フィット バンパー修理とスポイラー交換 part③

スポイラーの塗装から✨

 

今回手配した『無限』というブランドメーカーのスポイラーですが

車両の色によっては色が付いた状態で販売されていました。

 

ですが、今回のパールホワイトは残念ながら色付きでの供給がなかった為、塗装が必要。

その塗り方は1色では無く、2色の塗り分け塗装です。

 

 

通常通りスポイラー一本をメインの色で塗装した後

ここからが塗り分け塗装のポイント☝️

 

まずは、黒く塗装する部分をマスキングで型どりします。

 

▼アップ📸するとこんな感じ

 

左右共マスキングで型どりが出来たら

塗装をしない箇所を紙で養生していきます。


 

塗装の密着性を高めるために、細かい傷を付けています。

 

この塗装前の準備が完了した後は、いよいよブースの中で塗装〜🌈

 

塗装が完了し、紙とマスキングを外す瞬間。

ドキドキの一瞬です😳

 

こんな感じに仕上がりました✨

 

この後は、バンパーとスポイラーを車体に取り付けして完成〜🙆‍♀️

 

予想外の事もありましたが、綺麗に修理が出来て

お客様にもご満足頂ける仕上がりとなりました🌟

 

ありがとうございます🤗

デリカD5 左側面修理〜Part 2〜 塗装編

左側面修理のデリカD:5 。

昨日はリヤフェンダーの板金が終わりましたので、今日は塗装作業へ。

 

リヤフェンダーが黒っぽくなっている部分には

サーフェーサーを塗布😄🙌

▼新品ドアは未塗装のため、塗料がしっかり密着するよう丁寧に下地作りです。

まだ新車に近い、新しい車両です。

お客様は修理した箇所の経年状態を心配されていましたが、ご安心くださいね!

新品ドアにはきちんとプライマーを入れ、

防錆処理はきちんとしてあります。

▼プライマー、サーフェーサー塗布後の状態

パール色はドアのみ単体で塗装をすると、

隣接するパネルとのパールの並び具合が変わってしまうため、

隣接するパネルへも塗装をかけ、上手に合わせます👨‍🎨

塗色もきれいに色づくまで塗り重ね、パール、クリヤーと塗装をして、塗装ブースで乾燥。

 

乾燥が終わったら磨きをかけます🌀✨

フロントドアも、

スライドドアも。

ちなみに、窓の枠のように黒くなっている部分。

他の車種ではシールやガーニッシュを付けていることが多いのですが、この車種は、塗装で黒く塗り分けられているんですよ。

 

そして、この先も長く乗って頂けるよう内側の防錆も丁寧に✨

▼リヤフェンダー内側にも防錆剤を塗布するため、車内から専用チューブを使って噴霧

新品スライドドアの内側にも満遍なく行き渡るよう、穴という穴各部から防錆剤を噴霧して錆が出にくくなる様きちんと予防処理✨

ここも🕳

こんなところからも🕳🕳

四方八方にシャワーのように出るノズルから噴き出る防錆剤は、別の穴から流れ落ちるくらいの量。😳

側面の穴のフチにも塗っておきましょう

 

よし❗️これでバッチリ✌️

 

ここまでやって塗装部門完了🤗

 

次からはいよいよ組み付け作業に入ります🚙💨

N-BOX 側面修理 〜塗装編〜

N-BOX修理の続きです。

 

お次は塗装前の大切な作業。

 

紙やマスキングやビニールで塗装をしない箇所を養生します。

広範囲での塗装が必要となる為、室内等にも塗装のミストが入ってしまわないよう厳重に!

 

そしてもう一つ☝️

パネルの接合部にはシーリングを塗布✨

 

溶接で繋いだ境い目には、水などが入らないようにシーリングをして埋めてしまいます。何年先も、修理した部分がきれいな状態であるように、車の見えない部分も丁寧に施工するんですよ!

 

 

仕上がりが綺麗な状態になるよう、はみ出した部分の余計なシールは取り除きます。

 

このように👇✨

 

車体上側の繋ぎ目部分も同様に施工します。

 

車体側とドアとが一度に塗装出来るよう

塗装屋さん2人でそれぞれの準備を進めています。

 

準備が整ったら、いよいよ塗装です✌️

 

 

▼こちらが塗装後の様子

 

この後はバラバラになっているパーツを全て組み付け。

室内も元の状態に戻します。

 

走行テストや足回りの計測等

厳しい点検にもクリアし、お客様の元へお返しが出来るようになったお車がこちら💁‍♀️

 

 

両側面・フロントの損傷と、広範囲で大きな修理となりましたが

抜群の仕上がりで無事にお客様の元にお納めすることが出来ました🎵

 

ありがとうございました🤗

塗装の工程は色で変わる?

先日ベンツのセンサーについて書きましたが

今日は塗装について、ちょこっとご紹介🤗

 

お車の色によって、塗装の工程が一手間も二手間変わってくるのはご存知ですか?

 

今回お預かりした車のように、お色が『赤』や『黄色』などの明るいはっきりとした色合いだと

中々一度の塗装で綺麗に染まることはありません。

 

その様子をご覧ください👇

 

まずは、側面に出来てしまった傷を修理。

 

そしてパテとサフェーサーで塗装前の下準備。

 

さぁ‼️ ベースコート(色)を塗装していきますよ〜🌈

 

▼一度吹きかけただけでは、下地の色が透けてしまっていますね。

 

▼少し黒っぽい感じが減ったかな?

 

▼もう、写真では殆どわからない!あと一歩。

 

▼じゃーん✨🎉

 

このように、何度も色を塗り重ねないと綺麗に色が乗りません。

今回は『赤』でしたが『黄色』も同様に手間が掛かるお色なんですよ〜❗️😄

 

 

フロントバンパーの部分塗装

フロントバンパーの部分塗装は多くご相談を頂く内容の一つです。

 

今回お預かりしたのはこちらのお車👇

アップにすると…このような状態。

白く見えているのが、傷です。

結構広い範囲ですね。

黒い色は、部分的に塗装をすると、後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまいます。

そのため、バンパーの形状を見ながら、

ぼかし目がわかりにくい場所を選んで、塗装の範囲を決めてあげます。

 

そして今回は、バンパーに縦長のフォグランプがついている為、その部分を覆って作業をする必要があります。

 

まずは、傷を取りながら塗膜を削り落とします。

密着の良いきれいな塗装を行うためには、

ツルツル面にそのまま塗るのではなく、

細か〜い傷を付けてあげる必要があるのです。

研いで傷を付けてはいけない、素材の部分は

最初から隠してしまいます😎

今回受けた損傷の残り加減や、

バンパー形状の僅かな変形などは

実際に手で触って感じ取ります。

職人さんの手のひらに、

ものすごいセンサーが埋め込まれているみたい👀!

 

そうこうしているうちに、

▼下地処理が終わりました。

弾力性の高い、密着力のあるUVパテは

バンパー修理には最適です✨

 

▼サーフェーサーも塗布して塗装前準備完了

 

塗装の前には、塗装を行う所以外は紙とマスキングで丁寧に養生していきます。

フォグランプもヘッドライトも、全て、形通りに覆います。

 

この時、バンパーの端やフォグランプが付く境目など、隙間がある箇所は、慎重に!

塗装をかけるところは、出来るだけ奥まで塗装ミストが密着するように丁寧に、丁寧に。

逆に、塗らないところには、マスキングテープを適度な間隔の長さに切って隙間に差し込み、パッと見えないようなところまでしっかり保護してあげます。

塗装の切れ目をきちんと丁寧に行うことで、

後々のクリアー剥がれを起こしにくくしたり

細部まで綺麗に仕上がるんですよ。

よぉ〜く確認しながらね👀

はい、できた!

本来であれば、バンパーを取り外して塗装を行うと細部まで完璧に綺麗にできるのですが、

安価で修理をするために、バンパーを外さず塗装を行います。

でも、このようにマスキングの作業をしっかり行うことで、バンパーを外さない部分的な修理方法でも、きれいにでき上がるんですよ〜✌️

 

事前に調色してあった塗料で、

塗装を行うと、このように!▼

 

はい、バンパーの傷修理と部分塗装✨

完了です😁👍

 

さすがです✨ 綺麗に出来ました🤗

プリウス フロントバンパー部分塗装と色合わせ

自動車のパーツに使われる素材。

使用する箇所により、異なった素材を使用していることをご存知ですか?

 

例えば、

樹脂素材のバンパーと

金属素材のドアやフェンダー。

 

万が一車がぶつかってしまった時、人の安全を守るために、ものすご〜い設計がされてるんでしょうねぇ!

骨格には硬く分厚い鉄の棒っこみたいなもの、

ドアやボンネットは薄く柔らかい鉄板が内側外側と袋状に形成され、

バンパーには、衝撃を吸収しやすい、柔らかく弾力性のある樹脂を使用しています。

 

ところで、この素材の違うパーツが組み合わさって出来ている自動車ですが、

鉄とプラスチック、同じ塗料で色を塗ったらどうなると思いますか?😁

実は、塗られている色が同じでも、素材の違いにより見え方が変わってしまうんです。

 

ということは…⁉️

そうです。

新車時から、バンパーとフェンダーは微妙に色が違って見えるんです☝️👀

 

よ〜く注意をして見ないと

その色違いはあまり気にならないと思います。

 

本当だ!と気づいたとしても、

それは、正常です😁

 

多くの人は、何の違和感もなく、その色違いには気付かずに過ごされますが、

修理をした後に、その事実に初めて気付いてしまう方も、多くいらっしゃるのです。

 

=・・=・・=・・=・・=・・=・・=・・=・・=・・=

 

今回、バンパーを部分的に直ししたいとご相談を頂いたお車です🚗

👇運転席側に大きく擦り傷があります。

 

バンパーを修理するので、バンパーの色と同じく!と思ってしまいますが、

それでなくても違って見える素材の違うお隣同士のパーツ。

今のバンパーの色に合わせて調色と塗装を行いますと、綺麗になったバンパーの色みと塗装をしないボディの色加減が、凄くはっきりと目立ってしまいます。

 

元々新車時から色味の違いがあるとは言え、

修理をして、そこが気になるようになっては嫌ですよね😖

 

なので‼️

せっかくの塗装するなら、隣接しているフェンダーの方に色を合わせて

調色をし、塗っていくことにしました🙆‍♀️

 

まずは色合わせから。ここが肝心💪

 

調色した色を塗り板に吹きかけ、それをボディに置いて、色合いを確認します🔍

 

色合わせが終わったら、バンパーの傷を落として形状を元通りに形成し、塗装前の下地処理。

 

最後に塗装をして完成〜✨

え? バンパー自体の色?

大〜丈〜夫〜〜👍👍👍

ちゃんと違和感がないようにうまく塗ってあります😄🎶

 

とても良い感じで色を出せたので、

仕上がりは、ばっちり👌⭐️

 

お客様にも大変ご満足頂くことが出来ました🙇‍♀️

 

ありがとうございました🤗

Z550FXパーツ塗装③

いよいよ塗装していきます!

仕上がりとなる赤い色をきれいに出す為に

先に塗るのは、何色だと思いますか⁉️😁

 

 

下色は…………

 

少し黒いシルバーです!

 

ちょっとクロームぽい色を塗っていきます😃

 

 

そしてこの下色の上に

先に調色していた赤のキャンディを塗装していきます❗️

 

最初はこんな感じですが…

何度も塗り重ねて、最後にクリアーを塗って、

👇はい!赤の塗装がきれいにできました!

 

乾燥させた後、

研ぎます! 😳🗯

 

赤はクリアーでピカピカですが、

まだ続きがあるのです。

 

紙貼りをし、デザインとなるラインを入れていきます!

 

このマスキングは、デザインそのもの!

仕上がりに直結する大事な作業です👀

真っ直ぐ、均等に 美しく✨

 

アート用のスプレーガンを使用します

 

先ずは黒いラインから!

次はゴールドのラインです

 

まだまだ!

ラインを入れて終わりではありません。

 

ベースの赤にラインの色を重ねている為、塗装の段差があるので、更にそこから研いで表面を平らにしてから、

再度クリアーを塗布していきます♪

 

これで、真っ平らになっています👍

この状態で最後のクリアーで仕上げをして、

出来上がり!

 

 

春になったら このパーツが車体に戻り、

北海道の自然の風を受けながら

気持ちよく ツーリング🏍🌸

楽しみですね〜🎶

 

お出かけした時の、バイクの写真🤳🏍

送ってくれたら嬉しいなぁ😆

 

 

 

Z550FXバイクパーツ塗装①

バイクのパーツを塗装してくれる所を探して

以前塗装したパニアケースのブログを見てご来店頂きました✨😊

 

1979年のカワサキZ550FXのパーツ❗️

42年前のバイクです😊😊😊👍

 

これが純正品のテールカウル‼️‼️

超貴重です✨✨大事に扱いますね😄

以前どちらかでタンクは修理したようですが、

若干色が違うのを気にしていました😰

 

バイクの色を自動車の塗料で再現するのは、

 

実は、 かなり難しい•••です

 

調色した色を、細長い板(塗り板)に塗って

元の色とどのくらいの違いがあるのか確認します。

まっすぐ見た時、斜めから見た時、

太陽の光を当てて、濡らした感じで確認。。。

 

案の定、苦戦しました!

キャンディカラーなのですが

下色とカラークリアーのバランスに

2人で丸一日調色しました😅😅

こんなに沢山の塗り板が!!😅

 

明日は下地処理からでーーーす❗️

お楽しみに😆

フーガ ボンネットフード塗装

 

👨‍🦰『塗装のことで相談なんですが』

🙎‍♀️ 塗装と言いますと、傷か何かですか?

👨‍🦰『最近、車を購入してね、買った時は気が付かなかったんだけど、なぁんか色が違うなぁ…と思っていたら、これ!!』

👇👇👇

 

確かにフードだけ色が違いますね😰

 

お見積と共に、修理方法や仕上がりイメージの違いなどをお伝えし、ご検討いただいた結果

お任せいただけることとなりました😊

ありがとうございます

 

では、綺麗に塗装する為に

分解していきます👍

バンパーやヘッドライトは外してしまいます。

ボディ(フェンダー)の方が赤っぽく、

フードの方が白緑ぽっいですね。

 

 

フードに飛び石が4箇所あったので

サービスで直しちゃいます👍👍

結構深い、飛び石の傷でした。

後から錆が出ないように!✨

👇黒っぽい所が飛び石を修理したところです。

それでは塗装していきます💪

塗装するところ以外は、

しっかりきれいに細かくマスキングで隠します。

塗料がしっかりきれいに密着するように

下地処理をしているので

写真では艶消しのように見えますね。

ニッサンのクリアーと言えばコレ!

ニッサンでは最高のクリアー

スクラッチクリヤーというのは、

外からの傷を消してしまう特性があります。

形状記憶のように元に戻る力があるのです。

 

塗装後は、仕上げの磨き作業です✨

塗装中に付着した小さな小さなゴミを取り除くために磨いていきます!

時間が掛かるので2人で一気に磨きます!

 

スクラッチクリアーなので大変なのよーー

硬くて‼️

 

磨き終わったら、最後は組み付けです🙌

傷つけない様に慎重に組み付けていきます

 

手洗いで洗車🚙💦

修理や塗装をしたところには

絶対にスポンジは掛けません🧽🙅‍♀️

 

綺麗になったら最終点検👀

仕上がりのチェックのほか、

電気まわりの点検も行います。

前後のライト・ウインカー・ワイパー・ウォッシャー・ホーンなど 全てOK👍✨

タイヤの状態や空気圧も大丈夫🙆‍♂️

 

ここまで終わって、よくやく

完成で〜〜〜す😆🎶

 

 

お車をお渡ししたあと、

写真を撮らせてくださいました😆

気になっていたこともスッキリ解消✨

喜んでいただいて良かったです!

ニコニコの嬉しい納車となりました😊

ありがとうございます😊😊😊

 

車の塗装で厄介なのは…これ!

車の修理での塗装作業は美容部門❤️

美しく仕上げるためには、

針の先程の小さな塵も付けたくありません。

 

塗装ブースで、チリや埃を取りながらでも

何故かどこからかやってくる小さなごみ。

 

パール塗装をした時に、たまに黒いごみがつくことがあります。

塗り終わった後に、目を凝らしてチェックすると

これ!!!

 

😳 …どれ?

 

 

『これ』だったら

 

かなりアップにしているので写真では分かりやすいですが、現物を見ると、

本当に『どこ!?👁‍🗨⁉️』という大きさ。

いや、大きさと言うか、小ささ‼️

 

このゴミを発見したときは、

かなりの精密さで、ピンポイントで、

塗料をすくわずに、

ゴミだけを拾う技術が必要‼️‼️

この針で‼️

これができないと、場合によっては、最初からみんなやり直しの塗り直し😱

とても厄介な黒点です!

腕をどこにも支点を作らず浮かせた状態で

針の点1個を取る、集中力!

普段かけなくてもメガネは必須👓

目は開きっぱなし👁👁

呼吸も止まります🤐

 

そして、

 

手が震える人は、できません。

なので、僕は、

アルコールの摂り過ぎには気をつけてます(笑)