フィット クォーター錆修理 〜鈑金作業編〜

『色んなところが錆びて来ていて・・・
いくらくらいで直りますか??』

とご相談にいらしたフィットのお客様🚗

▼左右のクォーターやドアなど所々に錆が広がっている状態でした。

▼錆びて鉄板がなくなってしまっています

▼錆びて膨れ上がりいびつな形に

▼給油口の周りも・・😭

『どうにか綺麗にして今後も乗り続けたい』

お話を詳しく聞くと、こちらのお車、実は

亡くなってしまったた娘さんが乗っていた車だそう😢

どのように修理を進めるか予算も考えつつ相談しお車をお預かりさせていただく事となりました🙇‍♀️


 

左右とも錆びており今回、右側は修理、特にひどい左側はクォーターパネルの交換となりました。

 

交換するためにはまず今ついているクォーターパネルを取り外さなくてはいけません💡

 

▼クォーターパネルはこの様に点状にスポット溶接され車体に取り付けてあります👏

そのため取り外すにはその溶接を一つ一つスポット揉みをしてパネルとボディを離す必要が・・⚒

これがなかなか容易ではなく・・2人が掛かりで作業しました👬

溶接部分の中心を捉えたらパネルとボデイに対して垂直に当てドリルで揉んでいきます🌀
削りすぎると穴が空いてしまうので適度な力加減と絶妙な具合で外したら・・

じゃ〜〜ん❗️

パカッと取り外しが完了🙆‍♀️✨


 

あぁ・・・やっぱり・・

ボディ側の鉄板も腐食し朽ちていました😱

 

このままパネルを交換しても内側だけどんどん錆が進行してしまうので

長く乗って頂ける様、内側もしっかり修理します💪✨


 

この続きはまた次回ご紹介しますね♫

お楽しみに〜🤗

CHR フロントグリルマーク塗装

昨日のFRPスポイラー下地に続き、
今日は、先日施工したスポイラー塗装についてのお話です😊

 

実は先月、フロント・リヤのスポイラーを塗り分けをして欲しいーとご入庫いただいたCHRのお客様から、追加のご依頼でした❗️😆✨

 

先日の仕上がりにはとてもご満足頂けたようです

 

✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎

フロントのスポイラー?

👩何この形〜っ

👩へぇ〜っ バンパーの下じゃなくて、グリルに着くやつなんだぁ!🤗⭐️

 

👩🎶 塗り分け塗装? どんな風に?

👨‍🔧この、マスキングの感じで色を分ける予定〜

 

✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎✳︎✴︎

ということで、

スポイラー全体を研いで、素穴探しから👁

下地処理を進めます😁

 

 

エアロを塗りやすいように、

こんな土台を作ってあります。

バランス良く配置して固定しますよ!

ブースの中でサーフェーサーを塗布したあとは

低温じっくり乾燥。

その後は、乾燥室に移動して自然乾燥です。

ボディのスチール製のパーツと違って、熱をかけすぎると変形してしまうので、ゆっくりゆっくり時間をかけて!

だから、スポイラーの塗装でお預かりの時は、

日数をいただいています。

 

さて、サーフェーサーがしっかり乾いたら

いよいよ塗装です。

仕上がりのイメージはこんな感じでした。

 

最初はこんな感じです

まずは、黒から塗りましょう。

 

次に、黒を残したい部分をマスキングで隠してしまいますね。

裏側はこんな感じです

 

この状態でパールホワイトを塗装して!

マスキングテープを剥がすと!

じゃーーーーーーゃん!!!

 

 

イメージ通りにいったかしら?

 

はい!

すげぇ〜✨きれいにしてくれてる〜

 

👩包んでいきますか?

 

👨いえ! このまま持って帰って、

すぐに取り付けます!!

 

受け取ってすぐに、仮合わせ✨

いい感じ〜✨✨✨

 

 

FRPスポイラー下地処理ってなに?

昨日、エアロの塗装・取り付けについてご紹介しましたが、

バンパーやスポイラーなど、

社外パーツへの交換でご依頼いただく中、

『FRP』と呼ばれる材質の商品があります。

 

樹脂素材の物よりもFRP素材の方が割れやすいかもしれませんが、FRPは折れても割れても少しくらい穴が開いても、形成修復ができるんですよ!

高いけど😅

 

今日は、塗装やさんの

“大ちゃん”と“森本さん”に

FRPを塗装するときによく聞く、

『すあな』について! 教えてもらいました😊

◆FRPスポイラー 品質の違い

👩スポイラーの素材 FRPってなに?

 

👨‍🔧FRPは、ガラス繊維が折り重なってできている素材!

材質的な特徴で、どうしてもね、

素穴ができた状態で届くんだけど、

購入した商品の品質により、この素穴の数や大きさが全然違うんですよ〜。

 


 

GTRに装着したような1点何十万もする超高品質の商品の素穴は、型の繋ぎ目には見られるものの、その他の表面にはほとんどありません。

 

大手有名ブランドで出しているような、

ちょっと高い良質な商品は、

少ないとは言ってもオモテ面にも素穴は出ています。

 

安価で購入できる商品は、素穴は多数、オモテ面にはクレーター状にボコボコした箇所や、歪になった箇所が見られます。

 

更にもっと大変な場合は、

そもそもの寸法がおかしくて

車体に取り付かない場合もあるんですよ😅

 

 

◆FRPスポイラー 素穴確認と下地処理

じゃぁ、この素穴! どうするかと言うと!

塗装を行う前の、ひと手間です😊

素穴を探すんです👁👁

くまなく、探すんです👁👁

 

その巣穴の大きさ。

アップにすると

 

更にアップにすると

これが、素穴です。

 

とても細かい作業です。

眼鏡を掛けないと、おじさんには なかなか見えません。

 

 

そして、この、一見どうでもよく見えるような小さな小さな素穴をきちんと丁寧に拾って、

きれいに埋めてあげる作業が、仕上がりの美しさに繋がります✨

 

車体に取り付けた状態で、間近で見るかどうかは分かりませんが、

大切な車に取り付ける、楽しみにしていたスポイラーの塗装が終わった時、所々プツプツしてたら嫌ですもんね!

 

やっぱり、きれいに仕上げてあげたい☺️✨

 

 

なので、おじさん達は今日も目を見開いて👁👁

素穴を埋めていました笑笑

 

明日は、追いスポイラーを紹介しますね😁

ランクルプラド FRPアンダースポイラー塗装取付

プラドのお客様から FRP素材のスポイラーをお持ち込みで

塗り分け塗装と取付のご依頼を頂きました❗️

冬の時期からご相談いただき、楽しみにしていました😊

 

▼お持ち頂いたパーツが、これ!

 

このスポイラーを、こちらのランクルプラド🚙に取付したい✨

 

バンパー下側には既にTRDのロアスポイラーが付いています。

この、ロアスポイラーの下にもう一つ!

今回お持ち込みのアンダースポイラーを

塗装して取付をしたいというご要望でした。

 

◆スポイラーの仮合わせ 確認

塗装の前には、一度仮合わせをします。

隙間や、スポイラーが飛び出る事・入り過ぎる事がないか等の確認を行なっています。

若干の隙間が出来てしまいそうですが、

スクリュー(取付する為の小部品)を増やして対処出来そうです🙆‍♂️

 

この仮合わせが終わったら塗装へ。

 

◆スポイラーの塗り分け塗装

ボディー色のパールホワイトと艶消しの黒の塗り分けで、

お客様のイメージ通りに仕上げていきますよ!

まずは、下地から。 これ、大事です。

全体に研いだあと、

▼巣穴を丁寧に拾って埋めるところから。

▼サーフェーサーを入れて、乾かします。

そして、2色のうちの

▼パールホワイトを先に全体に塗装。

 

このあと、塗り分けする黒を塗装するために、

白く残す部分はきれいにラインを取りながらマスキングしてしまいます。

 

さて!塗り分けした後は…どうなったでしょう?

楽しみです😊🎶

 

◆アンダースポイラー 取付

塗装が仕上がったスポイラー。

両面テープを貼り、取り付けの位置を決めたら

いよいよバンパーと合体!

お持ち頂いた付属のスクリューと同じサイズの物を足し打ちして完成です。

 

では、改めてビフォー⏩アフター✨

▼ビフォー

▼アフター

 

かっこいいですね!!

スッキリした感じから、凛々しく男らしくといった感じで印象が変わりましたね☺️

 

塗り分けした黒も、バシッと決まり✨

大成功です👏🎉

今年初❗️R35入庫‼️ GT-R フューエルポンプ交換

A様のR35GTR 今回の依頼は燃料ポンプを

ニスモ製のものに交換です❗️

馬力を上げるための交換

純正の燃料ポンプだと吐出量が対応 600馬力くらいまで。それに対し、NISMO製の燃料ポンプだと700馬力ちょっとまで余裕がある!…とのこと👍

 

燃料ポンプの位置は右のシート下です!

チラ見!!👀✨

 

先ずは、右リアシートを外します😀

 

 

ボルトを数本外しポンプの上部が見えています

 

ポンプの上部には2本の配線があり外して引き上げます😄

 

さて問題はここから・・・

燃料ポンプの下部はタンク内に固定されているので燃料の中に手を入れ、爪を押し上げてスライドさせ外します!新品のポンプで爪の位置を確認します👍

 

おや!あれ!出てこない😱つっかえてます😱

 

知恵の輪の様に外し、配線が3本あるのでそれも外していきます!

配線をロックするカプラーをタンク内に落とさない様に気をつけましょう

 

新品を入れるのは、すんなりいきました!

 

無事に終わって良かったーー✨✨✨👍

あと作業中ドアを開けてやるので充電しながらすると安心ですね!満充電にもなりました😀

 

この後、お客様ご自身で、コンピュータの交換と書き換え調整などの作業を行い、走行させては調整、また走行させては調整と繰り返し、

時間をかけて夜中まで🌝💤

満足の状態になったそうです✨🙌✨

 

さあ〜、次はカーボンですな!!!

デリカD5 左側面修理 〜Part3〜 組み付け編

さて、今日で3回目となりました、デリカD:5。

車体とパーツの塗装が完了したら

最終段階へ入ってきます✨


ドアをポンっと取り付けで完了‼️とは行かず、

▼修理&塗装をするため分解していたドアミラーや
ドアの内張の中にある配線をひとつひとつ確認しながら元に戻します。

 

▼新品のドアに交換した左のスライドドアは
塗装前に一度仮合わせはしていますが、
再度入念に!

最終的にズレや立て付けに不備がないか

ミリ単位でしっかりチェック🔍👀

▼チェックが完了したら、ドアバイザーを取り付けるのですが
強力な粘着テープで取り付く為、一発勝負❗️
前側のドアとの隙間・高さのズレがない様に慎重に貼り付けしていきます😬💦

  

 

▼ドアの下側につけるモール・スライドドアレールも取り付けて・・

 

 

組み付け完了🙌✨

 

今回ドアミラーを脱着しているため、センサーなどが正常に働いているかどうかの
エーミング作業もします🙆‍♀️


▼最後に丁寧に手洗い洗車をして最終点検を済ませたら・・・・


ついに完成〜〜‼️‼️🤗

 

 

このようにいつも各部門のスタッフ全員で隈なくチェックにチェックを重ねて
協力しながら修理しています🤗🌈

お客様へ受け渡すのはこれから♫
期待に応えられたかな??

笑顔の納車となりますように☺️✨

デリカD5 左側面修理〜Part 2〜 塗装編

左側面修理のデリカD:5 。

昨日はリヤフェンダーの板金が終わりましたので、今日は塗装作業へ。

 

リヤフェンダーが黒っぽくなっている部分には

サーフェーサーを塗布😄🙌

▼新品ドアは未塗装のため、塗料がしっかり密着するよう丁寧に下地作りです。

まだ新車に近い、新しい車両です。

お客様は修理した箇所の経年状態を心配されていましたが、ご安心くださいね!

新品ドアにはきちんとプライマーを入れ、

防錆処理はきちんとしてあります。

▼プライマー、サーフェーサー塗布後の状態

パール色はドアのみ単体で塗装をすると、

隣接するパネルとのパールの並び具合が変わってしまうため、

隣接するパネルへも塗装をかけ、上手に合わせます👨‍🎨

塗色もきれいに色づくまで塗り重ね、パール、クリヤーと塗装をして、塗装ブースで乾燥。

 

乾燥が終わったら磨きをかけます🌀✨

フロントドアも、

スライドドアも。

ちなみに、窓の枠のように黒くなっている部分。

他の車種ではシールやガーニッシュを付けていることが多いのですが、この車種は、塗装で黒く塗り分けられているんですよ。

 

そして、この先も長く乗って頂けるよう内側の防錆も丁寧に✨

▼リヤフェンダー内側にも防錆剤を塗布するため、車内から専用チューブを使って噴霧

新品スライドドアの内側にも満遍なく行き渡るよう、穴という穴各部から防錆剤を噴霧して錆が出にくくなる様きちんと予防処理✨

ここも🕳

こんなところからも🕳🕳

四方八方にシャワーのように出るノズルから噴き出る防錆剤は、別の穴から流れ落ちるくらいの量。😳

側面の穴のフチにも塗っておきましょう

 

よし❗️これでバッチリ✌️

 

ここまでやって塗装部門完了🤗

 

次からはいよいよ組み付け作業に入ります🚙💨

デリカD5 左側面修理〜Part 1〜 板金編

昨年末、左側面の事故で修理をご希望とのことで

ご相談を受けていたこちらのデリカD5🚙

リヤドアからリヤフェンダーへかけて大きく凹みや傷がありました💦

テクニカルオートにご入庫頂くのは今回が初めてで

インターネットを見てテクニカルオートを見つけ

 

ここなら綺麗に直してもらえる❗️』と思い、

来て下さったそうです🥺✨

 

そんなお言葉を頂けるなんて❤️

嬉しい限りです🌸😊

 

お客様の期待に応えられるよう

全力を尽くして修理に取り掛かります💪⚒

 


 

今回、ドアは新品に交換し、リヤフェンダーは板金修理をします。

ある程度、板金で修復した時点で、

▼新品のドアを仮合わせをして確認👀

 

ドアの仮合わせは、

単純にドアの取り付け具合を見たいのではなく

リヤフェンダーの歪み具合、損傷の入力がどの程度かを見るための確認作業です。

この時、ドアパネル以外にもモール等の新品パーツは全て、最終的に取り付く状態と同じにしているんですよ!

仕上がった時の凹凸や隙間が違わないように、

とても大事な確認です。

 

リヤフェンダーの凹み・歪みを板金技術で修復をしたら、防錆処理をした後、

密着性・弾力性のあるパテを使用し、UVライトで硬化!

パテは表面を真っ平らにするために薄〜く使うので、無駄な厚みは研ぎ落とし、整えます。

これで、リヤフェンダーの修復は完了!!

明日は、塗装作業の様子をご紹介しますね🎶

 

 

フロントバンパーの部分塗装

フロントバンパーの部分塗装は多くご相談を頂く内容の一つです。

 

今回お預かりしたのはこちらのお車👇

アップにすると…このような状態。

白く見えているのが、傷です。

結構広い範囲ですね。

黒い色は、部分的に塗装をすると、後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまいます。

そのため、バンパーの形状を見ながら、

ぼかし目がわかりにくい場所を選んで、塗装の範囲を決めてあげます。

 

そして今回は、バンパーに縦長のフォグランプがついている為、その部分を覆って作業をする必要があります。

 

まずは、傷を取りながら塗膜を削り落とします。

密着の良いきれいな塗装を行うためには、

ツルツル面にそのまま塗るのではなく、

細か〜い傷を付けてあげる必要があるのです。

研いで傷を付けてはいけない、素材の部分は

最初から隠してしまいます😎

今回受けた損傷の残り加減や、

バンパー形状の僅かな変形などは

実際に手で触って感じ取ります。

職人さんの手のひらに、

ものすごいセンサーが埋め込まれているみたい👀!

 

そうこうしているうちに、

▼下地処理が終わりました。

弾力性の高い、密着力のあるUVパテは

バンパー修理には最適です✨

 

▼サーフェーサーも塗布して塗装前準備完了

 

塗装の前には、塗装を行う所以外は紙とマスキングで丁寧に養生していきます。

フォグランプもヘッドライトも、全て、形通りに覆います。

 

この時、バンパーの端やフォグランプが付く境目など、隙間がある箇所は、慎重に!

塗装をかけるところは、出来るだけ奥まで塗装ミストが密着するように丁寧に、丁寧に。

逆に、塗らないところには、マスキングテープを適度な間隔の長さに切って隙間に差し込み、パッと見えないようなところまでしっかり保護してあげます。

塗装の切れ目をきちんと丁寧に行うことで、

後々のクリアー剥がれを起こしにくくしたり

細部まで綺麗に仕上がるんですよ。

よぉ〜く確認しながらね👀

はい、できた!

本来であれば、バンパーを取り外して塗装を行うと細部まで完璧に綺麗にできるのですが、

安価で修理をするために、バンパーを外さず塗装を行います。

でも、このようにマスキングの作業をしっかり行うことで、バンパーを外さない部分的な修理方法でも、きれいにでき上がるんですよ〜✌️

 

事前に調色してあった塗料で、

塗装を行うと、このように!▼

 

はい、バンパーの傷修理と部分塗装✨

完了です😁👍

 

さすがです✨ 綺麗に出来ました🤗

エスティマハイブリッド フロントバンパー修理&スポイラー塗装

またまた1台この冬の悪路の被害車がご入庫です🚙💦

エスティマハイブリッド

単身赴任で札幌にいらしたそうで、
インターネットでテクニカルオートを見つけ、相談に来て頂きました。

「費用を抑えつつ綺麗に直したい」
とのご要望から、まずはリサイクルパーツが出てこないかお調べしました🔍

いつも、リサイクルパーツは全国手配で探すのですが、在庫として出てきたのは1点だけ。

しかも、そのパーツはあまり安価なものではなかったため、

仕上がりのイメージや料金を比較検討した結果、

今回、バンパーは現車のものを直す事で決定💪

スポイラーは、損傷が大きかったので

新品のものを用意した方が良いと判断し、

塗装して取り付ける事となりました。

 

☝️ご覧の通り、フロントバンパーとスポイラーがパックリ割れてしまっています⚡️

 

👇そして、よ〜く見てみるとフロントバンパーとフェンダーの合わせ目の角っこが欠けています😵

あぁ〜😱😱🌀

 

・・・でも大丈夫✨


かろうじて欠片はそのままの状態で残っていた為、樹脂溶接機を使って元通りにくっつけられます🙏

 

バンパーを外してみた所、なんとフォグランプのブラケットも割れて外れていました💦💦

欠けてしまった箇所の面と面を丁寧に研ぎ、

アルミテープで固定した後は

 

お馴染みとなって参りました‼️笑 

樹脂溶接✨‼️

バンパー下部の割れている所・欠けてしまった角・フォグランプのブラケットそれぞれを溶接。

亀裂を溶着して

さらに圧着して強度を増しています👏💪

 

溶接が完了したらU Vパテを塗ってライトを当てて硬化させ

 

その後は丁寧に研いで色がきちんと密着するよう塗装の下処理

 

 

天気の良い晴れた日に車体と同じ色に合わせ調色した後は
バンパー・スポイラーを塗装し
車体へ組み付けて・・・

 

じゃ〜ん‼️完成🙌✨

 

お引き渡しの日はあいにく吹雪⛄️となってしまいましたが

そんな中でも、

「全然見違えるように綺麗になった‼️」

とても喜んで頂けたご様子で

笑顔でお帰りになりました😊

ご相談にいらした時とは違い、

明るい顔でお帰りになるお客様の姿を見ていると
本当に嬉しく思います♫


早く雪が溶けてくれるといいな!

走りやすい日々が来るのが待ち遠しい〜🌸