タンドラ荷台ラプターライナー塗装

荷台の付属品を脱着

荷台とゲート裏を粗いペーパーで研いでいきます!

範囲が広いので2人で左右に分かれて一気に研ぎ進めます!

 

足付完了

ガスプライマーで、密着性を良くします。

 

今回は、全部で7本のラプターライナーを塗っていきます!

すごい量ですが、ラプターライナーはサラッと塗ってもダメ🙅‍♂️

しっかりたっぷり塗るとGood👌

マスキングは丁寧に。

蓋をして見えなくなる部分もいい感じに区切って綺麗にします。 穴という穴も塞ぎます。

紙を貼り、塗装前です。

塗る場所以外は覆い隠し、塗装開始!

一度ラプターライナーを塗った場所も、塗り重ねながら厚めに仕上げます。

 

ラプターライナー塗装後

外した部品を組み付けして、完成ーー🙌

よくできました💮💮💮

ラプターライナー、かなり丈夫ですよーー👍✨

MAZDA3 リップスポイラー塗装・取付

昨日のブログに続き、本日も『MAZDA3』のカスタムをご紹介✨

 

今回 MAZDA3をご入庫頂いたお客様は、以前トヨタ 86 にお乗りだった時に

カスタムのお手伝いを色々とさせて頂いていました。

 

片道3時間近く掛かる所から わざわざ足を運んでくださっているのです🙇‍♀️

テクニカルオートを愛して頂きとても嬉しく思います☺️

 

ご来社時、いつもと違うお車だったので

🙍‍♀️あれ〜?乗り換えたんですか???

と尋ねると、ご結婚され お子様も10月に生まれると何とも嬉しいご報告が💓

 

ご家族が増える事もあり、ファミリーで使える車として乗り換えたんだそうな。

MAZDA3 良いですねっ😆👍

 

今回は『持込のリップスポイラーを塗装して付けて欲しい』と言ったご相談でした。

まずはパーツをお預かりし、塗装が完了したらお車をお預かりし取付する事に🔧

 

お持ち頂いたパーツです👇

下地処理を丁寧に行い塗装をして準備。

 

お車をお預かりする日程を相談の上、ご入庫頂いたらいよいよ取付作業✨

スポイラーはボルトと粘着の両方で固定するタイプでした。

ボルト止めの位置を定め、穴を開ける作業が必要となりますが

その目印ともなる型紙があったので、切って✂️ボディに貼って…

と、とてもスムーズに位置を定める事が出来ました❗️

この目印に合わせ、慎重に穴を開けていきます。

 

そして本体を取付した後のお車がこちら💁‍♀️

スッキリした感じから、凛々しくドンっと構えているような

カッコいい印象に変わりました😊

 

今度はお子様と一緒にテクニカルオートに来てカスタムのご相談をして頂けると

おっしゃってくださいました。

と〜っても楽しみにお待ちしておりますね 👶💕

MAZDA3 ルーフスポイラーでカスタム

アプリ『ニカルくん』にお問合せのメッセージが📱

 

「MAZDA3にルーフスポイラーを塗装して取り付けしたい」

とのご依頼でした💡

 

それではまずは現車とお持ち込みの部品を確認させて欲しいとお願いすると・・

「遠方に住んでいるためなかなか行けない・・」

どちらにお住いか聞いてみると、滝川にお住まいのお客様でした‼️

札幌から滝川というとこのくらいの距離🚘

 

パッと気軽に行ける距離ではないのでこんな遠くからテクニカルオートを選んで

きていただけるなんてありがたいお話です😭✨

 


 

まず1日お車をお預かりし、パーツと車体とを仮合わせして

パーツを預かり塗装。塗装が完了したら

後日改めてご来社頂き取り付けという流れで作業を進めることとなりました🤗

 


 

塗装が完了し、今日はいよいよ取り付けの日です😄☀️

 

▼塗装が完了したルーフスポイラー

 

一度ボディと仮合わせをして取り付け位置を確認してマスキング💡

これは取り付け位置がずれてしまわないようにするためと

この後に塗るプライマーが余計なところについてしまわないよう保護する

役割もあります💁‍♂️

 

 

こちらのスポイラーは両面テープでのみ取り付けするタイプの

スポイラーであることと当日中に滝川に帰りたいというお客様のご希望から

万が一、外れてしまうことのないように

密着をよくするためスポイラーと取り付ける車体の両方に

念入りにプライマーを塗布していきます💡

 

 

プライマーを塗ったら、スポイラーに両面テープを貼り付けしていきます👏

 

▼貼り付け完了

 

2人がかりでズレの内容微調整をしながら

貼り付け‼️

 

 


 

▼こちらがルーフスポイラー取り付け前

 

▼そしてこちらが取り付け後

 

 

いかがでしょう??🤗🌸

 

初めの丸みを帯びたフォルムから

イメージチェンジしてキリッとした印象に変わりましたよね‼️🙆‍♀️

 

新しいお車、これからたくさんいろんな所へドライブへ行って楽しんでほしいです

 

 

プレマシー フロントバンパー修理

初めてテクニカルオートに来てくれたお客様

駐車場の塀の角っこにゴツンッとぶつけてしまいフロントバンパーの

真ん中にチョップしたような傷が😣💦

▼アップにするとこのような感じ😭

 

残念ながら黒い樹脂の部分は修理をすることができないため

綺麗にしたい❗️なるとバンパーと一体になっているためバンパーごと交換しなくては

なりません💡グリルも高い・・

そうなるとご負担も大きくなるのでどのように直していくのがベストか一緒に相談💁‍♂️

相談のうえ、今回は樹脂の部分の傷はそのままに傷ついてしまったバンパーを修理して直すことに決定🙆‍♀️💡

 


 

まずは、塗装をする色を作るため調色の作業から💡

太陽の光のもと艶を出して色を見やすくした状態で

角度によって色味が違って見える為

塗り板に試しの色をのせ、さまざまな角度から入念に調色の具合をチェック👀

▼真上から

▼斜めから

 

色が決まったら、傷のついている部分を削り、塗装をかける部分も

パテをのせたら余分な部分は研いでいきます🌀✨

 

逆光でわかりずらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

今回は部分的な修理と塗装を行うため

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

 

塗装の密着をよくするためサーフェーサーを塗布

UVライトを一気に近くから当てるのではなく離れた位置から徐々に溶剤を飛ばしながら

近づいて当てていきます💁‍♂️

 

 

下地作りが完了したらブースに入り🚘🛖もう一度塗装する部分、塗らない部分を

分けて養生し直して・・・塗装していきます🙌

 

 


 

塗装完了

 

樹脂の部分はそのままでも・・・

 

 

こんなに綺麗になりました🤗✨

新車の防錆は大事だよ

新車の下廻り防錆。

札幌では『防錆は必須』とお薦めしています!

 

雪が降る地域でも、雪を溶かす方法は地域により異なりますが、

札幌近郊では融雪剤を「これでもか〜!」という程ダイナミックに道路に撒き散らしているため、

融雪剤、いわゆる「塩カリ」「塩カル」という 塩の成分が 直接車を襲ってくるからです。

 

鉄が腐食して発生してしまった錆は、進行する一方!

そこから初めて「防錆」をしても 手遅れとなる場合も多いのです。

国産車も輸入車も防錆は必要?

輸入車の鉄板は 国産車と比べると、少し材質も塗装状態も異なるため、

比較的、錆には強いです。(錆びないのではなく、比較的です)

ですが、やはり 塗装で保護されていない 下回りや足廻りは、鉄の塊なので

「強い」と思っている輸入車であっても長く乗るなら保護してあげないと大変です。

防錆剤の種類?

防錆といえば 有名なのがノックスドール。

テクニカルオートで使用している防錆剤は『塩害ガード』というもので

市販品ではありません。

ベタベタする半硬化タイプではなく、完全に表面が乾いて硬化してしまうタイプのものです。

その効果は、テクニカルオートのスタッフ個人所有の車で実証済み😀

もちろん、ラングラーにも施工しました❤️

👇

防錆作業の様子

防錆をする時は、リフトアップした状態で

防錆剤を塗布する場所以外は、完全に養生してしまいます。

まるでスカートを履いているかのような状態ですね。

 

スカートに潜り込んで防錆剤をふんだんに!たっぷりと!ガッツリと!

贅沢なくらいに塗布します。

マスクは強靭なタイプを使用し、施工しています。

 

お腹全体、隈なく。ブレーキパイプなど細い鉄パイプも、サイドシルのミミの部分も、

タイヤハウスも、バックパネルも、

そして、穴という穴、全部にも!

穴の中に吹き込むのは、スプレータイプのノックスドール700を使用し、

鉄板内側への施工時に使用する専用ノズルを付けて四方八方に噴霧!

 

これで、安心して冬道を走行できます😄✨

防錆をする時は、できるだけ細かく丁寧に、しっかりと!が鉄則。

後からサビで困ることが予想される部分には、きちんと施工してもらいましょうね!

珍しい車! ツインをお預かりしました

ご入庫頂いたのは スズキ のツイン 🚗

2003年〜2005年の2年間だけ発売されていたお車です。

 

凄く貴重で珍しい 👀!!

何て言ったって、その見た目がとても 可愛いらしい〜☺️💓

リアルチョロQとも呼ばれているそうですよ😊

 

ご依頼の内容は、サイドシル錆の修理とボンネット傷磨き作業です。

 

▼ボンネットの傷

引っ掻き傷のような跡がありますね😭

 

▼サイドシルの錆

錆が塗装を押し上げ、プクプクと浮き上がってきています。

原因は、飛び石。

石が跳ねた時にできたコツンとした小さな傷から、水分が入り、塗膜の下で鉄板を蝕んでいったんですね。

+++——————————————————————————————-+++

 

それでは、いざ!修理に取り掛かりましょう💪

 

まずは錆の除去から!

錆がまだ浅く、サンドブラストで除去してあげると、きれいに落ちました!

軽いうちに気づけてよかった‼️

鉄板剥き出しにした状態なので、

すかさず錆防止のためにプライマーを塗布!

空気中の水分や酸素が鉄に付着すると、それがまた錆となるため、できるだけ素早く!

直ぐに処理したいのです。

 

プライマーできちんとした処理をしておけば、後々のサビ発生率も大幅に少なくなります👍

たっぷり塗布したプライマーはしっかり乾かします。

熱をかけて乾かす時に、プラスチックで出来ている部品の変形しやすい箇所は、こうしてアルミで保護をしておけば安心。

そして、サーフェーサーで下地をしっかりと。

UVサーフェーサーを使用して、しっかりと密着させます。

サーフェーサーの上にはUVパテを使用して、

仕上がりとなる形を作り表面を整えておきます。

 

こうして、ようやく、塗装作業です。

サビで削った部分は小さくても、仕上がりと経年のことを考えると、色を塗る範囲は、ココ!

色を描けないところは全て、ミストが入らないようにしっかりと養生します。

マスキングは、一見塗装と関係ないように見えて、仕上がりを決めるための重要な技術!✨

事前にボディに合わせて調色した塗料を、

スプレーガンで塗り重ねました。

赤は染まりにくい色なので、塗装の過程ではちょっとした技術が必要なんですよ😊

 

はい、完成!

瘡蓋のようになった錆のぷくぷくは、嘘のようになくなり、きれいに仕上がりました!

 

このツインをとっても大切に、いつもきれいに丁寧にお手入れしているお客様です。

気がついた時にすぐに修理をしながら、手をかけ続けているから、年数を経てもこんなにきれいなままで保てるんですね!

 

私も、洗車してきれいにしよう〜!✨

お肌も手入れしよう〜👩✨

ノア フロントバンパー下部 部分塗装

お仕事の関係で札幌に引っ越して来られたというお客様。

初めての地域でどこの工場が良いんだろうと調べてご来社頂いたようです。

 

お車を見るととってもピカピカー✨

ご入庫頂く前に綺麗に磨いてくれたと仰っていました。

 

なるほど!

歯医者さんに行く前にはキレイに歯磨きしていきますよね。

そういう感じで気を遣ってくださったのですね🙇‍♀️💡

ありがとうございます。

 

損傷部位はというと、フロントバンパーの左下がガリッと擦れている状態😖

デザイン的にも地面との距離が短いポイントなだけに

ちょっとした段差などで擦りやすい部分でもあります💦

 

バンパーにはセンサーも付いていました🔍

修理の際、バンパーの脱着を行なってしまうとセンサーの補正(エーミング)が必要となり

費用も修理の日数も大きく変わります。

今回は費用面・日数面などを考慮し、部分的にお直しすることにしました👍

 

まずは 傷の入った箇所を バンパーの “ささくれ゛と一緒に削ってしまいましょう。

傷の部位だけでなく、部分的に塗装を行う範囲を一通り削ります。

 

研ぎ終わったら修復の作業へ。

 

バンパー修理には、UVプライマーが最適です!

塗布後、硬化して形を整えたらお次はサフェーサー。

塗布後は研いで表面を滑らかに。

 

今回のように車高が低くジャッキが入りにくいような車両は

塗装をしやすいよう少し高さを変えて工夫を✌️☺️

 

👇こちらを使用。

カースロープとしての役割を担っています。

こちらは20年以上前に、工場スタッフが試行錯誤して作ったもの。

 

市販されている物は、プラスチック製だと軽くて動いてしまうし、鉄製だと滑るし…。

中々使い勝手の良い物ってないものです。

 

ですが、こちらは年期こそ入っているものの 傷むことも壊れることも無く

今でも健全に使用が出来ていますよ ♬

 

話が少し逸れてしまいましたが…笑

 

次はいよいよ塗装です。

塗装箇所以外は全て紙で養生しています!

 

そして塗装✨

 

仕上がりはこちら🤗

 

綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

お仕事帰りに再びご来社頂き、無事に納車となりました。

少し暗い時間帯だったかな🌙

 

お車を大切にされている方なので

きっと洗車をした際などにも綺麗に仕上がったお車を見て

喜んで頂いているんだろうなぁ☺️

とお客様の喜んでいる姿を想像するととっても嬉しいのです😊

ポルシェ クォーターの小さな凹み

いつもテクニカルオートをご利用頂いている大切なお客様。

以前からポルシェのクォーターに出来た小さな凹みを直したいと

ご相談を頂いておりました。

 

▼くっきりとした凹みのアップ

 

実際、この2箇所をきちんとした方法で修理すると

作業の工程上ガラスの脱着が伴い、再使用が出来ないモールはガラスとセット販売となる為

部品と工賃で数十万の修理費用がかかります。

 

こんなに小さな凹みなのに、そんなに掛かるの〜!?😱💥

 

とビックリしますよね💦

お客様と打ち合わせをした結果

今回は『デントリペア』で進めてみることにしました💡

🗒※デントリペア 👉 特殊工具を用いて、鉄板の裏から凹みを押し上げたり、逆に盛り上がっている箇所は外から軽く力を加えボディラインに沿って仕上げる作業

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 

▼デントの工具はこの部分から入れていきます。

同じ車種でもグレード等の違いで、この部分がない車両もあるようです。

その場合は工具も入れられないので、必然と修理の方法になりますね 👀💦

 

凹みの位置や、車体の形状から見ても

作業の体制も辛く、凹んだ鉄板も工具で内側から押し上げる必要があるので

踏ん張る力も必要になります。

簡単そうに見えて、結構体力が必要なお仕事です💪

 

裏から工具を使い、鉄板を押し上げている瞬間がこちら💁‍♀️

凹んでしまっている部分の形を少しずつ出していきます。

輸入車なので鉄板も固いため、中々思うように出てくれません😖

少しずつ着実にボディラインを出していきます。

 

膨らみや出っ張った部分は叩き落とす作業も。

 

この作業を何度か繰り返し、完成したのがこちら👇

 

2箇所とも何処に凹みがあったのか、角度を変えて見ても

ほとんどわからない状態までの仕上がりとなりました✨

 

お客様への納車はこれから❗️

喜んでくれると良いなぁ ♬

レガシィ エアロスプラッシュ 塗装剥がれ修理

車検でお預かりのレガシィ🚙

 

車検整備のついでにずっと気になっていたサイドスポイラーの先につく

エアロスプラッシュの塗装が剥がれてしまったところも直したいとのご要望💡💡

 

▼横から見たレガシィ

直したいのはこの部分👇

おそらく走行中に飛び石が当たり、塗装に傷が入ってしまったことによって

だんだんと塗装がペリペリ剥がれてきてしまったのでしょう😢

 


 

修理方法を打ち合わせ🗣

『新品の部品を取って取り付けするか❓』

『現車のパーツを外して直すか❓』

 

部品屋さんに確認すると、新品は未塗装で届くことが分かり

そうなると💰ご負担大きくなることから

今回は物自体は壊れているわけでは無いため

現車のパーツを取り外して塗装をし直すことで決定🙆‍♀️💡

 


それでは修理スタート‼️‼️

まずは剥がれかけている塗装を綺麗に剥がすところから💡

塗装が脆くなっているので強力なエアーをかけてみました💨

「ん〜意外と頑丈で取れないねぇ」

では、機械を使用して研ぎ落としてしまおう❗️

だんだん下地が見えてきました👀

 

「よしっ❗️綺麗に研げたよ👍」

▼塗装を丁寧に研ぎ落とし終わったパーツ

 


 

研ぎ落とし終わったら・・

また塗装が剥がれてしまわないように丁寧な下地作り🙆‍♀️❗️

 

❶プライマーをエアガンでまんべんなく塗布

(作業写真がなくてごめんなさい😣)

❷UVサーフェーサーを塗布して硬化し塗装の足付け

❸車体に合わせて調色したら・・色をのせて

パーツの修理&塗装は完了👏

 

▼こちらが塗装まで仕上がったエアロスプラッシュ

新品みたいにピカピカぁ〜😍✨


 

さぁそれではいよいよ車体に取り付けしましょう❗️

 

粘着テープとボルトで取り付けるため、

密着を高めるため取り付ける部分を脱脂剤で拭き取りしていきます

塗装完了したパーツに粘着テープを貼り付け
取り付け位置を確認したら貼りつけていきます🙌

 

補強するためボルトでもしっかり固定したら・・

 

完成🙆‍♀️🎉✨

 

車検でお車の内側もきっちりメンテナンスできて、外見も綺麗になって

とっても喜んでいただけた様子🤗🌈

 

今回は左側でしたが右側もすこ〜し傷が入っているところもあったので
もしもまた同じようになってしまったらぜひまたお手伝いさせてくださいね♫

 

 

ポルシェ フロントバンパー部分塗装

ポルシェに傷が〜😭

お車を駐車中に、近くの建築現場から石膏ボードが倒れてきた事を伺いました💦

 

近くで見てみると、塗装がエグれたようになっています。

 

高級車に傷を付けてしまったと思うと冷やっとしますよね…😱

 

お客様はお相手の事も考え

修理代が安くなるようにと部分的に修理をする方法で進めることにしました。

お優しい☺️

 

でも大丈夫!!

部分修理ですが、きちんと綺麗に直ります🙆‍♀️

 

まずは太陽☀️の出ている午前中に色合わせから!

 

傷は研いで落とした後、弾力性のあるUVパテで形を整えUVサフェーサーも塗布。

部分的に塗る範囲は全て、表面を削って新しい塗料・クリアとの密着性を高めます。

 

塗装する部分以外はマスキングと紙で養生。

ここまでの工程が終えると、事前に準備をしておいた色でいよいよ塗装です✨

 

塗料は何度も塗り重ね、しっかりと染まった後はクリアで仕上げを❗️

この後は磨き作業✨ 完了までもう少し💪

 

肌の状態を確認しながら、艶がある綺麗な状態に仕上げていきます。

 

完成〜🌼 仕上がりはこのように👇

 

お引き取りにいらしたお客様には

作業工程の写真をお見せし説明をしました📱✨

仕上がりも喜んで頂けたので良かった〜😊

 

ありがとうございます!

 

 

それにしても…

かっこいいなぁ💓