フリード スライドドア鈑金

 

左スライドに傷と凹みが出来てしまったとご来店のお客様。

 

あら~…!!

傷と凹みを直すには広範囲💧

ドアは交換の方が良さそうです。

しかし、スライドドアを交換するとなると

新品の部品を使用する場合、未塗装での納品となり塗装も必要になり高額です。

今回は保険を使用しないため、

お客様負担の少ない他の方法で!

 

エコパーツ、同じ色で出てきたら、鍵の組み換えだけすれば良いから安く済むかな!

…と全国手配でお探ししましたが、

残念ながら そのまま使えそうな良品は見つかりません🙇

 

よしっ!!

じゃぁ何とか鈑金してみましょう💪✨

ドアの表面を見ると上から下までけっこうベコベコしています。

 

なるべく鈑金面積が大きくならないように最小限で!

あまり手を加え過ぎると鉄板が伸びてペコペコになるので要所要所におさえます。

パテ研ぎの時に大変な思いをしないよう 出来る限りの鈑金をしています!

 

うん!!良い感じです!

 

これならお客様も喜んで下さるはず☺

 

綺麗に仕上がって良かった~!

大切な車をお任せいただき

ありがとうございます😊

GT-R メーターパネル取替

先週、GT-Rをお預かりして

メーターパネルを交換しました。

 

 

NISMO製✨

私の給料位するやつだ😳‼️

 

一緒にパドルシフトも交換。

純正のメーターパネルと、ハンドルの内側にちらりと見えているパドルシフト。

ハンドルを残したまま、分解。

 

ただ、交換〜!ではありません。

配線をチョキチョキして

ダイオードを入れて🤗

きちーんと繋げる必要があります。

 

 

そして、パドルシフトは、純正の物をバラして組み替えてからの装着。

この部分をバラしてからじゃないと

着かないんです。

手前に引いた時にカチカチするようにね。

付け根の部品と取付の心棒を上手く移設。

 

移設完了。

結構、大きさが違いますね!

 

パドルシフトもメーターパネルも

ちょっとコツは必要ですが、

ハンドルを分解しなくてもできます。

 

 

全部組み上がったら、スキャンツールを接続して、コンピュータへの登録。

故障コードが入りますが、故障ではないので消してしまいます。

 

全ての動作確認と、車両のコンピュータ登録を確認して、作業完了‼️

 

 

メーターは0.3kmが表示されています。

分解記録簿も書いて、

交換時の走行距離も記録しました。

 

外装だけでなく、

運転席もまたカッコよく!

 

走ってるところに会ってみたい〜🎶

 

ディフェンダー腐食修理

登録は28年のまだ新しい車なのですが、

アルミが腐食しています

 

どこがというと…

▼ほら!ここです まだわかりにくい?

▼ここです。 白くなってるところ

▼この小さな部品を外すと裏側まで腐食が!

研磨して素早く防錆して塗装です

 

染まりが悪いので下色を塗り、本色です。

▼薄っすらピンクの下色

▼本色に塗装できました

取り付けして完成です

 

なぜ、この部分だけ腐食したのかは

謎です。

外側からなのか、内側からなのか、

何か小さなきっかけから腐食がどんどん広がったのだと思いますが…。

鉄板は錆が茶色くなって進みますが、

アルミの腐食は、こんな感じになるんですよ。

 

ずっと気になってた所が、

きれいになりました!

気分晴々☀️ 気持ちいいです♪

車体との色合わせって?

今日は、車の色のお話です。

車の修理をするとき、殆どの修理で塗装が必要になります。

メーカー・車種ごとに基本となる色は機械で作ることができます。

が、実際に車に塗る色は、お預かりした車に合わせて作ります。

では、

“車に合わせて…” は、実際、

車の何に合わせているのでしょう?

実際に車体から、色の見本を取り出します。交換が必要な、損傷を受けているパネルから切り取ってしまうのです!

切り取った鉄板(左)の色に合わせて色を作り、塗り板(右)に試し塗りをして、

色が同じかどうか重ね合わせて確認します。

色を塗って、濡らした状態で、

光に当てたり影にしたり、

正面から横から斜めから

いろんな角度で色を見て、わずかな違いを調整して合わせていきます。

何種類もの色を混ぜ合わせて作るのに、その中の何色を足したら同じ色になるのか。ほんの1滴で色味が変わるのです。

芸術的‼️

太陽が出ていないとなかなか調色できない色もあります。

仕上がりを重視する場合は、特に!

太陽待ちのこともあり、天候により納期が長くなってしまうことも。

カメラに映る色と

人の目で見る色。

カメラや機械の進化はすごいですが、やはり人間の目には、まだまだ!追いつけません。

だから、調色と塗りを上手にできる職人さんが居ると、仕上がりも違和感なく、きれいになるんです。

機械で作った基本色を塗った単品のパーツをただ交換するだけでは、安価ではありますが、時に、色がちぐはぐになってしまうのです。

追突事故によるリヤ廻り損傷修正

追突によるリヤの損傷。

実際、修理途中はなかなか見る機会は無いと思いますので、

今日は、大きな損傷を受けた車の修理においての、修正の過程をお見せします!

板金やさんのお仕事をご覧ください😊


リア廻り事故

リヤバンパーやテールランプなどの外装部品を取り外すと、損傷の大きさがわかります。

波を打つように、歪んでいます。

トランクルーム内のスペアタイヤを外した場所を真上から見てみると、

スペアタイヤが収まる部分は円形を留めていません。更に、リヤ側の壁(画像下側)が大きく歪み、ハウス内に入り込んでいるのがわかります。

大きな損害ですが、

これをすっかり元に戻すのが僕の仕事です!

寸法図を元にフレームを修正します。

車のフレーム(骨の役割)を

元の位置、元の形に戻すため、

フレーム修正機に車を乗せて、新車寸法図に合わせて引き戻していきます。

機械の上にはセットしますが、直すのはプロの職人です。

どの方向に、どれ位の力で、どの程度、 これまでの経験や技術をもってできる、まさに職人技です。

引き千切れたり損傷の酷いパネルを外します。

交換しなければならない、酷い損傷を受けたパネルは取り外し、又はカットして修正できるようになる所までバラバラにしていきます。

この後新しい左リアフェンダー、

バックパネル、

トランクフロアを仮合わせ

溶接していきます。

ボディの形を修正し、

元に戻した所で…

塗装に移動です^_^

諦めていた車の修理、実現の方法とは?

20代、大学生の男性から

『どの位の修理費用で直るか教えて欲しい』 と、電話がありました。

訊くと、軽自動車のリヤゲートの窓ガラスが割れ、車はレッカーされたとのこと。

見てみないとわからないので、

そのまま

レッカーで運んで来てもらう事となりました。

運ばれてきた車の状態は、

リヤガラスが割れ、リヤゲートは交換が必要、その上リヤゲートがつく右側の

↓ここ!

この場所がグキッと変形していて直さないとリヤゲートがつかない状態💧

あらぁ…😞💧

すぐにリサイクルパーツを探そうと思ったら、車検証を降ろされていて、車内に積み込みがありません。

見たところ、30万は下らない損害。

依頼主の男性と連絡を取り、パッと見たイメージ的な見積り額をお知らせしたところ、

車両保険に入っていないし、

お金が無いし、

親には言いたくないし、

…って、あら〜〜〜〜😵💦

青年は、10万位で直したい と言うのです。

先ずは車検証をもらって、

リサイクルパーツをさがし、

肝心のあの場所は、普通ならリヤフェンダー交換ですが、

部分的に切り取って、形を作り直すことで劇的に料金を抑えることができると考えました。

見積り額は14万円。

これが、限界です。

30万と聞いて半ば諦めていた青年は、

その修理方法と料金を聞くと、

え!!!それでお願いします!との返答。

その代わり、ピン!と新品のようにまではいかないかもしれないからね。

このような状態だった 変形部分は

思い切って、カット‼️

取ってしまい、同じ大きさの鉄板を用意して、形は職人技で再現。

うまく、形になりました。

これをちゃんと付けて仕上げて、

塗装をしたら‼️🤗🤗🤗

かなりいい感じ❤️

どうしようもない と諦めてしまったらそれまでですが、

何とか知恵を絞って考え、機械には成し得ない技を使えば、このように、再生することができました。

目の前のお客様に喜んでもらうため😄

色々考え、最高のサービスを提供していきたいな と、日々、考えています。

リヤ事故 クォーター交換 職人技

フィットのリヤフェンダー損傷。
事故による損害です。

バンパーやリヤゲート、他にもいろんなものを外して
裸の状態に。(*ノωノ)

フィット リヤフェンダー損傷

ナンバープレートを外すためには封印も外さなければなりません。
テクニカルオートは、特認一種という工場の特別な資格があるので、
封印を外しても、また新しい封印を取り付けることができます。

タイヤの上のパネル リヤフェンダーがボコボコと広い範囲で大きく歪んでいます。

ボルトやビスで固定している部分ではありませんが、

交換することができるんです。

どうやってするかというと、

切っちゃいます。

フィット リヤフェンダー交換

今回、外側のパネルは交換でものすごく大規模修理に見えますが、

骨格の部分は 板金で直すことができる位の損傷で済みました。

硬い骨格!

こんなに ぐにゃっと曲がった所でも、上手に直す技術があるんです。

フィット メンバー板金

きちんと寸法通りに!

見えないところを確実に直す。職人の拘りと技術です。

GTR錆修理 ③


●溶接編


🔸型取り

切り取った箇所に合わせて鉄板を作ります!

▼これは紙ではなく鉄板です

▼車体に合わせて型を取り鉄板を切る

🔸溶接

いよいよ溶接です!

真剣な表情!

カッコイイですねーー(^_^)

▼溶接終了!

🔸プライマー

溶接が終わり、プライマーを塗布しました。塗装の前の防錆です。

少し形になってきましたね(^_^)

次回は塗装編で!!

お楽しみに(^_^)

名車R32 GTR 錆修理①

今日はGTRの錆修理です!

修理前の画像

結構錆びてきていますね(>_<)

今まで頑張ってきた証拠です(^_^)

🔸状態確認

ちょっとハンマーで叩いてみると・・・

インナーパネルまで穴が空いてます(>_<)

▼タイヤハウス後ろ側

↓↓↓

▼タイヤハウス前側

↓↓↓

🔸各部品取外し

テールランプやリヤバンパーなど、

部品外しも終了して準備が整いました! いよいよ錆の修理が始まります。

これからこの錆をどのように直していくのか、全4回に分けて掲載していきます。

次回をお楽しみに(^_^)

↓GTR錆修理②

https://technical-auto.com/2018/11/gtr%E9%8C%86%E4%BF%AE%E7%90%86-%E2%91%A1/

ライト不灯。部品交換しないで直せるか!?

平成2年のボルボ

ヘッドライト横のスモールランプと、ストップランプ、テールのスモールランプが点かないと言ってご来店されました。

28年前の車ですが、本州で乗っていたそうで、全然錆がなく、とてもきれいです。

なぜ、ライトが点かないのか

その原因により部品交換が必要な場合は、新品部品は生産終了で手配できないためリサイクルパーツを探さなければなりません。

極力、交換ではなく、修理で終わらせたいところです。

先ずは、前側から。

あらっ! 電気が通ってない。

配線が繋がっている接合部分が、離れてしまっていました。

部品があれば交換したいところですが、ここは何とか修理で頑張るしかない❗

接点をハンダ付けで修復し、しっかり固定して、通電をチェック!✨

後ろも、通電が不良だったので、ヤスリをかけ、当たりを調整して完了✨

ヘッドライトも元の位置にもどし…。

バッチリ、なおりました!!!

お客様は、ライトを交換しなければならないかもしれないと思っていたので、

『そんなに安く直るんですか!?』と言って、大喜び☺️

まだまだ長~く乗れそうです。

また、いつでも 遊びに来てくださいね🙆✨