ショック組み立ての様子

ショックアブソーバーの組み立てについてご紹介☝️😃

 

新品のショックはこのようなバラバラの状態で納品されます。

 

エコパーツで手配をすると、これらが組み上がった状態で到着します。

『ショック』と聞くと何とな〜くイメージするのは後者ですね♬

 

 

さぁ❗️組んでいきましょう⚒✨

 

▼バンプラバーを入れたらダストカバーを付ける

 

▼専用工具でスプリングを閉めた状態で組み付け

 

▼アッパーマウント取り付け

 

▼専用の工具で締め付けする

 

▼完成 🎉

 

この後は車体に取り付けして終了です🤗

エンジンの異音

車検でご入庫頂いたお車。

 

構内を移動するために、エンジンを始動すると物凄く大きな音が鳴り出しました…😱💥

音の表現的にはガラガラガラといった感じです。

 

それはエンジンを止めるまでず〜っと鳴りっぱなし💦

 

お客様も前から気になっていて、車検の時に見てもらおうと思っていたようです。

 

整備士が状況を確認すると

クランクプーリーのダンパーが劣化で切れてしまい、ブレやガタ付きが起きている状態でした。

 

▼原因となっていたプーリーの一部

▼バラした状態

 

 

プーリーを交換し、エンジンの音は静かになりました✨

 

頻繁に交換するパーツではありませんが、ダンパーゴムは

年数が経つことに劣化することもあります。

そして今回のような症状にも。

 

タイミングベルト交換などの整備作業の際に点検しておくと安心ですね🙆‍♀️

車のブレーキ 壊れてはいないけど部品交換

20年以上愛着を持ってお乗りになっているジムニーのお客様から

『心配だから部品を交換しておきたい』

とのご要望がありました。

 

それは何かと言いますと

👇こちら、ブレーキマスターシリンダーの中身!

 

最近はピストンカップの材質が良いためか

ほぼやらなくなった作業です☝️👀

 

マスターシリンダーを外して

 

中のピストンを取り出して

 

シリンダー内部をチェックして洗浄✨

 

新品部品のピストンセットにラバーグリスを少々塗って組み付けをします。

 

 

マスターシリンダー本体を車両に取付し

ブレーキオイルを入れてエア抜きをして完了。

 

これでまた20年安心だっ🙆‍♂️‼️

 

ブレーキの点検はお早めに

👩『ブレーキを踏むとブルブルするんです』

と言うご相談がありブレーキ点検をしました。

 

🔍タイヤを外した外観は特に異常無し。

 

🔍キャリパーの動きをチェックしても異常無し。

 

🔍ブレーキパッドを外してみると内側が…ひどい👀💦

偏摩耗しています。

 

ブレーキディスクは外して確認をすると…

錆が広がって7割くらい効いていない状態になっていました。

 

 

ディスクもパッドも新品に取りかえて完了です🙆‍♀️

 

▼新品はこんなにもピカピカ〜✨

 

今回のように、ここまで錆が広がってしまっている状態は中々見ませんが

きっと融雪剤の影響が大きいのかもしれません☝️

 

ブレーキに違和感を感じたら、すぐに点検に来て下さいね。

 

 

年に1〜2回見るかなぁ⁉️

最近は目にしなくなりましたね!こちら!

👇👇👇

⭐️デスビ(通称):ディストリビューター

 

スパークプラグへの電気の分配を行う装置です。

ここからプラグコードでスパークプラグまで高電圧を送って火花を発生させています。

 

 

キャップを外して点検💡👀

 

中の赤いローターがクルクルと回ってキャップの裏のポイントへ順番にパチパチと電気を飛ばす仕組みです。

 

点火時期の調整をする際にはデスビそのものの取付角度をずらして調整していましたが

かれこれ7〜8年はやってないなぁ。

 

最近の車両は付いて無いですからね。

 

今はこのイグニッションコイルが各スパークプラグの上に取り付けられているだけ。

 

昔のイグニッションコイルはこのような形なので

全く違う物ですが、やっている仕事は一緒なんですよ。

 

点火時期の調整もエンジンに付いているセンサーとECU(コンピュータ)で勝手にやってくれているので

技術の進化を感じますね。

 

自動運転に向けて、まだまだ自動車は進化していくので

お勉強しなくちゃダメですね〜☝️

車の足廻り ブーツ破れは早めに交換!

車検でお預かりしたラパン🚗

 

分解点検を行うと

お車の年式的にもゴム部品の劣化が目立ちました。

 

▼ロアアームボールジョイントブーツがこちら

 

外してみると、一見何も無さそう

 

ですが、こうして見るとヒビだらけ。

もう少しで破れてしまいそうです。

 

▼もう一箇所がドライブシャフトのアウター側ブーツ

 

右側は指でめくって見るとヒビが深くなっていることがわかります。

 

左側は既に破れています…

そして中のグリースが漏れてベタベタに😱

 

 

 

ドライブシャフト自体にダメージは無さそうなので

今回はブーツの交換だけで済みました。

 

どちらも破れたまま走行しているとブーツ交換では済まなくなり

高額修理になりかねません。

 

定期点検で毎年チェックしましょうね🔍😄

R35整備中

リフトアップされたGT-R R35

 

かっこいいローターとキャリパーです!

NISSAN GT-R R35 ブレーキディスクローターとキャリパー

カッコいいのはディスクとキャリパーだけではありません!

さすがGTR!!!

何が、って??

各オイル類は全てGTR専用です!!

これはブレーキフルード

高級感ありすぎです😆💫

沸点が…170度以上ってwwww

名前がR35スペシャルってwwww

さすがスーパーカーですね😁✨

 

R35車検入庫

弊社でエアロを塗装したGTRが車検でご入庫です!

いつ見てもかっこよすぎです!

車検整備の為にリフトに上げるのですが、

車検対応の最低地上高…とはいえ、

結構ギリギリ⁉️

 

普通にリフトに掛けようとしましたが、

リフトのアームがサイドガーニッシュに当たってしまって入りませんwwwww

つっかえてる‼️☝️🗯

 

よし!

前後のタイヤに木の板を挟んで

車高を上げるか!!

『乗せるよ〜!』

『オーライ!オーライ!』

『そのまま、そのままー!

真っ直ぐ下がってー!』

 

よし‼️ 今度は入る‼️

これでアームが入りやっとリフトに上げられるぞーー!

と思ったら、アレッ!!位置が!!!

R35のジャッキアップポイントの長さが普通の車より短いのでリフトの前後左右の車の調整がちょい時間がかかります💦

 

ピンポイントの位置に

ピッタリ車を配置しないと、

アーム接点4箇所が👇こう、ならない

ようやくリフトアップ成功🎶

 

整備にかかる前に一汗かきました😁www

足廻り異音 ロアアームのガタつき

走行中の異音で相談!

 

ハンドルを切ると変な音が…

ガタガタ、ゴトゴト😫

原因はロアアームのガタつきでした

 

ロアアーム❓❓って、なぁに?

段差などで受けた衝撃を吸収する
ショック&スプリングを支えている土台となる箇所の部品です。

 

今回はそのロアアームの先端にある
関節の様な役割をしているボールジョイントが腐食によりに隙間ができてガタついている状態でした😢

 

👇大丈夫な方はこんな感じでしっかりと

👇反対側は手で動くくらいにガタガタと

 

ここにガタが見られると危険なため、

車検にも通りません💦

 

関節部分を覆っているゴムが劣化し、隙間から水が入った事によって腐食してしまったようです。

 

👇新品はこの状態

 

新しいロアアームと交換しガタつき解消🙆‍♀️✨

 

まだまだコロナには十分注意しなくてはいけない状況ですが、
これで家族で安心してドライブできますね🚗✨

 

 

普段くるま屋さん たまに少しバイク屋さん

昨年も入庫していただいたお客様。

今回もあれこれ外して、点検整備です。

いつ見ても、ブレーキパッドが小さくて…

オモチャみたい(笑)

車のパーツとは大きさが違います。

最後はテスターで排気ガスとヘッドライトを測定して完成!

車検場に持ち込んで、無事合格しました🎊

短い夏のツーリング🏍

たくさん楽しんでくださいね!