こんなところに傷と凹みが…

「いつからかわからないけど、傷と凹みが出来てしまって…💦」

とご来店いただいたのはシエンタのお客様。

ボディの部分と黒い樹脂パーツの上には ザザーっとした凹みと傷が😱💥

 

👇角度を変えてみてみると

ボコボコが良く見え、こんなに凹んでいるの⁉️💦 とも思ってしまうくらいです。

 

まずはこの樹脂パーツを取り外して、ドアの凹み修正から🔨!

室内にゴミが入らないよう養生も忘れずに♬

 

凹みの箇所をスライドハンマーで引っ張るために

アタッチメントの取り付けを。

 

位置を合わせ、その土台になる部分をまずはハンダで溶着!

このハンダの機械ですが、レバーを引くとハンダが自動で伸びてきてコテの熱に溶かされるという仕組み👀‼️

 

アタッチメントを仮付け出来たら、その後は 片手で出来ちゃうという優れもの!!

画期的です😆👍🎉

 

そして溶着した土台に輪っかの部分を設置したら

いつものようにスライドハンマーで引っ張り出す💨💨

 

引っ込んでいた部分全体を引っ張り出したあとには

ハンマリングで表面の凹凸をならしています。

色んな角度から見て、時には手👋でその凹凸感を感じ

引っ張る作業との微調整を繰り返しながらの修正です。

 

波及は大きなものでしたが、修正した箇所はこんなに小範囲で仕上げる事が出来ました

 

この後は塗装の工程へ進めます。

 

プライマーを塗布して

板金パテ・仕上げパテでドアパネルの形状を元通りに整えます💡

パテは先々のことも考えて必要最低限まで薄〜く研磨🙌

決して厚化粧はしません🙅‍♀️❌

 

 

そして塗装の下地作りの最終行程‼️

サーフェーサーを吹き付けする作業へ💡

紙とマスキングで養生したら、いざ塗布!!

 

最後にブースの中でボディ色へ塗装をし、

黒い樹脂のパーツは新品部品を取り付けしたら…

 

完成🙆‍♀️💓✨

あの凹みはどこへ???

と思うほど綺麗な仕上がりとなりました😆👍⤴️

 

傷に気がついた時には、凄くショックだったと思うのですが

納車時は綺麗になったお車を見て安心した表情でいらっしゃいました♬

ご満足いただける仕上がりとなって良かったです😊‼️

ドアを開けようと思ったら・・取れちゃった😭

 

2023年になったと思ったらあっという間に今日から2月ですね👹❤️🍫

去年に比べ、雪が少ないのは嬉しい反面

毎日とっても冷え込んでいますが皆さま風邪などひかれていませんか⛄️❓

 


 

そんな中、先日の大雪が降った次の日のこと⛄️

スタッフみんなで構内の除雪をしていると電話が鳴りました📞

『いやぁ〜困ったよ〜💦参った❗️』

と、長年お世話になっているお客様からのご連絡でした💡

どうされました❓とお聞きすると・・

『除雪していて車に乗ろうと思ったらさ、ドアの取手が外れちゃって❗️❗️😭』っと。

オーマイガー😭💦

 

まずは状態を確認させてもらうためご来社いただきました🚙

あらースッポリ無くなっている。

ヨシっ❗️新品のドアキャッチを手配しよう❗️✨

ということになったのですが・・・

なんと・・生産終了😱⚡️

オーマイガー😭

 

こうなると、リサイクルパーツでドアキャッチがないか調べてみることに📞

全国に問い合わせをしたのですが、残念ながらキャッチ単体では見つからず

出てきたのは色違いのドアのみ😢

 

お客様と相談の上、その色違いのドアを注文しドアキャッチを塗装・移設交換することで決定💡

 


 

早速ドア届いたので交換作業にかかります♻️

▲まずは届いたドアからキャッチを取り外す作業

ドアのトリム(内張)を外すところから

ドアの内部を分解して

作業者の手の入るところまで取り外したら

ドアの内側で止まっている部分のボルト類を緩め

リサイクルドアからキャッチを壊さないように綺麗に取り外します🙌

取れた〜❗️👏✨

色違いのドアなのでキャッチももちろん色違い💡

これをボディ色へと塗装します🌈✨

 

そうして・・・・

無事に、塗装&交換が完了😄🎉❗️

 


 

壊れてからの数日間、

毎度ずっと助手席から乗り降りをしてとても大変な思いをしていたお客様。

『助かったよ〜❗️』と、無事に直って安心したご様子でした☺️💓

 

車内には見えない汚れがいっぱい😭

今日は番外編です😊

 

車の外も中も綺麗にしているお車🚙

 

ピカピカにされているお車でも

実はこんなところに見えない汚れが沢山付いているんです😱💥

 

▼代車で検証!!

液剤で濡らしたウエスで、ハンドルを擦ってみると…?

 

綺麗だったウエスがこんなにも真っ黒に‼️💦

 

では、どうして真っ黒になるんでしょう?😳

 

 

車を動かす上でハンドルは必ず触るところ。

その際、どうしても手からの皮脂や汗が付着してしまいます。

どうやら表面のボコボコした所に、その汚れが溜まってしまうようです😓💦

 

他にも、ドアを閉める時に掴む この部分👇

ここもドアを閉める際に 手👋で引っ張るところですよね。

ハンドル程ではありませんでしたが、同様にウエスに汚れが沢山つきました。

 

このまま放っておくと、ベタつきも出てきたりと

快適にカーライフを送ることが出来なくなります。

そうならない為にも、日頃からこまめに綺麗にしておきたいですね ♬

心を込めた車検整備💓

 

長年にわたりお車の整備をおまかせいただいているお客様から

このたび車検のご予約をいただき、整備をさせていただきました。

お車はトヨタのマークⅡブリット🚙💡

 

2年に一度の車検。

お車に愛着を持って乗っていられるようでなんだかんだと整備をしながらも
ずっと大切に乗っていられました😊

 

今回が最後の車検と思い、近いうちに手放すことも考えながらの車検ということで

どのように進めていくか相談をしながら整備しました😌

 

やはり北海道で長年乗っているお車なので錆は拭えず・・

ブレーキの固着が見られたため

ブレーキキャリパーを分解し、交換、およびクリーニング作業をすることに💡

 

ブレーキが固着すると

正常にブレーキの制御が効かず引きずった状態になり大変危険💦

毎回ブレーキの点検の際はパッドの残量やローターの錆具合、

錆で削れて段がついて当たりが悪くなっていないか❓

など点検をしていきます👨‍🔧

ブレーキ交換といってもいろんなパーツで構成されており

一つ一つを丁寧に手作業で清掃して

ダメなパーツは交換し、お車に戻してあげます☺️

▲Before

▲After✨

通常キャリパーブラケットは外さずに作業することが多いですが

お客様の安全を想って心を込めて整備しています☺️💓

 


 

ブレーキ以外のところも不具合がないかどうか点検をし
車検場で検査を受けて今回も問題なく車検完了🙆‍♀️✨

 

あとどのくらいこちらの愛車に乗るかは分かりませんが

最後の最後まで思い出をいっぱい作って頂けたらいいなぁ☺️🌈と願っています✨

後ろだけ車高を上げたい⤴️⤴️

「重い荷物を積むので、後ろだけ車高を上げたいんです」

初めてご来社いただいたお客様からの相談でした。

 

前後のタイヤとフェンダーの隙間をみてみると

後ろの方が、タイヤとフェンダーの位置が近い事がわかります🔍👀

きっと、お仕事道具がお車の中に沢山積み込みされているのですね💡

その重みで車体後方が下がってしまっているのでしょうか。

 

基本的に重い荷物は積んだ状態のまま という事を伺ったため、

リヤコイルスプリングを 1インチ アップする方法で進めることに。

 

▼こちらが手配をしていたコイルスプリング

社外品なので、鮮やかな赤でした‼️

 

さぁ、交換作業開始👍

 

せっかくなので、取り外したスプリングと比較してみました♻️

長さもそうですが、巻き方もこんなに違うんですね👀‼️

 

車体に取り付けした状態がこちら💁‍♀️

いい感じに決まっています

 

そして、肝心の高さはどのくらい変わったのでしょう??

▼入庫時

▼交換後

なんと‼️

3cmも変わっていました👏😆🎉

 

これで乗り心地も少し良く感じていただけるかなぁ?😊

 

お返しの際に、せっかくのご縁なので

事務所で作りたいと思っていたロッカーの合鍵を作成していただく事に🔑✨

 

すぐに出来ますよ〜と、その場で5分も経っていないような短い時間であっという間に完成‼️

私達もとても助かりました🙇‍♀️❤️

 

素敵なご縁に感謝をしつつ、ご満足いただけた事に

大変嬉しく感じた作業となりました♬

ここに入っちゃったの⁉️

「これ、取れるかな?」

👨‍🔧「どれどれ…」

 

とお客様が 指を指していたのは 、左のライト💡!!

 

近づいてみてみると…?

あらぁ…

ここに入り込んで、そのまま出られなくなってしまったんですね😅

 

メインの作業でバンパーを外す予定があったので

ついでにライトも外して取り除くことに!!

 

無事に取れました。

 

ライト裏にちょうどスマホくらいのカバーがついているのですが

そこが少し浮いた状態になっていたため、侵入出来てしまったのですね💦

 

今回は珍しいご依頼でしたが

通常、簡単に入れるような 造りにはなっていないので ご安心を👋😊

 

黒い物体が外れた❗️

 

今年はもしや雪が少ない❓っと、期待をしたのも束の間

先日例年通り大雪が降りましたね😭

 

雪がたくさん降ると増えるのがこんなご依頼💡

 

『バンパーをぶつけてしまい、周りの黒い何かが外れちゃった・・』

そう、それはボディの真下についているアンダーカバーや、タイヤハウスのところに付く

フェンダーライナーがぶつかった衝撃や雪を巻き込んで割れて外れてしまったのとのご相談💡

 

先日も早速、取り付け直しができるか否か

とのお問い合わせを頂き、お車がご入庫🚗

 

手前に置いてある黒い大きなパーツがタイヤハウスに着く

フェンダーライナーです💡

若干変形や切れているところはありましたが、クリップやビスを使ってなんとか

取り付け直しは可能な状態👍❗️

リフトにあげてタイヤを外し

バンパーもぶつかっていた為バンパーの変形は直すことができないため

今回は一旦ライナーを取り付け直すところで作業をします。

ライナーを取り付けるためには一度かぶさる部分のアンダーカバーを

取り外し

その上で複数のクリップや特殊なビスを使用して

取り付け直しを行いました😊

 

これで走行するのに支障のない状態へと戻ったので一安心💓

これから長い冬になるので春になった頃にどうしても気になるようであれば

新しいものに交換するのも選択肢のひとつですね💁‍♀️

 

 

去年のような道路状況にならないことを願って😣🙏❗️

焦らずゆっくり安全運転で✨

臭いと刺激的な感覚…体に毒?☠️

冷房・暖房をつけた時に

化学薬品みたいな刺激的な臭いと、顔(目や口など)に感じるピリピリとした感覚。

体に悪いって感じてしまう程の症状。

 

この症状に悩まされてご来社頂いた お客様のお話を伺うと

初めは、エアコンの臭いが気になり出したので

ご自身でエバポレーター洗浄を行ったようです💡

 

臭いは一時的に良くなる物の、すぐに再発してしまったんだとか。

エバポレーター本体を交換したり、プロショップに清掃をお任せしたりなど

いくつもの作業を繰り返したようですが、一向に良くならず💦

いよいよ困って、テクニカルオートにご相談を頂きました。

 

⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅

 

白い粉…異臭…で想像されたのはクーラントの漏れ。

内部のどこかで漏れてしまっているのではないか?🤔

 

という想像をしながら、確認を進める為にも まずはインパネおろし。

どんどんバラバラになっていきます🔧

 

ヒーターユニットもおろしたら

何にも無くなった!!

この光景、頻繁に目にする物では無いですよね👀‼️

 

外れた部品も こんなに沢山。

 

そして心配していたクーラントの漏れはというと

どこにも見当たらず、まずは一安心😊💨

 

次はヒーターユニットを分解して、謎の粉の正体と臭いの原因を探っていきます。

 

所々に、コーヒーのような茶色い液体が掛かってシミになっているような跡を発見🔍

直接臭いの原因となっているかは、定かではありませんが

この汚れは丁寧に拭き取りを

 

ヒーターユニットからは

ヒーターコア・エバポレーター・その他の細かなパーツは全て分解してバラバラに。

 

ここで、謎の粉も発見‼️

🔍拡大

 

その粉の出どころは…こちら💁‍♀️

なんと!

エバポレーター本体から出ている物でした。

 

本体からと言うよりは、本体に付着した何かが

剥がれ落ちてきているイメージです。

 

通常はこのようになる物では無い為、その正体ははっきりとしませんが

もしかすると、何度か洗浄剤で清掃をされている時に

付着した物が固まってしまったのではないか と推測も出来ます。

 

エバポレーター自体、交換されてからの月日がまだ浅いのでこちらは清掃。

ヒーターコアは新品に交換。

そしてその他の部品は、綺麗に洗浄🚿✨

 

組み戻し前には、何人ものスタッフで臭いを確認しました👃

うん、臭いは何も感じない🙆‍♀️🙆‍♂️🆗

 

原因がはっきりと掴めたわけではありませんが

その可能性となっているものを全て取り除いた事で

クリーンな空気が出るようになりました🍀

 

お客様にお渡しの時にも、緊張の一瞬 でしたが

「全然違う!!!もう感謝しかありません!」

ととっても嬉しい一言🙇‍♀️

 

お悩み事が解消出来て 嬉しい納車となりました ♬

アクスルビーム交換🔧

先日のブログでご紹介した、ヴィッツのアクスルビーム交換の様子をご紹介

 

この工程、結構な重整備なんです😅🔧

でも作業はずーっと見ていると面白い♬

 

さぁ交換の様子スタートです🚩

ドラムを外した後 ライニング、サイドワイヤー、ブレーキホース、ABS配線…などなど。

繋がっている所を順番に取り外していくところから(16日のブログをご参照ください☺️

 

アクスルの付け根のボルトを緩めます。

 

全ての取り外しが終わったら、取り外した物を乗せるためのウマを4箇所準備。

そこにアクスルを乗せて、車体から切り離し!

綺麗に外れて、リフトで上がっていく車両をみると

つい「おぉ〜!!」と声が漏れてしまいます😆

 

取り外し完了👍

ここまでの作業でも、約40分かかりました💦

 

一息ついて、今度は取り付けを進めて行きます‼️

取り外しと逆の手順です

アクスルホーシングはリサイクル品で準備しました。

 

▼コイルスプリング

▼ABSセンサー

▼サイドワイヤー・ブレーキホース・シューをそれぞれ順番に

▼最後にドラムを装着

 

全ての組み付けが完了したら、最後にはブレーキエア抜き作業

 

最後に4輪アライメントで足回りの計測をして終了〜😆🎉

 

準備から全ての作業が完了出来るまでのトータルみると

3時間近くも掛かる大変な作業。

その分、やりがいのあるお仕事です😊👍

 

あるはずの物が無い⁉️

ミラーが壊れ、交換が必要となったBMW。

 

届いた部品を準備し、いざボディに取り付けの瞬間🔧👨‍🔧✨

 

…と思ったら、あれ??

何かがおかしいぞ???🤔

ネジ山が無い ‼️ 👀💥

内側がツルツル。

 

国産の車両では、目にしたことはありませんが

輸入車の場合 稀にある光景なんだとか💡

 

こんな時は、作っちゃいます✊

タップという工具を使って下穴の内側にネジ山を立てますよ〜!

 

こんな感じに⬇️

綺麗に出来ました☺️👍

 

無事に車両にも取り付け出来て一安心でした