アウディの よくある話⁉️テールランプ

メーター内にお車の異常をお知らせしてくれる『チェックランプ』が点灯。

 

そしてウィンカーも点かない状態で入庫したアウディ🚗

 

 

💡❌ レフト、リヤ、ライト…あらそぉ。

 

念の為にバルブの確認をしてみますが、どうやら球切れだけの話では無さそうです。

あぁぁぁ、やっぱり…😑💦

 

これは、配線関係のトラブル❓

車をお預かりして詳しく点検してみる事にしました👀

 

まずはテールランプを外して見ると…

 

 

なんと‼️

すぐに原因が判明。

 

 

テールランプの基盤が熱で溶け、

テールランプ本体までも溶けてしまっている状況です。

 

こうなるとテールランプ本体丸ごとの交換が必要になります。しかも高いです。

『マジでーーーーっ😭』

 

実はこの症状。

アウディの良くある話なんだそうな🧏‍♀️

 

構造上の問題なのかもしれませんね💡

 

純正新品となるとエラく高いので、リサイクル品とか優良パーツとか無いの⁉️なんて言いながら部品を検索!全国手配です🗾

今回のお車はAudi A6 Quadro で、特別仕様だったため、流通している部品が希少!

 

部品屋さんや業者さんがあの手この手と協力してくれました🤝 結果!

☎️🎶『奇跡的に見つかりました!滅多に無いことですよ〜🙌』

なんと、運良く特別なルートで入手することが出来ました👏

ありがとうございます😭✨

 

テールランプ交換後は、チェックランプも消え、ウィンカーも点灯するようになりました☺️

安心してお乗り頂ける状況となり、

お客様も私たちも

ほっ…☺️☺️💨💨💨

良かった〜!!

ストリーム リヤフェンダー左右修理

フェンダー修理のお見積もりでご相談を頂いてたストリーム🚗のお客様。

 

入庫のお約束をしていた矢先…。

『反対側もぶつけられてしまった😭』

と左右の修理となりました。

 

▼左側

バンパーとの繋がり部分まで損傷しているので修理には少し時間が掛かりそう。

 

▼右側

バンパーのラインに傷とフェンダー表面上に凹みなので左に比べると早く終わりそうです。

 

作業開始🛠

 

引出し板金で凹みを出していきましょう✨

 

板金作業完了✨

▼右側

▼左側

修正が終わったら、次はバンパーを仮合わせ。

そしてバンパーとフェンダーの繋がり部分も確認して下地作業に進みます。

 

パテを付け、研いで形を形成していきます。

 

バンパーの傷も修理して塗装前の下準備。

 

そして最後の仕上げ…塗装‼️

 

▼左側

▼右側

 

こ〜んなに綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

 

ぶつけられた時のショックは大きかったと思いますが

綺麗に仕上がったお車を見てご満足頂けたようで安心しました🤗

NV200バネット リヤゲート修理

ガラスが割れてガムテープで保護をした状態でご入庫頂いたバネット🚗

ガラスが取り付く位置も変形している状態でした。

 

▼正面からの状態

 

▼角度を変えて見ると変形具合が良くわかる!

 

▼パネル裏も大きく歪んでいます。

 

外からの押されている力が強い為、引き出し作業は慎重に作業を進めていきましょう💪

 

まずは大きな凹みを荒出しする所から🛠

 

 

ベコッと凹んでしまった物は、一見、引っ張るとボコッと出るような気もしますが

残念ながらそう簡単には出ません🙅‍♂️

少しずつ少しずつ元に戻してあげる必要があります✨

 

広い面をおおまかに出した後は、プレスラインを2本出していきます。

 

引作業でプレスライン、パネルの表と裏の変化を見ながらの作業👀❗️

その微妙な変化も見逃しません。

 

あまり引き過ぎると逆にパネル自体が変形してしまうので、そこは全体を見ながらの判断が必要です💡

 

細かな所まで出し切ると、こんなに綺麗な形になりました。

 

パネルの裏から見ても凹みはもう見当たらないですね🙆‍♀️

 

この後は、ガラスを仮合わせして取付位置とプレスラインの確認をしてから下地作業に進みます。

 

最後に塗装をして、ガラスをはめ込み完成🌟

 

綺麗に仕上がりました👏😊

車内の異音 ルーフからパキパキ⁉️

お客様の悩みが長く続いた理由、それは…。

ーーー3ヶ月前ーーー

走っていると、どこからか小さな音が…

『パキッ』『ピチッ』

外? いや、車の中…⁉️

気のせいなのか????

 

と、思いながら

パキッ ピチッ ……………

音が不定期になり続け…😱

音の原因を探し、自分で車の中のカバーや天張りを外してみた…😑わからん🌀

・・・・・・・・・・・・・・・

ということで。

原因究明!!!!

ん〜、音を再現させるために走ってみよう

 

パキッ ピチッ

これかっ!!!!!

 

屋根のパキパキ

 

どうやら、屋根とボディの合わせ目に挟み込んでいる、プライマーか何かがパキパキと剥がれるような音のようです。

 

これが、走行中の車体の動きにより僅かに力が掛かった時、軋むように音が鳴っていたのですね!

 

合わせ目の何かがパキパキと剥がれたからといって、雨が入るところでもなく、屋根に隙間があくわけでもなく、何ら支障はないものと思われます。

 

運転席側と助手席側、一通り鳴らし終わると、もう鳴らなくなりました。

 

室内各所の小さな部品同士やボディとの当たり方で、キシキシと音が鳴ることはありますが、この音は私たちが見る事例としては初めてでした。

 

一度気になりはじめたら、気になって気になって仕方がなかったという、

運転者さんのストレスが解消されました✨

 

ヘッドライト樹脂溶接修理

ヘッドライトの取付部が破損しているお車💡💦

 

今回は樹脂溶接をし、強度がどの位の程度か実験をしてみました🌟

 

亀裂が入っている部分の裏側にアルミテープを貼ってしっかりと固定をしてスタート。

同じ素材のプラスチックを溶かして破損している部分にくっつけていきます。

 

細かな作業なので集中して!!

 

 

出来上がった後、修理部を摘んで持ち上げると〜?

 

 

こ〜んなにブラブラさせても ちぎれたりしない🙆‍♀️✨

樹脂溶接の強さが分かりますね♬

 

この方法、バンパーやスポイラー修理にも活用されています👏😆

レクサスフロントバンパー 新型LS顔に!

旧LSのバンパーを現行のLSのバンパーに!

お客様がネットで注文したバンパー値段をお聞きしたところ7万5千円・・・安い!😳💦

…嫌な予感がします!

 

先ずは仮合わせてしてみましょう

何となく良く見えますよねw

イヤイヤ隙間が全くあっていません

やっぱり‼️ って、 …こんなに!?

あらららららららら

ちょっと画像ではわかりにくいですが、

取り付けた時の隙間が全く合わない😱😱😱😱😱😱どうするのよーーーー😱

 

やばさ加減をご本人へ📱➰✉️

『本当にかっ!何とかしてくれ🤣』

と 笑っていましたが

やりがいありすぎです😊笑笑

 

先ずは干渉している所、沢山削って隙間を合わせていきます。

 

何回も削っては合わせての繰り返しで

何とかこれなら良いだろうというまでのレベルに❗️

ふぅーー😳💨 これでどうだ!

うん、大分良くなったんじゃない⁉️

 

後は下地作りをして塗装!

ボディ色に塗った後は、塗り分けたい場所を残してマスキング。これね、結構細かいの。

グリル一体型なので、

グリル周りをクロームメッキ調に👍

完成〜っ😆

それっぽく見えるかな😬🎶

 

完成写真が暗かった😂😂

隙間を合わせるにも限界があり、どこかを妥協しなくては取り付ける事もできません!

値段が高い安いには必ず理由があります。

購入の時はお気をつけ下さいね!

ちなみにこのメーカー?はフェラーリのバンパーも製作していて3万5千円でした‼️

素晴らしい🎉🤣

バックドアのツートン(2色)塗装

最近は屋根だけ別色などのツートン仕様のお車が多くなってきましたね。

個性やファッション性を楽しめる為、女性の方には特に人気が高いように思います😊

 

このようなツートン仕様のお車を修理でお預かりすることも多いので、

今回は施工方法について少しご紹介☝️🤓

 

以前ご紹介した塗り分け塗装では、それぞれの色を一色ずつ塗装した後、クリアを一面に塗装する方法でした。

 

今回の塗り分けは、ちょっと違う手順で進めてみます。

通常、塗り分け塗装を行う際、1色目の色を塗り終えた後、マスキングで覆い隠して2色目の色を塗装しますが、その際にかなり精密にマスキングをしないと2色目の色が1色目の色に少しはみ出してしまう可能性が出てしまいます。

お客様へお返しする日程を確実にさせるため、少し手間は掛かりますが確実な方法で進めてみました!

 

①下部の色を塗装し、クリアを塗る  乾燥

📸ガラスが外れているので分かりにくいですが、バックドア(リヤゲート)の画像です。

 

②上部の色を塗装し、クリアを塗る  乾燥

 

2回に分け塗装と乾燥を行うことにより、色のはみ出し&塗り直しのリスクを回避し、確実に進めることができます。

もちろん、クリアの段差は極限まで薄くなる様に工夫しています!👍✨

 

お客様に少しでも早くお返し出来るよう、いかに綺麗に早く仕上げるか❗️

 

職人技術による、応用編の塗装方法でした💪

修理の仕上げの瞬間 〜エンブレム貼り付け〜

板金修理から塗装までの全ての工程が終了し

洗車でお車の中も外も綺麗にした後は、最後の仕上げを行います✌️😆

 

今回は後ろの損傷でバックドアを交換したお車。

新品のバックドアへ交換の為、ステッカー貼り付けも新しく貼り付けが必要です。

まずは元々のバックドアを見てステッカー位置の確認から🔍👀

 

☝️穴が空いている所は、調色する為にサンプルとして切り取っています。

 

まずは真ん中にマスキングテープを貼り、中央位置の確認。

 

新しい物を貼り付けする際、少しの寸法も狂わないように

定規を使用し、しっかりと元の状態を記憶します。

 

位置の確認が出来たら、今度は貼り付けの準備。

 

まずは測った寸法通りに新しいバックドアにも印づけ✏️ 

水性マジックを使用しているので、取り付け後は綺麗に消せます✌️

そしてこちらも同様に真ん中にマスキングテープを貼り、中心がわかるようにしています。

 

では、メインのスズキの『S』マークから貼り付けしていきましょう♪

実はこのマーク、上下対称のように見えますが

どちらが上か下かの目印があるんですよ☝️😊

 

そちらを貼っていきます。

中央線を確認しながら…ペタッ‼️

 

エンブレムはあと2つ。

同じようにマスキングテープでラインを引いて位置を確認したあとは、それぞれ貼り付けしていきます。。

 

▼『Spacia』の文字

 

▼『HYBRID』の文字。

 

この作業が完了し、やっとお客様への納車出来る状態となります👏

ステッカーを貼り付けしている間、納車前の最終点検も他のスタッフが同時に行なっていますよ〜🙆‍♂️

ルーフアンテナをぶつけてしまった

アンテナをぶつけてしまい屋根が凹んで錆びまで発生してしまいました。

 

ルーフライニングの隙間から当て板を入れて叩いていきます

 

板金が終わり次は錆び取りです。

錆が進行して鉄板が凸凹しています。綺麗に錆をとっていきます

錆びを取り除いた後はプライマーで保護してパテをつけていきます

サフェーサーを研ぎ紙貼りをし塗装し出来上がりです!

 

 

アンテナを外すと車のコンピュータに故障コードが入るので、それをリセットします!

スキャンツールを車に接続して…

『バックドア車室外アンテナ通信不良』

よし、リセット‼️

 

これで安心してお客様へお渡しできます!

 

ワーゲン ポロ ドア板金修理

ドアの凹みで来店されたお客様。

お車をお使いの予定があり、それまでに修理をしたいとご相談を受けました。

 

何とか間に合うようにしてあげたい‼️

ということで、お預かりをし短い期間ですが修理を行うことに😁

 

お車の損傷具合は、フロントドアが変形している状態。

ちょうど、プレスラインに掛かっている損傷ですが

このプレスラインを上手く出せば修理の時間も短く、そして範囲も小さく済みそうです。

 

歪みなく自然な仕上がりになるように修理をしていきます。

 

先ずは、ハンダ溶着を利用してプレスラインを復元!

 

そして凹み部分の面はスタッドプーラーという工具🛠で、少しずつ引っ張り出します。

押されてしまっているパネルを元の位置に戻してあげる技法なのですが、どこをどの位引っ張るかの連続技なので、適当ではうまくいきません。

機械の力は借りても、使う人の技量で仕上がりも違います。

 

 

隣接しているパネルや、手をかけず残しておきたい場所の養生も大切です。

板金で出来るだけきれいに形を元に戻し、

このあとに、仕上げとなる表面を作っていくので、パテでごまかす修理方法とは違い、修理後の綺麗さは長く続きます。

 

良い感じで板金が出来たので、このあとは下地処理〜そして塗装😊

 

 

凹みなんて無かったかのような自然な仕上がり✨

 

お客様とのお約束の日にも間に合わせることも出来

安心して納車することが出来ました🤗

 

ありがとうございました。