RPステップワゴン スライドドア修理

先日、スライドドアの損傷で、ドアが大きく波及した状態の

ステップワゴンをお預かりしました🚙

 

お打ち合わせの中で、リサイクルパーツでの交換も考えましたが

残念ながら何度探しても在庫が出てこずの状況…😭

 

もしもスライドドアを新品で交換するとなると

パーツは未塗装で納品となる為、塗装が必要になり高額になってしまいます。

 

今回は保険を使用しないため、お客様負担の少ない他の方法で!と

板金修理の方向で進める事に決定しました✊

 

お車の状態をじっくり見てみると、ドアの1番下側の所がかなり変形しているのがわかります。

まずここの変形からお直ししていきましょう🔧

 

スライドドアの構造は

外側のパネルと内側のパネル2枚の鉄板が合わさって

折り返すような作りとなっています。

 

この折り返し部分が、変形修正の作業を進行中に

ぱっくりと外れてしまいました…😱‼️

🔍拡大

もちろん、この外れた箇所も 溶接を行いきちんとした形に戻します。

はい、これでOK🙆‍♀️

 

そして表面のライン引き出し板金の続きへ。

ライン上にアタッチメントをハンダで溶着したら、専用の工具を使って引っ張り出します!

1番下のラインは途中から変化しているので 反対側のドアで形状を確認しながら。

 

このラインが終わったら、次は面の作業へと移行していきます。

実は、面の部分にもいくつものラインが存在しているので、反対側のドアとの比較は本当に大切です☝️

 

こうして板金作業が完了した状態がこちら💁‍♀️

 

この後は、塗装屋さんにバトンタッチ👐✨

 

下地作りへと進めていくのですが、ドアの表面はもちろんの事

裏側の溶接した部分などにも、きちんと防錆処理を施します。

 

パテを付けて形成。

 

サフェーサーを塗布。

乾かした後に、目を凝らしてよーく見てみると巣穴がポツポツ👀!!

👇このような凄く小さな穴

この小さな素穴をきちんと丁寧に拾って

きれいに埋めてあげる作業が、美しく綺麗に仕上がる秘訣です✨

 

 

 

鉄板の合わせ目部分には

防水・防錆の為のシーリング剤も丁寧に施しています。

 

そして、塗装をした後の様子がこちら👇

とても綺麗です♬ あの大きな傷があったドアとは思えません✋

 

最後に磨きをかけて、組付が終わったら完成です👏

 

外装色や新品部品の金額によっても変わりますが

作業工賃は上がっても部品代がかからない分

トータル金額が抑えられることもあるので

部品が無くて困った〜💦 と、お困りの際にはぜひご相談くださいね☺️

よくご依頼頂くこの箇所の板金修理🔨

 

『またぶつけてしまったんです💦』といらしたお客様👩

何度か修理や整備でお預かりさせて頂いていたお車でした🚗💡

 

どこをぶつけてしまったのかというと

左のクォーターとドアでした😢

左に曲がる際や駐車するときにどうしても内輪差や死角になりやすく

塀にぶつけてしまった〜などよくご依頼いただく箇所です💡


 

クォーターがぶつかった衝撃で歪んでしまっているので

板金で形を作るところから🙌

 

▼板金をする前にドアの内側のトリムを取り外します💡

▼板金する箇所の塗装を削って鉄板を出します💡

▼塗装を削ってみると・・

前回同じ箇所を直していたので修理した形跡が👨‍🔧

▲黄色く見えるのがパテ💡

修理した箇所は少なからずパテが付いているので修理したかどうかすぐ分かります🔍

 

約4年ほど前にうちで修理をしたお車💡

4年間修理した箇所が塗装割れも錆びる事もなく綺麗な状態をキープしていました☺️ホッ。

 

▲ハンダで修理をします

スライドハンマーを引っ掛けるための鉄板をハンダで溶着させて

クォーターの凹み・歪みを直します💪

リヤドアは幸い傷だけで済んでいたので傷を落として

整えます🌀✨

 


 

クォーターとドアの板金作業が完了したら

次は塗装❗️✨

 

下地を作るため

板金パテで形を形成

⬇︎

仕上げパテで表面を整えます

⬇︎

ここまで終わったら

塗料の密着をよくするためサーフェーサーをのせてあげて

いざ❗️塗装❗️🏃‍♀️🌈✨

 

今回はできる限り安価で済ませたい💵というご希望だったため

水切りのモールは外さずにマスキングで作業&損傷箇所のパネルのみの塗装で

作業を進めました👍❗️

塗装が終わったら

塗るために外していたトリムやドアのキャッチを取り付けて

室内外の洗車🚿をし、最終点検👀🔍をしたら・・・✨✨

 

完成🎉✨😄

いかがでしょう

クォーターの凹みもなくなり綺麗になりました❤️

『綺麗になったぁ〜❗️もうぶつけないようにしなくちゃ〜😳✨』と、

喜んだ様子で帰られました🍀

スバルXV ドアベコベコ修理🔨板金編❷

 

スバルXV先日の修理の続きです😄☝️

 

『ハンダでの板金』が終わった状態がこちら👇✨

 

ドアのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい板金作業にて

本来のフラットな状態からはみ出ている&凹んでいる部分の修理です👨‍🔧

 

▲ドアの内張を外した状態で、スタッドプーラーの電気が流れるように

アースを繋ぎます♻️

 

 

スタッドプーラーを当てる部分の塗装をベルトサンダーで削り落としていきます💡

 

 

単純に凹んでいる部分を引っ張り出すわけではなく、

元々のドアの鉄板の高さに合わせて凹んでいる部分・出っ張っている部分を

前後のパネルとも比較しながら修正をしていきます🙆‍♂️

 

▼凹んでいる部分をスタッドプーラーを使い、引き出している様子

 

▼スタッドプーラーをドアにくっつけた状態で、

出っ張っているところを戻している様子

 

違いがわかりますか

スタッドプーラーの使い方で板金の仕方が変わるんです💁‍♀️✨

 

▼角度を変えて👀

 

手で一つ一つ鉄板の状態を確認しながら作業を進めて行きます🏃‍♀️✨

 


 

2種類の板金作業でドアの凹凸が元通りになった状態が

こちら👇

 

これで板金編の作業は完了🤗‼️

 


 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋して

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないように

錆止めするのと、これから塗る塗料の密着をよくするための

プライマーを塗布します🙆‍♀️

 


 

まだまだ修理は続きます🏃‍♀️🏃‍♀️💨

続きをお楽しみに☺️

 

スバルXV ドアべこべこ修理🔨板金編❶

 

現在お預かり作業中のお車の修理の様子をご紹介👨‍🔧✨

 


 

柱にぶつけてしまい、右のリヤドア全体が凸凹になってしまったスバルXV💦

 

▼左側のドアと比べてみると凸凹具合がわかります

正直交換レベルの凸凹の具合💦しかし、自費での修理のため修理方法を

①新品ドアで交換

②中古のドアで交換

③板金修理の3パターンで

ご提案させて頂きましたが、新しめのお車のため残念ながら同じ色のドアは出てこず

新品は高い・・・😭ということで、板金にて修理することになりました❗️😊

 


 

今回の板金作業は2種類の板金方法で修理していきます🚙👨‍🔧

まず今日ご紹介するのは『ハンダによる板金修理🙆‍♂️

ハンダでの修理はまず、元々ドアのデザインとして折れ目のラインが入っているところの山を

修復する役目があります💡これは線を出す修理方法☺️

▲矢印のあたりで横にラインが入っていました。

 

このラインを基準として鉄板の飛び出ている部分、凹んでいる部分を

フラットな状態へと修復していくのです🙆‍♀️

 

ハンダの修理の時にはこちらの工具を使用していきます🙌

先端の太い方から熱が発生し、下側の細いところから溶かす素材が出てくる仕組みです😄

ハンダは熱で温められた箇所に引っ付く性質があるため、

まずはボディ側を温めながらのちに取り付けする鉄板の土台作りをします👍

 

 

土台作りが終わったら

歪んでしまったラインの部分に合わせて鉄板をハンダ付けします🙆‍♀️

 

ちなみにハンダこてを温める温度は車種によって使ってる鉄板が異なる場合や

その日の気温などによって調節して温度設定します💡☀️

 

土台作りが完了したら

このような部品を取り付けて

▲この輪っかの部分にスライドハンマーを引っ掛けて

引っ張るのです💡☺️

ハンダつけした鉄板には三つ穴が空いています⭕️

これはラインを出すときにより力を加えたい部分にずらして

ボルトナットで締め付けをし凹みを調整する役目があります☺️

▲このようにいろんな角度から見て

綺麗にラインが出ているか否かチェック👀しながら

繰り返しスライドハンマーで調整をします🔨

 

完成したラインを基準として、

そのラインの下側に凹みや歪みがあったためハンマーで叩いて修正します🔨👩

というところで本日はここまで

作業が進行したらまたご紹介させていただきますね♫

 


次は第2工程となる

『スタッドプーラーによる修理』を紹介しますのでお楽しみに🤗❤️

ワーゲンパサート ドアの板金修理🔨

ドアをぶつけてしまったんです🥲

と、お見積もりの相談にいらしたご家族

車を見てみるとフロントのドアが大きく凹んでいます💦

 

 

車種を確認するとフォルクスワーゲンパサートでした💡

自費で修理されるとのことで、負担の少ない方法としてご案内することが多い

まず中古のドアがないかお調べ・・と言いたいところだったのですが

輸入車はなかなか中古パーツが出てこないのが実情😭

 

お客様自身もそれは理解しており、直す方法で進めたいとのご依頼をいただきました🙇‍♀️✨

 

 


 

 

修理の内容としては

ドアの塗装をするには通常ドアガラスのモールも取り外し作業するのですが

部品を調べると、2万円以上もすることがわかり😱

今回は上のモールは外さず、マスキングにでドア1枚単体で塗装することにしました💡

(通常は隣接するパネルもぼかし塗装をして馴染ませるのです)

下側についているドアモールは傷が入ってしまっているためこちらは

新品を手配し交換することに💡

 


 

それでは修理Start💪✨❗️

板金で凹みを修正するところから始めます🔨

今回は3段階の板金方法で凹みを出します

 

❶吸盤を使って大まかに大きな凹みを引っ張り出す

❷ハンダづけをしてドアのカーブの形を修正

❸スタッドプーラーを使用してドアのラインを細かく修正していく

 

⇧このドアのラインをどれだけ綺麗に出せるかが腕の見せ所💪✨

▲画像が荒くてわかりづらいかもしれないですが

ポツポツ点の跡があるのがスタットプーラーで引っ張り出した跡です💡

▼別の車両の動画ですが、このような感じで引き出していきます❗️

▼すべての板金工程が終わった状態

 

ここまでで板金の工程は完了❗️

続いては塗装の工程へと進みます🏃‍♀️🏃‍♀️

 


❶板金パテをのせて形成

❷余分なパテを研いだ後にポリパテをのせて表面を整えます

これも研いでできるかぎり薄く仕上がるように❗️これ重要

厚くしてしまうと後から塗装が割れてしまう可能性が出てしまいます。

❸パテの作業が完了したら、サーフェーサーを塗布して

防錆&塗装の密着を高める下地づくり👨‍🔧

❹ここまで来たらいよいよブースへINして塗装Statです😄❗️

隣接するパネルは色の塗装はしませんがクリアは一緒にかける為それ以外の

部分をきっちりマスキングして👍

また、新品のドアロアモールは未塗装の状態で届く為、

こちらも一緒に塗装します🌈

 


 

 

塗装が終わり、組み付けが終わったら・・・✨‼️‼️

じゃ〜〜ん😄👏

いかがでしょう👀❗️✨

 

最初の大きな凹みはどこへ

と、いうくらい元通り☺️

 

お客様もお車を見て

「おぉ〜👀‼️‼️すんごく綺麗になった‼️‼️」

驚きながら喜んで頂けました🍀

 

板金塗装の工場としては、そのお客様の喜ぶ姿が何より嬉しいのです❤️

 

ありがとうございました🌸

ポルテ フロントドア傷磨き

車を購入したばかりなのに、ぶつけてしまった!といらしたお客様。

 

 

助手席側のドアが広範囲に及んでの傷と凹みが出来ています。

きちんとした修理をするとなると、大きな出費です。

 

『またぶつけてしまうかもしれないし…兎に角、安価で何とかならないかな?』

といったご要望でした。

 

🙎‍♀️それなら!凹みはそのままになりますが、磨きで傷を綺麗にしてみましょうか!

 

 

ということで、やってみました💪

 

巧みな技術で、まるで魔法のように🪄

傷があれよあれよと消えていきます✨

 

 

さて、仕上がりはどんな感じになったでしょう?

 

 

『すごい!!こんなに綺麗になるんですね!!』

ご主人にはペンキでも塗っておきなさいと言われたんだそうな…😳!笑

ペンキを塗らなくても、ここまで傷が落ちたことにご満足頂くことが出来ました😊👑

 

良かったぁ♬

インプレッサ ボンネットの小さな傷塗装

ボンネットに出来てしまった小さな傷。

 

 

飛石でついてしまった傷でしょうか?

 

こんな小さな傷ならその部分だけの小範囲の塗装で良いから、安く直らないかな! …と思ってしまうところですが、

この車の色は『3コートパール』という種類のカラーで、ボンネットフード1枚の塗装が必要となります。

 

パール色の場合、色味を合わせてもその上に重ねるパールのキラキラ具合が違うと全体の色の見え方も変わってしまいます。

パールを重ねる範囲が狭ければ狭いほど、その部分にキラキラが集中してしまうので、塗装を行った箇所がいかにも『ここを直しました!』と分かってしまうのです。

 

そのため、ある程度広い範囲での塗装が必要となるのです。

 

本来ならボンネットだけではなく、隣接するパーツにも ぼかし を入れてきれいに色を合わせる作業が必要となるところですが、ここは職人技💪

今回はお客様のご負担を最小限にするため、隣接するパーツ(フェンダー)にはぼかしを入れず

ボンネットのみを塗装する方法で安価に行う事にしました。

 

▼まずは傷の部位を修理

▼UVサーフェーサーで下地を作り

 

▼そしてボンネットを1枚塗装。

 

実は、この車両に使われている

スバルの3コートパールは、

白の色が少し黄色っぽく、色味をピタッと合わせるのにはとても繊細な調色が必要で、

その上、パールが密集しているカラーの為、

分からないように塗るには、なかなか難しい色なんですよ〜☝️👀

 

塗装やさん、さすがです!!

今回も上手くきれいに仕上がりました😊👍✨

NV200バネット リヤゲート修理

ガラスが割れてガムテープで保護をした状態でご入庫頂いたバネット🚗

ガラスが取り付く位置も変形している状態でした。

 

▼正面からの状態

 

▼角度を変えて見ると変形具合が良くわかる!

 

▼パネル裏も大きく歪んでいます。

 

外からの押されている力が強い為、引き出し作業は慎重に作業を進めていきましょう💪

 

まずは大きな凹みを荒出しする所から🛠

 

 

ベコッと凹んでしまった物は、一見、引っ張るとボコッと出るような気もしますが

残念ながらそう簡単には出ません🙅‍♂️

少しずつ少しずつ元に戻してあげる必要があります✨

 

広い面をおおまかに出した後は、プレスラインを2本出していきます。

 

引作業でプレスライン、パネルの表と裏の変化を見ながらの作業👀❗️

その微妙な変化も見逃しません。

 

あまり引き過ぎると逆にパネル自体が変形してしまうので、そこは全体を見ながらの判断が必要です💡

 

細かな所まで出し切ると、こんなに綺麗な形になりました。

 

パネルの裏から見ても凹みはもう見当たらないですね🙆‍♀️

 

この後は、ガラスを仮合わせして取付位置とプレスラインの確認をしてから下地作業に進みます。

 

最後に塗装をして、ガラスをはめ込み完成🌟

 

綺麗に仕上がりました👏😊

エブリィ クォーターパネルの修理 ~塗装編~

先週、ハンダの引き出し板金を紹介したエブリィのクォーターパネル こちらの記事✏

今日はその続きで、塗装やさんへ移動🏃‍♂️

 

板金やさん、素晴らしい✨

板金の技術で車の形状をきれいに戻し、きちーんとラインが出ています。

パテでゴマかす必要はない最高の仕上がりです✨

UVの仕上げパテ1回で形が出来ました。

 

板金屋さんの素晴らしい技術が一番わかるのが塗装屋さん✨

仕上がってしまうと見えなくなってしまう部分なので、中古車販売などでは、この板金技術をパテでごまかしていることもよくある話。錆や凹みが隠されているのを分からずに後から残念💦ということも。

 

板金技術が良い仕上がりだと、

その後の塗装に至る工程も早く、美しく、

更にはお客様に戻った後も良い状態が長続き!と、全てが上手くいきます。

今回も『板金100点◎』と

塗装屋さんから満点が出ました👍☺

 

▼塗装前の下地処理

プライマーで剥き出しになった鉄板を覆い、UVパテで仕上がりのラインを整えます。

 

サーフェーサーを塗布し、塗装範囲も塗る準備😉

 

クイックベースで塗装前の下準備は完了!

 

▼最後に、塗装。

 

個人的にですが、もし私も自分の車が今回のようにクォーターに損傷を受けてしまった場合、

クォーターの交換ではなく、

迷わず『板金修理』を選択します。

可能な限りクォーターは板金で!

因みにクォーター交換をすると、『修復歴あり』『事故車』扱いとなります💀

 

板金と塗装両方の技術が伴ってこそですので、もし皆さんがどこかへ修理を依頼する時は、なぜ、どのように、というしっかりした説明ができるところにお願いしましょう✨

エブリィ クォーターパネル板金修理 ~板金編~

追突事故でリヤゲートが押され、

クォーター(リヤフェンダー)が大きく変形している

スズキのワンボックス エブリィ🚙

 

 

リヤゲートは、真後ろからの衝撃で全体にゆがみが大きく

交換となる為、新品の部品を手配します。

クォーターの損傷範囲も広く、車両販売店などでは「交換」と言われてしまう状態です。

『交換』と判断することは出来ますが、

テクニカルオートでは、損傷を受けた場所と状態を確認したうえ、

車にとって良い方法を選択し、出来る限り板金技術にて修理をしています。

 

👩🏻‍🦱『ディーラーで交換しなきゃだめって言ってるのに、板金で大丈夫なのぉ?

後から変にならない?😟🤔?

交換して欲しいんですけど✋』

 

🧑🏻‍🔧「奥さん、ソレダメ~✖✋」

 

クォーターを交換するには

ボディの一部をカットして溶接で繋ぎ合わせる必要があります。

クォーターを新しいパネルに交換した直後は良いのですが、

溶接の際、鉄が溶けるほどの高温で繋ぎ合わせる為、

熱により鉄の性質が変化して、将来的に錆発生の原因となってしまいます。

しかも、修復歴あり(完全な事故車扱い)となってしまいます。

 

きっとまだまだ長く乗りたい予定の大切な車のはず!

錆のリスクはできるだけ避けたいです。

 

いずれにしても修理に関する技術としてはプロです!ご安心を✨💪

 

 

◆車修理は作業前の確認から◆

まずは損傷のあるリヤゲートを取り外し、

新しいリヤゲートパネルを取り付けた状態で

クォーターの損傷具合がどの程度なのか変形具合を確認!

 

 

クォーターの縦のラインが弓形に押されて

膨らんでいるのがわかります。

▼▼▼

 ▼ちょっと角度を変えてみるとこんな感じ

 

このラインは綺麗にお直しする必要があります。

◆クォーター板金に進みます◆

まずは、バックピラーとクォーターを

無理のない程度に 少しずつ車体後方に引っ張る作業!

このような修理の時には半田を使用して引出し板金をします。

鉄を溶かさず、鉄と工具を溶かした半田を用いて接着し、

複数回に分けて引っ張り出す修理方法です。

 

以前、茨城から北海道まではるばると来ていただいた

板金の巨匠!高田さんが「鉄と仲良くなれ!」と言っていました。

高田さんに教えて頂いた、鉄(車体)にやさしい技術が大活躍しています!

 

鉄板が薄いので慎重に!!
何度もラインを確認しながら進めていきます。

 

 

かなり良い感じに仕上がりました!

 

▼真後ろから撮った写真を見比べてみると、その変化がわかります。

膨らんでいたところが、引っ込んでスリムに♫

ピッタリ納まっています。

 

▼真横から見ると

 

この後は、塗装屋さんの出番です😊

 

塗装前の下地づくり ~ 塗装作業 に続く…

  NEXT ⇛