プレマシー フロントバンパー修理

初めてテクニカルオートに来てくれたお客様

駐車場の塀の角っこにゴツンッとぶつけてしまいフロントバンパーの

真ん中にチョップしたような傷が😣💦

▼アップにするとこのような感じ😭

 

残念ながら黒い樹脂の部分は修理をすることができないため

綺麗にしたい❗️なるとバンパーと一体になっているためバンパーごと交換しなくては

なりません💡グリルも高い・・

そうなるとご負担も大きくなるのでどのように直していくのがベストか一緒に相談💁‍♂️

相談のうえ、今回は樹脂の部分の傷はそのままに傷ついてしまったバンパーを修理して直すことに決定🙆‍♀️💡

 


 

まずは、塗装をする色を作るため調色の作業から💡

太陽の光のもと艶を出して色を見やすくした状態で

角度によって色味が違って見える為

塗り板に試しの色をのせ、さまざまな角度から入念に調色の具合をチェック👀

▼真上から

▼斜めから

 

色が決まったら、傷のついている部分を削り、塗装をかける部分も

パテをのせたら余分な部分は研いでいきます🌀✨

 

逆光でわかりずらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

今回は部分的な修理と塗装を行うため

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

 

塗装の密着をよくするためサーフェーサーを塗布

UVライトを一気に近くから当てるのではなく離れた位置から徐々に溶剤を飛ばしながら

近づいて当てていきます💁‍♂️

 

 

下地作りが完了したらブースに入り🚘🛖もう一度塗装する部分、塗らない部分を

分けて養生し直して・・・塗装していきます🙌

 

 


 

塗装完了

 

樹脂の部分はそのままでも・・・

 

 

こんなに綺麗になりました🤗✨

ラングラー オーニングの下で冷たい飲み物はいかが?

ラングラーのルーフトップテントを開き、

オーニングも広げてみた朝。

先ずは、毎日の朝礼前の打ち合わせを

オーニングの下で‼️🙌

なかなかいい感じ✨

テーブルと椅子も、いい感じ✨

 

せっかくなので、クーラーボックスに飲み物も冷やし、たまたまご来店いただいたお客様にも、

少しの待ち時間を オーニングの下で寛いでいただきました😊

 

クーラーボックスの飲み物はセルフサービスで😁

天気の良い日だったので、とても気持ちよく👍

 

そして、ちょうどお昼休みが終わる頃、

車の相談と点検にいらしたお客様。

20年以上も大切にされている赤のラングラーでした😁

屋根を外して、夏の間の天気の良い日だけ走らせているそうです。

展示していたラングラーを見て、

『俺のと随分違うなぁ!』と仰っていましたが

昔も今もカッコいい👍✨

 

また明日、8月28日土曜日 朝から

ラングラーのテントとオーニングを広げて展示していますので、もし時間がありましたら

お気軽に!遊びに来てくださいね😊🙌

 

明日も天気予報は晴れ☀️

予報では札幌の最高気温30度と、

また、暑くなりそうです😅

クーラーボックスにお酒以外の飲み物を冷やしてお待ちしてます〜🎶

 

 

ルーフトップテント・オーニング・テントアネックス 広げてみた!

テクニカルオートラングラーアンリミテッドルビコン

オーバーランドチャレンジ


  ルーフトップテントと、バットウイングオーニングのインストール完了! 実際に、広げてみます😄 ラングラーは事務所前に移動。   先ずはルーフトップテントを開きます。   固定用のベルトを外し、天井で折り畳まれたハシゴを伸ばして、 テコの原理を使って、ぐいっと起こし、 そのままハシゴを開いて地面に設置! ハシゴ兼、柱の役割です。 ルーフトップテントのストッパー2箇所を留めて固定。 テントの中に入り、窓を開け広げます。 各窓を開けたら、ひとまず、ルーフトップテントは完成! おぉ〜! 簡単!早い!   ルーフトップテントのオプションで用意した、 テントアネックス を付けることで、 テント下に個室を作ることができます。   ルーフトップテントの出入口についているテントを広げ、骨組みを刺していきます。 屋根のように広がったら、 テントアネックスをファスナーで接続すると、 個室空間の出来上がり。 狭そうに見えますが意外とスペースはあります。 寝れるくらいの広さは十分に。 着替えやトイレ、荷物置場などにも良いですね!   そして、バットウイングオーニング💁‍♀️ 外側のカバーを外して、傘の骨を1本ずつ、 オーニングを広げながら立てて車の後ろまでぐるっと! オーニングの下にテーブルや椅子を置いて、直射日光を避けながらくつろぐことができます✌️   気になるルーフトップテントの中は⁉️   上がってみましょう!🙋‍♀️   おぉぉぉ、結構広い✨ 床はクッションが敷かれているので、そのままでも寝れそう〜 説明書上は4人並んで寝れる大きさです。 大きい人4人は狭いよね。大人2人子供2人はいいね👌 3人なら余裕!   全方向に窓があるので、通気性も良く涼しいです。   天窓もあるので、とても明るいですね! 夜なら星も見えるのかなぁ⭐️   来年はこれでキャンプ、楽しんでみたいですね!   フロントバンパー、まだかなぁ〜 (しつこい?笑)

ルーフトップテント・オーニング インストール!

テクニカルオートラングラーアンリミテッドルビコン

オーバーランドチャレンジ


 

ステーとボルトも、防錆をしてラプターライナーで塗りあがりました。

それでは、ルーフトップテントと オーニングをインストールしていきます!

 

ルーフトップテントはとても重いので、

6人でルーフラックに乗せていきます!

 

ルーフトップテントは一度広げたのでクワガタの羽みたいにはみ出したままですが😁

無事、乗せることができました!

ルーフラックへの固定位置を決めるために

微妙な位置調整を行います。

テントの位置を真ん中にするか、後ろ側にするか考え中!

前側にコンテナスペースをとるために

後ろ側にテントを乗せることに決定です!

 

Uボルトが少し長いので、切っちゃいましょう。

 

後ろ側ギリギリまで下げて、ルーフトップテントのインストール完了👍✨

次に、オーニングのステーも付けます。

手が入りづらくボルトが回しにくいです😅

高さや長さもスケールで計りながら

オーニング固定用のステー取り付けが完了!

いよいよ、オーニング本体を取り付けていきます!

オーニングの位置をルーフトップテントの後部に合わせるのと、オーニングを広げた状態を考え、

バランスの良い位置に固定します!

 

そして完成!!!

よし、じゃあ、広げてみるか!

 

明日につづく…😙🎶

ルーフトップテント・オーニング仮合わせ!

テクニカルオートラングラーアンリミテッドルビコン

オーバーランドチャレンジ!

ラックの装着が完了したラングラー。

ディフェンダーラックに取り付けするのは⁉️

 

コレが無くてはオーバーランドではない😁

スミッティビルト

ルーフトップテント Gen2XXテント‼️

まずは、箱を開けて、出してみよう

でかい、重たい🥶

なんだこれ、すげーな。

これがルーフトップテントか。でかいな。

そして!

もう一つは、

ライノラック

バッドウイング  オーニング!

これも結構重たい🥶

ラックにルーフトップテントを固定するにも、

大きいUボルトが必要で調達してくることに!

オーニングも延長のステーが必要!

なかなか簡単には付きません👍💦

 

延長ステーを作るために、必要な長さ大きさの把握と、ちょうどいい取付位置を決めます。

発泡スチロールでルーフトップテントの位置とオーニングのバランスを考えながら仮合わせをしていきます!

オーニングはこの位置で決定かな!

取り付け位置が決まったら

延長ステーに穴あけをして、

穴の位置を確認

このUボルトを一緒に使って固定します。

追加アイテムも鉄製なので、防錆をしますよ。

ざっと研いでからね!

Uボルトと共にラプター塗装します!

 

明日はいよいよ取り付け!

無事に完成するのかな??

 

お楽しみに!

 

 

リアバンパー取替とナンバー移設!

テクニカルオートラングラーアンリミテッドルビコンオーバーランドチャレンジ

Rugged Ridge

ARCUS REAR BUMPER

 

ラゲッドリッジ というメーカーの、

アーカス リアバンパー。

 そして、Kentrol スペアタイヤ デリートキットを取り付けます😁😁

 

先ずは、スペアタイヤとブラケット、リアバンパーを外していきます😄

 

センサーなどの配線が繋がっているので、

バンパーを外すと同時に、配線もバラします。

バンパーを外したら車体のフレームにバンパーを取り付けるためのブラケットをつけていきます!

純正バンパーから配線とソナーを取り外し、新しいバンパーへ移植します😁

 

新しいバンパーにバックフォグは使わないので、配線のカプラーを塞ぎます!

 

配線を移植して困るのは、配線を留める箇所がないこと! 両面テープで貼り付けるフックなどでとめましょう👍

強力なテープじゃないと、すぐに外れてしまうので注意です⚠️

バンパーの取り付けはボルト8本だけです

元々バンパーに着いていたナンバープレートは

リヤゲートへ移設します。再封印も必要ですよ!

ナンバーが着く位置を確認。ビスの位置と下の押さえ位置を調整。

ナンバー灯とストップランプが一体となったLEDランプが付いているため、こちらも配線が必要!

テールランプを外して、中から配線を出して加工。

リヤゲートからの配線は、こんな所から⁉️

配線を繋ぐ時は、絶縁のためにギボシを使ってきちんと留めましょう。熱をかけるとギュッと縮まります。

リヤゲートにデリートキットを取り付けながら、配線確認でブレーキを踏んでみます。

OK🙆‍♀️ 点いてる!!

ギアをバックに入れて、バックカメラが正常に動くかの動作確認もOK🙆‍♂️ きれいに映ってます。

動作確認も終え、無事、

完成です!!

純正からはだいぶイメージが変わりました👍👍👍

 

👇before

 

フロントバンパーは、まだかなぁ…。

注文してから既に2ヶ月経過してますが

到着が待ち遠しい…😙🎶

安全・安心を守るために

先日、デリカを修理でお預かりしました。

 

作業中、スライドドアを分解したところ

ボルトの上に赤い印が付いているのを発見!

 

 

これは外車のポルシェやリンカーン等にも用いられている手法で

新車の製造ラインでボルトの締め付けを確認する為の目印です。

 

 

 

ボルトの締め付けが確認出来た所には

このように色を塗り、全てのボルトが確認出来たかが一目でわかるようになっています。

 

取付のボルトナットが 外れてしまうと とんでもない事態になりかねません✋💥

 

テクニカルオートでも部位によってこの手法を用いており

白マジックで印をつけ、閉め忘れがないように確認を徹底しています👌

 

お客様が安全・安心を守るため!!

とても重要な事です⚠️

アウディ フロントバンパー部分塗装

『フロントバンパーなんだけどさ、

左側の底が、いつの間にか削れてしまってたんだよね💧

見つけちゃったら、そこばかり気になってしまって!』

ご相談にいらした車は、アウディ。

全体にきれいに保たれているお車です。

あぁ、これは気になりますね😵

きれいにはしたいけど、

『出来るだけ短期間で、安く直したい。

無理をお願いするけど、1日で何とかなるかい』

👨「わかりました、お任せください!」

幸い、バンパーの割れは無く、部分塗装できれいになります。

 

日程を決め、朝ご来店いただき、夕方のお返しということでお約束しました😊

 

傷は落として、弾力性のあるUVパテを使用します。

底面だけでなく、少し上の方まで小さな傷があるので一緒にきれいにしてしまいましょう。

部分塗装と言っても、仕上がりをきれいにするために

塗るのはこの範囲です。

塗装の密着を良くするために、UVサーフェーサーも塗布して、

塗る範囲は下処理をして、塗装前準備完了。

 

超~!短期間修理!! でも、きちんときれいに仕上がりましたよ✨

そして、修理後も、パテ割れや浮きが無いように

きちんと丁寧に仕上げました。

 

 

お引き渡し時はもちろん、

渡した後も、修理したことを忘れる位に、

ご満足が長続きしますように😊

ルーフラック装着!テクニカルオートラングラー オーバーランドチャレンジ!

『オーバーランド』と言っても、日本ではまだ聞き慣れない言葉。みなさんご存知ですか?

 

『オーバーランド』(overland )とは?

オーバーランドとは、陸を旅行する、横断する、という意味があります。

アメリカでは、砂漠や岩山を越えて、あの大〜きな大陸をキャンプしながら車で横断する人達がいて、

車で言うオーバーランド仕様とは、キャンプしながら長期間旅ができるような仕様に仕立てた車のことを指します。

車の屋根にテントを積み込み、好きな道を走って、時間も場所も自由に…!

アウトドアを楽しむなら、あのオーバーランドキャンプのようなキャンプが出来たら!

おもしろそうだと思いませんか?✨

 

ということで!!

 

やっちゃいます。

テクニカルオート ラングラー

オーバーランドチャレンジ✨

 

まずはね、

何にしてもルーフラックを着けないとなりません。

ボディに穴は開けたく無いので、ガシッと固定できるタイプで、ワイルドな見た目のカッコいいルーフラックを選びました。

 

パーツは全て鉄製なので、先週ブログで紹介した防錆処理を施してからの取付です。

取り付けと言っても、

説明書がオールイングリッシュ‼️

みんな無言で眺めて、

無言で説明書を置いて笑笑

 

ほとんど見てくれなかったけど、

Google翻訳のカメラ機能で、日本語にしてみたりして笑笑

ま、いいや!と

とりあえず、パーツの確認と整理から!笑

 

 

ボルトもナットも棒っこも沢山の種類があるので

どれだ!?と、ほぼほぼ、感覚で組み合わせているようですが、

合ってるみたい笑笑

 

ボルトもナットも、使う場所により太さや大きさが異なるので、工具も色々です。

前側は一部純正パーツを外して留めてと組み合わせが必要。

リヤ側では、梯子も付くので右と左のパーツやバランスを確認しながら着実に。

手分けしながら、ワイワイと、

大変そうだけど、なんだか皆んな楽しそう😁

『もっと簡単に終わるはずだったんだけどなぁ!』なんて言いながら、

そんなこんなで、

ルールラック、取付完了‼️👍✨

 

まだまだ、進化していきますよ✨

更新したらまたお知らせしますね!

お楽しみに😁

ピンクのスペーシア

先日、フロント部の修理でお預かりしたピンク色のスペーシア。

 

う〜ん…なんだろう この 違和感…

お分かりになりますでしょうか?🔍👀

 

ボンネットとバンパーやグリルの色がこんなにも違う😱💥

まるで2トーン仕様のお車みたいにくっきり!はっきりと!!

 

この色の違いは紫外線が原因☝️

人も紫外線を浴び続けると、肌が焼ける人・赤くなってヒリヒリする人。様々ですよね!

車も一緒で、保管状況や日頃のお手入れの仕方によっては色褪せが生じてしまいます。

 

今回のお車は、その違いがはっきりと出ていました。

 

損傷されている箇所がフロントだったので

修理の際、このチグハグとなってしまったお色が

目立たなくなるように仕上げていくことにしました。

 

まずは色合わせから。

 

パネル1枚でも位置によっては全く色味が違います。

さ〜て、、どこのポイントで色合わせをしましょうか🤔

ここは…全然違う!

こっちの方が近いかな?

ここかな?

塗り板を各箇所に置き、絶妙な色味の違いを見ながら

『ここだ!!』というポイントに合わせ色を作成します✨

 

そして、内部に損傷がある箇所はしっかりと修理をした後に

各パーツを塗装!

隣接するパーツにはぼかしを入れ、出来上がったお車がこちら💁‍♀️

 

おぉぉ!

最初のチグハグな感じは全然わからないナチュラルな仕上がり♬

 

修理前後を比較💡

とっても良い感じです😊👍

 

今回はフロントの修理だったので、リヤの方は手を掛けていませんが…

この部分もいつか綺麗にして差し上げられたら良いなぁ☺️