セリカ全塗装途中経過

最初に見積もりに来社された時の写真です!

まだ雪が残ってる時期でした

全塗装をするために、

事前に打ち合わせの上

外せる部品は外して、きれいに仕上げます😃✨🚙✨

先ずは………と、

サイドガーニッシュを外してビックリ!

錆びてるよーー( ´ ▽ ` )💦

腐食がすすんで、穴が開いています‼️

前側も、後ろ側も…

やはり腐食は、端々から進んでいきます。

隠れていて、全然わからなかったからなぁ😭

よし、じゃあ、次は………と、

フロントガラスを外してビックリ‼️

(´⊙ω⊙`)

錆びてるよーー( ´ ▽ ` )💦

よし‼️ これは錆び修理✨💪🏻

追加ですね!

せっかくね、全部きれいにするのにこれではかわいそう😭

もう、勝手にやっちゃいます。

もちろん料金はサービスで🖐

まずは錆びているところをカット

Σ(-᷅_-᷄๑)‼️

コレは……‼️

切った中も錆びてます( ´ ▽ ` )💦

よぉし!

最初の予定よりちょっと時間かかるけど、待ってて!!!!

綺麗に直すからねーー(^.^)

GT-R マフラー&ディフェーザー取付

GT-R!またお預かりしました😁✨

今回は、

こんな👆 ご依頼です。

変身するのが楽しみです🎵

先ずは、アンダーカバーを外すところから始めます。

マフラーがエンジンの下から車体の真ん中を通って後ろ側で2つに分かれ、リヤバンパー下、左右に出ています。

これを、全部外します。

後ろ側から順番に!

後ろと真ん中のパイプは比較的簡単に外れましたが、問題は………

この先!一番前側です。

そっち、見える〜?

なにが大変って、

O2センサーが前側に4つも付いているんです!壊してしまうと全部で10万円以上にもなってしまいます。

本来、外すこと自体はすぐできることなのですが、周りの錆が大きくなると、再使用できるように、壊さないように外すのが 大変なんです。

しかも、手の届きにく〜〜い場所。

工賃を安価に終わらせるために、大きな部品の取り外しはしないようにしながら必要最小限で!

何だかんだとスタッフ2人で協力しながら、無事、取り外し完了🤝✨

このマフラーが着きます。

かっこいいですね〜〜

それと、

ディフェーザーです。

ディフェーザーは全部で4枚。

アンダーカバーに固定して取り付けます。これは、風の流れを変えてダウンフォースを発生させ、走りを良くさせる役割です。

型合わせをして、1つずつ丁寧に。

型を外したとき、アンダーカバーのクリアが劣化で剥がれてきたので、

クリア塗装サービス😅

底面で見えないところですが、きっちりキレイに!!

お待たせしました〜〜〜〜

役割もそうですが、

見た目もカッコイイ✨

車を引き取りにいらしたお客様も、

ご満悦❤️

愛車を眺めながら、次はこんなこと考えてるんだ〜〜 と終始ご機嫌😁

楽しそうに嬉しそうにお話ししていました😊

また、楽しみにしています!

いつもありがとうございます😊

BMW3 スポイラー持込で取付

BMW3ツーリング

フロントスポイラー取付について

ご紹介します。

『取り付けたいスポイラーを購入して、自分で簡単に付けられると思ったら、純正のボルトじゃ 短くて、全然とまらなかった!』

↑これです。

少し厚みがあります。

スポイラーの厚みがある分、純正スクリューだと受け部分に届かないので、

太さやサイズなど色々調べ、

社外品の長いスクリューと受け側の部品を用意しました。

部品が揃ったところで、

日時を約束して😊

スポイラー取り付けの間は、

コーヒータイムです☕️

じゃーん✨

▼取付前

▼取付後

部品単品で見るより車体に取付た方が雰囲気があって良い感じです。

お客様も大満足🎶

また何かカッコイイもの見つけた時は来て下さいね!

お待ちしております^_^

新車を買う理由。じぃじ、ありがとう。

先日新車をご購入頂きました方のお話です😊

長く乗り慣れた愛車のティーダを幾度となく、メンテナンスさせていただいておりました。

車検を更新して1年経った頃です。

『ここで、新車を買うことができるんだよね?』

急にどうしたのかな?と思いながらも『できますよ👍✨』と簡単にお話をして、

その確認だけでお帰りになろうと玄関に向かいながら

私達がいつもお見送りをするのを分かっていて

『出てこなくていいからね🖐!』

気を遣って下さっているのかと思ったら!

実はリヤバンパーをぶつけてしまったらしく、バレたくなかっただけでした(笑)

自宅の車庫にぶつけてしまった、そのことがきっかけで、

東京にいる息子さんに

ブレーキサポートの付いた車に乗りなさいと言われたそうです。

しかも、車種を特定されたとのことでした。

ご年配の方なので、新車に買い替えは乗り気ではなかったものの、

ご家族からの強い勧めで仕方なく…💧というのが、その時の本音。

不本意なんだと言いながらも、新車にする決断ができたのは、お孫さんを想ってだとか。

何年か先に息子さん夫婦が乗ることになっても良いようにと、

しっかり防錆の対策をしたり

お孫さんが何歳くらいになるだろうからとイメージしてジュニアシートを準備したり☺️

自分のためではなく、

息子さんやお孫さんのために、先ず、自分が乗る!というように、私の目には映りました。

そして、心配を掛けないようにという想いでしょうか😊

家族の事をとても大切に想っている様子を感じ、なんだかとっても温かい気持ちになりました。

テクニカルオートがお客様にして差し上げられることは限られているかもしれないですが、私たちにできる最大限の事をして、もっともっとお客様の喜ぶ顔が見たい と改めて感じさせて頂きました🤗

ありがとうございます😊

この納車の数日後に、東京からお孫さん達が遊びに来ると伺いました。

お客様とご家族、みんなで

喜んでくれるといいなぁ~❤️

駐車場裏で見送ってくれたのは

最近、車を直す工場の裏にある駐車場で
可愛らしい親子を見かけるようになりました。

 

先日も、いつものように構内の車を整理して

工場裏の駐車場に行くと、

ちょこんと、お座りしている

きつねさん🦊

そうです。
可愛らしい親子というのは、きつねの親子です。

代車の近くに親子で居たので、

車から降りて、少しかがんだ体勢できつねの顔を見ると

きつねも こちらの顔を見て

目が合った 次の瞬間。

 

「ワン!!」

 

😅!!

ワンって、・・・🐶

 

狐🦊の鳴き声を今まで
聞いた事が無くて

狐は、「コン!コン!」と
鳴くと思っていたので

「ワン」には、びっくり⁉️

笑ってしまいました。

 

ワン、って、
きつねは何と言ったのでしょう?

「帰るの?」「また明日ね!」

な~んて言ってくれているといいなぁ😊

 

そんなことを想像しながら、
なんだか勝手に嬉しい😊気持ちになりました。

 

ありがとう、狐さん

🦊わんっ

きれいな夕陽が見える日の夕方の出来事でした。

▲板金塗装工場の裏
駐車場から見える風景

 

 

代車から愛車へ 大満足の納車

保険会社からの紹介により初めて入庫となったお客様。

ちょうど、お乗りかえを視野に入れながらお過ごしだったようで、
今回は修理はせず、代替えのお車を探す ご選択をされました。

『中古車売ってるの? このまま、探してもらえるのかい?

次はどんな車にしようかな!』

車種のイメージやご予算などを伺い、
ご希望に沿うよう、ピックアップした車種で
ご提案のお電話をしました。

 

すると・・・

『例えば、今乗ってるこの車さ、
これを売ってもらうことなんてできるのかい?』

 

たまたまお貸し出ししていた代車を気に入って頂けたようですが、

最初にご提示いただいたご予算に見合うような
立派なものではありません💦

 

が、本当に気に入って下さったので、
当初のご予算からもグッと金額は下がり、そのままお譲りすることに!

 

名義変更などの登録手続きだけ済ませばそのまま乗っていただけるのですが、
別の代車をご用意の上、お願いをして、お譲りする車を一度お返し頂きました。

 

細かなものですがボディをキレイにして、
メンテナンスもしっかり行い、
旅立つ準備を整えたかったからです。

 

その際、装備品の取り付け等
お客様のご要望にもお応えし、
綺麗にしてからいよいよ納車🚗✴️

 

 

 

とてもご満足頂けた納車となりました😊

 

里親が見つかった ような、

嫁に出すこととなった ような、

子供の就職先が決まった ような(笑)

大事にしてくれる人が見つかって良かった!! と、

嬉しい気持ちで車をきれいにしました。

 

一つのきっかけで繋がったご縁を大切にし

お客様には長く素敵なカーライフをお送り頂けるよう、

これからもできる限りのサポートをさせていただければ、私達も嬉しいです♪

バッテリージャンプの強い味方

バッテリーあがりの時に大活躍の

ニューアイテムを入手しました👍✨


バッテリーが上がると、昔は車同士を向かい合わせにして、ケーブルで繋ぎ、プラスとプラス、マイナスとマイナスを接続していました。

たまに、繋ぎ方を間違えてプラスとマイナスを接続してしまい、バチっ‼️とヒューズを飛ばして動かなくなってしまったり…なんて人も居ました。

最近は、こんな形のジャンプスターターが主流ですね。

▼バッテリースターター

これを持ち運び、プラス・マイナスの同じ電極同士で車のバッテリーと繋ぐだけ🔋⚡️

簡単にジャンプできる、便利な物です。

ただ、いつも充電をしておかないと、いざという時に何の役にも立ちません。そして、持ち運びはできるものの、女性が運ぶには少々重たい!というのも難点です。


バッテリージャンプスターター

BELL OF


最新のバッテリースターターは、

なんと、充電しなくても使えちゃう!

バッテリーが上がってエンジンが掛からなくても、バッテリーに5v位残っていれば、その電気を増幅させてエンジンを掛けちゃうという、何ともおりこうさんなアイテムです!

↓↓↓↓↓↓

バッテリーの僅かな電気を利用するので、充電の必要がないのです。

突然のバッテリーあがりで困った時は、連絡くださいね

自動車修理の技術で、外壁を修理してみた。

今日は車の話ではありません。

家の壁に、穴を開けてしまいました😱

専門業者に依頼すると、

料金はかなりの高額…💧

車ではありませんが、技術は応用できる‼️ ここは、自動車修理の板金と塗装の技術で直せるかも⁉️

ということで!


車の修理やさんが

外壁修理に挑戦!


外壁の専門家だと、パネルごとに交換という方法になるでしょう。

自分の家なので、部分的に直れば問題なし‼️

必要部分だけをカットして直すことにしました。

同じ素材のパネルを準備して、

必要な大きさに切り取り、貼り付けます。

リベット・ボンディングで貼り付け。

ピッタリ貼り合わせ、隙間ができないように工夫します。

繋ぎ目は、目立たないように

壁の色を調色して作り、

色を塗る準備。

どうでしょう😁

色は完ぺき‼️

忍者のように。分かりません😁

これで、実質、

材料代1万円以内で済みました!

知恵をしぼれば、何とかなる!

応用編でした(笑)

諦めていた車の修理、実現の方法とは?

20代、大学生の男性から

『どの位の修理費用で直るか教えて欲しい』 と、電話がありました。

訊くと、軽自動車のリヤゲートの窓ガラスが割れ、車はレッカーされたとのこと。

見てみないとわからないので、

そのまま

レッカーで運んで来てもらう事となりました。

運ばれてきた車の状態は、

リヤガラスが割れ、リヤゲートは交換が必要、その上リヤゲートがつく右側の

↓ここ!

この場所がグキッと変形していて直さないとリヤゲートがつかない状態💧

あらぁ…😞💧

すぐにリサイクルパーツを探そうと思ったら、車検証を降ろされていて、車内に積み込みがありません。

見たところ、30万は下らない損害。

依頼主の男性と連絡を取り、パッと見たイメージ的な見積り額をお知らせしたところ、

車両保険に入っていないし、

お金が無いし、

親には言いたくないし、

…って、あら〜〜〜〜😵💦

青年は、10万位で直したい と言うのです。

先ずは車検証をもらって、

リサイクルパーツをさがし、

肝心のあの場所は、普通ならリヤフェンダー交換ですが、

部分的に切り取って、形を作り直すことで劇的に料金を抑えることができると考えました。

見積り額は14万円。

これが、限界です。

30万と聞いて半ば諦めていた青年は、

その修理方法と料金を聞くと、

え!!!それでお願いします!との返答。

その代わり、ピン!と新品のようにまではいかないかもしれないからね。

このような状態だった 変形部分は

思い切って、カット‼️

取ってしまい、同じ大きさの鉄板を用意して、形は職人技で再現。

うまく、形になりました。

これをちゃんと付けて仕上げて、

塗装をしたら‼️🤗🤗🤗

かなりいい感じ❤️

どうしようもない と諦めてしまったらそれまでですが、

何とか知恵を絞って考え、機械には成し得ない技を使えば、このように、再生することができました。

目の前のお客様に喜んでもらうため😄

色々考え、最高のサービスを提供していきたいな と、日々、考えています。

バンパー下のガリ傷 短期修理

フロントバンパーの下、底の面を

駐車場のタイヤ止めや縁石に

ガリガリッ と擦ってしまった!

なんていうことは、

意外と多くの方が経験しているのではないでしょうか。

ぱっと見、分からないような

底面の傷ですが、

洗車をする度に気になってしまう傷。

真っ直ぐみると死角の場所ですが、腰を屈めて覗くと、結構 痛々しく傷が付いています。


バンパー修理の日数は?


実際に、このガリ傷を修理したら

何日くらいで直るかな?

週末に車を使いたいから、出来るだけ早く直ればいいなぁ。

👨‍🔧1泊2日でお返しできます!


特別な色でも、ちゃんと直る?


ご心配なく!

安価で部分的に修理をしても、色の違いは全然気にならないほどに、きれいに仕上がりますよ😊

ガリガリの傷を無くして、

形の修正も完ぺき🌟

車体に合わせた色を作るので、

部分的に塗っても違和感なく

きれいに仕上がります。

純正の色を基本として、数種類の色の塗料を調合して作り、

そこから、車体に合わせて微調整を行います。

決して、ベタッとはなりません。

意外となかなかなの

プロフェッショナル〜〜😊

お客様、喜んでくれるかな!!🙌