旧車!MR2

MR2がご入庫となりました🚙✨

『昭和62年』のスポーツカー。

当時も凄く人気でしたが、今は希少価値も高く、目にする機会も多くはありません。

 

 

ナンバーは珍しい『札』!

 

購入してから 何度か車検は取ったようですが

定年後から本格的に乗ろうと、26年近く大切に眠らせておいたそうです。

 

なので、ボディも光沢があってピカピカ。

 

距離も全然走っていない👀!!

 

天気の良い日にしか乗っていなく、保管状態もとても良かったのですね。

リフトアップをして下廻りを除いて見ると、錆は殆どない状態で凄く綺麗でした✨✨

 

今まで防錆をしたことが無かったそうですが

これから乗る為にも防錆をしておきたいとのご依頼を頂きました。

 

・+・・・・+・・・・+・・・・+・・・・+・・・・+・・・・+・・・・+・

 

まずは下回りの汚れを綺麗にする為に、洗浄から。

油汚れ・泥汚れにはこちらの『メタルパーツクリーナー』を使用💁‍♀️

汚れが目立つポイントに吹きかけて脱脂✨

 

そしてお湯で洗浄。

あえてお湯にするのは、汚れを落ちやすくする為です。

食器洗いと同じですね☝️😉

 

せっかくなので、先に半分だけ洗浄をして前後の比較をしてみました!

洗浄した後の方が、白っぽく綺麗になってますね♬

 

全体を洗浄した後は『透明コート』を塗布していきます。

“透明゛にしたのはお客様のこだわりポイント💡

一般的な黒色での施工ですと「塗りました感!」はあるものの

その下の鉄板の様子が見えません。

その点、透明なものは色味や質感を保つ事が出来ます。

 

この透明コートを底面だけでなく、足廻り・サイドシルミミ部分・タイヤハウス内…等々

錆の影響が出そうな所には一通り塗布しています。

 

これでしっかりと保護されたので安心して走行が出来ますね😆👍

 

これからお車と一緒に沢山の素敵な思い出を作っていかれるのですね🤗

その準備のお手伝いをさせて頂いたと思うと、とっても嬉しいです♬

 

ありがとうございました!

日産スクラッチシールドの磨き

クォーターの塗装が完了してブースから出てきたお車です。

 

この後は、あの作業!!

『スクラッチシールド』の磨き💪❗️

 

以前のブログでもご紹介しましたが

スクラッチシールドは細かい擦りキズによる塗装表面の劣化を防ぐ効果と

ちょっとした擦り傷なら、時間が経つと自動修復してくれるという特殊な塗装で日産車両に使用されています。

 

そんな凄い性能のクリアなだけに、作業も大変😱💦

 

まずは、塗装時についてしまった小さなゴミを2000番のペーパーで取り除く作業から。

 

その後、3000番のペーパーでしっかりと2000番の目を消します。

番号が小さい程、ペーパーは粗めです。

 

この工程をしっかりと行わないと 今後、何回磨きを行っても

最初に行った2000番のペーパー目が出てしまいます。

 

 

磨き作業で簡単に消えるのでは?と思ってしまいますが、消えないのがこのクリアの性質☝️🙂

 

この後にもコンパウンドやポリッシャーを使用する方法で数回磨きを繰り返してやっと完成できます。

実はとっ〜ても大変な作業なんですよ☝️🙂

MAZDA3 リップスポイラー塗装・取付

昨日のブログに続き、本日も『MAZDA3』のカスタムをご紹介✨

 

今回 MAZDA3をご入庫頂いたお客様は、以前トヨタ 86 にお乗りだった時に

カスタムのお手伝いを色々とさせて頂いていました。

 

片道3時間近く掛かる所から わざわざ足を運んでくださっているのです🙇‍♀️

テクニカルオートを愛して頂きとても嬉しく思います☺️

 

ご来社時、いつもと違うお車だったので

🙍‍♀️あれ〜?乗り換えたんですか???

と尋ねると、ご結婚され お子様も10月に生まれると何とも嬉しいご報告が💓

 

ご家族が増える事もあり、ファミリーで使える車として乗り換えたんだそうな。

MAZDA3 良いですねっ😆👍

 

今回は『持込のリップスポイラーを塗装して付けて欲しい』と言ったご相談でした。

まずはパーツをお預かりし、塗装が完了したらお車をお預かりし取付する事に🔧

 

お持ち頂いたパーツです👇

下地処理を丁寧に行い塗装をして準備。

 

お車をお預かりする日程を相談の上、ご入庫頂いたらいよいよ取付作業✨

スポイラーはボルトと粘着の両方で固定するタイプでした。

ボルト止めの位置を定め、穴を開ける作業が必要となりますが

その目印ともなる型紙があったので、切って✂️ボディに貼って…

と、とてもスムーズに位置を定める事が出来ました❗️

この目印に合わせ、慎重に穴を開けていきます。

 

そして本体を取付した後のお車がこちら💁‍♀️

スッキリした感じから、凛々しくドンっと構えているような

カッコいい印象に変わりました😊

 

今度はお子様と一緒にテクニカルオートに来てカスタムのご相談をして頂けると

おっしゃってくださいました。

と〜っても楽しみにお待ちしておりますね 👶💕

MAZDA3 ルーフスポイラーでカスタム

アプリ『ニカルくん』にお問合せのメッセージが📱

 

「MAZDA3にルーフスポイラーを塗装して取り付けしたい」

とのご依頼でした💡

 

それではまずは現車とお持ち込みの部品を確認させて欲しいとお願いすると・・

「遠方に住んでいるためなかなか行けない・・」

どちらにお住いか聞いてみると、滝川にお住まいのお客様でした‼️

札幌から滝川というとこのくらいの距離🚘

 

パッと気軽に行ける距離ではないのでこんな遠くからテクニカルオートを選んで

きていただけるなんてありがたいお話です😭✨

 


 

まず1日お車をお預かりし、パーツと車体とを仮合わせして

パーツを預かり塗装。塗装が完了したら

後日改めてご来社頂き取り付けという流れで作業を進めることとなりました🤗

 


 

塗装が完了し、今日はいよいよ取り付けの日です😄☀️

 

▼塗装が完了したルーフスポイラー

 

一度ボディと仮合わせをして取り付け位置を確認してマスキング💡

これは取り付け位置がずれてしまわないようにするためと

この後に塗るプライマーが余計なところについてしまわないよう保護する

役割もあります💁‍♂️

 

 

こちらのスポイラーは両面テープでのみ取り付けするタイプの

スポイラーであることと当日中に滝川に帰りたいというお客様のご希望から

万が一、外れてしまうことのないように

密着をよくするためスポイラーと取り付ける車体の両方に

念入りにプライマーを塗布していきます💡

 

 

プライマーを塗ったら、スポイラーに両面テープを貼り付けしていきます👏

 

▼貼り付け完了

 

2人がかりでズレの内容微調整をしながら

貼り付け‼️

 

 


 

▼こちらがルーフスポイラー取り付け前

 

▼そしてこちらが取り付け後

 

 

いかがでしょう??🤗🌸

 

初めの丸みを帯びたフォルムから

イメージチェンジしてキリッとした印象に変わりましたよね‼️🙆‍♀️

 

新しいお車、これからたくさんいろんな所へドライブへ行って楽しんでほしいです

 

 

クリア剥がれの修理塗装

フロントバンパーのクリアが剥げてしまったクルーガー🚙

修理の費用を少しでも抑えられるように、そしてテクニカルオートで作業がしやすいようにと

ご自身でバンパーの脱着とフォグランプ等の細かな部品を外してきて下さいました。

 

そこまでの作業を進めて下さっていたので

32個程のクリップの取り外しだけで簡単にバンパーが外れました🙆‍♂️

 

 

別件でクォーターのデント作業のご依頼も頂いたのですが

こちらも同様に内張りを外して下さったようです。

ここまで出来ちゃうなんて凄い👀‼️

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

クリア剥がれの原因は、詳しく調べないとはっきりとした事は言えませんが

その一つとして、硬化剤の量の問題もあるのではないかと感じています。

 

修理をするには、クリアだけを剥がして『フューザーエッジ※』が出来る所まで研磨。

※フェザーエッジ:塗装と下地の面を斜めに削った面

 

研磨が終わったバンパーにはサフェーサーを塗布。

再度研いで下地処理を完成させます。

 

この後はいつもと同じように調色。

お車の色、一台一台に合わせお色を作成。

 

そして塗装。

綺麗に仕上がりました✨

 

お渡しの時には『凄く綺麗になりましたね!』と喜んで頂くことも出来

良かったら〜と、お土産まで貰ってしまいました😆

 

ご満足頂けたようで嬉しいです👍

ありがとうございました!

 

BMW 右リヤフェンダーとバンパー修理

リヤフェンダーとバンパーを電柱にぶつけてしまったとBMWのお客様からご相談を頂きました。

車両保険のご附帯が無かった為、今回は自費で修理をされるといったお話です。

 

リヤバンパーを外して損傷具合の確認。

👇アップした様子📸

大きく角のラインが潰れて内側に押し込まれている状態だという事がわかります。

 

リヤフェンダーは、2枚のパネルが合わさって形成されているもの。

その表パネルと裏パネルの繋ぎ目がちょうど凹んでしまっていたラインの部分にある為

一枚の鉄板と比較すると、と〜っても直しにくい😖❗️

 

でも大丈夫!ここはプロの技で👨‍🔧

 

まずは表側と裏側の両方からラインを少しづつ直していきます。

ちょっとずつ引っ張っていきながら

ボディ側にブラケットとバンパーを取付し、隙間や高さの確認をしていきます。

何度か修正、確認を繰り返し、きちんとラインを元の状態まで戻せたら表の面を修正します。

 

 

板金の作業が終了した後は、下地作業に移ります。

 

下地がしっかり出来上がってないと仕上がりにも大きく影響してしまいます。

パテを研いで何度もバンパーを合わせて隙間と高さを確認してからサーフェーサーを塗布します。

 

ここでもポイントが☝️

高くなっている箇所・低くなっている箇所を

見た目や手の感覚で感じ取りながら、研いで元のなだらかな形を作成していきます。

 

 

お車の色も一台一台使用状況によって色見が異なるので

データから微調整をしてこの車の色を作っていきます。

 

塗り上がった後はブースでしっかり乾燥させて磨きをかけ最後の仕上げへ!

 

この後は取り外したパーツを元に戻して行く作業。

 

👇こちらはバンパーを取付して左右を見比べてみました。

ボコボコと凹んでしまっていた箇所は影も形も無くなりました。

左側と見比べて見ても違いは全くありませんね🔍👀

 

最後に板金・塗装、各部作動点検をして修理完了です👏

 

リヤフェンダーは本当は交換です!と判断したいくらいの損傷でしたが

交換をしてしまうと、リヤガラスの脱着が必要となったり

輸入車なので部品その物が高価だったり…

トータル金額で見るとお客様にとってのご負担が大きくなってしまうもの。

 

そこを板金作業で進めたことにより、安価で綺麗に出来ました👍✨

長く乗られることを考えるとお車にも良いご選択となったと思います。

お客様にも喜んで頂くことが出来ました☺️

プレマシー フロントバンパー修理

初めてテクニカルオートに来てくれたお客様

駐車場の塀の角っこにゴツンッとぶつけてしまいフロントバンパーの

真ん中にチョップしたような傷が😣💦

▼アップにするとこのような感じ😭

 

残念ながら黒い樹脂の部分は修理をすることができないため

綺麗にしたい❗️なるとバンパーと一体になっているためバンパーごと交換しなくては

なりません💡グリルも高い・・

そうなるとご負担も大きくなるのでどのように直していくのがベストか一緒に相談💁‍♂️

相談のうえ、今回は樹脂の部分の傷はそのままに傷ついてしまったバンパーを修理して直すことに決定🙆‍♀️💡

 


 

まずは、塗装をする色を作るため調色の作業から💡

太陽の光のもと艶を出して色を見やすくした状態で

角度によって色味が違って見える為

塗り板に試しの色をのせ、さまざまな角度から入念に調色の具合をチェック👀

▼真上から

▼斜めから

 

色が決まったら、傷のついている部分を削り、塗装をかける部分も

パテをのせたら余分な部分は研いでいきます🌀✨

 

逆光でわかりずらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

今回は部分的な修理と塗装を行うため

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

 

塗装の密着をよくするためサーフェーサーを塗布

UVライトを一気に近くから当てるのではなく離れた位置から徐々に溶剤を飛ばしながら

近づいて当てていきます💁‍♂️

 

 

下地作りが完了したらブースに入り🚘🛖もう一度塗装する部分、塗らない部分を

分けて養生し直して・・・塗装していきます🙌

 

 


 

塗装完了

 

樹脂の部分はそのままでも・・・

 

 

こんなに綺麗になりました🤗✨

アウディ フロントバンパー部分塗装

『フロントバンパーなんだけどさ、

左側の底が、いつの間にか削れてしまってたんだよね💧

見つけちゃったら、そこばかり気になってしまって!』

ご相談にいらした車は、アウディ。

全体にきれいに保たれているお車です。

あぁ、これは気になりますね😵

きれいにはしたいけど、

『出来るだけ短期間で、安く直したい。

無理をお願いするけど、1日で何とかなるかい』

👨「わかりました、お任せください!」

幸い、バンパーの割れは無く、部分塗装できれいになります。

 

日程を決め、朝ご来店いただき、夕方のお返しということでお約束しました😊

 

傷は落として、弾力性のあるUVパテを使用します。

底面だけでなく、少し上の方まで小さな傷があるので一緒にきれいにしてしまいましょう。

部分塗装と言っても、仕上がりをきれいにするために

塗るのはこの範囲です。

塗装の密着を良くするために、UVサーフェーサーも塗布して、

塗る範囲は下処理をして、塗装前準備完了。

 

超~!短期間修理!! でも、きちんときれいに仕上がりましたよ✨

そして、修理後も、パテ割れや浮きが無いように

きちんと丁寧に仕上げました。

 

 

お引き渡し時はもちろん、

渡した後も、修理したことを忘れる位に、

ご満足が長続きしますように😊

カローラフィールダー サイドシル塗装

今回ご相談頂いたのは、カローラフィールダー🚙のお客様。

 

お電話☎︎で『外装の件で見て欲しいところがある!』とご相談を頂きました。

 

ご来店された際に、気になっているという箇所を一緒に確認 👀!

それは運転席のドアを開けたところに。

 

乗り降りするステップのところでした。

2箇所、塗装が擦れて無くなってしまっていました💦

 

どういった方法で修理を進めるか

お客様のご希望も伺いながら打ち合わせをし、塗装をすることに決定✨

 

▼黒いプレートと周りのモールは取り外します。

塗装をする上で、際の部分まで下地処理をきちんと行って塗装をする事で

行く行く この部分から塗装が剥がれてきてしまうといった心配もなくなります🙆‍♀️

 

プライマー・サフェーサーの下地処理を丁寧に行ったら

 

ブースの中へ✨

塗る範囲以外は紙とマスキングで養生してしまいます。

 

そして塗装!

 

取り外したモールは元に戻し、プレートは新しい物を付けたら完成〜🙌🏻

 

車に乗り降りする際に目に留まる所だった為

とても気になっていたようですが、綺麗になったお車を見て

喜んでお帰り頂くことが出来ました♬

 

ありがとうございました🤗

磨き作業でここまで綺麗に!!

サッカーボール⚽️が飛んできてドアに傷が出来てしまった…😭

とご相談を頂いたのはスイフトのお客様。

 

右後ろドアの真ん中に その傷はありました。

 

お相手の方が修理代を見てくれると言ったお話でしたが

出来るだけ費用がかからないようにと、磨きの作業を選択されたお客様💡

とてもお優しい方です☺️

 

事前にご予約を頂いていたので、すぐに作業に取り掛かります。

 

パネルの周りをマスキングテープでぐるりと囲み

隣接するパーツやモールを傷めてしまわないような処置を施してから作業スタートです。

 

数種類のバフを使用。コンパウンドも塗装面の状態により使い分けしています。

 

磨きムラが出てしまわないよう、パネルとバフの角度や接触する面積を意識しながら

丁寧に磨いていきますよ✨

👇ピカピカ!

これで終わりではありません✋

 

車両を外に出し、太陽☀️の下で仕上がりを隈なくチェック👀!!

 

こうしてやっと完成となります🙆‍♀️

 

ピカピカになったお車を見たお客様。

『凄く綺麗になりましたね!!』と

と〜っても喜んで頂くことが出来ました😆♬

 

ありがとうございました。