タイヤハウス内の錆穴修理

フィットのお客様からお電話を頂きました☎️

『リヤの足廻りが錆で腐食してしまい車検が通らない状況だと他社で言われまして』

 

状況を詳しく伺うと、車検をお願いしたところで

この状態だと通りませんよ〜と言われてしまったそうです。

 

すぐにご来社を頂いてその状態を確認することに。

 

どれどれ〜?👀

それは右後ろのタイヤハウスを除いたとことにありました😱

 

こちらです。お分かりになりますでしょうか?

👇アップ

あら…大きな穴がポッカリと!!!!

 

ボディの錆は、人体に怪我を負わせるような突起した物でなければ基本 車検は通ります🙆‍♀️

ですが、足廻りの部分やフレームは安全面にも関わるところなので

こういった状況では車検は通らないのです😖

 

そしてお客様のお話を伺うと

近いうちに道外の実家へ戻ってしまうという予定があり

それまでに車検を完了しなくてはならない状況とのことでした。

 

それは一刻も早く何とかしなくては❗️と

早速、翌日にお車をお預かりしすぐに作業に取りかかる事にしました⚒

 

腐食が進んでいる箇所を出来る限り落として

新しい鉄板を穴を塞げるくらいのサイズに形成し溶接します。

継ぎ目部分はしっかりとコーキング&防錆処理を。

最後にアンダーコートを施工したら完了!

 

よし!これで車検も合格出来るはず💮✨

 

きっと安心して実家の方へお帰り頂けたことでしょう✌️😊

 

女子チームの出番です🙋‍♀️ 〜錆を目立たなくする方法〜

ワゴンRのお客様からのご依頼です。

『錆によって塗装が剥がれている箇所を綺麗に修理したい』

と頂いたご相談。

 

お車の状態はこのような感じでした。

▼左クォーター(給油口の蓋のところまで錆が発生)

▼左サイドシル(広範囲に及んで錆が発生)

▼右クォーター(こちらはまだ軽傷)

 

全体を綺麗にしたいご希望でしたが、残念ながら錆の進行具合から見ても

修理は現実的ではありません…😭

塗装の下ではもっともっと広く錆が進行している事が考えられます。

それを除去すると、鉄板その物の形が無くなってしまうのです💦

 

お客様と相談の上、一時的な方法でも良いのでパッと見た目が良くなるようにする方法に決まりました。

タッチアップだと あまりにも目立ってしまうのではないだろうか…とご心配されていたので

今回は、簡易的な方法ではありますが 塗料を吹きかける といった方法で💡

 

 

そういった作業は私達の女子の出番🙋‍♀️ハーイ

 

女子チームもこういう作業を行います♬

『綺麗に!丁寧に!』がモットー✌️😆

事前に調色を済ませ、車両は塗装範囲以外を紙とマスキングで覆って作業スタートします🚩

 

錆の上からの塗装となりますが、

色的にはとっても染まりにくい色!

綺麗に目立たなくなるまで、何度も塗り重ねます。

うん!良い感じ🙆‍♀️

 

クリアも吹いて仕上がったお車がこちら👇

 

 

錆で茶色くボソボソしていた箇所が目立たなくなりました👍

 

お車を取りにいらしたお客様は

その仕上がりを見て凄く喜んでくださいました♬

 

お役に立てて私達もとても嬉しい納車となりました😊❗️

 

デイズ 各フェンダーから錆!? ②

前回のブログの続きです。

 

まずは錆を除去した箇所の防錆をしっかりと行います。

防錆も2種類の液剤を塗布しています!

出来るだけ再発しないように、細かいところまで行き渡らせてしっかりと浸透させます👍

 

この後は塗装前の下地処理に進みます!

右フロントは一番 錆が進んでいる状態立った為、本格的に修理を。

残りの3箇所は右フロントに比べ軽度なので、この後はタッチアップで色を乗せていきましょう。

 

あ!

作業を進める中で👇の箇所にも微かな凹みと傷を発見しました👀‼️

この部分もついでにお直ししてしまいましょう✌️☺️

作業中に気がついたのでもちろんサービスです♬

 

まずはUVパテにて、形を整えていきます。

パテを塗布した後は、照射して固めます。

 

その後 サフェーサーを塗布し、フェンダー全体を研ぎます。

 

 

ブースの中へ入れ、塗る範囲意外には塗料がかかってしまわないよう紙で養生を。

 

そして、最後に塗装をして完成したのがこちら👇

表面のプクプクはなくなり、新車の時のような肌を取り戻せました♬

他の3箇所もご覧の通り💡

 

錆は早い内に取り除いてあげないと

どんどんと鉄板が犯されてしまいます😭

放っておくと手遅れにも…。

 

日頃のお手入れで、ボディの状態をしっかりとチェックしておきたいですね☝️😄

デイズ 各フェンダーから錆!?①

デイズのお客様から錆の修理のご相談です。

 

『今年の春に違う車両でお世話になったので』と

今回のお車もテクニカルオートにお願いしようと思って頂いたんだそうな😊

とてもありがたいお話です🙇‍♀️💓

 

錆が出てしまったというお車を見てみると…👀!

3箇所の矢印部分(バンパーとフェンダーの合わせ目)から錆の発生が見られました😱

 

右前は特に進行が進んでいる状態で、表面がプクプクと錆が塗料を押し上げてしまっている状態です。

他2箇所は、隙間から茶色い物が見えている感じ💦

 

まだまだ長く乗りたいお車だと伺ったので

もっと酷くなってしまう前に修理を進める事にしました。

 

まずは前後のバンパーを取り外し、改めて錆の状況を確認 🔍

バンパーが付いている状態ではあまり分かりませんが

こうやってみると、こんなにも茶色く広がっていたんですね…😭

 

そして私達はもう一つ発見してしまいました。

今回、錆が発生していないと思っていた 左後ろ にも

錆が発生している事を ‼️

 

この部分は他の3箇所に比べると、ごく僅かな錆。

ただ放って置くとどんどん進行してしまう事に変わりはありません。

こちらも早めに取り除いてしまう事に決定です💡

 

◆錆の除去作業

錆を取り除く作業に登場するのがこちら👇

こちらの『サンドブラスト』の機械にしっかりと砂を充填して

準備OK〜🙆‍♀️

 

いざ!!錆落とし!!

充填した砂を錆の箇所に吹き付けて、一気に吹き飛ばして行きます。

ここは入念に✨

 

ブラスト後はこんな感じに♬

 

 

全ての箇所の錆をサンドブラストで取り除くことが出来たら

次は防錆処理に進みます。

 

続きは月曜日のブログで✋☺️

新車の防錆は大事だよ

新車の下廻り防錆。

札幌では『防錆は必須』とお薦めしています!

 

雪が降る地域でも、雪を溶かす方法は地域により異なりますが、

札幌近郊では融雪剤を「これでもか〜!」という程ダイナミックに道路に撒き散らしているため、

融雪剤、いわゆる「塩カリ」「塩カル」という 塩の成分が 直接車を襲ってくるからです。

 

鉄が腐食して発生してしまった錆は、進行する一方!

そこから初めて「防錆」をしても 手遅れとなる場合も多いのです。

国産車も輸入車も防錆は必要?

輸入車の鉄板は 国産車と比べると、少し材質も塗装状態も異なるため、

比較的、錆には強いです。(錆びないのではなく、比較的です)

ですが、やはり 塗装で保護されていない 下回りや足廻りは、鉄の塊なので

「強い」と思っている輸入車であっても長く乗るなら保護してあげないと大変です。

防錆剤の種類?

防錆といえば 有名なのがノックスドール。

テクニカルオートで使用している防錆剤は『塩害ガード』というもので

市販品ではありません。

ベタベタする半硬化タイプではなく、完全に表面が乾いて硬化してしまうタイプのものです。

その効果は、テクニカルオートのスタッフ個人所有の車で実証済み😀

もちろん、ラングラーにも施工しました❤️

👇

防錆作業の様子

防錆をする時は、リフトアップした状態で

防錆剤を塗布する場所以外は、完全に養生してしまいます。

まるでスカートを履いているかのような状態ですね。

 

スカートに潜り込んで防錆剤をふんだんに!たっぷりと!ガッツリと!

贅沢なくらいに塗布します。

マスクは強靭なタイプを使用し、施工しています。

 

お腹全体、隈なく。ブレーキパイプなど細い鉄パイプも、サイドシルのミミの部分も、

タイヤハウスも、バックパネルも、

そして、穴という穴、全部にも!

穴の中に吹き込むのは、スプレータイプのノックスドール700を使用し、

鉄板内側への施工時に使用する専用ノズルを付けて四方八方に噴霧!

 

これで、安心して冬道を走行できます😄✨

防錆をする時は、できるだけ細かく丁寧に、しっかりと!が鉄則。

後からサビで困ることが予想される部分には、きちんと施工してもらいましょうね!

珍しい車! ツインをお預かりしました

ご入庫頂いたのは スズキ のツイン 🚗

2003年〜2005年の2年間だけ発売されていたお車です。

 

凄く貴重で珍しい 👀!!

何て言ったって、その見た目がとても 可愛いらしい〜☺️💓

リアルチョロQとも呼ばれているそうですよ😊

 

ご依頼の内容は、サイドシル錆の修理とボンネット傷磨き作業です。

 

▼ボンネットの傷

引っ掻き傷のような跡がありますね😭

 

▼サイドシルの錆

錆が塗装を押し上げ、プクプクと浮き上がってきています。

原因は、飛び石。

石が跳ねた時にできたコツンとした小さな傷から、水分が入り、塗膜の下で鉄板を蝕んでいったんですね。

+++——————————————————————————————-+++

 

それでは、いざ!修理に取り掛かりましょう💪

 

まずは錆の除去から!

錆がまだ浅く、サンドブラストで除去してあげると、きれいに落ちました!

軽いうちに気づけてよかった‼️

鉄板剥き出しにした状態なので、

すかさず錆防止のためにプライマーを塗布!

空気中の水分や酸素が鉄に付着すると、それがまた錆となるため、できるだけ素早く!

直ぐに処理したいのです。

 

プライマーできちんとした処理をしておけば、後々のサビ発生率も大幅に少なくなります👍

たっぷり塗布したプライマーはしっかり乾かします。

熱をかけて乾かす時に、プラスチックで出来ている部品の変形しやすい箇所は、こうしてアルミで保護をしておけば安心。

そして、サーフェーサーで下地をしっかりと。

UVサーフェーサーを使用して、しっかりと密着させます。

サーフェーサーの上にはUVパテを使用して、

仕上がりとなる形を作り表面を整えておきます。

 

こうして、ようやく、塗装作業です。

サビで削った部分は小さくても、仕上がりと経年のことを考えると、色を塗る範囲は、ココ!

色を描けないところは全て、ミストが入らないようにしっかりと養生します。

マスキングは、一見塗装と関係ないように見えて、仕上がりを決めるための重要な技術!✨

事前にボディに合わせて調色した塗料を、

スプレーガンで塗り重ねました。

赤は染まりにくい色なので、塗装の過程ではちょっとした技術が必要なんですよ😊

 

はい、完成!

瘡蓋のようになった錆のぷくぷくは、嘘のようになくなり、きれいに仕上がりました!

 

このツインをとっても大切に、いつもきれいに丁寧にお手入れしているお客様です。

気がついた時にすぐに修理をしながら、手をかけ続けているから、年数を経てもこんなにきれいなままで保てるんですね!

 

私も、洗車してきれいにしよう〜!✨

お肌も手入れしよう〜👩✨

大切な車を錆から守りたい

車の天敵といえば、やはり  !!

 

北海道の冬は特に融雪剤の影響もある為

錆が発生しやすい状況にあります。

 

今回ご依頼頂いたのはリヤのドラムブレーキとマフラーの防錆。

過去に他社で下廻りも含め、防錆を行ったことがあるようですが

各部の状態を見て、必要であれば追加で防錆をしたいとのご要望でした。

 

リフトアップして点検をしたところ

下廻りはしっかりと塗布されているので、大丈夫そう🙆‍♀️

 

ドラムはというと…

(車体から外した状況です)

▼表側

▼裏側

表も裏も 茶色 👀💦

全体に錆が広がっている状態でした。

ドラムはホイールの隙間から見えるところでもある為

やはり見た目も気になってしまいますよね…。

 

マフラー💨は、塗装が所々剥がれている状態だったので

一本塗るお話で決定しました!

 

 

まずはドラムの施工からです。

この全体に錆が広がった状態で防錆をしても

下から錆が出てきてしまい、あっという間に同じような状況になってしまいます。

 

防錆が無駄になってしまわないよう、今回は少しでも綺麗な状態を長く持たせる為にも

ドラムを新しく手配して塗布することにしました。

 

▼新品のドラムです

こんなにピカピカー✨

 

ここに耐熱塗料を塗っていきますよ〜。

乾かしたら、車体へ装着。

うん、良い感じ👍

 

マフラー全体にも塗布。

 

ドラムもマフラーも熱が加わる部品なので、施工をしたからと言っても

完全に防げるというものではありません😭

ですが 防錆を行うのと行わないのとは、発生の具合や広がり方にも差が出ます。

 

出来るだけ錆が発生しないようにする為には

防錆処理も大切ですが、日頃のお手入れもきちんとしておきたいですね🤗💡

ランクル80錆修理②

錆修理を進めているランクル80。

バンパーを外したら…

左右のリアフェンダー、後ろのフレームも腐食が進んでいます😱

隠れていて見えないところが

こんな風になっているなんて😩

 

真後ろにまわり、フレームのサビ。

こちらも修理します。

きっと前のオーナーさんがヒッチメンバーをつけて、船か何かを引っ張っていたのかな🚣‍♀️

4と書いている、後ろのフレームに付いているボルトを4本😁外します❗️🔧〃

 

はっ😳‼️

見事に3本折れてしまいました💦

そして残り一本は空回りして取れません😰

外れないので、この一本のボルトは、

削り落とします❗️

👇タップで動画再生

そしてボルト部分の溶接と錆を

できる限り落としていきます

これでよし。

 

左右のリヤフェンダー、車体の下からも

もろく崩れてしまう錆部分は、落とせるだけ落としてしまいます。

そして、サビを落として切り取った場所に

ちょうど貼り合わせられるような形の鉄板を作ります。

そして、ピッタリに型取った平らな鉄板を

更に変形させ、ボディの形に合うように何度も調整して、

表から溶接していきます。

形が見えてきました!

ほぼほぼ復元してきましたね!!

 

溶接が終わるとプライマーを入れて、

次は塗装です!🙌

がんばれ みんな〜🥳🎶

車のドアキャッチ周り 錆修理

ここが錆びているのだけど修理できますか?

ん?どこ?

 

あら!ほんと!!

キャッチの隅から錆が確認できます

『どうしてこんな所が錆びるんだろうね?』

 

キャッチがボディーと擦れて錆びちゃっているのかなぁ?

外して確認してみましょう!

 

じゃじゃんっ❗️

えーーー、なにこれーーー😩

すんごい茶色くなっちゃってるんだけど〜

 

と、、思ったら‼️

👇こっちかーいっ

原因は、ボルト‼️

キャッチを止める土台のボルトが錆びていました!

ボディーの錆じゃなくて良かったです!

 

錆の色は綺麗に落とし、

後は、ボルトを新品に交換して終了です。👍✨

 

しかし🤨こんな所が錆びるとは!😳

下回り防錆が大切な理由

以前、新車時に防錆を行い10年経過した車の防錆状態をお伝えしたことがありました👉こちらのブログ📝

今回はその車両よりも少し新しいお車が点検で入庫。

せっかくなので下廻りを見てみることに👀!!

 

リフトアップをして覗き込んでみると…

え…‼️新車の時から一度も防錆処理をされていない⁉️

 

防錆していないということは、

あ〜〜〜、やっぱり錆が…😫💦

 

よく錆が出るフロアの裏側には、もう錆が見えています。見た目よりも大きく内側で錆が広がっている状態です。

錆は一度出始めると進行も早く、あっという間に穴が空いてしまいます。

▼フロア裏側に発生した錆

▼バックパネル裏側の錆

 

左右のクォーターパネルは、袋状になった内側から錆による腐食が大きくなっていて、

穴が開いてしまう寸前です😱❗️

 

▼右

▼左

 

ヤバイ‼️ これは直ぐに直さないと‼️

年間5,000km程度しか走らない使い方で、現在の走行距離が4万km台。

このまま定期的なメンテナンスさえきちんとしていれば、まだまだ長く乗れる状態の車なのに…😫

 

ボディが錆に侵されてしまうと車検に合格できないほど鉄板が脆くなってしまいます。

それだけは、防いであげないと!

もったない!!

 

防錆している車としていない車の違い。

『防錆』がいかに重要かがわかりますね❗️

 

お車を長持ちさせる為にも

車の下廻りは、しっかりと防錆しましょうね😉✨