スバルXV ドアべこべこ修理🌈塗装編❷仕上げ✨

 

スバルXVいよいよ修理も終盤🕰

 

板金パテが硬化したら・・・

機械で大まかなところを削り、機械では行き届かない微妙な凹凸やラインを作るためには

ペーパーを巻き付けて手で細い修正をするのですが、

これがなかなかハードなんです💨全身を使って研磨します‼️

 

研磨と同時進行で塗装する車体の色を調色していきます🌈

朝の太陽のよく出ていた時間帯に色合わせをし

太陽が陰ってしまったら太陽と同じように明るさをランプで当てて

『白もう少し足す❓どうだ❓黒っぽいか❓』といろんな角度から見て

何度も車と塗料の倉庫を行き来🏃‍♀️しながら色を決めていきます👍✨

 

板金パテの形が決まったら

次は仕上げパテを塗って

この先も同じように余分なパテは削り

 

ブースの中でサーフェーサーを塗布

乾かします☀️

 

さてこれで塗装の下地作りは完成🤗🍀

最後にブースで調色した塗料でボディに色を乗せて・・

完成😆✨👏

 

▼Before

▼After✨

 

お客様へお返しの際、修理の工程も一緒にお見せしながら

お車の修理のご説明をさせていただきました☺️

 

『え〜❗️すごい❗️こんな風に直すんだ👀』

『さすが職人さんですね✨』

お仕事を頂いて一番嬉しいお言葉を☺️❤️ありがとうございます。

 

家族にも見せたい〜✨と喜んで帰られました😊

無事に納める事ができて良かったぁ🍀

 

スバルXV ドアべこべこ修理🌈塗装編❶

 

スバルXVのドアの修理🚙✨

先日、板金の作業が完了し、次は塗装の工程へと移ります👉👉

 

▲板金の作業が終わり、プライマーを塗布した状態

このプライマーを遠赤外線の当て、十分に乾かしてきます

その時々で変わりますが、今回は60度の温度で1時間ほど当てました☀️

 

しっかり乾いた後は余分な部分を削り落としていきます🌀

手で確認しながら凹凸が綺麗になるよう確かめながら

研ぎが終わったら

板金パテをのせます❗️

▼灰色なのが板金パテ、茶色のものが硬化剤です💡

これをよ〜く混ぜ合わせて🌀🌀

ドアにケーキの生クリームを塗るように満遍なく塗ります

塗り終わったら硬化☀️

硬化したら研磨❗️塗装の下地作りはこの繰り返しです👨‍🔧♻️

 

今日はここまで🙆‍♀️

 

明日はいよいよ完成に向けての最終工程です🌈✨

スバルXV ドアベコベコ修理🔨板金編❷

 

スバルXV先日の修理の続きです😄☝️

 

『ハンダでの板金』が終わった状態がこちら👇✨

 

ドアのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい板金作業にて

本来のフラットな状態からはみ出ている&凹んでいる部分の修理です👨‍🔧

 

▲ドアの内張を外した状態で、スタッドプーラーの電気が流れるように

アースを繋ぎます♻️

 

 

スタッドプーラーを当てる部分の塗装をベルトサンダーで削り落としていきます💡

 

 

単純に凹んでいる部分を引っ張り出すわけではなく、

元々のドアの鉄板の高さに合わせて凹んでいる部分・出っ張っている部分を

前後のパネルとも比較しながら修正をしていきます🙆‍♂️

 

▼凹んでいる部分をスタッドプーラーを使い、引き出している様子

 

▼スタッドプーラーをドアにくっつけた状態で、

出っ張っているところを戻している様子

 

違いがわかりますか

スタッドプーラーの使い方で板金の仕方が変わるんです💁‍♀️✨

 

▼角度を変えて👀

 

手で一つ一つ鉄板の状態を確認しながら作業を進めて行きます🏃‍♀️✨

 


 

2種類の板金作業でドアの凹凸が元通りになった状態が

こちら👇

 

これで板金編の作業は完了🤗‼️

 


 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋して

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないように

錆止めするのと、これから塗る塗料の密着をよくするための

プライマーを塗布します🙆‍♀️

 


 

まだまだ修理は続きます🏃‍♀️🏃‍♀️💨

続きをお楽しみに☺️

 

スバルXV ドアべこべこ修理🔨板金編❶

 

現在お預かり作業中のお車の修理の様子をご紹介👨‍🔧✨

 


 

柱にぶつけてしまい、右のリヤドア全体が凸凹になってしまったスバルXV💦

 

▼左側のドアと比べてみると凸凹具合がわかります

正直交換レベルの凸凹の具合💦しかし、自費での修理のため修理方法を

①新品ドアで交換

②中古のドアで交換

③板金修理の3パターンで

ご提案させて頂きましたが、新しめのお車のため残念ながら同じ色のドアは出てこず

新品は高い・・・😭ということで、板金にて修理することになりました❗️😊

 


 

今回の板金作業は2種類の板金方法で修理していきます🚙👨‍🔧

まず今日ご紹介するのは『ハンダによる板金修理🙆‍♂️

ハンダでの修理はまず、元々ドアのデザインとして折れ目のラインが入っているところの山を

修復する役目があります💡これは線を出す修理方法☺️

▲矢印のあたりで横にラインが入っていました。

 

このラインを基準として鉄板の飛び出ている部分、凹んでいる部分を

フラットな状態へと修復していくのです🙆‍♀️

 

ハンダの修理の時にはこちらの工具を使用していきます🙌

先端の太い方から熱が発生し、下側の細いところから溶かす素材が出てくる仕組みです😄

ハンダは熱で温められた箇所に引っ付く性質があるため、

まずはボディ側を温めながらのちに取り付けする鉄板の土台作りをします👍

 

 

土台作りが終わったら

歪んでしまったラインの部分に合わせて鉄板をハンダ付けします🙆‍♀️

 

ちなみにハンダこてを温める温度は車種によって使ってる鉄板が異なる場合や

その日の気温などによって調節して温度設定します💡☀️

 

土台作りが完了したら

このような部品を取り付けて

▲この輪っかの部分にスライドハンマーを引っ掛けて

引っ張るのです💡☺️

ハンダつけした鉄板には三つ穴が空いています⭕️

これはラインを出すときにより力を加えたい部分にずらして

ボルトナットで締め付けをし凹みを調整する役目があります☺️

▲このようにいろんな角度から見て

綺麗にラインが出ているか否かチェック👀しながら

繰り返しスライドハンマーで調整をします🔨

 

完成したラインを基準として、

そのラインの下側に凹みや歪みがあったためハンマーで叩いて修正します🔨👩

というところで本日はここまで

作業が進行したらまたご紹介させていただきますね♫

 


次は第2工程となる

『スタッドプーラーによる修理』を紹介しますのでお楽しみに🤗❤️

ディフェンダー板金修理 腕がなるお仕事💪✨

 

ぶつかってしまったんです😭

と、ご相談にいらしたお客様🚙

 

車種はランドローバーディフェンダーです💡

車を見ると右のフロントフェンダーがぐにゃりと変形していました💦

 

▼拡大すると🔍

鉄板が大きく変形🌀

 

通常この状態であれば交換❗️となってしまうのですが

お車は輸入車・・

部品代も高額&本国から手配をしないといけない為

金額的にも日数的にも負担が大きい💦

 

それならば・・・『なんとかしましょう💪‼️』

板金して修復します👨‍🔧

 


 

バンパーとアーチモールに傷がつかないよう取り外したら

取り外さないその他の部分にも傷がつかないよう養生もして

 

板金作業で変形したフェンダーの歪みとラインを微調整しながら引っ張ったり

叩いたりして修正していきます🔨

 

アーチモールがつくあたりのフェンダーの折れ目のラインを綺麗に出すのは

職人の技

見事元の形に戻りました🙆‍♀️

 

 


 

続いては塗装の下地作り

 

板金パテで形づくりをした後はポリパテをのせていきます💡

 

 

後々の塗装割れを防ぐため

できる限りうす〜〜くパテを仕上げるため

余分な部分は極力削り落としていきます❗️

 

 

続いてはサーフェーサー

 

だんだんと事故前の状態へ戻ってきましたね☺️

いよいよ最終段階🙌

塗装のブースへ車を入れ

塗装をかけないところはビニールと紙を貼り養生します🙆‍♀️

 

塗りました❗️という境目が出ないようフェンダーパネル1枚塗装します🌈

 


 

塗装が終わりました☺️

 

塗り終わったら、後は組み付けをして

 

修理完了👏💁‍♂️

 

▲Before

▼After✨

いかがでしょう❓✨☺️

 


 

お客様にお返しの日

車を見るなり

『すげ〜👀‼️‼️交換したんじゃないんですよね❓』

と、交換したんじゃないかと疑ってしまうほど驚いていらっしゃいました😆

 

お車を取りにいらした時間がちょうど工場スタッフのお昼休みの時間帯⏰だったのですが

どうしても直してくれた方に直接お礼が言いたいと

わざわざスタッフの休憩室まで足を運んで喜びを伝えて下さいました🙇‍♂️✨

 

そんなお客様を見ていると気持ちに寄り添ったご提案ができたのかなと、とても嬉しく

そして、もっともっと喜んで頂けるようこれからも頑張らねばと感じました☺️

 

冬でもエバポ清掃は大事!

今の季節❄️夏に比べると、カーエアコンのスイッチを押す機会は少ないかもしれません。

ですが、窓ガラスが結露などで曇ってしまった場合には

除湿効果もあり 視界を妨げる曇りはあっという間に晴れるので、冬でも大切な機能です。

 

使用頻度は少ないかもしれませんが、エアコンのお手入れはきちんとしていないと

湿気によって発生したカビや雑菌は撒き散らかされます💦

冬は特に暖房によって、乾燥したカビの胞子が放出される…

なんて、想像するとゾッとしますよね😱💥

 

お手入れを怠った加湿器と同じです。

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 

お客様からのご依頼で、作業をさせて頂きました。

 

まずはグローブボックスを開けて、中のエアコンフィルターを外すところから。

エアコンフィルターは既に交換されていたようで綺麗です✨

 

こちらが洗浄剤!

ノズルにホースを繋げて準備完了です♬

 

これまでのブログでは、排水パイプから泡タイプの洗浄剤を注入する方法をご紹介していましたが

今回準備をした洗浄剤はミストタイプ✨

ブロアファンからの噴射になります💉💨

ノズルがブロアファンの中心に来るようにセットしミストを噴射。

2〜3分で全て噴射し終わります。

 

最初に車内でエアコンの室温・内気・風の出る位置をそれぞれ設定していたので

あとは風量全開で5分間ほどエアコンを回し続けます。

 

最後に取り外したパーツをそれぞれ戻したら完了👍

 

洗浄剤の種類によって異なりますが、今回使用したのは6ヶ月効能のタイプ。

効能が切れる頃に定期的に施工しておきたいですね!

 

使用後はフローラルの香りでとても良いニオイでした😆🌸

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 

定期的な洗浄と合わせ、カビを発生させないための予防も大切です☝️

エアコンを使用したあと10分〜15分程、エアコンスイッチを切って送風の状態にしておくと

中の湿気をしっかりと乾燥することが出来るので効果的ですよ〜💡

 

やってみてくださいね☺️

アウディ フロントバンパーのガリ傷修理🚙

 

バンパーを擦ってしまって・・

と、携帯を片手に相談にいらしたお客様のお話💡

 

お車には乗ってきていないとのことで、

傷ついてしまった箇所を写真で拝見しながら見積もりをお取りしました📝

 

お車はアウディでフロントバンパーの左下側にザリっと擦った傷が💦

 

車両保険を使ってしまうと保険料の兼ね合いもあるため自費での修理をご希望されており

今回はバンパー脱着をせずに部分的な修理をすることになりました💁‍♀️

 


 

▲まずはおおかた傷のついている部分を拾いながら削っていきます🌀

▲すると、赤い下地が見えてきました👀

実はこちらのバンパー元々赤いバンパーで、白いお色に塗装をかけているものでした❗️

 

傷の部分を丁寧に拾い研いだあとは、

塗装をかける部分、かけない部分をマスキングで線引き

 

ビニールで余計なところに塗料が飛ばないよう養生した後は

UVサーフェーサーを吹きかけ、塗料の密着度を高めます👏

片手でライトを持ち、もう一方の手でガンを持って・・と職人さんはやっぱり器用ですね✨

続いてはUVライトを3分間まんべんなく照射して硬化

▲下地の完成🙆‍♀️✨

 


 

☀️翌日☀️

 

太陽の出ている午前中に調色をしていきます👨‍🎨

白と言っても黄色っぽい白であったり、青みがかった色であったりと

微妙な加減で色みが違うため、塗料を1滴単位で微調整して塗装屋さんは

色合わせをしていきます🌈✨

 

調色が完了したので色を載せていきます

 

塗ったところと、そうでないところの境目がわからないよう

ラインで切って塗装していきます💡

 

▼こちらが塗装後

※塗った箇所が下側のため影になっていて分かりづらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

▲明るいところで📷☀️

 

じゃんッ‼️完成しました🤗

 


 

あんなに大きくついた傷もどこにあったか分からないくらい

元通りになりました😊

 

お客様も『頼んで良かった〜』とすごく喜んで頂けました❤️

 


 

さて、本年の営業も残すところ明日1日だけとなりました💁‍♀️✨

修理作業は、実質本日が最後❗️

お預かりしているお車たちをお客様の元へ無事にお返しできるよう

みんなで協力しながら作業を進めていきます👨‍🔧🙆‍♀️🌈

走行中の異音&ホイール・ナットが激アツ🔥なぜ??

 

ヴォクシーにお乗りのお客様👨‍🦱

倶知安方面から札幌に用事があって向かっている途中

走行中、右の前のあたりからカランカランと変な音が聞こえる・・

 

違和感を感じ、石でも挟まった❓と思い、車をとめて見てみても何か挟まってる様子はない。

ナットが緩んでいるのかな❓と、ナットに触れたところ

あっつッッ😱❗️ものすごい熱さ‼️🔥🔥🔥

 

これはマズイと思い、テクニカルオートに駆け込まれてきました🚙💨💨

ただ、翌日にはまた倶知安方面に帰らなければいけない予定😣

 


 

まずはどんなことになっているのか

お車をお預かりして点検するところから💡

 

 

タイヤを外してみると、あれれれ中から水が👀💦💦

さらに、ブレーキを分解していくと

 

▼ブレーキオイルが染みてベタベタ😭

▼キャリパーも赤茶色に錆で固着している状態⚡️

この固着のせいで、ものすごい熱さになっていたのですね🙅‍♂️❗️

 

他のタイヤも念のためチェック🔍👀

右後ろのタイヤも外してみると同様に水が出てきました💦

 

なぜだろう❓❓と、考えると、原因は定かではないですが

通常、こんなに水分が残ることはないため

憶測としてどこか水溜りや深みにタイヤが浸ってしまった可能性があります💡

それ以外にも走行の回転により摩擦熱で熱くなった鉄板に水分が吸収され錆が進行したとも考えられます💦

 


 

キャリパーのピストンをバラして錆を磨いて戻せるかもしれない❗️

 

⬇︎

磨いてみると・・・・ダメでした😢

 

▼ご覧の通りキャリパーに複数の小さな穴が🕳🕳🕳

拡大

これは錆が進行してしまったことによる腐食の穴あき💡

 

これではブレーキオイルがこの穴から滲み出てきてしまいます🌀

 

これでは磨きでは済まないため、新品の部品交換が必要となります🙇‍♂️

至急、部品屋さんに問い合わせ、急いで部品も持ってきて頂き🏃‍♀️🏃‍♀️💨

新品のキャリパーに交換して、同時にブーツとシール類も交換♻️

 

パーツを戻すときは防錆と潤滑をよくしてあげるためグリースを塗布して🙆‍♀️✨

 

 

右前のタイヤ同様、水が入り込んでいた右後ろのブレーキですが、

こちらはかろうじてサビまで進行せずに済んでいたため、

ピストンの交換はせずに分解の上、水分を取り除いてあげて完了👍✨

 

 

札幌にきた翌日には倶知安方面に帰らなければ行けなかったお客様も

まさか予定通りの日程で乗って帰ることができるなんて😍と、

とっても喜んで頂けました🌈

 

何よりも異音がしたときは不安だったお客様が

無事に安心して帰ることができたことが良かった❤️

急いで部品を届けてくださった部品屋さんにも感謝です😊

 


 

皆さまも万が一、深い水溜りなどを走行してしまった際にはそのまま放置せず

早めに点検することをお勧め致します💁‍♀️🍀

ポルシェ ビビリ音どこから鳴ってる❓👂

 

いつも来て頂いているポルシェのお客様🚙

 

 

「なんだかセンターのあたりからビビり音が鳴っていて気になる・・」

 

耳を澄まして聞いてみると、確かに細刻みに音がなっていました👂

 

音は車の外側からではなく室内から聞こえます👂🔍

 


 

色々原因が何か探ってみたところ、音の原因を特定👨‍🔧‼️

 

鳴っていたのはココでした💡❗️

 

 

センターコンソールのシフトレバーの辺りです💡

 

まずはどの部分から鳴っているのか

シフトレバーを分解するところから始めます💪

 


 

コンソールの左右のパネルを外すため

モフモフのカバーを取り外します💡

ここは流石のポルシェ

▼カバーを止めているビスがパッと見で見えないようビス隠されていました👀

見えない細部まで上質な作りの室内

 

モフモフが外れたらパネルのカバーを外して

 

シフト周りのパーツも取り外します💁‍♂️

外すためには

シフトレバーの付け根部分をグッと右側にズラしてあげて・・・

 

⬇︎

⬇︎

 

▼ズラしたら後はスポッと外れます🙆‍♀️💡

 

後は順番に外せるようになっているので分解して

どこから鳴っているのか原因を探していきます🔍

 

ここかな🐣

ここかな🐣❓❓

 

あっっ‼️

発見❗️ここでした👨‍🔧

シフトレバーカバーのフチ、シルバーのカバーの裏側を見てみると・・

 

カチャカチャカチャ・・

はめこみのツメ部分が1箇所動いて遊んでいる👀💡

他のところはというと、動かない🙅‍♂️

 


 

原因がわかったので音が鳴り止むように処置🙌

遊び部分をブチルゴムで固定してあげてカタカタならないように調整し、

元に戻して確認👂・・・

 

OK❗️無事に音が鳴らなくなりました😊

 


 

ちなみに💡原因を探っている際、部品を調べていたらシフトレバーは5万円以上していました💦

大ごとではなく、応急的な処置で無事に音が鳴り止んで良かった🍀✨

ワーゲンパサート ドアの板金修理🔨

ドアをぶつけてしまったんです🥲

と、お見積もりの相談にいらしたご家族

車を見てみるとフロントのドアが大きく凹んでいます💦

 

 

車種を確認するとフォルクスワーゲンパサートでした💡

自費で修理されるとのことで、負担の少ない方法としてご案内することが多い

まず中古のドアがないかお調べ・・と言いたいところだったのですが

輸入車はなかなか中古パーツが出てこないのが実情😭

 

お客様自身もそれは理解しており、直す方法で進めたいとのご依頼をいただきました🙇‍♀️✨

 

 


 

 

修理の内容としては

ドアの塗装をするには通常ドアガラスのモールも取り外し作業するのですが

部品を調べると、2万円以上もすることがわかり😱

今回は上のモールは外さず、マスキングにでドア1枚単体で塗装することにしました💡

(通常は隣接するパネルもぼかし塗装をして馴染ませるのです)

下側についているドアモールは傷が入ってしまっているためこちらは

新品を手配し交換することに💡

 


 

それでは修理Start💪✨❗️

板金で凹みを修正するところから始めます🔨

今回は3段階の板金方法で凹みを出します

 

❶吸盤を使って大まかに大きな凹みを引っ張り出す

❷ハンダづけをしてドアのカーブの形を修正

❸スタッドプーラーを使用してドアのラインを細かく修正していく

 

⇧このドアのラインをどれだけ綺麗に出せるかが腕の見せ所💪✨

▲画像が荒くてわかりづらいかもしれないですが

ポツポツ点の跡があるのがスタットプーラーで引っ張り出した跡です💡

▼別の車両の動画ですが、このような感じで引き出していきます❗️

▼すべての板金工程が終わった状態

 

ここまでで板金の工程は完了❗️

続いては塗装の工程へと進みます🏃‍♀️🏃‍♀️

 


❶板金パテをのせて形成

❷余分なパテを研いだ後にポリパテをのせて表面を整えます

これも研いでできるかぎり薄く仕上がるように❗️これ重要

厚くしてしまうと後から塗装が割れてしまう可能性が出てしまいます。

❸パテの作業が完了したら、サーフェーサーを塗布して

防錆&塗装の密着を高める下地づくり👨‍🔧

❹ここまで来たらいよいよブースへINして塗装Statです😄❗️

隣接するパネルは色の塗装はしませんがクリアは一緒にかける為それ以外の

部分をきっちりマスキングして👍

また、新品のドアロアモールは未塗装の状態で届く為、

こちらも一緒に塗装します🌈

 


 

 

塗装が終わり、組み付けが終わったら・・・✨‼️‼️

じゃ〜〜ん😄👏

いかがでしょう👀❗️✨

 

最初の大きな凹みはどこへ

と、いうくらい元通り☺️

 

お客様もお車を見て

「おぉ〜👀‼️‼️すんごく綺麗になった‼️‼️」

驚きながら喜んで頂けました🍀

 

板金塗装の工場としては、そのお客様の喜ぶ姿が何より嬉しいのです❤️

 

ありがとうございました🌸