ヘッドライトが透明に✨

車のヘッドライト。

いつの間にか、だんだんくもって、

レンズが不透明になると

車の顔全体が、くすんだように見えてしまいます。

 

車はきれいなのに❗

なんだか、どんよりして見えますよね。

 

最近のヘッドラインのレンズは硝子ではないため、小さな傷や紫外線などの影響で劣化してしまうのです。

では、ヘッドライトを透明にしてみるとどんな違いになるでしょう?


ヘッドライトを磨いてみた


ヘッドライトの外側だけ、傷や劣化で曇っている場合は、磨くことができます。

 

ヘッドライトを取り外し、

2種類のペーパーを使って、傷を落としてあげます。

 

▼キャサリン磨きに挑戦

 

ヘッドライトは真っ白に‼️

本当に大丈夫かな?

 

きれいに傷を取ったところで、専用のコーティング剤を使ってスプレーします✨

 

 

↑ほら!左側からきれいになっていってるのがわかりますか?

 

分かりやすいように

ヘッドライトを外さないで、同じ工程で磨いてみました。

車のヘッドライトくもりを磨きました。ヘッドライトが透明になりました。

いかがでしょう?

車検でライトが暗くて検査に合格しない場合も有効です‼️

ヘッドライトを取り替えなくても済みますよ😉

 

私も!という方は、是非状態を見せに来てくださいね😊

 

ヘッドライト不灯 本当の原因

HIDのヘッドライトが片方点灯せず、

球切れなのかなぁ?と思いながら

自動車用品の量販店に相談に行ったというお客様。

調べてもらって、バラストがダメだと言われたそうです。

何故か、そのお店では依頼せず、テクニカルオートに来てくれました😊

バラストがダメだというのは直ぐに判断できましたが、

何故!バラストがだめになったのか。

どうやら、単なる劣化や消耗ではなさそうです。

あららら。

ライトからこんなにお水が。

ヘッドライトも交換した方が良さそう。

しかし、全国手配で中古を探してみましたが、生憎在庫が見つかりませんでした。

『仕方ないので、バラストだけ交換して下さい。』🤢

…とはいえ、原因を直さないと、

バラストを変えた意味がないくらいに直ぐまた壊れてしまいます。

普段はあまりやりませんが。

やっちゃいますか。

ヘッドライト分解。

ほら、こんなにお水が残ってる。

だから、壊れちゃうんだよ。

中にも水が溜まってるし、

パッキンも役割を果たしてない。

バラバラにして、元に戻す時は、

絶対に!というくらい厳重に

水分が入らないようにしないと。

割れてるところも劣化している箇所をちゃんとコーキングして。

よし!完成〜〜。

これで、しばらくはまたこのまま使えます。

安価で済んだし!

なんとか直せてよかったなぁ〜!!!😆

ヘッドライト HID球交換💡

以前からテクニカルオートをご利用いただいているお客様。

あれっ? 車が新しくなってる!🚗✨

『お久しぶりです〜!車、乗り替えたんですね』🙋‍♀️❤️

👨‍🦰そうなんだけど、実はさ、ヘッドライトの球が片方だけ点かないんだよね。

あら、ほんとですね。

右側が点かない。

調べてみると球切れでした。


ヘッドライト HID球切れ


電球の種類はHID。普通の球とは違うので、バルブの金額も高く、クルクルっと簡単に交換できません。

純正バルブは、球一個だけで1万何千円もしてしまいます。

社外のバルブは左右セットの商品として販売されているため、両方一度に交換しないと、片側だけ交換するのでは左右の色味が少〜し違ってしまいます。

場合によっては、すーんごい かたちんばになってしまいます。

かたちんば?

かたびっこ?

びっこたっこ?(笑)

取り敢えず、似たような物で!ということで左右分のバルブを手配。

そして、先ずは切れている方を交換してみることににしました。


HIDバルブ交換作業


この球を交換するには、

↓こうしないと だめなんです。

はい、 結構ばらばら…!

バンパーも、ヘッドライトも取り外してしまっています。

そして、ようやく……

このバルブを。

どうかなぁぁぁぁ?

取り付けて、バラした部品を組み戻して、光らせてみました。


取り付け完了! 色味は?


おぉっ?

意外と、いいんじゃない??😆

お客様も、この状態で確認。

『あぁ! いいね、色違いって言っても、目立たないし!! 全然!😄』

👩良かった〜! じゃぁ、バルブは左右分用意しましたけど、使用しなかった方は片方だけ返品できる物を用意できたので!!

👨‍🦰え! いいのかい!!✨


料金もとても安価に収まり、

お客様も大喜び🙌

お話を伺うと、

今回の車はとても気に入っていて、

絶好調とのこと😊

少しお待たせしてしまう作業でしたが、お客様はとても嬉しそうにニコニコ笑いながら、

『また何かあったら来るから!よろしく頼むね!!』と手をあげてお帰りになりました。

喜んでくれた〜〜😄

私も、なんだか、ほっこり

嬉しい気持ちになりました。

ヘッドライト傷取り

ヘッドライトに傷がついてしまったら、修理できます!

最初に荒いペーパーで傷を落とし、
段階的に番手の高い物に変えて最後は3000番で仕上げます。

傷を取るとヘッドライトのコーティングが剥がれてしまうので、
磨いてからマスキングしてコーティングを吹き付けていきます!

 

https://technical-auto.com/wp-content/uploads/2019/03/img_7889.trim_.mov

予熱後UVヒーターで乾燥させます!

予熱も含めて乾燥は15分で終了です(^_^)

ヘッドライト光軸調整の流れ

今日は、ヘッドライト調整の流れを、実際どんな風に何をするのか!

密着取材で公開していきたいと思います😊

ご案内は、

👨‍🔧稲葉くん

👩梨奈ちゃん

工場へ移動です🏃‍♂️🏃‍♀️💨


👨‍🔧車を機械の正面に真っ直ぐに止め、機械本体と車の成体を取ります。

👨‍🔧ヘッドライトの光軸を保安基準値内の正しい位置に調整していきます。

👩へぇ〜、この機械と車を繋げるんですか?

👨‍🔧いいえ、繋げません。

機械本体の右側面についている

このスコープの様なもので、、

👨‍🔧こんな感じに、車と真っ直ぐになるようにセットして

※青い機械の後ろ側から車の正面を見ている写真です

👨‍🔧カメラの映像と光を受けた明るさ等を合わせて機械が分析してコンピュータが数値化するんです。

👩デジタルで!それは正確でわかりやすいですね

👨‍🔧ほら、見てください。

画面には調整を行うヘッドライトが映っています。

👨‍🔧数年前から基本的に「すれ違い灯」(ロービーム)が適正範囲に入っているかどうかを基準として検査が行われています。

👩???すれ違い灯?

👨‍🔧あまり、すれ違い灯とは言いませんね! ライトをつけた時の近目のことです。遠くを照らす方じゃなくて、普通に使ってる方!😀

👩あ!そういうことね!

👨‍🔧それで、実際に機械に向かって光を当てると、光軸と光量をデジタルで計測し、数値で表示してくれます。

👇このように

☝️同時にカットラインも確認することができます。

👩カットライン????

👨‍🔧はい、正確にはカットオフラインといって、すれ違い灯(ロービーム)の光が、上方向を照らさないように遮光される境界線のことです。

👩対向車が眩しくないように!ですね!!

👨‍🔧正解💡これがボヤけて はっきりしない場合は車検に合格しません。

👨‍🔧光軸が少しずれている時は、

ヘッドライトの裏にあるツマミ(写真矢印の部分)を回し、光軸を調整します。

👩狭っ、小ちゃ!

👨‍🔧車種によって様々です(笑)

👨‍🔧基準値内に収まっていれば緑色!

合格です💮💯

だめだ時は赤く表示されるので分かりやすいんですよ。


👩これなら、もしかしたら私でもできそうな気がします!

今度は、梨奈’s challenge で 挑戦してみよう!教えて下さいね!

👨‍🔧もちろん!😊😊😊


対向車が眩しくないよう、かつ前方がしっかり照らされるように正しい位置に調整する必要があるヘッドライト。

ライトが正しい位置を照らしているのか?

車検の時じゃなくても夜間走行中、気になった方はぜひ一度お問い合わせくださいね!

デジタル計測 ヘッドライト光軸調整!稲葉が挑戦

昨年入社した、新人稲葉くん。

先輩に教えてもらった ヘッドライト光軸調整を、最初から一人で挑戦中❗

ヘッドライト光軸調整

ライトテスターの機械をちゃんとセットして、

ヘッドライトがどこを照らしているかを調べて、

適正範囲に収まるように調整。

ライトテスター ヘッドライト光軸調整

車検の時にも検査されるところ。

ライトの明るさや、光が当たる位置を調整する、

微妙な加減の大事なお仕事です。

デジタルで計測されるので、数値を見ながら確実に合われることができました。

これで、ヘッドライトを交換した このお客様にも安心して乗ってもらうことができます😊👍✨