フロントの損傷でエンジン交換まで!

鹿との接触によってフロントを損傷した車をお預かりしました。

走行しているスピードによっても変わりますが

あの大きな体🦌とぶつかってしまうと、車の方に受けるダメージも大きくて当然です💦

ですが、幸いお客様にお怪我は無かったようなので、安心しました😣‼️

 

お車はというと、フロント周りの損傷は中のラジエーターにも破損が見られ

クーラントは空っぽの状態です💥

 

エンジンの無事を願いながら、クーラントを補充して、いざ始動!!

ブルルン ブルルン…🚗💭

… あと一歩っていう感じなのに😅

エンジンの始動には繋がりません。

 

入れたクーラントは吹き返し、プラグホール内に混入。

 

残念ながら、壊れてしまっていると判断されました😵⤵︎⤵︎

 

 

エンジンはリサイクル品で手配をし交換しちゃいます♻️💪

 

▼エンジンをボディから取り外し

▼残されたボディはこのように

▼この新しいエンジンを乗せます

 

エンジン交換した後は、オイルを交換してコンディションを整えるのですが

抜いたオイルの色は何とも言えない白濁した色に。

自然な色のオイルは、少し茶色がかった透明色~茶褐色です

どうやら吹き返したクーラントが混入して、パイプ類に残っていたオイルと混ざってしまったようです。

 

その後、もう一度オイルを入れて抜いてを繰り返し

やっと通常の色に戻ってきました👍

 

そしてもう一つ、エンジン始動した時に 車両後方では驚くような光景が😱💥

白煙で工場内が真っ白になってしまうくらい👀!!

排気管にもクーラントが入り込んでしまったのですね。

 

無事にエンジン交換も完了し、外装パーツも元通りに

 

大きな修理ではありましたが、綺麗にお直しして無事に納車となりました🤗

ドライブシャフト交換後の大切な作業🔧

本日のブログはちょっとした整備のお話🧑‍🔧

 

「変な音が鳴っている‼️」と異変を感じたアウディのお客様。

すぐにレッカーで搬送となり、リフトアップをしてみたところ…?

 

あらぁ💦 グリスが飛散している〜😱

テカテカしている部分(赤矢印)は全てドライブシャフトのグリスです。

飛び散ったグリスはホイール裏側までベタベタになってしまうくらいでした💥

 

どうやらドライブシャフトのブーツ破れにより

そこからグリスが漏れてしまっていた様子。

写真はまだ症状が軽い反対側の様子ですが、この状態を放置していると

今回のような大惨事になってしまいます🚨

 

残念ながらブーツ内部のグリスが飛び散って グリス切れした事により

ドライブシャフト本体も大きくダメージを受け交換が必要な状態でした。

 

輸入車という事もあり、部品自体がとっ〜ても高い😵💭

部品は少しでも安価に出来るよう、リサイクルパーツを手配。

そして国産車とは違い、専門の工具も必要となりました🔧

 

ドライブシャフト本体の交換自体も結構な重整備ではありますが

実は、その後の締め付けもかなりの力が必要で大変💨

ですが、とても大切な作業があります☝️

 

登場するのはこちらの工具💁‍♀️

手首をくるくる🌀と捻り、アウディ Q5の規定トルク値をセット❗️

 

ドライバーを指して、全体が回ってしまわないように固定をしたら

はい❗️締め付けをします🙌

 

グッと締め付けをしたら、それを180°回します。

 

どこまで回したかが一目でわかるように、目印をつけて✏️

そして、回す💪

結構な力技ですが、力に自信がない場合は持ち手部分を延ばして

テコの原理を利用して締め付けするんですって👀💡

 

上についていた印が、下の目標箇所まで降りてきたらOK👍✨

このように180°回転したことをしっかりと確認し、締め付けが完了します❗️

 

ここまでの作業を終えて、お車はやっと安全に走行が出来る様になるんですよ〜🤗

スバルXV 側面の事故修理 

 

保険会社さんのご紹介で初めてご入庫となったXV

 

左の後ろ側側面を塀に引っ掛けてしまい

ドアから後ろにかけて大きく損傷していました💦

 

修理の内容としては

フロントドア・リヤドア・サイドシルからクォーターの交換となります🙌

交換となるドアは外しまずはクォーターパネルを

交換するため必要な部分を切り取っていきます✂️

クォーターパネルとサイドシルは溶接でくっついているパネルのため

溶接を外し、そのあと切り離します💡

カットした後がこちら☝️

2枚合わせになっている外側のパネルをカットしました👨‍🔧

こちらが新品のパネル☝️

これを切り取った部分にこれまたカットして

溶接して交換をしていくのです😊

黒い部分が新しいパネル💡

溶接する際は写真にあるような大きな洗濯バサミのようなもので固定をして

ズレの内容きっちり取り付けしていきます👏

全て溶接した後には接続部分に錆が発生するのを防ぐため

防錆剤をたっぷり塗布し、塗装前の下地作りをします💁‍♀️

新品で届いたドアもきちんと取り付けにズレがないか

仮合わせをしてから

同時進行で新しいドアの塗装も進めます🌈

新品のドアは未塗装で届くのでこれもボディの色に合わせ

調色を行い、色をかけます👨‍🎨

 

ドアに隣接するパネルも塗装の境目が出ないようぼかしを入れるため

塗装をします❗️

そのため左側面全体を研磨し塗装の下地を整えます🙆‍♀️

▲塗装後がこちら💁‍♂️

ドアも同時に塗装しているので

車体に組み付けをして・・・

こんな具合に各パネルの交換が完了🙆‍♀️⭕️

 

最終的な完成のお写真がないのですが

後は、バンパー・アーチモールなどを取り付けしてあげて修理完了です😊

 


 

自費での修理はもちろん

保険修理の際も、長くお車に乗っていただく為、あとから不具合などが出ないよう

事故の際の損傷箇所を見落とさないようしっかり点検をしながら作業を進めています😉👍✨

 

遠方から2度目のご依頼 〜ランクルの板金塗装〜

1年くらい前に修理をお任せ頂いたお車、2度目のご入庫です

 

お客様のご自宅からテクニカルオートまでは1時間近く掛かるくらいの距離感。

決して通いやすい距離ではありません❗️

それでも、テクニカルオートにお願いしたいとわざわざ足を運んで頂けるのは

大変ありがたいことです🙇‍♀️💓

 

今回は、ぶつけられてしまった箇所を直したいといったご相談でした💡

🔍拡大

リヤフェンダー部分に広範囲による凹みと、バンパーには傷がある状態。

お相手の方が知人だから…と出来るだけ安価な方法をご選択されたとても優しいお客様です♬

 

┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈

さぁ、作業にかかります💪

 

コーナーバンパーの取り外しの際に、ボルトが錆腐食によって回ってくれなかった為

カットして丁寧に除去🔩

 

▼綺麗に取り除けました!

 

次はリヤフェンダーの凹み修正です!

▼スタッドプーラーを使って 引き出している様子

コンコンと引っ張る動きに合わせ、パネルがポコポコ動いていますね😆

下の部分が終わったら、上の凹みも順番に修正していきますよ。

 

凹みの修正が終わったら、車両は塗装屋さんへ移動🚙💨

▲剥き出しになったフェンダーにはプライマー処理を!

 

そして、いつものようにパテサフェーサーへと工程を進めてブースの中へ。

今回のお車はツートンなので、普段の塗装より一つ工程が増えます☝️

 

まずは下部の色から塗装。

▼既に塗装が完了し、乾かしている様子です。

 

続いて2色目の塗装へ!

最初に塗った部分は紙とマスキングで覆って色が入らないように隠してしまいます。

このように💁‍♀️

そして色をかけて、紙とマスキングを全て剥がしたら

最後は全体にクリア塗装。

艶々な仕上がりになりました😆👍

 

取り外したコーナーバンパーは新品で手配をしていたので

最後にボディに取り付けをしたら完成です🙆‍♀️🎉

いかがでしょう🤗

とても綺麗な仕上がりとなり無事にお客様に納車することが出来ました

 

 

*******************

🔶お知らせ🔶

明日8月11日〜8月16日まで夏季休暇を頂きます。

誠に勝手ではありますが、宜しくお願い致します。

6日間のお休みですが、お困りの際はいつでもお電話をくださいね☎️

********************

オーバーフェンダー取り付けでイメチェン♻️✨

お車のカスタムのお手伝い🤗

プラドのオーバーフェンダーを塗装から取り付けまでお任せ頂きました♬

 

パーツは事前にお預かり💡

車体に合わせ、調色〜塗装まで済ませ準備をしました。

そしてお車のお預かり🚙✨

 

取り付けの様子です。

車体に取り付けする前にはオーバーフェンダーの裏側にプライマーを塗布❗️

密着性を高める為です⤴️

 

固定方法は両面テープとビス🔩を使用。

位置を定め、ドリルで穴あけ加工 ⚙

ビスを取り付け。

 

最後に両面テープの端っこを止めていたマスキングテープを外して

きちんと密着させてあげたらOK 🙆‍♀️

 

こうして取り付けが完了したお車の Before ⏩ After をご覧ください💁‍♀️

 

🔶 Before

 

🔶 After

 

 

 

全体の印象がグッと引き締まりってカッコイイ感じに仕上がりました😊💓

RAV 4 アーチモール交換 

 

『車をぶつけてしまって後ろのタイヤの上のパーツが

落ちそうなんです💦』と、女性のお客様👩から修理のお見積もりのご相談のお電話📞

 

後ろのフェンダーアーチモールが壊れてしまい走ってくる間に落ちてしまいそうだった為

可愛らしいマスキングテープでなんとか留めて見せに来てくれました☺️

マスキンングテープを外して見てみると

アーチモールの取り付け部分が折れてしまっていて

残念ながら取り付け直しするのは不可能な状態💧

 

すぐに新品の部品の手配をかけ、

入荷に合わせて再度ご来社頂く事となりました🙇‍♀️

 


 

数日後・・・

部品が届いたので、ご来社頂き

事務所でお飲み物を飲んで頂きながらクイックでの作業です😊🙌

可愛いマスキングテープとはさよならして・・👋

壊れたアーチモールを取り外し

外して分かったことなのですが、

損傷はリヤバンパーを取り付けする際のブラケットにも💦

ただ、今回はこの上からアーチモールが被さる形となるため

簡単に外れてくることはないことから、お客様へお伝えして

そのままアーチモールの交換のみで進めることに👨‍🔧

外してそのまま取り付けるのではなく

汚れやべたつきも綺麗にしてから

クイックでできる簡単な作業も決して手は抜きません😉👍✨

綺麗にした後は新しいアーチモールを取り付けして・・

完了🙆‍♀️⭕️

 


 

小さなお子さんを連れ、お住まいも少し遠方から

わざわざテクニカルオートを選んで来てくれたお客様👩👶💓

せっかく厚別まで来てくださったとのことで近くの楽しい公園をご紹介したら

早速お子さんを連れて遊んできたそうです🍀

 

車が壊れてショックだった気持ちが少しでも晴れてくれていたら良いな〜🌈✨

 

 

 

FRP リップスポイラー修理

割れや傷でお預かりすることになったフロントスポイラー。

ザリザリと塗装が削れている部分やなが〜いヒビ割れ。

本来、交換をお勧めするところですが、残念ながら新品は既に生産が終了しているようで

入手が出来ないんだとお聞きしました。

 

バンパーやスポイラーの修理と言っても、その素材は様々。

今回お預かりとなったのは「FRP(繊維強化プラスチック)」なので修復は可能です🙆‍♀️

 

————-✩—————————✩————–

 

亀裂が入っている部分全体に、塗装面を研ぎますが…

皮一枚で繋がっていた部分も外れて、パッカーン状態に😂💥

でも大丈夫 ♬ 綺麗に直ります😄👍

 

さぁ、ここからは復元の作業💪

FRP素材を用意して、接着結合させます。

 

▼FRP素材

ガラスの繊維なので、素手で触ると危険⚠️

チクチクして危ないです。

 

準備が出来たら、液剤を塗布して繊維を貼り付け。

もちろん手袋🧤をして💡

 

液剤と繊維を密着させ、きれいに元の素材と馴染ませます。

表も同様に塗布し、しっかりと固めたら仕上げの段階に入ります。

 

パテを塗布したら研いで表面を平らにし、形を整えるところから。

きれいに研いで、サーフェーサーを入れ、さらに研いだらブースへ移動。

 

あとは塗装🌈

いかがでしょう😆⤴️

 

 

お返しの日には車体に取り付けて、カッコよく納車🚙✨

綺麗に修復出来て良かった〜😊

こういうエアコンフィルターもあるんだ〜👀✨

「エアコンフィルターを交換したい」

とミニキャブのお客様からのご依頼です😊

 

“フィルター“と聞くと

イメージするのはこういったタイプ👇

 

届いた物はこちらのタイプ👇

ん?網??😳‼️(袋に入ったままですが…)

あまり目にしない仕様だったので、ついついパシャリ📷💥

 

さぁ、これはどこに付いているのかな?

運転席 足元のこの辺り💡

 

グローブボックスを開けたところにあるイメージが多いのですが

こういうところに付いているお車もあるんですね👀!

ここにあるフィルターのツメを摘んで、外して。

 

新品と比較🔍💡

古いのは白っぽくて埃や汚れが溜まっていますね💦

 

新しいのをセットしたら完了✌️😄✨

 

エアコンフィルターは外気・内気共に空気を浄化してくれる働きのあるもの。

定期的なフィルター交換で、綺麗な社内環境を保ちましょうね🍀✨

バンパー交換♻️ 開けてビックリ👀‼️

フロントバンパーに亀裂が数カ所。

 

残念ながら、リサイクル品も出てこなかった為

新品バンパーと交換となります。

 

部品が揃ったら、いざ交換‼️

 

バンパーを外してみると…😳⁉️

あらぁ…。

クロスメンバーが奥に押し込まれてしまっています😱💥

 

真横からみると、本来上から真っ直ぐに降りてなくてはならない部分ですが

車体側にグッと押し込まれている状態でした。

 

繋ぎ目部分にも歪みが出来ていて、正式な修理の方法としては

クロスメンバー交換!といったところですが

それでは費用が大きく掛かってしまいます😥

 

出来るだけ安価で済ませたい❗️とご要望を頂いておりましたので

応急処置のような方法にはなりますが

この部分を引っ張って元の位置に戻しちゃいます👍

 

登場するのは、この工具達🔧

専門の工具を車体につけて。

えいっ‼️と引っ張る💨

反対側も同じように調整✨

 

真っ直ぐになりました♬

 

最後にバンパーを付けて

外した物も元に戻したら完成〜😆🚩

 

バンパーは材質的にも、元に戻る習性があるため

一見、大きな損傷にみられなくても

その押された衝撃によっては内部まで損傷があることもあります。

 

見えない部分だから〜

とそのままにせず適切な処置を行いましょうね😊💡

 

ヴェルファイア フェイスチェンジ🔧

フロントバンパーの損傷でご相談を頂いたヴェルファイアのお客様。

バンパーには3つも4つもヒビ割れがある状態です。

そのヒビはメッキの装飾部分にもかかるように入っている為

修復という方法ではなく、交換という方法になってしまいます。

 

…が‼️

バンパーは「モデリスタ」のフルバンパータイプ。

スポイラーの比では無いくらい高価な物。

そして、もう一つ残念な事が💦

既に生産終了となっている事も判明しました😥⤵️

 

お客様は「デザインに拘りは無いですよ〜」と仰って下さったので

純正バンパーへ変更する方法で進める事に❗️

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

⬆️ 新品バンパー

 

デザインが大きく変わるため、移設が不可能な部品も多くありました。

例えば、こちらのグリル。

一見、移設が可能なように見えますが

いざ合わせてみると、ダメだ〜…爪の位置が若干違う😱💦

 

保険ご使用ではなかった為、出来るだけ費用を抑える方法でと思っていましたが

残念ながら 移設が出来ないパーツは それ用の合うパーツを用意しなくてはなりません。

 

リサイクル品で揃えられるところ、そうでなければ新品をご用意して組み付けをすることに。

 

そしてもう一つ☝️

フェンダーの付け根(ブラケットが付くところ)にも変形も発見!!

フロント下部の衝撃で、フェンダーの付け根も引っ張られてしまったのですね。

このままでは、せっかく取り付けしたバンパーもはみ出してしまいます。

ここはすぐに修正を 🔧

 

正しい位置に戻ったところで、ブラケットを取り付け✨

 

 

 

最後にバンパーを取り付けして完成〜👍

 

では、Before ⏩ After をご覧ください💁‍♀️

 

フェイスの違いで全体の雰囲気が大きく変わりますね♬

 

うん、とてもいい感じ😊🍀