エバポレータ洗浄・フィルター交換も重要です!

何度かエバポレータ清掃の記事を載せていましたが

その記事をご覧頂いたお客様から『自分の車もやってみたい!』とご依頼を頂きました😊

 

いつもお子様と一緒に遊びに来てくださる大切なお客様♬

 

やはりエアコンつけ初めの あの嫌〜な臭いに悩まされていたそうです😭

 

エバポレータ清掃に加え、エアコンフィルターも一緒に交換してしまいます!

 

まずはエバポレータ清掃から。

室温25℃・風量全開・内気・風の出る位置をそれぞれ設定してスタート。

 

今回のお車の排水パイプはというと…

リフトアップをすると、下から見える位置に発見👀✨

 

ここに洗浄剤を注入していきます。

 

洗浄剤は1台につき1本使用します。

洗浄液はスプレー式になっていて注入しやすい😆

 

全て注入が終わると、差し込んださままでしばらく放置✌️

 

待っている間にエアコンフィルターを交換していきますよ〜❗️

 

グローブボックスを取り外します。

 

そうすると、見えるのがこれ。

このカバーを外すと、中にフィルターがあります。

 

フィルターを取り出して汚れ具合を確認🔍😳

 

お?意外と綺麗…?

ん…🤔?近ずいてみると、たんぽぽの胞子のようなものが見える。

めくってみると、、やっぱり汚い😂

 

このフィルターの汚れが臭いの原因になることもありますが

汚れたままで長期間交換せず過ごしていると

トランジスタという電子部品(オートエアコンの場合、風量調整の指示を行うところ)の故障にも繋がり

エアコンがそのものが作動しないといった事態になることもあります✋💦

 

過去にトランジスタが故障したお車のフィルター環境を見てみますと

ゴミが沢山入っていて、目詰まりしている状態でした。

トランジスタは熱を持つパーツ。

この目詰まりでエンジン内部に取り込む風量が低下し

トランジスター冷却が上手くされないと、熱さに負けて故障してしまいます。

 

▼こちらがその部品

この部品もちょっとお高め…💸

故障してしまわないように、定期的に汚れ具合をチェックしておくと安心ですね🙆‍♀️

 

 

さて!

放置していた洗浄剤の栓。

抜いて汚れ具合を見てみましょう。

 

結構濁っていますね😱

汚れが目に見えると綺麗になった感じがあり気持ちがいい♬

 

この後はエバポレータ内を乾燥させて、完了となります。

 

作業後のミントの香りは、いつ嗅いでもいい感じ🍀✨

 

オススメです😊

フィット スポイラーの色味が気になる

『スポイラーを取り付けしたけど、バンパーとの色味の違いが気になって…』とご来店頂いたお客様。

 

お分かりになりますでしょうか?

同じ白でもよ〜く見ると黄色っぽい感じ・っぽい感じと、微かに違いがあります。

 

素材上の問題もありますが、車体と同色で販売されていても

いざ付けてみると、その微妙な違いがとっても気になります。

 

そしてスポイラーの中心部の粘着が弱いためか

隙間も出来ていて、そこも一緒に見てほしいとのご依頼でした。

 

 

スポイラーを取り外して作業に掛かります💪

 

取り外したスポイラーの裏側を見てみると…

あれ❓❓

👇 拡大

粘着テープの紙が剥がれていない!?😱💥

 

このように剥がれていない箇所は数カ所ありました。

なるほど!それできちんと接着されていないような感じがあったのですね☝️

 

 

◆塗装準備◆

色合わせは太陽☀️が出ている日中に行います。

 

バンパーの色に合わせ調色をした塗料を、塗り板に吹きかけます💨

 

この塗り板を実際ボディに合わせ、色味の感じを目👀でチェック🔍

 

色味加減も🆗となった後は塗る為の準備です。

 

下地処理を済ませ、塗装をしない部分はマスキングと紙で養生しています。

 

この準備が終わったら いよいよ塗装!

光の加減で色味が違うようにも見えますが、スポイラー1本をいっきに塗装しています🙆‍♂️

 

この後はスポイラーを車体に取付する作業です。

その前に粘着テープは新しく貼り付けを。

 

スポイラー端に着くモールにも粘着テープを貼っていきます

▼こちら

このモール、実は重要な役割を担っていますよ☝️😊

①バンパー本体に傷を付けてしまわないように保護する役割

②バンパーとスポイラーの隙間を埋め、ゴミなどの侵入を防ぐ為

 

▼裏面もテープをしっかりと貼り付けしていきます

販売されている状態よりも、テープの幅や貼り付け位置を考え

しっかりとした固定が出来るように工夫してみました。

 

取り付けをすると、このような仕上がりに👏😆

 

色味違いでスポイラーそのものが浮いて見えるような違和感がなくなった事、

そして取付状態も良く、しっかりと固定が出来ている事にご満足頂ける結果となりました♬

 

喜んで頂けて良かった〜🌟

 

ありがとうございます🙇‍♀️

ノア フロントバンパー 修理

『いつの間にかバンパーに傷ができちゃってて

前にガリっとやってしまった傷もあるからこの際全部綺麗にしたい』とご相談のノアのお客様👩

昨年は開催できませんでしたが以前に元気祭にも遊びに来てくださったお客様です😊


 

今回直したいと思ったきっかけは、来月から新しいお仕事をスタートし

自家用車でお客様のところを訪問することになるので

伺ったお相手に傷だらけの車を見て『この人大丈夫かしら?』と

不安に思わせてしまわないようにしたくてということだそう💡


 

いざ修理に取り掛かります💪❗️

 

フロントバンパーの左右にそれぞれ異なる傷が⚡️

▼運転席側は何か鋭利なもので深く切れたような傷

🔍拡大▼

▼助手席側はガリっと擦ってしまった底面に広範囲の傷

🔍拡大▼

 

今回はご予算を抑えるため、バンパーを外さず修理し部分的に塗装するという内容でお車をお預かり

したのですが、塗装屋さんの判断で綺麗に仕上げるためバンパーを外し作業することに👨‍🔧

・・・するとなんと👀表面だけの傷かと思っていたらバンパーが割れているではありませんか😱💦

見てしまったからには、ん〜〜直してあげたい😢✨

塗装屋さんの優しさで樹脂溶接機にて割れ部分を補修✨

 


傷の入っていた部分は丁寧に研ぎ落とし

UVパテを均一にのせたら

U Vライトで硬化

余分な部分は削りサーフェーサーを塗布し下地作りが終わったら

紙を貼り塗装しない部分を養生

後はブースへ移動して塗装をします🌈

 

塗装が完了したら元通り組み付けをして・・

完成🤗✨

 

▼深くえぐれてしまっていた傷も

 Before

 After

 

▼あんなに広範囲でガリガリっとついてしまった傷も

Before

 After

 

どこにあったのかわからないくらい綺麗になりました🙆‍♀️⭕️

 

ぜひこれから心機一転新しいお仕事頑張ってくださいね☺️🍀

オーリス ドアとフェンダーの修理

保険会社さんよりご紹介を頂いたお客様。

以前ご入庫頂いたご縁もあり、テクニカルオートをご指名頂いたそうです!

ありがとうございます😊

 

お預かりした車両は、ドアからフェンダーに掛けての損傷でした🚙

 

傷の箇所を近くでよ〜くみて見ると、段差が出来てフェンダー側には凹みも見られます。

 

保険会社さんからのご紹介ではありましたが

修理金額によって 保険使用は検討したいとのご要望。

修理内容をご相談した上で、今回は自費で進める方法に決定しました💡

 

 

〜板金作業で凹みを修正〜

まずはフェンダーの凹み修正から!

半田溶接を行い上手くラインを出していきましょう。

このラインが綺麗に直ると面出しがスムーズに終わり、全体の仕上がりも影響します。

 

〜下地処理から塗装〜

お次は傷の修理。

傷を取り除き、UVパテで形を作りサフェーサーを塗布。

塗装をする箇所全体の塗膜塗膜も落としていきます。

このように細かな傷をつけてあげると、塗装の密着性が良くなり綺麗な塗装へと仕上がります。

 

 

お車の色に合わせ調色が済んだら塗装。

 

乾燥後は磨きを掛けて最後の仕上げ✨

 

仕上がりはこのように💁‍♀️

 

綺麗に仕上がりました♬

お任せ頂き、ありがとうございました🤗!!

リアルガラスコーティング

春、暖かくなって洗車をすると、さらに磨きをかけたくなる季節です。

 

お客様がとても大事に乗っているパジェロ。

水の弾きが良く、ワックスは効いていましたが、ボディコーティングをかけたいとのご要望です✨

 

直ぐに取れてしまうワックス系のものではなく、しっかり塗膜に繋ぎ留まるガラス系の方が良いかな!

撥水と親水どっちがいいかな!

と、今回施工したのは

このコーティング✨

 

リアルガラスコーティングH

 

ハイモースコートまで高級なグレードだと金額的にもなかなか勇気が要るものとなりますが、

このリアルガラスコーティングなら、しっかりボディと結び付き、しっかり汚れから守ってくれる上、料金も現実的に考えられるコストパフォーマンスの良い優れものです。

元々、撥水が効いた状態のランクル!

水を弾いてる感が、より、車がきれいである印象を強調させる気がします。

でもこの車両の色は黒なので、

水玉コロコロの撥水タイプより

水が固まって流れ落ちる親水タイプの方が、

ウォータースポットもつきにくく良いかも😊

 

と、そこで、

親水タイプではあるものの、疎水系のような

撥水と親水のいいとこ取りのような、このコーティング👍いいね!

 

先ずはボディについている撥水性のものを一度綺麗に取り除き、施工して、水をかけてみました😊

 

気持ちいいですね〜🚿トゥルントゥルン

 

掛けた水がきれいに流れ落ちます。

車につく汚れも一緒につるつるんと❗

 

ハイモースコートと同じ、

ソフト99の商品です🙌

 

札幌では、雪も完全に無くなった5月〜6月あたりの施工がおすすめ😊

そして、毎年同じ時期にメンテナンスをしておくとGOOD👍✨

コーティング前には鉄粉を除去しておくと良いですよ!

 

エスティマ ハイブリットバッテリー交換

今まで何度かご紹介したハイブリットバッテリーの交換♻️

今回はエスティマのお客様からのご依頼でした💡

 

「ハイブリットバッテリーの交換はやっていますか?」と、

エスティマのお客様からのお問合せが1番か2番目に多く耳にします👂

 


 

早速作業に入ります❗️

 

エスティマの場合、3列目のシートの下にハイブリットバッテリーがあるため

シートを起こし、カバーをめくって・・

 

はい❗️見えてきました👀

黒い四角い部品がハイブリットバッテリー(メインバッテリー)です💡

 


 

バッテリーに繋がっているあらゆる配線を外し取り出していくのですが、

この時必要なのがこちらの

絶縁工具⚡️🧤⚒

 

近年、ハイブリット車や電気自動車などの車両が増えてきていますね🚘

そのような車は通常の自動車にはない高圧の電気が使われています⚡️

その際間違ったところに通電し部品が故障してことを避けるためもありますが

何より、感電してしまうと命の危険が😱⚠️

その為、作業する際には電気を遮断できるよう作られた絶縁工具を使用していくのです🔧

 


 

それでは作業の続き・・・

新しいバッテリーを準備したら取り外したバッテリーから必要なものを移設して

交換です♻️簡単に交換と言ってもこれがものすごく重たい❗️

テクニカルオートには整備士は1人👨‍🔧

なのでハイブリットバッテリー交換の際は板金屋さんや塗装屋さんの力を借ります💪✨

大人の男性2人かがりで持ち上げるのですがこれがなかなか腰に来るんです😭笑

 

無事に載せ換えが終わったら最後は診断機をかけ正常に機能しているか点検して完了🙆‍♀️✨


 

年々さまざまな仕様のお車が出てきて、その都度その都度

作業要領であったりルールも変化したり追加されたりしていきます🌱

 

きちんとした整備をし、お客様の安全・安心を守るためにはまだまだ学ぶことがいっぱいですね🌈✨

 

ヘッドライトコーティング

先日のブログでヘッドライト磨きのビフォー&アフターを紹介しましたが

今日はコーティングのご紹介🤗

 

今回、ご依頼を頂いたのは ホンダ フィットです🚗

 

こちらのお車も黄ばみと曇りが凄いですね💦

 

まずは、ヘッドライト周りをマスキングテープで綺麗に保護。

研いだ時に傷がついたり、コーティング剤を塗布する際に液剤がかからないようにしっかりと養生します。

 

目の粗さが違う数種類のペーパーを使い分け研磨作業。

目の粗い番手から(600番→800番→1500番→2500番)順番に磨いていきます。

※ペーパーの番号は数値が小さいほど目が荒く、研磨力が高いです。

 

ここまでの工程で既に黄ばみも除去でき、透明感も少し出てきました!

 

最後にコーティング仕上げ✨

研磨した表面にはコーティング剤をかけ保護。

 

出来上がりがこちら👇

 

こんなにも綺麗になりました 😆🎉

 

ヘッドライトの印象が変わると、全体の雰囲気も明るく変わります。

 

夜、ライトを点けても何となく暗くて見えにくいと言っていたお客様の悩みも、解消✨

車を受け取りにいらした時、

自分の車がどこにあるかわからなくて通り過ぎちゃった!と笑っていました🤣

 

透明なヘッドライトですっかり若返ったフィット!

綺麗なお車を見ると嬉しくなりますね😄🎶

ヘッドライト磨き✨

ラクティスのヘッドライトを磨きました✨

 

▼黄ばみが強く、透明感はありません😖

 

何度か紹介している『ヘッドライト コーティング』の方法もありますが

今回は簡易的な方法でこの黄ばみを取り除くことに✌️

 

専用のクリームを付けて、とにかく磨く‼️

みねちゃん大活躍✨

左側も同様に✨

 

 

簡易的な方法ではありますが、ここまで綺麗になりました!

 

 

黄ばみが強いと、車検時にも光度不足で引っかかってしまうので

定期的にメンテナンスしておきたいですね♬

アコードインスパイア フェンダー&ドアの修理

左フロントフェンダーからフロントドアに掛けて損傷されたお車。

フロントフェンダーが押されたことにより、隣接しているフロントドアにも力が加わり大きく変形している状況です。

 

▼真横から見ると、ドアが大きくめくれていますね💦

 

〜修理開始〜

一度ドアを外したらフェンダーとドアの凹みをざっくりと修正。

▼フェンダー側

▼ドア(内側から見た様子)

 

大体の形に修正出来たら、再びドアを取付け!

フェンダーとの高さに違いはないか?隙間は均一になっているか?等を確認をします🔍👀

この状態でフェンダーのヘコミと変形具合を見ながら修正。

 

そしてもう一度ドアを外して、次はそれぞれの箇所を、細部まで綺麗に直していきます。

 

再度ドアを取付し、そして隙間と高さの最終確認!!

うん!良い感じに鈑金が出来ました🙆‍♂️

この後は下地処理、そして塗装へと進みます。

 

ドアは裏表両面丁寧に作業👨‍🔧

修理箇所にパテをつけ形を整えた後は

ドア裏のシーリング剤(防水・防錆効果)も年数の経過と共に切れてしまっているので

新車時と同じようにシーリングを施しています。

 

しっかりとマスキングをした後は塗装!

ブースでしっかり乾燥させたら磨きで更に綺麗にしていますよ〜✌️

 

磨き終わったドアを慎重にボディーに取付をし

ドアの開閉具合や角スイッチの動作確認をして完成です✨

 

 

こちらのお車は、発売から25年程経っていますが凄く大切にされているお車だと感じられます。

部品供給も多々終わってしまっているようですが
交換をしなくとも直せる物は直していけばまだまだ乗れるはず👍

今回の修理もオーナー様に喜んで頂ける仕上がりとなりました☺️

暖かくなってくると・・エアコンが・・

各地で桜も咲き🌸日も長くなって暖かい季節が始まりましたね🤗

暖かくなってくるとだんだん、ご相談が増えるこんなお問合せ📞

『エアコンをつけると臭いんです😭』

エアコンが臭くなる原因は様々ですが

冷たい空気を作る部分エバポレーターという装置の中やエアコンフィルターに

カビが発生してしまっている状態がほとんどです💦


なぜカビが発生するの❓❓❓

 

エアコンの冷たい風作る仕組みは

エアコンガスを圧縮してエバポレーターで気化されます♻️

気化された空気は常温よりも冷たいため、結露が発生した状態になります💡

北海道の方なら冬場に、お部屋を暖かくした状態で窓に結露が出てしまう💦

あの状態が車の内部で発生していると考えて頂ければわかりやすいかも😉

 

発生した結露は車外に排出される様になってはいるのですが

残ってしまった水分に外気から入ったホコリなどの汚れからバイ菌が繁殖し臭いの原因となってしまうのです😱

本格的に綺麗な状態にするとなればエバポレーターを外し分解して清掃する必要があるのですが

そこまでするとなかなか大掛かりな作業⚡️

 


 

と、いうことで今回はエアコンフィルターの交換&洗浄剤を使ってエバポレーター内の洗浄をすることに🤗

①ダッシュボックスを外してエアコンフィルターを取り外し

▼交換前のフィルター

 

・・・草やホコリ、よく見ると虫さんまでいました🦗❗️

このフィルターを介した空気を吸っていたと思うと・・😭うぅ・・

 

②助手席の足元を少しバラしてエバポレーターのドレーンホースを引き出し洗浄剤を注入〜

③洗浄剤を数分つけ置きしたらドレーンホースから外し洗浄液と共に汚れた水分が排出されます

▼エバポレーター内の汚れ

④新しいエアコンフィルターをセット

▼交換前のフィルターを比べるとこんなに違います👀

⑤最後にエアコンをMAXにして空気を循環させ作業完了🙌✨


 

カビや汚れた空気を吸い込むのはやっぱり体にも良く無いので

定期的なメンテナンスをしてクリーンな空気で過ごしたいですね♫🤗