リヤフェンダー 凹みからきた錆の修理

下廻り防錆でのご入庫ですが、

左リヤフェンダーが凹んで錆が出ている部分について相談をしました。

下廻りの錆を防ぐことも大事ですが、

ボディの錆を抑えることも大事です。

 

まだ錆が根深くなさそうなので、今のうちに一緒に修理をしましょう!ということになりましました☺️

 

板金塗装の為に、取り外しておく必要のある箇所を分解しておきます。

 

 

 

凹みを直してサンダーを掛けると、

殆ど錆が無くなりました。

 

 

この後、転換剤→プライマーと進みます。

研いで必要最小限で形を整え、

塗る範囲を養生し直し、塗装します。

リヤフェンダーは、フロントフェンダーやドアやボンネットと違って、ボルトで留まっていないので、錆びが進みすぎて交換が必要になると、倍も3倍も4倍もと、大変高額な修理となってしまいます。

 

 

ちょっとのヘコミでも、塗装が割れてしまうと錆の原因になってしまいます。

錆がひどくなる前に、

早めの修理をおすすめします🚗💨

クォーター錆 カットして溶接

錆は思いのほか大変なことになっていることは

昨日のブログでお伝えしましたが、

形のなくなってしまうような錆について

どのような修理を行うのか。

 

腐食しすぎた車の錆は

切除するしかない

 

錆は癌のようなものです。

残しておくと増えて悪くなるだけなので、

取っちゃいます。

 

お医者さんが、オペの計画を立てて相談。

 

メス!

時間を掛けて、裏も表も見ながら切除。

 

 

 

 

左側は、外側だけで何とかなれば良いなぁと思っていましたが

だめでした…❢ こちらも切除が必要ですが 右と比べるとまだ小さくて済みます。

多少の大きさの違いはありますが、やることは一緒😅

なので、本当は料金的に右側の料金×2 になるところですが

最初の予算のとおりに!!

 

わずかに残っている錆の子供は、黒錆に転換させてから封じ込め作戦!

そして、カットした箇所は鉄板がむき出しの状態なので、すぐに防錆処理をしてあげます。

こうすることで、車のボディ表面だけでなく、内側からの錆も抑えられるので

再び錆が出てくるまでの期間を遅らせることができるのです。

▼ツヤっとしているのが、防錆です。

 

カットした形を型取り、新しい平らな鉄板を切り取って、

 

ボディに合わせて再現させます。

皮膚移植?みたいな感じ?

 

溶接でつなぎ合わせて、形を修復。

 

きれ~いにカタチを作り、デザインとなるラインも作り、

 

塗装前の防錆もしっかりしたうえで

塗装!!!

 

完成したお車、引き渡しの時には

とぉっっっても喜んでいただくことができました😊

 

どうせやるなら、ちゃんと!!ね

 

ちゃんとやらないなら、

やらない方が良い(笑)

 

安価なパパッと修理は、どんな修理なのかを確認して納得してからにしましょうね!

車の錆は 見た目よりも重傷

気になっていて、直したいと相談を受けることが多いクォーター(リヤフェンダー)の錆。

 

『パッと安く直したい』と考えたくなるところですが、

乗りたい期間を確認してから

必ず伝える言葉。

『パッと安く直すなら、やらない方がいい』

 

だって、せ〜っかくお金を掛けて直そうと思ってお願いするのに、

すーーーーーぐまた錆が出てきちゃうから。

そしてまた、同じお金をかけて直して…って繰り返すことになっちゃうのです。

もったいないっ😩

損する😩

 

錆は想像以上に厄介なのです。

 

車の錆は見た目より深刻

 

『まだ長く乗りたいので、綺麗にしたいなと思って。』

ご夫婦で、車を見せに来てくれました。

可愛いデザインのミラジーノ。

気になる箇所は、左右のクォーター(リヤフェンダー)です。

 

 

右と比べて、左の方がまだ錆の程度は小さめですが…。

 

見た目で確認できる錆の広がり具合は、

塗装の下のボコボコで認識できますが、

ボコボコしている範囲だけには

とどまらないんです。

車の構造として、鉄板一枚で出来ているのではなく、袋状に立体的に、端の方は2枚以上の鉄板が合わさって閉じています。

 

右側の錆、塗装面が浮いてペリっと剥がれたところは、赤茶色〜く腐食していました。

 

車の錆の進行って、

実際どんな感じなの?

塗装面がカバーのようになって、内側の錆が進行しているのが分かりにくいのですが、

錆修理をするには、錆を極力、落とせるところまで削り落としてあげる必要があります。

 

どの位進行しているかは表面の錆を落として見てみると分かりやすいです。

やってみましょう!

少し落としてみました。

錆でパサパサになっているところを落とすと、既に外側の鉄板が一部無くなっています。

更に、外側の鉄板の茶色いところを、サンドブラストで落としてみると、

こんな感じになりました。

▼表面の茶色は落ちたけど…

なんだか、ニキビ跡みたいに

プツプツボコボコが😫

 

錆は針の穴のように、

鉄板に刺さり込むように、

点々と錆が広がり進行します。

 

修理のタイミングは、症状が浅ければ浅いほど、再発のリスクは低くなります。

 

プツプツと黒い点が沢山あるのは

全部錆の影響です。

まだ茶色く見える、内側の鉄板も同様。

 

もし、これを残すと、あっという間!

修理前の状態のようになるまで進行するのは、そう長い時間ではありません。

錆を表面だけザッと削ってパテ盛って塗装しただけなら、

プツ…、プツ…、と膨らんできてしまうのは

もしかすると何週間と持たないかもしれません。

どの位持つか?という期間は、状態や使用環境などにより異なりますので、何とも言えないのです。

 

中古車は、買うときに綺麗だったら分からない という、残酷な錆の実態😱

 

実はこの車両、パッと仕上げの錆の修理を繰り返していたことがわかりました。

ちゃんと年輪のように修理跡が残っています。

白はボディ色、グレーはサーフェーサー、

修理をするごとにサーフェーサーを塗るので、何層にも重なっているのは何度も修理をした証拠。

 

さ〜て。この錆をどうするかですが、

修理の過程は、

また、明日😁😁😁

思い出の車 クォーター錆修理


『ディーラーへ行ったら、買い替えたほうがいい…と言われてしまうけど、まだ調子が悪い訳じゃないし、この車を出来るだけ、長く乗りたいんです。』


実は、この車は、

他界された奥様が選んだ車。

思い出をいっっぱい乗せた、大切な車です。

直したい箇所は、右側のリヤフェンダー、タイヤハウスまわり。

錆びやすい部分です。

お客様が指差したのは、リヤフェンダーの後側。バンパーとの繋ぎ目付近でした。

ここを直すなら、

こちらの錆も気になりますね。

と、大ちゃんが指摘したのはタイヤハウス前側。

『あぁ!ほんとですね。そこは気づかなかったです』

錆の修理方法などについて細かくお話ししたあと、

参考までに…と相談したかったのが、リヤバンパーにつく、スポイラーの修理。

ご自身で割れた箇所を直し、缶スプレーで塗装もしていたそうですが、口が開いてしまい何度もやり直ししていたそうです。

現在は生産終了しているため、同じデザインで部品交換はできません。

こちらも、修理方法などを説明して、ご検討いただくことになりました。


そして、

錆の修理でお預かりの日。

『ブログを見て、スポイラーも修理をお願いすることにしました!』

悩んでいたスポイラーも、お任せいただくことになりました。

出来るだけ綺麗な状態で、長く乗りたい気持ち、車と一緒にしっかりとお預かりします‼️


リヤフェンダー 錆修理


リヤフェンダーの錆は、まだ重症ではなく充分修理が可能な状態。

前側の錆は縦に長く進行が始まっていました。👇

👇せっかくなので小さな錆も。

後ろ側の少し大きくなりかけていた錆をしっかり落としましたご穴が開くほどにはなりませんでした。

防錆処理は、たっぷりと丁寧に行い、塗装します。

鉄板の表面もきれいに処理して

仕上がりもきれいに!

これで、しばらくの間は綺麗な状態を保てるでしょう!

錆は一度進行してしまうと、進む一方。強力な防錆剤でも、進行を防ぎ発生を遅らせることしかできません。

またまだ長く乗りたい予定の車は、大事に至る前に錆処理することをお勧めします😊

明日はスポイラー溶接修理の様子を公開しますね!

ショックが無い⁉️これは危険

知り合いから個人売買で車を買ったお客様。

冬タイヤを買わないと、無い‼️

という所から始まり、タイヤとホイールをまとめて準備。

そして、タイヤ交換で一安心😵💨

と、思いきや!

あっれーーーーー!

なんだこれ!

バネは付いてるけど、

ショックが無い‼️

ちょうどあと一か月で車検満了です。

車検、通るかなぁ〜っ

あまり料金が掛からず、安全に乗れることを祈って‼️

次は車検の準備ですね!

27日の車検、錆が心配。

見積り どうなるかなぁっ💦

車両保険 使えるかどうか?

車両保険を使用して直したい、というご要望のお客様のお話です。

『下をガーンとぶつけてしまって、

タイヤの前が折れてしまったんだわ。そのせいでね、タイヤが引っ張られてズレてるんだ。』

営業時間が過ぎた、夜のご来店だったため、今は確認ができないので、リフトに上げて点検してから連絡するという約束をして、車両をお預かりしました。

下廻りを打った?縁石か何かに?

たまたま、同保険会社で別の車両調査の立ち会いに来たので、一緒に見てみましたが…

これは……………

確かに折れているけど、

打った跡が無い⁉️

サビで腐食してしまい、弱くなった部分がゴンッと折れてしまったのでしょう。

もしかすると、その折れた時の音がぶつかった音に聞こえたのかもしれません。

どの様に確認しても、やはり劣化・腐食によるもの。

これは、車両保険の対象外です。

残念ですが、今回は修理をするなら自費でということになりました。

他の部分も錆の影響が大きいため

修理は諦める流れとなってしまいました。

次に乗るのは、コンパクトカー❗️

気に入った一台が見つかりますように☺️