EKワゴン ジグ修正 保険修理

 

保険会社さんのご紹介でご入庫となったEKワゴン🚗

 

バックで駐車しようとした時に塀にぶつけてしまい

左の後ろ側が大きく損傷💦

 

保険を使用して修理をする際は、事故の際に損傷を受けた箇所を

見落とすことないよう細かくチェックをしてお見積もりを取ります✏️🗒

▲車に青い印が付いているところが傷や凹みのあったところ💡

 


 

バンパーを外してみると外から見るよりも内側に大きくダメージを受けていました⚡️

バンパーは鉄板とは違い、ぶつかった際の衝撃を吸収できるよう柔らかい樹脂素材で

できているため、ぶつかった後形が戻りやすく、一見なんともなく見えていても

骨格のところへダメージが入っていることが結構多いのです😭

 

ご覧のようにバックパネルやクォーターにかけて

グニャっと変形しています💦

 

こういう状態になると、『ジグ』というフレーム修正機(工場に1台しかない)

を使用して、元のフレーム(骨格)の状態に修正をかけて直す必要があります💡

▲車体に鎖のようなワイヤーを取り付けミリ単位で引っ張り

元の形へ戻してあげます🙌

きちんと元のフレームに戻してあげないと、交換するパネルが

ピッタリ組み付けできずさまざまな不具合が生じてしまいます👨‍🔧

テクニカルオートでジグ修正をできるのは、板金屋さんのトップ❗️太一さんだけ

この冬〜春にかけては大きな事故も多く、修正を待つ車は順番待ちの状況👀

機械もひとつ、技術者もひとりの為、太一さんは日々奮闘してくれています🏃‍♀️💨

 


 

ジグでの修正が終わったら、新品で交換するパネルを

溶接で貼り付け交換します🙌

▲クォーターのパネルは1枚ではなく表面と内側の2枚合わせになっていて

こちらは内側のパネルです👨‍🔧

▲これが表側のパネル💡

未塗装で届くため、塗装が必要となります💡

▲塗装をかけるための下地作りをしました

溶接部分は鉄の性質が変わり錆びやすくなるため

きちんと防錆処理も行っています😊👍

傷の入っていたドアも塗装💡

そのほかリヤゲートやバンパー損傷のあった部分は交換もしくは修理をして

仕上げて修理完了🙌

 


 

お客様の命を乗せて走る車🚙🌈

きちんとした修理で安心して乗って頂けるよう1台1台心をこめて修理しています☺️🍀

 

ノートオーラのあるある

日産のノートオーラ🚙

 

リヤワイパーを冬から夏へ交換しようと試みましたが

固くて固くて…中々外れてくれません✋😫

 

滑りを良くしてみたり等のちょっとした工夫をしてみても上手くいかず、四苦八苦

そして…

バキッと… 壊れちゃう‼️⚠️

ガーン…

 

すぐに部品の在庫を確認してみると、なんと!!

バックオーダーとなっていて、80人も待っている状況なんだとか‼️

 

きっと、タイヤ交換のタイミングで

皆んな同じように壊れてしまい注文が殺到したんですね💡

 

どうやら、この車種には多くある話のようです。

 

対策品が出てくれたら良いなぁと思った出来事でした🤔

HBCさんが取材にやってきた

8日金曜日のお昼過ぎ、電話を取るとHBCニュース担当の方とのこと!

「今年の雪害についてお話を聞きたい」との事で 聞かれたことに対して説明をしたところ、

「わかりやすかったから11日月曜日10時に取材に行きたい」と😄😄

ほんとに突然だけど全然OKです!むしろ楽しみです!

 

ということで、

当日10時前にHBCのクルーがやってきました!

 

取材ということで、お話を受けるのは みちるが担当。

フワフワのボンボンがついた ピンマイクを取り付けます!

 

ここについた! 珍しいものを身に付けると喜ぶ♪

 

カメラマンは女性です! 大きなカメラを担いでカッコイイ✨

工場での撮影だったので、

シャッターを開け、明るい場所で撮りました。

何を撮りたかったかと言うと、

先月までの、あの大変だった雪道の状況で起こった自動車の損傷について。

たまたま、そのお話の通り、

雪の塊にぶつかって、バンパーが大きく凹んでしまった

シルフィちゃんをモデルに。

 

消防の方からの情報によると、

バンパー破損に伴い、フォグランプの脱落が原因となって

車両火災が発生した事案が 今年、3件もあったそうです。

消防局の方では、紙資料での説明だった為

実際の車両を用いて、イメージを伝えました。

ヘッドライトの場合、フォグランプの場合と色々撮影しましたが、どこが採用されるかわかりません🤣

↑クリックして動画再生

 

フォグランプがちょっとグラグラしてしまっただけで

なぜ、そのようなことが起こってしまうのでしょう?

 

フォグバルブの発熱と樹脂部分の接触によって起こることだそうですよ。

バルブ表面温度は、500度にもなるため、

樹脂の薄い部分が溶けるだけではなく発火してしまうとか。

なんだか、ショートもしていないのに ほんとに燃えるの!?

ライトが当たっただけで自動車火災⁉️🔥 と思ってしまいますが

実際に、起こり得ることなんですね😱こわいこわい

 

フォグランプも 単品で撮影されてましたよ😊

 

おそらく、明日13日のHBC 

【今日ドキッ!】18時台のニュース

堀アナウンサー担当「もうひとホリ」のコーナーで放送されると思います。

札幌にクマが出なければ、予定通りに!とのこと笑

 

詳しくは、放送を見てね!

しゃべりすぎて カットされまくってることが予想されますが笑

👇このチャンネル この番組です♪

 

ホンダZ 穴あき修理❶

 

これまで何度かご入庫いただいているお客様からの

ご相談🚙✨

 

以前からとてもお車を大事にしているとお伺いしておりました💡

今回のご相談内容はというと、

サイドシルに穴が・・・

自分でタッチアップをして少しでも進行を遅らせるように・・

と処置はしていたものの、錆の威力には勝てず😭

 

修理を決断‼️

ここの他にもクォーターパネルにも錆がありそこも一緒に直すこととなりました💡

 

 


 

まずは塗装屋さんがサンドブラストでサイドシルの錆を落とすところから💨

 

クォーターの錆は削って落とします🌀

 

▼ブラスト&研磨後💁‍♀️

 

 

鉄板が剥き出しになってしまうと錆びやすくなってしまうため

プライマーを塗ってボディを保護

▼わかりづらいですが少しツヤツヤしてます💡

 

ここから先は板金屋さんへバトンタッチ🙌

 


 

今回は穴の空いたところに別な鉄板を切って溶接する

当て板修理をするので、鉄板を貼るところの大きさを確認してカット✂️

▲当て板の形にペンで印をしています💡

▲鉄板を切るため作った型紙

点線はサイドシルの形状に合わせて形をつくための印💡

この印に合わせてハンマーなどで叩き折り曲げ

フィットするように形を作ります🙆‍♂️

できました🙆‍♀️✨型紙通り山おり谷おりで鉄板を形作れました😊👍

ボディに合わせて確認💡

『よし❗️OK❗️』と太一さん👨‍🔧

 

ここまで来たら今度は溶接の作業へ続きます👉👉👉

 

この続きはまた明日ご紹介しますね💁‍♀️❗️

ジムニー雨漏りがする💧

 

運転席の足元に水が溜まるんです・・💧💧

と、ご相談のお客様のお話です💁‍♀️

 

お車はジムニー🚙

どんな風に溜まってるんだ❓

とまずは水をかけて症状の確認からしていきます💡

 

雨降りを想定してシャワーでドバッと水をかけてみると・・・

ポタっポタっ・・💧

ビスのあたりからじんわり水が滴っているのがわかりますか❓

 

どこからか雨漏りしている🤔

さて、どこから伝って水が来ているのか❓❓

考えられるところを点検していきます🔍

 

フロントガラス周りが怪しい・・

すると、見つけました‼️👀💡💡

 

矢印⇧で示した場所。

ルーフモールをめくってみると・・・

シーリングが劣化していました💡

さらにめくって見てみると🔍

あ、ひび割れている💦😭

この劣化していたシーリングの隙間をぬってこのひび割れから室内まで

水が伝ってしまっていたのでした‼️

 


 

原因がわかったらあとは修理するのみ💪✨

ルーフモール自体はまだ使えるものなので再利用で進めます。

紐のでているところはアンテナがついていたところです💡

今回塗装をかけるため一度取り外します🙆‍♂️

水が滴っていたのは運転席側でしたが

反対側も見てみると同じようにひび割れが💦

両方直します💡

ひび割れを修理することは難しいため今回はシーリングで

割れている箇所を塞ぎました🙌

隙間なく埋められるようフロントガラスの被さる部分まで

しっかりと密着させます👨‍🔧

 


 

左右ともシーリング剤がしっかり乾燥したら

その上からクリアをかけてコーティングするイメージで塗装をかけます🙆‍♀️✨

塗装をかけるところ、かけないところで養生をして

見た目の境目がわからないよう両サイドフロントガラスの横のピラー部分にも

クリアを吹きかけました💨✨

 

あとはめくって固定していたルーフモールを元通り取り付けし直して

外したフロントガラスを再度はめ直してアンテナも付けたら

修理完了🤗‼️

 


 

雨漏りを放っておくと室内がカビ臭くなってしまったりするのは

早く原因が分かり、修理することができたのでよかったですね☺️🍀

 

フレーム修正って❓

 

連日の大雪の影響もありどうしても事故が増えてしまうこの時期

テクニカルオートに骨格まで損傷してしまった車も多く入庫しています🚙⚡️

 

骨格の修正には

各メーカー・車種ごと、規定の寸法が設けられています💡

▲ご覧のようにメーカー・車種ごと分かれて寸法図が明記されています💡

 

フレームや各パネルとパネルの間の幅や広さが

ミリ単位で決められています👨‍🔧

 


損傷の具合によってジグ修正機にのせて

骨格を元の位置に引っ張り戻してあげる方法であったり

▲手の力で引っ張りながら修正をかける方法もあります💁‍♀️

このように大きな定規のようなものを使って

ボディからフレームまでの長さ(寸法)を細かく何度も

確認しながら修正していきます🙆‍♂️✨

引っ張りすぎてもだめ、力が弱くても適正な位置に戻せない🙅‍♂️

まさに職人の技術です💪✨

 


 

こちらのフィットは右後ろ側に大きな損傷を受け、

リヤハウジングとクォーターを交換する修理のお車🚙

リヤハウジング表裏をパネルが重なってくっついてるので

内側のパネルをまず元の寸法に戻してあげないと

新しく交換するハウジングとの合わせがピッタリ

ならなくなってしまうため

パネルを外す前にジグで修正をかけます💡

大まかな修正が完了したのちに

☝️クォーターパネルを外して(溶接でついているので溶接を外す)

☝️リヤハウジングを外す

▲新しいリヤハウジングに交換した後の様子

 

交換と言っても簡単にパチッと外してピッとつけるものではなく

ズレが生じないようバイスプライヤーと言われる

大きい洗濯バサミのようなものでパネルを挟み込み固定したのちに

溶接で取り付けしていきます😄🙌

 

ミリ単位の修正が完璧にでできたところで一旦外していた各パーツ

を組み付け直して修正完了😊

 

万が一、修正に狂いがあるとボディの一度外していたものが

きちんと組みつかないのでミリ単位での修正がとっても重要なんです👩💡

 


 

こんな風にしてテクニカルオートでは壊れてしまったお車を

元通り綺麗な状態、かつ安全に走れるよう修理しているのでした💁‍♀️💡

フォレスターのドア凹みを直そう💪

 

フォレスターでお越しのお客様

 

ドアをぶつけてしまって💦とのご相談でした😢

左のリヤドアが大きく凹んでいます😱

この大雪で狭い道を走る中硬い雪山に激突してしまったそう💦

 

ちょうどパネルのラインにかかる部分が凹んでいるため

板金修理で進めるとなるとそれなりの費用がかかるだろう・・・

そう思い板金屋さんに見てもらいました👀

 

『これならすぐ出せるよ❗️』

 

えっ❗️❓👀✨

 

お客様にどの程度の仕上がりをお求めか確認すると

「パッと見て凹んでいる感じがわからなければそれで十分❗️」

 

幸いこれだけ凹んではいましたが塗装の割れは起こっていなかったため

塗装をし直す板金修理の方法ではなく、

吸盤を使い、凹みを引っ張り出す方法でやってみよう❗️ということに💡😄

 

▼使用するのがコレっ👇✨

この大きな吸盤をドアのパネルにくっつけて凹みを引っ張り出します💪

 

 

あっという間に凹みがポコっと💨✨

 

before👇

After🌈

 

お分かりになりますか😊❓

ドアのパネルに反射して写っているものが最初は歪んで見えているのに対して

修理後はラインも元の通りに戻りあんなに凹んでいたのが

わからないほど修復できました👏😋

 

お客様に確認してもらうと

『えっ👀❗️すごい❗️全然わからない❗️

安く済んで良かったよ〜😌❤️』

と大喜びでした🙆‍♀️

 

ご来社頂いた時はどんより落ち込んでいらしたのですが

帰る時には明るい表情で帰られたので安心しました❤️

 

エブリィあるある

ハンドルを切るたびに・・

 

耳障りな音👂💦

 

お車はスズキのエブリィというお車🚙💡

 

以前にも全く同じ症状のエブリィのお客様が

続けてご相談にいらっしゃいました😭

 

音の鳴っているところはというと・・

▲ここなんです💁‍♀️💡

 

ステアリングの軸になっている部分💡

ここのあたり面が擦れて音を発生させていました👨‍🔧

 

音だけ聞くと何が壊れてるの❓❗️

と不安になってしまいますが

大丈夫🙆‍♀️安心して下さい✨

『処置の様子👀』

▲こんな風に

グリスアップして滑りをよくしてあげたらもう音は解消🙌

 

エブリィに限らず車を製造する段階で微妙な個体差はあるので一概には言えませんが

ここ数ヶ月で同じご相談が続いたので

ご参考までにご紹介でした🤗🍀

 

私の車も・・・😲なんて人がいたら試してみて下さいね♫

パジェロミニ ヒーターが効かない・・

 

お客様からどうしよう・・と相談のお電話📞💦

 

『高速道路を走行していたところ

ヒーターが効かないなぁ・・・と思ったら、

メーター内のチェックランプが全部点灯💡💡❗️して

どんどん加速できなくなり止まった状況🚙⚡️』

 

まずは高速道路上とのことなのでレッカーで運んでもらうお話になりました👨‍🔧

 


 

車が運ばれてきたので早速点検🔍

 

エンジンルーム内を覗いてみると👀

 

あっ‼️‼️

▲矢印のところに異変が💦

▲拡大🔍👀

 

ラジエータのアッパーホースがずれているーー❗️

 

そう、原因はここでした。

ホースを外してみると❓

こんな具合にホースの接続部分が劣化により粉々に割れている状態

 

アッパーホースがずれてしまったことによりその部分から

クーラント(冷却液)が全部漏れてしまい

エンジンがオーバーヒートを起こしため

ヒーターが効かず、加速できなくなり停止した・・ということだったのです😢

 


 

通常であればエンジンが焼き付いてしまう時変わったニオイがしたり

この寒さの中走行していたら熱く熱せられたエンジンが外気に触れ

水蒸気がモワッ💨💨と出ていたはずなのですが

今回は高速道路を走行中だったため、エンジンの回転数が高かったことと

風の勢いで水蒸気が出ていることに気づきにくい状況が重なってしまったのかもしれません😣

 

 

車は大きなダメージを受けてしまいましたが

高速道路上で大きな事故に至らなくて本当に良かった💦✨

 


 

皆さまも、少しでもいつもと何か違う感じがする・・🤔❓

そう感じた時には迷わずに安全なところで一度止まって確認してみるようにしましょう💁‍♀️

 

パレット オルタネーター凍結⛄️ベルト断裂⚡️

 

お客様からの入電📞

『車に乗ろうと思ってエンジンをかけたらベルトのような音が

大きく鳴いて、その後音が鳴り止んだと思ったら焦げくさいんです・・』

 

その後お客様ご自身でエンジンルームを開けて

状態を見てみると、以前テクニカルオートでご紹介していたお車の状況と酷似していたそう❗️

 

その状態とは・・・・❓❓

 

ベルトが鳴っていたのに音が鳴り止んだ

その原因は、コレ👇💡

ベルトがない👀‼️‼️

焼けてちぎれて切れてしまっていました💦

 

では、なぜちぎれてしまったの❓👩

 

その理由は・・・

発電の役割をするオルタネーターが凍結していたからなんです💡👨‍🔧

凍結によってベルトを回すプーリーが動かなかったことによりベルトが切れてしまったというわけです💡💦

焦げ臭いニオイは焼けてちぎれたからでした。


 

通常オルタネータが凍結することはないのですが、なぜ凍ってしまったのか・・

お車の状態を確認すると

▲いろんなところに雫が滴っていました💧💧

 

この雫がオルタネータのベルトとオルタネーターのプーリーの上に落ち

凍らせてしまっていたのです😭

 

この雫がどこから来るのかというと・・・

▲矢印部分にあるカウルトップの隙間から雪や雨の雫が流れ落ちていました💧

 

実はこの症状、ある特定の車のあるあるだったりします😢💦

 

以前に同じ症状のお客様がいて処置をさせて頂いた事があり、その時のブログを見つけて

今回のお客様も『ドンピシャだ‼️‼️』と気づいてくれた、というわけです💡

 


 

それでは今回も雫が流れてこないように処置をします。

カウルトップは通常はめ込み式でカチッと止めて取り付けするのですが

こちらのお車の場合、それだけでは隙間が発生し、流れてきてしまうので

原始的な方法ですが、カウルトップをシーリング剤で密着させ貼り付けます👏

 

▲黒いものがシーリング剤

 

これで隙間なく貼り付けます👏

付けてしまうと簡単には外れなくなってしまいますが、凍結は防ぐ事ができます⛄️✨

 


 

貼り付けた後には、切れてしまったベルトも新しいものに交換して

水をかけ流れてこないことを確認したら・・

作業完了🙆‍♀️🙆‍♂️✨

 


 

お車のことはよく分からなくて何かあった時にどうしよう・・と不安になってしまう方も多いと思います💡

今回も不安の中、当社のブログを見つけて連絡をくれたお客様、これからもそんなお客様の不安を少しでも

解消できたなら嬉しいなと思います🍀