MAZDA3 リップスポイラー塗装・取付

昨日のブログに続き、本日も『MAZDA3』のカスタムをご紹介✨

 

今回 MAZDA3をご入庫頂いたお客様は、以前トヨタ 86 にお乗りだった時に

カスタムのお手伝いを色々とさせて頂いていました。

 

片道3時間近く掛かる所から わざわざ足を運んでくださっているのです🙇‍♀️

テクニカルオートを愛して頂きとても嬉しく思います☺️

 

ご来社時、いつもと違うお車だったので

🙍‍♀️あれ〜?乗り換えたんですか???

と尋ねると、ご結婚され お子様も10月に生まれると何とも嬉しいご報告が💓

 

ご家族が増える事もあり、ファミリーで使える車として乗り換えたんだそうな。

MAZDA3 良いですねっ😆👍

 

今回は『持込のリップスポイラーを塗装して付けて欲しい』と言ったご相談でした。

まずはパーツをお預かりし、塗装が完了したらお車をお預かりし取付する事に🔧

 

お持ち頂いたパーツです👇

下地処理を丁寧に行い塗装をして準備。

 

お車をお預かりする日程を相談の上、ご入庫頂いたらいよいよ取付作業✨

スポイラーはボルトと粘着の両方で固定するタイプでした。

ボルト止めの位置を定め、穴を開ける作業が必要となりますが

その目印ともなる型紙があったので、切って✂️ボディに貼って…

と、とてもスムーズに位置を定める事が出来ました❗️

この目印に合わせ、慎重に穴を開けていきます。

 

そして本体を取付した後のお車がこちら💁‍♀️

スッキリした感じから、凛々しくドンっと構えているような

カッコいい印象に変わりました😊

 

今度はお子様と一緒にテクニカルオートに来てカスタムのご相談をして頂けると

おっしゃってくださいました。

と〜っても楽しみにお待ちしておりますね 👶💕

MAZDA3 ルーフスポイラーでカスタム

アプリ『ニカルくん』にお問合せのメッセージが📱

 

「MAZDA3にルーフスポイラーを塗装して取り付けしたい」

とのご依頼でした💡

 

それではまずは現車とお持ち込みの部品を確認させて欲しいとお願いすると・・

「遠方に住んでいるためなかなか行けない・・」

どちらにお住いか聞いてみると、滝川にお住まいのお客様でした‼️

札幌から滝川というとこのくらいの距離🚘

 

パッと気軽に行ける距離ではないのでこんな遠くからテクニカルオートを選んで

きていただけるなんてありがたいお話です😭✨

 


 

まず1日お車をお預かりし、パーツと車体とを仮合わせして

パーツを預かり塗装。塗装が完了したら

後日改めてご来社頂き取り付けという流れで作業を進めることとなりました🤗

 


 

塗装が完了し、今日はいよいよ取り付けの日です😄☀️

 

▼塗装が完了したルーフスポイラー

 

一度ボディと仮合わせをして取り付け位置を確認してマスキング💡

これは取り付け位置がずれてしまわないようにするためと

この後に塗るプライマーが余計なところについてしまわないよう保護する

役割もあります💁‍♂️

 

 

こちらのスポイラーは両面テープでのみ取り付けするタイプの

スポイラーであることと当日中に滝川に帰りたいというお客様のご希望から

万が一、外れてしまうことのないように

密着をよくするためスポイラーと取り付ける車体の両方に

念入りにプライマーを塗布していきます💡

 

 

プライマーを塗ったら、スポイラーに両面テープを貼り付けしていきます👏

 

▼貼り付け完了

 

2人がかりでズレの内容微調整をしながら

貼り付け‼️

 

 


 

▼こちらがルーフスポイラー取り付け前

 

▼そしてこちらが取り付け後

 

 

いかがでしょう??🤗🌸

 

初めの丸みを帯びたフォルムから

イメージチェンジしてキリッとした印象に変わりましたよね‼️🙆‍♀️

 

新しいお車、これからたくさんいろんな所へドライブへ行って楽しんでほしいです

 

 

わ〜!可愛い〜💓

ある日の午前中。

工場スタッフが何かを持って事務所の窓から登場✨

いつもお世話になっている方から差し入れを頂いたようです🎁

 

あら!何だろう〜?

箱を開けて見ると…

 

『可愛い〜💓』『美味しそう〜😍』と女子達大喜び♬

 

瓶の中に美味しそうなケーキが🍰こんなにも沢山!!

テレビでも紹介されたお店なんだそうです。

 

色んな種類があるので、どれを食べようかなぁ〜!と迷っちゃう。

そして可愛くて食べるのがもったいない!!

 

3時のおやつに頂く予定でしたが

女子達は、待ちきれなく午前のおやつで食べちゃいました😋笑

 

 

工場スタッフは3時の打ち合わせの時に美味しく頂きましたよ〜!

 

甘くて可愛いおやつを食べて幸せなひと時を過ごせました🍀

ご馳走様でした⭐️

タイヤハウス内の錆穴修理

フィットのお客様からお電話を頂きました☎️

『リヤの足廻りが錆で腐食してしまい車検が通らない状況だと他社で言われまして』

 

状況を詳しく伺うと、車検をお願いしたところで

この状態だと通りませんよ〜と言われてしまったそうです。

 

すぐにご来社を頂いてその状態を確認することに。

 

どれどれ〜?👀

それは右後ろのタイヤハウスを除いたとことにありました😱

 

こちらです。お分かりになりますでしょうか?

👇アップ

あら…大きな穴がポッカリと!!!!

 

ボディの錆は、人体に怪我を負わせるような突起した物でなければ基本 車検は通ります🙆‍♀️

ですが、足廻りの部分やフレームは安全面にも関わるところなので

こういった状況では車検は通らないのです😖

 

そしてお客様のお話を伺うと

近いうちに道外の実家へ戻ってしまうという予定があり

それまでに車検を完了しなくてはならない状況とのことでした。

 

それは一刻も早く何とかしなくては❗️と

早速、翌日にお車をお預かりしすぐに作業に取りかかる事にしました⚒

 

腐食が進んでいる箇所を出来る限り落として

新しい鉄板を穴を塞げるくらいのサイズに形成し溶接します。

継ぎ目部分はしっかりとコーキング&防錆処理を。

最後にアンダーコートを施工したら完了!

 

よし!これで車検も合格出来るはず💮✨

 

きっと安心して実家の方へお帰り頂けたことでしょう✌️😊

 

プレマシー フロントバンパー修理

初めてテクニカルオートに来てくれたお客様

駐車場の塀の角っこにゴツンッとぶつけてしまいフロントバンパーの

真ん中にチョップしたような傷が😣💦

▼アップにするとこのような感じ😭

 

残念ながら黒い樹脂の部分は修理をすることができないため

綺麗にしたい❗️なるとバンパーと一体になっているためバンパーごと交換しなくては

なりません💡グリルも高い・・

そうなるとご負担も大きくなるのでどのように直していくのがベストか一緒に相談💁‍♂️

相談のうえ、今回は樹脂の部分の傷はそのままに傷ついてしまったバンパーを修理して直すことに決定🙆‍♀️💡

 


 

まずは、塗装をする色を作るため調色の作業から💡

太陽の光のもと艶を出して色を見やすくした状態で

角度によって色味が違って見える為

塗り板に試しの色をのせ、さまざまな角度から入念に調色の具合をチェック👀

▼真上から

▼斜めから

 

色が決まったら、傷のついている部分を削り、塗装をかける部分も

パテをのせたら余分な部分は研いでいきます🌀✨

 

逆光でわかりずらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

今回は部分的な修理と塗装を行うため

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

 

塗装の密着をよくするためサーフェーサーを塗布

UVライトを一気に近くから当てるのではなく離れた位置から徐々に溶剤を飛ばしながら

近づいて当てていきます💁‍♂️

 

 

下地作りが完了したらブースに入り🚘🛖もう一度塗装する部分、塗らない部分を

分けて養生し直して・・・塗装していきます🙌

 

 


 

塗装完了

 

樹脂の部分はそのままでも・・・

 

 

こんなに綺麗になりました🤗✨

安全・安心を守るために

先日、デリカを修理でお預かりしました。

 

作業中、スライドドアを分解したところ

ボルトの上に赤い印が付いているのを発見!

 

 

これは外車のポルシェやリンカーン等にも用いられている手法で

新車の製造ラインでボルトの締め付けを確認する為の目印です。

 

 

 

ボルトの締め付けが確認出来た所には

このように色を塗り、全てのボルトが確認出来たかが一目でわかるようになっています。

 

取付のボルトナットが 外れてしまうと とんでもない事態になりかねません✋💥

 

テクニカルオートでも部位によってこの手法を用いており

白マジックで印をつけ、閉め忘れがないように確認を徹底しています👌

 

お客様が安全・安心を守るため!!

とても重要な事です⚠️

新しい仲間が増えました😆

8月2日(月)から新たなスタッフが仲間入り👍✨

 

遠方から家族で札幌に引っ越をし

テクニカルオートの板金スタッフとなった仲間です。

 

少しでも戦力になれるようにと、テクニカルオートに来る前から

本📚で沢山勉強してきてくれたみたい♬

とっても勉強熱心で頼もしい!!

 

太一先輩から色んなことを学んで

 

早く皆さまのお役に立てるように頑張ります💪

 

よろしくお願いします!

 

2年越しのお悩み解消✨

車検でパジェロミニをお預かりしました🔧

 

🙍‍♀️『平坦な道を走行すると、左後ろの方からコトコトと音が鳴るのが凄く気になるんです❗️』

 

お話を詳しく伺うと

何かと何かが当たっているような音が、低速の時に良く鳴っているとの事💥

 

2年前の車検を他社にお願いした際には

“ 分かりません ゛と言われてしまい、ずっ〜と気になっていたとのお話です。

 

原因がわからないままってモヤモヤしますよね…😭

 

 

まずは詳しく見てみる事にしました!

 

お客様が仰っていた音が出るという条件で走行テストをしたり 🚗💨💨

車体後方を揺らして見たり💪

 

 

そうすると、それらしい音を確認!!

 

それはバックドアを開けた中に。

通常、上下に『あたりゴム』が付いているのですが

上のゴムが見当たりません。

 

この部分がないことが原因で、ドアを閉めたときに隙間が出来てしまい

それが振動と共にコトコト鳴る原因だったのではないだろうか。と推測しました💡

 

 

すぐに新しいゴムを手配し装着✨

 

再び同じ条件で音の確認をすると…

静かになってる〜!予想は的中😆🙌🏻 ヤッター

 

納車後、改めてお客様に確認すると

『あれから音は鳴っていないですよ!ありがとうございました!』

とのお言葉を頂き安心♬

 

2年越しにお客様のお悩み事が解消出来て、嬉しい納車となりました。

レガシィ エアロスプラッシュ 塗装剥がれ修理

車検でお預かりのレガシィ🚙

 

車検整備のついでにずっと気になっていたサイドスポイラーの先につく

エアロスプラッシュの塗装が剥がれてしまったところも直したいとのご要望💡💡

 

▼横から見たレガシィ

直したいのはこの部分👇

おそらく走行中に飛び石が当たり、塗装に傷が入ってしまったことによって

だんだんと塗装がペリペリ剥がれてきてしまったのでしょう😢

 


 

修理方法を打ち合わせ🗣

『新品の部品を取って取り付けするか❓』

『現車のパーツを外して直すか❓』

 

部品屋さんに確認すると、新品は未塗装で届くことが分かり

そうなると💰ご負担大きくなることから

今回は物自体は壊れているわけでは無いため

現車のパーツを取り外して塗装をし直すことで決定🙆‍♀️💡

 


それでは修理スタート‼️‼️

まずは剥がれかけている塗装を綺麗に剥がすところから💡

塗装が脆くなっているので強力なエアーをかけてみました💨

「ん〜意外と頑丈で取れないねぇ」

では、機械を使用して研ぎ落としてしまおう❗️

だんだん下地が見えてきました👀

 

「よしっ❗️綺麗に研げたよ👍」

▼塗装を丁寧に研ぎ落とし終わったパーツ

 


 

研ぎ落とし終わったら・・

また塗装が剥がれてしまわないように丁寧な下地作り🙆‍♀️❗️

 

❶プライマーをエアガンでまんべんなく塗布

(作業写真がなくてごめんなさい😣)

❷UVサーフェーサーを塗布して硬化し塗装の足付け

❸車体に合わせて調色したら・・色をのせて

パーツの修理&塗装は完了👏

 

▼こちらが塗装まで仕上がったエアロスプラッシュ

新品みたいにピカピカぁ〜😍✨


 

さぁそれではいよいよ車体に取り付けしましょう❗️

 

粘着テープとボルトで取り付けるため、

密着を高めるため取り付ける部分を脱脂剤で拭き取りしていきます

塗装完了したパーツに粘着テープを貼り付け
取り付け位置を確認したら貼りつけていきます🙌

 

補強するためボルトでもしっかり固定したら・・

 

完成🙆‍♀️🎉✨

 

車検でお車の内側もきっちりメンテナンスできて、外見も綺麗になって

とっても喜んでいただけた様子🤗🌈

 

今回は左側でしたが右側もすこ〜し傷が入っているところもあったので
もしもまた同じようになってしまったらぜひまたお手伝いさせてくださいね♫

 

 

遠路はるばるご来店頂きました✨

先日、ご来社頂いたアルファードのお客様🚙

パーツを取り付けして、お車をかっこいい感じに仕上げたいといったお話でした。

 

お持ち頂いたのは『ローダウンフェンダー』です。

パーツを車体に合わせ、取付後の想像をしながらお客様と打ち合わせ😊

 

後日作業の予定で打ち合わせをしようとお話を進めると…

『僕、稚内から来たんです!』と。

 

えぇぇぇぇぇぇ!?👀💥

 

パーツ取付の為、はるばる札幌にいらっしゃったとの頃。

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談して頂いたんだそうな☺️

 

とてもありがたく、嬉しいお話です!

 

う〜ん…どうしましょう🤔

通常は当日作業の受付は行っておりません✋💦

 

ただ、お客様のご事情を考えるとどうにかして差し上げたいなぁと思い

今回 特別に作業をさせて頂くことにしました✨

 

こちらがそのパーツ💁‍♀️

パーツの下にはお洒落(?)な毛布を引いて、傷が付かないようにしています😁

 

取り付け前にはガスプライマー 🔥

この作業で車体との密着性がアップします⤴️

 

続いて両面テープを貼り付け。

 

作業は少しでもお待ち頂く時間が短くなるよう2人で連携プレー👨‍🔧

 

位置を合わせたらボルトで固定。

そして両面テープの剥がして圧着!!

 

○のポイントは穴空け加工をしてボルト止め🔩

 

他の3箇所も同様に作業します。

 

こうしてイメチェンしたお車はこちら👇

 

◆Before◆

◆After◆

フロント

リヤ

 

とっても良い感じ👍 ♬

お客様にも喜んでお帰り頂くことが出来ました🙆‍♀️

 

またいつでも遊びにいらしてくださいね🤗

ありがとうございました。