車体に収まるカッコいいタイヤ選び

ラングラーは、元々軍用車として造られた車なので、オフロードや雪道にはとても強い車です。

ラングラーは、大きなタイヤ、ゴツゴツしたタイヤが似合っていてカッコイイ!

だから、タイヤのサイズをぎりぎりまで大きく合法の範囲で履きたい✨と考えました。

 

タイヤ選び

JLラングラー ルビコンのタイヤ。

日本のディーラー車には、純正で255/75R17が

装着されています。

しかも、マッドタイヤが標準で!

 

👩❓マッドタイヤってなぁに?

🙎‍♂️ジープとかデカい車に、ゴツゴツしたぶっといデッカいタイヤ履いてるの見たことない?あれだよ!

 

岩山やオフロードで、ガシッと噛み込んで力強くしっかり進むマッドテレーンタイヤ

それよりももう少し、街の中や高速運転で走りやすく、比較すると音が静かなオールテレーンタイヤ

選び方は、好みと使いみちなので、どちらが良いということはありません。

見た目にブロックがゴツゴツと大きくてワイルドに見える右側のタイヤが、マッドタイヤです。

アメリカ本国のルビコンは、

純正でも33インチのタイヤが装着されていて、

35インチまで履くことができる。

リフトアップすれば37インチも履けるとのこと!

 

35インチ、履きた〜い!!!

 

33とか35とか言っているのは、タイヤの外径です。

 

この大きさになると、乗用車サイズではなく、ライトトラックのタイヤになるんですって!

ちなみに、乗用車サイズで、『何インチ』と表すのは、タイヤの外径ではなくホイールの外径ですよ。

 

35インチの大きさのタイヤを履いた時、ハンドルを回して、タイヤがホイールハウス内のどこかに干渉しないか?なども、色々調べました。

 

ホイール選び

ホイールを選んだときは、

最初の候補に、

KMC、グリッド、フェーエルオフロード、ライノラック、ルビコン392純正ホイル、

と、

沢山のメーカーの中から、

一つ一つサイズを確認しながら、

どれにするか迷いました。

 

 

最終的な候補には

グリッドオフロードの、

👇この二つに絞りました

 

ルビコン392という、新しく発表された限定車のホイールは、この時点では未だ❗️発表されたばかりで発売されておらず、問い合わせを入れても、アメリカから取り寄せられないと言われました。

カッコいいんだけどな〜!

買えないホイールは諦めるとして、

実はホイールにも細かなサイズ設定があり。

 

悩みます。

 

大きさだけでなく、太さ、深さもしっかり調べないと 車体に装着した時に、引っ込んだり はみ出たりしてしまうのです。

先程のグリッドオフロードの

GD9とGD3

この2つに絞ったのですが・・・

うまくサイズが合うか…‼️⁉️

 

18インチ 大きさヨシ‼️

9J……太さヨシ‼️

ここまではよかったのですが

インセット(深さ) が +18が製造されているものの中では最大🤨

 

ルビコンフェンダーフレアを装着した状態で、

外径35インチのタイヤを履かせた時に、

+18のサイズでは、車体からはみ出てしまうのでは? と、
なくなく諦めました😭

 

計算に計算を重ね、

インセット+30のホイールを 別の物で探すことに。

 

そして、ついに ライノラックというメーカーで良さそうなサイズとデザインのホイールを見つけ、

【アーセナル】という商品を購入することに決定しました!

結果として、保安基準の許容範囲である

『タイヤのサイドウォールのみ、1センチ以内のはみ出しはOK』という場合の見本のような

絶妙〜〜な 面一(ツライチ)具合でした!

本当は9Jの+30だとよかったけどね!

欲しいデザインでは見つけられなかった!

 

純正タイヤと、購入したタイヤの比較です

これからラングラーのタイヤを選ぶ人の参考になればいいなと思います😊

新車時構造変更って、なに? ラングラーでやってみた

ラングラーの新車構造変更の手続きで、

整備振興会へ行ってきました。

JLラングラーを合法で大人カスタム♪

『ジープ』と聞いたら思い浮かぶ代表的なあの形の車が、【ラングラー】です。

ラングラーと言えば、ゴツゴツした大きなタイヤが印象的ですが、あの大きなタイヤを日本で履くには、どうしても制限が出てしまいます。

日本には保安基準がって、タイヤが車体からはみ出してはいけないルールがあるからです。

じゃぁ違反ではなく、合法でできるカスタムはどこまで!?

JLラングラー ルビコン

 

車幅の制限?

新車登録が済んで納車となった後、

バンパー・ショック・ホイールは指定部品のため、許容値の範囲内の大きさであれば後から取り替えても良いとされています♪

しか〜し❕

大きなタイヤ・ホイールを履きたい時はフェンダーからはみ出さないようにサイズを考えなくてはなりません。

 

そこで多くの人が取る作戦は、オーバーフェンダー等を付けて

車体の幅を広くすること!😀✨

※M’s MO-TOさんでは 、カスタムも登録もサポートしています

だからといって、フェンダーを大きくする等の変更をする場合、

タイヤを替えるのと同じように簡単な訳ではありません!

フェンダーや、スペーサー等、車の横幅が2cm(片側1cmずつ)以上変わるような物を取り付けるときは

『構造変更が必要』になるのです!

 

次の車検の時に構造変更しようとか、車検の時に毎回純正に戻そうとか、考える人も多いのが現状。

でもね、構造変更が必要な状態で、

バレなきゃいいや〜なんてことは、

真っ当な車やさんとしてはお勧めできません。

 

新車時構造変更ってなに?

新車を購入したら、ディーラーで全て手続きを完了させてくれて車検証と共に車が手元に届きます。

新車の場合、メーカーで製造された車両の規格で大量に生産され出荷されるため、

メーカーの検査員が最終検査を行うことを条件に、

メーカーが事前に型式指定という届け出を行っています。

新車販売時に書類を揃えるだけで新規登録ができるような仕組みです。

 

 

👩❓ じゃぁ、どうすればいいの? 新車が来て、カスタムした後に、自分で構造変更の手続きをしたらいいの?

🙅‍♂️それは、もったいない。それなら「新車時構造変更」がお勧めです。

 

何がもったいないのか?というと、
一度登録された車両を陸運局に持ち込み、構造変更の手続きをすると、

構造変更=車検取り直し となるため、新車なのに3年じゃなくて、

構造変更手続きをした時点から2年で車検⁉️なんてことになるからです。

だから、「新車の登録をするときに、一緒に」 構造変更をしてしまえば良いのです。

これで、新車1回目の車検まで3年間の期間は変わらず、

更にパックとされているディーラーのメンテナンス保証も受けられる。

その上、保安基準を満たしている状態で堂々とディーラーやカーショップへも出入りできる!✨というわけです。

新車登録時の構造変更が、ユーザーにとっていかに大切か💧ということがわかります。

 

ラングラーの車幅はどこまで広げられる?

普通車の基準として、±20mmを超える車幅の変更は構造変更が必要になりますが、

構造変更をしたら、どこまでも広げられるのか?

規定としては2.5mまで 幅を広げることはできるのですが、

ラングラーの場合は、そうはいきません。

もう一つ、保安基準として『すれ違い用前照灯は、その照明部の最外縁が自動車の最外側から 400mm 以内』という決まりがあります。

要するに、ヘッドライトの外側の位置とフェンダーの端迄の距離が40cmを超えて離れてしまってはいけないのです。

よくある普通車は車体の端に近い部分にヘッドライトがありますが、

ラングラーはヘッドライトよりも更に横に広がるように

フェンダーフレアが取り付いています。

そのため、フェンダーフレアそのものの幅や、幅を持たせるために後付けするスペーサー、オーバーフェンダー、パイプなどは、

ヘッドライトの最外側から車体の最外側までの距離に気を付けて選ばないと、『保安基準不適合』となってしまうのです。

 

実際の新車時構造変更では

ヘッドライトからフェンダー外側迄の距離を一所懸命測っても、

保安基準を確認する『自動車技術総合機構』では、

機械(カメラ)で車幅を測り、左右ヘッドライトの最外側位置との差を、

新たにヘッドライトの適合位置として確認します。

あまりギリギリで攻めすぎると、検査の時に アレッ!ということが 無いとも限りません😅

 

新車時構造変更は誰がやってくれるの?

新車時構造変更は、正直、ディーラーにとってはめんどくさい仕事です。

なぜかというと、通常は簡単な書類一式で済む登録なのに、

わざわざ車両を陸運局に持ち込み、1日掛けて2週もして検査を受け、

しかも、本当に受かるか受からないかわからないダメだった場合、一度帰って対処をして、

後日、再度全てやり直しの手続きをしてこなくてはいけないからです。

『やだやだ、絶対やらない』という販売店もあるかもしれません。

『別料金が掛かるよ』という販売店もあるかもしれません。

販売店によりどの様にしてもらえるかはわかりませんが、

【新車時構造変更】ということができる事実はあるのです。

ちなみに、

新車時の構造変更はフルチェックとなるため、継続検査時の構造変更と比べると倍くらい厳しいです!

例えば、継続検査(通常の車検時)と同時の構造変更の場合は50のチェックで済むところ、

新車時の構造変更は、100チェックが必要というイメージです😱

また、ラングラーの場合、座席の位置が地上から90cm以上と高く、

側面衝突試験についての適合確認は不要の為、

社外パーツを使用しても、オーバーフェンダーの強度証明などは 無くても大丈夫とのこと!

 

本国仕様のルビコンフェンダーを着けて、新車時構造変更完了!

35インチのタイヤを履いて、ツラツラで保安基準適合OK♪

車高は上げてません。

 

 

カスタム用に販売されている商品はまだまだ限られたものしかありませんが、

ちゃんとした手続きで堂々と、ラングラーのカスタムを楽しみましょう!

日本初に向けて!ラングラー登録への道 ②

これからカスタムをしようと目論んでいる

ラングラーアンリミテッド。

 

新車登録前にカスタムをして乗り始めたい!

わからないことは、細かく詳しく教えてもらうのが一番♪

ということで。

行ってきました、陸運支局へ!

 

自動車技術総合機構

札幌の陸運支局内に、『自動車技術総合機構』という 自動車の保安基準の適合確認や構造に関する検査などを行っている機関があります。

やりたいことをきちんと伝え、その上で確認が必要なことや条件や

何がダメで何がOKか、詳しく相談に乗ってもらいました。

 

 

ヘッドライトの位置は、車の一番端の位置から40cm以内に無いとだめなのはわかったいるけど、車体の幅が変わるとめんどくさい?

車高は変わらず、フェンダーの高さだけが変わったら?

オーバーフェンダーを取り替える場合、取り付けるパーツの硬度が不明でも大丈夫?

色々、根掘り葉掘り聞きました。

 

 

取り付けたいパーツは、

本国北米仕様のルビコン フェンダーフレア!

なぜか、日本仕様の右ハンドルになったルビコンは、

フェンダーの形状が若干違い、取付位置は同じなのにフェンダーが少し低い位置にあるデザイン。

そして、フェンダーに縁どるようにミミがある。

 

一方、本国仕様のルビコンのフェンダー標準位置は、ボンネットが閉まったラインと同じ高い位置!

 

しかも、日本のフェンダーより「1インチ」幅が広い、との情報も。

『ん~~~~。 1インチって、何センチ?』

『え~っとね、 ・・・ 2.54cmだって。』

『その情報は、本当かなぁ?』

わからないなら、測ってもらうのが一番!

 

商品を取り扱う ロサンゼルス在住の

アメリカンインテーク 水野さんにお願いして、

幅がどのように違うのか、

本国のフェンダーはヘッドライトの外側からどのくらいの幅なのか、USルビコンにメジャーを当てて写真を送ってもらいました。

アメリカンインテーク 水野さん撮影

 

個体差があるとはいえ、この写真でいくと、

幅的に、保安基準はOKっぽそう。

じゃぁ、納期は!?

『数か月、生産なしの状態が続いている』

え~~~! 😱がーん

 

新車登録の予定には全然間に合いそうもないので、

USルックということで、

ようやく見つけた OEMメーカーの商品で我慢することにしました😅

MPコンセプトハイクリアランスフェンダー

『2インチ上にあがって、幅も1インチ広くなります』=ルビコンフェンダーと同じクリアランス とのこと!

試しに買ってみた!!!!

が…………‼️

 

次は、純正フェンダーと本国サイズフェンダーの比較!

またまた楽しみです😊

日本初に向けて!ラングラー登録への道 ①

ラングラー 購入

ラングラーをどこから購入しようかと、

色々調べていたとき。

並行輸入が良いか、ジャパンディーラーを通した方が良いか。

前から気になっていた、一軒の超マニアックなお店へ、通りがかりで訪問!

『ああいうこと、こういうこと、そういうことがしたい』と相談してみると、

嬉しそうに、そしてとても楽しそうに熱く話し始める『ラングラー担当』という男性が、こちらの代表!!

ディーラーではなかなか返ってこないような、マニアックなお話振りに、

『おもしろい。』🎶

ラングラーが好きすぎてこの仕事を始めたと言います。これは、色々相談できる!!😆✨

素敵な出会いとなりました。

 

マニアックが講じて、専門誌にも掲載依頼が来るほど。

jeepスタイルブック

ジープスタイルブック

ラングラーがたくさん載っています

この掲載されているラングラーを仕上げて、実際に販売されたお店は

エムズモートさんです。

頼り甲斐があります💪

社長の三上さんとはすっかり仲良し♪

エムズモートさんでお願いすることにしました😊

 

実はこのお店、札幌でジープの正規ディーラーとなっている インポート・プラスさんの、

カスタムサポートをされている提携ショップとのこと。

 

ということで、テクニカルオートと直接のお取引窓口はエムズモートさん、販売元となるのはインポートプラスさん ということになります。

他にはない速さで、納車できる!というM’sさんのオーダー力により、

到着しました😊 楽しみにしていたラングラー!

 

ラングラー 初対面

ラングラーアンリミテッド到着の連絡を受け、

新車登録前の状態で、直接、

インポートプラスさんに引き取りに行きました!😊😊

 

新車登録前ピカピカのラングラーを

搬送車に積み込み

テクニカルオートへ戻ると、

到着するなり工場の人達からのスペシャルチェック😃

どれ!

エンジンルームは?

 

さて! これから、テクニカルオートで

日本初(おそらく)の登録に向けて

カスタムします❗️❗️

 

お楽しみに😊