バッテリー点検

ちょっとエンジンのかかりが悪かったり、
短い距離しか走らない人は、バッテリーが心配ですね!

今付いているバッテリーが大丈夫なのかを診断してみましょう。

このバッテリーサイズは【65B24L】

この数字と英語にも意味があります!

① 65 ② B ③ 24 ④ L

 

①JIS規格による性能ランク(50未満は2刻み、50以上は5刻み)
エンジンの始動性や容量などで総合的に区分される。数字が大きくなるほど大容量。

②サイズ表示。バッテリーの幅×高さをA~Hまでの記号で表示。Aが最小でHが最大。

③サイズ表示(長さ)。バッテリーの横の長さの寸法をセンチ表示。24は24センチ。

④端子位置。バッテリーの短側面のプラス端子側から見たとき、端子が右側の場合R表示。左の場合L表示。

 

診断機で測ってみましょう!

CCA値が440です

CCAとは、コールド・クランキング・アンペアの略で、アメリカでのバッテリー規格の表し方である。マイナス18の環境で、端子電圧が7.2Vまで低下するような放電を30秒間行った場合に、バッテリー内部にどれだけ電気を出力する能力があるかを判断する指標です

 

診断結果を印刷できます!

容量が少なくなってきてるけど、まだOKですね!

バッテリーが気になる方はお立ち寄り下さい(^_^)

走行中エンジン停止!パレット・ワゴンRの人、必見👀

走行中、エンジン停止で スズキ パレットがレッカー入庫

 

バッテリージャンプでエンジン始動するが
チャージランプ(バッテリーを現したランプ)が点灯したまま…。

 

ということで、

リフトアップ!

 

◆エンストの原因を診断

 

発電機(オルタネーター)を覗いてみると👀

あれっ

❗️ベルトが無い😳❗️

 

 

古くなって切れちゃったのかな…と思いながら見ていると、

2ヶ所、気になるところが・・・😓

 

随分大量の黒い粉と、小さなツララ。

 

『あ〜〜、…… 凍ったな。』

 

◆診断結果

厳寒期に時々ある、

 

【オルタネーター凍結】

 

👩 え~~~、オルタネーターって、凍るの!??

と 女性スタッフの声。

 

そうです、前々からあることですが・・・。
知らなかったの?

 

????👧????

 

◆なぜ、オルタネーターが凍ったのか?

 

駐車条件、気温、水分など、いくつかの要因が重なった時に発生してしまいます。

 

凍りつくことにより回転できなくなった発電機と、エンジンによって回転しているゴム製のベルトとが、ものすごい勢いで擦れ合い、異音(キュー、キーー)を出しながら

大量の摩耗粉を発生させ、やがて切れて飛んで行ってしまいます!

 

後からお客様に聞いたところ、

エンジンを掛けた時に キーーと大きな音がしていたそうです。

 

発電していないのに走ってしまったので、バッテリーの電気が無くなった時点で、エンスト⚠️🚗⚠️してしまったということですね。

 

◆凍る原因を動画で紹介

ちなみに、この車は

丁度、発電機に水が流れていってしまう構造でもあったので、

その対策もして、納車しました✌✨

主に、パレットとワゴンR

型式にもよりますが特に注意です。

 

⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄

 

聞きなれない音がした時、

変わった匂いがした時は、

すぐに点検に来てくださいね!

 

整備の伊藤より、情報でした~。

 

 

 

バッテリー注意報

このところ、寒さが厳しい日も多く

『エンジンの掛かりが悪いんです』というお客様が連発。

エンジンを始動しようとして、鍵を回したとき

キュルキュル…というセルの音がいつもより長かったり
いつもより弱く感じたときは、バッテリーの点検をしましょう。

バッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリーの点検は、待っている間にすぐできます。

バッテリーにテスターをつないで、エンジンを始動させ、

電圧と電流、発電状態を確認します。

 

充電量が足りないだけなら、
バッテリーを充電をして使えることもありますし、
充電量だけでなく、容量も足りなくなって劣化しているようなら、バッテリー交換をお勧めします。

▼バッテリー充電中

▼検査結果はレシートのような紙に印刷されるので一緒に確認。

普段、あまり車を動かさない方や、ちょこちょこ乗りの方は
特に気を付けてくださいね!