スポイラーが浮いている⁉️

「スポイラーとバンパーの隙間を何とかしたい」とご相談頂いたお客様。

遠目からみると 気になりませんが、近寄ってみてみると…

本当だ👀‼️

隙間が出来てしまっていますね。

 

他社では、スポイラー交換を勧められたそうですが

その交換の費用を考えると…ゾッとしますよね😱タカイ

 

交換をするのは確実な方法かもしれませんが

その前にもし出来る方法があるなら❗️

とテクニカルオートに足を運んで下さったんだそうです。

 

まずは、スポイラーを再固定してみる方法で進める事にしました。

 

スポイラーを取り外して。

しっかりとついている粘着を綺麗に。

これを取り除くのも大変な作業です😫

傷がついてしまわないように、手👋で丁寧に丁寧に剥がしていきます。

 

スポイラーを再度、取り付けする際に使用するのがこちら💁‍♀️

バンパーとスポイラーとの密着性を高めるための必需品💡

 

このあとはいつもの工程✨

スポイラー裏には新しい両面テープを貼り付けたら

いよいよバンパーに取り付け✊

 

そうして出来上がったお車がこちら👇

密着感も出て、隙間はほとんど無くなりました👍

 

スポイラー自体が重いということもあるかもしれませんが、

冬季間に雪との接触も少しあったのかもしれません。

 

いずれにしても、修正が出来て良かった〜😊

 

ハリアーモデリスタスポイラー交換

 

さて、雪がとけ、桜や梅が咲きすっかり春めいている近頃ですが

あの大雪の影響で損傷を受け、壊れたままのお車はまだまだ多いはず💡

 

冬場はもう諦めて春になったら直すという方が多かったです💁‍♀️

今日紹介するお車のその中の1台🚙💡

お車はトヨタのハリアー

モデリスタのフロントスポイラーがご覧のように左右ともバリバリっとひび割れ😭

モデリスタのスポイラーの問い合わせがとにかく多かった❗️

こちらのスポイラーは割れが大きく、メッキモールと干渉する部分が損傷していること、

割れ箇所のスポイラーの形状が袋状の場所のため樹脂溶接の機械のヘッドが入らないため

交換という判断となりました💦

 


 

早速部品を注文入れると同じように壊れてしまった方が多かったためかメーカー欠品で

受注生産のため入荷まで日数がかかることが判明😱

 

・・・3週間後、無事入荷

 

交換をしていきます👨‍🔧❗️

スポイラーは取り付けパーツのほかに両面テープでしっかり留まっているので

それを外したあとはボディ側に粘着がベットリ💦

これが単純地道な作業なのですがものすごく時間のかかる大変な作業なのです💦

綺麗に剥がれたら

ガスプライマーを使用して新しく取り付けするスポイラーが

しっかりくっつくように下処理💡

あらかじめ新しいスポイラーの裏側には両面テープを貼って準備していたので

取り付け位置を合わせながら取り付けしていきます🙆‍♀️

黄色のマスキングテープは両面テープの端っこを表側で固定しています💡

取り付け位置が決まったところで貼り付け👏

固定していた端っこの部分をぴーーーーっと引っ張リます😊

 


 

完成🙆‍♀️🙆‍♂️

 

 

綺麗に元通り☺️

 

 

無限スポイラー交換

今年は大雪の影響で、バンパーやスポイラー破損のご相談が多くありました。

 

雪が溶けて春🌸になったので、そろそろ直そうかな〜!

というお車を順次お預かりしています🚗

 

今回、ご入庫頂いたのはN-BOX。

 

フロントバンパー下には「無限」のスポイラーがついていました。

左側デイライト付近に少し長めのヒビ割れ。

修理で…と言いたい所ですが

デイライトの際の部分という事と

ヒビもよ〜く見ると複雑に入ってしまっている為

残念ながら今回は交換での対応となります。

 

すぐにスポイラーの注文を入れました!!

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 

届いた新品のスポイラーは色付きの供給が終了している為、塗装が必要となります☝️

塗装が完了した後のスポイラーがこちら💁‍♀️▼

 

その新品スポイラーと、車体から外した壊れているスポイラーを並べて

デイライトの移設作業を!

▼表から見た様子

 

スポイラーの準備が整ったら、こちらのバンパー本体に取り付けします✊

デイライトが取り付く部分はこのように加工がされているんですよ〜😃

 

そして、取り付けした後のお車がこちら👇

うんうん、いい感じ✨

これで元通りです🤗⤴️⤴️

レクサス スポイラー交換

スポイラー割れについて、多くのお問合せを頂いていますが

今回ご入庫頂いたお車も1月からお打ち合わせをしていました。

 

スポイラーは割れだけでなく、数カ所欠損している状態につき交換が必要です❗️

 

メーカーに確認したところ、こちらのスポイラーは既に生産中止となっていた為

多少デザインは違いますが、同じ型のスポイラーを手配することにしました。

 

パーツは受注生産となる為、納期は約1ヶ月❗️

 

お預かりとなるまでにお車は 走行中の振動などで

どんどんヒビ割れが進行し、ご入庫の時にはこのような感じに😱👇

走るのも心配だった…とお客様。

本当に外れて落ちてしまう前にお預かりが出来て良かったなぁと思います😫💦

 

早速修理に取り掛かります💪

 

まずは色合わせ✨

👇塗り板に調色した色を吹きかけたら、ボディと比較

この後も合う色が出来るまで、微調色を繰り返します。

 

色が出来たら、届いた新品のスポイラーに下地処理を。

 

そして塗装が済んだ後は、車体についている破損したスポイラーを取り外して

新しいスポイラーの取り付け♬

 

カッコ良く仕上がりました😊👍

 

スポイラーを超簡易的に固定❗️

テクニカルオートのInstagramをフォローして頂いているお客様がご来店くださいました🤗

 

お車は、バンパー下部のスポイラーが左側だけ外れそうな状態です。

そしてフロントのタイヤにも干渉してしまっている為

何らかの処置が必要な状態でした❗️

👩『最近のガタガタ道で段々と外れて来たんです…』との事。

 

確かに、最近は気温も高くなり

大きな道では少しずつ雪解けが始まっていますが

少し細い道に入ると、踏み固められた雪が溶けて ザクザクになっていて

本当 道路状況は良く無いですよね💦

とても走りにくい…😫💭

 

今回の作業内容は、あと何年乗るかもわからないというお話から

とりあえずきちんと固定がされていて、タイヤに干渉しなければ良い❗️

ということで、超簡易的処置となります。

 

スポイラーの中を覗き込むと

中のクリップ部が破損している状況。

本来ならば、交換が必要です。

とりあえず、形を整えてはめ込みをしてみますが

どうしてもバンパーとの間には隙間が生まれてしまいます。

厚手の両面テープで…という訳にはいかないようです。

 

じゃあ、どうできるかな〜?と

お客様と色々相談した結果、とりあえずビスで付けてしまっちゃおう作戦で🔩💡

 

穴開けはドリルで一瞬‼️

 

開いたらビスを打ち込み。

しっかりと固定されました。

 

白いお車に黒いビスは少し目立ってしまうので、お車と同じ塗料を用意。

 

上から色を塗ってしまいました🖌🌈

目立たなくもなり良い感じ😊👍

 

落ちかけていたスポイラーも

上に持ち上がって取り付いたようになるので

これでもうタイヤに当たってしまう心配はありません♬

 

お客様とはInstagramを通してのご縁でしたが

『今後もよろしくお願いします』と嬉しい一言も頂き

お役に立てて良かった〜と感じた作業でした⭐️

スポイラー割れからのご依頼

☎️『悪路でスポイラー割れが進行してしまった!』

と秋口に修理のご相談を頂いていたお客様からの電話。

 

初めてご相談頂いた時は、端っこの方に2本の小さなヒビが入っている状態でした。

この時は、まだ修復が可能な状態でしたが

再びご相談を頂いた時には、一部欠損している状態…😱

残念ながら、欠損している状態では修理は不可となります。

 

元々、春先に修理を検討してくださっていたのですが

『スポイラーが欠けている状態なのは、恥ずかしいから』と

とりあえず取り外しでのご依頼を頂きました。

 

そして、もう一箇所見てほしいとご相談頂いたのは

こちらの部分。

この浮いている部分も一緒に直してほしいといったお話です。

 

浮いてしまっている部品、実はモデリスタ仕様のパーツとなり

中の純正ガーニッシュの上に両面テープで装着されています。

 

中のガーニッシュはボディに刺さる部分のクリップが破損しており交換が必要でした。

そして本来ならば、外側のモデリスタ仕様のパーツも同時に交換をしたいところですが…

こちらは残念ながら既に生産終了となっており、手配が出来ません💦

再使用することに決定です☝️

 

まずはどちらも取り外し。

新品の純正ガーニッシュから取り付けしていきましょう。

新しい部品には、クリップが入る穴が2個ほど足りないため

ドリルで穴を開けます。

ボディにはめ込みする部分の準備も出来たら、いよいよ装着!

 

次は上のモデリスタ仕様のパーツを付けていきましょう。

 

シリコンオフで汚れを丁寧に取り除いたら

両面テープの貼り付け作業。

それをボディに付けて、圧着したらOK〜♬

良い感じです🙆‍♀️

 

スポイラーの方もご覧の通り、綺麗に取り外しが出来ました。

 

元々ついていたスポイラーも残念ながら生産が終了してしまっている為

春に取り付けする物は違うメーカーのデザインになります。

 

また違った印象のお車に仕上がる事でしょう😆👍

 

春が待ち遠しいですねっ😊❗️

レガシィ リヤアンダースポイラー修理

リヤバンパーからアンダースポイラーが剥がれてしまったお車。

確かに少し隙間が出来て、気になってしまいますね💦

 

下部に出来てしまった傷も一緒に直したいとのご相談でした。

 

修理はスポイラーを取り外して行いましょう♫

クリップやビス類は全て取り外し

粘着テープも綺麗に取り除いてしまいます。

 

スポイラーの傷は部分的に修理を。

 

塗装が完了したら、バンパーに付ける前の準備に入ります💪

 

『ガスプライマー』の登場✨

スポイラーモールを取り付けする際に

密着性をアップさせる一工夫です❗️

 

こちらのモールを慎重に貼り付け。

 

モールの取り付け完了👍

そして裏面には両面テープも貼り付けてOK🙆‍♀️

 

スポイラー本体を取り外した際に、一緒に外した小さな部品。

このように、経年劣化で脆くなってしまいボルト等も折損してしまう物が多いです。

破損したものについては、新しい物を用意してバンパーの下部にハメていきます。

 

再び登場のガスプライマー♫

そして、いよいよ取り付けの瞬間😆

👨‍🔧『片方ずつ いくよ〜!!』

 

スポイラー上は粘着テープをしっかりと密着させ

下側はボルトで固定。

取り付け完了♫

 

最後に、二箇所ほど タッチアップを修正してほしいといったご依頼も頂いたので

細い筆で出来るだけ小範囲で済ませます。

 

仕上がりはこのように!

お客様にも喜んで頂けました☺️

ディフューザー取付

ディフューザーを取付したいとBMWのお客様からのご依頼です。

 

お持ち頂いたパーツはこちら💁‍♀️

 

 

こちらのお車に取付していきます。

 

ディフューザーの裏面と密着するボディ部分は

丁寧にゴミや汚れを拭き取ってからスタートです。

 

取付後のイメージを膨らませながら仮合わせ。

 

バンパーにくっつく部分は粘着テープを貼って事前準備を。

 

そしてボルトで止まる部分は穴あけの加工。

 

そちらを車体にセットしボルト止め。

 

最後に粘着テープの紙を剥がしてボディに密着!!

 

マスキングテープで固定をし、しっかりと圧着させる為、数時間置いたら

 

完成です👏

 

🔸Before

🔸After

 

パーツ一つでイメージが変わるので、色んなお洒落が楽しめますね😊🎀

レガシィ エアロスプラッシュ 塗装剥がれ修理

車検でお預かりのレガシィ🚙

 

車検整備のついでにずっと気になっていたサイドスポイラーの先につく

エアロスプラッシュの塗装が剥がれてしまったところも直したいとのご要望💡💡

 

▼横から見たレガシィ

直したいのはこの部分👇

おそらく走行中に飛び石が当たり、塗装に傷が入ってしまったことによって

だんだんと塗装がペリペリ剥がれてきてしまったのでしょう😢

 


 

修理方法を打ち合わせ🗣

『新品の部品を取って取り付けするか❓』

『現車のパーツを外して直すか❓』

 

部品屋さんに確認すると、新品は未塗装で届くことが分かり

そうなると💰ご負担大きくなることから

今回は物自体は壊れているわけでは無いため

現車のパーツを取り外して塗装をし直すことで決定🙆‍♀️💡

 


それでは修理スタート‼️‼️

まずは剥がれかけている塗装を綺麗に剥がすところから💡

塗装が脆くなっているので強力なエアーをかけてみました💨

「ん〜意外と頑丈で取れないねぇ」

では、機械を使用して研ぎ落としてしまおう❗️

だんだん下地が見えてきました👀

 

「よしっ❗️綺麗に研げたよ👍」

▼塗装を丁寧に研ぎ落とし終わったパーツ

 


 

研ぎ落とし終わったら・・

また塗装が剥がれてしまわないように丁寧な下地作り🙆‍♀️❗️

 

❶プライマーをエアガンでまんべんなく塗布

(作業写真がなくてごめんなさい😣)

❷UVサーフェーサーを塗布して硬化し塗装の足付け

❸車体に合わせて調色したら・・色をのせて

パーツの修理&塗装は完了👏

 

▼こちらが塗装まで仕上がったエアロスプラッシュ

新品みたいにピカピカぁ〜😍✨


 

さぁそれではいよいよ車体に取り付けしましょう❗️

 

粘着テープとボルトで取り付けるため、

密着を高めるため取り付ける部分を脱脂剤で拭き取りしていきます

塗装完了したパーツに粘着テープを貼り付け
取り付け位置を確認したら貼りつけていきます🙌

 

補強するためボルトでもしっかり固定したら・・

 

完成🙆‍♀️🎉✨

 

車検でお車の内側もきっちりメンテナンスできて、外見も綺麗になって

とっても喜んでいただけた様子🤗🌈

 

今回は左側でしたが右側もすこ〜し傷が入っているところもあったので
もしもまた同じようになってしまったらぜひまたお手伝いさせてくださいね♫

 

 

遠路はるばるご来店頂きました✨

先日、ご来社頂いたアルファードのお客様🚙

パーツを取り付けして、お車をかっこいい感じに仕上げたいといったお話でした。

 

お持ち頂いたのは『ローダウンフェンダー』です。

パーツを車体に合わせ、取付後の想像をしながらお客様と打ち合わせ😊

 

後日作業の予定で打ち合わせをしようとお話を進めると…

『僕、稚内から来たんです!』と。

 

えぇぇぇぇぇぇ!?👀💥

 

パーツ取付の為、はるばる札幌にいらっしゃったとの頃。

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談して頂いたんだそうな☺️

 

とてもありがたく、嬉しいお話です!

 

う〜ん…どうしましょう🤔

通常は当日作業の受付は行っておりません✋💦

 

ただ、お客様のご事情を考えるとどうにかして差し上げたいなぁと思い

今回 特別に作業をさせて頂くことにしました✨

 

こちらがそのパーツ💁‍♀️

パーツの下にはお洒落(?)な毛布を引いて、傷が付かないようにしています😁

 

取り付け前にはガスプライマー 🔥

この作業で車体との密着性がアップします⤴️

 

続いて両面テープを貼り付け。

 

作業は少しでもお待ち頂く時間が短くなるよう2人で連携プレー👨‍🔧

 

位置を合わせたらボルトで固定。

そして両面テープの剥がして圧着!!

 

○のポイントは穴空け加工をしてボルト止め🔩

 

他の3箇所も同様に作業します。

 

こうしてイメチェンしたお車はこちら👇

 

◆Before◆

◆After◆

フロント

リヤ

 

とっても良い感じ👍 ♬

お客様にも喜んでお帰り頂くことが出来ました🙆‍♀️

 

またいつでも遊びにいらしてくださいね🤗

ありがとうございました。