頼まれごとは試されごと✨レクサス ナンバープレート土台取付

🍀今日はちょっと番外編😉🍀

 

数週間前のお昼休みのこと🍙

レクサスに乗ったお客様が、作業の相談でご来社されました🏃‍♀️

 

どのような作業を希望なのかお伺いすると・・

ナンバープレートをフロントグリルにピッタリ隙間なく取り付けることができないか

という内容でした💡👀

どういう事かというと

▲赤い矢印の通り、グリルとナンバープレートの土台の間に隙間があります💡

これをグリルにピッタリ密着するようにどうにか付け直して欲しいとの事。

 

他社さんでこの土台を取り付けたのですが、出来上がるとこんな仕上がりで

隙間なく取り付けるのは無理❗️と、お断りされたそう💦

そんな時に、『そういえば近くにテクニカルオートという工場があったな❗️』

と、思い出し、初めてでしたが、相談しに来てくれたというお話でした☺️

 

困ってどうにかしたくてテクニカルオートへ来てくれたお客様です。

なんとかできる方法を考えてやってみます😄💪✨

 


 

別日で改めてお車をお預かりして、作業スタート👨‍🔧‼️

今ついているものとは別の土台をお客様が用意してくださっていたので

こちらを使ってやってみます💁‍♀️✨

▲上から見ると矢印のあたりに1cmほどの隙間が見えます

まずは今ついているものを取り外します🙌

外すとフロント前面が網目状のグリルになっているのがわかりますね💡

今回はこの網目状の穴をうまく使って裏側からステーを噛ませて取り付けしてみようと思います🙆‍♂️

 


▼まずは取り付け位置を想定して

寸法を図るところから💡

横幅と

奥行きをスケールを使って測ります🔍

計測ができたらピッタリサイズで使えるステー類を調達しに買い出しへ🚙💨💨

材料が揃ったら

エンジンルームのカバーを取り外して

グリル裏側を確認👀

左右のバランスも見ながら

ギュッギュっと

グリルの裏側でステーとボルトを組み合わせて、土台を固定🙆‍♀️

わかりづらいかもしれませんが、

黄色の⭕️で囲った部分に取り付け固定をしています💡

斜めになっていないか❓

緩みはないか❓

再度確認をして取り付け完了🙌😄

 

ナンバープレートを取り付けしてこんな感じ💡

▼交換前

▼交換後

土台上部がグリルにピッタリくっついているのがわかりますか❓

下の方が土台からはみ出ていたナンバープレートも綺麗に収まりました🤗

 


 

作業完了後すぐご来社頂いたお客様へ確認して頂き

『バッチリです👱‍♂️✨❗️おぉ〜❗️上手いこと取り付けてくれたんですね✨‼️』

と、とても嬉しそう😆

せっかくのカッコイイ車なのに、この1箇所がず〜っと気になっていたお客様

理想通りの仕上がりとなり、少しでもお力になれたのならとても光栄です🙇‍♀️🌈

 

ワーゲン ヴァナゴン キャンピングカー修理👨‍🔧

 

4月頃テクニカルオートに1本のお電話が📞💡

 

車はフォルクスワーゲン ヴァナゴン🚙

キャンピング仕様にしてるお車の板金修理のご相談でした💁‍♀️

まずは状態を確認させて頂いて・・・とお話しすると

すぐに行ける距離じゃないんです💡・・と👀

 

どちらにお住まいか聞くと、伊達市❗️

テクニカルオートから高速を使っても2時間ほどかかる場所です❗️

そんな遠方からテクニカルオートにわざわざご相談して頂けるなんて本当にありがたいお話です🙇‍♂️✨

 

最初は画像を送って頂き概算のお見積もりから✏️

そして後日ご来社頂き、実際にお車の状態を確認させて頂きました💡

 

▲お車の状態はこんな感じ

側面のパネルを擦ってしまい、鉄板が歪んで傷が入っていました💦

▲赤い矢印で示した部分を見ていただくと歪みが

お分かりいただけると思います💡

 


 

工場の作業の予定組みをして、数週間後改めてお預かりさせて頂きました。

何度もご来社頂きありがとうございます😭

 

まずはベルトサンダーで塗装表面を削りアースを繋いだら

スタッドプーラーで凹んでいる部分歪んでいる部分を少しづつ修正していきます💡

引っ張っては手で状態を確認し何度も繰り返しながら作業です😊

動画を見るとわかるようにこのお車の鉄板はすごく柔らかい鉄板でした💦

▲こちらが板金作業後

 

次に塗装へと移るため形成作業と下地作り🙌

板金したパネルには防錆処理のためプライマーを塗布した後

板金パテで凸凹したパネルの形を整えます🙆‍♂️

この時も手の感覚で鉄板の状態を確認🙌🔍

次に仕上げのパテをのせ、硬化させたら同様に表面を整えるため

手の感覚でペーパーを使って研磨していきます💡

まさに職人にしかできない、長年やってきた職人じゃないとわからないこの感覚❗️✨

最後にサーフェーサーを吹きかけたら細かいところまで

チェックをして下地作りは完成🙌❗️

続いては塗装をかけない部分の紙貼り作業💡

メガネをかけて目を凝らして見ているのはなぜかというと・・

今回、部品の供給の問題でガラスの脱着ができないためマスキングにて

塗装をするのですが、仕上がりと後々の塗装剥がれのリスクを軽減するため

できる限りギリギリまで色を塗れるよう、キワのキワまで丁寧に養生しているのです🤓

 


 

この後、調色したお色を車体に吹きかけ塗装をしたら・・・

 

🎉🙌出来上がり〜‼️🙆‍♀️

 

▼パネルの歪みが直ったのがわかりやすいお写真💡

車に反射して写っている工場の床の溝が歪みなく

まっすぐ反射しているのがわかりますか

 


 

修理が完了して早速お客様へご連絡📞

お仕事の都合をつけて、遠方にも関わらず、すぐに駆けつけてくださり

無事にお車をお返しすることができました😊

 

修理の様子をご説明し、お車を見た時、『さすがですね✨』

と、職人にとって1番うれしいお言葉を頂きました🙇‍♀️✨

 

本当に今回はわざわざテクニカルオートを選んでご依頼いただけた事

とても嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいです☺️

また札幌へ来ることがあったらぜひお立ち寄りくださいね🍀

レクサス バンパー&クォーター修理

 

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談に来てくださった

レクサスにお乗りのお客様👱‍♂️

 

フロントバンパーに小さな傷と、少し広い範囲でクリア剥がれができていました💡

もう1箇所、左のクォーターには

チョップをしたような大きな凹みが💦

いずれも綺麗にしたいとのご要望で修理させていただくこととなりました🙇‍♀️

 

まずはクォータの凹みをハンダとスタッドプーラーを使用して

形を元通りに直します🙌(作業のお写真がなくてごめんなさい😣)

 

▼UP🔍

板金作業が終わったらむき出しになった鉄板には防錆処理をして

調色作業へと進みます🏃‍♀️

 

▲こちらのレクサス珍しいお色✨

パールの入り具合によっても

見え方が全然変わってくるので

さまざまな角度から何度も何度も確認して色を合わせていきます🌈

バンパーも取り外して修理・塗装をしていきます🙌

板金パテを乗せた後、仕上げの黄色いパテを塗って硬化させたら

研磨して形を整えます👨‍🔧

 

クォーターの一部分だけ塗装をかけるのではなく

いかにも塗りました❗️という境目が出ないよう

広範囲で塗装の下地を作っていきます😊

 

その後塗膜の密着を高める塗料を塗ってあげてから

色を乗せていきます

バンパーも同様に傷を拾って研ぎ、

下地作りは同様の工程を行い

一緒に塗装をかけるためブースにIN🚙❗️✨

 


〜修理完了〜

クォーターの凹みも

バンパーの塗装剥がれも

どちらも綺麗に直りました🤗👏

ダイハツ ミラトコット バンパー修理✨

 

とある大雨の日☔️

『いつの間にかひっかけてしまっていたみたいで😣💦

今走っていたらテクニカルオートの黄色い看板が🪧目に入ったので来てしまいました❗️』

 

と、飛び込みでご来店頂いたのは、可愛らしいお色のミラトコットにお乗りのお客様👩

どれどれ❓と傘を差してお車を見に行くと・・

▲バンパーの左下にガリっと擦った傷が💡

でも大丈夫❗️この程度なら修理して塗装してあげたらすぐに元通り綺麗になりますよ✨

ということで、後日改めてお車をお預かりして修理することに😊

 


 

後日・・・・

今度はとっても天気の良い日に☀️お車がご入庫💡

 

▼早速太陽の陽のもと、調色から進めます👀

調色が終わったら、工場の中へ車を入れて修理作業スタートです❗️

▲まずは表面の傷を削って落とします

▲機械で削った後は今度は手で深い傷の部分を研磨

▲研磨後

▲こちらのUVプライマーを研磨した部分に塗って

▲UVライトを当てて硬化させます

▲削った部分の形を形成するためのUVパテ

このパテはUV(紫外線)で硬化するため

外の光に当てると固まってしまいます⚠️

手際よくパテを乗せたら

硬化☀️

元の形通りに表面を整えます

傷の部分の形成が終わったら塗装をかける部分全体を

研磨します💡

バンパー下側の傷以外にも上の方に傷を見つけたのでこちらも一緒に直しました😋

▲塗料の密着をよくするためUVサーフェーサーを吹きかけたら

硬化させます☀️

▲塗装へ入る前に『足付け』という、

塗料の剥がれを防ぐための工程を行います👍

▲塗装ブースへIN‼️✨

塗装をかけない部分は養生して準備完了🙌😄

 


塗装をかけ、しっかり乾燥させたら・・・

 

完成💁‍♀️🎉✨

 

▼拡大🔍✨

 

綺麗に元通り☺️🍀

たまたま看板でテクニカルオートを見つけて来てくださったお客様でしたが

これをきっかけに今度から何かあったらまた相談させてもらいますねと嬉しいお言葉もありました🌸

新しいご縁を持てたこと、とても嬉しく思います☺️

スズキ ジムニー ボンネット修理👨‍🎨

 

カーキ色のジムニーのお客様がご来店🏃‍♀️✨

ボンネットに傷がついてしまって・・・とのご相談でした💡

 

磨いて取れるかな❓❓・・・と車の元へ🏃‍♀️

 

あぁ〜〜💦ダメだぁ😖💧

ボンネット全体にモヤ〜っとした細かい傷が無数に広がっています😱

冬の間にスノーブラシでゴシゴシしてしまい傷がついてしまったそう💦

すごい雪でしたもんね😢

 

拡大してみるとよくわかります🔍

白っぽく傷が入っていますね💡

幸い、下地をまで響くような深い傷はなかったため

傷を落とし塗装をし直すことで決定🙆‍♂️

 


 

今回は隣接するパネルへの塗装はしないため

ボディからボンネットを取り外して

ボンネットのみ単体で補修していきます👨‍🔧

ボンネット全面、表面のクリアを研ぎ落としたら

こんな感じに💡

続いて調色です❗️本日は天候がよく調色するにはバッチリの日😄✌️☀️

荒木さんが塗り板に調整した塗料を塗ってボディと照らし合わせ

塗料の色味の加減を調整⏳

その間に森本さんがボンネットの塗装の準備💡

塗料をかけない部分をビニールで養生します🙌

いつもながらチームワーク抜群です😝👍❗️

ブース内にセッティング

この後調色した塗料でボンネットに色を乗せ

クリアを吹きかけたら

 


 

🎉完成しましたっ🙆‍♀️✨

蘇った〜

この後、綺麗に手洗い洗車で室内外清掃をして

新車のようになったお車をお客様へお返しさせて頂きました☺️🌸

メルセデスベンツ バンパーガリ傷修理⚡️

 

今回初めてご来社のお客様👨

フロントバンパーにガリっと傷をつけてしまって💦

とのご相談でした💡

 

お車はベンツ

フロントバンパーの右側に大きなガリ傷が出来ていました😱

🔍拡大👀👇

 

いつもは違うところで修理していたそうですが

早急に修理をしたく、色々検索してテクニカルオートを見つけてくれたそうです😊

こんな近くにこんな立派な工場があるなんて知らなかった‼️‼️

見つけてよかった〜と、嬉しいお言葉❤️

 


 

今回は早く修理をしたいご希望があったため、

パーツの脱着はせず、部分的な修理と塗装で進める方法で決定🙆‍♀️

 

▲修理をしないパーツの部分には研磨する際

誤って傷が入ってしまわぬようアルミと紙でしっかり養生💡

▲部分的と言ってもバンパーの半分近くは塗装をかけます

大きく深い傷の部分は傷を削り落とした後にはパテで表面を整え

その周りの部分は塗装をかけ直すため浅く研磨します🌀✨

 

研ぎと下地作りが完成したら塗装ブースへ移動し

車体全体、塗装をかけない部分は紙を貼って隠します🙆‍♂️

🔍拡大👀👇

 


🍀完成😊🍀

綺麗になりすぎて写真を撮ると色んなものが反射して

写り込んでしまうほど😄❗️

 

こんないいところがあったなんて👏❗️

これをきっかけに他にも車を持っているので

また何かあったら相談に来ますと、

とても喜んで頂けたようでした🙇‍♀️✨ヨカッタ🌈

納車時の嬉しい出来事💕

保険会社さんからの繋がりで

初めてご入庫頂いたお客様。

 

お車の修理が完了し

受け渡しの日に、素敵なプレゼント🎁を頂きました❗️

 

開けてみると…。

 

 

ジャーン💁‍♀️✨💓

 

見て見て😆💕

テクニカルオートのキャラクター【二カルくん】が

描かれたコースター⤴️⤴️

 

わざわざ私たちの為に、考えて作ってくださったんだと思うと

嬉しい限りです😊‼️

 

お車も無事に納まり

「またお願いしますね」とご満足頂くことも出来て

素敵なご縁を頂けたなぁと心が温まった出来事でした🍀

よく見るクォーターの錆 〜修理編〜

昨日のブログの続きです❗️

 

サンドブラストで錆を除去すると、錆で侵されていた鉄板が

このようにポツポツと無くなってしまいます。

今回はこの状態で済みましたが、もっともっと錆が進んでいると

鉄板自体が脆くなり、大きな穴が開いてしまうくらいです。

 

このポツポツしている薄い鉄板部分は、このようにカッティングを〜〜✂︎

小さな小さなノコギリのような物を穴から差し込み

回りに数カ所の切り込みを入れつつ、ぐるりと一周繋げてカット。

切り口も凄く綺麗です✨

 

この穴には 新たな鉄板を貼り付けして、穴埋めをしてしまいます。

 

▼型紙を作り、その型通りに新たな鉄板を切って準備したもの。

それをボディに貼り付けして、溶接でくっつけてしまいます。

元の形に戻りましたね😊

 

再び防錆処理をしっかりとしたら、パテで表面の形を作って

サフェーサーで塗装前の最終仕上げをします。

そして ブースに移動し、塗装範囲意外は紙とマスキングで養生。

この範囲で塗っていきますよ🌈

 

最後に、塗装をして仕上がったお車がこちらです💁‍♀️

どこに錆が出ていたのか、全然わかりませんよね👍✨

お客様も大満足の仕上がりとなりました⤴️⤴️

シャア専用オーリス スポイラー修理🚗

 

『フロントのスポイラーが壊れてしまって・・

自分で割れの修理をして見たんですが・・』と、ご相談にいらした

お客様👨

 

お車を拝見するとオーリスでしたが、

オーリスはオーリスでも

シャア専用オーリスでした💡👀

 

限定生産の珍しいお車✨

 

これのスポイラーがこの冬道で壊れてしまい

ご自身でメッシュなどを使い割れの修理をされていました💡

が、完全には直り切らず

お手上げ〜🙌💦となってしまったそう💦

 

一度溶着されている部分を剥がして修理し直そうかと思ったのですが、

思ったより強固に引っ付いている状態だったため、

表側だけ、表面を削りパテで形を直すところから👍

形ができたらサーフェーサーをかけて

塗装へと進んでいきます❗️

ちなみに黄色のマスキングで隠れている部分は赤い塗装に色分けされており

お客様が丁寧にラインを拾って

▲こんな感じでマスキングして持ってきてくれました😊

上手ですね♪

 

事前にお客様から見本のイメージを頂いていたので

そのイメージ通りに黒の艶ありの塗装をかけていきます👨‍🎨

後はマスキングを丁寧に剥がして

もう一つスポイラーに取り付ける飾りのパーツを貼り付けて

スポイラーの修理完了😋🌈✨


 

できましたの連絡をしたらすぐにでも取りに来たいと

駆けつけてくれたお客様❗️

早速じゃ〜ん❗️とお渡ししました😄

『うわぁ〜✨すごい❗️これはもう新品ですね❗️✨』

と、仕上がりにとっても喜んで下さりました☺️🍀

 

お話を聞くとガンダムが好きで

この車をとても大事にされていて

色々ご自身でカスタムしているそう💡

記念に1枚📸☀️とお写真を撮らせて頂きました❤️


 

そしてお返しした数日後、当社のLINEにメッセージが☺️

『早速取り付けしました❗️塗装の色、ボディと完璧に合っていました❗️😄』

と、取り付けした状態の写真も一緒に送ってくださりました🍀

雪も溶けてきたので、ぜひぜひ元通りカッコよくなったこのお車で

色々なところをいっぱいドライブして下さいね🙆‍♀️✨

アウディTT 塗装が割れちゃった

 

本日はアウディT Tのバンパー修理をご紹介🙌

去年にこちらのお車を購入し乗っていらっしゃるとのことでしたが、

フロントバンパーの下側を覗いてみると

塗装が剥がれているところを発見👀❗️

▲付箋がついているあたりにパリパリと塗装割れがあります🔍

 

見つけてしまっては気になる💦

 

バンパー交換するか

修理をして乗るか

 

悩んだ末、今回は修理をして部分的に塗装する方法をチョイス👍✨

 


 

では修理に入ります🏃‍♀️✨

 

まずは傷の部分を削って落としていきます✋🌀

 

実はこちらのバンパー、塗装が割れていた箇所は修復歴がありました💡

パテが塗装を剥がすとパテが💡

今回の塗装割れも、修理した箇所に飛び石や何かしらの

衝撃が加わったことによって発生したのかもしれません👨‍🔧

 

大まかな傷をポリッシャーで削り落とした後は

手でペーパーを使って表面を削って整えて

 

今回は部分的な塗装をするのですが

ご覧のように塗った境目がわかりずらくなるように

塗装割れを起こしていた範囲よりも大きく

色をかけるためバンパーの半分ほどを出して他の部分を養生しました💁‍♀️

▲塗装完了🌈✨

 


 

 

 

すっかり綺麗に直りました🙆‍♂️✨

 

この他にも色々な内容でテクニカルオートにご相談でお声がけくださっているお客様😊

この後も板金だけではなく整備のご相談も頂いております🙇‍♀️

たくさんある工場の中でテクニカルオートを頼っていただけるのは本当にありがたく嬉しい限りです🌸