優しい心遣いが・・・高額修理に💸💦

 

保険会社さんのご紹介でお預かりすることとなったお車🚙

 

リヤガラスは粉々に割れ、クォーターもルーフも

ご覧のようにぐちゃぐちゃに損傷していました😱

 

なんでこんなところが壊れてしまったの

お話を伺うと、冬道で車が埋まってしまい抜け出せず悪戦苦闘していた時のこと

周りに車がいなかったのでギアをバックに入れ

思いっきりアクセルを踏みこんで👣❗️

脱出‼️‼️

と、思ったその時・・・・

 

ガシャーーーン😱⚡️

 

何が起きたかというと、たまたま埋まっている様子を見ていた方が

困っていると思い、ショベルカーで救出してあげようとすぐ後ろまで

来ていたところだったのでした🚜💦

勢いよくアクセルを踏み込んで下がったため、思いっきりバケットの部分に衝突💦

右の後ろの上部がガッシャリ損傷してしまった・・というわけでした😭うぅ・・・

 


 

損傷が大きいため

リヤゲート・クォーターパネルは交換となります♻️

 

▲クォーターパネルは溶接でくっついているパネルのため

損傷のある部分を切り取り、新しいパネルもそこ切り取った部分に合わせて

カットして再度溶接をしなおして交換します💡

 

ドアも傷が入っていたため板金修理をして塗装🌈

お色がパールが入っているため1枚塗装をかけます💡

同様に新品のリヤゲートも未塗装の状態で入荷してくるため

下地づくりから進め塗装します

クォーターパネルも新しくなったところで

車体ごとブースの中へ

ルーフも含め全体を塗装です🙆‍♀️

 


全ての塗装が完了したら組み付け💪

元々付いていたバックカメラを新しいゲートに移設して

板金修理と交換作業が完了

最後にガラス屋さんにリヤゲートのガラスを入れてもらったら

すべての修理が完了です☺️

 


 

本当に今年の冬は、さまざまな場面で人と人が助け合っている姿をたくさん見かけました🍀

今回はその優しさがあらぬ方向へといってはしまいましたが、

困っている人を見て見ぬふりせず『助けたい』と行動してくれたその方の優しさに

お話を聞いてなんだか温かい気持ちになりました🌸☀️

テクニカルレスキュー出動🚜💨

 

今日は番外編💁‍♀️✨

 

先日の大雪は皆さん大変でしたね💦

たくさん降った雪で道路の雪は山積み⛄️❄️

やっと除雪が追いついてきたと思ったらまたずっしり積もってしまった状況ですね。。

狭い道は雪が多く残っていて行き交うのもやっと💦

 

そんな中、テクニカルオートの周りの狭い道でも同様の事が・・

この道は12号線へ抜ける為、多くの車やトラックが行き交うのですが

 

あぁ・・・🚛💦💦

事務所の窓から見えた先にはトラックが雪道でスタックして身動きが取れない状態😭

気づいた時にはしばらく格闘している様子でした。

『車のことならまかせて安心🚗✨』のテクニカルオート☺️

 

困っている人がいたら放っておけないんです😆

 

いざ出動🚜💨

スタッフが先に走っていき🏃‍♀️🏃‍♂️

すぐにホイールローダーで駆けつけました🚜

こんなに大きなトラックも牽引ロープをかけて引っ張ると・・

スルスル〜っと一発で救出💪

かなりの力持ちです

『あ〜良かったねぇ☺️』

っと、一安心したところで

 

『あれ❓嘘でしょ❓👀💦』

 

 

トラックが抜けたその先にはもう一台のトラックが😱🚚

実は先に救出したトラックを助けようとして

この1台も身動きが取れなくなってしまっていたのでした💦

 

それではレスキュー第2弾🚜💨

 

こちらもスルッと轍から救出して任務完了🙌

 

この数週間でこの道で何度も困っている車を見かけました💦

まだまだ終わらない冬・・⛄️

皆さんも狭い道や対向車との交互通行をする際はくれぐれもお気をつけて⚠️

無理に前進しようとせず、一度下がってみるなど冷静に対処しましょう

 

 

何とかしてあげたい!車修理の神対応⁉️〜長野のお客様との出会い〜

ある日の朝1本の☎️がありました。

「なんとか今日中に車を直してもらえませんか?」

 

詳しく聞くと、前日の夜に事故を起こしてしまったそう😣

そしてなんと

「夕方の便でフェリーで長野に帰るんです💦それまでにフェリーに乗せられる状態にして欲しいんです‼️」と。

 

…え❓❓😧😧

 

長野からはるばる北海道へ愛車に乗って旅行に来たそうでそんな最中の事故でした😭

車はレッカーされ、運ばれた先は美唄という😱

 

どうにかしてあげたい😣

しかし損傷状況も分からないため、
一旦レッカー先の美唄の業者さんへ☎️

損傷状況を確認すると…
フロント事故ですが
干渉部分をなんとかすれば走れると💡

ちょっと待って!

フェリーは何時⁉️

17時!でも16時までに着かないとだめなので💧

 

 

ってことは!? 15時にはここを出ないと間に合わないってことね‼️

今何時⁉️ こっち到着は⁉️

お昼頃!

 

ヨシッ‼️✨
とにかく、なんとかしましょう💪✨

 

直ぐに美唄から車を運んでもらい
到着したと同時に作業に取り掛かります🚗🛠

 

バンパーが外れかけているくらいかと思っていたら、結構ガッチャリ😮🗯

 

ガムテープでもなんでもいいから、フェリーに乗り込めるようにだけでもいいから直してほしい‼️…との事でしたが…

フェリー🛳で帰るんでしょ…

なんぼなんでも、可哀想💦

 

出来る限り見栄えよく
かつスピーディーに作業🙌

壊れた部品はジグソーパズルのように集め🧩
ひん曲がってしまったナンバープレートも
修正して…

 

完成🙆🙆‍♂️✨

 

初めての北海道で楽しい旅行が

一気にショッキングな出来事となってしまいましたが🌀

お帰りになる時は、

予想以上にちゃんとした形となった仕上がり具合と、

なによりフェリーに間に合った事に

とても安堵されていました😊

 

ある意味忘れられない想い出となってしまいましたが、これに懲りずにぜひまた北海道に遊びに来てくれるといいなぁ〜✨

 

諦めたくないR2の修理 亡き父の車

下廻りや外装の錆の修理について、

どのようにできるか相談したい。


そう言って、乗って来た車は

スバル R2。

『何とかして、できるだけ乗ってあげたい』

 

そのお客様は現在、東京で働き、暮らしているといいます。

何故?東京の人が、わざわざテクニカルオートに???

実は、相談のR2は お父様の形見の車だとのこと。北海道のお姉さんが、なんの相談もなく、もう乗らないからと言って廃車にするところだった!と半分怒ったように、そして、半分悲しそうに話してくれました。

外装の錆の状態をぐるっと一周確認し、

リフトアップして下廻りも確認。

1つずつの概算金額と修理方法の提案、大まかな全体の修理金額をお話ししたところ、

『インターネットで調べて、調べて、決めてここに来たから、ここでしかお願いするつもりはないんです。』

…と、何とも嬉しい言葉。

そして、

『東京に戻るので、時間は掛かっても構いません。』そう言い残して、そのままR2をお預かりすることとなりました。

 サイドシルなど車体側、下廻りの錆修理とあわせ、今後も錆が出て来にくいようにしっかりと防錆処理も施しました。

ドアやフロントフェンダーなど、ボルトで取り付けてある部品は、本州から錆びていないリサイクルパーツを取り寄せ、交換。

下廻り全体は防錆塗装を行い、今後の対策もバッチリ👍

バンパーのキズはついでに一緒に直してあげました。

お引き渡しの時の、お客様の喜ぶ顔を想像するだけで、やり甲斐が出てきます!

お父様から引き継ぎ、できるだけ長く長〜く、走ってくれますように。

 

自動車の傷修理 自宅の塀で…

保険会社から1本の電話。

自宅駐車場横にある塀に車をこすってしまい、

修理金額によって保険を使用するかどうかを相談したいとのこと・・・。

 

 

保険を使用すると、保険更新時と向こう3年間は保険料が高くなってしまいます。

差額は15万円位…。

修理をしたら、いくらなのか???

いずれにしても修理はされたいとのことでしたので
すぐに代車をご用意して、お車をお預かりし、
比較してみることにしました。

 

結果的には、保険を使用せず修理した方が少し安く収まるため、自費で修理を進めることとなりました。

1日でも早く!と修理を進め、

お返しした時のお客様の安心した表情が印象的でした。

『すっかり良くしてもらって、本当にありがとう😊テクニカルさんにお願いして、良かったわ!また何かの時にはよろしくね』

起こってしまったことは心が痛い出来事でしたが、お役に立てたようで良かったです。

お二人からいただいた言葉はとても有り難く、とても嬉しい納車となりました😊

ありがとうございます!

思い出たくさんの大切な車

お客様から色んなご相談を頂くなかで

お車とお別れの瞬間に立ち会う事もあります。

 

「修理で高額になっちゃうから

「もう乗らないから手放そうかと思って」

 

思い入れのある車ですので

中には涙を流される方もいらっしゃいます。

 

そんな光景を目の当たりにすると

良いオーナーさんと出会えて素敵な一生を送れたんだろうなぁ🚗✴️

とこちらまで感慨深くなります!

 


🔵お客様からの手紙


 

以前このような嬉しいお手紙を頂きました☺️

 

ご夫婦で来店され

思い出にとお車と一緒に撮影した写真を送らせて頂いてました。

 

お手紙を受け取り

お客様に喜んで頂けたこと。

お車を大事考える温かい心に触れさせて頂いたこと。

その貴重な瞬間に立ち会わせて頂いたことが

とても嬉しく感じた出来事でした★

 

いま、お客様が乗っている 一台一台の車も、持ち主の方やそのご家族の方と沢山の思い出を作れるように、

私たちはこれからも、お預かりした車を 丁寧に大切に手掛け、お返ししていきたいです。