アルファード スライドドアとリヤフェンダー修理

アルファードのスライドドア・リヤフェンダーに大きく出来てしまった凹みと傷。

新車でご購入されて、まだ数ヶ月しか経っていないお車でした。

 

状態から見ると、本来であれば ドアもフェンダーも交換と判断されるくらいの損傷です。

 

スライドドアは、いくつかのプレスラインがつながっているので中々な作業となりそう。

 

鉄板は伸びている状況ではありますが

①スライドドア下側につくガーニッシュ と② リヤフェンダー下側の小さなガーニッシュ

がそれぞれ合う様に修正は出来そう🙆‍♂️ 何とかなりそうです!

 

まず左側スライドドアを修理していくのですが、損傷の無い右側スライドドアと比較しながら行います。

凹み具合を見て、引き出し板金に使用するアタッチメントを選び溶着 → 引っ張る💪

今以上に鉄板を伸ばさず範囲を広げないように注意しながらの作業となる為、慎重に。

 

スライドドアが決まったら、次はリヤフェンダーのドアとの繋がるラインを修正。

そして面全体を直していきます。

 

凹んだ部位の塗膜はこのようにサンダーで削り落として、鉄板をむき出しにしていますよ。

小さなヘコミは、ピンポイントで引っ張って行きます。

 

鉄板の伸びもなく腰が入っている状態で良い感じになりました。

 

板金の作業が完了後、剥き出しになった鉄板には防錆の役割もあるプライマーを2種類塗布して しっかりと乾かします。そして翌日からは下地作りの工程へ。

 

パテを入れて研ぐ作業…プレスラインがいくつも合わさっているので、こちらも中々大変な作業です😖
何度も歪みがないか確認を徹底して行います👍✨

パテ研ぎが決まると、次はサーフェーサーを塗布!


ここでも歪み、巣穴の再確認。

同時進行で調色を!

スムーズに作業が進んでいきます。

巣穴の確認もok♬

こうして、いよいよ塗装へ!

 

しっかりブースで乾燥させてピカピカに磨きあげ、外した部品を慎重に組付をしていったら完成‼️

 

中々の損傷で、とてもやりがいのある修理でしたが歪みも残らず綺麗に直りました。

今後、乗り替えをする際に 今回のような修理が査定にも影響するのではないか。

と心配されていましたが、お車の出来上がりを見て ご安心頂けたようです🌟

 

お客様にご満足頂ける修理となって良かった〜😊

レガシィ リヤアンダースポイラー修理

リヤバンパーからアンダースポイラーが剥がれてしまったお車。

確かに少し隙間が出来て、気になってしまいますね💦

 

下部に出来てしまった傷も一緒に直したいとのご相談でした。

 

修理はスポイラーを取り外して行いましょう♫

クリップやビス類は全て取り外し

粘着テープも綺麗に取り除いてしまいます。

 

スポイラーの傷は部分的に修理を。

 

塗装が完了したら、バンパーに付ける前の準備に入ります💪

 

『ガスプライマー』の登場✨

スポイラーモールを取り付けする際に

密着性をアップさせる一工夫です❗️

 

こちらのモールを慎重に貼り付け。

 

モールの取り付け完了👍

そして裏面には両面テープも貼り付けてOK🙆‍♀️

 

スポイラー本体を取り外した際に、一緒に外した小さな部品。

このように、経年劣化で脆くなってしまいボルト等も折損してしまう物が多いです。

破損したものについては、新しい物を用意してバンパーの下部にハメていきます。

 

再び登場のガスプライマー♫

そして、いよいよ取り付けの瞬間😆

👨‍🔧『片方ずつ いくよ〜!!』

 

スポイラー上は粘着テープをしっかりと密着させ

下側はボルトで固定。

取り付け完了♫

 

最後に、二箇所ほど タッチアップを修正してほしいといったご依頼も頂いたので

細い筆で出来るだけ小範囲で済ませます。

 

仕上がりはこのように!

お客様にも喜んで頂けました☺️

アンテナが曲がってしまった!

自宅車庫のシャッターで擦ってしまったというお車。

屋根についているアンテナの形が変になってしまったので見て欲しいと

頂いたご相談です。

 

近くで見てみると、アンテナが土台から浮いた感じがあります。

そして屋根には凹みとザザーっとした傷が。

 

残念ながらアンテナを直す為には

屋根の凹みの修正も同時に必要となりそうです。

正式な修理で進めることに決定しました。

 

こちらがアンテナを取り外した状態🔧

アンテナが引っ張られた時に、鉄板も引っ張られて伸びてしまったのですね。

穴の周りの形が変形しているのが見られました。

 

こちらを修正する作業。

穴付近の歪みは無くなり形が綺麗に整いました🙆‍♀️

 

次は下地作りです。

剥き出しになった鉄板には2種類のプライマーを塗布し防錆処理。

 

UVパテを塗布し紫外線をあてて硬化させます。

研ぎ終わったら

サーフェーサーを塗布し、更に研いで、養生をして、脱脂して…と

塗装前の準備を済ませたらいよいよ塗装。

 

塗装後は磨きで仕上げ作業です。

 

最後に新しいアンテナを取り付けしたら綺麗に完成✨

 

修理前に、アンテナの隙間から雨水が入ることを心配されていましたが

これでもう大丈夫ですねっ☺️👍

MAZDA3 リップスポイラー塗装・取付

昨日のブログに続き、本日も『MAZDA3』のカスタムをご紹介✨

 

今回 MAZDA3をご入庫頂いたお客様は、以前トヨタ 86 にお乗りだった時に

カスタムのお手伝いを色々とさせて頂いていました。

 

片道3時間近く掛かる所から わざわざ足を運んでくださっているのです🙇‍♀️

テクニカルオートを愛して頂きとても嬉しく思います☺️

 

ご来社時、いつもと違うお車だったので

🙍‍♀️あれ〜?乗り換えたんですか???

と尋ねると、ご結婚され お子様も10月に生まれると何とも嬉しいご報告が💓

 

ご家族が増える事もあり、ファミリーで使える車として乗り換えたんだそうな。

MAZDA3 良いですねっ😆👍

 

今回は『持込のリップスポイラーを塗装して付けて欲しい』と言ったご相談でした。

まずはパーツをお預かりし、塗装が完了したらお車をお預かりし取付する事に🔧

 

お持ち頂いたパーツです👇

下地処理を丁寧に行い塗装をして準備。

 

お車をお預かりする日程を相談の上、ご入庫頂いたらいよいよ取付作業✨

スポイラーはボルトと粘着の両方で固定するタイプでした。

ボルト止めの位置を定め、穴を開ける作業が必要となりますが

その目印ともなる型紙があったので、切って✂️ボディに貼って…

と、とてもスムーズに位置を定める事が出来ました❗️

この目印に合わせ、慎重に穴を開けていきます。

 

そして本体を取付した後のお車がこちら💁‍♀️

スッキリした感じから、凛々しくドンっと構えているような

カッコいい印象に変わりました😊

 

今度はお子様と一緒にテクニカルオートに来てカスタムのご相談をして頂けると

おっしゃってくださいました。

と〜っても楽しみにお待ちしておりますね 👶💕

MAZDA3 ルーフスポイラーでカスタム

アプリ『ニカルくん』にお問合せのメッセージが📱

 

「MAZDA3にルーフスポイラーを塗装して取り付けしたい」

とのご依頼でした💡

 

それではまずは現車とお持ち込みの部品を確認させて欲しいとお願いすると・・

「遠方に住んでいるためなかなか行けない・・」

どちらにお住いか聞いてみると、滝川にお住まいのお客様でした‼️

札幌から滝川というとこのくらいの距離🚘

 

パッと気軽に行ける距離ではないのでこんな遠くからテクニカルオートを選んで

きていただけるなんてありがたいお話です😭✨

 


 

まず1日お車をお預かりし、パーツと車体とを仮合わせして

パーツを預かり塗装。塗装が完了したら

後日改めてご来社頂き取り付けという流れで作業を進めることとなりました🤗

 


 

塗装が完了し、今日はいよいよ取り付けの日です😄☀️

 

▼塗装が完了したルーフスポイラー

 

一度ボディと仮合わせをして取り付け位置を確認してマスキング💡

これは取り付け位置がずれてしまわないようにするためと

この後に塗るプライマーが余計なところについてしまわないよう保護する

役割もあります💁‍♂️

 

 

こちらのスポイラーは両面テープでのみ取り付けするタイプの

スポイラーであることと当日中に滝川に帰りたいというお客様のご希望から

万が一、外れてしまうことのないように

密着をよくするためスポイラーと取り付ける車体の両方に

念入りにプライマーを塗布していきます💡

 

 

プライマーを塗ったら、スポイラーに両面テープを貼り付けしていきます👏

 

▼貼り付け完了

 

2人がかりでズレの内容微調整をしながら

貼り付け‼️

 

 


 

▼こちらがルーフスポイラー取り付け前

 

▼そしてこちらが取り付け後

 

 

いかがでしょう??🤗🌸

 

初めの丸みを帯びたフォルムから

イメージチェンジしてキリッとした印象に変わりましたよね‼️🙆‍♀️

 

新しいお車、これからたくさんいろんな所へドライブへ行って楽しんでほしいです

 

 

ディフューザー取付

ディフューザーを取付したいとBMWのお客様からのご依頼です。

 

お持ち頂いたパーツはこちら💁‍♀️

 

 

こちらのお車に取付していきます。

 

ディフューザーの裏面と密着するボディ部分は

丁寧にゴミや汚れを拭き取ってからスタートです。

 

取付後のイメージを膨らませながら仮合わせ。

 

バンパーにくっつく部分は粘着テープを貼って事前準備を。

 

そしてボルトで止まる部分は穴あけの加工。

 

そちらを車体にセットしボルト止め。

 

最後に粘着テープの紙を剥がしてボディに密着!!

 

マスキングテープで固定をし、しっかりと圧着させる為、数時間置いたら

 

完成です👏

 

🔸Before

🔸After

 

パーツ一つでイメージが変わるので、色んなお洒落が楽しめますね😊🎀

RAV4 フロントスポイラー傷修理

RAV  4のお客様からのご依頼です。

 

フロントスポイラーの一部に傷がついてしまったとご入庫になりました。

どれどれ…🔍👀

ここですね!!

ちょっと段差に乗り上げたりすると、ガリッと擦ってしまう部分です😭

 

メッキの近くですが、割れてはいないので直せます👍

バンパーを外さず、メッキ部分はうまくマスキングをして、超〜〜部分塗装で安価修理をしましょう!

 

ガリッと入った傷を落とすためには、

一度 研ぎ落とす必要があります。

綺麗になだらかに。

キズの範囲よりも、もっと広い範囲の研磨が必要。

修理をする時に、メッキ部分は変形してしまわないように、アルミで保護します。

 

いつものように下地処理を行なった後は

塗装範囲以外をしっかりと養生して塗装前の準備に取り掛かります✨

 

 

この後はいよいよ塗装!

仕上がりはどんな感じになるかな〜?😊

 

 

出来上がりのお車はこちら💁‍♀️

 

お返しの際、お客様には

🙍‍♂️『綺麗ですね!!』

とご満足頂ける納車が出来、とても嬉しく思いました♬

 

ありがとうございました!

レガシィ エアロスプラッシュ 塗装剥がれ修理

車検でお預かりのレガシィ🚙

 

車検整備のついでにずっと気になっていたサイドスポイラーの先につく

エアロスプラッシュの塗装が剥がれてしまったところも直したいとのご要望💡💡

 

▼横から見たレガシィ

直したいのはこの部分👇

おそらく走行中に飛び石が当たり、塗装に傷が入ってしまったことによって

だんだんと塗装がペリペリ剥がれてきてしまったのでしょう😢

 


 

修理方法を打ち合わせ🗣

『新品の部品を取って取り付けするか❓』

『現車のパーツを外して直すか❓』

 

部品屋さんに確認すると、新品は未塗装で届くことが分かり

そうなると💰ご負担大きくなることから

今回は物自体は壊れているわけでは無いため

現車のパーツを取り外して塗装をし直すことで決定🙆‍♀️💡

 


それでは修理スタート‼️‼️

まずは剥がれかけている塗装を綺麗に剥がすところから💡

塗装が脆くなっているので強力なエアーをかけてみました💨

「ん〜意外と頑丈で取れないねぇ」

では、機械を使用して研ぎ落としてしまおう❗️

だんだん下地が見えてきました👀

 

「よしっ❗️綺麗に研げたよ👍」

▼塗装を丁寧に研ぎ落とし終わったパーツ

 


 

研ぎ落とし終わったら・・

また塗装が剥がれてしまわないように丁寧な下地作り🙆‍♀️❗️

 

❶プライマーをエアガンでまんべんなく塗布

(作業写真がなくてごめんなさい😣)

❷UVサーフェーサーを塗布して硬化し塗装の足付け

❸車体に合わせて調色したら・・色をのせて

パーツの修理&塗装は完了👏

 

▼こちらが塗装まで仕上がったエアロスプラッシュ

新品みたいにピカピカぁ〜😍✨


 

さぁそれではいよいよ車体に取り付けしましょう❗️

 

粘着テープとボルトで取り付けるため、

密着を高めるため取り付ける部分を脱脂剤で拭き取りしていきます

塗装完了したパーツに粘着テープを貼り付け
取り付け位置を確認したら貼りつけていきます🙌

 

補強するためボルトでもしっかり固定したら・・

 

完成🙆‍♀️🎉✨

 

車検でお車の内側もきっちりメンテナンスできて、外見も綺麗になって

とっても喜んでいただけた様子🤗🌈

 

今回は左側でしたが右側もすこ〜し傷が入っているところもあったので
もしもまた同じようになってしまったらぜひまたお手伝いさせてくださいね♫

 

 

遠路はるばるご来店頂きました✨

先日、ご来社頂いたアルファードのお客様🚙

パーツを取り付けして、お車をかっこいい感じに仕上げたいといったお話でした。

 

お持ち頂いたのは『ローダウンフェンダー』です。

パーツを車体に合わせ、取付後の想像をしながらお客様と打ち合わせ😊

 

後日作業の予定で打ち合わせをしようとお話を進めると…

『僕、稚内から来たんです!』と。

 

えぇぇぇぇぇぇ!?👀💥

 

パーツ取付の為、はるばる札幌にいらっしゃったとの頃。

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談して頂いたんだそうな☺️

 

とてもありがたく、嬉しいお話です!

 

う〜ん…どうしましょう🤔

通常は当日作業の受付は行っておりません✋💦

 

ただ、お客様のご事情を考えるとどうにかして差し上げたいなぁと思い

今回 特別に作業をさせて頂くことにしました✨

 

こちらがそのパーツ💁‍♀️

パーツの下にはお洒落(?)な毛布を引いて、傷が付かないようにしています😁

 

取り付け前にはガスプライマー 🔥

この作業で車体との密着性がアップします⤴️

 

続いて両面テープを貼り付け。

 

作業は少しでもお待ち頂く時間が短くなるよう2人で連携プレー👨‍🔧

 

位置を合わせたらボルトで固定。

そして両面テープの剥がして圧着!!

 

○のポイントは穴空け加工をしてボルト止め🔩

 

他の3箇所も同様に作業します。

 

こうしてイメチェンしたお車はこちら👇

 

◆Before◆

◆After◆

フロント

リヤ

 

とっても良い感じ👍 ♬

お客様にも喜んでお帰り頂くことが出来ました🙆‍♀️

 

またいつでも遊びにいらしてくださいね🤗

ありがとうございました。

 

フィット スポイラーの色味が気になる

『スポイラーを取り付けしたけど、バンパーとの色味の違いが気になって…』とご来店頂いたお客様。

 

お分かりになりますでしょうか?

同じ白でもよ〜く見ると黄色っぽい感じ・っぽい感じと、微かに違いがあります。

 

素材上の問題もありますが、車体と同色で販売されていても

いざ付けてみると、その微妙な違いがとっても気になります。

 

そしてスポイラーの中心部の粘着が弱いためか

隙間も出来ていて、そこも一緒に見てほしいとのご依頼でした。

 

 

スポイラーを取り外して作業に掛かります💪

 

取り外したスポイラーの裏側を見てみると…

あれ❓❓

👇 拡大

粘着テープの紙が剥がれていない!?😱💥

 

このように剥がれていない箇所は数カ所ありました。

なるほど!それできちんと接着されていないような感じがあったのですね☝️

 

 

◆塗装準備◆

色合わせは太陽☀️が出ている日中に行います。

 

バンパーの色に合わせ調色をした塗料を、塗り板に吹きかけます💨

 

この塗り板を実際ボディに合わせ、色味の感じを目👀でチェック🔍

 

色味加減も🆗となった後は塗る為の準備です。

 

下地処理を済ませ、塗装をしない部分はマスキングと紙で養生しています。

 

この準備が終わったら いよいよ塗装!

光の加減で色味が違うようにも見えますが、スポイラー1本をいっきに塗装しています🙆‍♂️

 

この後はスポイラーを車体に取付する作業です。

その前に粘着テープは新しく貼り付けを。

 

スポイラー端に着くモールにも粘着テープを貼っていきます

▼こちら

このモール、実は重要な役割を担っていますよ☝️😊

①バンパー本体に傷を付けてしまわないように保護する役割

②バンパーとスポイラーの隙間を埋め、ゴミなどの侵入を防ぐ為

 

▼裏面もテープをしっかりと貼り付けしていきます

販売されている状態よりも、テープの幅や貼り付け位置を考え

しっかりとした固定が出来るように工夫してみました。

 

取り付けをすると、このような仕上がりに👏😆

 

色味違いでスポイラーそのものが浮いて見えるような違和感がなくなった事、

そして取付状態も良く、しっかりと固定が出来ている事にご満足頂ける結果となりました♬

 

喜んで頂けて良かった〜🌟

 

ありがとうございます🙇‍♀️