ヴェルファイア スポイラー割れ

トヨタの純正オプションと言えばモデリスタが思い浮かぶと思いますが、

このスポイラーが割れてしまったと言う依頼が結構きます😰

 

これは割れ過ぎだよなぁ😱😱😱

 

亀裂もちょっと複雑で、範囲も大きい!

横はもうパックリと割れて開いてしまっています

 

 

 

最近の純正のバンパーは素材が再生されたPPが多いですが、PPはある程度柔軟性があります。

ABSはPPより柔軟性が少なく、厚みも少なく、割れやすいと感じています🥶

大抵、大きくパキーーーンと割れています。

 

今回のスポイラー割れ樹脂溶接は、長く大きな溶接となるため、強度を高めて行います‼️

 

 

溶接を行う箇所の周りは、塗料を取り除き

素材そのものを剥き出しにします。

そして、繋ぎ合わせの状態を確認しながら

慎重に固定!

裏返して溝を作り、溶接前下処理をして、

この状態からスタート

 

長ぁぁぁぁぁい溶接を、時間を掛けて。

表側にひっくり返すと、こんな👇

先日のブログでお伝えしました、

取り外せる構造ではないメッキモール!

モール手前ギリギリの範囲で修理を行い、モールは傷めないように保護しました。

 

表の溶接でもしっかりと繋ぎ合わせ、圧着。

溶接した箇所は冷やして固め、

そのあとは表面が滑らかになるように研いで、

形を作ります。

ちなみに先程ゆっくり繋いだ状態は…

スポイラー裏はこれでもかと言わんばかりに補強しました👍👍👍👍

🤗ブラックジャックみたい!

 

縦方向、横方向、捻れなど、

バンパーへの力の加わり方でパクッと剥がれてしまわないように、このように十字に補強するんですよ!

 

さて塗装の準備です。

この段階で、もう仕上がりとなる形はできています。

 

👇塗装をすると👇

 

素晴らしい〜✨

完璧な出来栄えです✨

 

モデリスタのエアロに使われているABS素材は、

修理はできますが、PPのように強靭ではありません。

場合によっては、新品の状態より、やや弱いかもしれません。

従来の直し方に比べると、比較にならない圧倒的な着力ですが、やはり修理をしても割れやすい特徴は変わりません。

 

モデリスタのエアロをつけている皆さん、

ハンドルを切った時に縁石に擦らないように、そして冬道では特に雪や氷の塊、マンホールなどの段差には、くれぐれも気をつけてくださいね!

 

アルファード バンパー樹脂溶接ー

左下側をぶつけてしまいバンパーに亀裂が入ってしまいました😰

 

バンパーを外して作業していきます!

白いバンパーに黒く傷が入ると、

大怪我をしたように痛々しく見えますね😣

 

深く傷ついた所は全体に、突起している所を無くすように研磨してしまいますよ。

 

バンパーの裏側には大抵、バンパーに使われている素材の記号が書かれています

素材はPPでしたね! 良かった!

PPは溶着の強度が高く、

壊れる前よりも強くガッチリと直ります。

 

それでは溶接していきます🤗

 

割れた断面をが少し広がっているように見えますが、これは溶接する素材同士をくっつける為、表面にザラつきを持たせるように、わざと削っているからです。

ツルツルのままではうまく溶接できません。

亀裂断面とその周辺に工具やペーパーをかける必要性から、破損箇所付近に取り外しできない(非分解仕様の)メッキモールなどが着いていると、溶接修理ができないのです。

 

最初は裏側からしっかり繋ぐため、

避けてしまった箇所は、表側から厚いアルミテープを貼ってピタッと固定します。

バンパー母材に、溶接材を溶かしながら埋め込むように一体化させていきます。

 

 

裏側をしっかり繋いだら、表側のアルミテープを剥がしても、もう裂け目が開くことはありません。

同様に、表側も溶接。

あとは、弾力性のあるUVパテを使用して

バンパーデザインを再現させながら直して…

👇 はい!この通り✨ 👇

傷なんて最初から無かったかのように

きれいになりました😄👍

RVRバンパー亀裂 樹脂溶接

なかなかの割れ具合です😰結構エグいです‼️

でも大丈夫ーーーです👍任せて下さい✨

久しぶりの長さの溶接です。ふぅ😅

バッチリです👍

これはきっと喜んでくれるでしょーーーう

オーバーフェンダー溶接

車検と錆修理で入庫中のランクル80

錆修理するのにオーバーフェンダーを外していきます

このオーバーフェンダーを外す際に裏のクリップが取り付く土台が壊れてしまう場合があります!

年数が経っている車は劣化していて余計に壊れやすくなってしまいます😥

位置を合わせたら溶接していきます!

いつもの亀裂だと両面を溶接しますが、今回は表を塗装しないので裏だけの溶接になります‼️

👇タップして動画再生

 

裏だけの溶接でも強度バッチリですね✨✨✨

パンパー亀裂修理② 強度確認

これが樹脂溶接機。

 

亀裂は、バンパーの裏側から溶接をしていきます。

 

白い溶接棒はPP(バンパーの素材と同じ)でできています!

バンパーの材質と同じ素材を使いますので、PP以外にも別素材の溶接棒も用意しています。

 

その溶接棒に熱を加え、窒素を当てて溶かしながらバンパーと一体化させていきます!

 

窒素を当てることにより、熱をかけた時に焦げ付かせず綺麗に溶着させることができます。

 

プラスチック溶接が終わった後は、綺麗に研いで真っ平らにしてから弾力性のあるUVパテで表面の形状を整え、塗装前の下地処理。

 

そして、ここで強度の確認です!

 

溶接したバンパーの強度

こんなにねじっても全然平気です!

👇画像を触ると強度確認の動画再生(17秒)

 

すごい!ズゴすぎる強度です! 👏

繋ぎとめたところは完全に一体化しています🤩

 

安価で一般的な修理方法もありますが、元のひび割れが再びピリッ⚡︎といってしまうことも多いため、応急的な修理の時以外はお勧めしていません。

 

どうせ直すなら、きちんと溶接すると

冬道の氷雪や、悪路での振動も関係なく、

何事もなかったかのように安心して走行できますね🤗

バンパー亀裂修理

会社所有のレガシィ、

バンパーが壊れてしまった💧とのことで

修理の相談でした。

『実は数年に一度はぶつけてしまっていて、

できるだけ安価で…』

 

中古を探してみましたが………🤦🏻‍♀️💦だめだ、出てこない🙍‍♀️💭これ、直せるかなぁ?

 

うん、

なおせるよ!👨‍🔧

見た目は結構〜すごいけど、ちゃんと直せるよ!

 

そのバンパーが、

👇これ!

バンパー溶接の密着性を上げる為、

溶接する箇所の色を落とし、バンパーの素材が剥き出しになるまで、表も裏も剥ぎます。

 

 

更に密着性を上げる為、

亀裂部分を山切りカットしていきます!

山切りと言うか、谷切り???

👇割れた両側に溝をつける感じ

 

先ずは、裏から溶接します!

ピタッと形を合わせて固定した状態から始めます。

左手に持っている白く細長いのは、このバンパーと同じ PP(ポリプロピレン)です。

右手で溶接の機械を持ち、炭化しないように窒素を当てながら熱をかけ、溝を埋め込むように溶着します。

母材をいためないように熱の加減をしながら、しっかりと溶着。

裏側は強度を上げるため、割れた場所や割れ方により溶着の本数は違いますが、複数本使って溶接します。

 

次は、表側も山切りカットします。

そしてまた裏と同様に溶接します!

👇割れが繋がりました

 

これで強度はバッチリです!!👍🌟

このあとは、バンパーの形を仕上げて

塗装前の下地作りを進めます〜😄

 

月曜日は、このプラスチック溶接の動画をブログに上げますね!

お楽しみにーー🎶

フロントバンパー 自費で修理

交通事故で保険を使ってお預かりとなった車両。

修理が終わり、お客様の元へ返りました🚗✨・・・が!

きれいに直ったのを喜んでいただいたのと同時に、

「事故前から気になっていたフロントバンパーも直せばよかった~!」

少しの擦り傷、小さな傷が全体に多く、

益々気になるようになってしまいました😅

・・・ということで、再度お預かり!

 

バンパーは、割れた個所が数か所あり、

一般的には「交換」と言われてしまうところですが…どうかな?

 

自費で修理の為、きれいに且つ安価を目指します😊

 

調べたところ、新品バンパーは色付きの物が生産されていなかったため、

部品を取り寄せたとしても、ボディと同じ色に塗装が必要。

👨‍🔧「なら、このバンパーを直して塗った方が良いね!」

溶接して修理すると、傷の修理よりも少し料金が高くなりますが、

修理代と新品の部品代とを比較し、更に納期のことも考えて、

今回は修理するのがベストと判断!

 

割れている個所は、バンパー内のグリル部分。

細い3ヶ所ですが、丁寧に溶接します。

PP素材の溶接棒を溶かし込み、素材を一体化させて強化!

 

しっかりつきました!良さそうです!

これで、綺麗に塗装をしたら完成😁✨

一泊二日で完了してお届けです😊

今度こそ!! きっと、喜んでくれるはず💖

待っててね~~~!

ヘッドライト樹脂溶接修理

ヘッドライトの取付部が破損しているお車💡💦

 

今回は樹脂溶接をし、強度がどの位の程度か実験をしてみました🌟

 

亀裂が入っている部分の裏側にアルミテープを貼ってしっかりと固定をしてスタート。

同じ素材のプラスチックを溶かして破損している部分にくっつけていきます。

 

細かな作業なので集中して!!

 

 

出来上がった後、修理部を摘んで持ち上げると〜?

 

 

こ〜んなにブラブラさせても ちぎれたりしない🙆‍♀️✨

樹脂溶接の強さが分かりますね♬

 

この方法、バンパーやスポイラー修理にも活用されています👏😆

バンパー取り付け部、亀裂!!

左フロントをぶつけてしまいフロントバンパーの取り付け部が切れて飛び出してしまいました

 

こんなに切れてしまうと交換って言われる事がほとんどだと思いますが弊社ではプラスチック溶接機があるんだよーーー!

 

バンパーの裏を見て素材の確認です

このバンパーの素材はPP!

溶接していきます

バンパーと同じPP素材を溶かし、埋め込むように密着させます。

素材と母材がくっ付いた更に上から、

コテで溶かしながら一体化させます。

 

 

溶接が終わり塞がった穴部分に、

ドリルで穴を開けていきます!

この映像だけで、プラスチック溶接の強度がわかりますね!

バンパー 割れ 樹脂溶接

ダイハツタントのリアバンパー。

亀裂をプラスチック溶接です!

しっかりパックリ割れています💧

この亀裂部分の裏側にアルミテープを貼ってしっかりと固定。

そして、表側を溶接していきます!

そして裏側も先程のアルミテープを剥がして、同じように溶接します。

 

割れは、よじっても、ねじっても割れないくらいにしっかり頑丈に直りました!!

 

表側を滑らかに綺麗にして、

下地処理をしていきます!

塗装するとーーこんな感じ!

 

喜んでくれるかな!