ジェイド リヤフェンダー修理

こちらのお車🚗

リヤフェンダーの損傷により、時間の経過共に若干錆が出てきている状態です。

 

 

▼バンパーとそれぞれのラインのつながり部分が変形しています。

▼後ろから見ると、フェンダーが押されて中に入っていますね👀

 

では、半田溶接で引き出し板金をし、形を整えていきましょう💪

 

 

引出し板金に使うアタッチメントを最適な角度で溶着し、

工具を取付して引っ張る作業〜⚒

この作業によって、ボディのラインがきれいに直ると面出しがスムーズに終わります♪

 

 

この後は、何度かバンパーを仮合わせしながら、下記のポイントを確認します。

 

①綺麗なラインが出来ているか

②バンパーとフェンダーとの隙間はきちんと出来ているか

→隙間は広すぎても狭すぎても🆖❌ 端から端まで均等になっている事も確認。

③片方のパーツが奥まったり、飛び出したりしていないか

 

その後は、錆をしっかり落としてプライマーを入れて下地に進みます。

 

下地、塗装、磨きの工程を経て

最後は組み付けをして完成☆

 

 

しっかり点検、清掃をしてお客様にお渡ししました☺️

 

ありがとうございます。

トール リヤフェンダーとスライドドア板金

ダイハツ トールが入庫しました。

 

スライドドアからテールランプまでの間の斜めのラインが全体的に変形しています。

 

▼この辺り

 

凹みは点で出すよりも、プレスラインに沿って線で出した後

ラインそのものもしっかり作り、更に上下の面を直していきます。

 

引出しに使うアタッチメントを半田を溶かして接着します。

 

しっかりと接着されました!

 

 

工具🛠をセットして…引っ張る!!!

 

形が出たらアタッチメントを取り外し、表面を削っていきます。

 

こんな感じになりました。

 

後はスライドドアを鈑金して下地作業 👉 そして塗装です。

 

完成😆✨

 

今回は自費で出来るだけ安価でというご希望があったので

必要最低限の部品の脱着で進めました。

 

お客様にも喜んでもらえてよかった〜!

ありがとうございました😊

ストリーム リヤフェンダー左右修理

フェンダー修理のお見積もりでご相談を頂いてたストリーム🚗のお客様。

 

入庫のお約束をしていた矢先…。

『反対側もぶつけられてしまった😭』

と左右の修理となりました。

 

▼左側

バンパーとの繋がり部分まで損傷しているので修理には少し時間が掛かりそう。

 

▼右側

バンパーのラインに傷とフェンダー表面上に凹みなので左に比べると早く終わりそうです。

 

作業開始🛠

 

引出し板金で凹みを出していきましょう✨

 

板金作業完了✨

▼右側

▼左側

修正が終わったら、次はバンパーを仮合わせ。

そしてバンパーとフェンダーの繋がり部分も確認して下地作業に進みます。

 

パテを付け、研いで形を形成していきます。

 

バンパーの傷も修理して塗装前の下準備。

 

そして最後の仕上げ…塗装‼️

 

▼左側

▼右側

 

こ〜んなに綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

 

ぶつけられた時のショックは大きかったと思いますが

綺麗に仕上がったお車を見てご満足頂けたようで安心しました🤗

NV200バネット リヤゲート修理

ガラスが割れてガムテープで保護をした状態でご入庫頂いたバネット🚗

ガラスが取り付く位置も変形している状態でした。

 

▼正面からの状態

 

▼角度を変えて見ると変形具合が良くわかる!

 

▼パネル裏も大きく歪んでいます。

 

外からの押されている力が強い為、引き出し作業は慎重に作業を進めていきましょう💪

 

まずは大きな凹みを荒出しする所から🛠

 

 

ベコッと凹んでしまった物は、一見、引っ張るとボコッと出るような気もしますが

残念ながらそう簡単には出ません🙅‍♂️

少しずつ少しずつ元に戻してあげる必要があります✨

 

広い面をおおまかに出した後は、プレスラインを2本出していきます。

 

引作業でプレスライン、パネルの表と裏の変化を見ながらの作業👀❗️

その微妙な変化も見逃しません。

 

あまり引き過ぎると逆にパネル自体が変形してしまうので、そこは全体を見ながらの判断が必要です💡

 

細かな所まで出し切ると、こんなに綺麗な形になりました。

 

パネルの裏から見ても凹みはもう見当たらないですね🙆‍♀️

 

この後は、ガラスを仮合わせして取付位置とプレスラインの確認をしてから下地作業に進みます。

 

最後に塗装をして、ガラスをはめ込み完成🌟

 

綺麗に仕上がりました👏😊

カローラアクシオ サイドシル板金

こちらのお車のサイドシルは前側から後側まで長く変形が続いていて、錆も出ています😢

サイドシルはドアなどと違い、硬〜い部分です。そして、袋状になっているため、裏側から叩き出すことはできません。

これを直すには…!

引き出し板金です👍✨

鉄の性質を変化させないため後々の錆となる原因を作らない工夫です。

まずは専用の接着剤を使って工具を装着!

 

この工具を使用して

最初は出来るだけ『面』で荒出しをしてヘコミを薄くしてから、

一度に引き出す範囲を狭め、仕上げとなる形を徐々に修正していきます。

 

この一連の作業により、出来る限り凹みを無くし面出しすることによって、パテを使用する量が薄くて済むようになります⛏

 

凹んだ鉄板を限りなく原型に復元させるのが板金屋さんのお仕事

職人技です💪

 

綺麗に形を出すことが出来ました❗️

変形して潰れてしまったことにより狭まっていたドアとサイドシルの隙間は…?

良いですね!

ドアとの隙間も均等になり復元は上出来✨

次はドアを外して下地処理・そして塗装へと進めていきます。

 

 

損傷を受けた部分には錆も出ていましたが、錆の進行は浅かったので鉄板への腐食ダメージが少なくて良かったです。

サイドシルは、道路の縁石等にぶつけてしまいやすい所なので、もし凹みが出来てしまった時は錆が酷くなる前に早めの修理をおすすめします😊

ティーダ リヤフェンダー修理

ご入庫頂いたティーダ🚗

リヤフェンダーとリヤバンパーの修理でお預かりしました。

 

 

このそれぞれのラインが合わさる部分は

板金でしっかりと出さないと仕上がりがイマイチになってしまいます。

 

そこを意識しながら、いざ修理❗️

 

▼バンパーを外してみると、意外にも凹みが大きい事がわかります。

 

まずはこの状態から、元々のラインを出す為に引き出し板金をしていきます。

板金が綺麗に出来ると、この後のパテ埋めが少なく出来る為

この部分の作業はとても重要✨

 

 

 

▼引き出しした後は、形を整えていきます。

 

▼板金で凹みを出せたらバンパーを仮合わせ

 

良い感じの面出しが出来たので、次は下地処理へ😊

板金が上手くいくと、下地処理も良い感じに♪

 

 

このあとは、塗装を行い リヤバンパーは交換した物を取付して完成~!

 

綺麗にお直し出来ました👌