塗装の仕上がりに重要な、塗料の『調色』作業

車の塗装を行う時、ボディカラーの塗料は
どこから どの様に用意するかご存知でしょうか。

実は、自動車の修理に使う塗料は、
カー用品店等に置いてある タッチペンのように、
各メーカー 車種ごとに カラー番号で分けて
塗料を用意している訳ではないのです。

今日は、塗料をどの様に準備するかをお伝えしますね。


◆塗料の色


塗料の色は、原色で120種類以上!
テクニカルオートでは、耐久性が高く美しく仕上げる従来の塗料、
環境にやさしい次世代型 水性塗料、両方を取り扱っています。

その塗料を、ボディーカラーに合わせて混ぜ合わせ、色を作り上げます。
その作業を 『 調色(ちょうしょく)』 と言います。

 

◆どうやって?

国産車・輸入車、各メーカーで使用されている色が
カラーナンバーごとに、
使用する色の種類や配合率を載せて 資料となっています。

▼色見本帳

 


◆調色作業


1台の車の調色をするのに、

約7色ぐらいの色を使います。

 

調色の基本は、太陽を背中に
正面・斜め45度など 色んな方向から見て確認します。

 

太陽が出ない、天候の悪いときは
人工太陽灯を使います。

 

カラーコードの配合通りに 調合しても、
現車の色がピタリと合うことはありません。

 

▼カラーナンバー通りの色と、現車の色あわせ

 

そのため、塗り板と呼ばれる 小さな鉄板に 試し塗りをしながら
現車の色とあわせて、何度も何度も 調色・試し塗りを繰り返します。

ひとつの色1滴で、微妙~~~に変わってしまうからです。

(事務所の女性スタッフには何が違うかわからないレベルです)

塗り板の数は、平均すると10枚くらい
合わないときは30枚、40枚、・・・・・ 合うまで塗ります。

職人が納得いくときが完成。

 

調色の時間は、約、2時間。
少し長いときで4時間。
まだまだ出来ないと、翌日までも時間をかけて合わせます。

また、どうしても太陽の光が必要なときは、
太陽が出るまで、待ちます。

太陽の光の下を走る車の色が、きれいに見えるように。

修理した箇所が、元通りに戻るように。

調色は、芸術的な職人技。

経験と、技術と、色別の目と、センスが必要な

時間と材料をつかう作業です。



 

塗装見習いの時に、調色を覚えて、コーヒーカップ1杯の量を作るためにバケツ一杯の失敗した塗料を捨てました。
先代の社長には内緒にしました(笑)

 

投稿: 森本

 

 

スポイラーの割れ・欠損、多発!

最近よく聞くこのような割れ❗

 

道の状態が悪く

マンホールだけ雪が溶けて

穴ぼこになっていたり…

そこにはまってしまうと

痛々しい姿になってしまいます。

 

◆修理金額

“ではいくらで直るのか?”

 

先ほどの車両の場合

割れてしまってるパーツを新品で交換すると

15万も掛かってしまうんです!

 

小さな割れですが

パーツ交換ともなると

高額修理となります。

 

◆安価の修理とリスク

“くっつけることはできないの?”

くっつけて固定するだけなら、できます。

ただし、強度的に考えると、
一度割れてしまった箇所はひびが入りやすくなり、
またマンホールや氷の塊との接触、雪の深い道路の走行などで
同じ個所が壊れてしまいやすくなってしまいます。

それでも良いから、とりあえず繋いで直したい!
と、ご要望される場合は、交換ではなく修理のご相談となります。

 

修理する範囲や、分解作業の有無、
塗装をする・しない によって大きく変わりますが
金額的には、5000円~30000円の修理が多いです。

 


 

本日もお困りのお客様がいらっしゃいました。

型抜きをしたかのように きれいに割れ落ちていました。

 

仕上がりのイメージと料金を比較しながら

一緒に修理プランを考えます。

“ここをこういう風にしたい”

“こうやってみたらどうかな”

 

 

皆様マンホールやザクザクな道には

お気をつけくださいね。

 

 

投稿: 梨奈

事故修理が出来上がるまで~板金編~

前回は、入庫~修理着工までの流れをご紹介しました。
前回ブログはこちらから

入庫後、見積を取って、写真を撮って
保険会社に連絡をして、損傷確認が取れたら保険会社から着工OKの連絡が来てようやく着工~~ というところまでです。


さて、次は板金です。

ひとくちに『板金』とは言っても、修理にはいろいろな方法があります。

損傷の状態、保険使用有無により、しっかり直すか安価で直すか。
それにより全く違った修理方法となり修理期間も大きく変わってきます。

というわけで、車や損傷程度に合わせて、
最適な方法で元通りの形へ直していきます。

今回はパーツ交換ではなく、
板金においての修理方法について 大きく3種類に分けて
ご紹介しますね。


◆板金修理


ハンマリングで済む板金

車のパーツを交換せずハンマリングで直す方法。
これが、「板金修理」です。
仕上がり品質の差が出る、熟練の技です!

これぞ、ニッポン職人!


◆骨格修正


骨格が曲がってしまうと、全体に形が歪んでしまうため
そのままでは外装パーツを交換・取付ができません。
よって、曲がった骨を元に戻す治療が必要となります。
車両の寸法にあわせmm単位で修復が可能です。

グローバルジグ修正機による骨格修正

機械で自動的に直る物ではありません。
1台1台の状態を見ながら、
適切な方向に適切な力で適切な加減をもって修正します。

経験年数の浅い作業員には成しえない
熟練の技術を持った職人技と現代の最新設備での計測を融合して実現できる修理方法です。


◆溶接修理


屋根やリヤフェンダーなどボルトで止まっていないパネルの交換を行う場合は
溶接でつなぎ合わせます。

外板パネルを切断カットして溶接


スポット溶接


半自動溶接

溶接にも色々な手法があります。

最近は、溶接の場所や溶接方法の種類が指定された車も多くあるんですよ。


 

このような流れで、形を戻す修理をしていくところまでが

『板金やさん』が担当するお仕事です。

 

 

次回は、塗装工程と仕上げ工程、そして整備部門と、順番にご紹介しますのでお楽しみに!

塗装の時にガラスや部品を外す理由

車の修理の時、車をきれいにしたい時など
塗装を行う際、安価に仕上げる方法として
『マスキング塗装』をすることがあります。

関連する部品の脱着工賃や材料・部品が省かれるため
安価に済むのです。

敢えてお勧めをしているわけではありませんが、
その車に乗る年数が残り短い、
どうしても予算の関係上安く済ませたい等
お客様がご要望されたときには そのような方法で行います。

◆塗装の時、外した方がいい部品って?

関連する部品の脱着って なに?? というと、

主に、ガラス・モール・キャッチ(ドアノブ・取っ手の部分)などです。

 

▼モール・キャッチ・クォーターガラス・テールランプも全部外れた状態

※塗装完了後の様子です。

 

◆部品を外すのと外さないのでは、
どう違うの?

では、なぜ外すのか。

それは・・・!

こうなるかもしれないからです!

アップにしてありますが
▼ここです

これは、別件でお預かりした車両の、リヤドアです。

白いプツプツが見えていました所は、
塗装の クリア剥がれです。

いつかどこかで修理をしたときに、
マスキングでモールより上を養生し、
塗装をしたのでしょう。

修理の最後に塗るクリア塗装が、
モール下から剥がれてきてしまっているのです。

マスキングでの塗装をするときは、
端の細かい部分まで上手に丁寧に仕上げる技が必要なのです。

◆仕上がり品質と長持ち重視の修理方法

本来は モールを外して隠れている部分にまできちんと塗装を行い、上から新しいモールを、 そして直接ガラスが接着してあるところは ガラスの脱着をして 上から被せ、仕上げます。

▼クォーターガラスの接着準備

▼クォーターガラスの接着

マスキング塗装でも、塗った直後はきれいですが、
ご予算が関係ない保険使用の修理・きれいにしているお車・新しい年式でまだまだ乗るつもりのお車などは、
正規の方法をお勧めします✨

 

女性スタッフの日常👩💖

テクニカルオートの女性スタッフ。
今日もいつものように
あわただしく、そして笑いながら一日を過ごしました。

 

今日は、そんな女子チームの日常の様子をご紹介😊


★社長は朝から、車の雪降ろしをして見積り!

 

★みちるはお客様と一緒に、車の修理状態を確認

 

★梨奈ちゃん 事務所で接客

 

★困っているお客様の電話を受けて同調の梨奈

 

★かなっち、納車の時のご精算

 

★梨奈 修理担当者と一緒にお車の引き渡し

 

★お客様のお荷物の移動も・・・😊

 

★整備の打ち合わせ! かなっちと伊藤

 

★女子チームも洗車のお手伝い

 

★時には、小さなお客様と一緒に😊 奈央

 

★お客様からいただきもの そして世間話🌸

 

 

* * * * * * * * * *

 

こんなことをしながら 毎日過ごしています👩💛

是非、遊びに来てくださいね~👋👧

事故修理が出来上がるまで~入庫から着工まで~

大切な愛車を事故で傷つけてしまい修理工場に入庫したとき、どのようにして修理をしているのでしょうか?

今回は第1弾! 入庫から着工までの工程をご紹介します😊


◆車の修理 入庫から着工まで


①お車のお預かり
②お見積り作成&写真撮影
③保険会社の損害確認と着工確認
(保険会社OKの返答を待つ)
④作業指示書発行
⑤必要部品拾い出し・分解確認
⑥部品発注
(場合によっては部品入荷を待ってからの着工)
⑦板金・修正などの修理着工


見積作成・損傷部位確認


まずは入庫後、損傷部位を確認し、見積を作成します。
その際、保険修理の場合は 保険会社提出の為の損傷部分の写真を撮ります。

この時、新しい傷か、時間が経っている傷かを判断し、
傷の入力方向なども見て、
事故により損傷を受けた個所を詳しく確認します。

作成した見積書と修理内容を証明するための写真を添付し、
保険会社に損害確認をしてもらいます。

 


保険会社との連携


事故の状況と損害状態、または保険会社により、
写真と見積書で修理着工OKの確認が取れる場合と
車両調査専門の『アジャスター』と呼ばれる人が 実際に車を見に来る場合とがあります。

テクニカルオートでは、年間1000台の事故車の修理を手掛けているので、
正しい見極めと、正しい判断ができるため、
保険会社との信頼関係もあり、修理着工までの確認がスムーズに進みます。

 

保険会社確認ののち、工場に修理着手の指示が出ます。

 


部品出し(必要部品の確認)


工場では必要な部品を揃える為に、一台一台交換が必要な部品をチェックして大きなパーツから小さなビスの一つまで、細かく確認して発注します。

損傷がひどく裏側も確認が必要な場合は、バンパーなどの外装部品を外してチェックします。

部品は各自動車メーカーの部品販売部門にて管理をしており、
札幌・苫小牧・メーカー保管・受注生産など1点1点在庫状況が異なります。

必要な部品が入荷して揃ったら、いよいよ修理開始です。

作業指示書に従い、修理車から部品を外していきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてようやく、板金の工程に入ります。

次回をお楽しみに!

世界に一台の車が…!デリカD:5 雪に負けたカウルトップ

『ワイパーの所が、なんかオカシイ』

以前、お店のパンフレット撮影用にと全塗装をしたデリカD:5

見てみると、ワイパーカウルの真ん中辺りが少し変形したように下がって、

隠れているはずのガラスのフチが見えている状態。

🤔なんだこりゃ

何日かの間、駐車場に停めたままにしていたところ、雪が落ちてガラスの上に溜まっていた とのこと。

時間はあると言うので、

すぐに、工場に入れて点検しました。

ちょうど工場の人たちが全員集まって打ち合わせをしていたところだったので、最初3人だったスタッフが、

1人増え、また1人増え…。

クリップを外して止め直そうとしたところ、元の位置に届かない。

あれれ。

ワイパーを根元から外し、

ワイパーカウルも全部外し、

 

こっちチームは、カウルトップの変形を確認🧐

あっちチームは、カウルが壊れていないか点検

 

取り付けの土台となっている内側の骨みたいな部分の変形を簡易的に修正!🚙💖🔨〃

これでどうだ!

着くか?

こっちいい感じ!

あ、いいんじゃないか!

っていうか、

手、ありすぎじゃない!? 笑笑

無事、修正完了!! 😄

『なんか、簡単に直らなそうだから

テクニカルオート行かなくちゃと思って、来ちゃった😅来てよかった😊』

デリカD:5 マットグリーン&マットブラックの2トーン塗装

『よく、世界で1つしか無い車だよねって言われます。』

マットグリーン&マットブラックの

2トーン塗装。

長く、カッコよく、走ってくれますように😊

大丈夫か?クーラント漏れ!

エンジンを冷やすための、クーラント(エンジン冷却水)。

ラジエーターの中を通って、エンジンがオーバーヒートしないように、冷やす役割をしている液体です。

ということは。

エンジンがオーバーヒートする時は

クーラントが漏れている可能性大!!

ロングライフクーラントが漏れている

きゃーー😱何これ〜〜〜!!!

誰の車!?

配達のトラック止まってたよ!

大丈夫〜〜っ😰?

……………………………

クーラントの色は、オイルと違って鮮やかな色!

赤、又は 緑。 たまに青。

まるで、かき氷のシロップのような色です。

エンジン冷却水は鮮やかな色で分かりやすい。

クーラントが漏れていると、漏れた液体が焼けて独特の甘い匂いが室内に入ってきます。

でも、その匂いを知らない人は、クーラントが漏れていると気が付かないかもしれません。

今の季節、駐車場は雪で真っ白で分かりやすいので、いつも止めている場所に赤や緑の色が落ちていたら、点検してもらいましょうね!

ちなみに、真っ黒なら汚れて漏れているエンジンオイルです。

納車に向けて! 組付け・四輪アライメント! そして次の車の塗装も

太一です。

土曜日の納車に向けて、

若手もベテランも、朝から組み付けを頑張っていました😃

自動車修理の仕上げ。組み付けをしている様子です。

足回りを取り替えた車は、

四輪アライメントの計測をして

狂いがないことを確認して納車します。

足廻りの交換を行った時は、四輪アライメント計測を行い、狂いがないことを確かめてから納車します。

塗装チームは、来週の納車に向けて!

同時進行です。

きちんと養生しながら、きれいに仕上がるように準備をして塗装をします。

事務所の女子は、いつもこの様子を見て、

“直す” と言うより “作り上げている” ように感じながら、

その様子、技術、造形に感動しています。

✨✨✨😮✨✨✨

お客様も、喜んでくれると嬉しいです!

2色のバンパー 部分的に修理塗装 (ヴェルファイア)

雪の塊にぶつかって、バンパーの下側が割れてしまいました。

バンパー1本丸ごと取り替えるだけで、10万円以上掛かってしまいます。

『直らないかなぁ?』

割れてしまったところは、一時的には直りますよ!

ただ、下の部分でバンパーを固定している箇所が壊れてしまっているので、グラグラするし、

少し硬い雪や氷の塊に押されたりするとすぐにピリッとヒビが入るかも…。

それでも仕方ない、ということで…


バンパー修理


バンパーの裏側を削って、熱をかけてピンで固定していきます。

黒くて見えにくいかもしれませんが、数箇所止まっています。

ヴェルファイア バンパー修理

その上から、バンパー補修用のネットを貼り付け、埋め込みます。

表側は、きっちり平らになるように形を整え、塗装の下地をつくります。


塗装は、2トーン

パールホワイトと、黒の2色です。

今回は安価で抑えるため、部分的な塗装をします。

まずは、白から塗装していきます。

ヴェルファイア バンパー2色塗り分け

次に、黒い部分を出して、

ヴェルファイア バンパー2色塗装

さっき塗った白い部分を隠します

黒だけを塗装して、

2色の塗り分け完了

そして、塗装した箇所全体に、クリアを吹いて仕上げます✨

これで、どこが割れていたのか、もうわからなくなっています。😊

あとはバンパーを車体に戻して組み付け、完成です!