ボルボ バンパー修理ともう一つのご相談

バンパーのヒビ割れでご相談いただいたお車。

🔍拡大

過去にもヒビ割れ修理をお任せ頂いたことがあり

その時のことを思い出しご来店頂いたそうです🤗

ありがとうございます🙇‍♀️

 

割れの修理の他に、泥除けが雪による影響で

内側に入り込んでしまったので、修正のご依頼も頂きました❗️

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

樹脂溶接を行うために、まずはバンパーを取り外し❗️

そして表面の塗料を削ったら

お馴染みのあの方法で、裏表両方から同じ素材を溶かし割れの部分を補修します✨

※樹脂溶接の作業については、過去の記事をご参照くださいね😉💡

 

パテで形の修復をしたら、サフェーサーを塗布し

塗装前の下地処理は完成👍 この後は塗装となります。

 

 

もう一つのご依頼。

泥除けの角度についての原因もこのバンパーの様子を見て判明👀‼️

 

☝️こちらの写真は、バンパー下からみた様子。底面の黒いパーツに破損が見られます。

黄色:割れ :欠損

赤い部分は泥除けと繋がる部分でもあったため

欠損がある事により、きちんとした固定されていない事がわかりました。

それなら、いくら泥除け本体の角度を変えて上げても真っ直ぐにはなることはありませんよね…😭

新しいパーツに交換をする事にし、この部分のお悩みもスッキリ解消です😆⤴️⤴️

 

バンパーも綺麗に仕上がり

車体をご確認頂いたお客様も

『どこに傷があったか忘れちゃった』と

大変ご満足頂けた納車となりました ♬

スポイラーが浮いている⁉️

「スポイラーとバンパーの隙間を何とかしたい」とご相談頂いたお客様。

遠目からみると 気になりませんが、近寄ってみてみると…

本当だ👀‼️

隙間が出来てしまっていますね。

 

他社では、スポイラー交換を勧められたそうですが

その交換の費用を考えると…ゾッとしますよね😱タカイ

 

交換をするのは確実な方法かもしれませんが

その前にもし出来る方法があるなら❗️

とテクニカルオートに足を運んで下さったんだそうです。

 

まずは、スポイラーを再固定してみる方法で進める事にしました。

 

スポイラーを取り外して。

しっかりとついている粘着を綺麗に。

これを取り除くのも大変な作業です😫

傷がついてしまわないように、手👋で丁寧に丁寧に剥がしていきます。

 

スポイラーを再度、取り付けする際に使用するのがこちら💁‍♀️

バンパーとスポイラーとの密着性を高めるための必需品💡

 

このあとはいつもの工程✨

スポイラー裏には新しい両面テープを貼り付けたら

いよいよバンパーに取り付け✊

 

そうして出来上がったお車がこちら👇

密着感も出て、隙間はほとんど無くなりました👍

 

スポイラー自体が重いということもあるかもしれませんが、

冬季間に雪との接触も少しあったのかもしれません。

 

いずれにしても、修正が出来て良かった〜😊

 

RPステップワゴン スライドドア修理

先日、スライドドアの損傷で、ドアが大きく波及した状態の

ステップワゴンをお預かりしました🚙

 

お打ち合わせの中で、リサイクルパーツでの交換も考えましたが

残念ながら何度探しても在庫が出てこずの状況…😭

 

もしもスライドドアを新品で交換するとなると

パーツは未塗装で納品となる為、塗装が必要になり高額になってしまいます。

 

今回は保険を使用しないため、お客様負担の少ない他の方法で!と

板金修理の方向で進める事に決定しました✊

 

お車の状態をじっくり見てみると、ドアの1番下側の所がかなり変形しているのがわかります。

まずここの変形からお直ししていきましょう🔧

 

スライドドアの構造は

外側のパネルと内側のパネル2枚の鉄板が合わさって

折り返すような作りとなっています。

 

この折り返し部分が、変形修正の作業を進行中に

ぱっくりと外れてしまいました…😱‼️

🔍拡大

もちろん、この外れた箇所も 溶接を行いきちんとした形に戻します。

はい、これでOK🙆‍♀️

 

そして表面のライン引き出し板金の続きへ。

ライン上にアタッチメントをハンダで溶着したら、専用の工具を使って引っ張り出します!

1番下のラインは途中から変化しているので 反対側のドアで形状を確認しながら。

 

このラインが終わったら、次は面の作業へと移行していきます。

実は、面の部分にもいくつものラインが存在しているので、反対側のドアとの比較は本当に大切です☝️

 

こうして板金作業が完了した状態がこちら💁‍♀️

 

この後は、塗装屋さんにバトンタッチ👐✨

 

下地作りへと進めていくのですが、ドアの表面はもちろんの事

裏側の溶接した部分などにも、きちんと防錆処理を施します。

 

パテを付けて形成。

 

サフェーサーを塗布。

乾かした後に、目を凝らしてよーく見てみると巣穴がポツポツ👀!!

👇このような凄く小さな穴

この小さな素穴をきちんと丁寧に拾って

きれいに埋めてあげる作業が、美しく綺麗に仕上がる秘訣です✨

 

 

 

鉄板の合わせ目部分には

防水・防錆の為のシーリング剤も丁寧に施しています。

 

そして、塗装をした後の様子がこちら👇

とても綺麗です♬ あの大きな傷があったドアとは思えません✋

 

最後に磨きをかけて、組付が終わったら完成です👏

 

外装色や新品部品の金額によっても変わりますが

作業工賃は上がっても部品代がかからない分

トータル金額が抑えられることもあるので

部品が無くて困った〜💦 と、お困りの際にはぜひご相談くださいね☺️

オイル漏れ点検…その時に発見されたものとは?

まだ路面に雪が残っている頃❄️

車体の下に黒い液がポタポタと落ちた跡を発見し

心配になって、ご来社頂いたお客様。

 

リフトアップをし、すぐに整備士と一緒に確認を行いましたが

幸いな事にオイル漏れはありませんでした☺️

 

「もしかして、マフラーからのカスがオイル漏れのようにも見えたんでしょうかね」

なんて言う会話をしながら、ホットしたのも束の間…。

 

あれ???

この部品に、穴が…😱‼️

👇こちら

 

外れた物を間近で見てみると

穴が空いた中には、鉄の欠片がパラパラと

まるで、お菓子のチョコフレークのようでした😅

この部品はフロントバンパー裏のフレームとサブフレーム縦に繋いでいて
補強の役割を持った『アンダーロアメンバー』と言う部品です。
錆の状況から、すぐに外れてくれるかどうかが心配でしたが
スムーズに取り外しが出来ました。
あとはここに、手配をしておいた新しい部品を付けるだけ👍
装着完了🤩👍
オイル漏れの心配が無ければ
この錆・腐食に気が付くのもまだまだ先だったかもしれません。
早め早めの修理が、普段お車を使用する上での安心材料にもなりますので
オイル交換の時にでも、こまめにチェックをしておけたら良いですね♬

ハリアーモデリスタスポイラー交換

 

さて、雪がとけ、桜や梅が咲きすっかり春めいている近頃ですが

あの大雪の影響で損傷を受け、壊れたままのお車はまだまだ多いはず💡

 

冬場はもう諦めて春になったら直すという方が多かったです💁‍♀️

今日紹介するお車のその中の1台🚙💡

お車はトヨタのハリアー

モデリスタのフロントスポイラーがご覧のように左右ともバリバリっとひび割れ😭

モデリスタのスポイラーの問い合わせがとにかく多かった❗️

こちらのスポイラーは割れが大きく、メッキモールと干渉する部分が損傷していること、

割れ箇所のスポイラーの形状が袋状の場所のため樹脂溶接の機械のヘッドが入らないため

交換という判断となりました💦

 


 

早速部品を注文入れると同じように壊れてしまった方が多かったためかメーカー欠品で

受注生産のため入荷まで日数がかかることが判明😱

 

・・・3週間後、無事入荷

 

交換をしていきます👨‍🔧❗️

スポイラーは取り付けパーツのほかに両面テープでしっかり留まっているので

それを外したあとはボディ側に粘着がベットリ💦

これが単純地道な作業なのですがものすごく時間のかかる大変な作業なのです💦

綺麗に剥がれたら

ガスプライマーを使用して新しく取り付けするスポイラーが

しっかりくっつくように下処理💡

あらかじめ新しいスポイラーの裏側には両面テープを貼って準備していたので

取り付け位置を合わせながら取り付けしていきます🙆‍♀️

黄色のマスキングテープは両面テープの端っこを表側で固定しています💡

取り付け位置が決まったところで貼り付け👏

固定していた端っこの部分をぴーーーーっと引っ張リます😊

 


 

完成🙆‍♀️🙆‍♂️

 

 

綺麗に元通り☺️

 

 

サイドシルに大きな穴が…👀💥 〜取付から仕上がりまで〜

昨日の続きです。

 

次は、カットした部分に新しい部品をくっつける作業に取り掛かります💪

👇こちらが手配をした新品部品。

こちらは、黒いプライマーの状態で届きます💡

ボディ側と同じように必要な箇所をカットして準備を。

 

そしてボディ側に、パズルのピース🧩をはめ込みするように付けたら

スポット溶接機で点付けをする箇所と、カットをした部分は半自動溶接で

しっかりと くっつけてしまいます🔥

 

溶接後はこのような感じに👇

溶接した箇所の凹凸がなくなるよう、平らに削ったあとは

塗装屋さんへバトンタッチ✋😊

 

今度は継ぎ目の補修作業に取り掛かります。

錆び難くするプライマー処理をしてから板金パテを塗布し

ボディの大まかな形を作ります。

平らな面は、定規のような平たい物を使い表面を均したり

カーブになっている部分などは、直接指で丁寧に塗布します。

そして遠赤外線に当てて乾燥☀️

 

しっかり乾燥させた後は研磨をして

仕上げパテも同様に進めたあとは

サフェーサーで下地作りの最終工程‼️

そして最後に塗装を行います。

 

修理のために、取り外しをしていたドア等のパーツをもとに戻したら 完成 😊⤴️⤴️

見事綺麗になりました♬

 

札幌に引っ越しをして来られる前は

海の近い地域に住んでいたようです。

今回の錆は、その影響も大いにあったのかもしれませんが

お客様は生まれ変わったお車を見て、とても感動してお帰りになりました😆👍

サイドシルに大きな穴が…👀💥 〜取り外し編〜

今年、札幌に引っ越しをして来られたお客様。

初めてご来店を頂きました😊

 

お車の状態はというと、サイドシルにぽっかりと空いた穴が…💥

元々錆が出ている状況だったようですが

冬に凸凹とした道で氷の塊にゴツッとぶつけてしまい、粉砕してしまったんだとか😭

これだけ大きな穴が開いてしまうと、凄く目立って気になりますよね💦

 

この状態では、サイドシルを交換する方法になりますが

他のパーツのようにボルトなどで止まっている物ではない為、容易ではありません✋

溶接でついているので、そこを外して交換してあげる必要があります。

 

まず、ドア2枚は取り外しをして。

 

溶接を外していく作業に取り掛かります。

スポットカッターを電動ドリルにセットしたら

溶接されている部分に押し当てて、一つ一つ溶接を剥がしていきます。

👇この作業の時には、こういったものも使用

切削油です💡

作業時に発生する抵抗を抑えられるので、作業効率アップ⤴️⤴️

そしてスポットカッターにも優しい🤗

 

こちらが剥がし終わった状態💁‍♀️

 

溶接剥がしが必要な部分は一周グルリとやっています。

カットする位置を決め、切開をしたらやっと取り外しが可能となります❗️

 

外した後のボディはこのような感じ👇

 

そして外れたサイドシルの裏を見てみると…そこには悍ましい光景が😱💥

表面からは見えなくても、中では殆ど全面に錆が広がっていました。

錆に侵された鉄板は、鉄とは思えないくらい  いとも簡単に手でちぎれてしまいます。

錆の恐ろしさを痛感しますよね😅

でも大丈夫🙆‍♀️

ダメになっている部分は取り除いたので

あとは新しいサイドシルをボディに付けていきましょう。

 

その様子は明日のブログでご紹介♬

お楽しみに〜🍀

リアバンパー バックフォグ 加工取り付け

『ヴィッツのリアバンパーにダクトを付けたい』

・・・ん、ヴィッツのリアバンパーに??

ダクトって何のことを言ってるんだろう?

 

入庫して確認してみると、なるほど

これのことね!

バンパーを新品そのままで交換すると

穴が開いていない状態が標準なので、加工が必要です。

ただ、オプション品は 全くの社外パーツ取付とは違うため、

新品のバンパーの裏に

ダクトの罫書き線があります!

よかった!! これはありがたいです!

 

 

罫書き線って、 どこだかわかりますか?

ここです

 

 

新品のバンパーにエアーソーを使用し、

罫書き線の内側をくり抜くようにして

ある程度穴を開けていきます!

↑クリックで動画再生

 

穴をあけたら、次は罫書き線に沿って

ベルトサンダーでギリギリまで削り形を整えます!

↑クリックで動画再生

 

後はダクトをはめ込み、

バックフォグを取り付けして完成!

 

ほら! きれいに仕上がりましたよ✨

JLラングラー ラゲッドリッジ ベネーター フロントバンパーラプターライナー塗装

ラギッドリッジのべネーターのバンバーを購入する為に、カリフォルニアに本社があるアメリカンインテークさんにお願いしました!

 

お願いしてから8ヶ月‼️

やっと届きました👍😄長かった😭

 

段ボールのデザインがかわいい。

段ボールは意外と小さめ!

👇こんな感じで分割されているバンパーです!

 

説明書はもちろんイングリッシュオンリー🇺🇸

なので、ほぼほぼ、形で判断です!笑

 

密着性を高めるために、

100番のペーパーを使い、

バンパーのパーツ一点一点を全て研いでから

塗装に入ります!

 

ラプターライナーは周りに結構飛び散ってしまうので、作業を行う場所の養生も広く大きく貼ります!

 

各パーツは、ぶら下げて360度塗装できるように工夫。

↑クリックで動画再生

 

ラプターライナーは、厚めに塗りました。

 

これでバンパーも錆に強くなりましたよ!

次はいよいよ取り付けです‼️

 

純正バンパーから、どのような雰囲気に変わるでしょう!

お楽しみに😊

シャア専用オーリス スポイラー修理🚗

 

『フロントのスポイラーが壊れてしまって・・

自分で割れの修理をして見たんですが・・』と、ご相談にいらした

お客様👨

 

お車を拝見するとオーリスでしたが、

オーリスはオーリスでも

シャア専用オーリスでした💡👀

 

限定生産の珍しいお車✨

 

これのスポイラーがこの冬道で壊れてしまい

ご自身でメッシュなどを使い割れの修理をされていました💡

が、完全には直り切らず

お手上げ〜🙌💦となってしまったそう💦

 

一度溶着されている部分を剥がして修理し直そうかと思ったのですが、

思ったより強固に引っ付いている状態だったため、

表側だけ、表面を削りパテで形を直すところから👍

形ができたらサーフェーサーをかけて

塗装へと進んでいきます❗️

ちなみに黄色のマスキングで隠れている部分は赤い塗装に色分けされており

お客様が丁寧にラインを拾って

▲こんな感じでマスキングして持ってきてくれました😊

上手ですね♪

 

事前にお客様から見本のイメージを頂いていたので

そのイメージ通りに黒の艶ありの塗装をかけていきます👨‍🎨

後はマスキングを丁寧に剥がして

もう一つスポイラーに取り付ける飾りのパーツを貼り付けて

スポイラーの修理完了😋🌈✨


 

できましたの連絡をしたらすぐにでも取りに来たいと

駆けつけてくれたお客様❗️

早速じゃ〜ん❗️とお渡ししました😄

『うわぁ〜✨すごい❗️これはもう新品ですね❗️✨』

と、仕上がりにとっても喜んで下さりました☺️🍀

 

お話を聞くとガンダムが好きで

この車をとても大事にされていて

色々ご自身でカスタムしているそう💡

記念に1枚📸☀️とお写真を撮らせて頂きました❤️


 

そしてお返しした数日後、当社のLINEにメッセージが☺️

『早速取り付けしました❗️塗装の色、ボディと完璧に合っていました❗️😄』

と、取り付けした状態の写真も一緒に送ってくださりました🍀

雪も溶けてきたので、ぜひぜひ元通りカッコよくなったこのお車で

色々なところをいっぱいドライブして下さいね🙆‍♀️✨