オデッセイ フロントバンパー部分塗装

「バンパーの傷を見て頂けますか?」

オデッセイのお客様からのご相談でした。

何か引っ掛けてついたような傷が一箇所。

 

そして正面から見た時に、もう一箇所うっすらとした傷を発見🔍❗️

 

新しいお車という事もあり

バンパーを一本塗る方法にするか、部分的にお直しするか一緒に悩みました🤔💭

 

*部分的に塗装をすると、黒い色は特に 後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまう事。

 

*一本塗る方法では、バンパーの脱着が必要となり

センサー付きのお車は 同時にセンサーの校正も必須となる事。

 

色々と打ち合わせを行った上で「部分塗装」の方法で修理することにしました✨

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

下地の工程はいつものように、傷を研いで・パテ付け・サフェーサー の流れで♬

 

▼正面についていたうっすら傷は、磨きで取れました✨

 

そして、塗装をして仕上がったお車がこちら💁‍♀️

 

全体にされているお車だったので

傷がなくなりピカピカ〜🚙✨⤴️

 

ご満足頂ける仕上がりとなりました👍

塗装のみでも印象が変わる❗️

保険修理でお預かりしたお車。

 

保険修理の箇所とは別に

別件で傷が出来てしまったところのご相談も頂きました😊

それがこちら💁‍♀️

きちんとした方法でお直しすると、結構な費用がかかりそう…😫

 

何パターンかのお見積りをお伝えし、修理方法をご相談した上で

今回は 凹みの修正は行わず、上から塗料を吹きかけて何となくでも見栄えが変われば良いなぁ。

と言うお話になりました。

 

ご自身でタッチアップをされたような跡があったので

まずはその色を落としてしまいます。

 

そして、塗装前にはサフェーサーを塗布。

塗料を吹きかけるのみのお話でしたが

お預かりしたのもせっかくのご縁🤗❣️

なので、もう一工程 増やし 丁寧に作業をさせて頂きました✨

 

凹みがある状態なので、すごく見違えった‼️ と言う感じでこそありませんが

色ムラや まだら な感じがなくなっただけでも

パッと見た感じの印象は変わりますね😃🍀

スズキ ジムニー ボンネット修理👨‍🎨

 

カーキ色のジムニーのお客様がご来店🏃‍♀️✨

ボンネットに傷がついてしまって・・・とのご相談でした💡

 

磨いて取れるかな❓❓・・・と車の元へ🏃‍♀️

 

あぁ〜〜💦ダメだぁ😖💧

ボンネット全体にモヤ〜っとした細かい傷が無数に広がっています😱

冬の間にスノーブラシでゴシゴシしてしまい傷がついてしまったそう💦

すごい雪でしたもんね😢

 

拡大してみるとよくわかります🔍

白っぽく傷が入っていますね💡

幸い、下地をまで響くような深い傷はなかったため

傷を落とし塗装をし直すことで決定🙆‍♂️

 


 

今回は隣接するパネルへの塗装はしないため

ボディからボンネットを取り外して

ボンネットのみ単体で補修していきます👨‍🔧

ボンネット全面、表面のクリアを研ぎ落としたら

こんな感じに💡

続いて調色です❗️本日は天候がよく調色するにはバッチリの日😄✌️☀️

荒木さんが塗り板に調整した塗料を塗ってボディと照らし合わせ

塗料の色味の加減を調整⏳

その間に森本さんがボンネットの塗装の準備💡

塗料をかけない部分をビニールで養生します🙌

いつもながらチームワーク抜群です😝👍❗️

ブース内にセッティング

この後調色した塗料でボンネットに色を乗せ

クリアを吹きかけたら

 


 

🎉完成しましたっ🙆‍♀️✨

蘇った〜

この後、綺麗に手洗い洗車で室内外清掃をして

新車のようになったお車をお客様へお返しさせて頂きました☺️🌸

ボンネットの塗装修理👨‍🔧

 

今回ご入庫頂いたのはこちらのフォルクスワーゲンゴルフ🚙✨

修理の内容はというと・・

 

ボンネットの色剥がれ&クリア剥がれ💡

矢印のあたりが塗装が剥がれ下地が見えていたり

一部鉄板が出ているところは小さく錆も💦

 

数年前から少しづつ剥がれていたのはわかっていたものの

段々と範囲が広がってきたため

修理をすると決断したとのことでした💡

 


 

▲塗装とクリアが剥がれていたところは深く研磨したあと

パテを使って土台作りから修理し直し

それ以外の部分は表面のクリアを削り落とし

小さな傷も一緒に整えました🙆‍♀️

全体にサーフェーサーを塗布したら

調色していきます👨‍🎨🌈

調色するときは太陽☀️の日が出ているタイミングでするため

天気の良い日でないと見え方が変わるので

仕上がりの色味が全然変わってくるのです💡

正面、横、斜め・・

こちらのお車はキラキラとしたパールが入っているお色のため

見る角度で色味が変化👀

何度も何度も調色室と車とを行き来しながら

調色を進めます🏃‍♀️

 


 

色が決まったらいよいよブースで塗装👨‍🔧

ボンネットの塗装のほか隣接する左右のフェンダーにも

ぼかしを入れるため塗装をしました👍✨

 


 

▲完成しました🙌

▲クリアが剥がれていたところも

▲フチの色はげも綺麗に☺️

 

雪解けで砂埃がかかってしまっていたお車は室内外洗車をして

ピカピカに🙆‍♀️✨

 


 

冬の間に雪かきのブラシで傷つけてしまったようで・・・と

ここ最近ボンネットの傷のお問い合わせが数件ご相談頂いています💡

スコップで雪おろしをしてしまっている方も多いようです💦

これからの時期は砂埃がついた状態でこすったりしてしまうと簡単に傷が付いてしまうので

お水をかけてから汚れを落とすようにご注意くださいませ🙆‍♀️❗️

国内最大パネル塗装!

国産自動車のボルトで脱着できる最大のパネルが、ハイエースのハイルーフ、ワイドのバックドアです!

 

とにかくデカイデカイ重たい重たい😱😭😭

 

バックドアは段ボールに入ってくるのですが、段ボールも大きいです😄😅

もう切り取ってありますが、

このくらい‼️

 

塗装をするのに4人がかりでオリジナルの台に設置😅

安定しないので針金で固定もしています😁

 

塗装するのも大股で全身を使い横に、

上は台に上がって😅😅😄

↑クリックで動画再生(ハイエースリヤゲート塗装 早送り)

 

面積が広いので、使う塗料の量もたっぷりと!

設置も塗装もやり甲斐のあるハイエースのバックドアでした👍😄

 

 

赤の難しさ❗️🚗💡

 

マツダのRX8にお乗りのお客様

フロントバンパーのクリアが剥がれてしまったとのことで

再塗装するためご入庫頂くこととなりました💡

 

▲エンブレムのあたりが剥がれています💦

 

まずは塗装するためのお色を調色するところから進めます💡👨‍🔧

赤いお色のお車は日光の影響を受け、色が抜けてしまいやすいお色☀️

今回はバンパーの塗装をするので隣接するボンネットとフェンダーとの色味を

合わせていく必要があります💡

塗り板を当てながらいろんな角度から

色を確認していきます👀

 

ボンネットは1番太陽が当たっているため

赤が抜けてゴールドが強く出てきてオレンジっぽくなっていているのに対し

フェンダーはボンネットほど抜けていないので赤みが残っている状態

 

▲まずはボンネットとの色合わせ💁‍♀️

赤だけではなくゴールドや白や様々な色を調合し色を作っていきます🌈

❶下色に一度色をのせた状態

❷下色に2度色をのせた状態

❸下色に3度色をのせた状態、ボンネットの色みに合わせてゴールドを多く調合

 

通常の塗装は3コートパールといって下色にもう一度色をのせクリアをかけて3回塗装をかけるのですが

赤の場合はそれでは色が綺麗に出ないため4コートかけていくのです💡

 

 

▼フェンダーとも色を合わせ確認していきます

バンパーに色をのせる際にはゴールドをグラデーションをかけて塗装して

綺麗に馴染むように仕上げていきます🙆‍♂️✨

 

奥から順番に下色、2番目に塗るお色、グラデーションをかけるゴールドのお色💡✨

これに最後透明なクリアを塗装します😄

 


 

調色が完了したら、バンパーを外して塗装の下地作りを

進めていきます🙌

エンブレム以外のところもクリアが剥がれていたので

一通り塗装を研磨し落としていきます🌀

▼塗装を研磨したあとはサーフェーサーを塗布して

いざ塗装👨‍🎨

 

ブースを閉めて塗装をしているため写真がなくてゴメンなさい😭

 



 

塗装が完了したら組み付けをして・・・出来上がり🙆‍♀️‼️

 

Before👉👉

After

 


 

バンパーからボンネットにかけてオレンジ色になっていたお車

Before👉👉

After

見事生まれ変わりました😄🙌✨‼️

 

クラウンのフロントバンパー部分塗装 〜難しい調色〜

クラウンのフロントバンパー修理のご依頼を頂きました。

 

お色はこの型のクラウンになってから出た『1F3』というカラーです。

シルバーメタリックではありますが、正面から見るとゴールドにも見え

スカシはブルーグリーンと赤の中間の色になります。

 

光が当たると正面のゴールドがすごく綺麗な色ですが

こういった綺麗な色は調色が非常に難しいのです。

 

▼こちらが色見本データです。

それぞれのカラーの詳細が書かれていて

裏面にはその色のレシピが載っている為、こちらを参考に調色します。

非常に難しい配合のお色ですが、ここは職人技!

 

色見本を参考に調色をしながらも、最後はお車に合わせ微調整。

綺麗にピッタリとあった色が出来上がり

傷部分の修理も丁寧にお直しすることが出来ました👏✨

修理を行ったことも、わからないくらいの見事な仕上がりとなりました😊👍

お客様から頂いた2度目のご相談

『前にオーバーフェンダーの修理をしてもらったんだけど、また見てもらいたい所があるんだ』

とお電話を頂いたランクルのお客様。

 

再び修理のご相談を頂けるなんて、嬉しい限りです😊

ありがとうございます。

 

今回のご依頼は

①リヤドアの縁に出来てしまった小さな傷を綺麗にしたい

②ヘッドライトを左右とも交換したい

といった内容です。

 

ヘッドライトは70周年記念のカスタマイズパーツが販売されたようで

そちらに交換をしてカスタムしたいといったお話でした✨

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

🔸ドア修理🔸

傷はドアの縁部分にある小さな物だったので、部分的に塗る事が出来ます。

 

いつもの工程で塗装を進めていきましょう✨

 

色もソリッドで白なのでぼかし作業も可能です。

 

ぼかしの部分は予めコンパウンドで汚れなどを落としてからクイックベースで油分を取った後

ガスプライマーでぼかし目が出にくくなるような処置を施して 塗装をします。

一つ一つの工程は私達 職人の手できちんと丁寧に行っていますよ〜👋🙍‍♂️

 

そして、塗り上がったお車は次に磨きをかけて 仕上げに掛かります。

 

うん!良い感じです!!

 

🔸ヘッドライト交換🔸

グリルを外しての作業していきます。

配線類やバルブを新しいヘッドライトに移設します。

左右ともそれぞれ交換が終わったら、光軸調整も忘れずに行います。

 

▼赤い数字は調整が必要な状態

モニター真ん中に表示されている カットラインも🆖

ヘッドライトの裏にあるネジを回し、光軸を調整します。

 

▼上手く基準値内に収まったら緑色の数字に変わります💮

カットラインも🆗❗️

左側も同様に。

調整も完了です👍

 

では、Before → After をご覧ください😊

 

Before

 

After

丸目風のデザインに変わり、前からの印象や雰囲気が大きく変わりましたね 。

 

ドアの傷も綺麗になって、お客様には大変ご満足頂ける作業となりました😊

 

調色の難しさ

フロントバンパー修理でお預かりしたノート🚙

バンパーには擦り傷が見られました。

お車の色はブルーパールメタリックです。

 

車体にはそれぞれコーションプレートという

車両の詳細な情報が記されたプレートが貼られており

そこには、それぞれのカラー番号(車体色)が書かれています。

 

このカラー番号に基づき、色の配合レシピが書かれた色見本データがあり

調色をする時に、その見本に書かれている配合を見ながら計測器で大体の色を作成します。

そして微調色は、現車を見ながら同じ色に近づけていきます。

 

ですが、この色見本データを参考に作った色がピッタリと合うとは限りません。

今回の場合、ボディがブルー系でしたが ブルーと一括りに言ってもその色は何種類も存在し

正面・スカシが 赤い・青い・黄色いといったそれぞれの特性を持っています。

 

▼リヤバンパーとフェンダーの写真です

こちらを見て頂くと、その色味の違いが何となくイメージ出来ますでしょうか?

 

色見本データに書いてあったブルーはスカシが赤かった事もあってか

残念ながら作成した色は車体の色に合わず、使用する事は出来ません✋

 

最初から手調色(職人の感)で

色見本データに書かれているブルーでは無く

違う色味のブルーを使用し合わせてみると…

はい!!バッチリ合ってOK 🙆‍♂️♬

 

倍の時間が掛かってしまいましたが

きちんと車体にあった色を作成し塗ることで納得のいく仕上がりとなりました。

 

改めて…調色は時間のかかる作業ですね!

 

ミライース レッドパールメタリックの塗装

この度、お預かりしたミライース。

お色はレッドパールメタリックでした🌷

 

少し濃い色に見えますが

パールレッドが入っているので染まりにくく難しい色です。。

 

▼色合わせの様子

 

こういった濃い色は、下色から順番に

何度も塗り重ねないと綺麗に色が乗らず

何回塗っても素材の黒い部分が透けてしまう結果になってしまいます。

 

そのため、下色の白を先に塗装し

その上に上色のボディ色を塗り重ねていくのです💡

 

❶ 黒いパーツの状態から

 

❷下色を塗装

ぼかしを入れるために隣接するパネルにもぼかしの範囲で下色を塗ります。

 

 

❸そして上色を塗装

綺麗に染まりました👍✨

 

 

この重ね塗りの工程を怠ってしまうと

一見、綺麗に染まっているように見えていても

太陽に当ててよ〜く見てみると黒い部分がハッキリと分かってしまいます。

 

そんな太陽の光☀️で、小さな傷なども気が付く事が多いんですよ☝️👀