ピクシススペース サイド修理

 

初めてのお客様👧お車はピクシススペース💡

サイドスポイラーをぶつけてしまったそう😢

▲赤丸の部分💡

▲拡大すると・・・

スポイラーだけではなくボディ側までダメージが💦

サイドシルの塗装が割れ来ています⚡️

 

修理は自費で💸💦

スポイラーは割れが大きく、樹脂溶接修理をするよりも

新品が色付きであった為、交換の方がご負担が少なく済みそうだったので

交換で進め、サイドシルは修理をすることとなりました💁‍♀️

 


▼まずはスポイラーを外して状態を見てみましょう👀

スポイラーを外した内側のサイドシルは塗装割れだけではなく

凹みもありました💦

板金屋さんで凹み部分を引っ張り出し元の形に戻します🙌

サイドシルは他のパネルに比べて鉄が硬いので引っ張るのは技術がいります🔨

▲板金後🔍拡大🤓

綺麗に戻りましたね💪

板金作業が終わったら

剥き出しの鉄板の部分は錆びて来ないよう防錆処理をして

今回はUVパテを使用して作業します🌈

防錆剤のプライマーの余分な部分と研磨したら

UVパテを乗せたら硬化させて

表面を研磨しながら整えます✋🌀

表面が綺麗に直ったらUVサーフェーサーを塗布して硬化☀️

これで防錆の効果と塗料の密着がよくなります😊

塗装前の下地処理が完成

 

あとはブースへ入れてボディーの色に合わせ調色した塗料を塗ってあげて・・

新品で届いたスポイラーを取り付けすると・・😉

 

🍀完成です😻🍀

とっても綺麗に仕上がりました✨

縁石などの段差でぶつけてしまいがちなサイドの部分💡

 

万が一ぶつけてしまった時は錆びてしまう前に修理してあげると

ご負担を少しでも少なく処置できますので早めの修理をおすすめします❗️

 

 

頼まれごとは試されごと✨レクサス ナンバープレート土台取付

🍀今日はちょっと番外編😉🍀

 

数週間前のお昼休みのこと🍙

レクサスに乗ったお客様が、作業の相談でご来社されました🏃‍♀️

 

どのような作業を希望なのかお伺いすると・・

ナンバープレートをフロントグリルにピッタリ隙間なく取り付けることができないか

という内容でした💡👀

どういう事かというと

▲赤い矢印の通り、グリルとナンバープレートの土台の間に隙間があります💡

これをグリルにピッタリ密着するようにどうにか付け直して欲しいとの事。

 

他社さんでこの土台を取り付けたのですが、出来上がるとこんな仕上がりで

隙間なく取り付けるのは無理❗️と、お断りされたそう💦

そんな時に、『そういえば近くにテクニカルオートという工場があったな❗️』

と、思い出し、初めてでしたが、相談しに来てくれたというお話でした☺️

 

困ってどうにかしたくてテクニカルオートへ来てくれたお客様です。

なんとかできる方法を考えてやってみます😄💪✨

 


 

別日で改めてお車をお預かりして、作業スタート👨‍🔧‼️

今ついているものとは別の土台をお客様が用意してくださっていたので

こちらを使ってやってみます💁‍♀️✨

▲上から見ると矢印のあたりに1cmほどの隙間が見えます

まずは今ついているものを取り外します🙌

外すとフロント前面が網目状のグリルになっているのがわかりますね💡

今回はこの網目状の穴をうまく使って裏側からステーを噛ませて取り付けしてみようと思います🙆‍♂️

 


▼まずは取り付け位置を想定して

寸法を図るところから💡

横幅と

奥行きをスケールを使って測ります🔍

計測ができたらピッタリサイズで使えるステー類を調達しに買い出しへ🚙💨💨

材料が揃ったら

エンジンルームのカバーを取り外して

グリル裏側を確認👀

左右のバランスも見ながら

ギュッギュっと

グリルの裏側でステーとボルトを組み合わせて、土台を固定🙆‍♀️

わかりづらいかもしれませんが、

黄色の⭕️で囲った部分に取り付け固定をしています💡

斜めになっていないか❓

緩みはないか❓

再度確認をして取り付け完了🙌😄

 

ナンバープレートを取り付けしてこんな感じ💡

▼交換前

▼交換後

土台上部がグリルにピッタリくっついているのがわかりますか❓

下の方が土台からはみ出ていたナンバープレートも綺麗に収まりました🤗

 


 

作業完了後すぐご来社頂いたお客様へ確認して頂き

『バッチリです👱‍♂️✨❗️おぉ〜❗️上手いこと取り付けてくれたんですね✨‼️』

と、とても嬉しそう😆

せっかくのカッコイイ車なのに、この1箇所がず〜っと気になっていたお客様

理想通りの仕上がりとなり、少しでもお力になれたのならとても光栄です🙇‍♀️🌈

 

ダイハツ ミラトコット バンパー修理✨

 

とある大雨の日☔️

『いつの間にかひっかけてしまっていたみたいで😣💦

今走っていたらテクニカルオートの黄色い看板が🪧目に入ったので来てしまいました❗️』

 

と、飛び込みでご来店頂いたのは、可愛らしいお色のミラトコットにお乗りのお客様👩

どれどれ❓と傘を差してお車を見に行くと・・

▲バンパーの左下にガリっと擦った傷が💡

でも大丈夫❗️この程度なら修理して塗装してあげたらすぐに元通り綺麗になりますよ✨

ということで、後日改めてお車をお預かりして修理することに😊

 


 

後日・・・・

今度はとっても天気の良い日に☀️お車がご入庫💡

 

▼早速太陽の陽のもと、調色から進めます👀

調色が終わったら、工場の中へ車を入れて修理作業スタートです❗️

▲まずは表面の傷を削って落とします

▲機械で削った後は今度は手で深い傷の部分を研磨

▲研磨後

▲こちらのUVプライマーを研磨した部分に塗って

▲UVライトを当てて硬化させます

▲削った部分の形を形成するためのUVパテ

このパテはUV(紫外線)で硬化するため

外の光に当てると固まってしまいます⚠️

手際よくパテを乗せたら

硬化☀️

元の形通りに表面を整えます

傷の部分の形成が終わったら塗装をかける部分全体を

研磨します💡

バンパー下側の傷以外にも上の方に傷を見つけたのでこちらも一緒に直しました😋

▲塗料の密着をよくするためUVサーフェーサーを吹きかけたら

硬化させます☀️

▲塗装へ入る前に『足付け』という、

塗料の剥がれを防ぐための工程を行います👍

▲塗装ブースへIN‼️✨

塗装をかけない部分は養生して準備完了🙌😄

 


塗装をかけ、しっかり乾燥させたら・・・

 

完成💁‍♀️🎉✨

 

▼拡大🔍✨

 

綺麗に元通り☺️🍀

たまたま看板でテクニカルオートを見つけて来てくださったお客様でしたが

これをきっかけに今度から何かあったらまた相談させてもらいますねと嬉しいお言葉もありました🌸

新しいご縁を持てたこと、とても嬉しく思います☺️

ドアの凹み…応急的に直す方法とは!?

👨「ちょっと見てくれるかい?」

と初めてご来社のお客様。

 

お車のドアには、広範囲に及ぶ凹みがベコッとありました。

 

👱‍♂️「この凹みは見栄えが悪いから、何となくでも直してほしいんだ」

 

🙎‍♀️「そうですね…🤔 あっ!!あの方法が良いかもしれない!!」

 

と 閃き、工場から持ってきたのがこちら💁‍♀️

緑の蓋を剥がしたら、お分かりになりますでしょうか?

 

ゴムの部分が吸盤のようになっているんです🤗✨

板金屋さんの大切な道具の一つ!

 

このゴムの部分を、凹みのあるドアにしっかりと密着させ

あとは引っ張るだけ!!

 

原始的な方法ですが、見事凹みは綺麗になりました♬

吸盤の跡を拭き取ったら完了〜👏

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こちらは以前、他の車両で同じ作業をさせて頂いた時の様子。

▼Before

▼After

 

凹み具合や位置によって、多少ポコポコと残る時もありますが

大体直っていれば良いよ〜😊 という方にはオススメです☝️

ワーゲンアップ🚗フロントバンパー傷磨き✨

 

ワーゲンアップにお乗りのお客様🚗💡

フロントバンパーをこすってしまったんです😣💦とお見積もりのご相談でした。

お車の状態はというと

▲こんな感じ💦左角に広範囲で傷とこすった際についたであろう塗料が・・

よくみてみると幸いにも深い傷は少ししかなかったので

見栄え重視でフロントバンパーを磨いてどの程度綺麗になるか

試してみることに😉💡

 


 

別なお日にちで改めてご来社いただき作業スタート🏃‍♀️✨

まずは白く付いてしまった塗料を魔法の液体で🪄拭き取り

塗料を落としてみます💡

▲大まかな色は取れましたがよ〜く目を凝らすと

表面にやはり傷が残っています🔍

▲下の方には塗装が剥がれ下地が見えてしまっている部分も💦

 

ぶつかった時の衝撃でバンパーの取り付け部分が少し変形してしまっていた為

昨日もご紹介した高温のドライヤーで温めながら元の形へできる限り戻していきます☀️

 


 

このあとはいよいよ磨きの作業💡

さまざまな粗さのバフを使い分けてコンパウンドとポリッシャーを使って

順番に磨いていきます👍

 

磨きが完了したら、塗装が剥がれ下地が見えていたところをタッチアップで

隠してあげます👨‍🎨

▲タッチアップと言ってもきちんとボディの色に合わせ調色してから🌈

▲とっても細かい作業なのでメガネをかけて👓目を凝らしながら

丁寧にタッチアップ😊

乾かして・・

もう一度色を重ねます😊

 

そして・・・

🎉出来上がり🙌🎉

どのに傷があったのかわからないほど綺麗になりました👏✨

 


 

おまけで今回ご依頼頂いた箇所以外の傷がある部分も一通り

タッチアップをサービス❤️

仕上がりには

『うそ〜‼️全っっ然違う✨‼️👀』と、とっても嬉しそうでした🍀

クイックの作業でもこんなに喜んでもらえるなんて本当よかったぁ〜☺️

クィック作業で凹み解消☺️👍

ブログでご紹介していた内容を見て

自分の車も同じように作業してほしい❗️とお電話からご予約を頂きました✨

 

バンパー下部の色がついていない一部分に

ベコッと凹みが見られます💥

 

どこまで綺麗に出せるかは、やって見ての作業🔧

 

裏に手が入るように、アンダーカバーのビスを取り外して準備OK。

 

まずはこのドライヤーのような物を使って温めてみましょう。

実はこれ、家庭用のドライヤーとは比にならないくらい温度が高い👀‼️

顔にかかて、その温度を体験してみると…あつッ😵💥となるくらい 笑

 

温める際、バンパーに近すぎると

熱で溶けてしまうし、離れすぎていると温まりも悪いので

その加減が絶妙なんです😂

 

手のひら✋で何度も何度も確認。

「今だ〜‼️ えいッ‼️」

裏から押し上げると、ポコッと出るので

この瞬間がとっても気持ちが良い♬

ラインの部分を決めたら、次は全体を。

 

手袋🧤は履いていますが

裏はとても熱くなっていて 火傷しちゃいそう…

と言うのは、秘密のお話㊙️笑

 

最後は工場スタッフのパワーで💪ググっと!!

最初よりも熱くして最後の仕上げ。

 

ご覧ください💁‍♀️

凹みがあったことなんて忘れてしまうくらいの仕上がりに🤗

喜んで頂けたので良かった〜🌸

 

BMW X5 サイドスポイラーを変えてイメチェン

 

BMWにお乗りのお客様👨

社外のサイドスポイラーを用意したので

取り付けして欲しいとのご要望でした💡

 

▲交換前の状態🚙

 

まずは現車のサイドスポイラーを取り外します🙌

 

今回お持ちいただいたスポイラーが

サイドステップのような仕様のもので

土台となる部分に外側のカバー(サイドステップ)を被せるようなイメージで取り付けます👨‍🔧

 

まずは土台となる部分を取り付けしていきます💪

この土台となる部分に上からサイドステップを被せていくのですが

純正ではないため微妙にフィッティングが合わないとこがあり

そのまま取り付けをするとドアの開閉時にステップの部分がドアと干渉してしまうため

土台自体の取り付けを角度をつけて微調整しながら取り付けしていきます🙆‍♂️

土台がつけ終わったら

このような感じ▼

 


 

続いてはサイドステップ部分の取り付け

板金屋さんと塗装屋さん3人で協力しながら取り付け位置を確認し

反対側も▼

サイドステップが取り付けできたら

フェンダーのガーニッシュも取り付けて

 


 

室内外を手洗い洗車でピカピカにしたら・・・🚙🚿☀️

 

完成🤗✨

▼取り付け前とはガラっとイメージが

変わりましたね😄👏🌈

だんだんと夏が近づいて来ているこの頃☀️

イメチェンしたお車でドライブ楽しんでくださいね〜🙆‍♀️

 

 

 

 

オデッセイアブソルート リヤゲート板金修理❷

 

前回のオデッセイアブソルートのリヤゲート修理の続き😊🙌

 


 

プライマーを塗った後は仕上げのパテをのせて硬化☀️

硬化させた後は、塗装をするために

塗料を作っていきます👨‍🎨

陽の光が当たるところで見本となる塗り板を手に

様々な角度から見てボディの色に合わせて

色を作成します🌈

線で引いた左側が調色中の塗り板です💡

ボディと比べると少し色味が違いますね👀🔍

 


 

色が決まったら一気に塗装の下地作りを進めます❗️

▼ペーパーを使ってまずは手で大まかなパテ研ぎ

余分なパテを落としたら

マスキングテープでゲートのプレスラインを確認しながら

反対側と比べ同じようにラインを決めていきます👍

ラインに合わせて細部まで微調整をしながら

手とポリッシャーを使って形を形成していきます🙆‍♀️

今回はゲート全体ではなく、ゲートの半分

メッキのガーニッシュより下の部分のみ塗装をかけるので

下半分全体を研磨します🌀

ガーニッシュの際の部分から塗装剥がれが起きてこないよう

丁寧にギリギリの隙間まで研いでいきます💪

 


 

ここまできたら後は調色したお色で塗っていきます👨‍🎨

ブースに入れて

 

🙆‍♀️塗装作業完了🙆‍♂️

 

後は養生していたマスキングやビニールを剥がし

室内外綺麗に洗車をして・・・

 

🎉完成🤗🎉

 

いかがでしょう😄❓

▼こんなに凹んでいたゲートが

▼どこが凹んでいたの

探してみてもわからないほど綺麗に直りました☺️

 

修理完了時は修理の過程をお写真でご説明して

とても仕上がりに満足して頂けました🍀✨

 

 

オデッセイアブソルート リヤゲート修理❶

 

たった今ぶつけてしまったんだよね・・・と

しょんぼりいらしたお客様😣

お車を見てみるとリヤゲートとリヤバンパーに縦の凹みが💦

大きい丸で囲んだところが今回ぶつけてしまったところ💡

小さな丸で囲んだところにも凹みが

こちらはお客様も気づいておらず

今回は本来であれば板金の修理の費用がプラスとなってしまうところですが

ご予算の兼ね合いもお伺いしていたので範囲的に塗装の範囲内だったので

特別に一緒に直させて頂きました🔨

 


 

まずは凹みを出すためにはスタッドプーラーを使用しますが

そのためにベルトサンダーで塗装を削り鉄板と剥き出しにします🌀

▼鉄板を剥き出しにしたらスタッドプーラーを使って

凹んでいる部分を点状に細かいラインを引っ張り出します💡

▼今度は反対に出っぱっているところを叩いて元の高さへ調整

🙆‍♂️板金作業完了🙆‍♀️✨

元のラインが戻り凹み&歪みが直りました🙌

この後はプライマーを塗って防錆&塗装の密着が良くなるよう

仕上げをして塗装作業へと進んでいきます🏃‍♀️🏃‍♀️

 


 

この続きは明日火曜日の投稿でご紹介しますね😊🙌🍀

エアコン臭い エバポレーター簡易洗浄の仕方🙆‍♀️

 

ここ数日、20度を超える日も多くなり

日中はポカポカ過ごしやすい日が増えましたね☀️

 

そうなってくると増えてくるご相談💡

『暑かったからエアコンつけたら臭すぎて耐えられない・・・😱』

そう、エアコンのにおいのお悩み💧

冬の間エアコンをつけないという方も多く、暖かくなって久しぶりにつけると衝撃の臭さが・・

 

そんな時はまず、エアコンのフィルターとエバポレーターの洗浄をしてみることをオススメします🙆‍♂️

今日はこの間作業させて頂いたエバポ洗浄のやり方をご紹介😊💡


 

グローブボックスを外す

グローブボックスを開け、上下左右4箇所の引っ掛けてあるところをずらして取り外す

▼上はココと

▼下はココ

エアコンフィルターを取り外す

▼フィルターの入っているところのカバーがあるので

つまみを引っ張り開けます🚪

▼開けると中にフィルターが

▲▼ご覧のように汚れています💦

風量等を設定

A/Cはオフ、風量は最大、温度は最低、内気モード、吹き出しはフェイスモード

ブロアモーターに洗浄剤を注入

▲フィルターを外すと見えるのがブロアモーターという

風を作り回すところ🌀

▲スプレーミストタイプの洗浄剤を使用します💡

▲エンジンをかけ風を回しながらブロアモーターに直接噴霧します💨

全て噴霧し終わったら

新しいエアコンフィルターをセット

▲『UP』と書かれている方を上にセット

後は外した時と同様にカバーを閉めて

エアコンをONにして洗浄剤を循環

このまましばらくエアコンを回し全体に行き渡らせて

作業完了🙆‍♀️✨

 


 

車種や洗浄剤の種類、臭いの程度によっては他にも作業方法が異なるため

あくまで一例ですが、参考になれば🙌

 

作業後は車内に爽やか〜な🍃✨香りが漂っていて

とてもスッキリしますよ〜☺️🌸おすすめです✨