ウィンカーが光らない原因

左側のウィンカーが光らない

 

右はきちんとチカチカ点滅するのに

左は無反応…

 

といった症状が出ているお車を点検しました🔍👀

 

一回だけ足元の方でカチッと音は聞こえるのでリレーかな?と思っていると

コントローラー内臓で丸ごと交換が必要な模様…。

 

まずはこのハンドル下カバーを取り外します。

 

 

運転席足元 奥のジャンクションボックス。

ここに挿さっているコネクタをあれこれと外して…

 

この部分をくるっと裏返しらら…

ありました💡!!

これ!!

 

新品に交換をして

 

外したコネクタを一通り元に戻したら完了。

 

右も左もバッチリ点滅してくれました。

 

外したインテグレーテッド・コントロールユニット(こちらの箱👇)を開けてみると

 

これがリレーかなと思うところを発見!!

この部分が熱を持ってしまったらしく穴が開いていました。

 

内部で接触不良による発熱が原因なのかな〜?

 

新品に取り替えたので、しばらくは安心ですね👍

アウディ エンジンオイル交換

アウディのお客様がエンジンオイル交換でご来社頂きました。

 

まずはリフトアップ

アンダーカバーを外して

 

オイルを抜こうとすると…

 

見慣れないオイルパン(エンジンオイルを溜めておくパーツ)が目に止まりました👀‼️

 

▼こちら

この、蜂の巣模様の部分。

 

多くの車両は『鉄』や『アルミ』素材のオイルパンが使用されていますが

今回のお車は樹脂素材でした✨

今はオイルパンも樹脂の時代なんですね。

 

オイルの抜き口も樹脂製プラグ。

ちょっと捻って外すだけでOK。

 

良く目にするのは、このような太いネジみたいな感じです。

 

新品プラグを付けたら、この後はオイルを入れるだけ。

こぼさないようにジョウゴを使ってみました。

 

オイルの量チェックもセンサーにお任せ✌️

 

 

オイルの量がちょうど良いかどうかも車が教えてくれるんですよ〜!

こんな所が色剥がれ?

走行中に何かが飛んだ事に気がついたお客様。

 

車から降りて見てみると…

 

 

この部分が無いことに気がつき、テクニカルオートにお立ち寄り頂いたそうです。

 

これは…

恐らく、以前塗装されたことがあり

その時の下地処理がきちんとなされていない事が原因で

塗装がポロッと剥がれてしまっていたのでは無いかと推測します。

 

素材的にも塗装を行なっても良いパーツではありません✋

 

反対側も同じような状態でした😭

 

元々の状態に直したいというお客様のご要望ですが…素材が素材💦

この上に塗装を行なっても、すぐに塗装が剥がれてしまう可能性があります。

 

『最初から白いモールがあれば良いなぁ』

と思って部品の確認をすると… …あった〜〜😆‼️

 

同色のモールを手配し、交換をすることに決定しました✨

 

 

◇交換の様子◇

 

実はこのモール。

ガラスの横だけでなく、後ろまで繋がった長いタイプの物。

 

そちらを一本ずつ取り外し、新しい物を取付していきます。

 

 

クリップの使用個数はなんと‼️

左右で52個👀💡

出来るだけ費用を抑える為に、再使用が可能なクリップは再使用しています🙆‍♀️

 

 

 

👇こんな感じに仕上がりました😊

 

これでもう、塗装が剥がれてなくなってしまうことも無いので

安心して走行が出来ますね🎵

FRPスポイラー下地処理ってなに?

昨日、エアロの塗装・取り付けについてご紹介しましたが、

バンパーやスポイラーなど、

社外パーツへの交換でご依頼いただく中、

『FRP』と呼ばれる材質の商品があります。

 

樹脂素材の物よりもFRP素材の方が割れやすいかもしれませんが、FRPは折れても割れても少しくらい穴が開いても、形成修復ができるんですよ!

高いけど😅

 

今日は、塗装やさんの

“大ちゃん”と“森本さん”に

FRPを塗装するときによく聞く、

『すあな』について! 教えてもらいました😊

◆FRPスポイラー 品質の違い

👩スポイラーの素材 FRPってなに?

 

👨‍🔧FRPは、ガラス繊維が折り重なってできている素材!

材質的な特徴で、どうしてもね、

素穴ができた状態で届くんだけど、

購入した商品の品質により、この素穴の数や大きさが全然違うんですよ〜。

 


 

GTRに装着したような1点何十万もする超高品質の商品の素穴は、型の繋ぎ目には見られるものの、その他の表面にはほとんどありません。

 

大手有名ブランドで出しているような、

ちょっと高い良質な商品は、

少ないとは言ってもオモテ面にも素穴は出ています。

 

安価で購入できる商品は、素穴は多数、オモテ面にはクレーター状にボコボコした箇所や、歪になった箇所が見られます。

 

更にもっと大変な場合は、

そもそもの寸法がおかしくて

車体に取り付かない場合もあるんですよ😅

 

 

◆FRPスポイラー 素穴確認と下地処理

じゃぁ、この素穴! どうするかと言うと!

塗装を行う前の、ひと手間です😊

素穴を探すんです👁👁

くまなく、探すんです👁👁

 

その巣穴の大きさ。

アップにすると

 

更にアップにすると

これが、素穴です。

 

とても細かい作業です。

眼鏡を掛けないと、おじさんには なかなか見えません。

 

 

そして、この、一見どうでもよく見えるような小さな小さな素穴をきちんと丁寧に拾って、

きれいに埋めてあげる作業が、仕上がりの美しさに繋がります✨

 

車体に取り付けた状態で、間近で見るかどうかは分かりませんが、

大切な車に取り付ける、楽しみにしていたスポイラーの塗装が終わった時、所々プツプツしてたら嫌ですもんね!

 

やっぱり、きれいに仕上げてあげたい☺️✨

 

 

なので、おじさん達は今日も目を見開いて👁👁

素穴を埋めていました笑笑

 

明日は、追いスポイラーを紹介しますね😁

ワーゲンゴルフ ブレーキセンサー警告灯点灯

フォルクスワーゲンゴルフに乗っているお客様がご来店🏠

「メーターパネルに何かランプが点灯しているんです」

なんでしょう❓と、見てみると・・・

▼こちら💡💡

何かというと、ブレーキパッドの警告灯でした💡

 

これはブレーキパッドが摩耗している時に点灯して教えてくれるランプです💁‍♂️

「でもおかしいな??つい先日車検を取ったばかりなのに」とお客様。

その際には何も指摘は無かったそうで、どうして点灯しているのか状態を確認する為

お預かりして分解点検することに。


タイヤを外し、ブレーキを分解し見てみると

パッドの残量・・・問題なし🙆‍♀️

『んっ👀❓❓』

☝️⭕️で囲まれているところがブレーキパッドセンサー

※拡大※

あらら・・センサーのコネクタが通常はまっている場所から外れています👀💦

本来であれば赤い矢印で示している溝のところにカッチリはまっているはずなのですが

なぜか外れていました。

そして紫の矢印で示している部分。

コネクターのカバーが割れてしまい中の配線たちがむき出しになり切れかかっています😱💦💦

 

今回ブレーキパッドの警告灯がついていたのはこれが原因でした。

断裂しかけていたため、接触不良によってきちんと信号が送られず

点いたり消えたりしていたと言う事です💁‍♂️💡

 

でも普通に走っていたり氷を巻き込んだとしても取れてしまうような場所ではないため

どうして外れてしまったかは不明・・・

 

配線ごと交換してあげないと、いざ本当にパッドが摩耗し交換を要した際

きちんと信号が送られないため点灯しなくなってしまう可能性が・・😭

 

しかーーーーし、

 

パッドセンサーの配線はこのように▼

ブレーキ周りからABSの配線と合体し

車体の中までずっと繋がっているため

配線を交換するとなるとどこまでたどって交換となるかによって
作業的にも金額的にも大掛かりな作業となってしまいそうです💦


色々な警告灯があって急に見た事ないランプが点灯すると驚いてしまいますよね😦🌀

 

「これはなんだろう❓」

そう思った時はいつでもご相談くださいね🤗

 


赤い色のランプが点灯した際は緊急を表している事が多いので
そんな時はまず安全な場所に停車し、状況を見て点検をするようにしましょう❗️

こんな所にまで錆が!!

バックカメラの固定部が錆びていて

カメラ📸本体が 辛うじて線一本で繋がっている状態でした。

 

『配線が切れちゃったら…と思うと怖くて洗車も出来ないんだよね!』とご来店頂いたお客様。

 

この状態になってから、何度か粘着テープで固定したり…と

色々工夫はされたものの、時間が経つとやっぱり元に戻ってしまうとの事。

 

 

👨‍🔧『カメラ取付部分の土台を交換しましょう!!』

 

と言うことで部品をお調べし、手配することに✨

 

届いた部品がこちら👇

 

土台とビスが2個🔩

 

 

まずはカメラについているビスを外す所から。

錆によってビスが回りにくい為、潤滑油を差して作業していきます。

⚠️無理に回してしまうと、ビスはボキッと折れてしまうので要注意‼️

 

ビスが外れたらお次は壊れていた土台の粘着部分を剥がしていきます。

 

綺麗に剥がれ、カメラが宙ぶらりん。

 

この後は新しい土台をカメラに取り付けしてビスで固定し、ボディに貼り付け。

 

しっかりと取り付け出来ました✌️😊

 

『これで洗車も安心して出来る!』と

喜んでお帰り頂くことが出来ました。

 

ありがとうございます。

 

 

鍵が回らない原因

最近のお車はキーレスが全盛となり

鍵を挿して回してドアを開閉する と言った事は少なくなってきましたね。

 

そんな中で頂いた今回のご相談❗️

『運転席の鍵が回らない』

 

キーレスのボタンも一緒についているお車なので

これまではドアの開閉に鍵を使用することは殆ど無かったようです。

 

ですが、キーレスの電池が無くなってきたり等

いざ❗️と言う時に使用出来ないと困りますよね☝️😖

お客様もその事を心配されて、頂いたご相談でした。

 

一般的に鍵が回らない原因として

・鍵そのものが減っている

・シリンダーが減っている

などがあげられます。

 

まずは見てみましょう🔍👀

ドアを分解してキーシリンダーを取り外す所からスタート✨

 

外れました。

が…  ん??? 😲‼️

 

 

どうやら今回は『鍵が回らない』のでは無く

『鍵が挿さらない!』と言う状況だと判明。

 

鍵とキーシリンダーの組み合わせがきちんとなっていない為に

起こっている症状でした。

 

お次の手段は、キーシリンダーのプレート組み替え作業🔐

 

キーシリンダーの中には👇こちらのようなプレートが何枚も入っています。

 

 

鍵の正しい情報でプレートを並べ、キーシリンダーを組み上げて…

 

鍵が挿さるようになりました👏✨

 

この後はドアにシリンダーを戻して

 

 

鍵の動きをもう一度確認!

これでバッチリ🙆‍♀️👍

 

キーレスの電池🔋が無くなってもこれでもう大丈夫ですね♬

最近はインターネットで車の部品も買えるようになっていますが、ドアを中古で取り替えるときは、このような事も確認して交換してもらいましょうね⭐️

ドアロックが無くなった⁉️

車内側のドアロックが落ちて無くなってしまったとのご相談。

 

あら?確かに無いですね…🔍👀💦

外れて車内に落ちているかもしれない!と思い色々探してみましたが

残念ながら見当たらず…。

 

一旦ドアを閉めようと動かすと

微かにドアの内部で小さな部品が動いているような音がしました🦻‼️

 

これはもしや??

ドアの内張の中に落ちてしまっているのでは⁉️

 

そう思い、内張を外してみると…

 

 

やっぱり!!み〜っけ!✌️😆

 

 

ですが、先っぽが折れている状態。

 

受け側もこのように👇

 

なので、新しい物を用意し取り付けします✨

反対側も折れてまではいませんでしたが、ヒビが走っている状況だったので

左右共交換をしました🙆‍♀️

 

 

まさかこんな形で姿が見えなくなるなんて

とちょっと驚いた出来事でした😃

 

ショック組み立ての様子

ショックアブソーバーの組み立てについてご紹介☝️😃

 

新品のショックはこのようなバラバラの状態で納品されます。

 

エコパーツで手配をすると、これらが組み上がった状態で到着します。

『ショック』と聞くと何とな〜くイメージするのは後者ですね♬

 

 

さぁ❗️組んでいきましょう⚒✨

 

▼バンプラバーを入れたらダストカバーを付ける

 

▼専用工具でスプリングを閉めた状態で組み付け

 

▼アッパーマウント取り付け

 

▼専用の工具で締め付けする

 

▼完成 🎉

 

この後は車体に取り付けして終了です🤗

WRX リヤウィング取り付け

WRXのお客様からインターネットよりお問い合わせを頂き

何度かメールでやり取りをさせて頂いてました📩

 

お問い合わせを頂いたきっかけは、お友達からの紹介だったとの事。

いつも遠くからお越し頂いているお客様でした✨

 

大切なご縁に感謝🙇‍♀️💡

ありがとうございます❗️

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

 

今回のご相談は、リヤウィングを取り付けしたいとの事。

 

作業日数が少なくなるように、事前に打ち合わせしてからのご入庫♬

 

ウィング無しの状態はこれで見納めとなる為

取り付けする前に沢山お写真を撮ったそうです😆👍イイネッ!

 

では、取り付けしていきましょう🛠

 

トランクには穴が開いていないので、穴開け加工から💪

 

▼トランクにくっつく部分の形状を確認

▼それに合わせて型紙を作成

 

型紙があると正確に穴開け処理が出来ます✌️

 

トランク以外の箇所は傷が付かないように養生をして、、いざ加工!!!

 

▼綺麗に穴が開きました。

 

あとはウィングを乗せて、固定。

留め具が無い箇所は新しい物を取り付けして。

 

完成〜👏

 

良い感じに仕上がりました🤗