トール リヤフェンダーとスライドドア板金

ダイハツ トールが入庫しました。

 

スライドドアからテールランプまでの間の斜めのラインが全体的に変形しています。

 

▼この辺り

 

凹みは点で出すよりも、プレスラインに沿って線で出した後

ラインそのものもしっかり作り、更に上下の面を直していきます。

 

引出しに使うアタッチメントを半田を溶かして接着します。

 

しっかりと接着されました!

 

 

工具🛠をセットして…引っ張る!!!

 

形が出たらアタッチメントを取り外し、表面を削っていきます。

 

こんな感じになりました。

 

後はスライドドアを鈑金して下地作業 👉 そして塗装です。

 

完成😆✨

 

今回は自費で出来るだけ安価でというご希望があったので

必要最低限の部品の脱着で進めました。

 

お客様にも喜んでもらえてよかった〜!

ありがとうございました😊

ヴェゼル リヤゲート修理

先日、交換と判断されるくらいバックドアが凹んでしまい、修理来店されたお客様。

 

▼凹みが広範囲に及んでいます

 

安価でお直ししたい希望があり、同色のリサイクル部品をお探ししてみましたが…

残念ながら、見つからず😭

 

リヤゲートの修理は、再封印が必要だったり、リヤゲートに着くガラスを外さなくてはならない場合もあり、板金でも高額になってしまうことが多い場所です。

そのため、同じ色のリサイクルパーツが安価で見つかれば、板金をするよりも安く収まることがあるのです。

リサイクルパーツが見つからないのであれば、板金をして直すほかありません。

これは、やりがいのあるお仕事💪

気合いが入ります!!!

 

まずは接着板金・そして荒出しから

▼裏のシールが傷つかないように養生も怠りません。もちろんバンパーも。

 

ハンマリングで耳ならしから。

ハンマリングの音に耳を慣らすのではなく、ミミと呼ばれるドアの端の部分を真っ直ぐに平す(ならす)作業です(笑)

▼ハンダとスタットプーラーを巧みに使い分け面出しをし形を整えていきます。

 

▼上手く形を引き出す事に成功😄

 

次はリヤゲート塗装

 

▼板金で綺麗に凹みが修正された箇所にパテを付けていきます。

 

▼そして、塗料との接着力を強くする為にプライマーを塗ります。

▼そして塗装完了

 

この後は組み付けをして、完成〜🙌🏻

 

▼このような感じに形もきれいに復元され、うまく仕上がりました♪

 

完成後は、お客様がご来店され

お車とご対面〜🚗👀

そして一言…『流石ですね!!』

🤗素直に、嬉しいお言葉です😆♪

 

修理の工程をiPad📱で順番にお見せしました。

とても喜んで頂く事ができ、嬉しい納車となりました🌟

ドアサッシュ ガーニッシュ磨き

車をお仕事に使われている方ですが、

とっても大事にされていて

とっても綺麗な車です。

ドアサッシュをきれいにしようと擦ったら、

跡がついてしまった!と相談に来てくれました。

 

 

全部で3箇所。

ご満足いただけるかどうか?磨いてみましょうか。結構きれいになると思います。

と、少しの時間コーヒーを召し上がっていただき。。。

 

 

磨く場所周りは保護して、早速磨き作業開始。

磨き用のスポンジの種類と磨き剤の種類を変えてまた磨き。

 

ドアサッシュ磨き

 

そしてまた、スポンジと磨き剤を変えて…

全部で4種類のアイテムを使って、

磨き終わったのが、こちら!

👇

 

傷がすっかり見えなくなりました😆✨

細か〜いコンパウンドと柔らかいウエスをプレゼントして🎁 ご満足頂けたかな?

 

ビフォー・アフターです

👇

 

バンパー 最小限の修理方法

バンパーを擦ってしまいました。

黒い車体に、白く 派手な傷‼️

『修理できるのかなぁ…😢直す料金は、きっと高いだろうなぁ』と、お客様はショックを隠し切れません。

 

接触した相手側の塗料が、擦れたときに付着してしまうため、クッキリはっきり見えてしまうのです。

 

相手側の塗料は、専門の液剤を使用すると溶け落ちるので、

色が取れるだけで 結構傷が少なくなったように見えます。

 

しかしこれだけでは、薄く着いた沢山の傷がまだ残っている状態。

おそらく 別のお店に行くと塗装が必要、場合によってはバンパー交換と言われてしまうかもしれません。

 

ですが、今回の傷は ギリギリまで挑戦してみたい!

 ということで!ここからがプロの技術の見せどころ!

 

この大きく付いてしまった薄い傷をギリギリまで磨いて落とします。

数種類のペーパーやコンパウンドを使い、傷を落とし、磨き上げ…

塗装を行わずとも、こんなにきれいになりました!

 安価な方法で部分塗装をしたら24,200円

この磨きの技術で完了できれば、

たった4,400円です。

安くても決して簡単ではない

車にも、お客様にも優しい、

本格的なプロの技です。

 

自動車修理に使う 便利な工具🔧

さて、これは 何でしょう~?😙

パッと見、孫の手みたいですが、

何に使うかというと!

 

スライドドアのストライカー(ロック部分の部品)の調整工具です🛠

 

スライドタイプのドアだとスペースなく調整しづらい!

 ▼スライドドアを開けたところ

 

こうやって・・・

▼ここにはめて

▼たたいて調節

 

これが、ウマくいくんですよ~~~~

 

 

▼このようにガバッと開くタイプのドアだと

広々とスペースがあるので、
こういった工具が無くても直接直せるんです。

 

スライドドアの修理には、地味だけど便利な工具!

 

太一の便利工具、他にもいっぱいあります!

シリーズ化なるか?笑

職人の技が光る工具シリーズ 『あて木』

パテ研ぎ使う『あて木』

このあて木は、40年 使っています。

自分が若い頃は、便利な機械が無く、全て手で研いでいました。

その時に、自分で作った あて木です。

パテ研ぎで使う

塗装の工程の中に パテ研ぎという技術作業があります。

特に、この“パテ研ぎ”という仕事は、細かい粉で全身が汚れ、体力も腕力も使い、体勢も大変な、汚くつらい仕事です。

でも、仕上がりを美しくさせるための、大事な大事な仕事のひとつです。

水研ぎで使う

パテ研ぎで波を取り、ミクロン単位の高低差を無くしたら、次にサーフェーサーを塗ります。

そして、サーフェーサーの上から更に

水をつけて濡らしながら研ぐ、

『水研ぎ』をします。

水研ぎは最後の仕上げの波取り技術で、新品と変わらない滑らかな表面の形をつくる工法です。

研ぎながら、施工した箇所を水に濡らし、表面を光らせながら横から透かし、よぉ〜〜く見てチェックします。

色を塗って最後に横から透かして見て、きれいに波が取れた時は、

63歳になった今でも、とても嬉しい瞬間です。

技と道具

美しく仕上げる、職人の技。

そこには、技術と共に、職人の手に馴染んだ世界にひとつだけの道具があるのです。

このたった一枚の木。

40年の思いがつまった『あて木』です。