロントガラス交換も必要で高額になるから乗り換えを強く勧められたそう💡

でも、お客様はこのお車にすごく思い入れがあり

できる限り乗れるところまで乗ってあげたい、まだ乗りたい😢というお気持ちで、

テクニカルオートに来てくださったのでした☺️

現在の走行距離が26万km👀✨大切に乗ってきたんだなというのがお車を見て

すごく感じられました😌💓

 

確かのフロントガラスの脱着の際のリスクはあるかもしれない、

でも、一かばちか予算の中でなんとかやって見ましょう💪✨

と、修理をすることとなりました❗️

 


 

まずは、問題のフロントガラスの脱着から💡

 

ガラス屋さんもドキドキしながらの剥離でしたが

無事ガラスが割れることなく取り外しができました👏🙆‍♀️

これでだいぶん費用は抑えられます😊💡

 

そして、錆がどの程度広がっているかも心配でしたが

思いのほか狭い範囲で留まってくれていました🙆‍♂️

 

次に、天張をはぐってアンテナを外して

 

サビの部分を丁寧に削り落とし

錆を落としたところから再発するのをできる限り

最小限に抑えるため、プライマーをすぐに塗布💡🖌

その後、塗装する部分の表面を整えるため研磨

 

その間に塗装するお色を調色して作成します🌈

このお車はご覧の通り、赤いお車🚗

赤いお色はどうしても経年的なもので陽の光の当たるところから

退色していきます💦

 

屋根はもっとも陽の光の影響を受けるため

朱色のようにオレンジがかったお色に💡

リヤゲートのパネルと比べると一目瞭然👀

同じ車両、同じ赤でもこんなに色味の違いが出るんです💡

なので、きちんと現車を見て調色をせずにやろうとすると

パネルごと色の違うチグハグな車になってしまうのです😱

 


 

お色が完成したら塗装をかける前の最終工程

サーフェーサーを塗っていきます💡

お色が塗りあがったら

ルーフ全体を磨いて仕上げていきます🌀✨

 

最後に取り外したガラスとアンテナ、ルーフモールは新品で交換して

完成😄🎉‼️

空が反射して鏡のように雲が映っていますが

そのくらい綺麗になりました☺️☀️☁️✨

 


 

ガラスを交換せずに済んだこともありご予算の中から

追加でずっと気になっていたドアミラーのクリアはげも綺麗にしたいとのことで

ついでに、ドアミラーカバーも新しく交換♪

 

納車の際には、一度は乗り換えを勧められ悲しい気持ちでしたが

綺麗に蘇り、戻ってきた車を見て

『30万km目指しますっ‼️✨』と、とっても嬉しそうでした💓

大切にしているお車とまだまだいろんなところへ行って

思い出をたくさん作って頂けたら嬉しいな👩

ランクルのクォーターガラスふち錆修理🚗その❶

 

春の終わり頃、ランクルに乗ったお客様が初めて

テクニカルオートにご相談でいらっしゃいました😊

お話を聞くと、いろいろな箇所が気になっているとのこと・・

『でも今1番気になるのはここなんです』

クォーターガラスの枠の部分

ここが錆びてこんな風に👇

左も

右も💦

 

『実はもう2回くらい直しているんです😢』

錆は一度出てしまったら再発することは分かっていて

再び錆が出てくることは承知の上で、

腕の良い板金屋さんに直して欲しいと思い、

テクニカルオートを選んで来てくださったそうです🙇‍♀️✨

いろんなところを直しながらまだまだ乗りたいんだということもおっしゃっていました☺️

 

 

作業の予定を組み、部品を手配して準備を整え、

後日改めてお預かりするお話となりました🍀

 


 

では修理を始めます🙌

まずはクォーターガラスを外すところから💡

ガラスを外していると

あれっ

モールを外すと中には両面テープが

モールやガラスにはコーキング剤がこびりついている・・👀

 

実は、過去の修理の際に、モール類を取り付けるとき

ガラスがきちんとハマらないからと、隙間を埋める意味でコーキング剤を塗って施工されたそう💡

これが直接の原因とは言い切れませんが、少なからず水や埃が流れずにせき止められて

溜まってしまうため錆が早く再発してしまったのかもしれません💦

 

今回はきちんと正規の方法で取り付けはできることがわかったので

錆修理が終わったら、元々の車の状態に戻してあげることとなりました💡

 

▼ガラスを外してみると

こんな具合に、外側から見えていたよりも広い範囲で錆が進んでいました😣

 


 

錆を落とすため、関係のない部分は汚れたり、傷ついてしまわないよう丁寧に

養生します💡ガラスの周りのため外側と室内側の両方から💡


 

大まかな錆をベルトサンダーで落とします🌀

右は太一さん

左は荒木さんと2人同時で作業します

▲ベルトサンダー後

次は、もっと細かいところまで錆を落とすため

サンドブラストで錆を飛ばしていきます💨

機械に砂をセット😄

サンドブラストをかけるとみるみる鉄板が剥き出しになり

シルバー色に変わっていきます💡

ものすごい量の砂が舞い散るため工場内はたちまち真っ白くもやがかかったように☁️

▼サンドブラスト後

剥き出しになった鉄板が錆びてしまわないよう

すぐにプライマーを塗布して乾かします☀️

 

この後は塗装の下地作りへと進んでいきます😉👍

まだまだ長くなってしまうので

続きは月曜日にご紹介させていただきますね💁‍♀️❤️

お楽しみに☺️

車が一瞬で若返った⁉️✨

 

愛着のある車・・

洗車をするたびに目につくと気になる・・

 

年数を重ねて乗っていると気にされることも多い

ヘッドライトのくすみ・黄ばみ😭⚡️

それから、

●ワイパーの付け根のあたりのカウルトップという樹脂の部分が白っぽく変化し、光沢がない😭💧

 

ヘッドライトは車検の検査時にもくすみが原因で高度が足りず

車検不適合と指摘されることも多い項目です💡

 


 

そんなお悩みもテクニカルオートでは解決することができます💪

ヘッドライトの磨きは、簡易的にするものから本格的に機械を使って作業する方法もあったりと様々💡

 

今日紹介するのは、簡易的な方法🙌

▲磨く前

▲運転席側のライトだけ磨いた状態

比べて頂くと磨いていない方のライトと透明感が違いますよね💎✨

 

これは機械は使わずに手で研磨剤を使って磨き、

その後、透明感を長持ちさせるためにコーティング剤を塗布しました😊

 

ヘッドライトはライトをつけた時の熱や太陽の熱で樹脂の成分が滲み出てきてしまうために

黄ばみが発生します💡

磨くだけではなくコーティングを塗布することで膜が作られ

少しでもこの透明感を長持ちさせることができるのです💁‍♀️❗️✨

 


 

続いては、カウルトップのくすみ🙌

右側がコーティング剤を塗布する前のカウルトップ

左側が塗布した後のカウルトップ💡

 

元々は左側のように黒さが際立って光沢があるパーツですが

経年的な樹脂の劣化でだんだんと白っぽくすすけてきてしまいます⚡️

ぬりぬり・・・👋

▼全体的に塗布した後✨

 

コーティング剤をムラなく塗布してあげることで

元の状態のようにツヤツヤに💁‍♀️✨

 

 

気になる方はぜひ一度お試しください♪

※ただし、ヘッドライトの劣化の状態によっては黄ばみ全てを取りきれない場合もございます。ご了承下さい。

エアコンが効かない・・今回の原因は❓

 

今年の夏はムシムシ暑い日が続きますね〜💦☀️

そんなある日、女性のお客様がご来店👩💦

見るからに困っている様子💡

 

どうされたのか伺うと『エアコンが効かないんです・・😭💦』

他社でエアコンガスを入れたがそれでも効かないと・・

車の窓は全開で、お出ししたお飲み物も一気飲みしてしまうほど

暑さに困っていらっしゃいました。

いらして頂いた際、整備士は作業中でしたが、

困っている様子からまずは状況確認💡

 

数分後・・・・すぐに原因がわかりました👀❗️

原因はコレ👇

タコ足コンセント

・・・ではありません😄

エアコンコンプレッサーリレーです💡

 

エアコンコンプレッサーというエアコンガスを圧縮させる機械、

これが駆動しないとエアコンは機能しません👨‍🔧

コンプレッサーを動かすためのにはエアコンガスと電気が必要ですが

その電気を通電するための継電器がエアコンリレーです🚗♻️💡

 

部品は在庫していないため、手配が必要ですが、来るまでの間が暑くて乗るにはツラい・・

そんな中、整備士の宝箱の中に奇跡的に古いリレーが

壊れているわけではないので、部品が届くまでこれを取り付けしてお帰り頂く事に☺️

 

『えっ❗️❓もうエアコン効いているんですか❓❗️嘘ぉ〜すごい✨』と

とっても感動し喜んで帰られました🚙💨✨

 

 


 

そして後日・・・☀️部品が入ったのですぐに📞し、交換します♻️

 

ちなみに今回のお車はスズキのワゴンRです😊

ボンネットを開けたこの位置に様々なリレーが入っているケースがあります

ケースの蓋を開けたところにたくさんリレーが刺さっています💡

今回交換するのは白い、こちらのリレー💁‍♂️

コンセントのように差し込んであるものを引っ張って外し

新しいものに交換してあげて作業完了🙆‍♀️

バッチリ😍✌️キンキンに冷えています🎐✨

 

終わりましたよ〜っとお声がけすると

深々とお辞儀をして、『本当にありがとうございました❗️

この間、ものすごく暑くて辛くて本当に助けられたんです✨

すぐに対応して原因も突き止めてくれて✨とっても助かりました🙇‍♀️‼️』

と、たくさんのお土産までお持ち下さり、喜ぶ姿と嬉しいお言葉を頂きました🍀

 

お客様のお困りごとの手助けをすることができ、

こんなにも喜んで頂くことができ、こちらとしても

とっても嬉しく、良かったなぁっと思った出来事でした☺️🌈

 

 

 

アルファロメオ クォーター〜ドア修理🌈✨

 

ある日修理のご相談にいらしたお客様👩

お車はアルファロメオのジュリエッタというお車です🚗💡

 

右の後ろ側のドア〜クォーターにかけての傷を直したいとのご相談でした👨‍🔧

▲丸で囲ったココの部分

▲拡大🔍白く削れていますね💦

 

ここの部分を修理するとなると、

クォーターからドアにかけて貼り付けてあるステッカーを剥がす必要が・・

お話を聞くとステッカー自体はご自身で購入し貼り付けのみ工場へお願いしたそう💡

ただ、今回はご予算との兼ね合いもあり、

ガラス部分のモールやステッカーは外さずに修理を進めることとなりました🙌

 


 

まず、表面の傷を拾って削ったらより深く傷が入っていたクォーターは

板金パテを乗せ元の形を形成していきます💡

遠赤外線を当て十分に硬化させます☀️

次に表面を整えるため仕上げのパテを重ねて硬化したのち

ペーパーを使って研磨していきます🙌

このように手で表面の状態を確認しながら整えていきます😊

今回ステッカーは外さずに塗装をかけるため

ステッカーの形に合わせマスキングテープで丁寧に養生をして作業をしています👍✨

傷の部分だけではなくドア1枚に塗装をかけるためドア全体も塗装の準備💡

パテの作業が完了したら塗料の密着を良くすること防錆の効果もある

サーフェーサーを塗布してあげます🙆‍♂️

この後、ブースに入れて塗装をして・・・

 

 

完成‼️✨

室内外ピカピカに洗車をして無事に元通り綺麗な状態へ復活💪✨

とても仕上がりに満足頂けたようで良かった〜🌈

 

フィット クォーターパネル交換 

 

ある日レッカー搬送され入庫したお車フィット🚙

右の後ろから突っ込まれてリヤガラスが割れ走行不能になって運ばれてきました😢

 

バンパーを外してみると車の後ろ側のフレーム(バックパネル)まで

損傷が波及していました💦

今回はバックパネルを板金修理をして、クォーターパネルは交換です🙌

 

クォーターパネルの交換、それはクリップやビスなどで留まっている箇所ではないため

簡単ではないんです👨‍🔧

 

クォーターパネルは外側と内側の2枚合わせになって溶接でくっついています👏❗️

そのスポット溶接されている部分をドリルで揉んで外します🌀

 

▼別な車両ですが、こんな風にたくさんある溶接部分を1箇所づつ外していきます。

この動画は以前に、代車の修理をする際、ドリル揉みを体験させてもらった時のものですが

ドリルの当てる角度や、力加減のすっごく感覚を掴むまでが難しかった‼️😱✨

 

工場の方がスンスンっと次から次へと外しているのを見ていたので

てっきり簡単にできるのかと思ったらそうではなくびっくりしました👀

やっぱり職人さんってすごい😍✨✨

溶接部分を外し終わったら、交換部分を切り取って除去します✂️

切り取ったところに新しいクォーターパネルを再度溶接するため、

新品のパネルから必要な部分のみ寸法を図りカットします✂️

まるでパズルのよう🧩失敗は許されません🙅‍♂️集中〜❗️

ピッタリ新しいパネルに交換できました

写真に見える点々がスポット溶接の箇所です🔍😊

 

▲一人がクォーターの塗装前の準備、もう一人は他の修理箇所の作業を同時に

チームワーク良く進めていきます👍✨

 


 

この作業の後、新品のクォーターパネルは未塗装で届くため、ボディ色に塗装をかけ

その他の損傷箇所のパーツも塗装・交換をして

※保険修理のため、確実に部品交換をしたことを示す写真も撮ります📷

 

最後にクォーターガラスをはめて完成です🙆‍♀️✨

※緑のテープは接着剤を密着させるため一時的についています。

 


 

こんな風に1台1台細かい作業を繰り返しながら、お客様が安全に乗ってもらえるよう

日々丁寧に作業を進めています😊

事故がないことが1番ですが、万が一の時は安心してご相談下さいね🍀