WRX リヤウィング取り付け

WRXのお客様からインターネットよりお問い合わせを頂き

何度かメールでやり取りをさせて頂いてました📩

 

お問い合わせを頂いたきっかけは、お友達からの紹介だったとの事。

いつも遠くからお越し頂いているお客様でした✨

 

大切なご縁に感謝🙇‍♀️💡

ありがとうございます❗️

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

 

今回のご相談は、リヤウィングを取り付けしたいとの事。

 

作業日数が少なくなるように、事前に打ち合わせしてからのご入庫♬

 

ウィング無しの状態はこれで見納めとなる為

取り付けする前に沢山お写真を撮ったそうです😆👍イイネッ!

 

では、取り付けしていきましょう🛠

 

トランクには穴が開いていないので、穴開け加工から💪

 

▼トランクにくっつく部分の形状を確認

▼それに合わせて型紙を作成

 

型紙があると正確に穴開け処理が出来ます✌️

 

トランク以外の箇所は傷が付かないように養生をして、、いざ加工!!!

 

▼綺麗に穴が開きました。

 

あとはウィングを乗せて、固定。

留め具が無い箇所は新しい物を取り付けして。

 

完成〜👏

 

良い感じに仕上がりました🤗

 

 

修理の仕上げの瞬間 〜エンブレム貼り付け〜

板金修理から塗装までの全ての工程が終了し

洗車でお車の中も外も綺麗にした後は、最後の仕上げを行います✌️😆

 

今回は後ろの損傷でバックドアを交換したお車。

新品のバックドアへ交換の為、ステッカー貼り付けも新しく貼り付けが必要です。

まずは元々のバックドアを見てステッカー位置の確認から🔍👀

 

☝️穴が空いている所は、調色する為にサンプルとして切り取っています。

 

まずは真ん中にマスキングテープを貼り、中央位置の確認。

 

新しい物を貼り付けする際、少しの寸法も狂わないように

定規を使用し、しっかりと元の状態を記憶します。

 

位置の確認が出来たら、今度は貼り付けの準備。

 

まずは測った寸法通りに新しいバックドアにも印づけ✏️ 

水性マジックを使用しているので、取り付け後は綺麗に消せます✌️

そしてこちらも同様に真ん中にマスキングテープを貼り、中心がわかるようにしています。

 

では、メインのスズキの『S』マークから貼り付けしていきましょう♪

実はこのマーク、上下対称のように見えますが

どちらが上か下かの目印があるんですよ☝️😊

 

そちらを貼っていきます。

中央線を確認しながら…ペタッ‼️

 

エンブレムはあと2つ。

同じようにマスキングテープでラインを引いて位置を確認したあとは、それぞれ貼り付けしていきます。。

 

▼『Spacia』の文字

 

▼『HYBRID』の文字。

 

この作業が完了し、やっとお客様への納車出来る状態となります👏

ステッカーを貼り付けしている間、納車前の最終点検も他のスタッフが同時に行なっていますよ〜🙆‍♂️

車の足廻り バンプラバーが錆で欠落

👨『フレームの所の溶接って出来るかな?』

とハイラックスサーフにお乗りのお客様からご相談を受けました。

 

リフトに上げ、お車の状況を確認👀

 

 

リヤバンプラバー(サスペンション構成部品の1つ)の取付部が錆で腐食…。

そしてバンプラバーその物も落ちて無くなってます😨

 

▼あるはずの物が…無い!!!

 

これでは乗り心地も悪いはず。

 

このままではバンプラバー自体も取付が出来ない!

 

良し!直していきましょう💪

 

まず、フレームに残っているバンプラバーの土台は取り外してしまいます。

削り落として防錆して溶接!

このままでは鉄板が剥き出しなので、

錆を防ぎますー。

 

そして、新しい土台を取付けます。

 

次はバンプラバーの取付!

 

 

 

完成~♪

 

これで乗り心地も良くなる‼️

綺麗になると気持ちいいですね☺️

 

お客様も安心してお帰りになりました🤗

ワイパーが動かない! 急げ〜

土曜日のお昼休みの出来事です。

『あのぉ、ワイパーが動かないんですけど…』

若くて可愛らしい女性ドライバーさんです。👩‍🦰❤️

車の中には、同年代と思われるお友達があと2人。

👩‍🦰👩👩‍🦰

ちょうどお昼休みに入った時間帯だったのですが、まだ食事に出かけていなかったスタッフを呼び止め、『若くて可愛いお姉ちゃんが3人で困ってるから、ちょっと見てあげて!』笑

『若くて可愛いお姉ちゃん』には残念ながらあまり反応しなかったのですが、『困っている』に反応して!

どれどれ。🔧👨‍🦲

ワイパーを動かそうとすると、

右側が動かず左側はガクガク。

『あ〜、リンクがいっちゃってますね』👼

リンク=ワイパーリンクのことで、

ワイパーの根本の部分。

モーターから繋がっていて、ワイパーを動かす仕組みの、一部です。

見えるかなぁ〜…あ、あれだ。

 

これです、これ

 

これが壊れたとなると、

部品の交換が必要なのですが…

 

お話を伺うと、今日は3時からお友達の結婚式に出席するために3人で北見から来たとのこと。

そして、明日(日曜日)北見に帰る予定!!

えーっ😫今日明日と雨の予報なのに☔️ ワイパー無しで北見に帰るのは危ないわ💦そりゃだめだ!

 

すぐに新品と中古の部品を確認‼️

 

 

新品が届くのは最終便!

中古は⁉️

取引業者、何件にも確認をして

『道内にあります』

『道内在庫です』

そこもここも同じ返答

今日、間に合わないじゃーん😫💦

最後は!?

『道内在庫です。』

札幌にないのぉぉぉっ

自社在庫は無いんですか😭???

『自社在庫ですが、恵庭なんです』

恵庭!!?? 🤩きらーん

恵庭まで取りに行けば、間に合う!!!

 

中古の部品だったので価格も安価で済むし、間に合うし、これは取りに行くしかない!

 

お姉ちゃんたちには、地下鉄で結婚式に向かってもらい、一旦自由行動! 帰るまでに直しておく約束をして、北見に帰る前に車を取りに来てもらうことにしました。

 

そして、無事に部品は手に入り、

 

ワイパーリンク交換作業!

ここが外れちゃっていました。

部品の一部が無くなっています。

 

部品を交換して!これで大丈夫!!

 

やったぁぁぁ〜🎶

おじさんたち、頑張ったよ〜😆

 

突然、壊れてしまうので気をつけようがないのかもしれませんが、

何かを動かして、いつもと違うなぁと思った時には、早めに点検してもらうようにしましょう!

また、

今はシーズンではありませんが

冬の凍りつく寒さの時には、ガラスに凍りついたワイパーをモーターの力で動かしたり、積もった雪を避けないでワイパーで搔こうとすると、ワイパーモーターや、中の繋ぎ目の部分が耐えきれなくなることがあります。

降っている最中の雨や雪を避ける力しかないと思って、優しくしてあげてくださいね🚗❤️

電動スライドドア ガタガタ

RG ステップワゴンの

スライドドア動作不良です。

 

スライドドアを開け閉めする時に

ガタガタと動きが悪い状態です。

ドアが閉まる時にガッと引っかかってしまうため、

車体側で 挟み込み防止の安全装置が働いてしまいます。

 


ステップワゴン

スライドドア開閉不良の原因は?


 

ドアローラーのベアリングの不良です。

まず、スライドドアを外して

サードシート、トリム、レールカバーを外すと、

ようやく ドアローラーを外せるようになります。

二個あるうちの一つのベアリングが割れて無くなっています。

違いがわかりますか?

右側が、破損部品で

左側が新品の部品です。

新品の白くて丸いのがローラーです。

 

 

 


スライドドアのローラー破損。

なぜか多い、RG型のステップワゴン


 

なぜか! RGのステップワゴンに、この症状が多いようです。

少なくても当社では、

ステップワゴンのドア開閉不良だって!と言うと

『また~?』と声が出るほど、RGばかりです。

 

スライドドアがガタついたまま使用を続けていると、

電動ワイヤーまで破損してしまいます。

電動ワイヤーは、アッセン(部品丸ごと)での供給しかないので

そこがだめになると高額になってしまいます!

電動のスライドドア。 動きがおかしくなったら早目に修理しましょう。

FRPボンネット塗装 ハイエース用

ハイエースのボンネットを塗装して欲しいという依頼がありました。

素材はFRPとのこと。

車体色はパールホワイト。

安い料金で塗装してくれる業者は沢山あると思います。が、仕上がり品質について納得がいくかどうかは別問題。

このお客様も、安価な業者に依頼し失敗した経験があるとのことでした。

今回は、納得いく仕上がりになるでしょうか。


FRPは下地が肝心


 

FRPは材質的に、元々の素地の面をきちんと拾ってあげないと、塗装を終えた後にプツプツとした穴が沢山あいてしまいます。

 

特に、裏返した貼り合わせの部分は、素材そのものが出ている部分なので、必ず巣穴があるものなのです。

 

 

ゲルコート仕上げなどと記されていることが多いですが、高価な商品ほど、表面の仕上げは丁寧に施されています。

 

ということで、

巣穴は埋めてしまいます。

巣穴だけが埋まれば良いので、これをまた研ぎ落とし、サーフェーサーで下地処理をします。

 

 

塗装の密着性を高め、表面の滑らかな仕上がりを出すための過程です。仕上がりを美しくするためには、下処理がとても大切なのです。

 

そして、下色として白い塗料を塗った後に、パールを重ね、クリアを塗って、と何重にも重ねてパールホワイトが出来上がります。

 

裏も表もピカピカの仕上がりになったボンネット。

実際に車体に取り付けるのは、ご自身でされるそうです。

気に入っていただけると嬉しいなぁ!😆🎶

 

そうそう、

テクニカルオートの駐車場が区切られ、以前より狭くなってしまいました。

ご来店いただく皆様には、ご不便をお掛けすることがあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

 

 

GT-R カスタマイズ完成

GT-Rのフロントフェンダー・ボンネットの塗装と取り付け、完成しました!

先週末、引き渡し時は晴天☀️

 

 

リヤスポイラーから始まり、

マフラーやデュファーザー、

スポイラー、バンパー、ボンネットなどと、だんだんスポーティーに変身してきましたが、最初と比較すると、その変化がよくわかります😊✨

 

最初来た時も『GT-Rカッコいいなぁ!』と思っていたけど、預かるたびに更にグレードアップしてカッコよくなっていきます。

 

所有者ご本人は、きっと返ってくるのをとても楽しみにされていたと思います。

お待ちいただく時間は長く感じられたことでしょう💦

その間、スタッフも、お客様も、

お預かりしている側の男子の目は、

とてもキラキラしていました🤩

 

納車当日、早速、走ってきたとのご連絡もいただきました。

快適に颯爽と走行している様子、

見てみたいなぁ!!!

 

大切なお車を私たちにお任せいただき

ありがとうございます‼️😆✨

 

 

GT-R 塗装完了パーツ組み付け

塗装が仕上がり、磨きがかかったGT-R。

板金やさんに戻って、いよいよパーツの組み付けに取り掛かります。

塗装済みのパーツを車体に組み付けていく作業は、特に慎重に!

細部まで確認しながら丁寧に進めます。

今回交換となる大きなパーツの組み付け、

カッコよく仕上がるアイテムパーツの取り付け、

バランス、隙間、段差なども、完成時の美しさに拘る仕上げに妥協は許しません。

よって、

明日あたり終わるのかなぁ〜?と思ったら、

『なに言ってんのっ‼️ まだ‼️これからなんだから‼️』と言われてしまいます。

 

これから??????😳

 

ほぼほぼ完成していても、まだ細かく色々あるようです😁

 

なんか、楽しそう😁😁😁

 

 

GT-R フード&フェンダー塗装

昨日のブログで塗装前の下地状態だった、GT-Rのボンネットとフェンダー。

 

ボディ色と、カーボンに分かれるので、

先に仕上げたカーボン部分を隠して、次はボディ色に塗装です!

フェンダーを塗装する時は、きれいに仕上げるために隣接するパネルとなるフロントドアまで一緒に塗装を行います。

車体に合わせてピッタリ調色した塗料を使用して、いよいよ塗り始めます!!

 

細〜〜〜い繊維状のほこりや、小さ〜〜〜な点のようなゴミも、絶対つかないように、

塗装中の塗装ブース内は立入禁止🙅‍♂️🚧

 

塗り終わったGT-Rはツヤッツヤ✨

 

だんだん、完成に近づいて来ました!

 

 

 

 

 

ひとつづつの工程を 慎重に、丁寧に!

そして、ワクワクしながらお待ちいただいているお客様に、一日も早くお渡しできるように!

次は、板金屋さんに移動です🎶

 

 

 

GT-R着々と 各パーツを塗装中

着々と進んでいます。

GT-Rの美容整形❤

 

仮合わせが終わって、

新たに取り付ける部品の個所も取り付け位置を決め、

塗装の下準備から少しずつ、丁寧に。

 

塗装する部品はそれぞれ

パーツごとにばらばらにした状態で

一つずつきれいに仕上げます。

 

塗装をする前の、カーボン素材。

クリアを塗装し、

塗り終わると、ピカピカに!

 

 

ボンネットフードもカーボン素材なので

裏はクリアでピカピカに。

 

カーボン素材ですが、

ボンネットの表面は、ボディー同色にしていきます。

今はまだ、塗装を行う前!

サーフェーサーを塗り終わった状態です。

白く見えますが、グレーっぽい色です。

 

完成に向けて! 着々と進んでいます😊

この各パーツたちが、どのように車体に取りついて

どう変身するのか!

 

 

別の用件でいらっしゃるお客様も、GT-Rを見つけては

「かっこいいですね~」と、

男性のお客様は特に!まじまじと見ています。

 

まだ途中なんですけどね!😊

 

次は、塗装!

楽しみです~~♪