スイフト リヤウイング取付

スズキ スイフトのリヤスポイラー。

リヤゲートの上につくやつ!😀

これをネットで購入して、塗装と取付をして欲しい✨ テクニカルオートのLINE@にお問い合わせいただきました。

スイフトスポーツの

リヤウイング

取り付けるのは、モンスタースポーツから販売されているカーボンウイングです。

上面のカーボン以外はボディ同色にしたいというご希望で、スポイラーをお預かりしました。

 

▼純正のスポイラー

 

●ウイング取り替えは、ボルトオンだけじゃ済まない

ウイングの取り付け方法は『ボルトオン』と書いてあります。 確かに元々のウイングを取り外して、同じ場所にボルトで取り付けるだけなのですが、ハイマウントも付いているので、ボルトオンと言ってもハイマウントの移設が必要です。

ハイマウントは壊れやすいので、うまく外れてくれたら良いのですが… 基本的に交換と思っていた方がいいかも!

 

リヤウイング塗装

 

カーボン部分は塗装しないので、きれいにマスキングします。

たかがマスキング、されどマスキング。

端を綺麗〜に丁寧にしてあげるのは、仕上がりの品質を大きく左右する大切な作業!

マスキングテープの操り方もプロの仕事です。

 

塗装面はきれいに研いで塗装の下準備。

 

 

社外パーツの塗装、取り付け

無事、ハイマウントも移設ができて

カッコよく取り付け完了です‼️

 

 

印象が変わりましたね!

 

料金については、材質・品質や大きさ、フィッティングにより変わりますので、お持込時に確認は必要となりますが、車をカッコ良くしたい方はご相談くださいね!

FRPフロントスポイラー修理

昨日はFRPの塗装についてご紹介しました。

今日はFRP素材の修理についてご紹介します。

既にInstagramで修理のBeforeーAfterで投稿しているエアトレックのスポイラーです。

 

バンパーの下に着くハーフスポイラーが冬道で破損してしまい、割れてしまった部分と、欠損してしまった部分がありました。

 

 

樹脂でできているパーツは、繋ぐことは出来ても、欠けて無くなってしまった形状を作成することは出来ません。

が、FRPはガラス繊維の集合体なので、上手に形を整えてあげたら復元することができるのです。

とは言っても、技術を要すること。

昨日紹介した通り塗装も大変です。

普通の樹脂製パーツを直すよりも高額になってしまうのです。

しかし、事前に探してみたリサイクルパーツは全国で見つからず、新品部品も生産終了。

修理を進めることとなりました。


FRPスポイラー修理


 

割れた傷や穴の部分を、お客様ご自身が簡易的に塞いでいましたので取り外します。

 

 

亀裂が入っている部分全体に、塗装面を研ぎ、復元したい形に、スポイラーを固定します。

 

裏から見ると、このような状態です。

 

 

FRP素材を、スポイラーの内側から、

接着結合させます。

先ずは液剤を塗布。

そして、繊維を貼り付けます。

液剤と繊維を密着させ必要部分のみ残してきれいに元の素材と馴染ませます。

固まるまでしっかり乾燥させて、固定していたアルミテープを外します。

 

更に、表側からも塗布し、固めて

 

しっかり固まったところで、形状づくりの仕上げです。研いで、パテで表面を平らにし、形を整えます。

 

スポイラー全体あちこちに傷があったので、せっかくだからみんな綺麗にしてあげました。

 

あとは、昨日と同じ手順の塗装です。

 

いかがでしょう⭐️✨

 

車体に取り付けると!

ほら!

 

 

 

 

 

新品かと思うくらい、

きれいに修復できました✨

 

 

 

GT-R改造計画 パート何?

先月、工場に並べていたパーツ。

GT-Rのものでした!

昨年、ボンネットもバンパーも取り替えてカッコ良くなったあのGT-Rです。

雪が溶けて、暖かくなったら、ね!

と、計画していたこと。

たのしみにしていました😁✨

 

パーツを購入するだけでも、庶民の私たちには『ヒィィ‼️』と言ってひっくり返ろかなぁという高額なもの。

さすが、高級品は品質が素晴らしい!

 

先ずは、仮合わせから!

仕上がりの状態を確認するために、一番最初に必ず行います。

太一が取り付けているのは?

そうです!

フェンダーでした!😊

並べられていた黒く大きな物はボンネットです。

フェンダーとボンネット。仮合わせ中。

今年また新たに✨バージョンアップされた姿を見るのが楽しみです👍🎶

持込エアロパーツ 車の変身

これ、なぁんだ⁉️

 

工場に並ぶ、このパーツたち。

 

逆側から見ると、このような感じ。

お客様からの持ち込み部品です。

受注生産なので、注文して届くまで時間が掛かりました。

雪解けを待って取り付けようと計画していたものです。

このパーツが、何の車にどのような形で完成されるのか‼️

しっかりと綺麗に仕上げるために、ちょっとだけお待ちいただいておりますが、

私達もまた、楽しみです🎶😆⭐️

 

お車もお預かりして塗装や取り付けを行うときに、またご紹介しますね‼️

 

今日は、謎の予告でした😁😁😁

デリカD5 オーバーフェンダー

新車で購入のデリカD5に

オーバーフェンダーを取付したいとのご希望で相談にいらしたご夫婦😊

新作のオーバーフェンダーが発表になるまで待ち続け、

発表になってすぐご自身で手配し、テクニカルオートへ直送していただきました。

オーバーフェンダーは、

【未塗装品】といって、ボディ色に合わせて塗装をした上で使用するものでした。

バンパーの色に合わせて、ひとつづきに繋がるようなイメージで。

オーバーフェンダーも、車体を全体的に見た時も、仕上がりが美しくなるように、長くきれいな状態を保てるように、

丁寧に塗装をして、取付しました!🔧

グッと引き締まり、アウトドアにお似合いなカッコイイ感じに仕上がりました。

ご主人はずっとずっと楽しみにしてお待ちになっていたので、納車の日が待ち遠しく、当日のワクワク感が伝わってきます😄

この素敵な笑顔‼️😆🎶

こちらまで嬉しくなってしまいました!

この写真を見ると、今でも顔がほころびます😊

これからこの車で色んなところに出かけて、沢山楽しい思い出を作って下さいね😊

おかえり86!コネクションロッド取付

エアロを取り付けてカッコ良くなった86が、テクニカルオートに帰ってきました‼️

おかえり〜 お久しぶり〜♪

今回は、やっと届いたコネクションロッドの取付です。

何ソレ??

ディフューザーの角度を調整する棒っこです。

ぼっこ…って北海道弁ね。

こんな風になりました!

ん?どれ??

ここです。

で、何ソレ???

ん〜、

早く走る車が、風圧で車がフワッと浮き上がるのを防いで、風が地面に向かって車体を押しつけるように流れを作るための部品、が ディフューザー。

で そのディフューザーを少し角度調整して自分好みに走りやすくできるように、っていうのが、そこにつける棒っこ。

この、ハの字に付いているのが、そうです。

またまた、オリジナルになりましたね!

86は見かけても、このエアロ、このデザインで走っているとやっぱり目立つそうです😊

いつも、遠くから ありがとうございます!

86エアロ、大満足😆

Instagramにも投稿しましたが、

86のエアロが仕上がり、

無事、お引き渡しが完了しました!

2時間半以上もかけて、遠いところからわざわざ来て下さったお客様。

塗り分けのご要望イメージ通りに仕上げられる様に、随時、工程を確認していただき、細かいところも見ていただいたおかげで完成後の大満足に繋がりました! 見てもらって良かった〜〜☀️

LINE@の登録、Instagramの登録、

ブログも読んでいただき、

ありがとうございます。

途中経過は写真や動画で見て頂きましたが、仕上がりの状態は、現車に会うまでのお楽しみとなってしまい、

👆こんな風に、塗り分けに間違いが無いかだけの確認😅

そして、当日。

待ちに待った、納車では、

『ゎぁ… でかい。すげぇ。

いやぁ、思ったよりすごい綺麗で…

イメージしてたより、

ずっとカッコイイです。

やぁ…、

ありがとうございました!』

良かった!喜んでもらえた!!!

まだ、トランク上のリヤスポイラーを取り付けたい予定があるとのこと。

どんどん自分仕様に変わっていきます。

また、次が楽しみですね!

札幌に来た時は、テクニカルオートに遊びに来てくださいね!!

86(ハチロク)最後の仕上げ

LED デイライト埋め込み。

しっかり角度を合わせて接着固定。

キレイに並んで見えるように、

表と裏を確認しながら丁寧に進めます。

リヤ側は…

社外マフラーを交換してから

ご希望通りに塗り分けたエアロバンパーを取り付けます。

下から覗き込まないと見えないような部分も、美しく仕上がるように、

念入りに。

全部の部品が取りついた状態で、再び細かな所の磨きチェック。

色の染まり具合も、

塗り上がり状態も、

ゴミなどが塗装に入っていないかも、

念入りにチェックします。

さぁ❗

いよいよ納車です‼️

完成を見て、喜んで頂けると嬉しいなぁ☺!!

完成写真は納車後に

インスタグラムに載せますね✨

見てくださいね🙌🎶

テクニカルオートInstagramはこちら

86エアロ塗装

86のエアロを自分で買って持ち込みをして、2色に分けて塗装してほしい‼️✨

何ヶ月も前の、ご相談から始まりました。

エアロは前と後ろ、別々のメーカー。

見積もりを出して、

予算をたてて、

注文をして、

待つこと何ヶ月⁉️

受注生産なのか、纏まってからの生産なのか、4ヶ月くらいはたっぷり待ったと思います。

全部のパーツがようやく揃い、

待ちに待った、入庫‼️

バンパーを仮合わせして、

塗装の準備。

赤と黒2色の塗り分け方も指定通りに

丁寧に進めます。

Instagramでは、塗装の様子をライブ配信もしてみました😄

最初は黒だけ。

艶消しの黒です✨

そして、

赤!

塗り分け完了です✨

もう少しですね🙆

楽しみ~~~~~~✴️

BMW3 スポイラー持込で取付

BMW3ツーリング

フロントスポイラー取付について

ご紹介します。

『取り付けたいスポイラーを購入して、自分で簡単に付けられると思ったら、純正のボルトじゃ 短くて、全然とまらなかった!』

↑これです。

少し厚みがあります。

スポイラーの厚みがある分、純正スクリューだと受け部分に届かないので、

太さやサイズなど色々調べ、

社外品の長いスクリューと受け側の部品を用意しました。

部品が揃ったところで、

日時を約束して😊

スポイラー取り付けの間は、

コーヒータイムです☕️

じゃーん✨

▼取付前

▼取付後

部品単品で見るより車体に取付た方が雰囲気があって良い感じです。

お客様も大満足🎶

また何かカッコイイもの見つけた時は来て下さいね!

お待ちしております^_^