アウディ左フロント修理

旦那に内緒で今日中に何とかして欲しい・・・旦那さんが帰って来るのは夜!

ハイ喜んで!

私たちの出番です!!

 

きっとバレないでしょう!

ミライース バンパー修理

車を壁に擦ってしまったと言ってご来店。

 

あらら、結構大きな傷。

でも、傷だけでどこも割れてません。

 

朝入庫して当日返しで修理です!

バンパーを研いで素材が剥き出しに(黒い部分)

ここにプライマーを塗布しないとパテも塗料も密着が低下します!

UVのプライマーを塗り傷の深い所はパテを付けます

 

パテを研ぎ、紙を貼り、UVサフェーサーを塗布。

 

 

サフェーサーを研いで塗装できる様に紙貼り!

この状態までするのに1時間もかかっていません!😄👍

 

 

そして、最後に

塗装ーーー

 

きれいに直りました😊

ランクルプラド バンパー修理

この車を大事にしているのがわかる、

きれいなランクルプラドです。

それが、いつの間に!こんな所に傷がっ!

ちょっとの傷ですが、目立ってしまいます。

相談の結果、部分的に修理をすることになりました。

ソナーは塗装をするとセンサーが効かなくなるので、マスキングで隠して。

マスキングをしたキワは、塗装の下処理に限界があるので、どうしてもクリア剥がれのリスクがついてきます。

が、そこは極めて丁寧に。

出来る限り細かく処理をします。

傷は研いで平らにしてから柔らかいバンパーに最適なUVパテで削った部分を補修。

そして、バンパーの形を復元させるために、ミクロン単位で補正します。

塗料を密着させる役割のUVサーフェーサーは透明なので付いているかどうか写真ではわかりません(笑)

塗料をかける部分は研いでいるので、艶消しになっていますね。

塗装は、ブースで。

チリやホコリ、余分なミストを寄せ付けないようにしながら。塗装を行わない箇所は覆ってしまいます。

 

車体に合わせて調色をした塗料で、

塗装をして、磨いて、完成✨

お客様は、出来上がったバンパーを見て、

手でさすりながら満足気に微笑んでいました。

大切にされているお車を、

私たちにお任せいただき

ありがとうございます😊

樹脂フェンダーだから錆びない

フロントバンパーと左側のフロントフェンダーに傷がついてしまったから、直してほしい! と、

函館から来てくれました😁

 

ガソリンスタンドが少し混んでいて、他の車を避けてハンドル操作をした時に、狭くて壁に擦ってしまったとのこと。

💁‍♀️来る時に?

👩‍🦳ううん、何日か前にさ。

 

バンパーの角と、フェンダーにもまたがってザリッと傷が白く残っています。

でも、全然錆びてない。

 

👨‍🔧これは、フェンダーも樹脂だから錆びないですよ。

👩‍🦳あら、そぉ‼️ 錆びないの⁉️  でも、タッチペン持ってるけど、それじゃカッコ悪いから💦 やっぱり直して欲しいなぁ…。

 

ということで! 修理することになりました。

赤みがかった紫のような、赤茶色のパール色。

見る角度による色の見え方をうまく出さないとならないので、難しい色です。

そして、後々ぼかし目が気にならないように。

先ずは研いで傷をとります。

そしてUVパテを使用。

パテもきれいに整えて塗装の準備です。

塗装をする時は、塗料を密着させる準備として必ず塗装面を研ぐ必要があります。

そして、塗らないところは全て養生して隠してしまいます。

塗装前にはUVサーフェーサーを塗布。

その上から塗装をしますが、色をパッと掛けて終わりではなく、何工程も経て、何度も何度も色を重ねて仕上がっていくんですよ。

 

👩‍🦳『え〜っそんなに大掛かりなの、知らなかった!』

と驚きながら、仕上がりを見て喜ぶお客様。

👩‍🦰『傷ついて歪んでるのに、なんで形が全部元どおりになるのか、スゴイ‼️』

というお孫さん(笑)

 

 

すっかりきれいに直りました😄

 

FRPボンネット塗装 ハイエース用

ハイエースのボンネットを塗装して欲しいという依頼がありました。

素材はFRPとのこと。

車体色はパールホワイト。

安い料金で塗装してくれる業者は沢山あると思います。が、仕上がり品質について納得がいくかどうかは別問題。

このお客様も、安価な業者に依頼し失敗した経験があるとのことでした。

今回は、納得いく仕上がりになるでしょうか。


FRPは下地が肝心


 

FRPは材質的に、元々の素地の面をきちんと拾ってあげないと、塗装を終えた後にプツプツとした穴が沢山あいてしまいます。

 

特に、裏返した貼り合わせの部分は、素材そのものが出ている部分なので、必ず巣穴があるものなのです。

 

 

ゲルコート仕上げなどと記されていることが多いですが、高価な商品ほど、表面の仕上げは丁寧に施されています。

 

ということで、

巣穴は埋めてしまいます。

巣穴だけが埋まれば良いので、これをまた研ぎ落とし、サーフェーサーで下地処理をします。

 

 

塗装の密着性を高め、表面の滑らかな仕上がりを出すための過程です。仕上がりを美しくするためには、下処理がとても大切なのです。

 

そして、下色として白い塗料を塗った後に、パールを重ね、クリアを塗って、と何重にも重ねてパールホワイトが出来上がります。

 

裏も表もピカピカの仕上がりになったボンネット。

実際に車体に取り付けるのは、ご自身でされるそうです。

気に入っていただけると嬉しいなぁ!😆🎶

 

そうそう、

テクニカルオートの駐車場が区切られ、以前より狭くなってしまいました。

ご来店いただく皆様には、ご不便をお掛けすることがあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

 

 

部分塗装の範囲って?

車を修理するとき、

『自費でできるだけ安く』というご要望が多くあります。

安価に抑える工夫の中のひとつとして、よくお話しするのが〝部分塗装〟です。

 


部分塗装の『部分』って?


 

お客様がイメージする『部分』と

塗装を行う範囲の『部分』とは、

結構違いがあることが多いです。

小範囲の傷修理に関して、部分的に塗装を行う場合の、実際の塗装範囲を伝えると、

『そんなに広く塗装をしなくて良いので、この傷の部分だけやってください』と言われることも多く、時には説明も聞いてもらえず怒られてしまうことも…😅

 

では、部分塗装をお客様がイメージする傷の部分に極力近い範囲で塗装した場合、仕上がりはどうなるか?

 

ボディに合わせて調色した色を、

超!部分的に吹き付けてみました。

👇こうなります

 

わかりますか?

 

ペターンとワッペンを貼ったように、

塗りました‼️ というおかしなことになってしまいます。

 

塗装を行う時に使うスプレーガンは、

細かいミスト状の塗料をふんわりと吹き付け色を重ねていくので、ある程度の範囲を持たせることは必須です。

また、ぼんやりと塗って分からなくするように調色と塗装の技術が必要なのです。

 

極力小さく、且つ、ボカシ目がわかりにくくなるような切れ目を見極め、傷の状態と車体の形状、色の特徴を見ながら、部分的な修理の『部分』という範囲を決定するのです。

 

 

すると、このように、

きれいな仕上がりになるのです。

先程の、ワッペンを貼ったような塗装と同じ塗料を使用しました。

 

きれいな仕上がりに必要な、範囲の決め方は料金を引き上げるためのものではありません。

正直に、必要なことをお伝えし、ご納得いただいた上で完成と引き渡し後のご満足に繋がります。

もし、10センチ、15センチで局部の塗装ができるから安いですよ!というお店があったときは、本当にちゃんと直るのかな?と思ってくださいね。

テクニカルオート、今週も誠実な気持ちでスタートです🎶

部分塗装 ボカシ目って何?

部分的に修理をする時、

塗装をする範囲も部分的になります。

とは言っても、局部ではありません。

損傷個所付近の形状により、塗装をどこで切るかを考えて良い場所を決めないと、「塗りました感」が凄まじくなってしまいます。

 

そして、塗装を掛けた境目を 私たちは「ボカシ目」と呼んでいます。

修理直後はどこを塗ったか、わからないくらいきれいになります。ボカシ目はわかりません。

でも、時間が経つにつれ、塗装のボカシ目は モヤモヤモヤ~っと現れてきます。

色の種類では特に、黒い色のとき、ボカシ目は目立つようになります。

 

 

ちょうど、黒い車両でボカシ目が出ている個所を見つけました。

よく見るとわかります。

上の濃い色と半分から下の白っぽくすすけたような色。 これが、ボカシ目です。

こういうボカシ目が 後々なるべく分からないように、パネルのラインや面積の狭い所で暈かします。

 

車の汚れをきちんと取らないと、

塗った個所は微妙な厚さがあるため、

色の境目がはっきりと出てしまします。

ボカシ際にコンパウンド、次に油汚れ落としのクイックベースできれいに落とします。

 

塗装後の手入れは、黒専用のワックスを使用するのが一番だと思います!

 

色の境目を何回も洗車して拭くと、目には見えにくいような小さな傷がついて重なり、

次第にボカシ目が目立ってくるので、ワックスを使用することにより膜を作ってあげることができるからです。

 

2コートレッドパールの塗装

赤の2コートパールの塗装は、

染まりが悪く難しい塗装です。

まず、上色を染まりやすくするために、白っぽい色を下色として、2回、重ねて塗ります。

この時、ぼかしを入れるために隣接するパネルにもぼかしの範囲で下色を塗ります。

パネルの裏にも同様に。

次は、上色です。

調色する時にも、実際に下色→上色と塗ります。

そして上色を塗る回数を決めて調色を行います。

上色の塗り回数が多いと、色が濃く出てしまいます。

今回のこの2コートレッドパールは、下色2回・上色4回・最後にクリヤーを3回と、合計9回塗りました。

色としては2コートパールですが、

実際には、下色も合わせて3コートです。

フロントグリル 持込 塗装

部品の塗装をして欲しいと相談にいらしたお客様。

タブレットで表示されたのは

アウディのフロントグリルでした。

表面のメッキ部分はそのままに、

内側の素材部分をピカピカの黒に塗装したいとのご意向。

そして、何とか安価でやって欲しい!!

そもそも、やってもらえるかどうか⁉️

でーきーるーけーどーーーー

やるとしたら、

①マスキングをするのが大変

②塗装をするだけで下地処理はできない

③後々、剥がれやすいかもしれない

塗装よりもマスキングで細部までキレイにする方が手間が掛かるので、『安価で‼️』というなら、

自分でマスキングをしてくるなら半額以下に!

よし!!!!やってみる!!!

実はこのお客様、『職人工房』と看板の入った車でご来店されました。

👇職人工房

もしかしたら、マスキングできるかも?と思ってのご提案でした。

使うマスキングテープは、いっつも使ってるのでいいのかい!?

そのうち、また相談に来るから!

と言ってお帰りになり、

2日後。

お客様、ご来店。

『これでいいかい!?』

マスキングテープを貼ったところだけ、色が掛かりません。

テープのつなぎ目や、少しはみ出ているところ、隙間のあるところも全て、そのままの切れ目で塗装されます。

ご自身で貼ったその通りで良いと確認の上、お預かりしました。

結構時間が掛かったと思います。

意気込みを感じます😆

ご要望通り、黒のピカピカ仕上げ。

塗装完了です。

素材の色だと濃いグレーで何となくぼんやりしていましたが、

黒に塗ると、メリハリが出てかっこ良くなった‼️

お客様は満面の笑みで、大満足して大事にお持ち帰りになりました。

車の塗装 同色番号でも多種類

車の塗装を行うとき、塗料はその都度 調色をして作ります。

全車種に『カラー番号』があり、基本の色となるものから現車に近づけていくのです。

今日、紹介するのはスズキのZSFというカラー番号。

ZSFを作ればいい…って、あれっ!

1、2、3、4、5…

カラー番号って1種類じゃないの⁉️ こんなに種類あるの⁉️

そうなんです。ひとつのカラー番号に、だいたい5〜6種類の色データが存在しているのです。

その中で、一番ボデーに近い色を探して、その色を基準に色を作ります。

乾いた状態、濡れた状態、

確かめながら

どの色が近いかな?

一番近い色を実際に『塗り板』に塗って、どんな違いかボディと合わせて確認します。

白い枠の中に入れると、違いが分かりやすい!

足りない色は何かな?

余分な色は何かな?

色を補い、色を抜く。

微妙〜な調整ができるのが職人技!

そして、車体と合わせるときに太陽の光で見る時と、人工太陽灯の光で見る時は、また違って見えるんです。

最初はここから!超絶調色微調整のスタートです。

最高に近くなって初めて、塗装作業に移ります😊