凸凹道には要注意!! 〜バンパーの凹みを修正したい〜

皆さん、雪疲れしていませんか〜?❄️

 

先週一週間、大雪に見舞われ

朝から除雪!仕事が終わって家でも除雪!!

そして道路は狭くて見通しが悪い上に、ボコボコしていて各地で大渋滞😱💥

 

もう雪にはうんざりしちゃう〜!!

なんて思ってしまいますよね💦

 

そんな大雪の影響で多くなるのは、バンパーやスポイラー関するご相談です☝️

 

雪にぶつけてしまって

・バンパーが割れてしまった!

・外れかけている!

・凹みが出来てしまった!

 

とご相談頂く内容は様々ですが、お電話やLINEでのお問合せも多く感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

エクストレイルのお客様からは

フロントバンパー下部の樹脂部分が凹んでしまったので、そこを修正してほしいと言ったご相談。

 

 

凹んでいる部分を熱で温めて、裏から手を入れ ボコっと押し出す方法でやっていきましょう♬

 

アンダーカバーのビスを一部取り外して

バンパー裏に手が入るようにします。

 

表から熱をかけて、素材を温め柔らかくします。

温まった頃を見計らって、一気に押し出す💨

 

最後に、アンダーカバーのクリップ類を元通りに付けたら完成〜👍✨

どうでしょう??😆

元の凹みは、もう全然わからないっ‼️

 

大きく凹みが出来てしまったり、割れが出来てしまうと

修理費用も高くついてしまいます。

 

皆さま、冬の運転には十分にお気をつけくださいね😖

スバルXV ドアベコベコ修理🔨板金編❷

 

スバルXV先日の修理の続きです😄☝️

 

『ハンダでの板金』が終わった状態がこちら👇✨

 

ドアのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい板金作業にて

本来のフラットな状態からはみ出ている&凹んでいる部分の修理です👨‍🔧

 

▲ドアの内張を外した状態で、スタッドプーラーの電気が流れるように

アースを繋ぎます♻️

 

 

スタッドプーラーを当てる部分の塗装をベルトサンダーで削り落としていきます💡

 

 

単純に凹んでいる部分を引っ張り出すわけではなく、

元々のドアの鉄板の高さに合わせて凹んでいる部分・出っ張っている部分を

前後のパネルとも比較しながら修正をしていきます🙆‍♂️

 

▼凹んでいる部分をスタッドプーラーを使い、引き出している様子

 

▼スタッドプーラーをドアにくっつけた状態で、

出っ張っているところを戻している様子

 

違いがわかりますか

スタッドプーラーの使い方で板金の仕方が変わるんです💁‍♀️✨

 

▼角度を変えて👀

 

手で一つ一つ鉄板の状態を確認しながら作業を進めて行きます🏃‍♀️✨

 


 

2種類の板金作業でドアの凹凸が元通りになった状態が

こちら👇

 

これで板金編の作業は完了🤗‼️

 


 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋して

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないように

錆止めするのと、これから塗る塗料の密着をよくするための

プライマーを塗布します🙆‍♀️

 


 

まだまだ修理は続きます🏃‍♀️🏃‍♀️💨

続きをお楽しみに☺️

 

クォーターのベコッと凹みを修理🔧

『凹みを直したい』とご来店頂いたのは、エスティマのお客様。

クォーターには縦に目立つ凹みがあり、テールランプは一部ひび割れ。

そしてバンパーには凹みの延長線上に数カ所キズが入っている状態でした😭

 

修理内容を色々お話させて頂き

少しでも安価で済ませたいというご要望から

今回はクォーター凹みのみ修理する方法に決定です👍✨

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

まずは、バンパーとテールランプを取り外してクォーターの凹みを出す作業から🔧

 

角コーナーの凹みは内側から叩き出すことが出来ない為

外側から専用の工具で引っ張り出して凹みを修正します。

引き出す際の力の加減も大切なポイント☝️

 

形が綺麗に出て、良い感じに仕上がりました♬

 

次は塗装の作業に移行します⏩

 

マスキングで作っているこちらの線。

色合わせの際に、塗り板とボディの色合いを見やすくする為の工夫なんです。

様々な位置や角度から見て、違いがあれば 微調整しながら調色を仕上げます!

 

そして同時進行で、下地処理も着実に進めています✌️

 

まずは、剥き出しになった鉄板を保護して、錆が発生しにくくする為 2種類のプライマーを塗布。

パテ付け作業。

遠赤外線で固めて

余分なパテを削りながらの研ぎ作業。

この工程をパテの種類を変えながら、数回繰り返します✨

 

この後は サーフェーサーを塗る → 更に 研いで塗装前の処理 → 養生をして脱脂して…と

下地作りを完了させたら、いよいよ塗装💪

 

塗り終わって、組み付けが完了したお車がこちら💁‍♀️

大きく目立っていた凹みは、跡形も無く綺麗に直りました♬

 

そして余談ですが

お車の納車がクリスマス🎄ということもあり

おまけでリヤバンパーの傷もキレイにお直しさせて頂きました😁❗️

テクニカルオートからのクリスマスプレゼントです🎁✨

 

お客様にもご満足頂くことが出来ました🤗

お客様から頂いた2度目のご相談

『前にオーバーフェンダーの修理をしてもらったんだけど、また見てもらいたい所があるんだ』

とお電話を頂いたランクルのお客様。

 

再び修理のご相談を頂けるなんて、嬉しい限りです😊

ありがとうございます。

 

今回のご依頼は

①リヤドアの縁に出来てしまった小さな傷を綺麗にしたい

②ヘッドライトを左右とも交換したい

といった内容です。

 

ヘッドライトは70周年記念のカスタマイズパーツが販売されたようで

そちらに交換をしてカスタムしたいといったお話でした✨

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

🔸ドア修理🔸

傷はドアの縁部分にある小さな物だったので、部分的に塗る事が出来ます。

 

いつもの工程で塗装を進めていきましょう✨

 

色もソリッドで白なのでぼかし作業も可能です。

 

ぼかしの部分は予めコンパウンドで汚れなどを落としてからクイックベースで油分を取った後

ガスプライマーでぼかし目が出にくくなるような処置を施して 塗装をします。

一つ一つの工程は私達 職人の手できちんと丁寧に行っていますよ〜👋🙍‍♂️

 

そして、塗り上がったお車は次に磨きをかけて 仕上げに掛かります。

 

うん!良い感じです!!

 

🔸ヘッドライト交換🔸

グリルを外しての作業していきます。

配線類やバルブを新しいヘッドライトに移設します。

左右ともそれぞれ交換が終わったら、光軸調整も忘れずに行います。

 

▼赤い数字は調整が必要な状態

モニター真ん中に表示されている カットラインも🆖

ヘッドライトの裏にあるネジを回し、光軸を調整します。

 

▼上手く基準値内に収まったら緑色の数字に変わります💮

カットラインも🆗❗️

左側も同様に。

調整も完了です👍

 

では、Before → After をご覧ください😊

 

Before

 

After

丸目風のデザインに変わり、前からの印象や雰囲気が大きく変わりましたね 。

 

ドアの傷も綺麗になって、お客様には大変ご満足頂ける作業となりました😊

 

短い日数で!と頂いたご依頼

『傷の修理をお願いしたい』とご相談頂いたお客様。

 

ドアとフェンダーに擦り傷がありました。

低いコンクリートブロックのような物に擦ってしまったようです💦

 

お話を伺うと…

どうやら『納期を凄く急いでいる』とのこと。

 

通常は1週間くらいのお時間を頂いて作業を行うところ。

ですが、『何とかしましょう!』と

今回 特別に半分の日数で仕上げることをお約束しました🔧✨

 

夕方のお預かりでしたが、すぐに工場に入れて修理着工です❗️

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

まずは、傷部分に出来てしまった ガサガサや ささくれを取り除く作業。

周辺部と同じ高さになるまで削ります。

 

その後はプライマーを塗布して下地作り。

パテとの密着性を高めるための工程です。

 

パテを塗布して研いだらこのような感じに👇

 

そしてサフェーサーを塗布して研いだあと👇

上に塗るカラーの密着性を高める為の工程です。

 

修理箇所としては小さめですが

塗装する箇所がピンポイントで目立ってしまわないよう

グラデーションをかけて ぼかし塗装を行うため

塗る範囲はこのようになります👇

 

塗装後は、外したキャッチ(ドアの取手)を取り付けして

 

完成です✨

 

傷があったことは全然わからない👍✨

そしてお客様の希望のお日にちに間に合った事にも大変ご満足頂けたようです😊

 

ありがとうございました。

ランクル 各部凹み&キズ修理👨‍🔧

 

「以前ランクルの修理をした記事を見て僕の車も直して欲しいなと思って」

と、ご来店のお客様🍀

 

どちらからいらしたのか伺うと、テクニカルオートから
1時間ほどかかるところにお住まいのお客様でした💡

 

きっとここへ来るまで他にもいろんな工場さんがあるだろうに

時間をかけてわざわざテクニカルオートに足を運んで下さるなんて

ありがたいお話です🙇‍♀️✨

 

 


 

直したい箇所はどこか❓一緒に確認👀

 

ぐるっと1周前から後ろまで色々直したいご要望はあったのですが、

今回は予算も考え、

 

3箇所なおすことで決定

 

🚗1箇所目は左側のフロントドアのベコっと凹み

🚗2箇所目は右フロントのオーバーフェンダーの傷

🚗3箇所目はリヤバンパーの傷

 


 

まずはドアの修理から❗️

幸い凹みの深さは浅く、波及している範囲も狭かった為

引っぱって凹みを出すことができました💡

 

板金の作業が終わったら、塗装屋さんへ移動して

さらに修理を進めていきます👍❗️

荒木さんがドアをやっている間に森本さんはオーバーフェンダーとリヤバンパー

の修理を・・と、ご覧のように塗装屋さんは2人で同時に1台の修理を進めていきます👨‍🔧👨‍🔧✨

 


 

◆ドアの修理の様子

▲今回はフロントドアのみ単体でモール類を外さずに塗装をかけるため

他の箇所との境にマスキングをしていきます💡

▲先ほど板金の作業が完了したところにUVパテをのせていきます👏

▲先々を考え極力最小限の厚みで下地作りをするため

余分なパテは丁寧に落としていきます👍

▲パテをのせ終わったら今度はUVライトで硬化☀️

▲硬化が完了したらドア1枚塗装をするので

下地作りとして塗装を研磨して落としていきます🌀✨

 

◆オーバーフェンダー&リヤバンパーの傷

こちらも同じようにマスキングをして

傷を削り落とすところから🌀

 

UVライトを当てて・・・

 

 


 

全ての箇所の下準備が完了したら

いよいよブースへ✨🌈

 

 

いざ👉👉👉塗装START😄👏❗️

 

塗装している様子は残念ながらブースの中のため撮影出来ずでゴメンナサイ📷💦

 

仕上がりはこんな感じ

 

綺麗になりました☺️❗️

 


 

最後はスタッフみんなで室内外手洗い洗車をして

隈なく最終点検をして🔍👀

 

完成です👩✌️🌈

 

 

なんだかとっても若返った感じがしますね❗️

天気の良い日に納車となり、心なしかランクルもワクワク嬉しそうに

見えてくる😉笑

 

お客様も仕上がりに喜んでいただけたようでよかった〜😊

 

ちゃぽんちゃぽん🚗💦 その原因は❓❶

『ぽちゃん、ぽちゃん・・・』

車を動かすと、何やら水の音が・・・

 

トランク内に水漏れのあるお車をお預かりしました🚙🚿

 


 

トランクを開けるとフロアマットがベチャベチャ

 

濡れたフロアマットをめくってみると

スペアタイヤの収納スペースが見えてきます👀

 

 

そこには大量の水が・・・😱😱💦

 

 

いつから溜まっていたのでしょう😭

まずは水を抜いてみます🌀

 

そいやっ❗️

ドバーーーーーー🌊

滝のように流れでました🚿

 

 


 

さて、水が抜けたところで漏れ箇所の確認をしましょう🔍👀

『どこだ❓どこだ❓』

 

『あっ、見つけた❗️❗️ここだ❗️

 

漏れ箇所はここでした❗️💡

 

▲トランクを開けた左右のふちの部分に小さな穴が🕳

 

腐食して鉄板に穴が空いてしまいそこから水が侵入していました💡

 

どのくらい錆びていたかというと👉👉

▼このような状態(トランク内部裏側から見た状態)

今回はこの錆を出来る限り削り落とし、別な鉄板を溶接にて当て板して

修理する方法で行います💪❗️

 

❶まずは赤茶色になっている腐食部分を削ります🌀

❷当て板する鉄板を必要な大きさに型紙作りをしてカッティング✂️

とっても狭いスペースかつ、見ずらい場所なので太一さんは逆さまになり

頭に血が上りながら腰をおかしくしながら微調整を繰り返し作業します💁‍♂️

❸カットした鉄板を叩きぴったりフィットするように形作り

▼完成

 

❹出来上がったらこのパーツをボディに溶接していきます👏

 

見事なフィッティング🙆‍♀️✨

 


 

水漏れとは別に作業中バックパネルの耳の部分も錆びて朽ちている事を発見❗️

一緒に当て板修理で形を復元しました😊

▲Before

▲After


 

ここまで終わったら次は塗装屋さんにバトンタッチ👏

 

続きは明日のブログをお楽しみに😉🌷🌷

 

調色の難しさ

フロントバンパー修理でお預かりしたノート🚙

バンパーには擦り傷が見られました。

お車の色はブルーパールメタリックです。

 

車体にはそれぞれコーションプレートという

車両の詳細な情報が記されたプレートが貼られており

そこには、それぞれのカラー番号(車体色)が書かれています。

 

このカラー番号に基づき、色の配合レシピが書かれた色見本データがあり

調色をする時に、その見本に書かれている配合を見ながら計測器で大体の色を作成します。

そして微調色は、現車を見ながら同じ色に近づけていきます。

 

ですが、この色見本データを参考に作った色がピッタリと合うとは限りません。

今回の場合、ボディがブルー系でしたが ブルーと一括りに言ってもその色は何種類も存在し

正面・スカシが 赤い・青い・黄色いといったそれぞれの特性を持っています。

 

▼リヤバンパーとフェンダーの写真です

こちらを見て頂くと、その色味の違いが何となくイメージ出来ますでしょうか?

 

色見本データに書いてあったブルーはスカシが赤かった事もあってか

残念ながら作成した色は車体の色に合わず、使用する事は出来ません✋

 

最初から手調色(職人の感)で

色見本データに書かれているブルーでは無く

違う色味のブルーを使用し合わせてみると…

はい!!バッチリ合ってOK 🙆‍♂️♬

 

倍の時間が掛かってしまいましたが

きちんと車体にあった色を作成し塗ることで納得のいく仕上がりとなりました。

 

改めて…調色は時間のかかる作業ですね!

 

ミライース レッドパールメタリックの塗装

この度、お預かりしたミライース。

お色はレッドパールメタリックでした🌷

 

少し濃い色に見えますが

パールレッドが入っているので染まりにくく難しい色です。。

 

▼色合わせの様子

 

こういった濃い色は、下色から順番に

何度も塗り重ねないと綺麗に色が乗らず

何回塗っても素材の黒い部分が透けてしまう結果になってしまいます。

 

そのため、下色の白を先に塗装し

その上に上色のボディ色を塗り重ねていくのです💡

 

❶ 黒いパーツの状態から

 

❷下色を塗装

ぼかしを入れるために隣接するパネルにもぼかしの範囲で下色を塗ります。

 

 

❸そして上色を塗装

綺麗に染まりました👍✨

 

 

この重ね塗りの工程を怠ってしまうと

一見、綺麗に染まっているように見えていても

太陽に当ててよ〜く見てみると黒い部分がハッキリと分かってしまいます。

 

そんな太陽の光☀️で、小さな傷なども気が付く事が多いんですよ☝️👀

開けようと思ったら…😭

『割れてしまったので見てほしい』

とご相談を頂いたお車の後ろ側に回ってみてみると…

 

ホンダマークの付近にヒビ割れが出来ていました👀💦

▼アップの状態

 

リヤゲートを開ける際に、取手の部分ではなくこのパネル自体に手を引っ掛けてしまい

バキッとヒビが走ってしまったそうです💥

 

大丈夫!

割れてしまっている部分は交換が出来ます!

 

部品を準備して早速、交換の作業を進めましょう✨

 

ワイパーアームと

左右テールランプを取り外すと

やっとこちらのフィニッシャーが外せます。

 

バックカメラがついているので、ここも丁寧に外します。

 

そして、新しいパーツの取り付けへ✨

 

このフィニッシャーの取り付けが終わったら、外した部品をそれぞれ戻していきますが

テールランプを戻した時にも重要なポイントが🌟

ガラスの横に、水の侵入を防ぐゴムがついているのですが

テールランプはめ込みの際に、そのゴムも巻きこんで中に入ってしまう為

きちんと上に出してあげる作業をしますよ😊

 

ワイパーアームも元に戻して。

バックカメラを固定。

バックカメラを動かす時には、モニターでの確認も必要です🙆‍♀️

 

こうして交換が完了しました00👍