インプレッサ フロントバンパー部分塗装

お車の外装修理のご依頼を多く頂いておりますが

事故などでの損傷は予期せぬ時に起こります。

 

今回お預かりしたインプレッサのお客様もそうです。

 

細い道だったのでしょうか。

『行けるかな?』『大丈夫かな?』

と迷いながらも前進したところ、バンパーを擦ってしまったとお話を伺いました。

 

お車を乗り換えてから、車幅等の車両感覚が変わってしまったのもあるそうです。

 

こう言った状況でぶつけてしまう方は少なくありません。

行けるかどうか迷った時は、一度止まって見てみることで防げる事故もあるかもしれません😉

 

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 

お預かりしたインプレッサはというと

幸いバンパーに割れや亀裂もなかった為、部分修理で進めることにしました。

 

まずは、傷を取りながら塗膜を削り落とします。

密着の良いきれいな塗装を行うためには、表面に細かい傷を付けてあげる必要があります。

研ぎの作業で、傷を付けてはいけないフォグランプ周りの素材部分は先に取り外しをし

ヘッドランプはマスキングで保護をしています。

 

UVパテで形状を修復する作業が完了したら次はUVサフェーサーを塗布。

周りに飛ばないように養生をして

塗り終わったのがこちら💁‍♀️

 

この後は再び研いで表面を滑らかにし、いよいよ塗装へ。

ブースの中へお車を移動し、塗装範囲以外は全て紙で養生をしています。

 

塗り上がった後は磨きをかけて最後の仕上げ✨

 

外したパーツも付けたら完成!

仕上がりはこのように♬

 

お預かり前は修理の内容など、色々と心配されていたようですが

仕上がりを見て、ご満足頂くことが出来たようです😊

 

ありがとうございました!

ヴェルファイア ガーニッシュが外れた

女性のお客様がご来店下さいました。

ぶつけた衝撃で部品が外れてしまった為、何とかならないかな?といったご相談です。

 

どれどれ…👀!

外れてしまったのはこちらの部分👇

 

損傷もあった為、こちらの外れてしまったパーツと

横の幅広いガーニッシュも交換させて頂くお話となりました。

 

外れたパーツについては、一時的にでも取付が出来たら良かったのですが

残念なことに中のクリップ部も壊れていて取付が出来ません。

 

なので、部品が到着するまでの間に水や砂などが入ってしまわぬよう

応急的な工夫をさせて頂きましたよ〜😊

 

その方法はというと???

 

ジャーン!!✨ めくらのシール登場!👍

原始的な方法ですが、数日間はこちらのシールに保護してもらいましょう。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

そして部品が到着すると、いよいよ交換の作業です🔧

 

まずは幅広い方のガーニッシュを取り外すところから。

 

外してみると、あらら!?

クリップ穴の付近が広範囲で凹んでいる状態な事が確認出来ました🔍

 

この状態では新しいガーニッシュの取付は出来ません✋

 

きちんと形を修正してあげて

よし!これでやっと取付が出来ます🙆‍♂️

 

あとはガーニッシュを2箇所付けて

完成〜👏

 

見えない部分でも適切な処置を行うことが大切です🤗

 

お車も元通りになり、お客様にも安心してお帰り頂くことが出来ました♬

クリア剥がれの修理塗装

フロントバンパーのクリアが剥げてしまったクルーガー🚙

修理の費用を少しでも抑えられるように、そしてテクニカルオートで作業がしやすいようにと

ご自身でバンパーの脱着とフォグランプ等の細かな部品を外してきて下さいました。

 

そこまでの作業を進めて下さっていたので

32個程のクリップの取り外しだけで簡単にバンパーが外れました🙆‍♂️

 

 

別件でクォーターのデント作業のご依頼も頂いたのですが

こちらも同様に内張りを外して下さったようです。

ここまで出来ちゃうなんて凄い👀‼️

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

クリア剥がれの原因は、詳しく調べないとはっきりとした事は言えませんが

その一つとして、硬化剤の量の問題もあるのではないかと感じています。

 

修理をするには、クリアだけを剥がして『フューザーエッジ※』が出来る所まで研磨。

※フェザーエッジ:塗装と下地の面を斜めに削った面

 

研磨が終わったバンパーにはサフェーサーを塗布。

再度研いで下地処理を完成させます。

 

この後はいつもと同じように調色。

お車の色、一台一台に合わせお色を作成。

 

そして塗装。

綺麗に仕上がりました✨

 

お渡しの時には『凄く綺麗になりましたね!』と喜んで頂くことも出来

良かったら〜と、お土産まで貰ってしまいました😆

 

ご満足頂けたようで嬉しいです👍

ありがとうございました!

 

フォレスター クォーターとバンパー修理

テクニカルオートを信頼して下さり、何か相談事があると

真っ先に駆けつけてくださるフォレスターのお客様😊

 

車が大好きで、いらっしゃる度にお車の話はもちろん

お仕事の話や身近での出来事、色んなお話をさせて頂いてます♬

 

その方から頂いたご相談です。

以前、ぶつけてしまった左リヤ部を修理したいとのこと。

テールランプは早々にお取り替えをされたようですが

クォーターの凹みとリヤバンパーとの隙間を何となく見栄え良く戻してあげたい!

と言ったご要望でした。

 

後日、ステッカーを貼り付けする予定もあったようで

ちょうどステッカーの下になり隠れてしまう部分の

クォーター縦の凹み、そしてリヤバンパーの穴は

そのままで良いと最小限の範囲で修理を進める事にしました。

 

リヤバンパーとテールランプを外してみてみます。

 

クォーター角の部分がベコッと潰れてしまっていますね。

この凹みを修正してあげて

 

塗装前の下地作り。

バンパーは歪みを修正した後、穴自体はそのままですが傷は拾って塗装します。

(こちらはサービスです🤗)

 

塗装範囲以外を養生したら、いよいよ塗る作業✨

 

最後に外れたパーツを組み付けして完成〜!

良い感じです👍❗️

 

納車日の翌日にステッカーの予約を入れていたそうで

仕上がりを心待ちにして下さったお客様。

出来上がったお車を見て大変喜んで頂くことが出来ました😆

 

その後、無事にステッカーも付いて

きっと全体のイメージも変わったんだろうなぁ☺️

 

イメチェンしたお車を見せて頂くのを楽しみにお待ちしております🌟

走行中の異音

『走行中40㎞/hくらいからシャリシャリと音がなるようになったので見て欲しい』

と点検のご依頼を頂きました。

 

ホイールの隙間から音が鳴っていると思われるブレーキ部分を覗き込むと…

その音の正体が明らかに!!

どうやらバックプレートとブレーキローターが当たって

それがタイヤの回転と共に “シャリシャリ“ といった音を発生させていた模様。

 

▼近くで見ると擦れた後もはっきりと

 

タイヤ交換後にも良くある症状なのですが、

それはタイヤを脱着する際に、ホイールとバックプレートが接触し変形してしまい音が発生したもの。

 

今回のように突然なり出した症状については

あくまでも推測ですが、熱によってプレートが膨張したことでローターに接触してしまい

鳴っているものではないかと想像しています。

 

🙍‍♀️熱によって膨張???

 

台所に熱湯を流す時や、やきそば弁当の湯切りをする時などに

シンクが熱膨張して『ボコンッ』となりますよね☝️

 

それを想像するとなんとな〜くイメージ出来るかな?🤔

 

今回は分解をして、バックプレートの角度をちょっと変えて異音は解消✨

 

お客様にも安心してお帰り頂くことが出来ました♬

分解してみちゃいました🔍👀

エアコンが冷えないと言った症状で先日CX-7が入庫しました。

 

点検をしていて外観は作動していたコンプレッサーですが

ガス圧を測定してみると何も変化無し。

 

コンプレッサー交換し、不具合を解消しましたが

取り外されたこちらの物が気になって分解をしてみました。

 

マグネットクラッチを分解して、プーリーを外して

本体の前側(プーリー側)のケースを開けてみると

 

インペラと呼ばれる金属のプレートが全部割れています。

こんなにバラバラに😱💥

コンプレッサオイルが不足していたのかもしれませんね。

 

エアコンはガスもオイルも規定量入っていないと冷えない原因にもなり

今回のように壊れてしまう原因にもなってしまうので

何かいつもと違うなと感じることがありましたら

すぐに点検にきて下さいね!

インプレッサWRX 鹿との接触②

先週の続きです。

 

リヤドアは幾つものプレスラインが有る為、修理には時間を要します。

少しづつ全体を引き出しながらラインを元の位置まで出るように戻し、全体の面を出していきます。

下部の錆はサンドブラストをかけて錆の除去を行なった後

防錆剤を塗布して処理します。

 

板金作業完了〜🔨

 

続いて、下地作業に進みます!

 

まずは色合わせから。

調色した色を塗り板に吹きかけ、それをボディにおいて色合いを確認します。

 

板金作業が終わった後の剥き出しになった鉄板には、錆から守る為のプライマーを塗布。

形成させる為のパテをしっかり密着させる為の効果もあります。

 

その後はパテを各部位につけていきます。

リヤドアは外して作業していきます。

 

パテ研ぎと同時にフロントフェンダーの下地も進めていきましょう。

こちらも左右共、取り外していますよ☝️

 

パテを綺麗に研ぎ、形を仕上げてからサフェーサーを塗った後

さらに研いで塗装する面の処理を仕上げます。

 

下地処理が完了したお車は、ブースの中へ移動🚙💨

塗装しない部分はマスキングと紙で養生をしていきます。

 

そして塗装🌈

塗装範囲がくっきりはっきりと目立ってしまわないように

左側面はリヤフェンダーまで、右側面は右フロントドアまでぼかしの作業をしています。

 

しっかり乾燥させた後は磨きをかけて。

 

最後に外したパーツを全て組み付けして完成です。

仕上がりはこのように💁‍♂️✨

 

リヤドアの修理は鈑金屋さん塗装屋さん共に中々のやり甲斐のある仕事でした💪🏾

その分お客様に喜んで頂くことも出来ました!

 

また、カスタムや修理のご相談お待ちしております☺️

ありがとうございました。

インプレッサWRX 鹿との接触 ①

暖かい時期に多いのが、鹿🦌などの動物との接触事故。

高速道路内では年間約5万件もの事故があるとニュースで見たことがあります📺

彼らに出くわしてしまうと、車両側の損傷も結構大きいんですよね…💦

 

今回ご相談を頂いたWRXのお客様もその被害に遭われた方です😭

 

鹿🦌との接触でフロントガラスが割れ、左フロントのフェンダーはベコベコ。

ドアミラーも取れてしまいフロントとリヤのドアには凹みと傷…。

お問い合わせを頂いた時には、こういった状況のようでした。

ご自身で出来る限り元の状態に近づけて入庫しようと作業を進めて頂いたそうです。

 

ご入庫頂いたお車がこちら。

既にフロントガラスは交換し、ドアミラーは新しいものを取付済。

そしてフロントフェンダーは左右共、純正フェンダーを外してFRPフェンダーを乗せて頂いた状態でのお預かりです。

作業がしやすいようにとお客様のご好意でフロントバンパーやヘッドライトも外しやすく

準備をしておいて下さいました☺️

ありがとうございます!

 

左側面の損傷はフロントドア後端から始まりリヤドア全面にかけてあります。

リヤドア下部には以前に修理をしたであろう形跡もあり、パテが割れて剥がれて錆が発生しています。

その錆の部分もせっかくなので綺麗にしたいと言ったご要望でした。

 

修理の過程は来週のブログでご紹介✨

お楽しみに〜😊

 

タイヤハウス内の錆穴修理

フィットのお客様からお電話を頂きました☎️

『リヤの足廻りが錆で腐食してしまい車検が通らない状況だと他社で言われまして』

 

状況を詳しく伺うと、車検をお願いしたところで

この状態だと通りませんよ〜と言われてしまったそうです。

 

すぐにご来社を頂いてその状態を確認することに。

 

どれどれ〜?👀

それは右後ろのタイヤハウスを除いたとことにありました😱

 

こちらです。お分かりになりますでしょうか?

👇アップ

あら…大きな穴がポッカリと!!!!

 

ボディの錆は、人体に怪我を負わせるような突起した物でなければ基本 車検は通ります🙆‍♀️

ですが、足廻りの部分やフレームは安全面にも関わるところなので

こういった状況では車検は通らないのです😖

 

そしてお客様のお話を伺うと

近いうちに道外の実家へ戻ってしまうという予定があり

それまでに車検を完了しなくてはならない状況とのことでした。

 

それは一刻も早く何とかしなくては❗️と

早速、翌日にお車をお預かりしすぐに作業に取りかかる事にしました⚒

 

腐食が進んでいる箇所を出来る限り落として

新しい鉄板を穴を塞げるくらいのサイズに形成し溶接します。

継ぎ目部分はしっかりとコーキング&防錆処理を。

最後にアンダーコートを施工したら完了!

 

よし!これで車検も合格出来るはず💮✨

 

きっと安心して実家の方へお帰り頂けたことでしょう✌️😊

 

BMW 右リヤフェンダーとバンパー修理

リヤフェンダーとバンパーを電柱にぶつけてしまったとBMWのお客様からご相談を頂きました。

車両保険のご附帯が無かった為、今回は自費で修理をされるといったお話です。

 

リヤバンパーを外して損傷具合の確認。

👇アップした様子📸

大きく角のラインが潰れて内側に押し込まれている状態だという事がわかります。

 

リヤフェンダーは、2枚のパネルが合わさって形成されているもの。

その表パネルと裏パネルの繋ぎ目がちょうど凹んでしまっていたラインの部分にある為

一枚の鉄板と比較すると、と〜っても直しにくい😖❗️

 

でも大丈夫!ここはプロの技で👨‍🔧

 

まずは表側と裏側の両方からラインを少しづつ直していきます。

ちょっとずつ引っ張っていきながら

ボディ側にブラケットとバンパーを取付し、隙間や高さの確認をしていきます。

何度か修正、確認を繰り返し、きちんとラインを元の状態まで戻せたら表の面を修正します。

 

 

板金の作業が終了した後は、下地作業に移ります。

 

下地がしっかり出来上がってないと仕上がりにも大きく影響してしまいます。

パテを研いで何度もバンパーを合わせて隙間と高さを確認してからサーフェーサーを塗布します。

 

ここでもポイントが☝️

高くなっている箇所・低くなっている箇所を

見た目や手の感覚で感じ取りながら、研いで元のなだらかな形を作成していきます。

 

 

お車の色も一台一台使用状況によって色見が異なるので

データから微調整をしてこの車の色を作っていきます。

 

塗り上がった後はブースでしっかり乾燥させて磨きをかけ最後の仕上げへ!

 

この後は取り外したパーツを元に戻して行く作業。

 

👇こちらはバンパーを取付して左右を見比べてみました。

ボコボコと凹んでしまっていた箇所は影も形も無くなりました。

左側と見比べて見ても違いは全くありませんね🔍👀

 

最後に板金・塗装、各部作動点検をして修理完了です👏

 

リヤフェンダーは本当は交換です!と判断したいくらいの損傷でしたが

交換をしてしまうと、リヤガラスの脱着が必要となったり

輸入車なので部品その物が高価だったり…

トータル金額で見るとお客様にとってのご負担が大きくなってしまうもの。

 

そこを板金作業で進めたことにより、安価で綺麗に出来ました👍✨

長く乗られることを考えるとお車にも良いご選択となったと思います。

お客様にも喜んで頂くことが出来ました☺️