ハイエース🚙クォーター修理の様子

クォーターに大きな凹みが…😱💦

ご相談頂いたのはハイエースのお客様。

白くて綺麗なお車なので、付着した青い塗料が痛々しいですね…😢⤵︎

 

大丈夫✊ 綺麗に元通りに直せます‼️

 

まずクォーター板金で凹み修正から行なっていきましょう!

 

▼修正する順番はこのようになります。

 

テールランプを脱着し、押されて凹んでいる部分を引き出す所から。

引っ張る際に使用するアタッチメントは、2個装着‼️

テールランプが付いた時に隙間から見える部分も

綺麗なカーブのラインが復元出来るように

ここぞ!という所に装着出来たら 引っ張る作業💨

 

続いてテールの上部も、パネルの端から決めていきます。

 

それぞれのラインが正しい位置に戻ったら

今度は広範囲で凹みがあった面の修理に取り掛かります。

修正する所の塗装は剥がしてしまいますよ。

スタッドプーラーという機械を使用し

ボディの凹凸感を職人さんの手✋で感じながら、点で修理をしてきます。

 

こうしてそれぞれの位置が正しい形状に戻った様子がこちら💁‍♀️

 

ここからは塗装屋さんに交代です♻️

 

塗装を剥がして剥き出しになった鉄板(銀色の部分)は

プライマーという防錆効果があり、なおかつ上色との密着性を高める効果のあるものを塗布。

そしてパテで肌作り!

それぞれ、まっ平に研いでクォーターの表面を再現。

 

研ぎ終わったら、サーフェーサーを塗って、また研いで塗装前の処理を。

本来、クォーターガラスもスライドレールの所も

外して塗りたい所ですが、今回はご予算重視で取り外さない方法であった為

塗る範囲以外はしっかりと養生して、脱脂をしたらいよいよ塗装

 

塗装後は仕上げ磨きをして

納車前には感謝の気持ちを込めて、内外装をピカピカに😊🧼

 

こうして出来上がったお車はこちら👇

 

 

お車の引き取りにはご家族で来店くださいました♬

綺麗に仕上がったお車と一緒に記念撮影📸❗️

仕上がりにもご満足頂けて、とても嬉しい納車となりました🤗

 

フリードのリヤフェンダーを板金で直す💪✨

 

自宅のカーポートのぶつけてしまったとのことで

左側側面の修理でお預かりすることとなったホンダフリード🚙

 

保険会社さんのご紹介で後入庫になり保険を使用しての修理です💁‍♀️

 

お車の状態はというと

☝️このような状態💦

左の後ろのドア〜バンパーにかけて傷と大きな凹みが😣

1番大きく損傷を受けていたのが

リヤフェンダー💡

この部分ですね💡

アーチの形に合わせてプレスラインが入っているのですが

その部分がちょうど歪んでしまっている状態でした😢

 

今回はこの部分を板金の技術で元通りに直していきます🙆‍♂️✨

フェンダーが大きく歪んだことにより

ドアとの合わせ部分に隙間が生まれています💡

 

修理にはハンダも用いて直していきます👨‍🔧

こちらは別な車両の修理の際の画像になりますが

まずは表面の塗装をベルトサンダーで削り

ハンダつけする部分の土台を作ります💡

その後、凹みを引っ張り出すために使用する鉄板をハンダでくっつけます💁‍♀️

▲これがハンダつけ完了後☝️

この鉄板には丸い穴が空いていますね❗️💡

この穴の部分にスライドハンマーをひっかけて

こんな感じでラインの形に合わせてボディの鉄板を引っ張るのです☺️

▲Before

▲After

いかがです❓ドアとの隙間がなくなりフラットな状態になりましたね🙆‍♀️

 

この要領で他の歪んでいるところも

1箇所づつ地道に修正していきます💪

このハンダで大まかな凹みを引き出した後は

スタッドプーラーと呼ばれる機械を使用し、小さな『点』で

細かい修正をしていきます🙆‍♂️

▼見事に元通りの形に戻りました☺️🙌

▲別な角度で見るとラインがくっきり見えますね⭕️

 


 

同時進行でリヤバンパーとドアに入った傷も修理🙌

バンパーの角っこの一部分だけ傷が入っていたので部分修理💡

ドアも同様に👨‍🔧🌈

板金した後のフェンダーは板金パテと仕上げパテを硬化させ

形を整え、塗装前の下地作りをしたのちに

ブースの中へ車とパーツを入れ、一緒に一気に塗装をかけます👍❗️

 

 

そして各パーツを組み付けしたら・・・

完成🤗🙌‼️

このように、全て職人の手作業&技術で元通り綺麗に直すことができ、

お客様にも喜んで頂けて、やりがいのあるお仕事となりました💪✨

 

あちこちの悩みが一度に解消✨

BMWの修理をお任せ頂きました。

「あちこち気になる所があって…」とご相談頂いたのは

外装の修理の他、水漏れや異音、ドアキャッチの開閉不良やリヤシート倒す部分の不具合 など 様々。

 

特に雨漏りに関しては、大雨が降った時には

運転席・助手席の足元がベチャベチャになるくらい酷かったようで

かなり悩まされたんだとか…😢💦

 

点検方法はシンプル

水を掛けて、それがどのように濡れてしまうのか

水が伝っていく様子を一つ一つ確認します👀🚨

…が、その確認作業がものすご〜く大変😅💦

 

水が当たる場所を一箇所ずつ変えては確認しての繰り返しで漏れているところを特定していきます。

ずーーーっとホースを持っているわけにはいかないので😅

梯子に括り付けてやっています😆

 

今回の水漏れ箇所は左右のフロント足下のマット!

今まではフロントガラス、カウルトップのシール切れ、が多いですが

今回の原因は何と初めてのケース‼️

 

原因は・・・

左右フロントドアのスピーカー‼️‼️‼️‼️‼️‼️

 

スピーカー下から水の垂れた後があります。

 

スピーカーを外して裏を確認すると…水で腐食しています😱

どうやら、このスピーカー裏のクッション劣化で水の流れが変わり

ドアを閉めている時にステップとの隙間に溜まり溢れ出し

足下のマットを濡らす原因になっていたようです!

 

そうと分かれば、すぐに処置を

古いクッションを剥がし新しいのを貼ります😀

後は取り付けして、再度水漏れ点検をして漏れがきちんと止まっている事を確認♬

特定するまで苦戦しましたが、解決が出来て本当に良かった👍✨😃

 

その他、外装の傷も綺麗になり

 

リヤシートを倒すためのレバーを引いても、シートが倒れない‼️といった症状は

欠損箇所を見つけてここは交換

 

運転席のドアキャッチにロックが掛かって乗り込むことが出来ない❗️といった症状は

ロックからキャッチまで伸びているワイヤーの断線を見つけここも交換

 

気にされていた部分は一通り解消が出来て

これで不便なく乗ることが出来ます😊ととても喜んで頂けたご様子♬

納車時は生憎の雨☔️でしたが、この雨でももう漏れる事なく安心出来るとも仰って頂く事が出来ました。

 

無事に納車が出来、私達もとっても嬉しいです❗️

お菓子も美味しく頂きました💓

ご入庫ありがとうございました🙇‍♀️

エクストレイル傷修理❷

昨日のブログの続きです

 

後は凹みを直して塗装です。

ご自身で直すきっかけとなった所や、あちこちに飛び石傷を発見🔍👀

せっかくなので、一緒に直しちゃいます💪

 

サフェーサーを入れて

塗装をしたら、完成ーーー🎉✨

艶々で綺麗な仕上がりです😊

 

最初からお願いしておけば良かった!と仰ってはいましたが

綺麗になったボンネットを見てとても嬉しそうなご様子でした😆😀

お任せ頂き ありがとうございました🙇‍♀️

 

ご要望があれば、補修の仕方も掲載しますよーー👍

 

エクストレイル傷修理❶

ボンネット塗装の件でご来店頂いたお客様。

 

傷が出来てしまった事をきっかけに、修理に必要な工具をひと通り揃え

ご自身で何度か修理をやられてきたそうです

ご自宅のカーポートの周りもぐるりと囲って ブースのようにして修理をされていると伺った時には

本格的で凄いな〜とも感じました👀‼️

 

お客様がチャレンジして修理したエクストレイルのボンネットですが

修理が上手くいかず、ご自身でどうにも出来なくなってしまった…と helpのご依頼となりました。

 

ボンネットの状態を確認!

全体が傷だらけで艶がなくなっています😱

 

パテが付いていそうな箇所があるのでサンダーで研いで見ると…?

サフェーサーが出てきました!

もう少し削るとパテが出てきます。

 

しかしこの黒色何かがおかしい‼️

400番の黄色ペーパーをサンダーに付けて研ぐのですが

ペーパーに黒色のダマができて削れなくなります😱

これは塗料が何らかの理由で硬化していない状況😅

市販の塗料を素人さんが使った時に、たまに見かける光景です。

極端にイメージすると、固めるテンプルで固めた油みたいな状態。

想像出来ましたでしょうか?

 

塗料が完全硬化していないので、簡単に傷も入る上に

シンナーで拭いてみると秒殺で黒色が取れていきます😱

 

このままでは塗装出来ないので全部塗料を取ります!

この作業がとても大変😭

剥離材をたっぷり付けて剥がしていくので、床に墨汁のような黒色が広がっています。

新車の塗膜はこのような剥離剤で 溶け出す事はありませんのでご安心くださいね💡

 

ふー😂💨

30分以上もの時間が掛かってようやく綺麗に取れました。

 

作業の続きは明日のブログで👋😊

信頼出来る工場に任せたい!

「信頼出来る工場だと思ってお任せしました」

と先日納車のお客様からのクチコミで 大変ありがたいコメントが👀✨

ありがとうございます🙇‍♀️

 

お預かりした車両はというと、BMWのミニ🚗

右後ろのドアからクォーターにかけて

傷が広範囲で付いている状態です。

 

費用を少しでも抑えたい!と言ったお話を伺っていた為

本来、取り外しが必要となる各パーツは

最小限の部位だけにしました👍

 

——————————————————

🔶板金編🔶

さぁ、板金の作業です🔨

 

アーチモール(グレーのパーツ)は取り外し。

こちらは素材の問題で、傷修理をする事が出来ないので

新しい物と交換してしまいます

ちなみに他社では、この部分は交換不可と言われたそうです😵💨

 

キャッチも取り外したら、ドアとクォーターの凹みは

凸凹している箇所を手のひらの感覚で探って✋👀

修正が必要な箇所を事前にマーカーでチェック✏︎

 

修正する箇所にはハンダでアタッチメントをつけ、あとは引っ張る‼️

 大きな凹みはこのように修正されます。

 

そして、細かな部分までも修正し終わった様子がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ♬

 

——————————————————

🔶塗装編🔶

板金で直した箇所は研いで、滑らかな肌を作っていきます。

パテは出来るだけ薄く丁寧に

色をかける所は全て、塗装の密着性を良くするために研いでしまいます。

 

パテの作業が完了したら密着性を高める効果+防錆効果もある

サーフェーサーを塗布🙆‍♂️

この段階で、もう形は出来上がっています。

完成まであとちょっと‼️

 

お車はブース内へ移動🚗💨

周りは色が入ってしまわないように、紙とマスキングで養生をしたら

最後に塗装🌈

仕上げに磨きをおこなったら…

 

完成です💁‍♀️🎉

 

お見積もりでご来店頂いた時には、どのような修理が良いのか

お迷いになっていたご様子ではありましたが

納車時は、お車の仕上がり具合を見て大満足のご様子🤗♬

 

ここなら任せられそう!と信頼してお任せ頂いたのは

大変ありがたく、とても嬉しいご依頼でした。

ご入庫ありがうございます🙇‍♀️🍀

下廻り防錆の注意点💁‍♀️💡

 

先日も下廻りの防錆のご紹介をしましたが💡

 

下廻りの防錆をする際にはいくつか注意点があるのです💁‍♀️

 

ひとつは、以前にも下廻りの防錆コートをしているお車💡

その塗料が何を使用していたか・・

その塗料とテクニカルオートで使用している塗料との相性が悪い場合

塗膜が縮れてしまうことがあります💡😢

 

過去に施工させて頂いたお車のお写真がこちら👇

お分かりになりますか

矢印で示している箇所がブヨブヨっと縮れているんです💡

別な箇所も💦

こうなってしまうと、塗料が密着していない状態になるため

ヨレてしまっているところからパリパリっと剥がれてしまいます😭

剥がれた箇所はその都度塗り直してあげれば良いお話ではあるのですが

どの種類のものが合わないのか・・は、

以前の施工からどのくらい経っているか・・によっても変わってくるので

一概に何が合わないというのが、車体ごとに異なるため

塗ってみないとわからないというのが現状です👨‍🔧

 


 

また、錆が出てきたり、広がることが心配で施工することが多いかと思いますが、

錆で赤茶色になってしまっている箇所に関しては塩害ガードを施工しても

内側からの錆の進行を防ぐことができないため残念ながら剥がれやすくなってしまいます💦

 

しかし❗️外側からの刺激に対しては防ぐことができるので、長くお車と付き合っていくためには

上記のことにご理解を頂いた上でにはなりますが、断然、施工してあげることをオススメします😊💡

錆修理!塗装を剥がしてビックリ!

クォーターの錆修理。

錆の中でも、多くご相談を頂く内容です。

 

今回お預かりしたお車の錆はこのような感じ💁‍♀️

▼左側

▼右側

パッと気になるのはフェンダー下部ですが

左側はアーチの上部分にもちらほらと茶色くなっている様子は見られました。

比較的、軽度な状態ではあると思います。

 

内部で錆の進行がどのようになっているのか確認をする為にも

表面の塗装を削っていきます。

 

ベルトサンダーを準備して、研いできましょう

👨‍🔧 あれ!?ん???

 

近づいてよ〜く見てみると、パテの跡が‼️🔍💥

薄らピンク色に見えるのが そうです。

 

きっと、過去に修理したことがあるのでしょう💡

錆を隠す為にパパッとパテをつけて 直した跡なのか

それとも過去に何らかの修理があり、それが原因で今回のような錆が出てきてしまっている物なのか😔

 

色々と推測は出来ますが、いずれにしてもパテがどこまで付いているのかは

このまま削り進めて行かないと 状況が読めません。

 

ですが、その場合はリスクが伴います🚨⚠️

 

もしパテが広範囲で付いてしまっている場合

全て削り落とした時には、フェンダーが修正できる範囲でなくなってしまう可能性もあります。

 

そうです。

最悪の場合はパネルを交換しなくてはならないんです💦

 

▲こんな感じに

 

もしそうなってしまうと、修理代も大きく変わりますし

それが左右となると とても簡単に決断が出来るようなものではありません😢

 

お客様とは色々とご相談をさせて頂き、悩みに悩んで

残念ですが今回は修理中止で決定です🙇‍♀️

 

↓ 塗装は剥がしているので、元に戻す作業が必要です。

せっかくなので、錆が再び出てくるのを少しでも遅らせられるよう防錆処理も施します。

 

▼塗装後の様子

 

錆修理は、外からの見える状態での判断が中々難しく

今回のように塗装を剥がした状態でその深刻さや事態に気がつく!と言ったケースも少なくありません。

一つ一つの段階を踏みながら、お客様にとって、お車にとって どのような作業が最適なのか

相談をしながら進めていきましょうね😊

 

 

吹き出し口が落ちてしまう😨 〜部品が生産中止‼️どうする⁉️〜

今では希少なスズキのツイン🚗

 

吹き出し口(温風・冷風が出るところ)が緩くなってしまったのか

せっかく位置を調整しても、走行中に自然と落ちてしまうんだとか💦

 

実際にパネルから取り外し、状態を見てみました🔍👀

 

吹き出し口を取り外し、横のポッチを取り外し。

繋ぎとなる、この部分の厚みが経年とともに薄くなっていったのかな?

 

本来であれば、吹き出し口ごと交換をすると解消出来るところですが

部品を確認するも、すでに生産中止に…😱💥ガーン

 

そんな時は一つアイディアを!

ポッチが収まる部分に、ゴム状の粘土のような素材の物を埋め込んでみました👍

いわゆる厚みを出すという作戦です😁💡

いい感じに

 

▼実際にフレームに装着し、左右の動きを比較!

左:緩い状態  右:調整後の様子

 

右は逆にフレームが動いてしまうくらい、しっかりと硬くなった様子が見られます♬

 

その後、左も同じように処置をさせて頂きました。

これで走行中に勝手に落ちてしまうことはないでしょう☝️😊

 

部品が無くても出来ることはある‼️

日常のご不便を解消出来て良かった 〜と思う作業でした😆🎉

R35 GTR 車検 GTウイングは大丈夫?

車検でご入庫の35!

今回の車検では各オイル類も取り替えたいとの事で先ずはブレーキフルード

 

何故そんなにカッコいい入れ物なんですか😁

 

次はミッションオイル

 

 

こちらも何故!!

普通の缶がカッコイイ❗️

さすがGTR👍

このミッションオイル、

値段も一流でした😱😱😱😱😱😱😱😱

 

恐ろしやR35😱

 

今回の車検で受かるか微妙なのがコレ

👇👇👇

GTウイング!!

車検が通らないとの噂もチラホラ😭

こちらのGTウイングはトップシークレットさんの商品です。

ホームページを見てみると“車検対応”となっています!

じゃぁ大丈夫じゃん〜♪と思いながら、念のため確認をします!

 

法定では、ウイングは車体の最大側から

片側16センチよりも内側に入っていないといけません。

 

計測してみると、 16.5センチ‼️

きちんと内側に入っているのでOK😆👍

 

 

高さ、サイドは? 大丈夫!!

 

問題はアールか! 形状、丸みです!

法定検査においてパーツ取付可否についての規定はあるものの、規定範囲内であるかどうかの判断は検査員に委ねられます。

ということは、もしかすると国内において車検を担当する検査員によっては危険だと判断する事もあるのか、ないのか・・・???

恐る恐る車検場へ😅

 

検査員がGTウイング見ています😅😅

形状については何も問題無さそうな様子😁

こちらから先に、取付位置や寸法は基準値以内であることを具体的な数値でお伝えしました!

 

そして、

無事! 車検クリアしました👍👍

 

トップシークレットのGTウイングは

ロアバンパとセットにすることで車検対応となりますので、お間違えなく‼️