ボルボ リアゲート&バンパー修理

リアバンパーの修理でご来社頂きました

ボルボのお客様。

が!

洗車をするとリアゲートにも傷があることに気づき、リアゲートも一緒に修理をする事に。

 

先にリアゲートのボルボのエンブレムを発注して、エンブレムが入荷次第ご入庫となりました。

国産メーカーでしたら部品は直ぐに入る物も多いのですが、輸入車は時間がかかる物が多いです!

本国手配だと2、3ヶ月なんて事も!

運良く国内在庫でしたので、

1週間で入荷しました。

 

 

塗装を行う箇所を決め、縁取りは細かく丁寧に。

キワを出来る限り緻密に

隙間の状態を確認しながら

マスキングを行います。

エンブレムを外し傷をとりサフェーサーを塗り、紙貼りをして塗装です!

 

 

出来上がりました。

塗装後です!

 

洗車、最終点検をして、

エンブレムを貼り作業完了です!

傷は無かったことのように元通りです。

 

 

 

バンパー塗装剥がれの原因は

『洗車をしたらバンパーの塗装が剥がれてしまいました

アテンザにお乗りのお客様がご来店。

 

どれどれ

見てみると本当にペリペリと剥がれてしまっています🔎👀

 


塗装が剥がれる原因は?


 

なぜ、洗車だけで塗装が剥がれてしまうのでしょう?🤔

 

それは

塗装の仕方に問題が。

新品のバンパーは二種類あります。

メーカーで塗装済みの物

②未塗装の物

 

車体に合わせて塗装が必要な『未塗装品』は、塗装を行う際にきちんとした下地処理やプライマー塗布作業が大切です。

そして、プライマーを塗布した後の色を塗るタイミングも重要です☝️

 


色剥がしと再塗装


では、綺麗にしていきましょう~

剥がれてしまった物は

一度全部剥がしてしまいます‼️

高圧洗車で少しずつ。

剥がれにくい箇所もありますが

そこは粘り強さで!笑

手でもペリペリ剥がしたり👏

上手く剥がれると気持ちが良い~😆

 

時間は少し掛かりましたが

何とか綺麗に剥がせました🙆

 

さて、ここからがいよいよ本番です。

 

ここから塗装前の大切な下地処理は丁寧に。

 

塗らない箇所はきれいに養生して隠します。

マスキングテープで塗装の切れ目をキレイに縁取り!

これを手伝ってみると、結構細かくて難しいんですよ。

下地処理をして、

油分をきれいに拭き取り、

プライマーを塗って、

塗料の密着性を確実に!

この施工を怠ったり適当に済ませてしまうと、耐久性が低い塗膜になり、今回のように洗車などの圧力にさえ耐えられず剥がれてしまう事態になります。

 

怖いですね💦💦

 

そして塗装へ

こんなに綺麗になりました★

 

これで洗車も安心して行えますね!!

塗装につくゴミってこんな感じ

塗装をする時、ブース内で気を使っても

静電気でいつのまにか着いてしまうゴミ‼️

新車のボディにでさえ、よく見ると沢山見つけることが出来ます。

 

塗装をした時に着いてしまったものは、きれいに取り除きます。

丁寧な仕上がりには欠かせないチェックのひとつです。

 

ゴミと言っても、本当に、点!

わかりますか?

わかりやすいように撮りましたが、

アップにすると…これです!

目を凝らし、角度を変えてよく見て、光の加減で、あった!と見つける位の小さな『点』です。

 

大抵、表面に付くだけなので、表面のゴミは簡単に落とすことが出来ます。

 

 

 

こういった、気にするかしないか分からないくらいの、小さな小さなことに、大きく拘るのが、一流と言えるのかもしれない😁

 

せっかく綺麗にするのですから、

きちんとしたコトをしたいですもんね!

 

バイクのパニアケース塗装

🤙📞『パニアケースの塗装して欲しいんですけど』

 

👩‍🦰❓❓❓マニアケース❓❓❓

🙅‍♂️違います。マニアではありません。

 

バイクの、後ろにつける、ケース。

あぁ〜💡 へぇ〜〜👩‍🦰

 

で!

 

パニアケース、実際にお預かりしました。

 

お持ち込みされたパニアケースが、これ。

 

ケースのカバーなど数点を塗装します。

色はこの色に合わせて、黒くラインを入れている所は赤とオレンジのステッカーを再現。

ラインは、マスキングで作ります。

ほっそくてビシーッと綺麗に入れるラインのマスキングは、こんな感じ‼️

 

バイクのボディに合わせた色なんですって‼️

来週、ツーリングに行くので、せっかくだから間に合わせたいご希望✨🏍✨

 

いかがでしょう〜😊

ご満足いただけるかしら⁉️

ツーリング、楽しみですね‼️

レクサス屋根修理 際まで細かく

車の屋根に飛び石による凹みができてしまい、

レクサスをお預かりしました。

保険は使用せず、自費で済ませたいため、

安い方法できれいに直したい。

 

本来、ルーフの修理をする時は、

きれいに仕上げるために

フロントガラスやリヤガラスを外し、

端々まで全体に塗装をし終わってから

ガラスを被せて完了する流れとなります。

▼別の車両ですが、こんな作りです

本当はこのように色を塗ってから、

ガラスやモールをはめ込むようになります。

 

 

今回は費用を抑えるために、

前後のガラスを外さず塗装を行います。

 

通常、ガラスの縁には

ゴム製のモール(パッキンのような役割のもの)が付いています。

 

ガラスというよりボディ側にピタリと寄り添っている状態なので

マスキングで塗装をする場合、このゴムモールに塗料が掛かって

美しさに欠けたり、縁からの塗装剥がれの原因になったりするのです。

 

今回はガラスを外さない為、モールもついた状態!

ですが、少しでも品質よくというご要望により

モールとボディの隙間を作り、

ワンランク上のマスキング塗装をしました。

 

使用するアイテム✨

じゃじゃーん

片側の端に少し硬めの透明フイルムがついた粘着テープ!

ルーフとゴムモールの隙間に、

このアイテムを差し込み、

0.3mmの隙間を作ります。

右から左までずーっと隙間を広げた状態で固定してマスキングをすることにより

モールに色は付かず、モールとルーフが塗料でくっついてしまうこともなく、

また、隙間の塗装前処理が細かくできる為、塗装がはがれにくくもなります✨

 

この専用アイテムを使用すると、

マスキングテープで同作業をした時より数倍早く、時間を短縮できます。

凹み部分箇所はUVパテを使用して修復しました。

端まできれいに仕上がるように工夫し

丁寧に進めています。

 

全体の塗装が終わったら、

最後に磨きを掛けて仕上げます。

屋根以外はすべて覆った状態です。

 

昔は無かった便利なものが、

今の世の中には沢山あるなぁ~!と改めて…😊

 

便利グッズや便利な機械をうまく利用しながら、

技術と品質の向上を目指しています😊

アウディ左フロント修理

旦那に内緒で今日中に何とかして欲しい・・・旦那さんが帰って来るのは夜!

ハイ喜んで!

私たちの出番です!!

 

きっとバレないでしょう!

ミライース バンパー修理

車を壁に擦ってしまったと言ってご来店。

 

あらら、結構大きな傷。

でも、傷だけでどこも割れてません。

 

朝入庫して当日返しで修理です!

バンパーを研いで素材が剥き出しに(黒い部分)

ここにプライマーを塗布しないとパテも塗料も密着が低下します!

UVのプライマーを塗り傷の深い所はパテを付けます

 

パテを研ぎ、紙を貼り、UVサフェーサーを塗布。

 

 

サフェーサーを研いで塗装できる様に紙貼り!

この状態までするのに1時間もかかっていません!😄👍

 

 

そして、最後に

塗装ーーー

 

きれいに直りました😊

ランクルプラド バンパー修理

この車を大事にしているのがわかる、

きれいなランクルプラドです。

それが、いつの間に!こんな所に傷がっ!

ちょっとの傷ですが、目立ってしまいます。

相談の結果、部分的に修理をすることになりました。

ソナーは塗装をするとセンサーが効かなくなるので、マスキングで隠して。

マスキングをしたキワは、塗装の下処理に限界があるので、どうしてもクリア剥がれのリスクがついてきます。

が、そこは極めて丁寧に。

出来る限り細かく処理をします。

傷は研いで平らにしてから柔らかいバンパーに最適なUVパテで削った部分を補修。

そして、バンパーの形を復元させるために、ミクロン単位で補正します。

塗料を密着させる役割のUVサーフェーサーは透明なので付いているかどうか写真ではわかりません(笑)

塗料をかける部分は研いでいるので、艶消しになっていますね。

塗装は、ブースで。

チリやホコリ、余分なミストを寄せ付けないようにしながら。塗装を行わない箇所は覆ってしまいます。

 

車体に合わせて調色をした塗料で、

塗装をして、磨いて、完成✨

お客様は、出来上がったバンパーを見て、

手でさすりながら満足気に微笑んでいました。

大切にされているお車を、

私たちにお任せいただき

ありがとうございます😊

樹脂フェンダーだから錆びない

フロントバンパーと左側のフロントフェンダーに傷がついてしまったから、直してほしい! と、

函館から来てくれました😁

 

ガソリンスタンドが少し混んでいて、他の車を避けてハンドル操作をした時に、狭くて壁に擦ってしまったとのこと。

💁‍♀️来る時に?

👩‍🦳ううん、何日か前にさ。

 

バンパーの角と、フェンダーにもまたがってザリッと傷が白く残っています。

でも、全然錆びてない。

 

👨‍🔧これは、フェンダーも樹脂だから錆びないですよ。

👩‍🦳あら、そぉ‼️ 錆びないの⁉️  でも、タッチペン持ってるけど、それじゃカッコ悪いから💦 やっぱり直して欲しいなぁ…。

 

ということで! 修理することになりました。

赤みがかった紫のような、赤茶色のパール色。

見る角度による色の見え方をうまく出さないとならないので、難しい色です。

そして、後々ぼかし目が気にならないように。

先ずは研いで傷をとります。

そしてUVパテを使用。

パテもきれいに整えて塗装の準備です。

塗装をする時は、塗料を密着させる準備として必ず塗装面を研ぐ必要があります。

そして、塗らないところは全て養生して隠してしまいます。

塗装前にはUVサーフェーサーを塗布。

その上から塗装をしますが、色をパッと掛けて終わりではなく、何工程も経て、何度も何度も色を重ねて仕上がっていくんですよ。

 

👩‍🦳『え〜っそんなに大掛かりなの、知らなかった!』

と驚きながら、仕上がりを見て喜ぶお客様。

👩‍🦰『傷ついて歪んでるのに、なんで形が全部元どおりになるのか、スゴイ‼️』

というお孫さん(笑)

 

 

すっかりきれいに直りました😄

 

FRPボンネット塗装 ハイエース用

ハイエースのボンネットを塗装して欲しいという依頼がありました。

素材はFRPとのこと。

車体色はパールホワイト。

安い料金で塗装してくれる業者は沢山あると思います。が、仕上がり品質について納得がいくかどうかは別問題。

このお客様も、安価な業者に依頼し失敗した経験があるとのことでした。

今回は、納得いく仕上がりになるでしょうか。


FRPは下地が肝心


 

FRPは材質的に、元々の素地の面をきちんと拾ってあげないと、塗装を終えた後にプツプツとした穴が沢山あいてしまいます。

 

特に、裏返した貼り合わせの部分は、素材そのものが出ている部分なので、必ず巣穴があるものなのです。

 

 

ゲルコート仕上げなどと記されていることが多いですが、高価な商品ほど、表面の仕上げは丁寧に施されています。

 

ということで、

巣穴は埋めてしまいます。

巣穴だけが埋まれば良いので、これをまた研ぎ落とし、サーフェーサーで下地処理をします。

 

 

塗装の密着性を高め、表面の滑らかな仕上がりを出すための過程です。仕上がりを美しくするためには、下処理がとても大切なのです。

 

そして、下色として白い塗料を塗った後に、パールを重ね、クリアを塗って、と何重にも重ねてパールホワイトが出来上がります。

 

裏も表もピカピカの仕上がりになったボンネット。

実際に車体に取り付けるのは、ご自身でされるそうです。

気に入っていただけると嬉しいなぁ!😆🎶

 

そうそう、

テクニカルオートの駐車場が区切られ、以前より狭くなってしまいました。

ご来店いただく皆様には、ご不便をお掛けすることがあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。