バンパー取り付け部、亀裂!!

左フロントをぶつけてしまいフロントバンパーの取り付け部が切れて飛び出してしまいました

 

こんなに切れてしまうと交換って言われる事がほとんどだと思いますが弊社ではプラスチック溶接機があるんだよーーー!

 

バンパーの裏を見て素材の確認です

このバンパーの素材はPP!

溶接していきます

バンパーと同じPP素材を溶かし、埋め込むように密着させます。

素材と母材がくっ付いた更に上から、

コテで溶かしながら一体化させます。

 

 

溶接が終わり塞がった穴部分に、

ドリルで穴を開けていきます!

この映像だけで、プラスチック溶接の強度がわかりますね!

車のドアキャッチ周り 錆修理

ここが錆びているのだけど修理できますか?

ん?どこ?

 

あら!ほんと!!

キャッチの隅から錆が確認できます

『どうしてこんな所が錆びるんだろうね?』

 

キャッチがボディーと擦れて錆びちゃっているのかなぁ?

外して確認してみましょう!

 

じゃじゃんっ❗️

えーーー、なにこれーーー😩

すんごい茶色くなっちゃってるんだけど〜

 

と、、思ったら‼️

👇こっちかーいっ

原因は、ボルト‼️

キャッチを止める土台のボルトが錆びていました!

ボディーの錆じゃなくて良かったです!

 

錆の色は綺麗に落とし、

後は、ボルトを新品に交換して終了です。👍✨

 

しかし🤨こんな所が錆びるとは!😳

サーブ フロントバンパー・フェンダー修理

駐車場で擦ってしまい、

バンパーに傷がつき、

フェンダーが歪んでしまったお車🚗

サーブ(SAAB)という輸入車です。

初めてのご来店でしたが、実は以前、ご家族の方がテクニカルオートをご利用頂いた事があったとのこと!

修理方法などを相談し、お預かりすることとなりました。

 

ぶつかった事で、車体の内側へ押され変形してしまったフェンダーは、板金をして元の形へと形成

 

左側についたバンパーの傷は修理をして、経年による部分塗装のぼかし目が出ないよう、 バンパーを取り外して1本全部を塗装しました。

 

『せっかく車が綺麗になるのでずっと気になっていたホイールナットの錆も一緒に綺麗にしたい!🔩✨

とのご希望もあり新品のもので交換もした所で…全て完了🙆‍♀️✨

 

ナットも新品でピカピカ🌟

▼お直しした箇所もこんなに綺麗に🌟

 

そしてお返ししてから数日後、実はこのお車が走っている所を偶然発見👀❗️

 

綺麗になった車で実際に走っている所を見ると何だか、より嬉しい気持ちになりました😄

ハンドルを回すと変な音

🙍🏻‍♂️ハンドルを回すと、変な音がするんです。

🙍‍♀️どんな音ですか?その音はハンドルの根本から聞こえますか?

🙍🏻‍♂️はい…前から鳴っていたのですが、最近だんだん音が大きくなって…

 

そんなお話をしながら、車を確認しに行きました。

 

エンジンを始動させ、ハンドルを動かすお客様。

左に回し『ウィ〜〜ン…』

右に回し『ウィ〜〜ン…』

あらっ!

 

ハンドルの付け根のグリス切れか何かの、よくある異音かなぁと思っていましたが😳

 

『ウィ〜〜ン…』という音は、ハンドルの根本からではなく、もっと先!エンジンルームの中から聞こえる音です。

原因はパワステポンプです。

 

パワステオイルがポンプから漏れてしまい、オイルが足りなくなっている状態でした。😩

🙍🏻‍♂️このままにしておくと、どうなりますか?急に止まってしまうことってありますか?壊れますか?

 

👨‍🔧この音は、もっと大きくなります。今、もう既に壊れてしまっている状態なのですが…

ここから、オイルが漏れちゃってますよね。

極端なことを言うと、

先ずはパワステのオイルが足りない状況が悪化して、パワステの働きが無くなりハンドルを左右に動かすのが大変な状態になります。

そして、オイルは潤滑の役割をしているので、それがなくなるとロックが掛かってしまって、

ここに掛かっているベルトに負荷が掛かり、ベルトが切れてしまいます。

そうなると、水が回らなくなり、

オーバーヒートを起こして、

エンジンがダメになってしまう

…という状況にも繋がります。

 

🤯えーーーー

 

先ずは部品価格を調べて見積もりからとなりましたが、大事に至らず良かったです。

 

お出かけ中に重ステになんてなっちゃうと、女性なら相当大変だと思います。

🐥💨💨💨

 

危ないので、国産車、輸入車にかかわらず、

ちょっとした違和感でも、

早めに診断してもらうと安心ですよ!

 

 

ヴェゼル リヤゲート修理

先日、交換と判断されるくらいバックドアが凹んでしまい、修理来店されたお客様。

 

▼凹みが広範囲に及んでいます

 

安価でお直ししたい希望があり、同色のリサイクル部品をお探ししてみましたが…

残念ながら、見つからず😭

 

リヤゲートの修理は、再封印が必要だったり、リヤゲートに着くガラスを外さなくてはならない場合もあり、板金でも高額になってしまうことが多い場所です。

そのため、同じ色のリサイクルパーツが安価で見つかれば、板金をするよりも安く収まることがあるのです。

リサイクルパーツが見つからないのであれば、板金をして直すほかありません。

これは、やりがいのあるお仕事💪

気合いが入ります!!!

 

まずは接着板金・そして荒出しから

▼裏のシールが傷つかないように養生も怠りません。もちろんバンパーも。

 

ハンマリングで耳ならしから。

ハンマリングの音に耳を慣らすのではなく、ミミと呼ばれるドアの端の部分を真っ直ぐに平す(ならす)作業です(笑)

▼ハンダとスタットプーラーを巧みに使い分け面出しをし形を整えていきます。

 

▼上手く形を引き出す事に成功😄

 

次はリヤゲート塗装

 

▼板金で綺麗に凹みが修正された箇所にパテを付けていきます。

 

▼そして、塗料との接着力を強くする為にプライマーを塗ります。

▼そして塗装完了

 

この後は組み付けをして、完成〜🙌🏻

 

▼このような感じに形もきれいに復元され、うまく仕上がりました♪

 

完成後は、お客様がご来店され

お車とご対面〜🚗👀

そして一言…『流石ですね!!』

🤗素直に、嬉しいお言葉です😆♪

 

修理の工程をiPad📱で順番にお見せしました。

とても喜んで頂く事ができ、嬉しい納車となりました🌟

ランクル サイドシル錆修理

長年愛用されているランクルが錆修理で入庫されました。

 

錆による腐食がかなり進んでいます。

一見、後ろのサイドシル部分のみかと思いましたが

錆の進行は想像以上で、既に前の方まで進んでいました。

 

 

錆部分を少し触っただけでも、穴がみるみる大きくなっていきました。

これは凄くやりがいのあるお仕事!

綺麗にしてあげたい

 

それでは修理をしていきましょう💪

 

まずは型紙作成!

そしてボディの錆は出来る限り落としていきます。

 

▼後ろ

▼前

 

穴を修復!

作った型紙から同じサイズに切り取った鉄板を

穴が開いてしまった箇所にフィットさせ溶接で塞ぎます。

 

▼後ろ

▼前

 

お次は、錆止めです。

ここでの防錆処理はとても大事です!

溶接した鉄板表面はもちろん、

袋状になった内側にもしっかりたっぷり、

防錆剤が外まで流れ落ちるくらい充分に吹き掛け浸透させます。

おそらく、鉄板の内側までしっかりと防錆処理を施している業者は少ないでしょう。

今のところ、知る限りですが、近隣でそこまでやっている業者さんは聞いたことがありません。

 

防錆が終わったら、仕上がりとなる形を整える為に

パテをつけて…

▼後ろ

▼前

乾いたら研いで表面を整えます🎵

 

 

最後に塗装をすると、綺麗に復活!!

▼後ろ

▼前

 

大切な車が、綺麗になりました😊

 

錆の修理は時間もかかり、大変な作業でもありますが

お客様が喜んでお帰りになる笑顔が一番嬉しいです😊

 

ありがとうございました。

フォルクスワーゲン ボーラ マフラー遮熱板修理

マフラーの遮熱板が、錆による腐食で落ちてしまったとご来社された フォルクスワーゲン ボーラ🚗のお客様。

 

どれどれ👀❓

早速リフトにあげて見てみることに。

 

 

マフラー本体に遮熱板を固定する為のボルトが鯖による腐食のため、折れてしまったようです💦

折れてしまったボルトのネジ山部分は車体側に埋まった状態で残っていました😳

 

 

『外れた遮熱板自体は、使えそうだよね』

『そぉっすねー』

 

「こんな感じに取り付くのかな」

形を合わせてみて確認OK🙆‍♂️

 

『ディーラーへ行ったけど、丸ごと交換しないとダメだと言われてしまった』

そうなんです。本来なら、この状態ではマフラー交換と判断されてしまいます。

そうなると部品代も高く、高額修理に…。

 

ここがテクニカルオートの腕の見せ所♫

予算をおさえる為に、出来る方法を色々と考えます😄

 

では、修理へ!

 

まずは埋まっているボルトを取り除く作業です。

これが結構、大変なんですよ💦

ドリルを使用し、新しいボルトを入れても使えるように、少しずつ、上手〜く、取り除きます。

そして、ボルトが入るように穴を加工〜⚙

施行錯誤の上、埋まり込んだボルトは綺麗に取り除けました✨

 

ボルトが入るようになったら、遮熱板をしっかりボルトで固定❗️

 

 

取り付け完了〜✨

 

輸入車は日本車よりひとつひとつの部品価格が高いので、このように修理が可能な場合は費用を抑えられますね。

 

また何かございましたら

いつでもご相談ください😊

ティーダ リヤフェンダー修理

ご入庫頂いたティーダ🚗

リヤフェンダーとリヤバンパーの修理でお預かりしました。

 

 

このそれぞれのラインが合わさる部分は

板金でしっかりと出さないと仕上がりがイマイチになってしまいます。

 

そこを意識しながら、いざ修理❗️

 

▼バンパーを外してみると、意外にも凹みが大きい事がわかります。

 

まずはこの状態から、元々のラインを出す為に引き出し板金をしていきます。

板金が綺麗に出来ると、この後のパテ埋めが少なく出来る為

この部分の作業はとても重要✨

 

 

 

▼引き出しした後は、形を整えていきます。

 

▼板金で凹みを出せたらバンパーを仮合わせ

 

良い感じの面出しが出来たので、次は下地処理へ😊

板金が上手くいくと、下地処理も良い感じに♪

 

 

このあとは、塗装を行い リヤバンパーは交換した物を取付して完成~!

 

綺麗にお直し出来ました👌

 

エンジン不調とサビの関係!?

マフラーの排気漏れを点検して欲しいとお客様がご来店されました。

 

すぐにリフトに上げて見てみますが、これと言って悪い箇所は見当たらず…。

排気漏れも無さそう🙆‍♂️

 

お客様に詳しく事情を伺うと

走行中にカラカラと異音を感じ、

エンジンの回転数が下がる症状があったそうです。

すぐに他社で見てもらったところ、マフラーと燃料ポンプの交換が必要と診断されたとの事でした。

 

『あと1年くらいしか乗らない車だし修理代があまり高くなるのは…』

と思い、テクニカルオートにご相談頂いたようです。

 

点検を進めてみると、意外な所に原因が…❗️❗️

それは給油口のふたを開けた所に。

 

 

なんと!!

錆で腐食し、破片がポロポロ周りに落ちています。

 

 

キャップも錆汁でマチャッチャ😭

 

これは、もしや!?

 

ポロポロとなった破片が、こんなにも中に入り込み

燃料タンクが詰まり掛けていました😱🗯

 

 

異音やエンジン不調もこれが原因ですね。

 

すぐに燃料を吸い取り清掃を掛けます。

そして、錆びてポロポロのタンクネックは新品に交換⭐️

 

 

うん、音も無くなりエンジンも絶好調♫

 

他社で言われていたマフラーや燃料ポンプを交換するよりも

安価で出来た事、そしてこの先も安心して乗れる事にご満足頂けたようです。

 

良かった〜😁

スバル プレオ エアコンベルト交換

エアコンをつけるとキュルキュル変な音がするとの事で点検のプレオ🚙

原因はエアコンベルトの劣化によるスリップ音でした。

 

新しいエアコンベルトを手配し、

いざ交換作業❗️

 

 

しかし…うゔ〜〜狭い❗️🙄

 

 

作業をしようと手を隙間に入れるだけで

目一杯の状態💦

 

腕、太いんじゃないの?👧?

 

プレオの構造は実に交換しにくい位置にエアコンベルトがあるんですー👨‍🔧💦

▼ほら

 

 

しか〜し!! やり難いと言っても

プロです👨‍🔧✨

やり方は今までの経験から沢山知っています。

こういう時は、色んな工具を駆使しながら!

 

無事、交換完了🙌

 

良かった良かった😊

 

ベルトと関係はないですが、この社外品でついていたフィルターがメロンに見えて仕方なかった私です🍈😋笑