磨き作業でここまで綺麗に!!

サッカーボール⚽️が飛んできてドアに傷が出来てしまった…😭

とご相談を頂いたのはスイフトのお客様。

 

右後ろドアの真ん中に その傷はありました。

 

お相手の方が修理代を見てくれると言ったお話でしたが

出来るだけ費用がかからないようにと、磨きの作業を選択されたお客様💡

とてもお優しい方です☺️

 

事前にご予約を頂いていたので、すぐに作業に取り掛かります。

 

パネルの周りをマスキングテープでぐるりと囲み

隣接するパーツやモールを傷めてしまわないような処置を施してから作業スタートです。

 

数種類のバフを使用。コンパウンドも塗装面の状態により使い分けしています。

 

磨きムラが出てしまわないよう、パネルとバフの角度や接触する面積を意識しながら

丁寧に磨いていきますよ✨

👇ピカピカ!

これで終わりではありません✋

 

車両を外に出し、太陽☀️の下で仕上がりを隈なくチェック👀!!

 

こうしてやっと完成となります🙆‍♀️

 

ピカピカになったお車を見たお客様。

『凄く綺麗になりましたね!!』と

と〜っても喜んで頂くことが出来ました😆♬

 

ありがとうございました。

デイズ 各フェンダーから錆!? ②

前回のブログの続きです。

 

まずは錆を除去した箇所の防錆をしっかりと行います。

防錆も2種類の液剤を塗布しています!

出来るだけ再発しないように、細かいところまで行き渡らせてしっかりと浸透させます👍

 

この後は塗装前の下地処理に進みます!

右フロントは一番 錆が進んでいる状態立った為、本格的に修理を。

残りの3箇所は右フロントに比べ軽度なので、この後はタッチアップで色を乗せていきましょう。

 

あ!

作業を進める中で👇の箇所にも微かな凹みと傷を発見しました👀‼️

この部分もついでにお直ししてしまいましょう✌️☺️

作業中に気がついたのでもちろんサービスです♬

 

まずはUVパテにて、形を整えていきます。

パテを塗布した後は、照射して固めます。

 

その後 サフェーサーを塗布し、フェンダー全体を研ぎます。

 

 

ブースの中へ入れ、塗る範囲意外には塗料がかかってしまわないよう紙で養生を。

 

そして、最後に塗装をして完成したのがこちら👇

表面のプクプクはなくなり、新車の時のような肌を取り戻せました♬

他の3箇所もご覧の通り💡

 

錆は早い内に取り除いてあげないと

どんどんと鉄板が犯されてしまいます😭

放っておくと手遅れにも…。

 

日頃のお手入れで、ボディの状態をしっかりとチェックしておきたいですね☝️😄

デイズ 各フェンダーから錆!?①

デイズのお客様から錆の修理のご相談です。

 

『今年の春に違う車両でお世話になったので』と

今回のお車もテクニカルオートにお願いしようと思って頂いたんだそうな😊

とてもありがたいお話です🙇‍♀️💓

 

錆が出てしまったというお車を見てみると…👀!

3箇所の矢印部分(バンパーとフェンダーの合わせ目)から錆の発生が見られました😱

 

右前は特に進行が進んでいる状態で、表面がプクプクと錆が塗料を押し上げてしまっている状態です。

他2箇所は、隙間から茶色い物が見えている感じ💦

 

まだまだ長く乗りたいお車だと伺ったので

もっと酷くなってしまう前に修理を進める事にしました。

 

まずは前後のバンパーを取り外し、改めて錆の状況を確認 🔍

バンパーが付いている状態ではあまり分かりませんが

こうやってみると、こんなにも茶色く広がっていたんですね…😭

 

そして私達はもう一つ発見してしまいました。

今回、錆が発生していないと思っていた 左後ろ にも

錆が発生している事を ‼️

 

この部分は他の3箇所に比べると、ごく僅かな錆。

ただ放って置くとどんどん進行してしまう事に変わりはありません。

こちらも早めに取り除いてしまう事に決定です💡

 

◆錆の除去作業

錆を取り除く作業に登場するのがこちら👇

こちらの『サンドブラスト』の機械にしっかりと砂を充填して

準備OK〜🙆‍♀️

 

いざ!!錆落とし!!

充填した砂を錆の箇所に吹き付けて、一気に吹き飛ばして行きます。

ここは入念に✨

 

ブラスト後はこんな感じに♬

 

 

全ての箇所の錆をサンドブラストで取り除くことが出来たら

次は防錆処理に進みます。

 

続きは月曜日のブログで✋☺️

ピンクのスペーシア

先日、フロント部の修理でお預かりしたピンク色のスペーシア。

 

う〜ん…なんだろう この 違和感…

お分かりになりますでしょうか?🔍👀

 

ボンネットとバンパーやグリルの色がこんなにも違う😱💥

まるで2トーン仕様のお車みたいにくっきり!はっきりと!!

 

この色の違いは紫外線が原因☝️

人も紫外線を浴び続けると、肌が焼ける人・赤くなってヒリヒリする人。様々ですよね!

車も一緒で、保管状況や日頃のお手入れの仕方によっては色褪せが生じてしまいます。

 

今回のお車は、その違いがはっきりと出ていました。

 

損傷されている箇所がフロントだったので

修理の際、このチグハグとなってしまったお色が

目立たなくなるように仕上げていくことにしました。

 

まずは色合わせから。

 

パネル1枚でも位置によっては全く色味が違います。

さ〜て、、どこのポイントで色合わせをしましょうか🤔

ここは…全然違う!

こっちの方が近いかな?

ここかな?

塗り板を各箇所に置き、絶妙な色味の違いを見ながら

『ここだ!!』というポイントに合わせ色を作成します✨

 

そして、内部に損傷がある箇所はしっかりと修理をした後に

各パーツを塗装!

隣接するパーツにはぼかしを入れ、出来上がったお車がこちら💁‍♀️

 

おぉぉ!

最初のチグハグな感じは全然わからないナチュラルな仕上がり♬

 

修理前後を比較💡

とっても良い感じです😊👍

 

今回はフロントの修理だったので、リヤの方は手を掛けていませんが…

この部分もいつか綺麗にして差し上げられたら良いなぁ☺️

CR-Z フロントバンパー部分修理

CR-Z 🚗をお預かりしました。

バンパー下部に目立つ傷が…😭

よ〜く見ると少々割れているようです。

 

幸い割れの程度は大きくないので、相談の結果

部分的に修理をすることになりました。

 

お客様の仕事の関係で、初めは土曜日から翌週土曜日までの1週間 お預かりする予定でいましたが

その日にお返しが出来るよう急遽 当日スピード仕上げ で進めることに変更 ‼️

 

すぐに作業にかかります💪

 

傷を研いだ後は、バンパー修理に最適なUVパテで削った部分を補修。

部分的と言っても塗る範囲は このくらいです👇

サフェーサーの塗布も完了したら、ブースの中に入れて いよいよ塗装✨

 

予め調色しておいた塗料を、塗る範囲全体に吹きかけていきます 💨

綺麗に染まったらクリアを塗布して乾燥。

 

その後は磨きを掛けて完成〜👏

 

引取に来てくださったお客様、まさかの1日仕上げで

大変ご満足頂けた様子😄♬

仕上がりも『綺麗になりましたね!』ととっても喜んで頂くことが出来ました 🙆‍♀️🌟

 

ありがとうございます。

ヴィッツ リヤフェンダー&サイドシル錆修理

ヴィッツにお乗りのお客様が錆のお悩みでご来店🚘

運転席のサイドシルの上側、ステップの部分と後ろのフェンダーに

横に亀裂が入るように錆が・・・

 

サイドシルはよく見るとベコッと大きく凹みくぼんでいました💡

どのように修理を進めるか相談し、お客様自身言われるまで凹んでいることにも

気づいていなかった👀❗️というところと、サイドシルを板金するのは

鉄板が硬く難しいことからご予算も兼ねて検討した結果、今回は凹みはそのままに

錆をきっちり直す方法で進めることとなりました🙆‍♀️

 

 


 

それでは早速修理開始💪✨

 

まずはサイドシルとフェンダー錆びている部分を研ぎ落としたところ

フェンダーには修復した跡が💡

パテを盛って修理したようですが元々錆びていたところの進行が内側で進み

錆が膨らんでパテが割れてしまっている状態でした😭

▼フェンダーの裏側にはパテで埋めた跡が

 

おおよその錆を削り落とし腐食している部分を切り取ったあとは

サンドブラストをかけより細かく錆を取り除いていきます🌪

無数の砂を吹き当て錆を削り落としてくれるのですが

たくさん舞い散るため目などに入らないよう防護して作業⭕️

 

▼サンドブラスト後

 

錆を取り除きましたがどうしても錆は再発してしまうものなので

できる限り再発するまでの期間を長く持たせるため

剥き出しになった鉄板に防錆剤を塗布していきます🖌

裏側もしっかり👍

 

 


 

続けて切り取った部分に合わせて新しい鉄板をカットしたら

溶接で鉄板をくっつけていきます👏

 

 

ピッタリ形になったら

塗装の工程へGo🏃‍♀️💨

 

 

▼太陽の出ている時にボディ色に合わせ調色🌈

同じ車でも使用状況により色味がそれぞれ違うため

微調整をしながら☀️

 

 

下地作り&調色が完了したら

 

塗装をかけない部分は丁寧に養生し

 

 

色をのせていきます♫


 

そして・・・✨

こちらが完了後のお写真💁‍♂️📷✨

 

いかがでしょう🤗🌸

錆があったとは思えないほど綺麗な仕上がりに🙌

お客様も想像以上の仕上がりにとても喜ばれていました🍀

 


あっという間に進行してしまう車の天敵サビ😣

早めの対処でより長く愛車と過ごすことができるかと思いますので

気にされている北海道にお住まいの方は是非とも冬を迎える前の処置を

お勧めします🙆‍♀️⭕️

 

RAV4 フロントスポイラー傷修理

RAV  4のお客様からのご依頼です。

 

フロントスポイラーの一部に傷がついてしまったとご入庫になりました。

どれどれ…🔍👀

ここですね!!

ちょっと段差に乗り上げたりすると、ガリッと擦ってしまう部分です😭

 

メッキの近くですが、割れてはいないので直せます👍

バンパーを外さず、メッキ部分はうまくマスキングをして、超〜〜部分塗装で安価修理をしましょう!

 

ガリッと入った傷を落とすためには、

一度 研ぎ落とす必要があります。

綺麗になだらかに。

キズの範囲よりも、もっと広い範囲の研磨が必要。

修理をする時に、メッキ部分は変形してしまわないように、アルミで保護します。

 

いつものように下地処理を行なった後は

塗装範囲以外をしっかりと養生して塗装前の準備に取り掛かります✨

 

 

この後はいよいよ塗装!

仕上がりはどんな感じになるかな〜?😊

 

 

出来上がりのお車はこちら💁‍♀️

 

お返しの際、お客様には

🙍‍♂️『綺麗ですね!!』

とご満足頂ける納車が出来、とても嬉しく思いました♬

 

ありがとうございました!

ノア フロントバンパー下部 部分塗装

お仕事の関係で札幌に引っ越して来られたというお客様。

初めての地域でどこの工場が良いんだろうと調べてご来社頂いたようです。

 

お車を見るととってもピカピカー✨

ご入庫頂く前に綺麗に磨いてくれたと仰っていました。

 

なるほど!

歯医者さんに行く前にはキレイに歯磨きしていきますよね。

そういう感じで気を遣ってくださったのですね🙇‍♀️💡

ありがとうございます。

 

損傷部位はというと、フロントバンパーの左下がガリッと擦れている状態😖

デザイン的にも地面との距離が短いポイントなだけに

ちょっとした段差などで擦りやすい部分でもあります💦

 

バンパーにはセンサーも付いていました🔍

修理の際、バンパーの脱着を行なってしまうとセンサーの補正(エーミング)が必要となり

費用も修理の日数も大きく変わります。

今回は費用面・日数面などを考慮し、部分的にお直しすることにしました👍

 

まずは 傷の入った箇所を バンパーの “ささくれ゛と一緒に削ってしまいましょう。

傷の部位だけでなく、部分的に塗装を行う範囲を一通り削ります。

 

研ぎ終わったら修復の作業へ。

 

バンパー修理には、UVプライマーが最適です!

塗布後、硬化して形を整えたらお次はサフェーサー。

塗布後は研いで表面を滑らかに。

 

今回のように車高が低くジャッキが入りにくいような車両は

塗装をしやすいよう少し高さを変えて工夫を✌️☺️

 

👇こちらを使用。

カースロープとしての役割を担っています。

こちらは20年以上前に、工場スタッフが試行錯誤して作ったもの。

 

市販されている物は、プラスチック製だと軽くて動いてしまうし、鉄製だと滑るし…。

中々使い勝手の良い物ってないものです。

 

ですが、こちらは年期こそ入っているものの 傷むことも壊れることも無く

今でも健全に使用が出来ていますよ ♬

 

話が少し逸れてしまいましたが…笑

 

次はいよいよ塗装です。

塗装箇所以外は全て紙で養生しています!

 

そして塗装✨

 

仕上がりはこちら🤗

 

綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

お仕事帰りに再びご来社頂き、無事に納車となりました。

少し暗い時間帯だったかな🌙

 

お車を大切にされている方なので

きっと洗車をした際などにも綺麗に仕上がったお車を見て

喜んで頂いているんだろうなぁ☺️

とお客様の喜んでいる姿を想像するととっても嬉しいのです😊

ポルシェ クォーターの小さな凹み

いつもテクニカルオートをご利用頂いている大切なお客様。

以前からポルシェのクォーターに出来た小さな凹みを直したいと

ご相談を頂いておりました。

 

▼くっきりとした凹みのアップ

 

実際、この2箇所をきちんとした方法で修理すると

作業の工程上ガラスの脱着が伴い、再使用が出来ないモールはガラスとセット販売となる為

部品と工賃で数十万の修理費用がかかります。

 

こんなに小さな凹みなのに、そんなに掛かるの〜!?😱💥

 

とビックリしますよね💦

お客様と打ち合わせをした結果

今回は『デントリペア』で進めてみることにしました💡

🗒※デントリペア 👉 特殊工具を用いて、鉄板の裏から凹みを押し上げたり、逆に盛り上がっている箇所は外から軽く力を加えボディラインに沿って仕上げる作業

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 

▼デントの工具はこの部分から入れていきます。

同じ車種でもグレード等の違いで、この部分がない車両もあるようです。

その場合は工具も入れられないので、必然と修理の方法になりますね 👀💦

 

凹みの位置や、車体の形状から見ても

作業の体制も辛く、凹んだ鉄板も工具で内側から押し上げる必要があるので

踏ん張る力も必要になります。

簡単そうに見えて、結構体力が必要なお仕事です💪

 

裏から工具を使い、鉄板を押し上げている瞬間がこちら💁‍♀️

凹んでしまっている部分の形を少しずつ出していきます。

輸入車なので鉄板も固いため、中々思うように出てくれません😖

少しずつ着実にボディラインを出していきます。

 

膨らみや出っ張った部分は叩き落とす作業も。

 

この作業を何度か繰り返し、完成したのがこちら👇

 

2箇所とも何処に凹みがあったのか、角度を変えて見ても

ほとんどわからない状態までの仕上がりとなりました✨

 

お客様への納車はこれから❗️

喜んでくれると良いなぁ ♬

レガシィ エアロスプラッシュ 塗装剥がれ修理

車検でお預かりのレガシィ🚙

 

車検整備のついでにずっと気になっていたサイドスポイラーの先につく

エアロスプラッシュの塗装が剥がれてしまったところも直したいとのご要望💡💡

 

▼横から見たレガシィ

直したいのはこの部分👇

おそらく走行中に飛び石が当たり、塗装に傷が入ってしまったことによって

だんだんと塗装がペリペリ剥がれてきてしまったのでしょう😢

 


 

修理方法を打ち合わせ🗣

『新品の部品を取って取り付けするか❓』

『現車のパーツを外して直すか❓』

 

部品屋さんに確認すると、新品は未塗装で届くことが分かり

そうなると💰ご負担大きくなることから

今回は物自体は壊れているわけでは無いため

現車のパーツを取り外して塗装をし直すことで決定🙆‍♀️💡

 


それでは修理スタート‼️‼️

まずは剥がれかけている塗装を綺麗に剥がすところから💡

塗装が脆くなっているので強力なエアーをかけてみました💨

「ん〜意外と頑丈で取れないねぇ」

では、機械を使用して研ぎ落としてしまおう❗️

だんだん下地が見えてきました👀

 

「よしっ❗️綺麗に研げたよ👍」

▼塗装を丁寧に研ぎ落とし終わったパーツ

 


 

研ぎ落とし終わったら・・

また塗装が剥がれてしまわないように丁寧な下地作り🙆‍♀️❗️

 

❶プライマーをエアガンでまんべんなく塗布

(作業写真がなくてごめんなさい😣)

❷UVサーフェーサーを塗布して硬化し塗装の足付け

❸車体に合わせて調色したら・・色をのせて

パーツの修理&塗装は完了👏

 

▼こちらが塗装まで仕上がったエアロスプラッシュ

新品みたいにピカピカぁ〜😍✨


 

さぁそれではいよいよ車体に取り付けしましょう❗️

 

粘着テープとボルトで取り付けるため、

密着を高めるため取り付ける部分を脱脂剤で拭き取りしていきます

塗装完了したパーツに粘着テープを貼り付け
取り付け位置を確認したら貼りつけていきます🙌

 

補強するためボルトでもしっかり固定したら・・

 

完成🙆‍♀️🎉✨

 

車検でお車の内側もきっちりメンテナンスできて、外見も綺麗になって

とっても喜んでいただけた様子🤗🌈

 

今回は左側でしたが右側もすこ〜し傷が入っているところもあったので
もしもまた同じようになってしまったらぜひまたお手伝いさせてくださいね♫